Suicaってコンビニとかでも利用できるの?

ウィーちゃんウィーちゃん

Suicaは電車に乗る時に使うけど、お店で買い物する時にも使えるのニャ?

博士博士

うむ、コンビニでも利用できるから便利じゃな。

ウィーちゃんウィーちゃん

どこのコンビニなら使えるの?詳しく教えてほしいニャ!

電車やバスを利用するとき、Suicaを使うと便利ですよね。それだけでなく、Suicaを使って、買い物などの支払いをする人は増えています。

そこで今回は、Suicaが利用できるコンビニを紹介し、チャージできる場所、Suicaで支払えないものなど、Suicaを利用する際に役立つ情報をお届けしていきましょう。

スポンサーリンク

Suicaはほぼ全てのコンビニで利用できる!

jreポイント,suica,ビューカード

Suicaと言えば、電車やバスで改札を通るときに利用するイメージですが、電子マネーとしてコンビニなどで買い物の際の支払いにも利用できるのです。

ここでは、どこのコンビニで利用できるか、できないコンビニはどこかなどを詳しく解説していきましょう。

利用できるコンビニ一覧

Suica での支払いは、Suica マークだけでなく、他の交通系電子マネーのマークが付いているお店で利用できます。他の交通系電子マネーには次のようなものがあるので、近くのお店などマークをチェックしてみましょう。

  • Kitaca
  • Suica
  • TOICA
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • PASMO
  • manaca
  • はやかけん
  • nimoca

 

以上の交通系電子マネーのマークがあるお店で利用できるのですが、コンビニに限ってみると、利用できる場所は以下のようになっています。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セーブオン(埼玉・群馬)
  • コミュニティストア
  • セイコーマート
  • KIOSK(キオスク)

 

ご覧のようにほぼ全ての大手コンビニで利用できますが、モンマート・全日食チェーン・京阪アンスリーなどでは利用できないので、注意してください。

では、Suicaを利用できるコンビニについて詳しくみていきましょう。

セブンイレブン

セブンイレブンの電子マネーと言えばキリンのイラストでお馴染みnanacoですが、Suicaも利用できます。

nanacoポイントは、電子マネーnanacoで支払うことにより、100円につき1ポイント貯まるので、Suica利用でnanacoポイントの獲得はできません。Suicaのチャージをnanacoでおこなうこともできないので注意しましょう。

ローソン

ローソンと言えばPontaカードですが、Suicaで支払いをしても、その買い物分のPontaポイントが100円につき1ポイント貯まります

支払いの際にSuica カードを出すと、Pontaカードを出すのを忘れてしまいそうですが、Pontaカード掲示でPontaポイントが貯まることを知っておきましょう。

ファミリーマート・サークルKサンクス

ファミリーマートでは、ポイントカードの王道Tポイントカードの利用ができます。Suica払いでもTポイントカードを掲示すると、200円につき1ポイントのTポイントが獲得できます。

また、サークルKサンクスでも、ファミリーマートブランド統一により、Tポイントカードが同じように利用できます

ポプラ

ポプラでもSuicaは利用できますが、おすすめ度はイマイチです。

それは、ポプラが楽天ポイント加盟店なので、楽天Edy機能付きの楽天カードで、楽天Edy払いする方が、1枚でポイントがゲットできて便利と言えるからです。

ミニストップ

ミニストップでもSuicaの利用とチャージが可能になっています。

ミニストップはWAONポイントカードの掲示で200円につき1ポイントのWAONポイントが貯まりますが、Suica払い分にもポイントは付与されます

デイリーヤマザキ

ディリーヤマザキでもSuicaで支払い、チャージができます。ただし、併用できるポイントカードのサービスはおこなっていません

セーブオン

セーブオンでは、Suica支払いはできますが、チャージは不可になっています。

セーブオンJCBカードで支払うことでポイントが貯まるサービスになっているので、Suica払いではポイントは貯まりません。

コミュニティストア

コミュニティストアは、都心部、静岡・愛知・滋賀・大阪・兵庫に展開しているコンビニです。Suica支払いはできますが、Suicaチャージは現金のみになっているので注意してください

また、楽天Edyなど交通系電子マネー以外の電子マネーは利用できません。

セイコーマート

セイコーマートは、北海道で「セイコマ」の愛称で親しまれているコンビニです。Suica支払いやチャージができますが、併用できるポイントカードのサービスはありません

KIOSK

2017年12月より、SuicaポイントはJREポイントに共通化されました。

KIOSKではJREポイントカードに、利用するSuicaを登録しておくと、そのSuicaでの支払いにより200円につき1ポイントのJREポイントを獲得できます。

その他、コンビニで利用できる電子マネーについては、『電子マネーが利用できるコンビニは多くある!利用するコンビニで選びたい電子マネー』の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Suicaで支払いができないもの

Suicaでは支払いできないものもあるから要注意じゃ!

ウィーちゃんウィーちゃん

いろんなコンビニでSuicaが使えることがわかったニャ!

博士博士

じゃが、中にはSuicaでは支払いできないものもあるから気をつけるんじゃよ。

コンビニでは物を買うだけでなく、郵便局の代わりに利用したり前売り券を購入したりできるので、とても便利です。

Suicaで支払うことで小銭も出さずもっと便利に利用できるのですが、実はSuicaで支払いできないものもあります。

Suicaで支払いNGなものと意外にOKなもの

Suicaは電子マネーなので、支払う時にすごく便利なものですが、一部Suicaで支払うことができないものがあります。

Suicaで支払いできないものを次にまとめてみました。

  • 公共料金・通信販売等収納代行
  • 切手・印紙・ハガキ
  • 金券類
  • チケット類

 

上記のものをさらに詳しく解説していきましょう。

公共料金・通信販売等代行収納

電気代やガス代などの公共料金や税金、通販の支払いなど、払込用紙を持って行ってコンビニで支払う代行収納のサービスには、Suica払いはできません

切手・印紙・ハガキ

切手・印紙・ハガキの購入など、郵便局代行のサービスに対しても、Suicaは利用できません。しかし、宅急便を送る際の支払いはSuicaでできるので、間違えないようにしましょう。

金券類

金券類も、基本的にSuica払いはできません。金券類と一言で言ってもたくさんあるので、次に例を挙げておきます。

  • クオ・カード
  • テレホンカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • プリペイド携帯カード
  • ビール券・酒クーポン券
  • 映画券
  • iTunesカード
  • Amazonギフト券

チケット類

セブンイレブンのマルチコピー機、ファミリーマートのFamiポート、ローソンのLoppiを利用して、予約済みチケットの発券と支払いができるサービスには、Suicaは利用できません

インターネット決済はOK

アマゾンや楽天市場での買い物の決済方法で、Suicaを選択することができます。

ただし、支払い金額上限は20,000円までで、自宅のパソコンにUSB接続可能な非接触ICカードリーダー「PaSoRi」をセットすることが必要になります。

Suicaにチャージできる場所

Suicaのチャージってどこで行うの?

Suicaカードの購入は、Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機かみどりの窓口でしかできないので、チャージも同様だと思っている人は多いです。

しかし、駅以外でも、Suicaがチャージできる場所はあるのです。

ウィーちゃんウィーちゃん

えっ?駅以外にもSuicaがチャージできる場所があるのニャ?

コンビニ以外でSuicaチャージできる場所

チャージできるコンビニは後程詳しく説明するので、ここではコンビニ以外でチャージができる場所を、ジャンル別にみていきましょう。

スーパー・ショッピングセンター

Suicaが利用できるスーパーやショッピングセンターはたくさんありますが、チャージできる場所は限られています

  • イオン
  • まいばすけっと
  • Miniピアゴ

 

まいばすけっとはイオングループ、Miniピアゴはファミリーマートグループのスーパーです。

家電量販店

Suicaへチャージできる場所に、家電量販店があります。

  • ビッグカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ

 

ソフマップもコジマもビッグカメラグループなので、ビッグカメラグループはチャージできると覚えておくといいですね。

ドラッグストア

セイムスやウェルシア、ミネドラッグなどSuica支払いができるドラッグストアは9店舗ありますが、その中で、チャージができるのは次の2店舗だけになっています。

  • くすりの福太郎
  • ツルハドラッグ

 

くすりの福太郎はツルハグループなので、ドラッグストアではツルハグループのみチャージが可能です。

飲食店

ガストや松屋、coco壱番屋、マクドナルド、ケンタッキーなどの飲食店30店舗以上でSuica払いができますが、チャージ可能な飲食店はないので注意してください

Suicaチャージできるコンビニ

Suicaが利用できるコンビニの詳細で、チャージできるコンビニについても大まかに上述しましたが、利用できるコンビニを見やすいように一覧表にまとめてみました。

スポンサーリンク
チャージ
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルKサンクス
ポプラ
ミニストップ
デイリーヤマザキ
セーブオン×
コミュニティストア
セイコーマート

 

上記に挙げたスーパーやドラッグストアなどと違って、コンビニではほとんどの場合、Suica払いができればチャージも可能になっています。

チャージできないのはセーブオンだけなので覚えておきましょう。

Suicaはコンビニで利用するのが便利

ほとんどのコンビニで利用とチャージができるということは、Suica払いの際に、Suicaの残高を気にしなくていいということです。もし残高が不足していれば、その場でチャージできるからです。

Suica利用だけでチャージができないお店で支払いする際には、残高確認をきちんとしましょうね

ウィーちゃんウィーちゃん

支払いの前には残高確認を忘れないようにするニャ♪

Suicaをお得に利用するならクレジットカードからのチャージがおすすめ!

Suicaへのチャージはクレジットカードからがお得じゃよ!

Suicaをチャージできる場所がわかりましたが、ここでみていきたいのがチャージの方法です。

駅の多機能券売機かみどりの窓口、コンビニなどでは、現金でチャージするだけでなく、クレジットカードからもチャージすることができます

そこで、もっとお得にSuicaを利用するために、クレジットカードからのチャージについて解説していきましょう。

Suicaのチャージはクレジットカードがお得

博士博士

Suicaにチャージするなら、現金ではなくクレジットカード払いがお得じゃ!

Suicaチャージに限らず、現金ではなくクレジットカードで支払うことで、クレジット払い分のポイントが獲得できます。

そのポイントは1ポイント1円として他で利用できることが多いので、Suicaチャージにクレジットカードを使うとお得だと言えますね。

Suicaチャージに利用できるクレジットカード

Suicaチャージは金券扱いになるので、基本的には現金のみとなっていて、使用できるクレジットカードはSuica付帯のものだけと限られています。

ただしモバイルSuicaならクレジットカードからチャージができるので、クレジットカードでチャージする場合は、モバイルSuicaを利用しましょう

モバイルSuicaのチャージにおすすめのクレジットカード

クレジットカードでチャージすることでポイントが貯まるとお伝えしましたが、クレジットカードの種類によっては、電子マネーへのチャージ分はポイント付与の対象にならない場合もあります。

そこで使い勝手が良くて人気のあるYahoo!JAPANカード・楽天カード・リクルートカードの3つをピックアップして、カードの基本情報やチャージ分のポイント還元率について表にまとめてみました。

カードの種類年会費国際ブランド基本のポイント還元率チャージ分ポイント還元率
Yahoo!JAPANカード無料JCB、MasterCard、VISA1%0.5%
楽天カード無料JCB、MasterCard、VISA1%ポイント対象外
リクルートカード無料JCB、MasterCard、VISA1.2%1.2%

Yahoo!JAPANカードは、モバイルSuicaのチャージに利用できて、ポイント還元率も通常のお買い物の際と変わらず1%となっています。

楽天カードは、2017年11月より電子マネーへのチャージ分はポイント対象外になっているので、モバイルSuicaのチャージには適していません。

リクルートカードはすべての国際ブランドで、モバイルSuicaのチャージ分もポイントが付きます。年会費無料でポイント還元率1.2%は最強ですね。

ポイントの二重取りについて

モバイルSuicaのチャージをコンビニでおこなうと、クレジット払いでのポイントに加え、加盟カード掲示によるTポイント(ファミリーマート)やPontaポイント(ローソン)が獲得できます。

つまり、ファミリーマートやローソンでのモバイルSuicaチャージが特におすすめだと言えますね。

Suica付帯しているクレジットカード

通常はモバイルSuicaを利用しないと、クレジットカードでチャージはできませんが、Suica付帯のクレジットカードなら、Suicaチャージが可能です。

さらに、カードで貯めたポイントをSuicaにチャージできるのも、Suica付きクレジットカードだけなのです。

Suica機能付きクレジットカードのメリット

JR東日本グループの、Suica機能付きクレジットカードをビューカードと言います。

ビューカードは、通常の買い物などの支払いで1,000円につき2ポイントのビューサンクスポイントが獲得できます。ビューサンクスポイント400ポイントが1,000円分のSuicaに交換できるので、ザクザク貯めたいですね。

さらに、ビューカードには他のクレジットカードにないメリットがあるので詳しくみていきましょう。

オートチャージできる

オートチャージとは、Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入場時に自動的に設定金額がチャージ(入金)されるサービスのことです。Suicaの残高を気にしなくていいのが嬉しいですよね。

オートチャージできるクレジットカードはビューカードだけです。

モバイルSuicaがお得に利用できる

モバイルSuicaとは、携帯電話端末などでSuicaが使えるサービスです。モバイルSuicaにはクレジットカードを紐づけして支払いに利用しますが、そのクレジットカードにビューカードを選択すると通常年会費1,030円が、無料になります

切符や定期券の購入でポイント3倍になる

JR東日本のみどりの窓口や券売機で、ビューカードを利用して切符や定期券を購入すると、ビューサンクスポイントが3倍になります。切符や定期券だけでなく、次のものもポイント3倍になるので、知っておきましょう。

  • 回数券、特急券
  • JR東日本国内ツアー(一部対象外あり)
  • Suica定期券、Suicaカード
  • ビューカードでのSuica入金
  • オートチャージ

 

ポイント3倍になると、1,000円につき6ポイント=15円相当が獲得できるので、ぜひ利用したいですね。

紛失補償がある

ビューカードには定期券機能が付くものもあり、定期券・クレジットカード・Suicaの機能があるビューカードを紛失してしまうと大変です。

そこで、クレジットカードとしての補償はもちろん、Suicaの残額や定期券分の補償も付いているので、安心して持っていられますね。

厳選!おすすめビューカード

提携会社などにより、さまざまな種類のビューカードがありますが、その中でおすすめなのが、

 

の2種類です。これらのカードの基本情報は次のとおりです。

ビュー・スイカカードビックカメラSuicaカード
年会費477円初年度無料
2年目以降477円(年1度の利用で無料)
国際ブランドJCB、MasterCard、VISAJCB
VISA
家族会員
(年会費)
有り
(477円)
なし
ETCカード
(年会費)
有り
(477円)
有り
(477円)

 

さらに、これら2種類のカードの特徴やメリット、提携会社のサービスなどを解説していきます。いろいろ比較をしてみて、ライフスタイルに合ったビューカードを選ぶようにしましょう。

ビュー・スイカカード

ビュー・スイカカード

ビュースイカカードは、ビューカードの定番で、Suicaとクレジットカードが一体になっているのはもちろん、定期券機能も付いています。

利用代金のWeb明細サービスを利用することで、1年間に600円相当のポイントが貯まるので、年会費477円は実質無料と言ってもいいですね。

さらに1年間の利用金額に応じてボーナスポイントが獲得できるので、通勤に電車を利用する人には特におすすめのカードです。ボーナスポイントのステージは次のようになります。

年間利用金額30万円70万円100万円150万円
ボーナスポイント100ポイント400ポイント600ポイント1,000ポイント

 

1,000円につき2ポイントの通常ポイントにプラスして、このボーナスポイントが貯まります。このボーナスポイントのサービスはビューカードの中でもビュースイカカード限定です。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、年1回の利用で2年目以降の年会費も無料になるので、実質永年無料と言ってもいいでしょう。

さらに特筆すべきは、ビッグカメラやコジマで利用の際に、ビックカメラSuicaカード1枚で、ビッグポイントとビューサンクスポイントの2種類のポイントが同時に貯められることです。

ウィーちゃんウィーちゃん

えっ、ビッグカメラSuicaカード1枚で2種類のポイントを同時に貯められるの?

具体的には、Suicaへチャージすることで1.5%分のビューサンクスポイントが獲得できて、さらにそのSuicaで支払いすることでプラス10%分のビッグポイントが獲得できます。例を挙げると次のようになります。

  • 1,000円Suicaチャージする…ビューサンクスポイント6ポイント(=15円相当)獲得
  • チャージした1,000円で支払いする…ビッグポイント100ポイント獲得

 

さらに、ビッグカメラやコジマ以外でも、買い物や公共料金の支払いなどに利用すると、1,000円支払いにつき、ビッグポイント5ポイント(5円相当)とビューサンクスポイント2ポイント(5円相当)が獲得できるので、還元率は1%となります。

ビッグポイントとビューサンクスポイント、Suicaチャージ額は次のような関係になっているので知っておきましょう。

  • ビッグポイント1,500ポイントはSuica1,000円分にチャージできる。
  • ビューサンクスポイント400ポイントがビッグポイント1000ポイントと交換できる。

 

ビッグポイントは1ポイント=1円として、ビッグカメラでのお買い物に利用できるので、家電品をビックカメラで購入することが多い人は、ビックカメラSuicaカードをぜひ持っておきたいですね。

まとめ

普段何気なく利用しているコンビニでも、Suicaでの支払いやチャージができることがわかりました。

さらに、クレジットカードでのチャージ方法やおすすめのSuica機能付きクレジットカードを知ったことで、もっと便利でお得にSuicaを活用していきましょう!

Suicaへのチャージがお得なクレジットカードを『Suicaへチャージするとお得なクレジットカード特集!チャージ方法も合わせて解説』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク