白猫が博士に 「ガソリン代ってバカにならないよね…。」 と言い、博士が「ガソリン代が安くなるクレジットカードもあるぞ!」 と言っているシーン(背景にESSOやENEOS、コスモ石油のロゴイラスト)

ウィーちゃんウィーちゃん

ガソリン代ってバカにはできてない位高いよね…。

博士博士

車やバイクによく乗るなら、ガソリンスタンドで支払いをクレジットカードにするとお得じゃよ。

ガソリン代が値引きになったり、ロードサービスを利用することもできるなど、特典がいっぱい用意されておるぞ!

自動車やバイクなどを日常的に使う方であれば、それに伴うガソリン代はバカにならないですよね。特に、ハイオク車に乗っている場合はなおさら。レシートから目を背けたくなることもあるのではないでしょうか。

さて、そこで活用したいのがクレジットカードによる決済です。

どうせ同じ金額を支払うのであれば、少しでもバックがあった方がいいのは誰にとっても同じことだと思います。しかも、クレジットカードによっては、ポイントがもらえる他に、1リットルあたりの価格が安くなる事も大きな魅力です。

ここでは、ガソリンスタンドで相性の良いクレジットカードを徹底的に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ガソリンスタンドでお得になるクレジットカードは多い

ガソリンスタンド クレジットカード

大前提として、現金による支払いより、クレジットカードによる決済の方がポイントが還元されてお得なのはご理解いただけると思います。

ところが何事にも相性というものがあるように、ガソリンスタンドにも、相性の良いクレジットカードというものが存在するのです。ここを踏まえ、以降の話を進めていきたいと思います。

各ガソリンスタンドに合わせたクレジットカードを選ぶ

博士が白猫に 「ガソリンスタンドに合わせたクレジットカードを持つべきじゃよ。」 と言っているシーン(博士がENEOSカードを持ちながら

特別意識していない方もいるかもしれませんが、実は各ガソリンスタンドによって、お得になるクレジットカードというのは異なってきます。

とは言うものの、各ガソリンスタンドに合わせてクレジットカードを発行していては、すぐに財布がパンパンになってしまうのでオススメできません

ウィーちゃんウィーちゃん

確かに、ガソリンスタンド毎にクレジットカードを発行するのはちょっと無駄かも。。

どこのガソリンスタンドに入ってもベストな一枚を提示することができるのは、節約効果が上がるという意味ではいいのかもしれませんが、財布の状態を見ると決してカッコいいものではありませんよね。

実際に、お金持ちほど財布がスマートですし、不必要なカードやレシートの類が入っていません。

財布をパンパンにしていると運気も下がると言われていますから、クレジットカードの枚数をむやみに増やすのは得策ではありません。

特定のガソリンスタンドを集中して利用するのが最もスマートな使い方

じゃあどうすればいいの?

とそんな声が聞こえてきそうですが、やはり最もスマートなのは、特定のガソリンスタンドを集中して利用することです

博士博士

特定のガソリンスタンドだけで給油するのがベストじゃが、一番給油する可能性が高いガソリンスタンドと相性の良いクレジットカードを発行するのがベターじゃよ。

以下に主なガソリンスタンドと、そのガソリンスタンドでお得になるクレジットカードを紹介していくので、どのガソリンスタンドとクレジットカードを活用するべきかをイメージしながら読み進めてみてください。

ここで紹介するクレジットカードの中に、既に発行しているものがあればラッキーですね。利用するガソリンスタンドを迷う必要もなさそうです。

ENEOSでお得になるクレジットカード

ウィーちゃんウィーちゃん

ガソリンスタンドといえばENEOSだよね!

言わずと知れたENEOS。2001年からスタートし、今では北海道から沖縄まで、全国で10,000以上の店舗を展開しています。

ガソリンスタンド全体の3割程度のシェアを誇っていることもあるため、その気になればすべてのガソリン給油をENEOSで済ませることも不可能ではありません。

そんなENEOSを利用する上でオススメできるクレジットカードは以下の3枚です。

 

順番に、それぞれの詳細をみていきましょう。

楽天カード

楽天カード

申し込み資格国内在住の18歳以上の方
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
年会費永年無料
基本還元率1%
家族カード永年無料
ETCカード500円(税別)

実はこのENEOS、楽天カードの加盟店でもあるのです。

楽天カードの加盟店というのは、楽天カードの決済によって得られるクレジットカードのポイントとは別に、加盟店としてのポイントが付与される特約店のことです。

ENEOSの他には、ダンロップやメガネストアー、てもみん、大江戸温泉物語などがあります。

ちなみに楽天カードの基本還元率は1%ですが、ENEOSで楽天カードを利用すると、加盟店ポイント分の1%が加算され、獲得できるポイントは2倍の2%となります

楽天カードの特徴とメリット

ENEOSで利用するとお得になるのは嬉しいですが、それ以外にも様々な特典を享受できるのが楽天カードです。

各種国際ブランドを選ぶことができ、年会費無料で持つことができる一枚です。

その名の通り、楽天関連のサービスにおいては高還元率を発揮するため、普段の買い物を楽天系列の店舗やサービスで済ませることによって、大幅にポイントを獲得していくことも可能となります

以下、楽天カードを持つ上でのメリットや、効率的な活用法などを紹介していきましょう。

各種キャンペーンでポイントを一気にゲット

楽天市場

普段から楽天関連のサービスを利用している方であればご存知かと思いますが、楽天では様々なキャンペーンが開催されており、それらを相互的に組み合わせていくことで、一気に大量のポイントを獲得することができるのです

  • SPU:各種条件を満たすことによって最大12倍のポイントが得られる
  • お買い物マラソン:複数の店舗を利用する毎にポイント倍増と

 

これらを上手に活用すれば、10倍以上のポイントが獲得できるケースなどハッキリ言ってザラにあります。

一点だけ気にかけておきたいのは、これらのキャンペーンを利用して得られるポイントは、通常の楽天スーパーポイントとは異なる期間限定ポイントであること

楽天スーパーポイントは使い道も幅広い上に、新たにポイントを獲得するたびに1年間の有効期限が設けられるため、実質無期限で利用できるポイントと言えます。

一方で、期間限定ポイントはそのほとんどが1ヶ月程度で失効してしまう上、基本的に楽天系列のサービスにおいてしか活用することができないため、有効活用するには、事前に計画を練っておく必要があるでしょう。

MasterCardならau WALLETプリペイドカードへのチャージでポイント2重取り

au wallet

電子マネーのau WALLETプリペイドカードを利用している方は、迷わずMasterCardブランドを選択しましょう

各種国際ブランドの中で唯一、au WALLETプリペイドカードへダイレクトにチャージすることができる上、ポイント還元も得ることができるためです。

もちろん、チャージされたプリペイドカードで支払いをすることで、支払い時のポイントも漏れなくゲット。ポイントの2重取りが成立します。

付帯保険はゴールドカード並みに充実

楽天カードはネット不正利用補償制度、カード紛失・盗難保険などの保険をはじめ、充実した内容の海外旅行傷害保険を受けることができるため、ゴールドカードと見紛うほどのクオリティと言えます。

海外旅行保険
保険の種類保険金額楽天カード
傷害死亡・後遺障害最高額2,000万円
傷害治療費用1事故の限度額200万円
疾病治療費用1疾病の限度額200万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額2,000万円
救援者費用年間限度額200万円
携行品損害
免責金額3,000円
年間限度額20万円

 

ただし、こちらは自動付帯ではないので、海外旅行をする際には、楽天カードでの決済を忘れないようにしましょう

 

ENEOSカード

ENEOSカード

ENEOSカードはその名の通り、ENEOSが発行しているクレジットカードで、ENEOSの利用において優遇を受けることができる他、様々な特典が用意されています。

まず、ENEOSカードには3種類のクレジットカードが存在するので、それぞれの違いを簡単におさえておきましょう。

ENEOSカードの種類年会費ENEOS利用で得られる割引
ENEOSカードC初年度無料
2年目以降:1,250円(税別)
・月7万円以上利用で7円引き
・月1万円未満で1円引き
ENEOSカードP常に3%還元
ENEOSカードS初年度無料
2年目以降:1,250円(税別)
※前年に1度でも利用があれば、次年度無料
常に2円引き

 

ENEOSカードCとENEOSカードPについては、どうあっても2年目以降の年会費を無料にすることはできません。

年会費の相殺を考えるのも選択肢としてはありますが、2年目以降も唯一、年会費をかけずに持つことのできるENEOSカードSを発行し、常に2円引きのメリットを享受し続けるのが得策かと思います

ちなみに、国際ブランドや家族カード、ETCカードなどの仕様については、3種類のクレジットカード共通で、以下の通りとなっています。

申し込み資格国内在住の18歳以上(高校生除く)の方で、
電話連絡が可能な方
国際ブランドVISA、JCB
基本還元率0.5%
家族カード永年無料
ETCカード無料

 

ENEOSカードSの場合、ENEOSで決済する分においては、ガソリン代が1ℓあたり2円引きになった上で、基本還元率の0.5%が還元されるという2重にお得な仕様となります

もちろん、ENEOSカードの特典はこれだけではありません。その他のメリットについても次項で、しっかりと紹介していきますよ。

ENEOSカードで受けられるメリット

ENEOSという名前がつけられているだけあり、車関係において様々なメリットを享受することができるのがENEOSカードです。

いつでも受けられるロードサービス

車を運転していると、時には思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあるかと思います。私もこれまでに、数え切れないほどJAFにお世話になりました。

ただし、JAFの場合は年会費で4,000円がかかります。決して高額な年会費ではないとは思うものの、やはり出費がおさえられるに越したことはないですよね。

そこでオススメできるのがENEOSのロードサービスです。

年会費が実質無料のENEOSカードSを選べば、以下のロードサービスを24時間365日いつでも利用可能なのです

トラブルはいつ起きるかわからないので、こうしたサービスが付帯していると非常に安心ですよね。

サービス項目サービス内容ENEOSロードサービス
レッカーサービスレッカー車による移動10kmまでは無料
路上修理(30分以内)キー閉じ込み開錠サービス30分以内は無料
バッテリージャンピング
タイヤパンク時の交換作業
落輪時の引き上げ作業
ガス欠時給油作業
その他30分以内の作業

 

相当なアクシデントでない限り、30分以上の時間を要することはないため、無料のロードサービスとしては申し分のない内容と言えます。

私もJAFではなく、最初からENEOSカードSを発行しておけばよかったかなと少々後悔しているほどです。とは言え、JAFにはたくさんお世話になったので、感謝の気持ちは忘れていません。

カーコンビニ倶楽部で修理費用が5%オフ

愛車にキズやヘコミなどのアクシデントがあった場合、カーコンビニ倶楽部において5%オフで修理メンテナンスを受けることができます

頻繁に起こることではないにしろ、こうしたトラブル時の出費を軽減できるのは嬉しいですよね。

オリックスのレンタカーネットワークで10%オフの優待

愛車を持っていない方や、愛車を使う場面以外でも優しいのがENEOSカード。

全国約800箇所に点在するオリックスのレンタカーネットワーク(オリックスレンタカー、レンタカージャパレン、エックスレンタカー)において10%の割引優待を受けることができます

マイカーを愛して止まない方にとっては、チャンスが少ないかもしれませんが、いざレンタカーが必要となった際には、ぜひオリックスのレンタカーネットワークを覗いてみてください。

 

dカード

dカード

申し込み資格満18歳以上(学生除く)安定した収入のある方
国際ブランドVISA・MasterCard
年会費初年度:無料
2年目以降:1,250円(税抜)
※前年度に一度でも利用があれば無料
基本還元率1%
家族カード1枚目:無料
ETCカード初年度:無料

え、dカードってドコモユーザーだけがお得になるクレジットカードじゃないんですか?

そう思っている方がいれば、ここでしっかりとdカードの魅力に触れていただきたく思います。

dカードはもちろん、ドコモユーザーが特にメリットを大きく得られるクレジットカードであることに間違いはありませんが、ドコモユーザーでなくとも、活用次第でそのメリットを最大限に享受することが可能なのです。

たとえば、『dポイント特約店で利用する』というのがメリットの一つ。鋭い方なら既にお気づきのように、ENEOSはdカード特約店でもあるのです。

通常のクレジットカード決済によるポイントとは別に、特約店としてのポイントが上乗せされ、獲得できるポイントが倍増します。

そもそも、dカードは基本還元率が1%で年会費無料で発行できるので非常に優秀なクレジットカードです。普通に活用しているだけでもある程度のポイントは貯まっていくのですが、ENEOSをはじめとした特約店の存在を見逃すのはもったいないですよ。

主なdポイント特約店一覧

特約店名特約店ポイント合計還元率
ENEOS100円で1ポイント2%
オリックスレンタカー100円で3ポイント4%
スターバックスカード100円で3ポイント4%
伊勢丹100円で1ポイント2%
洋服の青山100円で1ポイント2%
AOKI100円で2ポイント3%
紀伊国屋書店100円で1ポイント2%
JTB100円で2ポイント3%
JAL100円で1ポイント2%

 

マイカーを愛用している方が頻繁に訪れるであろうENEOSはもちろんですが、オリックスレンタカーやスターバックスカードの還元率にも注目したいところです。

ほっと一息つく時に、スターバックスを利用している方も多いのではないでしょうか。スターバックスを頻繁に利用している方は、この特約店ポイントを活用しない手はありません。

スターバックスは単価が他のチャーン店に比べて高いので、ポイントの伸びもスムーズです。ぜひ、現金払いではなく、スターバックスカードにチャージすることで、4%の還元を漏れなくゲットしてください。

ちなみに、5,000円のチャージをすることによって、ドリンク1杯無料引換券をもらえるキャンペーンが開催されていることがあるので、タイミングが合えばぜひ、こちらも活用してみましょう

dカードの特徴とメリット

前述の通り、dカードは年会費実質無料で基本還元率1%は楽天カードと並んで優秀

家族カードやETCカードも無料で発行できるので、保持している上でのデメリットは存在しません。

もちろん、1%の還元率はあくまでもデフォルト。ローソンやdポイント特約店、dカードポイントアップモールなどの活用で還元率はさらに跳ね上がります。

ローソンなら還元率5%

dカード ローソンで5%お得

dカードの大きなメリットとして、ローソンの利用で5%お得になる点が挙げられます。

1%の基本還元率がどういう理由で5%に跳ね上がるのか腑に落ちない方もいることでしょう。結論としては、以下の通りです。

  • dカードを提示することによって1%のポイント還元
  • dカードによる決済でお会計が3%オフ
  • dカードによる決済で1%のポイント還元

 

dカードにはdポイントカードの機能が含まれており、対象となる店舗でカードを提示するだけで、ポイントが得られるようになっているんですね。

ここへdカード決済による3%の割引と、クレジット決済分のポイントが加わって、おおよそ5%の還元になるというわけです

ローソンを普段使いしている方にとってはかなり嬉しいニュースではないでしょうか。dカードがあればローソンで毎回お得に利用できるので、ヘビーユーザーの方にとってはメリットしかないクレジットカードです。

dカードポイントアップモールの経由でお得

dカードポイントアップモール

dカードの会員であれば、『dカードポイントアップモール』を経由した上で、対象の店舗で買い物をすると、通常の還元率よりも高いポイントを得ることができます。

得られるポイントは店舗によって異なるため、以下の主な店舗リストを参照にし、上手に活用してみてください。

店舗名称還元率
Amazon1.5倍
楽天市場1.5倍
LOHACO2倍
Yahoo!ショッピング1.5倍
ポンパレモール1.5倍
ベルメゾンネット1.5倍
セブンネットショッピング2.5倍
SEIYUドットコム2倍
楽天ネットスーパー1.5倍
FANCL2倍
DHCオンラインショップ1.5倍
ビックカメラ.com2倍
Apple Store1.5倍
Book Live!6倍
honto3.5倍
TSUTAYAオンライン1.5倍
エクスペディア3.5倍
楽天トラベル1.5倍
じゃらん1.5倍
JTB2倍
グルーポン2.5倍
ジーユーオンラインストア1.5倍
i LUMINE2倍
JINS3.5倍

 

昭和シェルでお得になるクレジットカード

ウィーちゃんウィーちゃん

ガソリンスタンドといえば、昭和シェルも有名だよね!

ENEOSの次に紹介するのは昭和シェルです。

貝のマークでお馴染みの昭和シェルの店舗数は3,000以上になると言われています。ENEOSと比べれば店舗数は少ないものの、お世話になっている方も多いですよね。

昭和シェルを活用する上でオススメできるクレジットカードとして、シェルPontaクレジットカードを紹介していきたいと思います。

シェルPontaクレジットカード

シェルPontaカード

申し込み資格国内在住の18歳以上(高校生除く)の方で、
電話連絡が可能な方
国際ブランドVISA
年会費初年度無料
2年目以降:1,350円(税込)
※前年に1度でも利用があれば次年度無料
基本還元率1%
家族カード永年無料
ETCカード無料

 

前述の楽天カードやdカードなどと同様に、年会費無料で基本還元率1%を誇る優秀なクレジットカードです。

国際ブランドはVISAのみとなりますが、世界中で幅広く活用できるブランドであることを考えれば、ここはデメリットにはならないと言えます。

通常還元率は1%ですが、昭和シェルにおいてクレジットカード決済をすれば、ポイントの2重取りが可能となります。

  • シェルPontaクレジットカード提示分として1ℓあたり1%還元
  • シェルPontaクレジットカード決済分として1ℓあたり1%還元

 

昭和シェル石油はPontaの導入企業であるため、各種Pontaカードを提示することによって、Pontaポイントを貯めることができるのです。

次項では、シェルPontaクレジットカードのその他の特徴とメリットを解説していきましょう。

シェルPontaクレジットカードの特徴とメリット

シェルPontaクレジットカードで得られるポイントは、ローソンやホットペッパーなどでお馴染みのPontaポイントとなります。

オススメの活用法としては、ローソンのLoppiお試し引換券を使うことです。

Pontaポイントは普通に使うと1ポイントで1円の価値ですが、Loppiお試し券に交換するレートであれば、1ポイントが1.5円〜3円に化けます。同じ1ポイントを1円として使うか、3円として使うかでは全然うまみが違いますよね。

ちなみにこのお試し引換券では、以下のような幅広い商品と交換することができるので、貯めたPontaポイントをすべてここにつぎ込んでもいいのではないかと思えるほど。

  • 食パン
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • ジュース
  • お酒
  • おつまみ
  • デザート
  • アイス
  • お菓子
  • インスタント食品

 

常に同じ商品がお得に手に入れられるわけではないので、インターネットなどで情報を収集しながら、上手に活用していきましょう。

Ponta提携店でポイントの2重取り

鋭い方なら既にお気づきかもしれませんが、Pontaの導入企業である昭和シェルでポイントの2重取りが可能ということは、その他のPonta提携店においても、ポイントの2重取りが同様に可能なのです。

以下に、主なPonta提携店を記載しておきましょう。

  • 昭和シェル
  • ローソン
  • 大戸屋
  • ケンタッキーフライドチキン
  • GEO
  • ビックカメラ
  • HMV

 

こうしたお得情報を知っているのと知らないのとでは、ポイント獲得率に差が生じるのは当然のことですね。

海外旅行傷害保険などの付帯が充実

シェルPontaクレジットカードは年会費無料で作成できるカードとは思えないほどに、保険内容が充実しています。

購入日から90日以内に起こった損害や盗難などに対して補償される「ショッピングパートナー保険」や、インターネット上での不正利用についても補償される「NICOSネットセーフティサービス」の他、以下の通り、充実の海外旅行傷害保険を享受することができます。

補償項目の種類保険金額
傷害による死亡・後遺障害2,000万円
傷害・疾病による治療費用限度額100万円
賠償責任限度額2,000万円
携行品の損害限度額
(自己負担額1事故3,000円年間100万円限度)
1旅行につき20万円
救援者費用限度額100万円

 

国内旅行傷害保険は付帯していませんが、海外旅行においては安心できる内容と言えます。

ただし、あくまでも自動付帯ではなく、利用付帯によって受けられるメリットなので、支払いをクレジットカード決済にするのをお忘れなく

 

出光でお得になるクレジットカード

博士博士

出光を利用しているユーザーも多いじゃろう。

出光は、本屋大賞を取った「海賊と呼ばれた男」のモデルになった出光佐三さんが立ち上げた会社として有名です。

店舗数は昭和シェルと肩を並べ、3,000以上を数えます。

そんな出光を利用する上でオススメのクレジットカードとして、以下の2枚を紹介したいと思います。

  • 出光まいどプラス
  • NTTグループカード

 

早速、それぞれの詳細をみていきましょう。

出光まいどプラス

出光まいどプラス

申し込み資格国内在住の18歳以上(高校生除く)の方で、
電話連絡が可能な方
国際ブランドAmerican Express、VISA、MasterCard、JCB
年会費無料
基本還元率0.5%
家族カード永年無料
ETCカード無料

家族カードやETCカードを含め、年会費無料で持つことができます。

基本還元率は0.5%とクレジットカードにしては少々寂しいですが、出光の利用においては常にガソリン・軽油は2円/ℓ引き、灯油は1円/ℓ引きのサービスを受けることができます。

その他にも、出光まいどプラスならではの特典が複数あるので、次項でみていきましょう。

出光まいどプラスの特徴とメリット

出光まいどプラスを活用すれば、出光において常に割引を受けることができる他、以下のようなメリットがあります。

ねびきプラスサービス

ねびきプラスサービス

ねびきプラスサービスは、500円(税別)の年会費を支払うことによって、さらなる割引を受けることができるサービスです。

以下の通り、出光まいどプラスのショッピング利用額が高ければ高いほど、還元率も伸びていきます

ショッピング月間利用額値引き単価
~3万円未満2円/ℓ
3〜4万円未満3円/ℓ
4〜5万円未満4円/ℓ
5〜6万円未満5円/ℓ
6〜7万円未満6円/ℓ
7〜8万円未満7円/ℓ
8万円以上8円/ℓ

 

月間のショッピング利用額が3万円程度であればあまりメリットは感じられません。

しかし、ショッピング利用額が毎月8万円を超えつつ、ガソリンスタンドの利用頻度も高いような方であれば、年会費の500円(税別)はすぐにペイできますし、使えば使うほど、割引によるメリットが大きくなっていくと言えます。

ロードサービス特別価格

ENEOSカードの項でも登場しましたが、ENEOSカードとほぼ同内容のロードサービスを、750円(税別)の年会費を支払うことで受けることが可能です。

ENEOSカードのSを選択した場合、ロードサービスは無料で受けられるため、ロードサービスに魅力を感じる方であれば、ENEOSカードのSを選択した方が賢明でしょう。

サービス項目サービス内容ENEOSロードサービス
レッカーサービスレッカー車による移動10kmまでは無料
路上修理(30分以内)キー閉じ込み30分以内は無料
バッテリーあがり
スペアタイヤ交換
落輪引き上げ
ガス欠
その他30分以内の作業

西友・リヴィン・サニーで5%オフ

全国の西友、リヴィン、サニーでのお買い物が毎月5日・20日は5%オフとなります

出光に加え、これらの店舗を普段使いしているのであれば、出光まいどプラスに決まりですね。

NTTグループカード

NTTグループカード

申し込み資格国内在住の18歳以上(高校生除く)の方で、
本人または配偶者に安定した収入があり、電話連絡が可能な方
学生の場合、親権者の同意があれば発行可
国際ブランドVISA、MasterCard
年会費1,200円(税別)
Web明細サービスへの登録で年会費無料
基本還元率1%
※1ポイントあたりは0.4円〜0.6円相当
家族カード永年無料
ETCカード500円(税別)

 

出光でNTTグループカードを継続利用することで、以下の通り、キャッシュバックを受けることが可能となります。

出光での月間利用額次の期間の割引率項目名
ガソリン灯油
1,000円以上10,000円未満2円/ℓ1円/ℓ
20,000円4円/ℓ2円/ℓ
50,000円10円/ℓ5円/ℓ
100,000円20円/ℓ10円/ℓ
200,000円40円/ℓ20円/ℓ

 

ご覧のように、ガソリン代が大きい方ほどお得になるのがNTTグループカードの特徴です

マイカーを利用する機会が多い方は、NTTグループカードと出光の組み合わせを検討する余地がありそうですね。次に、ポイント還元についてですが、NTTグループカードのポイントシステムは少々他のクレジットカードと異なります。

というのも、おまとめキャッシュバックコースか、ポイントプレゼントコースを選ぶかで、還元される内容が変わってくるのです。

次項で詳しく説明していきましょう。

NTTグループカードの特徴とメリット

まずは、NTTグループカードの還元に関するコースの違いを理解していきます。

おまとめキャッシュバックコース

毎月のショッピング利用額と対象の通信料金に応じてキャッシュバックされるコース。

最大60%ものキャッシュバックがされるため、活用の仕方によっては節約効果を大幅に高めることが可能です。

対象となる通信料金と、キャッシュバック率は以下の通り。

  • NTT東日本
  • NTT西日本
  • NTTコミュニケーションズ
  • NTTドコモ
  • OCN
  • WAKWAK
  • plala
  • ひかりTV
  • @nifty
  • BIGLOBE
  • NTTファイナンスのおまとめ請求

※キャッシュバック対象料金の上限は15,000円

月間カード利用金額キャッシュバック率
0〜2万円未満0%
2〜4万円未満1.5%
4〜6万円未満3%
6〜8万円未満4.5%
8〜10万円未満6%
10〜20万円未満8%
20〜30万円未満18%
30〜40万円未満28%
40〜50万円未満38%
50〜60万円未満50%
60万円以上60%

 

様々な支払いをクレジットカードに集約するタイプの方であれば、おまとめキャッシュバックコースで大きく還元を得ることができそうですね

ポイントプレゼントコース

ポイントプレゼントコースを選んだ場合、以下の計算方法でポイントが加算されていきます。

NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、
NTTコミュニケーションズ、NTTファイナンスおまとめ請求
200円につき
1ポイント
ショッピング利用額1,000円につき
1ポイント
ボーナス計算期間中の「今回の獲得ポイント数」が
累計5,000ポイント達成ごとにボーナスポイントプレゼント
500ポイント

 

基本スペックの表にも記載していますが、ポイントプレゼントコースで得られるポイントは、1ポイントあたり約0.4円〜0.6円の価値となるため、実質還元率は0.4〜0.6%程度になってしまいます

そこで、ポイントプレゼントコースを選択する場合に活用していただきたいのが倍増タウンです。

倍増タウンで還元率アップ

倍増Town

倍増タウンは、NTTグループカード専用のポイントモールです。

こちらを経由して買い物をするだけで、獲得ポイントが最大26倍にまで跳ね上がります

主な店舗を一覧にしていますので、お気に入りの店舗やサービスがないか確認してみてください。

店舗/サービス名倍率
楽天市場2倍
LOHACO3倍
Yahoo!ショッピング2倍
ポンパレモール2倍
ベルメゾンネット2倍
セブンネットショッピング4倍
dショッピング5倍
ニッセン3倍
ヤフオク!2倍
SEIYUドットコム2倍
楽天ネットスーパー2倍
Oisix2倍
ケンコーコム4倍
爽快ドラッグ5倍
DHCオンラインショップ2倍
FANCL4倍
Apple Store2倍
ビックカメラ.com2倍
エディオンネットショップ2倍
楽天ブックス3倍
TSUTAYAオンライン2倍
BookLive!11倍
honto6倍
book for NTTグループカード4倍
じゃらん2倍
楽天トラベル2倍
dトラベル3倍
JTB3倍
一休.com2倍
グルーポン4倍
ジーユーオンラインストア2倍
i LUMINE3倍
ABC-MART.net3倍

 

楽天系列やYahoo!ショッピングなどがポイントアップの対象となっているので、非常に使い勝手は良さそうです。買い物をする際にはまず、ポイントモールを覗くクセをつけるようにしたいですね。

豊富な優待サービス

続いて紹介したいメリットは、豊富な優待サービスについて。まず、NTTグループカードの会員は、以下のパックツアー商品を優待価格で利用することができます。

  • JTB
  • 日本旅行
  • 東武トップツアーズ

 

国内ツアーだと最大5%、海外ツアーなら最大8%の割引を受けることができるので、旅行好きな方にとっては嬉しい特典と言えますね。

また、海外お土産予約宅配システム優待サービスも見逃せません。

「世界のお土産 三洋堂」における買い物を、NTTグループカードで決済することで、なんと全商品において20%もの割引を受けることができるのです

現地に行くことなく、手軽にネットでオーダーができて非常に便利ですね。倍増タウンを経由しての利用であれば、ポイントが倍増するのでこちらもお忘れなく。

エッソ・モービル等でお得になるクレジットカード

ウィーちゃんウィーちゃん

エッソやモービルでお得になるクレジットカードもあるのかニャ?

最後に紹介するのは、エッソやモービルなどでお得になるクレジットカードです。

店舗数でいうと、エッソ・モービルを合わせて3,000弱といったところ。

エッソ、モービル、ゼネラルなどは2019年までにENEOSに統合されるという動きもあるようですが、これらのブランドでお世話になっている方もいることでしょう。

エッソ・モービルなどでお得になるクレジットカードは、シナジーNICOSカードです。

早速、その詳細をみていきましょう。

シナジーNICOSカード

シナジーNICOSカード

申し込み資格国内在住の18歳以上(高校生除く)の方で、
電話連絡が可能な方
国際ブランドVISA、MasterCard
年会費初年度無料
2年目以降:2,160円(税込)
※年間利用額が259,200円(税込)以上であれば、
年会費・家族会員費ともに無料
基本還元率1円/ℓ引き
家族カード初年度無料
432円(税込)
ETCカード無料

 

これまで紹介してきたクレジットカードと比べ、年会費無料の条件がかなり厳しいのは事実です。

ただ、エッソやモービルを利用する上での割引も大きいので、普段からクレジットカードによる決済が多い方であれば、上手に活用していくことができるでしょう。

ちなみに、年会費無料の条件となる259,200円をクリアするためには、毎月21,600円のクレジット決済が必要となります

そして気になるガソリンスタンドにおける割引率ですが、以下の通り、クレジットカードの決済額が大きくなるにつれて、割引率も伸びていくという仕様になっています。

前月のカード利用額給油値引き単価
10,000円未満1円/ℓ引き
10,000円〜19,999円2円/ℓ引き
20,000円〜49,999円3円/ℓ引き
50,000円〜69,999円5円/ℓ引き
70,000円以上7円/ℓ引き

 

年会費の件と合わせて考えるとやはり、クレジットカードによる決済額が大きいかどうかがこのカードを選ぶ上での決め手となりそうです。

少なくとも、年会費を無料にすることができなければ、このクレジットカードにそこまでのうまみはないと言えるでしょう。

シナジーNICOSカードの特徴とメリット

シナジーNICOSカードの簡単な特徴や、得られるメリットについて紹介していきましょう。

スピードパスで支払い簡単

シナジーNICOSカードを利用する上でスマートなのが、スピードパス機能です。

現金はもちろん、クレジットカードを持ち合わせていなくても、キーホルダーのスタイルで、車のキーにつけておくだけでサッと支払いを済ませることができます

シナジーNICOSカード Club Offでお得

シナジーNICOSカードClub Offは、国内外約75,000箇所にも及ぶサービスを優待価格で受けることができるという特典です。

私がサイトを覗きに行ったタイミング(2018年2月上旬)では、以下のような特典がありました。

  • ケンタッキーフライドチキンでドリンクSが200円→100円
  • billsでワンドリンクサービス(食事を注文した方)
  • 上島珈琲でお会計が10%オフ
  • どうとんぼり神座で100円トッピング1品サービス(ラーメンを注文した方)
  • 各種居酒屋やバーなどで、お会計10%〜20%オフ
  • ドミノピザでお会計15%オフ
  • ナポリの窯でお会計15%オフ(3,000円以上の注文)
  • ピザーラでLサイズ500円オフ、Mサイズ300円オフ
  • にぎり長次郎でお会計5%オフ
  • ジェフグルメカード1枚あたり20円引き
  • ザペニンシュラ東京でのランチが3,450円〜
  • ホテルオークラ、ハイアットリージェンシー、リーガロイヤルホテルなど有名ホテルでのランチやブッフェ、コースなどが2,018円

 

以上の他、宿泊施設やレジャーランド、映画館やショッピングなどにおいても様々な割引特典が用意されています。

クレジットカード会員でなくともサイトを閲覧することができるので、ぜひ一度、どんな優待があるのかを確認してみてください。見ているだけで、ワクワクしてきますよ。

まとめ

一口にガソリンスタンドを利用するといっても、様々なクレジットカードを活躍させることができることがわかりました。

普段から車を利用する方にとっては、ガソリン代も立派な固定費の一つです。

せっかく同じ金額を支払うのですから、できるだけ多くのメリットを享受できるようなクレジットカードとガソリンスタンドの組み合わせを考えてみてください。

一回一回の給油においてはわずかな差ですが、年間を通じて考えると大きな節約効果が見込めますよ。