楽天Edyってどこのコンビニでも利用できるのかニャ?

ウィーちゃんウィーちゃん

電子マネーがあれば買い物の時にお財布を持たなくてもいいから便利ニャ!

博士博士

そうじゃな。特に楽天Edyはコンビニでも利用できて便利じゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edy?詳しく教えてニャ!

電子マネーを利用すれば、いちいちお財布を持たなくても、カードや携帯があれば支払いができるので、買い物の際にとても便利ですよね。

そんな電子マネーの中でも、楽天Edyは利用できるお店が多く使いやすいので人気です。そこで今回は、楽天Edyについて、利用方法や利用できるコンビニ、チャージの方法など詳しくみていきましょう。

チャージにも使える還元率が高いクレジットカード→クレジットカードは還元率で選ぶ!還元率最強ランキング【2018年】

スポンサーリンク

楽天Edyはほとんどのコンビニで利用できる!

楽天Edy

普段コンビニを利用することが多い人は、楽天Edyを使って支払いをすれば、楽天ポイントが貯まってお得です。

でも、アナログ世代に電子マネーは抵抗があるもの。「そもそも楽天Edyってどうやって使えばいい?」など不安も多いでしょう。

そこで、楽天Edyについて利用方法など詳しく説明し、利用できるコンビニを紹介していきます。

楽天Edyとは

楽天Edyとはプリペイド型の電子マネーで、楽天市場だけでなく全国38万店舗以上の加盟店の支払いで利用できます楽天Edyを利用するためには、次のいずれかの準備が必要になります。

  • 楽天Edyカードを購入する。
  • Edy機能付きの楽天カードを申し込む。
  • おサイフケータイに楽天Edyアプリをダウンロードする。
  • iPhoneに楽天Edyアプリをダウンロードする。(楽天Edyカードが必要)

 

これらの準備をしたら、お金をチャージ(入金)して、加盟店舗での支払いに利用できます。チャージの方法については、後程説明しますので、まずは利用方法をみていきましょう。

楽天Edyカード・Edy機能付きの楽天カードでの利用方法

楽天加盟店舗での買い物の支払い時に、レジで楽天Edy払いであることを伝え、支払い金額を確認後、カードをお店にある読み取り機に当てますシャリーン♪」と音がしたら支払い完了です。

ネットショッピングでは、パソコンに楽天EdyリーダーかFeLiCaポート、非接触型ICカードリーダのパソリをセットして、カードを読み込ませて利用します。

まだ楽天Edyカードを持っていない方は『楽天Edyカードは無料で入手できる!300円かかる発行手数料を無料にする方法』の記事を合わせて参考にしてみてください。

おサイフケータイでの利用方法

カード同様、加盟店舗での支払い時にレジで楽天Edy払いであることを伝えます。FeliCaマークに端末の読み取り部分をタッチすると、「シャリーン♪」と音がして支払い完了です。

本体の電源を切った状態でも使えますが、完全に電池残量がない状態では使えないので注意してください。

ウィーちゃんウィーちゃん

充電切れには注意するニャ!

ネットショッピングでは、スマートフォンサイトから楽天Edy払いを選択して利用できます。楽天スーパーポイントをEdyに交換して利用することもできますよ。

iPhoneでの利用方法

iPhoneだけでは楽天Edyを利用することはできません。パソリという非接触型ICカードリーダで、品番が「RC-S390」のものを連携して使用し、楽天Edyの残高照会とチャージができるようになります。

ただし、おサイフケータイのように支払い行為にiPhoneを使用するのではなく、iPhoneでチャージ後、楽天EdyカードやEdy機能付きの楽天カードで支払うようになり、カードは必ず必要なので注意してください

iPhoneと楽天Edyの使い方については、『楽天Edyの使い方とは?iPhoneと合わせれば更に便利に!』の記事でも詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天Edyが利用できるコンビニ

博士博士

ここからは楽天Edyがどこで利用できるのか、詳しくみていくよ。

楽天Edyの利用方法がわかったところで、次に知りたいのは楽天Edyがどこで利用できるのか、ですよね。

楽天Edyは、全国のスーパーやドラッグストア、ホテル、コンビニなどさまざまなジャンルの店舗で利用できますが、その中でも楽天Edyが利用できるコンビニを以下に挙げています。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セーブオン(埼玉・群馬)
  • 京阪アンスリー
  • セイコーマート

 

御覧のように、皆さんがご存知のほとんどのコンビニで楽天Edyを利用することができるので、利用できないコンビニを探す方が難しいくらいですね。

さらに、楽天Edyを利用するためにはチャージ(入金)が必要ですが、どのコンビニでチャージができるのでしょうか?また、他のポイントカードとの併用は可能なのでしょうか?下記の表にまとめてみました。

楽天Edyチャージ他のポイントカードとの併用
セブンイレブン×
ローソン〇(Pontaカード・dカード)
ファミリーマート〇(Tカード)
サークルKサンクス〇(Tカード)
ポプラ楽天ポイントカード加盟店
ミニストップ〇(WAON POINTカード)
デイリーヤマザキ×
セーブオン×
京阪アンスリー××
セイコーマート〇(セイコーマートクラブカード)

楽天Edyが利用できるほとんどのコンビニでは、チャージも可能になっていて、チャージできないのは京阪アンスリーだけになります。

チャージについてや、併用できるポイントカードについては、コンビニ別に詳しくみていきましょう。

セブンイレブン

セブンイレブンの電子マネーといえば「nanaco」ですが、楽天Edyも利用できますし、チャージもできます。

セブンイレブンでお買い物すると、セブンカードかnanacoカードにポイントが貯まりますが、楽天Edy払いの場合は、残念ながら同じ電子マネーの為、ポイント対象外です

ローソン

ローソンでは、楽天Edyの利用ができるし、チャージもOKです。Pontaカードやdポイントカードの掲示で以下のようにポイント2重取りができるのでお得ですね。

  • 楽天Edy分の楽天ポイントが200円につき1ポイント
  • Pontaカード掲示で100円につき1ポイント
  • dポイントカード掲示で100円につき1ポイント

 

ただし、併用できるのはPontaカードかdポイントカードのどちらかです。ポイント還元の例を次に挙げましょう。

  • 1,000円分楽天edyで支払いした場合、楽天ポイント5ポイントとdポイント10ポイントをゲット
  • 2,000円分楽天edyで支払いした場合、楽天ポイント10ポイントとPontaポイント20ポイントをゲット

 

現金で支払うと、Pontaポイントかdポイントしかもらえないので、楽天Edyで支払うだけで楽天ポイントが知らない間に貯まっているのは嬉しいですね。

ファミリーマート

ファミリーマートでも楽天Edyは利用可能です。ファミリーマートと言えば、ポイントカードの王道Tポイントカードの加盟店ですが、楽天Edyで支払いした場合でも、以下のようにポイントが還元されます。

  • 楽天Edy分の楽天ポイントが200円につき1ポイント
  • Tポイントカード掲示でTポイントが200円につき1ポイント

 

ファミリーマートだけでなく、他の楽天Edyが利用できるTカード加盟店でも同じようにポイントの二重取りができるので、楽天EdyとTポイントカードの併用は知っておきたい裏ワザの一つです。

サークルKサンクス

サークルKサンクスは楽天カード加盟店でしたが、ファミリーマートへのブランド統一により、2017年9月末で楽天ポイントのサービスがなくなっています。代わりに、2017年8月よりTポイントカードのサービスが利用できるようになりました。

したがって、ポイントの還元は上記に挙げたファミリーマートと同じになっています。

ポプラ

ポプラは楽天カード加盟店なので、もちろん楽天Edyの利用とチャージができます。

お買い物の際に楽天カードの掲示だけで楽天ポイントが貯まりますが、楽天Edy払いにすることで、さらに、楽天Edy分の楽天ポイントが貯まります

  • 楽天Edy分のポイントが200円につき1ポイント
  • 楽天ポイントカード掲示で100円につき1ポイント

 

つまり、1,000円分の支払いを楽天Edy払いした場合、5ポイント(楽天Edy分)プラス10ポイント(楽天カード掲示分)で、合計15ポイントゲットできるのです。

ミニストップ

ミニストップでも楽天Edyの利用とチャージが可能になっています。ミニストップではWAON カードの掲示でポイントをゲットできますが、以下のように楽天Edy払いでポイントの二重取りもできます。

  • 楽天Edy分の楽天ポイントが200円につき1ポイント
  • WAON POINTカード掲示でWAONポイントが200円につき1ポイント

 

デイリーヤマザキ

デイリーヤマザキでも楽天Edyの利用とチャージが可能ですが、ポイントカードのサービスはおこなっていません。楽天Edyで支払いすることで、楽天ポイントが貯まるのみです。

現金払いだと一切ポイントがつかないということなので、ポイントカードサービスのないコンビニだからこそ、楽天Edy払いでポイントを貯めたいですね

セーブオン

セーブオンでも楽天Edyの利用とチャージができますが、併用できるポイントカードはありません。セーブオンにはセーブオンJCBカードがありますが、これはクレジットカードなので、利用する場合に楽天Edy払いはできないのです。

博士博士

楽天Edyと併用できるポイントカードがないのは残念じゃが、セーブオンJCBカードも便利なものだよ。

ちなみに、セーブオンJCBカードは、セーブオン各店舗で利用すればOki Dokiポイントがゲットできて、これはマイルやnanacoポイント、dポイントなどの他のポイントに交換することもできるので、楽天Edy払いにするか、セーブオンJCBカード払いにするか、臨機応変に使い分けたいですね。

京阪アンスリー

京阪アンスリーは、楽天Edyの利用はできますが、チャージはできないので、利用する際は残高を確認するように注意してください

京阪アンスリーにはe-kenet VISAカードまたはe-kenetポイント専用カードがありますが、電子マネーでの支払いにはポイントはつかないので、楽天Edy払いとのポイント二重取りは不可能になっています。

セイコーマート

セイコーマートでは楽天Edyの利用とチャージが可能で、セイコーマートクラブカードとの併用もOKです。セイコーマートクラブカードで貯めたポイントは、景品と交換できますよ

楽天Edy払いとセイコーマートクラブカード掲示によるポイントの付与は次のようになっています。

  • 楽天Edy分のポイントが200円につき1ポイント
  • セイコーマートクラブカード掲示で100円につき1ポイント

 

楽天Edyがチャージできる場所

楽天Edyのチャージはどこで行えばいいの?

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edyがほとんどのコンビニで使えることはわかったけど、他にはどこで使えるのかニャ?

楽天Edyがチャージできるコンビニは上記によりわかりましたが、コンビニ以外でもチャージできる場所以下のようにたくさんあります。

  • WonderGOO
  • プロント
  • CAFFE SOLARE
  • 喫茶ルノアール
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストアウェルネス

 

飲食店やゲームソフト販売店、ドラッグストアなどさまざまなジャンルのお店が、楽天Edy加盟店になっていますね。

楽天Edyをチャージする方法

基本的に、上記のような楽天Edy加盟店でのチャージは、レジで現金を払っておこなうか、Edyチャージャー(現金入金機)でおこなうかのどちらかの方法ですが、それ以外でチャージできる次のような方法もあるので知っておきましょう。

  • クレジットカードからチャージする
  • Edyチャージアプリを使ってチャージする
  • オートチャージする
  • いつでもチャージを利用する
  • ポイントからチャージする
  • 銀行口座からチャージする

 

博士博士

楽天Edyをチャージする方法は、利用方法によって変わってくるんじゃよ。

楽天Edyの利用方法によって、チャージできる方法も変わってくるので、以下の表にまとめてみました。

スポンサーリンク
楽天EdyカードEdy機能つき楽天カードおサイフケータイiPhone
現金
クレジットカード
Edyチャージアプリ
オートチャージ(楽天カード)×××
オートチャージ(アプリ)××
いつでもチャージ×
ポイント
銀行口座×××

さまざまなチャージの方法を次に詳しくみていきます。

現金でチャージする

加盟店のレジで、「楽天Edyにチャージしてください」と言えばチャージの手続きをしてもらえます。一部の加盟店では、Edyチャージャーが設置されているので、それからでも現金チャージが可能です。

1回のチャージの上限は25,000円になっているので注意してくださ

クレジットカードでチャージする

クレジットカードでのチャージについては、後程詳しく説明しますが、対象になる主なクレジットカード会社は以下のとおりです。

  • 楽天カード
  • 楽天銀行デビットカード(VISA)
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • 三菱UFJニコス
  • NCカード
  • NTTグループカード
  • エポスカード
  • 三井住友カード
  • ゆめカード
  • OMCカード
  • セディナ
  • VJAグループ
  • ライフカード
  • オリエントコーポレーション(オリコ)
  • ジャックスカード

 

ただし、クレジットカードによるチャージには注意しなければならない以下の点があります。

  • Edy機能つき楽天カードはそれ自体がクレジット機能を持ち、他のクレジットカードでチャージできない。
  • 「Edy Viewer」というチャージするためのパソコン環境が必要になる。
  • Edy Viewerを使用しない場合は、おサイフケータイかEdyチャージアプリが必要になる。

 

Edy Viewerの利用には、「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」をパソコンにセットする必要があります。おサイフケータイやEdyチャージアプリなどの方がお手軽にクレジットカードチャージができるのでおすすめですよ。

Edyチャージアプリでチャージする

おサイフケータイ機能がなくても、NFC機能が搭載されたAndroid携帯で、Edyチャージアプリを利用することができます

Edyチャージアプリだと、楽天IDで登録されているクレジットカードからのチャージが簡単におこなえます。

オートチャージする

オートチャージとは、Edyの残高があらかじめ設定していた金額を下回ったときに、自動的にチャージされるサービスのことを言います。Edy機能つき楽天カードか、Edyチャージアプリを使ってオートチャージができます。

チャージの手間が省けますし、残高をいちいち気にしなくていいので、とても便利なサービスと言えますね。

いつでもチャージを利用する

いつでもチャージとは、手続きしなくても決まった金額のEdyをいつでも受け取れるサービスです。受け取り方法には次の3つがあります。

  • ファミリーマートとサークルKサンクスにある情報端末で受け取る。
  • パソコンでEdy Viewerから受け取る。
  • Edyチャージアプリを起動して、「Edyを受け取る」を選択する。

 

ファミリーマートにある「Famiポート」、サークルKサンクスの「Kステーション」という情報端末に、Edyカードをかざすと、Edyを受け取ることができます。また、パソコンでもEdy ViewerのトップページからEdyカードにEdyギフトを送ることができます。

ポイントからチャージする

提携企業(JCBカード、DCカード、Oricoカード)及び楽天証券等のグループから交換したポイントや期間限定ポイントを除いた楽天スーパーポイントのみ、チャージが可能です。

カードの場合はポイントチャージ申請をして、Edyギフトとして受け取ります。おサイフケータイでは手順に従ってポイント数やパスワードを入力するだけでOKです。

銀行口座からチャージする

おサイフケータイでEdy払いをする場合のみ、銀行口座からのチャージが可能です。あらかじめ金融機関に口座振替の手続きをしておけば、その銀行口座から自動引落でチャージができます。

ウィーちゃんウィーちゃん

Androidのスマホなら、おサイフケータイやEdyチャージアプリが便利そうだニャ♪

楽天Edyで支払いできないもの

楽天Edyでは支払えないものがあるのじゃ!

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edyが便利なことはわかったけど、支払に使えないこともあるのかニャ?

博士博士

うむ、公共料金の支払いやチケット代の支払いなど、いくつかあるぞ。詳しくみていこう。

コンビニでは、食べ物や日用品を買うだけでなく、電気代の支払いをしたり荷物を送ったりすることもできますよね。これらすべてを楽天Edy払いにできたらポイントがザクザク貯まるのですが、そういうわけにもいきません。

楽天Edyで支払えないものもあるので知っておきましょう。

楽天Edy払いがNGなもの

楽天Edy加盟店にある商品ならすべて楽天Edy払いができると思ったら大間違い!次のような楽天Edy払いができないものもあるのでチェックしてみてください。

公共料金や税金

電気代やガス代など公共料金や税金は、払込用紙を持って行けばコンビニでも支払いができますが、楽天Edyで支払うことはできません。

基本的に、払込用紙によって支払いを代わりに受け取る代行収納のサービスは、楽天Edy払いがNGになっています

コンサート等のチケット

コンビニで予約済チケットの発券や支払いができるのが、セブンイレブンのマルチコピー機、ファミリーマートのFamiポート、ローソンのLoppiを利用したサービスです。これらの支払いにも楽天Edyを利用することはできません。

商品券やプリペイドカード

iTunesカードやAmazonギフト券といった金券類も、楽天Edy払いができないので注意しましょう。これら金券類はクレジットカードでの購入もできないので覚えておきたいですね。

切手やはがき

郵便局のサービスをコンビニが代行していることは多いですが、ゆうパックや切手、はがき、収入印紙の購入などによる郵便局関連の支払いも、楽天Edy払いはできません

楽天Edyをチャージするならクレジットカードからがお得!

楽天Edyにチャージするならクレジットカードからがお得じゃよ!

博士博士

楽天Edyをチャージする時にクレジットカードを使えば、なんとポイントが3重取りもできるぞ。どういうことか詳しく説明しよう。

楽天Edyで支払いするだけでも、ポイントが貯まってお得なことがわかりましたが、実はクレジットカードでチャージすることにより、ポイントが二重取りどころか、三重取りまでできるのです!

ここでは、なぜクレジットカードでのチャージがお得なのかを解説し、さらにおすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカードでのチャージがお得な理由

なぜクレジットカードのチャージがお得で、現金チャージが損なのか、ポイントがどのように還元されるのかを踏まえて詳しく解説していきます。

コンビニでの現金チャージは損!

ファミリーマートならTポイントカード、ローソンならpontaカードがありますが、現金でチャージした分のTポイントやpontaポイントは貯まりません。

クレジットカードからのチャージだと、クレジットポイントが貯まるので、現金チャージは損だと言えますね。

ポイントの三重取り

クレジットカードでチャージした場合、ファミリーマートのTポイントやローソンのpontaポイントと、クレジットカードチャージ分のポイント、楽天Edy払い分のポイントと、ポイントの三重取りが可能になるのです。

それぞれ、どのようにポイントが還元されるのか詳しくみていきましょう。

ローソン

  1. クレジットカードチャージ分のクレジットポイントゲット
  2. 楽天Edy払いによる楽天ポイントゲット
  3. Pontaカード掲示でPontaポイントゲット

ファミリーマート

  1. クレジットカードチャージ分のクレジットポイントゲット
  2. 楽天Edy払いによる楽天ポイントゲット
  3. Tカード掲示でTポイントゲット

 

ご覧のように、クレジットカードでチャージすることでクレジットポイントがゲットできるので、クレジットカード選びも重要になってきますね

チャージにおすすめのクレジットカード

利用できるクレジットカード会社は上述しましたが、その中から、特におすすめのクレジットカードを以下にピックアップしてみました。ただし、カードの国際ブランドによってチャージできるかどうかも変わってきますので注意してください。

カードの種類年会費国際ブランドポイント還元率チャージが可能な国際ブランド
Yahoo!JAPANカード無料JCB、MasterCard、VISA0.5%JCB
楽天カード無料JCB、MasterCard、VISA0.5%JCB、MasterCard、VISA
リクルートカード無料JCB、MasterCard、VISA1.2%VISA、MasterCard

それぞれのカードのポイント還元率など詳しくみていきましょう。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

Tカードの中でも特におすすめされているYahoo!JAPANカード使い勝手ナンバー1のTポイントの還元率が1%と高いのが魅力です

例えば、Yahoo!JAPANカードにより2,000円分楽天Edyチャージすることで、Tポイントが20ポイントゲットできます。

さらに、ファミリーマートなどTポイント加盟店で、Yahoo!JAPANカードを掲示して、そのチャージした楽天Edy2,000円を支払いに利用すると、Tポイントが10ポイント獲得できるのです。

現在、Yahoo!JAPANカードは入会キャンペーンも行っているので、このチャンスに入会するのも良いでしょう。

楽天カード

楽天カード

やはり、楽天Edyの利用には楽天カードは外せません。楽天カードなら、楽天ポイントの三重取りが可能です同じポイントが3重取りできると、ザクザク貯まって嬉しいですよね。以下にポイント還元のしくみを詳しくみていきましょう。

  1. 楽天カードから楽天Edyへのチャージ:200円で1ポイント
  2. 楽天ポイントカードを提示:100円で1ポイント
  3. 楽天Edyでの支払い:200円で1ポイント

 

合計で、200円の買い物で楽天ポイントが4ポイントもらえることになります。

楽天カードも入会キャンペーンを現在行っているので、このタイミングで発行するのもおすすめです。

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、驚きのポイント還元率1.2%です例えばリクルートカードで2,000円分チャージすると、リクルートポイントが24ポイント貯まります。リクルートポイントはpontaポイントにも交換できるので、上手く活用しましょう。

さらに、カードでチャージした楽天Edyで支払うことで、楽天ポイントが支払額の0.5%還元されるので、チャージ分のリクルートポイントを合わせると、ポイント還元率は驚きの1.7%になるのです。

まとめ

楽天Edyはほとんどのコンビニで利用できることがわかりました。チャージの場所や方法もさまざまなので、自分のライフスタイルに合わせて上手く活用できるといいですね。

楽天Edy払いで楽天ポイントをゲットして、普段のお買い物をもっとお得にしていきましょう。

スポンサーリンク