クレジットカードとデビットカードって何が違うの?

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードとデビットカードって国際ブランドも付いているし、何が違うの?

博士博士

もちろん、決定的な違いはあるが、それぞれにメリット・デメリットがあるんじゃよ。

今回は、クレジットカードとデビットカードの違いについて解説しよう!

クレジットカードとデビットカードはどちらもキャッシュレスで支払いができる便利なカードです。

たとえば支払いで行列ができている際に、小銭の出し入れで手こずってしまうと後続で待っている方からの視線が痛いですよね。こうしたストレスからも解放される便利かつストレスフリーなカードと言えるでしょう。

ところで両者の違いを明確に説明できますか?

もちろん、これらの違いを把握していないくても日常生活において困ることは特にありませんが、これらの違いを把握していれば、今よりもっと得することが増えてくるかもしれません。

早速、クレジットカードとデビットカードの違いについて理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカード デビットカード 違い

ウィーちゃんウィーちゃん

早速クレジットカードとデビットカードの違いを教えて!

キャッシュレスで支払いが可能であるという点においては一致していますが、クレジットカードとデビットカードには様々な違いがあります。

たとえば、以下のような点において、クレジットカードとデビットカードの特徴が異なります。

  • お金が請求されるタイミング
  • 支払いが適用されるものとそうでないもの
  • 審査の有無
  • 発行できる年齢
  • 指定できる口座

 

これらの項目が違うだけで、ずいぶんとその性質に差が生じてきますよね。一つひとつ、解説していきましょう。

お金が請求されるタイミングが異なる

クレジットカードとデビットカードでは、お金が請求されるタイミングについて、以下の通り違いが見られます。

  • クレジットカードは基本、決済日の翌月に指定された口座に請求がかかる
  • デビットカードは決済したタイミングで指定された口座に請求がかかる

 

つまり、クレジットカードは後払い。デビットカードはその時払い。

クレジットカードの決済に対しては、クレジットカード会社が一時的に立て替え払いをしてくれるシステムになっています。立て替えてもらっていた分がまとめて後日に請求されるというわけですね。

これが、クレジットカードの請求額を見て毎月失神しそうになる方があとを絶たない理由と言ってもいいでしょう。現金が手元になくてもついつい、クレジットカードを切り過ぎてしまうんですよね。

また、支払い方法についても一括の他に、分割払いやリボ払いなどが存在し、これらに対しては一定の手数料が発生します。

一括ではとても支払えないような金額の商品でも、手数料を支払うことによって購入できるのがメリットですが、その反面、それ相応の手数料がかかるということや、最悪の場合は支払いに手が回らなくなるなどのデメリットもはらんでいます。

クレジットカードを利用する上では、何にどれくらいの決済をしたかを把握するなどして、自己管理を徹底しておく必要がありますね。

対してデビットカードはその都度払いとなるため、分割払いやリボ払いなどのシステムはもちろん存在しません。

指定口座に残高がなければ、そもそもカードで決済することもできませんので、クレジットカードのように使い過ぎる心配もありません。

支払いできるものとできないものに差がある

クレジットカードとデビットカードでは、支払いに適用できるものの範囲が異なります。まず、双方において利用できない主な商品や項目は以下の通りです。

  • 切手
  • ハガキ
  • 収入印紙
  • 商品券
  • 旅行券
  • ギフトカード
  • グルメカード
  • QUOカード
  • 貴金属
  • 空港諸税(一部の海外空港)

 

金券類や高額な商品の支払いには基本的に使うことはできません。

ただし、クレジットカード会社を通じてであれば、カードで商品券を購入することが可能となります。JCBのJCBギフトカードや、三井住友のVJAカードなどですね。

また、デビットカードは高速料金やガソリンスタンド、インターネットサービスなどの即時引き落としのシステムに対応していない支払いにも適用できません。これはデビットカードの特性上、致し方がないことと言えます。

ちなみにデビットカードの種類には、J-Debitという少々タイプの古いものがあります。こちらはゆうちょで作ることのできるデビットカードですね。

少々ストレートな言い方にはなりますが、あえてこのデビットカードを作るメリットはありません。

ウィーちゃんウィーちゃん

J-Debitって国際ブランドが付いているデビットカードとは全くの別物なんだね。

VISAやMasterCard、JCBなどと比べると目を当てられないほどに、使えるお店が少ないのです。使えないどころか、店員さんがJ-Debitの存在を知らないというケースもあります。

他にも、ポイントの還元がない、オンライン決済ができないなど安易に見過ごすことのできないデメリットが揃っています。

博士博士

この時代にオンライン決済ができないのは致命的じゃよ。

発行する際には、各種デビットカードの特色についても事前に把握しておく必要がありますね。

クレジットカードは要審査。デビットカードは審査不要

審査面を気にする方であればここは重要かと思います。

クレジットカードは基本的に審査が必要なので、審査に必要な情報をクレジットカード会社に提出する必要があります。

これは、一時的にお金の立て替えをするというクレジットカードのシステム上当然のことではあります。

ちなみにクレジットカードの「クレジット」には信頼という意味があり、きちんと信頼できる方には一時的な立て替えをしますよということなのでしょう。

それに対しデビットカードは、口座の残高に対して即時引き落としがかかるシステムなので、審査をする必要性がありません。

クレジットカードの審査がなかなか通らない方にとって、このデビットカードの特徴はありがたいですよね。審査がない分、クレジットカードよりお手軽に発行できるというのも嬉しい点です。

クレジットカードの審査基準については『クレジットカードの審査基準を徹底解説!審査する前に知っておきたい情報が満載!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

発行できる年齢に差がある

未成年の方からすると、発行できる年齢も重要なポイントとなってきます。

クレジットカードの場合、18歳以上であることが条件とされているケースがほとんどです。ただ、18歳であっても未成年であることに変わりはないので、親権者の同意が必要となります。

また、20歳を超えていても、大学生であれば親権者の同意が必要となることもあります。

これに対してデビットカードは、15歳〜16歳以上であれば発行できることが多く、中にはりそなVISAデビットカードのように中学生でも発行できるものも存在します。

ウィーちゃんウィーちゃん

中学生でもデビットカードなら持つことができるんだ。。

最大でも口座の残高分までしか使えないという性質を生かし、中学生にデビットカードを持たせてお金の管理を勉強させるというのもありでしょう。

指定できる口座が違う

クレジットカードもデビットカードも、指定口座から引き落としがかかるというのは同じですが、クレジットカードの場合は任意の口座を指定できるのに対し、デビットカードの場合はカードを発行している銀行の口座しか指定することができません。

これはそもそも、カードの発行元がそれぞれで異なるためです。

クレジットカードはクレジットカード会社が発行しているのに対し、デビットカードは銀行が発行しています。

引き落とし口座にこだわりのある方であれば、そもそもデビットカードは選択肢に上がってこないかもしれませんね。

クレジットカードのメリット・デメリット

まずはクレジットカートを利用するメリット・デメリットを教えよう!

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードかデビットカードか悩むなぁ。。

クレジットカードとデビットカードの違いについては一通り、これまでの内容で把握いただけたかと思います。

ここでは、クレジットカードに焦点をしぼった上で、メリット・デメリットを洗い出していきたいと思います。特にクレジットカードの新規発行を考えている方であれば、この項目は必見の内容ですよ。

クレジットカードのメリット

クレジットカードのメリットには以下のようなものがあります。

  • ポイント還元率が比較的高い
  • 分割払いができる
  • クレジットヒストリーが作れる
  • 各種保険が比較的充実している

 

上記の他、デビットカードにも同様に言えるメリットとしては、キャッシュレス、ATM出金手数料の軽減(現金を出金する回数が減るため)などが挙げられます。

さて、これらについて解説をしていきましょう。

ポイント還元率が比較的高い

クレジットカードはデビットカードと比べ、ポイントの還元率が高いことが多いです。たとえば、年会費無料で持つことのできるカードに、還元率1%のYahoo!JAPANカードや1.2%のリクルートカードなどがあります。

普段の生活における支払いの他、公共料金などの固定費の支払いに対しても、このような高還元率のクレジットカードをあてていけば、おのずとたくさんのポイントが集まるようになり、節約効果もぐっと高まります。

分割払いができる

今月は厳しい。一括で支払いができる買い物ではない。そんな時に非常に助かるのがクレジットカードの分割払い。

手数料がかかるというデメリットはありますが、この機能で毎月助かっている方が世界中にどれだけいることでしょう。

ちなみに2回までの分割払いであれば、手数料がかからないカードがほとんどです。

ボーナス一括払いでもオッケーですね。分割の回数が多くなればなるほど、最終的に支払わなければならない手数料は上がっていくので、この辺りの情報はしっかりと把握した上で、上手に活用していきましょう。

クレジットヒストリーが作れる

クレジットヒストリーをご存知でしょうか?

実はクレジットカードの利用履歴は、個人信用情報機関という場所で保管されています。

スポンサーリンク

つまり、支払いの遅延をすることなく、毎月きっちりと期日までに請求額を支払っている方は「社会的に信用のある方」とみなされるのです。

逆に支払いが遅れてしまうと、その記録もしっかりと残されてしまいます。これらの情報は、車のローンや住宅ローンを組む際に重要になってきます。

普段から遅延なく支払いを履行していれば、低金利でローンを組める可能性が高まりますし、クレジットヒストリーに傷(遅延や未払いなど)があれば、こうしたローンを組む際には不利になってしまいます。

クレジットカードを利用する場合は、以上のことを認識した上で、計画的に使っていく必要があるでしょう。

各種保険が比較的充実している

クレジットカードに付帯している保険が充実していればしているほど、安心して買い物をすることができます。

たとえばショッピング保険。この保険が付帯しているクレジットカードで商品の購入をした場合、購入した商品に対して常に保険をかけることができるというメリットがあります。

仮に購入したブランド物の商品が盗難にあった場合、現金払いであればそのまま手元に戻ってくる可能性は低いですが、ショッピング保険付帯のクレジットカードで支払っていれば、購入代金のほぼ全額が戻ってくることになります(保険適用期間内に申請をした場合)。

保険というものは、頻繁に使うものではないかもしれませんが、万が一の補償があるのとないのとでは、やはり安心感が違いますよね。

クレジットカードのデメリット

ウィーちゃんウィーちゃん

ちゃんとクレジットカードのデメリットも聞いておきたいな。

メリットばかりに目を向けていてはいけません。デメリットもしっかりと理解した上で、クレジットカードを持つようにしたいですね。

  • 審査が必要なので、発行できないことも
  • ついつい使いすぎてしまう
  • 分割払いやリボ払いは手数料がかかる
  • 支払いが遅れるとクレジットヒストリーに傷がつく

 

デメリットの事前把握は、メリットの事前把握よりも重要と言えます。それぞれの項目について、解説をしていきますね。

要審査なので発行できないことも

クレジットカードを発行するためには各クレジットカード会社で定められている審査を通過する必要があります。

勤務先情報や収入、過去の経歴など様々なことが審査材料として必要となるため、デビットカードと比較し、申し込みの手続きは少々手間がかかるのがデメリット。

その結果、すんなり審査をクリアできればいいのですが、審査に落ちてしまうとかけた手間や時間が水の泡に。

特に、自営業やフリーターなどの方は審査のハードルが上がってしまうことがほとんどなので、特にクレジットカードにこだわりがなければデビットカードを選択しても良いかもしれません。

ついつい使いすぎてしまう

これがクレジットカードの最も怖い部分かもしれません。

そもそも、使いすぎることがなければ、毎月の請求額に対して悲鳴をあげたり、支払いが追いつかなくなるといったことはないですよね。

それではどうして、人はついついクレジットカードを使いすぎてしまうのでしょう。

根本的な原因として、自身の収入や貯金に対しての把握や管理が甘いということが挙げられると思います。

それに加え、クレジットカードは一時的な借金であることを忘れてしまうともう駄目です。

現金が手元になくてもクレジットカードがあれば気持ちも大きくなってしまうので、ちょっと欲しいものがあれば手を出してしまいます。

クレジットカードを決済する前に本当に必要なものかを考える。本当にこの決済をしても支払いは問題ないのかを考える。基本的で当たり前のことですが、これらができているかどうかを常に確認しながら使う必要がありますね。

ウィーちゃんウィーちゃん

僕はちゃんとコツコツ貯金できるタイプだから大丈夫だよ!

分割払いやリボ払いは手数料がかかる

3回以上の分割払いやリボ払いにはそれ相応の手数料がかかってきます。

一回一回でみると莫大な金額にはならないところが逆に怖い。ちょっとずつ知らないうちに手数料がかさみ、トータルでみると相当な痛手を負ってしまう可能性があるのです。

基本的には分割払いやリボ払いを選択しないに越したことはありませんが、やむを得ず手数料を払ってでも支払いを分ける場合は、しっかりと「トータル」でかかる手数料を把握してから利用しましょう。

あまりにも手数料がかさむ場合は、その商品の購入を見送るというのも立派な決断ですよ。

支払いが遅れるとクレジットヒストリーに傷がつく

クレジットカードは多種多様な支払いやサービスに対応してきていることもあり、できるだけ多くの決済を一枚のクレジットカードに集約している方もいることでしょう。

ここで気をつけたいのが、引き落とし先として指定している口座の残高です。

潤沢な貯金が常に眠っているという方であれば心配は要りませんが、割とギリギリでまわしているという方であれば、下手をするとトータルの請求額に対し、口座の預貯金が不足する可能性も考えられます。

もし残高が不足していて引き落としがされず、それに気づかないままでいると悪気があろうとなかろうと、クレジットカード会社からの信用を失ってしまうことになりますよね。

こうした事態を防ぐためにも、自身が指定している口座の残高と、クレジットカード会社から請求される総額を常に把握しておきましょう。基本的なことですが、お金の管理って本当に大切です。

ウィーちゃんウィーちゃん

ご利用は計画的に!って事だよね。

デビットカードのメリット・デメリット

続いてデビットカードのメリット・デメリットを解説じゃ!

ウィーちゃんウィーちゃん

じゃあデビットカードのメリットは何があるの?

それでは、デビットカードのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

ちなみにここでいうデビットカードは、ゆうちょ銀行で発行できる古いタイプのJ-Debitではなく、その他の一般的なデビットカードをイメージしてください。

クレジットカードのメリット・デメリットと合わせて、ここまでをしっかり理解することができれば、どちらのカードがあなたに適しているかがわかります。もちろん、両方を上手に活用していくという案もありますよ。

デビットカードのメリット

クレジットカードと比較した際に、デビットカードのメリットとしてキラリと光る項目は以下の通りです。

  • 審査不要で発行までがスムーズ
  • 15歳から持つことができる
  • 使いすぎる心配がない

 

クレジットカードと比べるとやはり、お手軽な感じがメリットと言えますね。それぞれの項目に関して、説明を加えていきます。

審査不要で発行までがスムーズ

クレジットカードの審査がなかなか通らない方や、よりお手軽に発行したい方にデビットカードはオススメです。

勤務先の情報などを入力する手間もないので、本当にサクッと手続きが済んでしまいます。

15歳〜持つことができる

加えて、デビットカードは15歳や16歳でカードデビューできるのは大きいですよね。

カードを実際に使うことでお金の管理の勉強にもなりますし、使える幅や便宜性においてもメリットがあります。

世の中には、カード決済しか受け付けていない商品やサービスもあるので、クレジットカードを作成することのできない年齢の方々が、こうした商品やサービスを利用できるのは本人からすると非常にありがたいことと言えるでしょう。

博士博士

毎月のお小遣いをデビットカードの口座内に入れてあげるのも一つの方法じゃよ。

使いすぎる心配がない

毎月のクレジットカードの請求に頭を抱えている方や、クレジットカードを使いながら上手にお金の管理をしていくことに対して不安がある方であれば、このメリットは最も重要なのではないでしょうか。

即時引き落としでかつ、残高内でしか決済を行うことができない仕組みになっているため、使いすぎて支払いが追いつかないという状況にはなり得ません。

VISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランド付帯であれば、使える幅としても申し分ないので、クレジットカードからデビットカードに切り替える節約意識の高い方もいることでしょう。

デビットカードのデメリット

ウィーちゃんウィーちゃん

デビットカードにももちろんデメリットはあるよね?

最後にデビットカードのデメリットを確認していきます。

  • ポイント還元率が低いことが多い
  • 分割払いができない
  • クレジットヒストリーが作れない
  • 保険付帯が弱いことが多い

 

お手軽に作成できるというメリットの反面、目をつぶらなければならない項目がいくつかありますね。一つずつみていきましょう。

ポイント還元率が低いことが多い

クレジットカードと比較するとやはり、デビットカードのポイント還元率は低いことが多いです。

デビットカードには分割払いやリボ払いによる手数料が存在しないので、デビットカードを発行することによって得られる銀行側の収益は微々たるものです。

加盟店から得られるわずかな手数料と、年会費(かからないデビットカードがほとんど)くらいでしょうか。

このような背景を考慮に入れると、ポイント還元率においてクレジットカードに遅れを取ってしまうのはある程度仕方のないことですしょう。

ところがそんな中、非常に優秀な還元率を誇るデビットカードも存在します。

たとえば、年会費無料で発行できる楽天デビットカード(JCB)は1%の還元率ですし、ソニー銀行のデビットカードであるSony Bank WALLET(VISA)は発行時の還元率は0.5%ですが、優待プログラムを活用すれば最大2%にまで還元率を上げることが可能です。

分割払いができない

少額の支払いであれば何ら影響はありませんが、高額の商品を購入する際に、一括払いが厳しいとなると浮かび上がってくるのがこのデメリット。

堅実な方であれば、素直に一括購入できるまで貯金に専念するのが良いでしょう。あるいは、高額商品を購入する際にのみ、スポットでクレジットカードを使うというやり方もあります。

クレジットヒストリーが作れない

将来車のローンや家のローンを組む予定のある方であれば、ここはかなり重要なポイントとなってきます。

デビットカードはクレジットカードとは異なり、何度利用しようと、クレジットヒストリーには履歴が残らないので、信用を積み重ねていくことができません。

前述のように、クレジットヒストリーにおける信用がなければ、車のローンや家のローンを組む際にどうしても不利になってしまいます。

もし、クレジットカードの利用で信用度の高いクレジットヒストリーを作っていれば、低金利でローンを組めることもあるので、トータルで見ればその方がお得と見ることもできます。

何もクレジットカードとデビットカードの比較に限った話ではありませんが、物事の価値は短期的ではなく、長期的な視点を持って判断することが大切ですね。

博士博士

クレジットヒストリーは大事なことなんじゃよ。

信用を積み上げるためにクレジットカードも1枚持っておくのも良いじゃろう。

保険付帯が弱いことが多い

こちらもデビットカードを発行している銀行が得られる収益が少ないことを考えると、クレジットカードと見劣りしてしまうのは仕方がありません。

ポイントとしては、あなたにとって必要な保険を備えている銀行のデビットカードを選択肢に入れること。

たとえば、海外旅行によくいく方であれば、海外ショッピングや旅行傷害保険が付帯しているみずほ銀行のデビットカード(JCB)。

国内におけるショッピングの他、紛失や盗難に対しても備えておきたい方にはソニー銀行のSony Bank WALLET(VISA)といった具合です。

逆に特段保険にこだわりはないという方であれば、特にこの点がデメリットになることはないですね。どちらにしろ、カードを保持する上では自己管理への意識をいつも以上に高めておくことが大切と言えそうです。

まとめ

どんなカードにおいてもそうですが、すべての特徴がメリットになるものは存在しません。

大切なのは「あなたにとって」最高の一枚はどれかということ。

クレジットカードとデビットカード双方の特徴を十分に理解した上で、あなたのライフスタイルを改めて振り返ってみれば、自ずと必要なカードは見えてくることでしょう。

スポンサーリンク