横浜インビテーションカードの口コミ/評判 メリット・デメリットを解説!

ウィーちゃんウィーちゃん

横浜インビテーションカードって発行すると良いことがあるの?

マネーの博士マネーの博士

もちろんじゃよ!実はサブカードとしてはうってつけのカードなのじゃ!

横浜インビテーションということは、横浜在住の方だけ?

このように思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。横浜在住の方でなくとも、誰だってこちらのカードを持つことができます。

ここでは、横浜インビテーションカードのメリット・デメリットはもちろん、実際に利用している方からの口コミ/評判についてもピックアップしながら、横浜インビテーションカードについて徹底解説をしていきたいと思います。

結論をお伝えすると、横浜インビテーションカードはサブカードとして抜群の一枚です。

少しでも横浜インビテーションカードが気になっている方はぜひ、以下の内容を読み進めてみてくださいね。

スポンサーリンク

記事の目次

横浜インビテーションカードの特徴

横浜インビテーションカード

基本還元率0.5%
年会費無料
国際ブランドMasterCard
ETCカード無料
家族カード無料

 

横浜インビテーションカードは完全無料で持つことができるクレジットカードです。

国際ブランドの選択肢がMasterCardのみとなっていますが、MasterCardは全世界で幅広く適用できるため、この点はデメリットにはなりません。

横浜インビテーションカードの利用でラブリィポイントが貯まる

横浜インビテーションカードでは、200円の利用につき1ポイントのラブリィポイントが貯まります。

1ポイントの価値はどれくらいですか?」という質問が飛んできそうですが、ラブリィポイントの価値は交換先によっても異なりますし、2年目以降は以下の通り、カード利用額によっても変動があります。

年間利用合計額ポイントアップ率横浜インビテーションカードの基本還元率
300万円以上100%1%
200万円以上90%0.95%
150万円以上80%0.9%
100万円以上70%0.85%
50万円以上50%0.75%
20万円以上40%0.7%
20万円未満0%0.5%

 

利用額に応じてどんどん還元率がアップするという見方をすればメリットとも言えますが、年間300万円以上利用しても1%の還元です。

この点を踏まえると、横浜インビテーションカードはメインカードとして利用するより、サブカードとして活用するのがおすすめと言えるでしょう。

ラブリィポイントの交換先

マネーの博士マネーの博士

貯めたポイントはJデポに交換するのが王道と言えるじゃろう。

ウィーちゃんウィーちゃん

使い道に困ることもないし便利だもんね!

横浜インビテーションカードの利用で貯まったラブリィポイントには、以下のような交換先があります。

  • Jデポ(クレジットカード利用料金を相殺)
  • Tポイント
  • dポイント
  • nanacoポイント
  • WALLETポイント
  • ベルメゾンポイント
  • ANAマイル
  • JALマイル

特に交換先が思いつかないという方は、Jデポに交換してカード利用額を相殺するのがおすすめです。これなら現金でキャッシュバックを受けていることに等しいため、ポイントの価値を無駄なく享受することができますよ。

横浜インビテーションカードの口コミ/評判

「横浜インビテーションカードの口コミ/評判」 と記載し、博士が横浜インビテーションカードを持ちながら 「隠れた名カードである横浜インビテーションカードの評判はなかなか高いぞ!」 と白猫に言っているイラスト
ユーザーの口コミは何よりも大切
ウィーちゃんウィーちゃん

ぶっちゃけ、横浜インビテーションカードを使っている人の口コミが知りたい!

公式ホームページなどで横浜インビテーションカードのスペックを確認することも大切ですが、実際に利用している方の生の声には、決して公式ホームページでは語られることのない情報が含まれます。

このように考えれば、横浜インビテーションカードへの入会を検討している方にとって、口コミや評判は非常に参考になりますよね。

ここでは、良い口コミも含め、良くない口コミと合わせて紹介していきましょう!

良くない口コミ|横浜インビテーションカードは審査に時間がかかることもある

さて、まずは横浜インビテーションカードの審査に関する口コミをみていきましょう。一つ目の口コミはTwitterより、二つ目の口コミはYahoo!知恵袋のやり取りから抜粋させていただきました。

【質問者のコメント】

「横浜インビテーションカード」を申し込み、 本日28日(火)で土日含め一週間と1日がたちました。まる一週間たっても否決のお知らせはなく「審査中です」という事は審査通過の可能性がありますでしょうか?

【ベストアンサーに選ばれた回答】

否決ならすでに結果は出てるので、「このたびは~」と電話ではっきり言うはずです。 可決なら、「発行の準備をしてます」と言うでしょう。 つまり、今のところ本当に審査中なのです。 少なくとも門前払いの審査落ちではありません。

引用元:Yahoo!知恵袋

せっかくエントリーしたにもかかわらず、1週間も音沙汰がないと少し不安になりますよね。審査に関してこうした口コミが数件見られるということは、横浜インビテーションカードの審査は時間がかかることもあるということ。

したがって、横浜インビテーションカードを申込みするのであれば、期間には余裕を持って動く方が良いかもしれませんね。

良い口コミ|横浜インビテーションカードは海外旅行傷害保険が自動付帯

続いては、横浜インビテーションカードの目玉とも言える海外旅行傷害保険に関する口コミをピックアップしていきます。

え、年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯?」とにわかには信じられない方もいるかもしれませんね。

後ほど紹介しますが、これが横浜インビテーションカードの最大のメリットと言える特典です。

ちなみに、2人目の方のコメントをご覧いただければお分かりの通り、エポスカードといった、同じく自動付帯で海外旅行傷害保険が享受できるクレジットカードを備えておくことで、傷害死亡・後遺障害以外の項目については合算で補償を受けることができます。

海外の医療費事情は日本と異なり、たった数日間入院しただけでも数百万が飛んでいくようなレベルです。この点を踏まえると、潤沢な補償額を確保しておくに越したことはありません。

もしあなたが海外旅行に頻繁に行かれるのであれば、横浜インビテーションカードに加え、以下のようなカードの作成も視野に入れておきましょう。

良い口コミ|J’sコンシェルのサービス総数は17万以上

続いて紹介するのは、横浜インビテーションカードのユーザーが利用可能なJ’sコンシェルに関する口コミです。

横浜インビテーションカードのユーザーが利用可能なJ’sコンシェルは、サービス総数が全国で17万件以上を超えるサービスです。

もちろん、J’sコンシェルの利用に関して費用は一切かかりません。

ここまでくると、なぜ横浜インビテーションカードが年会費無料で持てるのかがわからなくなるほどですが、享受できるサービスはしっかりと受け取っておきましょう。

良い口コミ|横浜インビテーションカードはデザインが良い

さて、続いては、横浜インビテーションカードのデザインに関する内容です。

クレジットカードはスペックが重要なのは言うまでもありませんが、カードデザインにもこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。

横浜インビテーションカードはサブカードとして抜群のスペックを備えているだけでなく、カードデザインに関しても良好なコメントを獲得している一枚です。

財布から出すたびに、お気に入りのデザインカードを眺めることができるのは非常に気分が良いですよね。

横浜インビテーションカードの嬉しいメリット

横浜インビテーションカードの数多くのメリットを紹介しよう!これで年会費無料は大きなメリットじゃよ。
カードのメリットを知って最大限活用しよう
ウィーちゃんウィーちゃん

口コミではすごい良いカードってなってたけど、他にはどんなメリットがあるんだろう?

ここからは、横浜インビテーションカードの嬉しいメリットについてまとめていきたいと思います。

先ほどの口コミの項でもいくつか、横浜インビテーションカードの良さが登場しましたが、ここで改めてスペックについて理解を深めておきましょう。

横浜インビテーションカードで得られるメリットは以下の通りです。

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 国内旅行傷害保険も利用付帯で享受できる
  • ショッピングプロテクションが付帯
  • J’sコンシェルで様々な優待を享受できる
  • JACCSモールの経由でネット通販がお得
  • SMART ICOCAへのチャージでポイントが貯まる

早速、それぞれの項目について解説を加えていきますよ。

充実した海外旅行傷害保険が自動付帯

この自動付帯の旅行保険があるからこそ、横浜インビテーションカードはサブカードに最適と言えるじゃろう!
自動付帯の旅行保険はメリット大

先ほどの口コミでもお分かりの通り、横浜インビテーションカードのユーザーは、自動付帯で海外旅行傷害保険を享受することができます。気になる補償内容は以下の通りです。

補償項目本会員
傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円
救援者費用200万円

 

マネーの博士マネーの博士

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードは多くないからこそ、サブカードにはうってつけなんじゃよ。

自動付帯という点も嬉しいですが、最も利用頻度の高い傷害治療費用や疾病治療費用に対しても200万円までの枠が設けられているのが秀逸です。

前述した通り、傷害死亡・後遺障害以外の項目については上乗せで補償額を享受できるため、少しでも安心感を備えておきたい方は、以下のようなカードを合わせて作成しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
  • エポスカード
  • JCB EIT
  • REXカード

国内旅行傷害保険も利用付帯で享受できる

横浜インビテーションカードは海外だけでなく、国内の旅行傷害保険にも手を伸ばしています。以下、補償内容をみてみましょう。

補償項目本会員
傷害死亡・後遺障害1,000万円
入院5,000円/日
手術5万円/10万円/20万円
通院3,000円/日

 

様々なクレジットカードに精通されている方であればお気付きかと思いますが、年会費無料のクレジットカードで、入院・手術・通院費用が網羅されているのは非常に稀です。

海外だけでなく、国内旅行にも頻繁に出かける方にとって、これほど嬉しい仕様はないですね。

横浜インビテーションカードの国内旅行傷害保険に関しては利用付帯となっているため、国内旅行の際には、旅行代金の一部を横浜インビテーションで支払っておきましょう。

ショッピングプロテクションが付帯

横浜インビテーションカードは年会費無料で国内外の旅行傷害保険が付帯しているだけでなく、ショッピングプロテクションまでも網羅しています。

ここまで幅広く安心感を享受できる年会費無料のクレジットカードは珍しいです。

以下、ショッピングプロテクションの内容をみてみましょう。

  • 購入日から90日間まで補償
  • 年間最大100万円までの補償
  • 1件につき3,000円の自己負担

ショッピングプロテクションは利用付帯となっているため、安心感を備えておきたい商品を購入する際には、横浜インビテーションカードで決済するのを忘れないようにしたいですね。

J’sコンシェルで様々な優待を享受できる

J'sコンシェル

横浜インビテーションカードのユーザーは、WEB会員サービスの『インターコムクラブ会員』に登録することで、『J’sコンシェル』というサービスを利用することができます。

J’sコンシェルのサービス総数は全国17万件以上におよび、本特典を活用するかしないかでは、節約効果が大きく異なってくるのは間違いなさそうです。

たとえば、どんな特典があるんですか?

そんなあなたへ、主な優待内容を以下に紹介します。

優待を受けることができる施設優待内容
シェラトン・グランデ
トーキョーベイ・ホテル
お一人様/素泊まり
2〜4名一室6,500円〜26,000円
ベネフィット・ステーション
パッケージツアーデスク
国内・海外のパッケージツアー基本旅行代金より3%〜12%オフ
109シネマズ&ムービルシネマチケット(一般)
1,800円⇒1,300円
カラオケルーム歌広場グループ全員室料20%オフなど
てもみんグループ利用チケット(1枚)
1,080円⇒875円
東京お台場
大江戸沿線物語
ご入場券
最大3,044円⇒1,900円
日産レンタカー一般料金より21%〜50%オフ

 

もちろん、上記以外にもありとあらゆる場面でお得感があるのがJ’sコンシェルの魅力です。横浜インビテーションカードを作成するのであれば、ぜひともJ’sコンシェルの優待内容をしっかりと把握しておきましょう。

JACCSモールの経由でネット通販がお得

JACCSモール

え、リアル店舗だけでなく、ネット通販もお得なんですか?

そう。横浜インビテーションカードのユーザーは以下の通り、会員限定サイトの『JACCSモール』を経由することで、ネット通販もお得に楽しむことができます。

合計で得られる還元率
基本還元率を0.5%と想定
対象店舗
1%
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ベルメゾンネット
  • じゃらんnet
1.5%
  • LOHACO
  • イトーヨーカドーネットスーパー
特に優遇
  • マツモトキヨシ(2.5%)
  • i Tunes Store(4%)
  • エクスペディア(4%)

 

ダイレクトにお目当ての店舗に訪問するより、モール経由で買い物をした方が断然お得です。横浜インビテーションカードを作成したら、常にJACCSモールを経由するクセをつけたいですね。

モバイルSuica/SMART ICOCAへのチャージでポイントが貯まる

モバイルSuica

横浜インビテーションカードは交通系電子マネーのモバイルSuicaやSMART ICOCAと相性がよく、クレジットチャージでもポイント付与を得ることができます。

モバイルSuicaへのチャージでも同様にポイントが貯まりますが、モバイルSuicaは年会費がかかる(ガラケーやAndroidの場合)点には注意が必要です。

  • SMART ICOCA:0.5%の還元(年会費負担なし)
  • モバイルSuica:0.5%の還元(税抜954円の年会費が必要)

ただし、iPhoneユーザーの方はモバイルSuicaも無料で利用できます。また、ガラケーやAndroidの方でも、2020年からはモバイルSuicaを無料で利用できるようになりますよ。

横浜インビテーションカードの気になるデメリット

逆にどんなデメリットがあるのか気になる…!
どんなカードにも弱点はある
ウィーちゃんウィーちゃん

年会費無料なのにこれだけメリットがあると、逆にどんなデメリットがあるのかが気になる…!

続いては、横浜インビテーションカードの気になるデメリットについても目を向けていきたいと思います。

どんなクレジットカードを持つ上でも同様ですが、メリットだけでなく、デメリットについても十分に理解しておくと、カードの使い方が変わってきますよ。

横浜インビテーションカードの気になるデメリットは以下の通りです。

  • 審査が遅いこともある
  • 基本還元率が低い
  • 紙の明細書が有料

早速、それぞれの項目について解説を加えていきましょう。

審査が遅いこともある

こちらはネット上に散見される内容ですが、横浜インビテーションカードは審査に1週間以上かかる可能性がある点には注意が必要です。

特に、急ぎでクレジットカードを作成したい方にとって、この点はデメリットになってしまいますね。

もちろん、人によっては1週間以内にカードが手元に届くというケースもあります。いずれにせよ、横浜インビテーションカードにエントリーするのであれば、期間には余裕を持って手続きを進めるのが良いでしょう。

基本還元率が高くない

横浜インビテーションカードの基本還元率は0.5%と決して高くはありません。

冒頭でお伝えした通り、2年目以降は最大で1%まで還元率を高めることはできますが、還元率1%のクレジットカードは簡単に入手できるので、これも大きなメリットと捉えることはできなさそうです。

したがって、横浜インビテーションカードはあくまでもサブカードとして所有しておき、以下のような基本還元率に優れたカードをメインで活用していくのがおすすめですよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

メインカードは高還元なクレジットカードを選んだほうが無難かもね!

紙の明細書が有料

横浜インビテーションカードの明細を紙で受け取る場合、毎月税抜80円の費用がかかってしまいます。これをたった80円と思うことなかれ。

年間でいうと税抜で960円。つまり、年会費で1,000円を超えるクレジットカードを持つ場合と同じコストになってしまうのです。

  • 税抜80円(1ヶ月あたり)
  • 税抜80円×12ヶ月=税抜960円(年間)

ここはぜひとも、紙の明細書ではなく、WEB明細を利用しましょう。WEB明細なら無料で利用履歴をチェックできますし、紙の節約にもなります。こちらの方がエコですね。

横浜インビテーションカードの申込み方法

続いては、横浜インビテーションカードの申込み方法についてみていきたいと思います。

横浜インビテーションカードの申込みは、WEB上のみの手続きで完了します。煩雑な書面のやり取りや、捺印を避けることができるのは嬉しいですね。以下、WEB上の申込みの流れを確認していきましょう。

WEB上の申込みの流れ

横浜インビテーションカードのWEB申込みの流れは以下の通りです。

  1. こちらの『公式ホームページ』へアクセスする
  2. 会員規約に同意する
  3. 必要事項を入力する
  4. 登録したメールアドレスに受付完了メールが届く
  5. 審査結果を待つ
  6. カード受け取り

ご覧の通り、単に必要事項をWEB上の指示にしたがって入力していくだけでOKです。特に難しく捉える必要はなさそうですね。

クレジットカードを受け取れるのは本人のみ

横浜インビテーションカードに限った話ではありませんが、クレジットカードというのは原則、本人でないと受け取ることができません。

これを本人限定受取郵便と呼びますが、郵便屋さんに本人確認書類を提示してはじめて、クレジットカードの全ての申込み手続きが完了するのです。

なお、本人確認書類として有効なものは以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 官公庁が発行した身分証明書で写真付きのもの
  • 健康保険証
  • 共済組合員証
  • 年金手帳
  • 運転経歴証明書
  • 身体障害者手帳

万が一、長期不在などで一定の期間内に横浜インビテーションカードを受け取れない場合、解約扱いとなってしまい、再送付の依頼ができないので注意しましょう。

横浜インビテーションカードの審査難易度とかかる時間

マネーの博士マネーの博士

ここまでを見ると、横浜インビテーションカードを申し込みしたくなったじゃろう。更に気になるのは審査難易度じゃろう。

ウィーちゃんウィーちゃん

もしかして審査って厳しいの…?

続いては、気になる横浜インビテーションカードの審査難易度とかかる時間についてみていきたいと思います。

まず、審査難易度に関して参考になるのが、作成しようとしているクレジットカードが以下のどの系統に属するかを知ることです。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 交通系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

ちなみに横浜インビテーションカードを発行しているジャックスは信販系にあたります。外資系や銀行系は一般的に審査が厳しいとされていますが、信販系はそこまで厳しく見られることはありません。

したがって、申請内容やクレヒスに問題がない限りは、横浜インビテーションカードの審査に対してそこまで構えることもないでしょう。

クレジットカードの審査基準や気をつけた方が良いこと、クレジットカードヒストリーについてもっと知りたい方は以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

イラスト文字で 「クレジットカードの審査基準」 と記載し、下に白猫と博士がいるイラスト クレジットカードの審査基準や審査落ちする人の特徴を解説|クレジットカードの審査難易度や間口の広いカードを紹介! 白猫と博士がいて その上に「クレジットヒストリーとは?」 とイラスト文字で記載 クレジットヒストリーって何?クレヒスの作り方とかかる期間

 

横浜インビテーションカードを受け取るまでにかかる時間

横浜インビテーションカードを発行するまでにかかる時間については、ジャックスの公式ホームページによると、以下のような記載がみられます。

  • 申込み後、1〜2週間程度でカードが発行される
  • 申込みの時期や審査の内容によっては、発行に時間がかかる場合もある

つまり、申請内容や信用情報に問題がなければ、1〜2週間以内にはカードを入手できると考えて良さそうです。

申込みの時期という部分についてですが、年末年始などの大型連休に関しては、通常よりも時間がかかってしまうと想定しておきましょう。

未成年は親権者の同意が必要

これは横浜インビテーションカードに限った話ではありませんが、未成年の方がクレジットカードを作成する場合、親権者の同意が必須となります。

したがって、未成年の方はまず、以下のような内容を伝えることで、親からの承認を得ることから始めましょう。

  • 早い時期からクレヒスを積み重ねておくことで、将来の審査が有利になること
  • 横浜インビテーションカードは年会費が完全に無料のクレジットカードであること
  • 使いすぎとお金の管理には十分注意すること

もちろん、親に内緒でクレジットカードを作成することはできませんし、以下のような方法で審査を通そうとするのは言語道断です。

  • 自身の年齢を偽って申請する
  • 友人に親の代理をしてもらう

仮にクレジットカード会社に本当のことがバレてしまった場合、それこそ審査クリアが絶望的になりますし、今後の審査にも悪影響が及んでしまいますよ。

在籍確認の電話があることも想定しておく

横浜インビテーションカードにエントリー後、勤務先に在籍確認の電話がある可能性を想定しておきましょう。

とは言っても、何か具体的に準備することがあるわけではなく、仮にあなた自身がクレジットカード会社からの電話を受けることができなくても問題ありません。

なぜなら、クレジットカード会社はあなたと会話したいのではなく、単に勤務先の存在とあなたの在籍を確認したいだけなのです。

仮にあなた以外の職員が電話に出た場合、その方から以下の内容がオペレーターに伝われば、在籍確認は無事に完了となります。

  • あなたが出勤していること
  • あなたが席を外している(休暇を取っている)こと
  • あなたが他の電話に出ていること

以上を踏まえると、横浜インビテーションカードを申込みした後も、いつも通り会社に出勤していれば問題なさそうですね。

横浜インビテーションカードを作ろう!

さて、ここまで横浜インビテーションカードを様々な角度からみてきましたが、ここで改めて横浜インビテーションカードの魅力を確認しておきましょう。

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 国内旅行傷害保険も利用付帯で享受できる
  • ショッピングプロテクションが付帯
  • J’sコンシェルで様々な優待を享受できる
  • JACCSモールの経由でネット通販がお得
  • SMART ICOCAへのチャージでポイントが貯まる

ご覧の通り、年会費無料とは思えないほどにハイスペックな一枚ですね。

特に、旅行好きな方は、いつどこでどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。充実の旅行傷害保険が付帯した横浜インビテーションカードを備えておくに越したことはないでしょう。

まとめ

横浜インビテーションカードは完全無料で持つことができるにもかかわらず、年会費が有料のクレジットカードにも引けを取らないほどに補償や特典が充実している一枚です。

現段階で少しでも横浜インビテーションカードに魅力を感じている方は、この機会に作成しておきましょう。仮に自分にマッチしないことがわかったら、その時に解約すれば問題ありません。

ぜひ、本記事の内容を十分に参考にしていただき、横浜インビテーションカードを自在に使いこなしてみてくださいね。

 

損したくないなら読むべき記事!

スポンサーリンク
記事を書いた人
博士
博士

マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。