ウィーちゃんウィーちゃん

ヤマダ電機で貯めたポイントに有効期限ってあるのかニャ?

博士博士

もちろんじゃ!

知らない内に有効期限が切れてた!なんてよくあるから気をつけるんじゃよ。

家電は必ずヤマダ電機で買っていて、ポイントをたくさん貯めている!という人も多いことでしょう。

「貯まったポイントで、エアコンを最新型にするぞ!」

「ポイントが貯まったら、美顔器でも購入したいわ」

と、その夢も膨らんでいきますね。しかし、あなたが最後にヤマダ電機で商品を購入したのはいつですか?ポイントの有効期限は大丈夫でしょうか?

貯めていくことに夢中で、有効期限の存在を忘れていては大変なことになってしまいます。そこで今回は、ヤマダ電機ポイントの有効期限と有効期限を延ばす方法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ヤマダ電機ポイントの有効期限

最初にヤマダ電機のポイント会員になったときに、店員さんに「ポイントには有効期限がある」ということを説明してもらったと思います。

しかし、会員登録をしてから長い時間が経つと、ポイントの有効期限のことは忘れてしまいがちです。有効期限にまつわる注意事項も一緒に忘れてしまうこともあるでしょう。

その内容を思い出すためにも、ヤマダ電機ポイントの有効期限について見ていきましょう。

ヤマダ電機ポイントは1年!

ヤマダ電機のポイントは、最後に商品を購入した、あるいはスロットを回した時から1年間が有効期限となっています。

また、欲しい商品が店頭になく後日自宅に配送してもらうといった形で商品の購入をした場合、ヤマダ電機が商品を発送した日から1年間がポイントの有効期限になります。

有効期限が切れてしまうと、どんなにポイントが貯まっていても0になってしまうのです。乾電池や蛍光灯などの消耗品をこまめに買いに行く人にとっては、ポイントの有効期限の心配はあまりしなくてもいいかもしれません。

しかし、自宅などで使っている家電製品が壊れたときや、新商品を購入するといった目的でヤマダ電機を利用している人にとっては、家電製品の故障もなく、使用できなくなってしまうことがなければ、なかなか「ヤマダ電機に行く」という行動は起こりにくいかもしれません。

そうするとあっという間に1年が経ってしまい、気付けばポイントは失効されていた…なんてことも起こり得ます。ヤマダ電機によると、失効してしまったポイントはいかなる理由があろうともポイントを復活させることはできないようです。

せっかく貯めたポイントがこれでは無駄になってしまいますので、どうにかして有効期限内にポイントを使うかお買い物をして、有効期限を延ばす必要があります。

では、具体的にどうすればいいのかをこれからご説明していきますね。

ヤマダ電機でポイントを貯めるなら、ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックスを利用しましょう。年一回の利用で年会費も無料で、ANAマイルやセゾンの永久不滅ポイントが貯まるヤマダ電機で使える最強のクレジットカードです。

ウィーちゃんウィーちゃん

有効期限はやっぱりあるんだね。

じゃあ有効期限を延ばす方法を知りたいニャ!

貯めたポイントの有効期限を延ばす方法

ポイントの有効期限を延ばす方法に入る前に、まずはポイントの有効期限がいつになっているかを調べなくてはいけません。もし、すでにポイントの有効期限が切れていたら、有効期限を延ばす方法はを試すことはできないですからね

有効期限を確認する方法は、次の3つがあります。

  • ヤマダ電機に聞く
  • ケイタイde安心で調べる
  • ヤマダウェブコムで調べる

 

では、それぞれどのようにして、有効期限を調べるのかひとつずつ確認していきましょう!

ヤマダ電機に聞く

もっとも簡単な方法は、ヤマダ電機の店員さんに聞いてみることです。

会員番号や登録のときに使用した電話番号からポイントの有効期限がわかりますので、ヤマダ電機の店舗宛てに電話をかけるか、直接行って確認してもらうといいでしょう。

また、ヤマダ電機でお買い物をしたときに出てくるレシートで確認することもできますよ。

ケイタイde安心で調べる

スマホのアプリを利用しているならば、『ケイタイde安心』からログインして、ポイントの残高や有効期限を確認することができます。

ヤマダウェブコムで調べる

ヤマダ電機の通販サイト「ヤマダウェブコム」で会員登録をしておくと、マイページにログインしたときにポイントの残高や有効期限を確認することができますよ。

有効期限がいつなのかが判明したら、さっそく期限を延ばしていきましょう。

その1:お買い物をして期限を延ばす

一番ベターな方法は、やはりお買い物をしてポイントの有効期限を延ばすことでしょう。ポイントを使っても使わなくても商品を購入すれば期限が1年延びますので、しばらくは有効期限を気にしなくてもよくなります。

しかし、また期限を忘れてしまうと今度こそ失効してしまわないとも限りませんので、次の期限を手帳などにメモしておくといいですね。

スポンサーリンク

ヤマダ電機のポイント還元率について、ヤマダ電機のポイント還元率を解説!還元率が悪い商品も存在する!?の記事で詳しく書いています。

その2:ポイントを移行する

ヤマダ電機のポイントカードを持っている人は、ケイタイde安心に統合すると、ポイントの期限が延長されます。ヤマダ電機に行って、ポイントカードとケイタイde安心に表示されるバーコードを提示すると、ポイントの移行をしてくれますよ。

ポイントカードからケイタイde安心にポイントを移行する作業は、1人1回限りです。自分以外の人の名義のポイントカードを移行することはできませんので、自分のカードであるかどうかをしっかりと確認しておいてくださいね。

ポイントカードはケイタイde安心アプリにポイント移行しますので、中身は0となり不要になってしまうので、ポイントカードをお店に返却することになりますよ。

なお、ケイタイde安心からヤマダポイントカードへのポイントの移行はできませんので、注意しておいてくださいね。

その3:スロットを回す

1回のお買い物で1,000円以上支払うと、来店したときのスロットマシーンを4回回すことができます。1日1回のスロットですので、4日スロットを回すということなのです。

スロットは回数が残っていれば商品の購入をしなくても回せますので、スロットを回してポイントが当たるとポイントが加算されますのでその分の有効期限が延びる!という仕組みです。

ここで一つ気を付けておきたいのが、「毎日回していては、有効期限が少ししか延びない!」ということです。3日連続でスロットを回しに行けば、3日しか延長できないことになりますから有効期限はほとんど変わりませんよね。

2~3か月に1回回しに行く程度がちょうどいいのではないでしょうか。そして、4回目にスロットを回しに行ったときに、再度1,000円以上のお買い物をして、スロットを回す権利を獲得しておきます。

これを繰り返すことで、有効期限がどんどん延びていきますよ。1回1,000円以上のお買い物で、スロットを回すことができる回数はランクによって変わり、ランクごとに以下の回数を回すことができます。

  • ダイヤモンドランク→7回
  • プラチナランク→6回
  • ゴールドランク→5回
  • シルバーランク→4回
  • ブロンズランク→4回

 

博士博士

お金使わずに有効期限を延ばすことができるから、この方法が一番オススメじゃ!

しかし、ヤマダ電機が近くにない場合は少し不便かもしれんのぉ。

ヤマダ電機の会員ランクや、機種変更した時の対処法などを以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイントの共通化は有効期限が延びない!

ヤマダ電機『ケイタイde安心』のアプリ内で、LABIカードで貯めたポイントやヤマダウェブコムで貯めたポイントを共通化することができます。共通化することで色々な場所でポイントの利用ができるようになり大変便利です。

しかし、注意していただきたいのは、ポイントの共通化をしても有効期限は延びないということ。ポイントカードからの移行と同じように有効期限が延びるものだと思ってそのままにしておくと、ポイントの期限が切れてしまい利用できなくなることも。

非常に勘違いしてしまいやすいことなので、是非覚えておいてくださいね。

実はヤマダ電機で買物をした時に現金払いだと10%の還元率があるポイントが、クレジットカードで支払いをすると還元率が8%になってしまいます。ヤマダ電機でクレジットカード払いをするなら、冒頭でも紹介したヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックスがおすすめです。

このカードを使えばヤマダ電機でのカード払いも現金時と同様に10%の還元があり、セゾンの永久不滅ポイントの0.5%還元もあるので、ポイントの2重取りが可能です。

ヤマダ電機などのように大きい買物をする時のポイントは特に大事にしたいので、クレジットカード払いをするならヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックスを利用しておきたいですね。

貯めたヤマダポイントや永久不滅ポイントは相互交換もできますし、ANAマイルにも交換することが可能です。主婦でも持てるカードなので、ポイントをムダにしたくない方、ヤマダ電機を利用するなら持っておきたいクレジットカードです。

まとめ

ヤマダ電機のポイントには有効期限があり、その期限が切れてしまうとどうやっても元に戻すことはできません。

ポイントが失効してしまわないようにするには、お買い物のたびにポイントを使うか、定期的に商品を購入してポイントを貯めていくか、期限を延ばすことができるようスロットを回すといった工夫が必要になります。

せっかく貯めてきたポイントですので、失効してしまう前に有効に活用していくようにしましょうね。

スポンサーリンク