ウィーちゃんウィーちゃん

ヤマダ電機のポイント還元率ってどんな商品でも同じなの?

博士博士

家電量販店は還元率が10%が多いという印象じゃが、実は商品によって違う事があるんじゃよ。

ヤマダ電機のポイント還元率は基本10%。普段スーパーやドラッグストアでのお買い物が中心という方は高い還元率に驚くかもしれませんが、競争の激しい家電量販店の世界では意外と普通の数字なんです。

でも、そんな高還元率なヤマダ電機でも還元率が悪い=10%に満たない商品もあるということはご存知でしたか?しかも、「還元率が悪い=ダメ」ということではなく敢えて低還元率を活用することもできるのです。

少しでもポイントをお得に、無駄なく使いたい方必見のヤマダ電機の還元率情報をまとめてお届けします♪

【ヤマダ電機最強カード】

ヤマダ電機のポイント還元率

ヤマダ電機 ポイント 還元率

ヤマダ電機のポイント還元率は大手の家電量販店としては標準的な10%。その条件や値引き交渉のコツなども合わせてご紹介します。

ヤマダ電機のポイント還元率は10%が基本

ヤマダ電機の一般的な還元率は税抜価格に対して10%です。これは、家電量販店の還元率としては一般的な数字といえます。

おなじみの、ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラなども基本的に還元率10%ですので、もはやこの高還元率は家電量販店業界では普通なのですね。しかし、普段スーパーやコンビニなどの還元率になれている人にとっては驚きの数字です。

こんなに高還元率のヤマダ電機ですが、いつでもすべての商品が10%還元という訳ではありません。では、「どういうとき還元率が下がってしまうのか?」という条件や還元率が悪い商品にどんなものがあるのかについてもご説明していきますね。

現金とクレジットで還元率に差がある

まず、一番分かりやすいのが現金とクレジットで還元率に差があるということ。ヤマダ電機では、

  • 現金払い→還元率は10%
  • クレジットカード決済→還元率は8%

 

と現金の方が2%お得になっています。クレジット決済の場合、物を売った会社がクレジットカード会社に対して手数料を支払うシステムなのでその分だと思っていいでしょう。最安値を競い合っている業界ですから、消費者としては悔しいけれど仕方がないかもしれません。

実際に税抜価格が10,000円の商品の場合、どれくらいの差があるのかというと、以下にわかりやすくまとめました。

  • 還元率10%→1,000ポイント
  • 還元率8%→800ポイント
  • その差は200ポイント

 

2%還元率が変わると、200ポイントの差になりました。これが10万円なら2,000ポイントの差になってしまいます。たった2%の差ですが、近頃家電は高性能化した分、お値段の張る商品も増えてきました。(ドラム式洗濯機や多機能オーブンレンジ、高級炊飯器等)

ということで、この2%の差は侮れません。純粋にヤマダ電機のポイントを多く集めたいのであれば、現金支払い選ぶか、ヤマダ電機で唯一10%の還元があるヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックスのカードを利用しましょう。

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックスなら、還元率10%+セゾンの永久不滅ポイント0.5%の還元もあるので、現金払いよりもお得です。しかも、貯めたポイントはANAマイルに交換もできるので貯めたポイントも全くムダになりません。

値引き交渉のときに「ポイント還元」でお得

さて、意外と遠慮してしまう方も多いのですが、ヤマダ電機では商品が最安値でなかった場合に値引き交渉をすることができます!最安値が視覚的にもわかりやすい、「価格ドットコム」などの比較サイトを店員さんに見せて交渉する人も多いですよね。

そして、値引きが限界まで達した時に、値引き交渉を更に成功に導くポイントは「ポイント還元で値引きできないか?」と聞いてみることです。現金値引きはなかなか厳しくても、うまくいくとポイントを大量に上乗せしてもらえる可能性があります。

値引き交渉するなら、リピート前提で「ポイントを上乗せできないか」という視点で交渉してみましょう!そして、ポイント還元の低い商品やない商品で消費したら最高にお得になりますよ。

ヤマダ電機では、商品の購入金額によってユーザーによってメリットのあるステージがあります。ヤマダ電機を利用する人は必見のステージについて、以下の記事で詳しく書いていますのでぜひ参考にしてください。

還元率が悪い商品と良い商品

ヤマダ電機 ポイント 還元率

基本10%還元のヤマダ電機ですが、還元率が悪い商品というのも存在しています。これらはポイントを使うときに有効です。むしろ、これらを買うためにポイントを貯めるのが一番お得といえます。

それは、ポイントを使った時にはその分の金額に対しては何のポイントもつかないから。例えば、還元率10%の商品をポイントで買ってしまったら、現金で買った時と比較して単純に言うと10%分損していることになりませんか?

ポイントで商品を購入すると、ポイント還元はありません。だからこそ、ポイントで商品を購入する場合は、できるだけ還元率の低い商品を購入し、還元率の高い商品は現金などで購入するのが良いということです。

そういうわけで、ポイントを使うならあまりポイントがつかない商品の方がお得になるという訳です。では、具体例をみていきましょう。

ヤマダ電機で貯めたポイントの有効期限や、機種変更した時のポイントの移行方法などは、以下の記事で詳しく解説しています。

還元率の悪い商品の代表は書籍・ゲームとApple製品

還元率の悪い商品は、多くの家電量販店で共通していますが、

  • 書籍(本)
  • ゲーム
  • Apple製品
  • 年賀はがき
  • プリペイドカード
  • セール品

 

などです。ふとんなどを売っている家電量販店ではふとんなども低還元率になりがちですね。

Apple製品に関しては、お店によっては還元セールを行っている時もあるのでポイントでiPad等を購入したいと計画している場合には、そのタイミングは外してくださいね。

還元率は値引き交渉で良くする

もともと10%還元が基本のヤマダ電機。なかなか10%を超えるものは現れません。でも、実質的に10%以上の還元率を可能にするためには、値引き交渉がオススメです。

さすがに10,000円以下の商品などでは、応じてもらいにくいのですが価格が10,000円以上のものになってくると値引き交渉も成功率が上がります。そのときに、「ポイント還元を増やしてもらえませんか?」という方向で交渉すると上手く行きやすいという情報もありますよ!

また、店舗・季節によってのポイントアップキャンペーン商品なども還元率がアップされていてポイントを貯めるのにはもってこいです。

還元率の悪い商品はポイントで購入を!

さて、無事にポイントを貯めたというあなたもまだ気を抜いてはいけません。何に使うかが問題です。

やはり、現金支払いで10%還元するような商品を買ってしまってはポイントを取り損なってしまっていることになります。ですから、ポイント還元の低め&ない商品でポイントを消化しましょう。

また、もうひとつのオススメは「通販の方が安いけれど、送料無料にならない」ような小物商品。送料無料がかなり当たり前になってしまった通販業界でも、数百円ではなかなか送料無料にしてくれませんよね。

光熱費ダウンにもつながりますから、LED電球あたりはお得と言えるかもしれません。

たまにしか行かないならポイント辞退という方法も

家電量販店はポイントをかなりセールスポイントにしているので、意外と盲点なのですが、あまりヤマダ電機に行かないという方にオススメの値引き方法があります。

それは、「ポイント辞退してその分を値引きしてもらう」という方法。

滅多に行かないということなら、ポイントをもらってもきっと失効させてしまうはず。それならその場で現金値引きをしてもらった方が節約になりますよね。

しかし、このポイントを辞退して値引きをして貰う方法ですが、実はあまり成功率は高くありません。ポイント還元をしている方が実際に付与されたポイントを使い切る人が多くないお客がいるので、ヤマダ電機にとってはメリットが大きいからです。

だからこそ、ヤマダ電機で買物をする時には、ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックスを使うのがベストです。ヤマダ電機でこのクレジットカードを使えば、クレジットカード払いでも通常8%が10%還元+永久不滅ポイントの0.5%還元になり、貯めたポイントはヤマダ電機で使う以外にもマイルに交換できるので使い勝手は抜群です。

ヤマダ電機以外の利用でも、ポイントの有効期限のない永久不滅ポイントが貯まる上に1度でも利用すると、年会費は無料になりますので持っていて損はないカードです。

むしろ、現金払いやその他のクレジットカードで支払ってしまう方が、家電量販店などの高い還元率の場所では損が大きいので、持っておくべきカードと言えます。

まとめ

ヤマダ電機の還元率は、基本的に現金なら税抜価格の10%、他のクレジットカードなら税抜価格の8%です。お得にヤマダ電機で還元が欲しい場合には、断然ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックスでの支払いがおすすめです。

ちなみに還元率があまり高くない商品も存在しています。本・ゲームソフト・Apple製品などがその一例ですね。(もちろんポイント還元キャンペーンを開催しているなどの例外もあるのですが。)

こういった商品は、貯めたポイント消化に使うとよりお得です。ポイント10%やキャンペーンによってそれ以上のポイントになっている商品でポイントを貯め、還元率の低い商品で消化するのが基本です。

ただでさえポイントの貯まりやすいヤマダ電機。より賢く使ってもっとお得に利用してみませんか?

【ヤマダ電機最強カード】