Tポイントを貯めるなら絶対Yahoo!JAPANカードが欲しいニャ。でも審査って厳しいのかニャ?

ウィーちゃんウィーちゃん

Tポイントが貯まるからYahoo!JAPANカードを検討してるんだけど、審査って厳しいのかなぁ?

博士博士

それほど難しくないと言われているが、もちろん一定の基準はある。

今日は審査に受かるコツについて解説していくぞ!

Yahoo!JAPANカードはTポイントが貯まりやすく、今ではTポイントが使える場所が非常に多くなっているので、貯めやすい&使いやすいクレジットカードとして大変人気のカードです!

でも、肝心の審査基準はどうなっているのでしょうか?

クレジットカードを申し込む時、絶対に審査は一度で通りたいですよね。せっかくカードの申込みをしたのに審査に通らなかったらショックは大きいです。

そこで、今回はYahoo!JAPANカードの審査に一発通過するコツと、意外と知られていない注意すべきポイントを徹底解説します!

スポンサーリンク

Yahoo!JAPANカードの審査基準

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは加盟店が多く、現在最も使い道の豊富なポイントの1つであるTポイントが貯まるカードとして幅広い世代に大人気のカードです!

また、Yahoo!JAPANカードは頻繁に入会キャンペーンをやっており、キャンペーン中に入会するとTポイントが沢山もらえます。

そんな魅力的なYahoo!JAPANカードですから、絶対に一発で審査に通ってキャンペーンやショッピングでTポイントを貯めたいですよね。

実はYahoo!JAPANカードの審査は、それほどクレジットカードの中では難易度が高くないと考えられます。

でも、クレジットカードは使った金額がカード会社から後で請求される支払い方式のため、その人が信用に値するかどうか事前にしっかりチェックされるんですね。

そこで、審査に挑む前にクレジットカードのことをよく知って、信用度を上げていきましょう。

まずは、意外と知らないクレジットカードの審査の基本用語から解説していきますね!

確認しておきたいクレジットカード審査の用語解説

クレジットカードと一言でいっても、色々な発行元があります。分かりやすい例で言うと、銀行が発行しているものやクレジットカード専門の会社が発行しているもの、スーパーや家電量販店などのお店が発行しているものなどがあります。

それによって審査の難易度が変わってきます。

  • 銀行系
    →銀行や銀行のグループ会社が発行
  • 信販系
    →クレジット専門の会社が発行
  • 流通系
    →スーパーや家電量販店など流通関係の会社が提携して発行
  • 消費者金融系
    →消費者金融系の会社が発行

 

例えばこんな分類が一般的にいわれているクレジットカードの発行元の分類なのですが、 銀行系が一番審査が厳しく、続いて信販系・流通系・消費者金融系の順番で審査の難易度が高くなっています。

信販系とは、JCBやアメリカン・エキスプレス(AMEX)といった会社が発行するカードのことで、銀行系に続いて審査が厳しいです。

Yahoo!JAPANカードの場合「ワイジェイカード株式会社」が発行しています。携帯電話のソフトバンクグループに属していて、クレジットカード事業や料金収集業務を行っています。

ワイジェイカード株式会社は、ヤフー株式会社とソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社が株主となっている会社で、実質的にはYahoo!の子会社ですから、流通系に分類されるので審査は厳しい方ではありません。

ウィーちゃんウィーちゃん

Yahoo!JAPANカードは、ソフトバンクグループのクレジットカード会社なんだね!

でも、それって審査は厳しいの?

博士博士

じゃあ早速、Yahoo!JAPANカードの審査について詳しく解説していこう!

審査は「信用情報機関」の情報をもとに行われる!

Yahoo!JAPANカードの審査はワイジェイカード株式会社が行うということがわかりましたが、審査は実際にどんなデータを参考にして行われるのでしょうか?

クレジットカードの審査をおこなう際には、その人に支払い能力があるかどうかや、今までにクレジットやローンの支払いをきちんとしてきたかどうかを審査することになります。

でも、何のデータもないと、その人が今まできちんとクレジットやローンを支払ってきたのかわかりません。

そこで、「信用情報機関」に登録されているデータの出番です。

初めて聞く言葉が出てくるかもしれませんので、少し用語を解説しますね。

  • 信用情報機関
    →個人の過去のクレジットカードやローンの利用実績や、「借入額(借金)」または、「遅延」「延滞」「自己破産」などの金融事故の情報をストックする機関
  • 信用情報機関の種類
    →全国銀行個人信用情報センター(KSC)、CIC、JICC
  • 信用情報
    →クレジットヒストリー/クレヒスと同じ意味
    →カードやローンなどの申し込み情報、支払い情報(遅延や延滞)、現在の借り入れ残高など

 

クレジットカード発行会社や消費者金融、銀行などは、信用情報機関を使って、それぞれの利用者の支払いや金融事故の情報をストックし、共有しているということです。

実は、クレジットカードに入会する際の約款(利用規約)などにもこれらの機関に情報を提供することが記載されています。

クレヒスについては『クレジットヒストリーって何?クレヒスの作り方とかかる期間』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

審査の際は、これらの信用情報機関にあるデータから「延滞」や「強制退会」などの金融事故情報がないかなどを中心にチェックしていくわけです。

ちなみに、「延滞」とはクレジットカードやローンの支払いの遅れのことで、「強制退会」となるとカード会社側がその人にこれ以上カードを使って欲しくないということで、カードの利用をお断りしたというケースとなります。

当然、「延滞」や「強制退会」が過去にあると、審査では印象が悪くなってしまいますね。

では、それらを踏まえて実際のYahoo!JAPANカードの申し込み条件・審査について確認していきましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

延滞とかがあると、絶対に審査には受からないの?

博士博士

延滞といってもそれぞれのケースによって、カード会社の印象も変わる。全くマイナスにならないわけではないが、絶対に審査に受からないとは限らないんじゃ。

それじゃあ、今までのことを踏まえてYahoo!JAPANカードの申し込み条件をみていこう!

Yahoo!JAPANカードの申し込み条件

Yahoo!JAPANカードの申し込み条件は、実は決して厳しいものではありません。

公式サイトに記載されている「Yahoo! JAPANカード会員規約」の内容を簡単に要約すると次のような条件が本会員になる条件として提示されていました。

  • Yahoo! JAPAN利用規約を承認し、Yahoo!JAPAN IDを持っていること
  • T会員規約・ポイントサービス利用規約を承認し、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の会員になっていること

 

カルチュア・コンビニエンス・クラブってなんだ?」となってしまいましたか?実はTポイントのサービスを運営している会社です。

つまり、Yahoo!JAPAN IDを持っていて、Tポイント会員であれば本会員になる資格があるということになります。

でも、普通のクレジットカードの場合は年齢制限がきちっと書かれているはず。Yahoo!JAPANカードの場合には、申し込み画面に次のような記載があります。

※お申し込みは18歳以上の方を対象とさせていただきます(高校生の方は除きます)

引用元:Yahoo!JAPANカード

さらに、携帯番号・固定電話のどちらかを入力することが必須となっています。

収入についての条件は公式サイトに記載はありませんでしたが、申し込み時に「前年度の世帯収入」を入力する欄が必須項目です。配偶者(夫・妻)がいる方は、その方の前年度の収入や借り入れ状況(住宅ローンはカウントしません)を任意で入力する欄もあります。

これらのことから、Yahoo!JAPANカードの申し込みには以下の条件が必要であることがわかりました。

  • 18歳以上、高校生でないこと
    →学生不可という記載はないので専門学校生・大学生などは申込OK
  • 本人に連絡のつく電話番号を持っていること

 

また、記載はなかったものの、クレジットカードのサービスを利用する以上、本人か生計を共にしている家族に収入があるというのはほぼ必須条件と思っておいてよいでしょう。

ただし、一般的なクレジットカードだと本人にある程度の収入がなければいけませんから、それに比べると難しくない条件であることがわかりますね。

主婦・学生も作ることが可能!

公式サイトの申し込みページの入力欄などから考えると、主婦の方・学生の方も申し込みをすることが可能です。

特に学生の方は、今後のクレジットヒストリー(クレジットカードやローンを利用した実績)を積むのためにも、限度額が低くてもクレジットカードを持っておくことは必ず自分のためになります。

将来ローンを組みたいとき、もっと上位のカードを持ちたいときなどにそれまで積み上げてきたクレジットヒストリーが審査に役立ち、有利になることがあるからです。

もちろん、クレジットヒストリーを積むということは、信用を増やすということなので、支払いの遅れなどがあるとむしろマイナスになってしまいますので、計画的に使うことが大切となります。

その意味でも、社会人になって初めていきなり限度額の高いカードをもつよりは、社会勉強のための経験としてクレジットカードの使い方に慣れておいた方が良いでしょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

学生の頃からクレジットカードの仕組みを理解しておくと、後々役に立つことが多いんだね!

主婦(主夫)の方も、配偶者の方に収入があればYahoo!JAPANカードを持てる可能性が高いです。配偶者の収入についてしっかりと申し込み時に記載するようにしてください。

とはいえ、審査の明確な基準はどのカードの発行元も明らかにしてはいないので、必ず受かるとは断言できませんが、先にも触れた通り、申し込み条件に収入について明言されていないので、他のカードに比べると難しくはないと思われます。

さて、幅広い属性の人に保有するチャンスがあるカードだということがわかってきましたね。

ここからはYahoo!JAPANカードの基本情報についてご紹介します。

Yahoo!JAPANカードの基本情報

Yahoo!JAPANカード

還元率・通常1%
・Yahoo!ショッピング・LOHACO 3%
年会費永年無料
入会条件・18歳以上の方 /18歳以上で高校生を除く学生
・Yahoo!JAPAN ID保有・Tポイント会員になる必要あり
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
家族カード有/年会費無料
ETCカード500円+税/年
発行日数1週間~10日程度

Yahoo!JAPANカードの一番の魅力はなんといっても、Tポイントが1%以上の還元率で貯まっていくこと。

通常の還元率が1%ですから、光熱費や保険料などの毎月の支払いでもコツコツと1%分のTポイントが積み重なっていきます。

スポンサーリンク

また、今では楽天市場よりも出店数の多いYahoo!ショッピングやLOHACO(ロハコ)で買い物をすると、通常の3倍の3%還元なので、どんどん貯めていくことができますよ!

博士博士

何せYahoo!JAPANカードはTポイントが一番貯まるカードとして有名なんじゃよ!

LOHACOは日用品なども多く取り扱っていて、配送もとても早いのが魅力のネットショップ。日用品をネットで買うことの少なかった人にもおすすめできるサービスです。

家族カードも無料で発行できますので、ご家族も一緒にポイントを貯めることができます。ETCカードは年会費有料になっていますので、リクルートカードなど、他の無料ETCカードが作れるクレジットカードと組み合わせてもよいでしょう。

ここまでで、Yahoo!JAPANカードがなかなか高還元で魅力的なカードということが分かりました。ぜひ、1枚持っておき、Tポイントを貯めて欲しいものと交換したり、日用品を購入して家計の節約をしたいものですね。

しかし、入会時の審査で落ちてしまう方も中にはいらっしゃいます。次は残念ながら審査落ちしてしまった方の条件と、やってしまいがちなミスを学び、自分は落ちないための対策を立てていきましょう!

博士博士

毎月の支払いでも1%が貯まるし、Tポイントが使いやすいというのが最大の魅力じゃな。

ウィーちゃんウィーちゃん

ボク、LOHACOも使ってみたくなったニャ♪

博士博士

でも、まずは審査に受かることが大切じゃ!

そこで、審査に落ちてしまった人の例をみて、対策を立てていこう。

Yahoo!JAPANカードで審査落ちした人のパターン

Yahoo!JAPANカードの審査に落ちた人の体験談を紹介しよう!

Yahoo!JAPANカードの審査に落ちてしまった人には、一体どのような共通点があるのでしょうか?

実際に落ちてしまった人がどんな条件だったのか、その実例を参考にして、審査に悪影響が出るパターンを探っていきましょう。

30代今までクレカ持ったことない公務員が審査落ち!

ヤフーカードの審査に落ちました。なぜでしょうか?

①これまで、クレジットはもっておらず、初めて作ろうと思って申し込みました。(ネットショッピングなどで便利なので。これまでは、コンビニ払いや代引きなどを利用していました。)

②30歳の女、公務員です。独身で家族と同居しています。年収は350万円くらいでしょうか?(これが少ないから?)

③借金などはなく、特に審査で気になることはないと思います。

引用元:Yahoo!知恵袋

公務員という安定した職業ですし、独身で親と同居ということですから、支払い能力は特に問題がないように感じますよね。

年収の面では審査難易度が相当厳しいクレジットカードでなければ、まったく気にならないレベルです。

でも落ちてしまったとのことです。どうしてでしょうか?

まず、考えられる原因は、この方が今までにクレジットカードを持ったことがないということです。

クレジットカードを持ったことがない、または、分割払いやローンの経験も一切なく一定以上の年齢の方の場合、審査に不利になる場合があります。

こういう方は、スーパーホワイトと呼ばれています。

スーパーホワイトというのは、今までクレジットヒストリー(クレジットカードの利用やローンの情報)が、クレジットカード会社が審査に使う信用情報機関に全くないという方のことをいいます。

どうしてクレジットヒストリーがないと問題になるかというと、クレジットカードやローンを利用すると、信用情報機関には必ず情報が残るのです。

しかし、永遠に情報は残り続けるわけではなく、延滞(支払いの遅れ)の場合だと約5年で消えるんですね。

ですから、延滞からの強制解約などでクレジットカードを持てなくなってしまった人も同じようにクレジットヒストリーが信用情報機関に残っていません。

それでデータ上は見分けがつかないので、カード会社としてはリスクが高い(過去に延滞していた可能性がある)と判断されて、カードの発行を見送られてしまうことがあるのです。

スーパーホワイトについては『現金主義の悲劇!スーパーホワイトはローンやクレジットカードの審査も通らない!?』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ウィーちゃんウィーちゃん

収入面で問題がなくても、信用情報機関に記録がない場合には審査に落ちてしまうことがあるんだね!

勤続年数1年未満&数日後に再申込の人が審査落ち!

19歳女です。派遣でもうすぐ2ヶ月になります。

一度申し込みした際に、勤務先を派遣元ではなく、誤って派遣先の名前を書いてしまいそれが原因かわかりませんが落ちてしまいました。

二日後に派遣元に訂正して再度申し込みをして、半日経ってから審査が完了しましたが今回も落ちていました。

引用元:Yahoo!JAPAN知恵袋

この方の場合、今までにカードの延滞などをしたことがないとのことでした。お勤めもされていますし、年齢的にも問題ないはずです。

まず、一度目に落ちてしまったのは、勤続年数が短かったということが考えられます。

明確な基準があるわけではないですが、(多くのクレジットカード会社は審査基準を非公開にしています。)目安として勤続一年未満の場合審査に不利になるということもあるのです。

二度目の場合は、クレジットカードの審査に落ちてからすぐにまた申し込みをしてしまったことが大きいでしょう。

この方は勤務先を訂正して、数日後にまた申し込みをしてしまいました。これは一番やってはいけないことになります。

カード審査の際には、一度審査に落ちたら最低でも半年以上開けるというのが鉄則です!

ウィーちゃんウィーちゃん

えっ!?そうだったんだ。。

信用情報機関にはクレジットカードに申し込んで審査落ちしたという記録も残っています。

この記録は半年残りますので、半年以内に再度申し込みをしても最初の段階で落とされてしまう可能性が非常に高くなります。

もちろん、この方は“登録情報を間違ったので、再度正しく書き直した”というケースですが、カード会社としては、一度目の申し込みで断っているのに、またすぐに申し込みをしてきたという扱いになってしまいます。

クレジットカードは、1日にかなりの数の申し込みから審査しなければいけませんので、個別の状況まで調べていたらとても間に合いません。

カード会社は会員や加盟している店舗からの手数料で会社を運営していますので、すぐに発行して大丈夫(登録情報も返済能力もバッチリ)という方に、いち早くカードを発行してたくさん使ってもらいたいわけです。

ですから、Yahoo!JAPANカードの審査を通過するには、申し込みの際の情報も間違わずに入力する必要がありますので、慎重に行ってください。

ウィーちゃんウィーちゃん

一度、クレジットカードの審査に落ちたら半年以上は空けないと難しいんだね

博士博士

これは違うカード会社の審査落ちの場合でも同じじゃから、他のカードの審査に落ちている場合も気をつける必要があるんじゃ!

では、この二つの例も踏まえて審査落ちを防ぐ方法をまとめるぞ。

Yahoo!JAPANカードに審査落ちしない為に絶対に気をつけたい事

Yahoo!JAPANカードがほしい!と思ったら、最初の申し込みがかなり重要です。

一回目で通らないと半年は待たなければいけなくなります。

そこで、審査落ちしないために気を付けておきたいポイントを一緒に確認していきましょう。

半年以内に他のカードで審査落ちしていないかチェック!

実は、カードの審査落ちの情報というのも信用情報機関にストックされていたりします。

半年以内にたくさんのカードに申し込んでは審査落ちを繰り返している、と聞くと一般の方でも「お金に困っているのだろうか?」と思ってしまいませんか?

信用情報機関には半年「審査落ち」の情報が残ります。その情報が審査に不利に働いてしまうことがあるのです。

ポイント目当てでたくさんカードを発行したいと思う方もいるかもしれませんが、年会費無料でもクレジットカードはお金を扱うものであることに間違いはありません。

クレジットカードの発行・申込みは半年に1枚以内にしておくのがオススメです。

「スーパーホワイト」の人は分割払いなどで実績を!

今までにクレジットカードの利用や、分割払い・ローンをした経験が全くない人をスーパーホワイトと呼びます。

このスーパーホワイトの方も審査に不利になる傾向にあるのです。

それは、今までにお金のトラブルでクレジットカードが持てなかった人とデータ上では見分けることができないからなんですね。

例えば、「延滞」(クレジットやローンの支払いの遅れ)があっても、約5年で信用情報機関から情報が消えてしまうので、カード会社としては同じように見えてしまいます。

ただし、学生の方はクレジットヒストリーがなくて当然ですので特に問題ありません。

現金主義の方にとってはかなり不本意かもしれないですが、クレジットカードの審査では今までの利用履歴(実績)がかなり重要視されるんですね。

そこで、一発でYahoo!JAPANカードの審査に受かるための対策として、スーパーホワイトの方は以下の方法で、利用実績を作りましょう。

  • 携帯電話の本体代金の分割払いを使う
  • テレビショッピングの分割払いを使う

 

もし、今ご利用になっている機種が古いものでしたら、携帯電話の機種変更をして本体を分割払いにしましょう。

Yahoo!JAPANカードはSoftBankの機種だとポイントの面で優遇されるため、機種変更をする際には考えてみてもいいかもしれません。

また、テレビショッピングの分割払い(インターネットショッピングで分割払いをしてももちろんOK)で、少額の商品の利用代金を何回かに分けて支払う程度なら、精神的な負担も少なくクレジットヒストリーを作ることができます。

ただし!クレジットヒストリーを作るのが目的なのですから、支払いの延滞をしては意味がありません!

必ず、期日には余裕をもって支払うようにしましょう。(口座振替の場合は、早めに入金をしておいてください)

博士博士

ローンの利用実績を作るということは、きちんと決められた日に利用料金を支払っているということじゃから、延滞はもってのほかなんじゃ!

キャッシング枠はつけない方が審査は受かりやすい!

よほど必要を感じている場合でなければ、キャッシング枠をつけずにクレジットカードを申し込む方がスムーズに審査が進みます。

また、今持っているクレジットカードにキャッシング枠があり使っていないということなら、そちらのキャッシング枠もなくしてしまうのも1つの手ですね。

実はキャッシング枠の持てる範囲は収入によって決まっていて、持っているすべてのカードの合計がオーバーしてしまうと審査に受からないという場合もあるんです。

もちろん、キャッシング枠があると、緊急の際に利用できるというメリットがある一方で、審査が厳しくなるというデメリットもあります。

クレジットカードの審査とキャッシングの審査は基準が異なるので、収入面で自信がある方は問題ありませんが、初めてクレジットカードを作る場合や、ちょっと自信がない方はキャッシング枠をゼロにした方が審査に通りやすいですよ。

貯蓄に関してもしっかり記載しておく!

「去年転職したから収入面で通るか不安」という人もいますよね。

クレジットカードの審査では、前年度の収入を記載する場合がほとんどです。去年転職したという人の場合、年収が低くなってしまい不安を感じるでしょう。

でも、貯蓄について記載する欄もあります。

貯蓄がしっかりとあれば、それも審査に有利になる要素のひとつです。

または、主婦(主夫)の方であれば、配偶者に収入があること(世帯の年収、昨年の収入)などを詳しく記入しましょう。

主婦(主夫)の方でも、パートナーに十分な収入がある場合には問題ありません。

審査に通るためには有利になり得る情報は、なるべく詳しく記載し、登録情報は間違わないように慎重に記入するのが一発で審査に受かるコツとなります!

Yahoo!JAPANカードに限らず、クレジットカードの審査基準についてもっと知っておきたい方は『クレジットカードの審査基準を徹底解説!審査する前に知っておきたい情報が満載!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

まとめ

Yahoo!JAPANカードの審査はそれほど難しくないと言われています。

主婦(主夫)の方や、高校生以外の学生の方でも配偶者や親御さんに十分な収入があれば作ることが可能です。

一方で、登録情報の誤りや、一旦審査に落ちた直後に申し込みをすると、安定した職業の方でも審査落ちしてしまうケースもありました。

そして、クレジットカードの審査に確実に受かるには「クレジットヒストリー」も重要です。

今まであまりクレジットカードやローンを利用したことのないという方は、携帯電話やテレビショッピングなどの分割払いを利用して、より審査に有利になる工夫をしてみてくださいね。

Yahoo!JAPANカードはTポイントがたまりやすく、非常に便利なカードなので有利な条件をそろえて審査に無事受かって手に入れましょう!

スポンサーリンク