Tポイントを貯めるなら絶対Yahoo!JAPANカードが欲しいニャ。でも審査って厳しいのかニャ?

ウィーちゃんウィーちゃん

Tポイントが貯まるからYahoo!JAPANカードを検討してるんだけど、審査って厳しいのかなぁ?

博士博士

Yahoo!JAPANカードの審査はそれほど難しくないと言えるが、最低限知っておくべきことがあるぞ。

Yahoo!JAPANカードは日本一Tポイントが貯まりやすいカードとして有名ですよね。Yahoo!JAPANカードの入会キャンペーン一つとっても大量のTポイントが貰えるため、Tポイントユーザーは欠かさず発行しています。

そんなYahoo!JAPANカードを発行する前に知っておきたいのが審査基準や難易度です。実は、Yahoo!JAPANカードの審査難易度はそれほど難しいわけではなく、比較的多くの人に発行されやすいクレジットカードと言えます。

でも、クレジットカードの審査に自信がないなぁ…。

そんな方でも、Yahoo!JAPANカードの審査にチャレンジしてみる価値は大いにあります。むしろ、どんなに不安要素があったとしても、申し込んでみないことにはチャンスさえありません。

  • 学生:◯
  • 専業主婦:◯
  • 社会人:◯

Yahoo!JAPANカードは多くの人に門戸を開いています。もしYahoo!JAPANカードの審査に通らなかったとしても、次の対策を練ることもできますよね。クレジットカードの審査は諦めたらそこで終了です。まずはチャレンジして審査結果から次の対策を練るようにしましょう!

それでは、早速Yahoo!JAPANカードの審査基準・難易度について詳しく解説していきます。審査に自信のある方は以下の公式サイトへ進んで申し込みをしましょう。※当サイト経由で最大8,000ポイント付与キャンペーン中

最短2分で審査完了!

スポンサーリンク

Yahoo!JAPANカードの審査基準

Yahoo!JAPANカード

還元率・通常:1%
・Yahoo!ショッピング・LOHACO:3%
年会費永年無料
入会条件・18歳以上の方
・Yahoo!JAPAN ID保有
※申込時に作成も可
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
家族カード年会費無料
ETCカード540円

Yahoo!JAPANカードは加盟店が多く、現在最も使い道の豊富なポイントの1つであるTポイントが貯まるカードとして幅広い世代に大人気のカードです!

また、Yahoo!JAPANカードは頻繁に入会キャンペーンを行っており、キャンペーン中に入会するとTポイントが沢山もらえます。そんな魅力的なYahoo!JAPANカードなので、絶対に一発で審査に通ってキャンペーンやショッピングでTポイントを貯めたいですよね。

実はYahoo!JAPANカードの審査は、それほどクレジットカードの中では難易度が高くないと考えられます。

でも、クレジットカードは使った金額がカード会社から後で請求される支払い方式のため、その人が信用に値するかどうか事前にしっかりチェックされるんですね。

そこで、審査に挑む前にクレジットカードのことをよく知って、信用度を上げていきましょう。まずは、意外と知らないクレジットカードの審査の基本用語から解説していきますね!

確認しておきたいクレジットカード審査の用語解説

クレジットカードと一言でいっても、色々な発行元があります。分かりやすい例で言うと、銀行が発行しているものやクレジットカード専門の会社が発行しているもの、スーパーや家電量販店などのお店が発行しているものなどがあります。

発行元によって審査の難易度が変わってきます。

  • 銀行系
    →銀行や銀行のグループ会社が発行
  • 信販系
    →クレジット専門の会社が発行
  • 流通系
    →スーパーや家電量販店など流通関係の会社が提携して発行
  • 消費者金融系
    →消費者金融系の会社が発行

上記の分類では、 銀行系が一番審査が厳しく、続いて信販系・流通系・消費者金融系の順番で審査の難易度が下がっていくと言われています。

信販系とは、JCBやアメリカン・エキスプレス(AMEX)といった会社が発行するカードのことで、銀行系に続いて審査が厳しいです。

Yahoo!JAPANカードの場合『ワイジェイカード株式会社』が発行しています。携帯電話のソフトバンクグループに属していて、クレジットカード事業や料金収集業務を行っています。

ワイジェイカード株式会社は、ヤフー株式会社とソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社が株主となっている会社で、実質的にはYahoo!の子会社ですから、流通系に分類されるので審査は厳しい方ではありません。

審査は「信用情報機関」の情報を元に行われる!

Yahoo!JAPANカードの審査はワイジェイカード株式会社が行うということがわかりましたが、審査は実際にどんなデータを参考にして行われるのでしょうか?

クレジットカードの審査をおこなう際には、その人に支払い能力があるかどうかや、今までにクレジットやローンの支払いをきちんとしてきたかどうかを審査することになります。

でも、何のデータもないと、その人が今まできちんとクレジットやローンを支払ってきたのかわかりません。

そこで、『信用情報機関』に登録されているデータの出番です。初めて聞く言葉が出てくるかもしれませんので、少し用語を解説しますね。

  • 信用情報機関
    →個人の過去のクレジットカードやローンの利用実績や、「借入額(借金)」または、「遅延」「延滞」「自己破産」などの金融事故の情報をストックする機関
  • 信用情報機関の種類
    →全国銀行個人信用情報センター(KSC)、CIC、JICC
  • 信用情報
    →クレジットヒストリー/クレヒスと同じ意味
    →カードやローンなどの申し込み情報、支払い情報(遅延や延滞)、現在の借り入れ残高など

クレジットカード発行会社や消費者金融、銀行などは、信用情報機関を使って、それぞれの利用者の支払いや金融事故の情報をストックし、共有しているということです。

実は、クレジットカードに入会する際の約款(利用規約)などにもこれらの機関に情報を提供することが記載されています。

クレヒスについては『クレジットヒストリーって何?クレヒスの作り方とかかる期間』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

審査の際は、これらの信用情報機関にあるデータから『延滞』や『強制退会』などの金融事故情報がないかなどを中心にチェックしていくわけです。

ちなみに、延滞とはクレジットカードやローンの支払いの遅れのことで、強制退会となるとカード会社側がその人にこれ以上カードを使って欲しくないということで、カードの利用をお断りしたというケースとなります。

当然、延滞や強制退会が過去にあると、審査では印象が悪くなってしまいますね。

では、それらを踏まえて実際のYahoo!JAPANカードの申し込み条件・審査について確認していきましょう。

Yahoo!JAPANカードの申し込み条件

何度もお伝えしていますが、Yahoo!JAPANカードの申し込み条件は決して厳しいものではありません。

公式サイトに記載されている『Yahoo! JAPANカード会員規約』の内容を簡単に要約すると次のような条件が本会員になる条件として提示されていました。

  • Yahoo! JAPAN利用規約を承認し、Yahoo!JAPAN IDを持っていること
  • T会員規約・ポイントサービス利用規約を承認し、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の会員になっていること

カルチュア・コンビニエンス・クラブってなんだ?」となってしまいましたか?実はTポイントのサービスを運営している会社です。

つまり、Yahoo!JAPAN IDを持っていて、Tポイント会員であれば本会員になる資格があるということになります。

メモ
Yahoo!JAPAN IDはYahoo!JAPANカードの申込時に作成することもできます。(登録は1分程度で終わります)

でも、普通のクレジットカードの場合は年齢制限がきちっと書かれているはず。Yahoo!JAPANカードの場合には、申し込み画面に次のような記載があります。

※お申し込みは18歳以上の方を対象とさせていただきます(高校生の方は除きます)

引用元:Yahoo!JAPANカード

さらに、携帯番号・固定電話のどちらかを入力することが必須となっています。

収入についての条件は公式サイトに記載はありませんでしたが、申し込み時に『前年度の世帯収入』を入力する欄が必須項目です。配偶者(夫・妻)がいる方は、その方の前年度の収入や借り入れ状況(住宅ローンはカウントしません)を任意で入力する欄もあります。

これらのことから、Yahoo!JAPANカードの申し込みには以下の条件が必要であることがわかりました。

  • 18歳以上、高校生でないこと
    →学生不可という記載はないので専門学校生・大学生などは申込OK
  • 本人に連絡のつく電話番号を持っていること

記載はなかったものの、クレジットカードのサービスを利用する以上、本人か生計を共にしている家族に収入があるというのはほぼ必須条件と思っておいてよいでしょう。

ただし、一般的なクレジットカードだと本人にある程度の収入がなければいけませんから、それに比べると難しくない条件であることがわかりますね。

Yahoo!JAPANカードは主婦・学生も作ることが可能!

Yahoo!JAPANカード『公式サイトの申し込みページ』の入力欄などから考えると、主婦の方・学生の方も申し込みをすることが可能です。

特に学生の方は、今後のクレジットヒストリー(クレジットカードやローンを利用した実績)を積むのためにも、限度額が低くてもクレジットカードを持っておくことは必ず自分のためになります。

将来ローンを組みたいとき、もっと上位のカードを持ちたいときなどにそれまで積み上げてきたクレジットヒストリーが審査に役立ち、有利になることがあるからです。

博士博士

クレジットカードの審査において一番重要なのはクレジットヒストリーなんじゃよ。しかし、20代の場合にはクレヒスの実績がなくても特に問題になることはないぞ。

もちろん、クレジットヒストリーを積むということは、信用を増やすということなので、支払いの遅れなどがあるとむしろマイナスになってしまいますので、計画的に使うことが大切となります。

その意味でも、社会人になって初めていきなり限度額の高いカードをもつよりは、社会勉強のための経験としてクレジットカードの使い方に慣れておいた方が良いでしょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

学生の頃からクレジットカードの仕組みを理解しておくと、後々役に立つことが多いんだね!

主婦(主夫)の方も、配偶者の方に収入があればYahoo!JAPANカードを持てる可能性が高いです。配偶者の収入についてしっかりと申し込み時に記載するようにしてください。

とはいえ、審査の明確な基準はどのカードの発行元も明らかにしてはいないので、必ず通るとは断言できませんが、先にも触れた通り申し込み条件に収入について明言されていないので、他のカードに比べると難しくありません。

さて、幅広い属性の人に保有するチャンスがあるカードだということがわかってきましたね。続いて、そんなYahoo!JAPANカードの審査に落ちた人の状況を知っておきましょう。

どんな人がどのような状況でYahoo!JAPANカードの審査に落ちたのかを知っておくことで、同じ過ちを繰り返さないで済みますよ。

 

Yahoo!JAPANカードで審査落ちした人のパターン

Yahoo!JAPANカードの審査に落ちた人の体験談を紹介しよう!

博士博士

Yahoo!JAPANカードの審査はそれほど厳しくないって言われてるけど、じゃあどんな人が審査に落ちるの?

ウィーちゃんウィーちゃん

審査はあくまでも公開されているわけではないから正確にはわからんが、その人の属性からきっとこれが原因なのかも、という予測を立てることができるぞ!

Yahoo!JAPANカードの審査に落ちてしまった人には、一体どのような共通点があるのでしょうか?

実際に落ちてしまった人がどんな条件だったのか、その実例を参考にして、審査に悪影響が出るパターンを探っていきましょう。

総与信額(支払可能見込額)を超えている

総与信額(支払可能見込額)とは、取引先(クレジットカードなら申し込んだ人)に貸し付けることができる金額の合計額のことです。

総与信額(支払可能見込額)は、年収や同一世帯の家族の収入などの合計額から、どのくらいの金額までを貸し付けてもよいか…というカード会社の目安の額になります。

無収入や年金受給者であってもYahoo!Japanカードに入会することはできますが、総与信額を超えることになるので、審査に通らなかった可能性があります。

支払可能見込額を超える額の貸し付けはできませんので、クレジットカードを何枚も持っていたり、ローンをいくつも組んでいる場合、新たにクレジットカードを申し込んでも審査に通らない可能性があります。

特にキャッシング枠を申し込むと、キャッシング所定の審査があるので審査自体に通りにくくなる可能性が高くなります。

支払いが可能になる額の算出方法は下記のようになっています。

原則として、支払可能見込額に0.9(経済産業大臣が告示した率)を乗じた金額を超える利用可能枠を設定するクレジットカードの新規発行、更新、増枠ができなくなります。

支払可能見込額=(年収等-生活維持費-クレジット債務)×0.9

引用:日本クレジットカード協会 割賦販売法の改正について

現在クレジットカードを持っているなら、各カードの利用額を合計してみてから自分の年収と比較し、返済が可能な額かどうかを判断してから申し込みをしましょう。

多重申し込みをした

一度に何枚もクレジットカードの申し込みをすると、審査に通らなくなることがあります。

上記の方についても、多数を同時に申し込んだとのことですので、たとえ高収入で安定していたとしても審査に通らなくなります。

こちらの方も、「Yahoo!カード、オリコカード共に審査通らず」とあるので、2枚同時に申し込んだ可能性が高いですね。

審査に確実に通りたいのなら、1枚ずつ確実に申し込んだ方がいいでしょう。また、1枚申し込んだら、審査の合否に限らず半年ほど期間をあけてから次のクレジットカードの申し込みを行いましょう。

個人情報を正確に記入していない

カード申し込みの時に記入する個人情報が信用できる内容であるか、返済能力はいかほどであるかなどを確認していくものが審査なので、個人情報は正確な内容を記入しなければなりません。

こちらの方は、情報を適当に書いたとのことなので、Yahoo!Japanカードが審査をしたときに、職業・勤務先や年収・家族構成などの情報を総合的に見て、信用できる内容ではないと判断した可能性があります。

たとえ無職であっても個人情報を正確に記入しておけば、家族の収入などを考慮して審査に通過することも可能ですので、嘘や適当な内容を記入しないようにしてください。

また、記入漏れがあると審査に通らなくなる可能性も高くなります。

電話番号は、固定電話があるか、携帯電話しか持っていないかによっても審査が左右することがあります。

携帯電話だけしか持っていないから審査に通らない」というわけではありませんが、固定電話があるのならきちんと記入しておく方が、審査に通過する確率も高くなります。

記入ミスがないか、記入漏れがないかをよく確認してから申し込みを完了させましょう。

クレヒスが全くなくても審査に通らない可能性がある

クレヒス(クレジットヒストリー)が全くない場合も、審査に通らない可能性が高いのです。

こちらの方は、以前の申し込みで審査に通らなかったようですが、今回の申し込みまでにコツコツとクレヒスを積み上げて実績を作り、今回の審査に通過したようです。

現在に至るまでのクレヒスが全くない方は、携帯電話やスマートフォンの本体金額を分割で購入したり、通信販売を分割払いで支払うなどの借金返済の実績を作っておくようにしましょう。

収入がないと審査に通らない!?

Yahoo!Japanカードに申し込むときに一番心配になるのが収入の面ではないでしょうか。収入がまったくないと審査に通らないと思う方もいることでしょう。

実は、収入が全くない場合でも、Yahoo!Japanカードの審査に通過することは可能です。個人情報を記入する際、生計を同一としている家族の収入も考慮して審査をするので、家族の収入が安定していれば審査に通ることもできます。

つまり、学生や専業主婦でもYahoo!Japanカードを持つことができる理由は、家族の収入が安定しているからなんですね。

上記の方々は、生計を同一としている家族の収入を記入していなかったか、もしくは生計を同一としている家族がいなかったかのどちらかに当てはまる可能性があります。

無職でも家族がいるのであれば、家族の収入もしっかりと記入しておくようにしましょう。

 

Yahoo!JAPANカードの審査にかかる時間

ウィーちゃんウィーちゃん

Yahoo!JAPANカードの審査ってどのくらいの時間がかかるんだろう?

博士博士

審査にかかる時間は人それぞれじゃが、Yahoo!JAPANカードの場合は審査が早いことで有名じゃよ。

どのクレジットカードを申し込むときもそうですが、やはり申し込みをしてから最も心配になるのが審査ですよね。審査の結果が届くまでの間、審査に通過したのか、それとも通過できなかったのかが非常に気になります。

結果が届くまでの時間が長ければ長いほど心配は増していくことでしょう。

Yahoo!Japanカードは、審査の結果が出るまでどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

審査時間は最短2分!

Yahoo!Japanカードの審査は、最短2分でお知らせがきます。

ウィーちゃんウィーちゃん

2分は早い!!!

しかし、「すぐに結果が届いた!」という方もいれば、「数日経っても結果が来ない…。」という方もいます。

では、どのような場合に審査の時間がかかってしまうのかを下記にまとめました。

  • キャンペーンなどで申し込みが殺到している
  • コンピュータ審査だけでなく、人の手で審査をしている

Yahoo!JAPANカードの審査の結果が届くのが遅い場合、「審査に通らなかったのでは…。」と心配になりますが、上記のように申し込みが殺到していたり、人の手で審査をしている場合はどうしても審査に時間がかかってしまいます。

審査時間が長いからと言って審査に通過しなかったとは限りませんので、もうしばらく待ってみてくださいね。

カードは1週間から10日で届く

Yahoo!JAPANカードの審査に通過したら、申込時のYahoo! JAPAN IDに登録されているメールアドレスあてに、審査完了のお知らせメールが届くので確認しておきましょう。審査が完了してから、1週間から10日程度で手元にYahoo!Japanカードが届きます。

審査の状況や発行状況を知りたい場合は、まずYahoo! JAPANカードを申し込んだ時のYahoo! JAPAN IDでログインしましょう。

次に『Yahoo! JAPANカード審査・発行状況の確認ページ』に移動すれば、現在どのような状況なのかが確認できます。

 

Yahoo!JAPANカードに審査落ちしない為に絶対に気をつけたい事

Yahoo!JAPANカードがほしい!と思ったら、最初の申し込みがかなり重要です。一回目で通らないと半年は待たなければいけなくなります。

そこで、Yahoo!JAPANカードの審査に落ちないために気を付けておきたいポイントを一緒に確認していきましょう。

半年以内に他のカードで審査落ちしていないかチェック!

実は、カードの審査落ちの情報というのも信用情報機関にストックされていたりします。

半年以内にたくさんのカードに申し込んでは審査落ちを繰り返している、と聞くと一般の方でも「お金に困っているのだろうか?」と思ってしまいませんか?

信用情報機関には半年「審査落ち」の情報が残ります。その情報が審査に不利に働いてしまうことがあるのです。

ポイント目当てでたくさんカードを発行したいと思う方もいるかもしれませんが、年会費無料でもクレジットカードはお金を扱うものであることに間違いはありません。

クレジットカードの発行・申込みは半年に1枚以内にしておくのがオススメです。

スーパーホワイトの人は分割払いなどで実績を!

今までにクレジットカードの利用や、分割払い・ローンをした経験が全くない人をスーパーホワイトと呼びます。このスーパーホワイトの方も審査に不利になる傾向にあるのです。

それは、今までにお金のトラブルでクレジットカードが持てなかった人とデータ上では見分けることができないからなんですね。

例えば、延滞(クレジットやローンの支払いの遅れ)があっても、約5年で信用情報機関から情報が消えてしまうので、カード会社としては同じように見えてしまいます。

ただし、学生の方はクレジットヒストリーがなくて当然ですので特に問題ありません。

現金主義の方にとってはかなり不本意かもしれないですが、クレジットカードの審査では今までの利用履歴(実績)がかなり重要視されるんですね。

そこで、一発でYahoo!JAPANカードの審査に受かるための対策として、スーパーホワイトの方は以下の方法で、利用実績を作りましょう。

  • 携帯電話の本体代金の分割払いを使う
  • テレビショッピングの分割払いを使う
ウィーちゃんウィーちゃん

先にクレジットや分割で実績を作っておいたほうが良いってことだね。

もし、今ご利用になっている機種が古いものでしたら、携帯電話の機種変更をして本体を分割払いにしましょう。

Yahoo!JAPANカードはSoftBankの機種だとポイントの面で優遇されるため、機種変更をする際には考えてみてもいいかもしれません。

また、テレビショッピングの分割払い(インターネットショッピングで分割払いをしてももちろんOK)で、少額の商品の利用代金を何回かに分けて支払う程度なら、精神的な負担も少なくクレジットヒストリーを作ることができます。

ただし!クレジットヒストリーを作るのが目的なの、支払いの延滞をしては意味がありません!必ず、期日には余裕をもって支払うようにしましょう。(口座振替の場合は、早めに入金をしておいてください)

スーパーホワイトという属性についてもっと知っておきたい方は『現金主義の悲劇!スーパーホワイトはローンやクレジットカードの審査も通らない!?』の記事も合わせて参考にしてみてください。

キャッシング枠はつけない方が審査は受かりやすい!

よほど必要を感じている場合でなければ、キャッシング枠をつけずにクレジットカードを申し込む方がスムーズに審査が進みます。

また、今持っているクレジットカードにキャッシング枠があり使っていないということなら、そちらのキャッシング枠もなくしてしまうのも1つの手ですね。

実はキャッシング枠の持てる範囲は収入によって決まっていて、持っているすべてのカードの合計がオーバーしてしまうと審査に受からないという場合もあります。

ウィーちゃんウィーちゃん

キャッシングを付けると審査がより厳しくなっちゃうんだね。

博士博士

もしキャッシングを付帯させたいなら、カードの審査を通った後に申請するほうが良いじゃろう。

もちろん、キャッシング枠があると緊急の際に利用できるというメリットがある一方で、審査が厳しくなるというデメリットもあります。

クレジットカードの審査とキャッシングの審査は基準が異なるので、収入面で自信がある方は問題ありませんが、初めてクレジットカードを作る場合や、ちょっと自信がない方はキャッシング枠をゼロにした方が審査に通りやすいですよ。

貯蓄に関してもしっかり記載しておく!

去年転職したから収入面で通るか不安」という人もいますよね。

クレジットカードの審査では、前年度の収入を記載する場合がほとんどです。去年転職したという人の場合、年収が低くなってしまい不安を感じるでしょう。

でも、貯蓄について記載する欄もあります。貯蓄がしっかりとあれば、それも審査に有利になる要素のひとつです。

または、主婦(主夫)の方であれば、配偶者に収入があること(世帯の年収、昨年の収入)などを詳しく記入しましょう。主婦(主夫)の方でも、パートナーに十分な収入がある場合には問題ありません。

審査に通るためには有利になり得る情報は、なるべく詳しく記載し、登録情報は間違わないように慎重に記入するのが一発で審査に受かるコツとなります!

Yahoo!JAPANカードに限らず、クレジットカードの審査基準についてもっと知っておきたい方は『クレジットカードの審査基準を徹底解説!審査する前に知っておきたい情報が満載!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

 

まとめ

Yahoo!JAPANカードの審査はそれほど難しくないと言われています。主婦(主夫)の方や、高校生以外の学生の方でも配偶者や親御さんに十分な収入があれば作ることが可能です。

一方で、登録情報の誤りや、一旦審査に落ちた直後に申し込みをすると、安定した職業の方でも審査落ちしてしまうケースもありました。

そして、クレジットカードの審査に確実に受かるには『クレジットヒストリー』も重要です。

今まであまりクレジットカードやローンを利用したことのないという方は、携帯電話やテレビショッピングなどの分割払いを利用して、より審査に有利になる工夫をしてみてくださいね。

Yahoo!JAPANカードはTポイントがたまりやすく、非常に便利なカードなので有利な条件をそろえて審査に無事受かって手に入れましょう!

スポンサーリンク