WAONポイントカード 発行

ウィーちゃんウィーちゃん

WAON POINTカードってどこで発行しているの??

他にもWAONの電子マネーとかもあるけど違いってあるのかニャ?

博士博士

もちろんじゃよ!電子マネーのWAONとWAON POINTカードは全く違うし、もらえるポイントも違うんじゃよ。

近年登場した色鮮やかな紫色のWAON POINTカードを持っているよ!という人も増えてきたのではないでしょうか。しかし、従来の水色の電子マネーWAONカードがあるから持っていないという人も多いことでしょう。それぞれの違いが未だにわからない人も多いでしょう。

WAON POINTカードを持っている人も持っていない人も、WAON POINTカードの正しい使い方やPOINTの貯め方、そしてWAONポイントとの違いを詳しく知っていますか?イオンが発行しているカードの種類は非常にたくさんあり、カードによりポイントの種類やポイントの付き方がいくつかあるんですよ。

そこで今回はややこしくなってしまいがちなWAONのポイントについてまとめましたので、是非覚えていってくださいね。

スポンサーリンク

WAON POINTカードとは

最初に本題に入る前に、WAONについては少々ややこしいので、まずはこちらで使用するポイントの表記の仕方をご説明をしておきます。ややこしくならないように、以下を御覧になってから読み進めてください。

  • WAON POINTカードに付くポイントを「POINT」と表記します。
  • 電子マネー WAONカードに付くポイントを「ポイント」と表記します。
  • 電子マネーとして使用できる数字の単位を「WAON」とします。
  • 1POINTならWAON POINT
  • 1ポイントならWAONポイント
  • 1WAONなら電子マネー

 

では、まずはWAON POINTカードの基本から見ていきましょう。

WAON POINTカードの基本情報

WAON POINTカードは、

  • 現金払い
  • 他社の電子マネー払い
  • 他社のクレジットカード払い
  • 金券払い

 

のように色んな支払い方法でも、POINTが付くというカードです。今までの電子マネー WAONカードとはまた別のものになります。(詳しくは【ややこしい!従来のWAONポイントとWAON POINTの違い】にてご説明いたします。)

POINTが貯まるのみのカードですので、楽天ポイントカードやポンタカードと同じ仕組みなんですね。

WAON POINTカードの還元率

WAON POINTカードの還元率は、200円につき1POINT なので、0.5%の還元というようになります。また、ボーナスPOINTが毎月付くきます。ボーナスPOINTとは、毎月月末に「月間総利用額」を算出し、合計金額500円ごとに1POINTが加算されます。1か月にWAON POINTカードを提示した合計金額が10,000円だった場合、

10,000円÷500円=20POINT

 

この20POINTが翌月に付くことになります。お買い物をしてPOINTが付き、月末にボーナスPOINTが付くので大変お得なサービスです。こういったサービスは他のポイントカードではあまり見られないものなので、素直に嬉しいですよね。

WAON POINTカードの発行場所

WAON POINTカード

WAON POINTカードの発行場所としては主に以下のところで無料で手に入れることができます。

  • イオン サービスカウンター
  • イオン レジ横、出入り口
  • マックスバリュ レジ横、出入り口
  • ミニストップ
  • その他、WAON POINT加盟店

 

発行手数料は無料ですので、気軽に持つことができますよね。

WAON POINTカードの使い方

WAON POINTカード

WAON POINTカードを手に入れたら、やっておかなくてはならないことがあります。それはsmart WAONへの登録です。WAON POINTは、カードを手に入れてからすぐに会計で利用することができて、200円につき1POINT付けてもらうことができます。

しかし、所有者であるあなたの情報が登録されていなければ、WAON POINTを使ってお買い物をすることはできません。「付けてもらうこと」はできても、「使う」ことはできないというわけですね。

しかも、個人情報を登録していないと、月末に計算されるボーナスポイントも付けてもらうことができません。まずは「smart WAON」に所有者の情報を登録しましょう。

smart WAONの登録

smart WAONへの登録の仕方は、

  • 書類を郵送して登録
  • サイトからの登録

 

の2種類がありますので、それぞれの登録方法を解説していきますね。

書類を郵送して登録

smart WAONの入会特設会場があれば、そちらで書類をもらい必要事項を記入して郵送します。書類を預かってくれて、郵送してくれるところもありますよ。

また、イオンサービスカウンターでも取り扱っていますので、カウンターにて書類をもらうこともできます。郵送の場合、登録されるまで2週間から3週間ほどの期間を要します。

サイトからの登録

smart WAONのサイトにアクセスし、必要事項を入力して会員登録をしてください。本人確認のためメールアドレスも必要になります。登録は本人確認ができればすぐに完了できますので、POINTの利用もすぐにおこなうことができますよ。

登録方法については、WAONポイントカードの登録方法と得するポイントの使い道の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

WAON POINTの使い方と電子マネーへの交換方法

WAON POINTは1POINTから1円としてお買い物のときに利用することができます。レジで支払いの際「POINTを使って支払います。」といえば、お店の人が支払金額からPOINT分を引いてくれますよ。

また、電子マネーとしてもこのポイントを利用することも可能ですが、WAON POINTのままでは電子マネーとして使うことはできません。まずこのWAON POINTカードは電子マネーの機能はありませんよね。

しかし、このポイントカードで得たWAON POINTは、WAONを持っている人であれば等価交換で電子マネーへチャージすることができます。電子マネー WAONカードでWAON POINTを貯めている人は、WAONステーション(店頭端末)でWAON POINTを一旦WAONポイントに換えてから、そのWAONポイントをWAON(電子マネー)に交換するという作業をおこないます。

WAON(電子マネー)への交換は、

1POINT=1ポイント=1WAON

 

となり、手数料もかかりません。詳しくは、主婦必見!イオンカードのポイントの使い方と得する貯め方の記事で書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

ややこしい!従来のWAONポイントとWAON POINTの違い

WAONポイントカード 発行

先の【WAON POINTカードとは】の中に書いてある通り、WAONのポイントの種類や単位が少々ややこしくなっています。(初めて見た人は絶対にわからないようなややこしさ…笑)そこでそれぞれの違いを、初めて見た人でも理解してもらえるように、わかりやすくまとめていきますね♪

スポンサーリンク

WAONポイントとは?

WAONポイントは、従来の水色のカードである電子マネー WAONカードで支払いをしたときに支払った電子マネーに対して付くポイントのことで、電子マネーWAONに直接交換することができるポイントです。

貯まったポイントはWAONステーションやイオン銀行のATMなどで、電子マネーに交換することができ、交換された電子マネーはお買い物の支払いに利用することができます。WAONステーションなら、

1ポイント=1WAON

 

で交換が可能ですが、それ以外の端末を使用するときは、以下の単位からの交換に限られています。

100ポイント=100WAON

 

電子マネー払いでWAONポイントが貯まり、貯まったWAONポイントを電子マネーに交換してまたお買い物に使うことができるというお得と便利さがありますね。

WAON POINTとは?

【WAON POINTカードとは】の中で説明した通り、WAON POINTとは購入した商品に対して付くPOINTです。WAONカードの電子マネーで支払いをしても『イオンカード』を提示して現金などで支払いをしてもPOINTは付きますが、WAON POINTカードの場合、所有者登録をしておかなくてはPOINTを利用することができませんので、smart WAONで登録をしてくださいね。

なお、イオンカードの場合は自動で登録されますので何もしなくても問題ありません。念のためサイトのマイページで確認しておくといいでしょう。

博士博士

WAON系のポイントはややこしいが、必要な所だけは覚えておこう!

WAON POINTを貯めるならイオンカード一択!

WAON POINTカード

WAON POINTの特徴や仕組みがわかったところで、WAON POINTを無駄なくしっかりと貯めていく方法をお教えします。それはイオンカードで貯めることです!でも、なぜイオンカードがおすすめなのか?その疑問を説明していきましょう!

イオンカードセレクトならWAONへチャージするだけでポイントが貯まる!

イオンカードの中でも最もオススメできるのがイオンカードセレクトです。イオンカードセレクトは、イオン銀行の口座を持っている人が作ることができるカードで、このカード1枚あれば、

  • イオン銀行キャッシュカード
  • クレジットカード
  • 電子マネー WAONカード
  • WAON POINTカード

 

の4つのカード機能をまとめて利用することができるんですよ。しかも、電子マネーWAONにチャージする方法をクレジットから自動でおこなうことで、ポイントがさらに付くことになるのです。この方法を「オートチャージ」といいます。

オートチャージは、電子マネーがある一定額以下になると自動でチャージしてくれますので、レジや端末でチャージする手間が省けますよ。しかも、WAONへチャージする時にポイントが還元されるのは唯一このイオンカードセレクトだけなのです!

「オートチャージ」を設定すると、WAONポイントは0.5%の還元率になります。通常0.5%の還元率ですので、足せば1%の還元になるのです。ポイントが倍になるのは嬉しい特典ですよね。しかも、電子マネーへチャージする時は数百円単位ではしませんよね。数千円から数万円だと思います。

そんな金額の時に還元してくれないのは、すごくもったいないのでそれだけの理由でイオンカードを持っても良いくらいのお得さです。

ときめきポイントを電子マネーへ

電子マネーにはチャージ、オートチャージといった方法以外にもチャージ方法があります。クレジット払いで付いてくるポイントときめきポイントを電子マネーWAONにポイントチャージすることも可能なんですよ。

ただし、ときめきポイントから、直接ポイントチャージはできませんので、一度ときめきポイントをWAONポイント(電子マネー払いで付くポイント)に交換してから電子マネーWAONにしてください。

こういった一連の作業がイオンカードセレクト1枚でできてしまうのも、このカードの強みですね。とはいえ少々手間のかかるやり方ですが、ときめきポイントはイオンカードセレクトでクレジット払いをすればザクザクと貯まりやすいポイントですので、たくさん貯めたときめきポイントを電子マネーWAONにするともっとお買い物が楽しめるのではないでしょうか。

しかも、貯まりやすいときめきポイントは200円で2ポイントの高還元なので、これを電子マネーへ等価交換できるのはすごく魅力的ですよね。このほかにときめきポイントを商品に交換することも可能ですよ。商品やその他のポイントの交換については、イオンカードで貯めたポイントは交換しよう!意外なものと交換できる?!で詳しく書いていますので是非参考にしてください。

WAONポイントが今までの2倍以上貯まるのはイオンカードセレクト

イオンカードセレクトを使うことで各ポイントが2倍、またはそれ以上にも跳ね上がるキャンペーンがあるのです。そのキャンペーンをすべて1枚のカードで受けることができるのがイオンカードセレクトの強いところなんですよ。

まず、イオン等の加盟店でイオンカードセレクトのクレジット機能を使って支払いをすると、「ときめきポイント」がいつでも2倍付きます。通常200円=1ときめきポイントのところが、200円=2ときめきポイントとなるわけです。

ただし、イオングループ対象店舗での商品購入が対象となりますので、その他の店舗では通常通り、200円=1 ときめきポイントとなりますので注意してくださいね。

【公式サイトから申し込む】

ときめきポイントクラブ優待加盟店で○倍!

ときめきポイントクラブに加盟している「優待加盟店」ですと、お店によりポイントが2倍から5倍もらえるようになっています。優待加盟店は以下の通りです。

2倍!もらえる加盟店

  • ワタミグループ
  • コスモ石油
  • ツヴァイ
  • アート引越センター
  • 近畿日本ツーリスト
  • 神戸・三宮センター街
  • カタキュー
  • ルネサンス
  • サンエックスネットショップ(オンライン)
  • 日本航空(JAL)(オンライン)

3倍!もらえる加盟店

  • 得タク 
  • RHトラベラー(オンライン)

5倍!もらえる加盟店

  • 未来屋書店 電子書籍ストア「mibon 電子書籍」

 

上記のお店やタクシーなどで、イオンカードセレクトを使ってクレジット払いするだけで、ポイントが大きく跳ね上がりますので、これを利用しない手はないです。こういった特典はどんどん活用していきたいものですよね。

わくわくデーで2倍!

イオンの名物キャンペーンのお客さまわくわくデーは、毎月5日、15日、25日にWAONのポイントが2倍になります。電子マネー WAONカードでの支払いやWAON POINTカードの提示も2倍になりますので、この機会を逃さないようにしましょう。

ありが10デーで5倍!

また『ありが10(トウ)デー』が毎月10日にあって、この日のポイントは5倍になります。

  • 200円=5ポイント
  • 200円=5POINT

 

また、クレジット払いにすると、

  • 200円=5ときめきポイント

 

となりますので、どの支払い方法を取っても5倍になるなんてすごいですよね。イオンカードセレクトなら、1枚のカードでどんな支払い方法でも利用できますから、購入する商品に合わせて支払い方法を変えることができます。消耗品のストックや高額商品の購入をしたいなら、10日を狙っていく方がお得ですよね。

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンはたくさんのポイントキャンペーンをやっているから、日にちや曜日をしっかりと覚えておくと、更にポイントは貯まっていきやすくなるよ♪

まとめ

水色の電子マネーカード『WAONカード』と、提示するだけでポイントが付く『WAON POINTカード』の違いが、これではっきりしたのではないでしょうか。それぞれのポイント(POINT)の付き方や特徴を覚えてしまえば、上手に節約できそうですね。

また、イオンカードセレクトを1枚持っているだけで、カード4枚分の機能を利用できることがわかりました。

購入した商品の金額や、自分のライフスタイルに合った支払い方法がこの1枚で済んでしまいますので、イオンカードセレクトを持っていても損はない!ということになりますね。カードやポイントをうまく活用して、お買い物を楽しみたいですね。

スポンサーリンク