イラスト文字で 「電子マネーWAONを無料で発行する方法」 と記載し、下に白猫と博士がいるイラスト(背景にWAON)

ウィーちゃんウィーちゃん

WAONって発行手数料が300円もかかっちゃうんだね…。

博士博士

実は本来有料のWAONを無料で発行する方法があるんじゃよ!

お会計がスピーディでポイントも貯まるのが電子マネーWAONのメリットですが、実は普通にWAONカードを作ろうとすると発行手数料として300円かかってしまうのです。

せっかく便利でお得にWAONを利用しようと思っているのに、「有料ならいらないかなぁ…。」と思っていませんか?

実は、WAONは無料で作る方法がいくつも用意されているのです。それならぜひ無料で作りたいと思いますよね。そこで、ここでは簡単にWAONを無料で手に入れる方法を詳しく解説していきます。

電子マネーWAONを無料で発行する方法

WAON

電子マネーWAONは利用時に200円につき1ポイントが貯まりますが、WAON発行に300円かかってしまったとすると、6万円分のお買いものをしないと取り戻せないという計算になってしまいますね。

それじゃ、最初はお得にならないってこと?

安心してください。電子マネーWAONには無理なく、しかもよりお得に無料で発行する方法がいくつもあるのです。

クレジットカードを作ってよりポイントも貯めやすくしたいという方は次の方法がおすすめです。

  • WAON付帯のイオンカードを発行
  • 無料のJMB WAONカードを発行

クレジットカード機能はいらないけれど、無料で発行したいという方には次のような方法があります。

  • WAON付帯のイオン銀行キャッシュ+デビットを発行
  • モバイルWAONを利用
  • WAON提携カード中で無料のものを発行
  • クロネコメンバーズに入会
ウィーちゃんウィーちゃん

WAONを無料で発行する方法ってこんなにあるんだ!

では、それぞれについてクレジットカードの特徴も含めて詳しく解説していきましょう。

WAON付帯のイオンカードを発行する

博士がイオンカード(WAON一体型)を持ちながら 「WAONを無料で発行するならイオンカードが一番お得なんじゃよ。」 と白猫に言っているイラスト

博士博士

一番メリットが大きくてWAONを無料で発行する方法はWAON付帯のイオンカードを発行することじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンカードなら年会費や発行手数料がかからないんだ!

WAONカードの発行手数料を無料にしながら、よりお得にポイントを貯めていきたい場合『WAON機能の付帯したイオンカードを発行する』という方法がベストです。

イオンカードには、次のような共通の特典があります。

  • 毎月20日・30日にイオン系列の店舗で5%OFF
  • 55歳以上の方は毎月15日にイオン系列の店舗で5%OFF
  • イオン系列店舗ではいつでも1%還元
  • 毎月10日はイオン系列以外でも1%還元
  • 『ときめきポイントTOWN』経由のネットショッピングで還元率UP
  • イオンシネマ・レジャー施設優待
  • クレジットカード盗難補償
  • ショッピングセーフティ保険

イオンカードには種類が多いですが、そのほとんどにWAON機能が付帯されています。反対にどのイオンカードを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

そんなあなたに提案するのが、イオンカードの中で絶大な人気を誇る2枚のカードです。

どのイオンカードが良いのか種類がありすぎてわからない!」と思っているなら、ぜひこの2枚を最有力候補として考えてみてくださいね。

イオンカードの全種類一覧は『【イオンカードの全種類一覧】各イオンカードの比較と魅力を紹介!』の記事で紹介しています。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)

年会費無料
申込条件18歳以上(高校生不可)
基本還元率通常:0.5%
イオン系:1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
家族カード無料

イオンカード(WAON一体型)はイオンカードとWAONの二つの機能が一つになっているタイプのイオンカードです。

  • イオンカード
  • WAON

後ほど解説するイオンカードセレクトとの違いとしては、クレジットカードの引き落とし口座にイオン銀行以外の銀行を指定できるというところが挙げられます。

博士博士

WAONへのチャージではポイントの付与がないのは欠点と言えるじゃろう。

お勤めの会社によってはお給料を受け取る口座を他の銀行に変えられない、というところもありますよね。その場合は自分で引き落とし日の前にお金を移動させたりなどの手間がネックです。

しかし、イオンカード(WAON一体型)なら引き落とし口座は今まで使っていた口座で問題ありません。

  • イオンカードとWAONが一体
  • 引き落とし口座はイオン銀行以外もOK
  • JCBならディズニー・デザインも選べる
  • 即日発行仮カード発行可能

もちろん、イオンカード(WAON一体型)もイオンカード共通の特典も利用することが可能です。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費無料
申込条件18歳以上(高校生不可)
基本還元率通常:0.5%
イオン系:1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
家族カード無料

イオンカードセレクトはイオンカード・WAON・イオン銀行キャッシュカードが全て一つにまとめられたタイプのイオンカードです。本来なら3枚あるカードが一つにまとめられるのが強みといえます。

  • イオンカード
  • WAON
  • イオン銀行

ただし、引き落とし口座はイオン銀行しか選べないので引き落とし口座にこだわりがないという方に向いているでしょう。

イオンカードセレクトの最も優れた特徴は、WAONへのチャージでポイントが付与されるということです。WAONへのチャージでも0.5%のポイント還元となっています。

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンカードセレクトならWAONへのチャージでもポイント付与があるんだね!

WAONへのチャージで0.5%還元となるのは、WAON一体型のイオンカードにはないイオンカードセレクトだけの特徴です。

  • イオンカード・WAON・イオン銀行キャッシュカードが一体
  • 引き落とし口座はイオン銀行のみ
  • JCBならディズニー・デザインも選べる
  • 即日発行仮カード発行可能
  • WAONへのチャージで0.5%還元

イオンカードセレクトも同じく、イオンカード共通の特典も利用することが可能です。

WAON付帯のイオン銀行キャッシュ+デビットを発行する

イオン銀行キャッシュでビット

WAONが付帯されているカードに『イオン銀行キャッシュ+デビット』があります。通常のイオンカードと違ってCMなども放映されていないので知らない方も多いかもしれませんね。

  • クレジットカードは作りたくない
  • クレジットカードが作れない
  • イオンでの優待は受けたい
ウィーちゃんウィーちゃん

デビットカードにもWAONが付帯してるんだね。

上記のような方に適したデビットカードです。では、「そもそもデビットカードって?」という基本から解説していきます。

イオン銀行キャッシュ+デビットはクレジットカードではない

イオン銀行キャッシュ+デビットは、クレジットカードではありません。

  • イオン銀行キャッシュカード
  • デビットカードの機能
  • WAONカードの機能

上記の3つの機能が一つになっているカードです。デビットカードというのは、クレジットカードが後払いなのに対して『即時払い』のカードのこと。口座にお金があるだけしか使えません。

そのため、使いすぎの心配もありません。でも、しっかりとイオンカードのようにイオンでの優待などの特典が利用できるのも嬉しいポイントとなっています。

イオン銀行キャッシュ+デビットの場合は、次のような特典が利用可能です。

  • 毎月20日・30日にイオン系列の店舗で5%OFF
  • 55歳以上の方は毎月15日にイオン系列の店舗で5%OFF
  • イオン系列店舗ではいつでも1%還元
  • オートチャージで0.5%還元
  • イオン銀行を給与振り込み口座にすると毎月10WAONポイント

デビットカードなのに、オートチャージでポイント還元があったり、イオン銀行でお給料を受け取ると毎月10WAONポイントがもらえるなどの特典もエッジが効いていますよね。

15歳から使えてJCB加盟店で決済可能

イオン銀行キャッシュ+デビットは、クレジットカードではなくデビットカードなので15歳(中学生除く)から使うことが可能です。

  • 15歳以上から使うことができる
  • 国内・海外のJCB加盟店で使うことができる

ただし、一部決済のシステムの関係上、対応していない店舗があることに注意しましょう。使うことのできない店舗は以下の通りです。

  • ガソリンスタンド
  • 高速道路通行料金
  • 車内販売・機内販売
  • 一部のタクシー
  • 登録型加盟店(継続して支払いをするタイプの加盟店)
博士博士

公共料金など毎月支払う固定費は利用できないと覚えておこう。

登録型加盟店について少し補足をしておきましょう。登録型加盟店というのは、インターネットプロバイダ・光熱費などの公共料金・保険料などの毎月継続してお金を払うタイプのものを指します。

これらの登録型加盟店での支払いにはイオン銀行キャッシュ+デビットを使えないということを覚えておきましょう。

WAON付帯のイオン銀行キャッシュカードを発行する

イオン銀行キャッシュカード

WAON付帯のイオン銀行キャッシュカードは、シンプルに銀行キャッシュカードにWAONの機能が付いているタイプのものです。

WAON付帯のイオン銀行キャッシュカードでできること

WAON機能付帯のイオン銀行キャッシュカードは、通常の銀行のキャッシュカードの機能とWAONカードの機能を兼ね備えています。

  • イオン銀行への現金の預け入れ
  • イオン銀行からの現金の引き出し
  • WAONへの現金チャージ・WAON利用

イオン銀行キャッシュカードに付帯のWAONの発行にはお金はかかりません。WAON付帯のイオン銀行キャッシュカードを利用するうえで、次の点には気を付けてください。

  • デビットカードやクレジットカードとしての機能はない
  • カードを失くしたり暗証番号を忘れると再発行手数料1,080円が必要
  • WAONオートチャージ機能はなし

そのため、シンプルにWAONカードを無料で作りたい、クレジットカードはいらないがイオン銀行のキャッシュカードとまとめたいという方に適しています。

モバイルWAONを利用する

モバイルWAON

モバイルWAONはその名の通り、スマートフォンのアプリでWAONを利用するスタイルです。モバイルWAONはカードを持ち歩くことがなく、いつも身近にあるスマートフォンと一体になっているのがメリットです。

WAON

WAON

AEONposted withアプリーチ

モバイルWAONには3つのタイプがあります。

  • モバイルWAON
  • モバイルJMB WAON
  • Google Pay

それぞれ使い勝手に違いがありますので、3つの差についても解説していきましょう。

モバイルWAONはAndroidで利用可能

まず、モバイルWAONを使える条件は次の通りです。

  • Android4.0以降
  • おサイフケータイ対応の機種であること

モバイルWAONは、おサイフケータイのみのサービスとなっているので、iPhoneの場合には利用できません。

モバイルWAON3種類の違い

スマホからWAONを利用できるアプリには次の3つのタイプがありましたね。

  • モバイルWAON
  • モバイルJMB WAON
  • Google Pay
ウィーちゃんウィーちゃん

モバイルWAONってこんなにも種類があるとは…!

どれが良いのか分からない!」というあなたも、安心して好きなタイプのモバイルWAONを選べるように早速比較してみましょう。

種類特徴メリット
モバイルWAON・200円につき1ポイント
・WAONポイントが貯まる
すべての機能が利用できる
モバイルJMB WAON・200円につき1ポイント
・JALのマイルが貯まる
JALのマイルを貯められる
GooglePay・200円につき1ポイント
・WAONポイントが貯まる
他の電子マネーと一元管理できる

 

JALのマイルを貯めているとか、どうしても他の電子マネーやポイントカードと一つのアプリで管理したいなどの希望がなければ、モバイルWAONが一番使い勝手が良いでしょう。

特にポイントをモバイルWAONにチャージしたり、センター預かりポイントを受け取ったりなどはモバイルWAONでしかできないので注意してくださいね。

モバイルWAONアプリにチャージできるクレジットカード

3種類のアプリがありますが、それぞれにチャージできるクレジットカードを確認しておきましょう。

モバイルWAONの場合には次のクレジットカードからチャージ可能です。

  • イオンマークのある国際ブランド付帯のクレジットカード

つまり、イオンカード系のクレジットカードならチャージができるということですね。しかし、先程もお伝えしたように、数あるイオンカードの中でWAONへのチャージでポイント付与があるのはイオンカードセレクトのみです。

モバイルJMB WAONの場合は、次のクレジットカードからチャージ可能です。チャージの時にも200円につき1マイルが貯まります。

  • JAL・Visaカード
  • JAL・MasterCard
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ(旧JALカード TOP&ClubQ)
  • JAL・JCBカード

最後にGooglePayの場合は、Googleアカウントに紐づけられたクレジットカードからのチャージが可能となっています。

Google Pay - これからのお財布

Google Pay – これからのお財布

Google LLCposted withアプリーチ

WAON提携カード中で無料のものを発行する

博士博士

WAONを無料で発行する方法は他にもあるんじゃよ。それはWAON提携カードじゃ!

WAONカードは様々な企業が提携して発行していますが、その中でも発行が無料のものがいくつもあります。

無料で作れて提携先の企業のポイントをWAONポイントに交換できるなどのメリットがあるので、これから紹介するWAON提携カードも選択肢のひとつとして考えてみてくださいね。

鳥取ガスグループ Smart Life WAON

鳥取ガスグループ Smart Life WAON

鳥取ガスグループ Smart Life WAONは鳥取ガスグループの都市ガス・LPガス・簡易ガス・灯油の定期配送の契約がある方が発行できます。

16歳以上の方で、契約している本人のみが発行可能です。では、特徴を簡単にまとめます。

  • ガス利用などに応じて毎月Smart Lifeポイントが貯まる
  • 貯まったポイントはWAONポイントに交換可能
  • チャージは現金のみ

申込みは、『Smart Life会員サービス』にログインして行うか、鳥取ガスグループで電話でも申込書の請求を受け付けています。

イオンライフ WAON

イオンライフ WAON

イオンライフWAONは『イオンのお葬式』のイオンライフと提携するWAONです。

お葬式というと身近に感じる方は少ないかもしれませんが、イオンでは終活フェアなどもしもの時に備えるためのフェアを開催しています。

イオンライフWAONは発行手数料自体は無料ですが、イオンライフ会員の入会に税込500円が必要で16歳以上の方の申込みが可能です。

では、イオンライフWAONの特徴・イオンライフ会員の特典を簡単にまとめます。

  • 相続に関する相談無料
  • 生前の自宅整理5%割引
  • 生前の仏壇仏具購入時に会員価格
  • イオンカルチャークラブ入会金50%OFF
  • イオンシネマドリンクSまたはポップコーン塩味Sサイズ無料
  • チャージは現金のみ

申込みは、イオンの終活フェアで店頭で申し込むか『イオンのお葬式』の資料請求をすると約1週間程度で入会申込書が郵送されてきます。

TLC WAON

TLC WAON

TLC WAONはTOKAIグループが提携する発行手数料無料のWAONカードです。TLC会員になることで入手可能です。16歳以上の会員本人が対象となっています。

TLC会員になると毎月のガス・インターネット・ケーブルテレビ・電気などのTOKAIグループの利用代金に応じてポイントが貯まるシステムです。

では、TLC WAONの特徴を簡単にまとめます。

  • 毎月サービス利用に応じてTLCポイントが貯まる
  • 1TLCポイント=1WAONポイントで交換可
  • WAONポイントへの自動交換設定も可能
  • チャージは現金のみ

TLC会員サービスホームページ』からの資料請求で申込みをすることができます。申し込んでからおよそ1か月程度の配送です。

無料のJMB WAONカードを発行する

博士博士

WAONポイントは貯まらないが、JALマイルが貯まるWAONカードも無料で発行できるぞ!

ウィーちゃんウィーちゃん

JALマイルを貯めたい人ならこっちのほうが良いかも!

JMB WAONカードはWAONの機能もついたJMBのカードです。JMBとはJALのマイレージバンクのこと。JALのマイルを貯めることができて、クレジットカードではないので年齢制限もありません。

無料でクレジット機能なしのJMB WAONカードには次の3つがあります。

  • JMB WAONカード
  • JMB G.G WAONカード
  • BIC CAMERA JMB WAONカード

それぞれについて特徴を詳しく解説していきましょう。

JMB WAONカード

JMB WAONカード

JMB WAONカードはJMBとWAONがひとつになった最もスタンダードなカードです。

  • WAONでの支払い200円につき1マイル
  • 特約店ではマイル2倍
  • 10,000マイル=10,000WAONに交換可能
  • 所定のJALカードからのクレジットチャージ・オートチャージ可能

申込みは『JALの公式サイト』から可能となっています。

JMB G.G WAONカード

JMB G.G WAONカード

JMB G.G WAONカードはJMB WAONカードと同じ機能ですが、55歳以上の方のみが申し込めるカードです。

特典が豊富にありますので、代表的な特徴をご紹介していきましょう。

  • 55歳以上の人のみ申込み可能
  • WAONでの支払い200円につき1マイル
  • 特約店ではマイル2倍
  • 10,000マイル=10,000WAONに交換可能
  • 所定のJALカードからのクレジットチャージ・オートチャージ可能
  • 毎月15日はイオンのG.G感謝デーで5%OFF
  • 毎月15日はイオンのG.G感謝デーでマイル2倍
  • マイルの有効期限が60か月
  • 入会時にeJALポイント1,000円分プレゼント
  • JALパック最大5%OFF

通常のJMB WAONの特徴に比べて、イオンのG.G感謝デーで毎月15日がお得になるのが主な特徴です。

申込みは、『JALのホームページ』またはイオンのサービスカウンターから可能です。

BIC CAMERA JMB WAONカード

BIC CAMERA JMB WAONカード

BIC CAMERA JMB WAONカードはビックカメラのポイントカード・WAONカード・JALのマイルがひとつになったカードです。

クレジットカードではないので、これ以上クレジットカードを増やしたくないという方など誰でも気軽に申し込めます。

  • ビックカメラでの会計時にマイルかビックポイントを選べる
  • ビックポイント4,000ポイント→1,000マイルに交換可
  • 10,000マイル→10,000ビックポイントに交換可
  • WAONの支払い200円ごとに1マイルが貯まる

ビックカメラでの還元率はビックポイントとJALのマイルで違いがあり、それぞれ次のような還元率となっています。

  • ビックポイント:10%
  • JALのマイル:3%

BIC CAMERA JMB WAONカードの申込みはビックカメラの店頭にある申込書から可能です。申し込んでから約3週間程度で手元に届きます。

クロネコメンバーズに入会でWAONを無料でもらう

クロネコメンバーカード

クロネコメンバーズはヤマト運輸が提供する宅急便をお得に送ったり受け取ったり、さらに便利に使うためのサービスです。

このクロネコメンバーズにはクロネコメンバーズカードというカードがあります。そのメンバーズカードには以下の電子マネーの中から選ぶことができます。

上記の中からWAONを発行した場合、クロネコメンバーズカードには2種類の電子マネーにチャージできるのです。

  • WAON
  • クロネコメンバー割

クロネコメンバーズカードのWAONで運賃を支払うことができますが、ヤマト運輸ではチャージできません。クロネコメンバー割はヤマト運輸だけで使える電子マネーで、運賃の支払いに使うと運賃が10%割引になる電子マネーです。

年会費無料・16歳から使える

クロネコメンバーズカードは、年会費や発行手数料は特に必要ありません。16歳から登録することができ、WAONカードとしても利用することができます。

  • 年会費・発行手数料無料
  • 16歳から利用可能
  • チャージは現金のみ
  • クロネコメンバー割としてのチャージもできる
  • クロネコメンバーズへの登録が必須(無料)

フリマアプリなどでよく宅急便を利用する、という方には持っていてメリットの大きい電子マネーカードといえるでしょう。

そうでなくても、WAONカードとして使うだけでも大丈夫ですので「クレジットカードはいらないし、現金チャージで良い。」という方にも適しています。ただし、クレジットカードからのチャージには対応していないので、注意しましょう。

 

一番利用価値があるのはイオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費無料
申込条件18歳以上(高校生不可)
基本還元率通常:0.5%
イオン系:1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
家族カード無料

ここまでWAONカードを無料で発行する方法についてご紹介してきましたが、結局どれが一番利用価値があるのかを知りたいですよね。そこで、人によっておすすめの方法は違ってくる、というような面倒なことは抜きにして結論をまとめます。

迷ったら一番のおすすめは『イオンカードセレクト』です。

その理由をもう一度簡単にご紹介していきますね。

  • WAONへのチャージでもポイントが付くのでポイントの二重取り可能
  • イオンカード・WAON・イオン銀行キャッシュカードが一体
  • イオンでの各種優待が利用可能

イオンカードセレクトはチャージでポイントが付く唯一のカード

WAONカードだけの還元率は200円につき1ポイントなので0.5%です。それに加えてイオンカードセレクトでは、チャージの時に更に0.5%のポイントが上乗せされます。

つまり、イオンカードセレクトと付帯されているWAONを使うと1%還元ということです。

  • イオンカードセレクト:ポイント付与有り
  • その他のイオンカード:ポイント付与なし
ウィーちゃんウィーちゃん

WAONへのチャージでもポイント付与が欲しいもんね。

高還元のカードはたくさんありますが、WAONは身近なイオン系のスーパーからコンビニ各社までカバー範囲が広いのが特徴です。ポイントの取りこぼしも非常に少ないという点が優れています。

イオンカードセレクトから付帯のWAONにチャージして使う、という使い方が最も無駄なくお得にWAONを利用する方法なのです。

迷っているならイオンカードセレクトで間違いなし

イオンカードセレクトは、WAONへのチャージでポイントがつく唯一のカードなので、どの方法でWAONカードを発行するか迷っているならイオンカードセレクトをおすすめします。

もちろん、イオンカードの共通の優待特典も利用できるので節約にも役立つ一枚ですよ。

  • 毎月20日・30日にイオン系列の店舗で5%OFF
  • 55歳以上の方は毎月15日にイオン系列の店舗で5%OFF
  • イオン系列店舗ではいつでも1%還元
  • 毎月10日はイオン系列以外でも1%還元
  • 『ときめきポイントTOWN』経由のネットショッピングで還元率UP
  • イオンシネマ・レジャー施設優待
  • クレジットカード盗難補償
  • ショッピングセーフティ保険

これだけの特典が利用できて、WAONも無料で発行できます。イオンカードセレクトは発行手数料や年会費も無料で利用できるので、WAON目的でもイオンでのお得目的でもぜひ発行しておきたいカードと言えるでしょう。

 

まとめ

イオン系列やコンビニ各社など今や幅広く利用できるようになった電子マネーWAON。

でも、発行手数料がどうしても気になってしますよね。300円の手数料がかかってしまうとなると、単純計算で6万円のお買い物が必要になってしまいます。

WAONを無料で発行するなら、WAON機能の付帯したイオンカードの発行が一番賢い選択です。

イオンカードセレクトならWAONカードが無料になるばかりではなく、より効率的にポイントを貯めることができます。もちろん、イオンカードならではの特典もフルに利用可能です。

クレジットカードを持つことに抵抗がある場合は、即時引き落としの『イオン銀行キャッシュ+デビット』なども選択肢になります。

WAONカードの無料発行といっても、様々なタイプの発行方法がありますのであなたのニーズに合わせて選んで快適な電子マネーライフを送ってくださいね。