ウィーちゃんウィーちゃん

電子マネーのWAONはコンビニでも使えるの?

博士博士

もちろんじゃよ!セブンイレブン以外であれば、基本的にどこのコンビニでも対応しておるぞ!

イオン系列やミニストップなどでお馴染みのWAON。これらの店舗を普段使いしている方の中には、WAONユーザーも多く見受けられることでしょう。

さて、WAONを使えるコンビニといえばミニストップを真っ先に思い浮かべる方が多いかと思いますが、その他にも様々なコンビニにおいて活用できることをご存知でしょうか。

ここでは、WAONを使えるコンビニを紹介するとともに、ポイント2重取りの方法や、WAONと相性の良いクレジットカードについても解説していきます。

以下に紹介する情報を知らずにWAONを使っている方は、ロングランでみると大幅に損をしてしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

WAONが利用できるコンビニ

WAONカード

博士博士

残念ながらセブンイレブンではWAONを利用できないんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

セブンイレブンにはnanacoがあるから仕方ないのかな…。

WAONを利用することができるコンビニは以下の通りです。

こうしてみると、かなり幅広いコンビニにおいて活用できることがわかります。

大手のセブンイレブンがnanacoがあるので、対象ではないのが気にかかりますが、セブンイレブンに特別肩入れしているわけでなければ、使い勝手は非常に良いと言えるでしょう。

ミニストップ以外のコンビニではWAONが使えないと判断し、現金で支払いを済ませている方もいるのでは?

WAON利用時には0.5%の還元が得られるので、現金払いよりWAON決済の方が確実にお得ですよ。

まだWAONを持っていない方は『電子マネーWAONを無料で発行する方法を解説|300円の発行手数料は不要!』の記事を参考にして無料で手に入れましょう!

WAONを使えばコンビニでポイント2重取りも可能!

WAON

博士博士

実はコンビニでWAON決済をすればポイントの2重取りができるんじゃよ。

先ほど、WAONの還元率が0.5%であることを記載しました。還元率に優れたクレジットカードを普段使いしている方からすると、寂しく聞こえる値かもしれません。

ただし、WAONは活用の仕方によって、ポイントの2重取りができることを見落としてはいけません。

普段からこの点を意識することで、クレジットカードにも引けを取らない還元率を生み出すことができるのです。

クレジットカードの利用に抵抗がある方にとっては非常に耳寄りな情報ではないでしょうか。

ローソンで2重取りをする方法

Pontaカードとdポイントカード

ローソンファンの方であれば既に2重取りのからくりに気付いているかもしれませんが、ローソンではWAON+各種ポイントカードの提示によって、ポイントを貯めることができます。

対象となるカードは以下の通りです。

  • Pontaカード
    ⇒加盟店豊富なPontaポイントが獲得できるカード
  • dポイントカード
    ⇒ローソンやマクドナルドなどの他、ドコモ関連の支払いにも使えるdポイントが貯まるカード。
ウィーちゃんウィーちゃん

WAON決済しつつ、どちらかのポイントカードを提示すれば2重取りができるんだね!

上記のカードを同時に「提示するだけで」ポイントが得られるというのがミソですね。

支払い方法は自由に選択できるため、ここで還元が得られるWAON支払いを選択すれば、ポイントの2重取りが成立するというわけです。

ちなみに、WAONの支払いによって還元されるのは0.5%ですが、Pontaカードやdポイントカードで得られる還元率はそれぞれ1%。どちらのポイントカードを併用しても、合計で1.5%の還元を得られて非常にお得です。

Pontaポイントとdポイントはそれぞれ、相互に交換することが可能となっていますが、dポイントからPontaポイントへ移行する場合においては、250ポイントの手数料が必要となることを覚えておきましょう。

ちなみに最も還元率が良い使い方としては、ローソンお試し引換券にあてるのがオススメです。

ローソンお試し引換券はPontaポイント、dポイントのどちらでも活用することができ、1ポイントが1.5円〜3円に昇華します。ローソンファンの方であれば、この事実を見逃す手はありませんね。

引換券で交換できる商品や還元率はタイミングによって異なるので、お気に入りの商品が交換対象になっている場合には、迷わずポイントを活用すると良いでしょう。

本当にお得なローソンお試し引換券については『ローソンのお試し引換券は激得!Pontaポイントはお試し引換券で利用すべし!』の記事で詳しく紹介しています。

ファミリーマートやサークルKサンクスで2重取りをする方法

Tポイントカード

WAON支払いでポイントの2重取りは、ファミリーマートやサークルKサンクスにおいても可能です。

これらのコンビニにおいては、TSUTAYAでお馴染みのTポイントカードをあてましょう。

200円につき、1ポイントのTポイントが還元されるため還元率は0.5%、WAONの支払いと組み合わせれば、合計で得られるのは1%ですね。

  • Tポイントカード提示:0.5%
  • WAON支払い:1.0%

Tポイントカードの提示で得られるTポイントは、ありとあらゆる業種のリアル店舗において活用することができるため、ポイントの使い道に困ることはまずありません。

ファミリーマートやサークルKサンクスを利用する上では、WAONとTポイントカードの併用をお忘れなく。

一番お得なTポイントカードの作り方・発行場所は『Tポイントカードはどこで作るのが一番お得?作り方も合わせて解説』の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

WAONへチャージするならクレジットカードからがおすすめ!

節約効果を高めていく上で忘れてはいけないのがクレジットカードの活用です。

この記事を読むほどに意識が高いあなたであれば、電子マネーへのチャージは現金よりクレジットカードの方がポイントが還元されてお得であるということは十分心得ていることでしょう。

ここでは、WAONと相性の良いクレジットカードを紹介するとともに、対象のクレジットカードを併用することでいかにお得になるかを解説していきたいと思います。

 

WAONチャージでポイントが貯まるのはイオンカードセレクトのみ

イオンカードセレクト

スポンサーリンク
年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
家族カード無料

 

実はWAONへのチャージによって、ポイント還元が得られるクレジットカードはイオンカードセレクトのみとなっています。

年会費無料で作成できるイオンカードセレクトはクレジット機能の他に、キャッシュカードとWAON機能を備えた三位一体の便利なカード。(WAONポイントカード機能も付帯)

WAONとクレジットカードを別々に持つ必要がないので、お財布もスッキリして支払いがスマートになります。

イオンカードセレクトの基本還元率は0.5%と決して特筆すべきではないものの、イオン系列においては以下のようなメリットを得ることができます。

  • 獲得ポイントが常に2倍
  • 毎月5日15日25日はWAONの利用でWAONポイント2倍
  • 毎月10日はポイント還元5倍(イオン系列以外でも、ポイント還元2倍)
  • 毎月20日と30日は買い物金額が5%オフ
  • 毎月15日は55歳以上の方は買い物金額が5%オフ

いかがでしょうか。ご覧の通り、とにかくイオン系列においてアドバンテージが大きい一枚と言えます。前述したように、WAONへのチャージで唯一ポイント還元を得ることができるという意味でも希少価値のあるクレジットカードです。

イオン系列やWAONを普段使いしている方にとっては、発行しない理由がないと言っても過言ではありません。

さて、WAONへのチャージによってポイント還元を得ることができるということはつまり、ポイントの2重取りが可能であることを意味しています。

  • WAONへクレジットチャージ:0.5%
  • チャージされたWAONでの支払い:0.5%

合計で1%です。

また、毎月5日・15日・25日にイオン系列でWAON決済をすれば、還元率が2倍になります。

  • WAONへクレジットチャージ:0.5%
  • チャージされたWAONでの支払い:0.5%×2=1%

この場合だと、合計還元率は1.5%に跳ね上がります。イオンカードセレクトを活用していく上では、スーパーマーケットはイオン系列を使わないと絶対に損です。

年間でみると、スーパーで使う費用はかなり大きいため、0.5%や1%の還元率の差が、大きな節約効果を生むことになります。

たとえば、毎月30,000円分の買い物をイオンでするとしましょう。キャンペーン対象日以外に、現金チャージのWAON払い(還元率0.5%)で買い物を続けた場合、得られるポイントは以下のようになります。

  • 30,000円×0.5%=150ポイント(月間)
  • 150ポイント×12ヶ月間=1,800ポイント(年間)

これが、イオンカードセレクトによるクレジットチャージとなると、還元率は2倍になります。

  • 30,000円×1%=300ポイント(月間)
  • 300ポイント×12ヶ月=3,600ポイント(年間)

さらに、イオンカードセレクトによるクレジットカードチャージをした上で、毎月5日・15日・25日におけるWAON払いなら還元率は1.5%になるので、年間で考えると想像以上に節約効果があります。

  • 30,000円×1.5%=450ポイント(月間)
  • 450ポイント×12ヶ月=5,400ポイント(年間)

やはりスーパーの買い物となると、それだけでみても年間でかなり大きな差がついてきますね。同じものを購入しているにもかかわらず、ちょっとした工夫をするだけで、節約効果が変わる良い例だと言えます。

もちろん、毎月20日と30日の5%オフなどのキャンペーンを併用することで、さらなる節約効果を見込むことができるため、イオンカードセレクトで得られるメリットを十分に把握した上で、余すところなくその特典を活用していくと良いでしょう。



イオンカードセレクトを活用すればローソンで2%還元

ローソン

鋭いあなたなら既にお気づきのように、イオンカードセレクトでチャージしたWAONで支払いをすることによって、ローソンで合計2%の還元を得ることができます。

  • WAONへクレジットチャージ:0.5%
  • WAON決済:0.5%
  • Pontaカード/dポイントカード提示:1%
    合計2%
博士博士

イオンカードセレクトを活用すればローソンだと2%の還元率をいつでも得ることができるんじゃよ。

ポイントの3重取りです。非常に気持ち良いですね。WAON決済のみでポイントを得る場合と比較すると、還元率は4倍に跳ね上がっています。

ローソンユーザーであれば、これを逃す手はありません。特に、昼食などをコンビニで済ませている方にとっては、コンビニで利用する額も大きいハズ。

1日単位のポイントでみるのではなく、月単位、年単位と視野を広げていれば、ポイントの2重取りや3重取りで得られるメリットがいかに大きいかを実感していただけるかと思います。

 

イオンカードセレクトを活用すればファミリーマートやサークルKサンクスで1.5%還元

ファミリーマート

ローソンではなく、ファミリーマートやサークルKサンクス御用達の方であれば、Tポイントカードの提示と併用し、合計1.5%の還元を得ることができます。

  • WAONへクレジットチャージ:0.5%の還元
  • WAON決済:0.5%の還元
  • Tポイントカード提示:0.5%の還元
    合計1.5%

ローソンと比較すると若干の遅れを取る数値ではありますが、元々WAON決済のみなら0.5%の還元であることを考えると、十分にオイシイ思いができるのではないでしょうか。

こうした日々の小さな買い物や支払いにおける節約意識を高めていけば、おのずと得られるメリットは大きくなっていきます。

ぜひイオンカードセレクトや各種ポイントカードをご準備いただき、イオン系列店やコンビニにおける節約効果を最大限に高めていきましょう。

 

まとめ

大手のコンビニチェーンであるセブンイレブンを除けば、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスなどにおいて、WAON決済でポイントの2重取りが可能です。

WAONを普段使いしている方はもちろんですが、クレジットカードをあまり利用したくないという方にもぜひ活用していただきたい小技なので、この方法でじゃんじゃんポイントを重ねていきましょう。

また、イオンカードセレクトを発行できる方であれば、イオン系列のスーパーを活用することで、節約効果はうなぎのぼりです。

年間でどれだけお得になるかを電卓ではじけば、ワクワクしてくることは間違いありません。クレジットカード発行に抵抗のない方は今すぐに、イオンカードセレクトを作成してみてくださいね。

スポンサーリンク