ウィーちゃんウィーちゃん

VIASOカードってネットショッピングに強いって聞いたニャ!

博士博士

おっ!詳しいのう。しかもポイントの使いやすさもメリットなんじゃ。

申込前に気になるデメリットも教えるから、よく検討してみるとよいぞ。

VIASOカードは一見還元率が高くないように見えてしまいますが、実はネットショッピングに特化したカードです。

VIASOカードはネットショッピングを「ほぼ毎月約6,000~7,000円は使う」という方に特に大きなメリットのあるカードといえます。

ただしデメリットとしてはネットショッピング以外にやや弱いという点も。

ネットショッピング専用として一枚持っておくと、ネットでのVIASOカードの強さを実感できますよ♪

さあ、VIASOカードがあなたのお買い物スタイルに向いているかどうかメリット・デメリットを知っておきましょう!

VIASOカードの特徴

VIASOカード メリット デメリット 特徴

VIASOカードはネットショッピングに特化したクレジットカード!そのことを抜きにしてVIASOカードの魅力は語れないといっても過言ではありません。

ポイントサイトのように「VIASO eショップ」を経由してネットショッピングをするだけで、どんどんポイントが貯まっていきます。

しかも、貯めたポイントは自動でキャッシュバックされるので、貯めたポイントの使い道に困ったりと面倒もありません。ポイントを上手く・効率よく使うのが苦手という方にもぴったりとフィットする優秀なカードです。

では、VIASOカードのことがもっと知りたくなった!という方のために、基本スペックや特徴をご紹介していきましょう。

VIASOカードの基本スペック

まずは、VIASOカードの基本情報を知っておきましょう。VIASOカードの基本情報は以下の通りです。

還元率0.5%~10%(特定の会社の携帯料金・プロバイダ・ETC、VIASO eショップでポイントアップ)
年会費無料
入会条件原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。(未成年者は親権者の同意が必要)
国際ブランドMaster Card
家族カード無料
ETCカード新規発行手数料1,000円+税、年会費無料
特徴ポイントが1,000ポイント以上になると自動キャッシュバック。

VIASOカードの還元率は通常時0.5%とそれほど高い印象ではありません。しかし、自社サービスのみ高還元で通常利用は0.5%程度という他社のクレジットカードは少なくありませんね。

VIASOカードは年会費・家族カードともに無料、ETCカードも最初に発行する時に1,000円+税がかかるものの、それ以降の追加料金はかかりません。年会費が500円程度のカードもよくありますから、2年以上使うならVIASOカードにETCカードを付けた方がお得になります。

入会条件もその他の年会費無料カードと大きな差がなく18歳以上で収入があり、高校生でなければ難しい条件ではないでしょう。

カードブランドはMaster Cardですから、メジャーなネットショップでは不自由することもありません。安心して使えます。

還元率は一見低いがネットに強い!

VIASOカードの通常時0.5%という還元率を見て、どんな印象を持ちましたか?

正直なところ、常に還元率が1%を超えるクレジットカードもありますので、この数字では「すぐにVIASOカードを持ちたい!」とは残念ながらならないのではないでしょうか。

しかし、VIASOカードにはポイントサイトのようなシステムがあります。これが他の通常時0.5%還元のクレジットカードとの大きな差です。

VIASO eショップを経由してお買い物をすることで、通常時0.5%のポイントにさらにポイントが加算される仕組みになっています。ここを経由した場合のポイント還元は最大で10%。

これがVIASOカードがネットショッピング用のカードとしてオススメされている理由なのです。

携帯料金・インターネット・ETCはポイントが2倍!

特定の携帯会社・インターネットプロバイダ・ETC利用ではポイントが2倍貯まるのもVIASOカードの特徴の一つ。

1,000円につき10ポイントが加算されます。ポイントが2倍になる携帯会社・プロバイダなどは以下の通りです。

携帯会社NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル
プロバイダYahoo! BB、@nifty、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN
ETCカード全国のETCカードの使える高速道路、有料道路

 

携帯会社は大手三社はもちろんポイントアップ対象なのですが、格安系ではワイモバイルもOKというのが嬉しいポイントですね。今後より幅広く格安スマホ系の会社もラインナップされることを期待したいものです。

プロバイダも大手を中心にしっかりとポイントアップされます。もちろんETCカードは全国どこで使ってもポイントアップ対象です。

カードデザインが豊富!

VIASOカードはカードデザインの豊富さも魅力の一つ。VIASOカードには、以下のようなコラボデザインがあります。コラボカードの特徴も合わせてご紹介します。

  • 浦和レッズVIASOカード
    →レッズGOGO!ということで利用代金の「0.255%」は浦和レッズのチーム強化費として寄付される。
  • マイメロディVIASOカード
    →券面がマイメロディ、サンリオオンラインショップで2%還元
  • ぐでたまVIASOカード
    →サンリオオンラインショップで2%還元、ぐでたまステッカープレゼント
  • くまモンデザイン
    →利用代金の0.2%が熊本県に寄付される。
  • ふなっしーデザイン
    →利用代金の0.1%が東日本大震災復興支援に寄付される。
  • ラブライブ!デザイン
    →オリジナルステッカープレゼント。
  • Wake Up, Girls!デザイン
    →オリジナルステッカープレゼント。
  • けいおん!デザイン
    →キャラデザインか楽器デザインの2種類から券面を選べる。オリジナルポストカードプレゼント。
  • 弱虫ペダルデザイン
    →オリジナルポストカードプレゼント。
  • トランスフォーマーデザイン
    →通常のVIASOカードと同じ。

 

好きなチームに寄付ができたり、ふるさとや復興支援への寄付ができたりとお買い物をするだけで誰かを応援できるのは素敵ですよね。

また、クレジットカードは使うたびに目にするもの。せっかくなら、好きなデザインにこだわるのもオススメです!

ウィーちゃんウィーちゃん

基本の機能が同じなら、好きなデザインを選んで気分もアップだニャ!

博士博士

そして、貯まったポイントの自動還元などメリットもいっぱいあるんじゃ。

VIASOカードを持つメリット

これからクレジットカード持つなら、ポイント還元がよく、そのポイントが使いやすいものを選ぶのが大切になってきますよね。

VIASOカードは一見還元率が平凡に見えてしまいますが、うまく使うと還元率も最大10%になりますし、ポイントの使い道を考える必要すらない非常に優秀なカードです。

では、具体的なメリットをご紹介していきましょう。

ネットショッピングが最大10%の高還元!

VIASOカードがネットショッピングに特化したカードと言われているのは、「VIASO eショップ」の存在があるからではないでしょうか。

これは、VIASOカードの会員向けのポイントサイトのようなものです。

VIASO eショップを経由して、ネットショッピングをするとお買い物をしたサイトのポイントだけでなく、VIASOカードのポイントがサイトによって決まっている倍率で上乗せされて貯まるという仕組みです。

このVIASO eショップの還元率がとても高いことから、ネットショッピング用のカードとしてVIASOカードを持つ人もいるほどの高還元率になっています。

最大10%というものの、ポイントアップしている期間もあり、12%などの超高還元率になるタイミングもあるのが驚きです!

具体的には以下のようなショップが利用できます。(ボーナスポイントの還元率は通常時のものになります。)

還元率
(ボーナスポイント)
店舗
10%トレンドマイクロ・オンラインショップ、マカフィー・ストア、山田養蜂場、ランコム
5% 日比谷花壇、エクスペディア、ランズエンド
4%Hotels.com、ロクシタンオンラインショップ
3%大丸松坂屋オンラインショッピング、GAP Online Store、NY.online、クロックスオンラインショップ、LOFT、GROUPON など
2%ドクターシーラボ、hp、レノボ、じゃらんnet、ビックカメラ、ソフマップ、カクヤス、ロハコ など
1%Yahoo!トラベル、楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、ゾゾタウン、ベルメゾン など

ちなみにAmazonで最安値を探してお買い物!というスタイルのネットショッピングをする方も多いですよね。ちなみにAmazonの場合はVIASO eショップを経由するとボーナスポイントは0.5%となっています。

主なショップを挙げてきましたが、エクスペディアやHotels.comの4~5%の高還元は見逃せません。旅行系は単価が大きくなりますから、還元率でお得さがまったく体感的に違ってくるジャンルです。

その他のネットショップも、そのサイトごとの独自ポイントも同時に貯まりますからVIASO eショップを経由していれば常にポイントが二重にもらえます!

発行が最短で翌営業日とスピーディ

「今までクレジットカードを使ってこなかったけれど、ネット通販の代引き手数料が結構高いなぁ。今度の買い物はクレジットカードでしたい!」

そんな風に思ったときにクレジットカードを申し込むわけですが、発行に時間がかかってしまうのが気になりませんか?

VIASOカードなら、発酵が最短で翌営業日なので手元によりカードが素早く届きます。VIASOカードをより早く手元に届けてほしいという場合には以下のポイントに気を付けてみましょう。

  • 早朝に申し込む
  • キャッシング枠は審査に時間を要するケースが多いのでつけない

 

キャッシング枠の審査などは自動で行われないケースもあり、人の手がかかるぶん時間も要することがとても多くなっています。クレジットカードのキャッシング枠は利息も多くなり、あまり大きなメリットはないので、必要がない場合は、つけないでスピーディな発行をめざしましょう。

年会費は家族も本人も無料

VIASOカードは、年会費が本人も家族会員も無料のクレジットカード。そのため、持っているだけだと損してしまうという心配がありません。

公式サイトにも載っている入会の条件が、「18歳以上の電話連絡が取れる方」ということですから、入会へのハードルが低いのも嬉しいポイントです。

ちなみに何度もお伝えしている通り、ETCカードにも年会費はかかりません。しかし、最初に発行手数料として1,000円+税がかかります。

このETCカードに関しては、もしメインカードや今持っているカードがETCの年会費や発行手数料がかからないということであれば、そちらに付帯させると無駄がないでしょう。

ポイントが自動キャッシュバックで手間いらず

VIASOカードの大きなメリットとしては「ポイントの使い道・交換に絶対に困らない」という点が挙げられます。

クレジットカードでポイントを貯めていると使い道が思いのほか限られていたり、ポイントを使うまでの手続きが面倒だったりしませんか?

ポイントを貯めるところのハードルが低くても、実際に還元するプロセスが面倒だとポイントを実際に還元していないという事態にもなりかねません。

VIASOカードの場合には、ポイントを年に一回自動で口座にキャッシュバックしてくれます。特に手続きはいりません。最低交換ラインが1,000ポイントですから、1,000ポイントが貯まったら必ず口座に還元してくれます。

ウィーちゃんウィーちゃん

自動でキャッシュバックしてくれるのは嬉しいニャ!

博士博士

そうなんじゃ。

でも、年間に必ず1,000ポイント貯めないとダメだという面もあるぞ。

VIASOカードのデメリット

ネットショッピングでポイントが貯めやすく、ポイント還元にも手続き要らず。

VIASOカードの使い勝手の良さは伝わったでしょうか?しかし、VIASOカードには以下のようなデメリットも。

きちんとデメリットも把握してから申し込むと、納得のいく使い方ができるようになりますよ!

通常の還元率が0.5%

VIASOカードのデメリットで一番大きいものは、通常のポイント還元率が0.5%というところではないでしょうか。

これは、通常利用の還元率が高めの高還元クレジットカードと比べると半分以下の数字になってしまいます。(リクルートカードの1.2%やdカード楽天カードの1%など)

スーパー系などのクレジットカードでは通常利用においてよくある還元率ですから、格別に低いというわけではないものの、やはり高還元カードと比べてしまいますよね。

ポイント有効期限が1年間

VIASOカードのポイントの有効期限は1年間。この期間を過ぎるとどうなるのか知っていますか?

実は、1,000ポイントという最低交換ポイント数に達していなければすべて消えてしまうのです。

もし、900ポイントなどあと少しのところまでポイントを貯めていたらかなり悔しく、損をした気持ちになりますね。もちろん、1,000ポイントを着実に貯めれば大丈夫です。

でも、この2つのデメリットがあっても安心してください。次に、これらのデメリット克服のコツをご紹介していますので、コツをしっかりと知ってからVIASOカードに入会するのがオススメですよ!

デメリット克服のコツ2つ!

VIASOカードのデメリットを紹介してきましたが、「自分に還元できるのだろうか・・・。」と自信がなくなってしまいましたか?

以下のコツをしっかりと実践すればそんな心配とも無縁です。ただし、このようなタイプの方には向いていないカードかもしれません。

  • ネットショッピングをほとんどしない
  • クレジットカードはメインカードを一枚だけ持ちたい

 

あなたがネットショッピングをよく利用するなら、以下のコツを身に付けてVIASOカードを活用するチャンスは十分にあります。

ネットでの利用だけに絞る

VIASOカードの還元率が他のカードを大きく上回るのは、ネットショッピング利用時です。ですから、通常の固定費や日常の街でのお買い物は他の高還元カードに任せてしまった方がお得です。

還元率0.5%のVIASOカードで日常のお買い物をするより、還元率が1%以上のカードを使えば、ポイントが2倍貯まりますよね。

VIASOカードの出番はやはりネットショッピング。ネットショッピングに絞り込んで利用することで、効率よくポイントを貯めていくことができるのです。

ポイントを確実に年間1,000ポイント貯める

ポイントを年間に1,000ポイント貯めるというのは、VIASOカードを持つなら絶対にクリアしなければならない条件です。

それはポイントの有効期限が1年間であり、1,000ポイントが最低交換ポイント数だから。

VIASO eショップを隈なくチェックし、使い倒さなければなりません。うっかりVIASO eショップを経由しないでお買い物をしてしまうと、かなりの損です。

1,000ポイントを貯めて確実にキャッシュバックを受けるためにも、そこには十分気を付けてくださいね。

ウィーちゃんウィーちゃん

ポイントアップするお店を積極的に使っていくのがポイントなんだね!

博士博士

では、どんな人に向いているのか一緒にチェックじゃ。

VIASOカードを持つべき人はこういう人!

VIASOカードの特徴やメリット・デメリットが分かったところで、重要なのは自分に合っているかどうかです。

どんな優秀なカードでもその人に合っていなければ、意味がありません。自分がVIASOカード向きかどうか以下でチェックしていってくださいね。

ネットショッピングを1年に約67,000円使う

VIASO eショップでボーナスポイントが1%の場合、通常ポイントと合わせて還元率は合計1.5%。この例で計算してみると、年間に1,000ポイントを貯めるのには約67,000円のお買い物が必要です。

これを12ヶ月で割ると、月におよそ5,600円のお買い物をすればOKということになります。「1,000ポイントを貯めるのはすごく難しいかも…」と考えていた方も、VIASO eショップを活用すると、1ヶ月計算で約5,600円の利用で1,000ポイントまで貯めるハードルがかなり低くなりますよ!

ちなみに0.5%の還元率のポイントアップがないお店だけで利用すると、年間に1,000ポイントを貯めるためには20万円分買い物をしなければいけません。VIASOカードをメインにすれば達成できない数字ということではありませんが、もっと高還元のカードもあるのでオススメできません。

すでに高還元メインカードを持っている人

VIASOカードの通常のポイント還元率は0.5%。ネットショッピングではポイント倍率がもっと高くなりますが、どんなに利用しても固定費などの支払いではポイントアップがありません。

VIASOカードを有効利用するコツは、「住み分け」です。

つまり、通常ポイントが高還元のメインカードで固定費やメインの生活費を支払います。VIASOはネットショッピングで活躍させれば良いのですね。そうすることで、それぞれのカードをなるべく高い還元率で活用できるようになります。

ポイント交換をサクッと済ませたい現金主義の人

VIASOカードのポイントのシステムで優秀なのが、ポイント還元に手続きがいらないことです。そして、登録口座に自動でキャッシュバックされるシステムですからポイントを何に使おうかと迷うこともありません。

ネットショッピングを中心にVIASOカードを使っていれば、自然にポイントが貯まり、自動で還元されます。

お得が目に見えてわかりやすいVIASOカード。ポイント還元に手間をかけたくない、という方に特にオススメです。

VIASOカードのその他の情報を、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

VIASOカードのメリットとデメリットをご紹介してきましたが、総合的にみていかがでしたか?万能なカードというのは実はありそうでないもの。

VIASOカードは、ネットショッピングをよく利用する方にぴったりフィットするクレジットカードといえるでしょう。

例えば、「高還元のメインカードで固定費や生活費を支払い、VIASOカードはネットショッピング専用」というふうにそれぞれのクレジットカードの利用目的をはっきりさせることが実はとても重要です。

毎月ネットショッピングを利用している方なら、しっかりと毎年ポイント還元を受けるチャンスは十分にあります。

上手にカードを使い分けるのが、よりたくさんのポイントを還元させるコツですよ!