Tポイント 公共料金

ウィーちゃんウィーちゃん

電気代や水道代とかの公共料金って、結構お金がかかるよね。

博士博士

そうじゃな。

現金で支払うと割引はないし、何かしらのポイントも付かない場合が多いのう。

ウィーちゃんウィーちゃん

それこそ、お店の商品みたいにTポイントとか付けばたくさん貯まりそうなのにな~。

博士博士

実は、公共料金や税金の支払いでも、Tポイントをつける裏技があるんじゃよ。

Tポイントをザクザクと貯めていく公共料金・税金の支払い方法を解説していくぞ!

公共料金は生活をしていれば必ず発生する料金です。電気代やガス代などは毎月支払うものですし、税金に関しては1年に1回の支払いといえども1回に支払う金額が非常に大きいものです。

「1年間に支払う公共料金の合計金額って大きい…。何かお得になる方法はないの?」

そんなあなたに、公共料金の支払いでTポイントを貯める方法をご紹介します。今まで現金払いや口座振替をしていたのなら非常にもったいないことですので、ぜひ参考にしていただき、Tポイントでお得な生活を手に入れてください。

【Tポイント還元率No.1】

スポンサーリンク

公共料金の支払いでTポイントは通常貯まらない

Tポイントカード 公共料金

公共料金や税金の支払いは、通常の支払い方法だと口座振替や振込用紙を使って窓口やコンビニのレジなどで支払いをおこないますよね。しかし、この方法ですとTポイントなどのポイントが貯まることはもちろんありません。

たとえば、ファミリーマートで振込用紙を使って公共料金を支払うときに、レジの店員にTポイントカードの提示を求められることがあります。

「そのときにTポイントが付くのかな?」と思われがちですが、実はファミリーマートに来たという事実をカードに残すためにスキャンしているのであって、Tポイントを付けているわけではないのです。

ただし、公共料金の中でもダイレクトにTポイントが付く、また交換といった方法でTポイントが付く例外があります。

電力会社・ガス会社は例外がある

電力会社やガス会社では、独自の方法でTポイントを貯めたり使ったりすることができるところもあります。支払いの方法は従来のままであり、それぞれの電力会社やガス会社のサイトに自分のIDを使って登録することでTポイントを貯めたり使ったりすることができます。

Tポイントを貯めることができる、電力会社・ガス会社を以下にまとめました。

  • 東京電力およびTポイントが貯まる東京電力の代理店
  • 中部電力(カテエネポイントとTポイントの交換が可能)
  • 北陸電力
  • ENEOSでんき
  • ソフトバンクでんき
  • ナンワエナジー
  • エコアのeでんき
  • 西部ガス
  • 鈴与のでんき
  • 東京ガスの電気(独自のポイントとTポイントの交換が可能)
  • 東邦ガス(独自のポイントとTポイントの交換が可能)

 

たとえば、東京電力では、Webサービスである「くらしTEPCO」内にログインしてTポイントコースを選択すると、電気の使用料金やアンケートに応じたTポイントが貯まるといったサービスをおこなっています。

また、所定の手続きをおこなえば、電気料金の支払いにTポイントを使うことも可能です。(ただし、電気の自由化前の料金プランや解約事務手数料、延滞利息金などはTポイント対象外になってしまいます。)

しかし、公共料金は電気だけではありませんし、公共料金や税金は、毎月または毎年支払うものであり必ず発生するものです。1年間に支払った合計金額はかなりの額になるバズ。もし、Tポイントが公共料金や税金の支払いに対して還元されるとしたら、かなりのポイント数になると思いませんか?

実は、公共料金や税金でTポイントを貯める方法は、ちゃんとあるのです。では、その方法をご紹介していきましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

電気を使ってTポイントを貯めれるなら節約になるし、安心して電気を使うことができそう!

でも、Tポイントが付くのは電気だけなの?

博士博士

支払い方法によっては、他の公共料金にもTポイントが付くのじゃぞ!

それを詳しく解説していこうかの。

公共料金でTポイントを貯めるならクレジットカード払いを選択しよう!

Tポイント 公共料金

結論からいうと、公共料金の支払いでTポイントを貯めるなら、クレジットカードで支払いをするのが一番です。支払い対象が公共料金であっても、クレジット払いをすればクレジットポイントが付きますので、効率よくTポイントを貯めることができます。

もちろんクレジットカードで支払うメリットはこれだけではありません。クレジットカード払いだからこそできることがあるのです。

カードの支払い明細で公共料金を管理!

水道代や電気代などは、支払ったときに領収書が出ますし、口座引き落としなら使用料のお知らせなどに領収したことが書かれていたりします。それを公共料金ごとに1枚1枚管理するのは、非常に手間がかかり面倒ですよね。

しかし、クレジットカードで支払いをすると、その利用明細が自宅に届いたりインターネットで確認することができます。その明細を見れば、水道代・電気代・ガス代などの1か月の利用料がすべてわかるということです。

前月との比較もしやすくなりますので、使いすぎの防止にもなります。家計簿に何枚もの領収書をペタペタと貼りつける必要もなくなりますね。

支払日が月1回になる!

電気料金や水道代・ガス代などは、それぞれの会社によって支払日がバラバラになっています。口座振替をおこなっているなら、残高不足を防ぐためにその都度残高を確認しなければなりません。これは非常に手間がかかりますよね。

クレジットカード払いにすると、検針日や各会社の引き落とし日に関係なく、クレジットカード会社で決められた日に1回で引き落とされることになります。

ですので、残高確認はクレジットカードの引き落としの前日に1回で済んでしまうのです。これなら何度も銀行に行く手間も省けますし、払い忘れの防止にもなります。口座振替や払い込み用紙の支払いにはないメリットですね。

クレジットカード払いでTポイントを貯められる!

先にも記載した通り、公共料金をクレジットカード払いにすることでクレジットカードのポイントが貯まります。ここで重要なのは、クレジットカードは何を選ぶのかということです。

「Tポイントを貯めたい!」と思っているのであれば、もちろんTポイントが貯まるクレジットカードを選ばなくてはなりませんが、その種類はたくさんあり、クレジット機能付きTポイントカードは全31種類もあります。これでは非常に迷ってしまうところですよね。

クレジットカードを選ぶ際に重視していただきたいのは、Tポイントの還元率です。たとえば、Tポイントを貯めるのに有名なTSUTAYA発行のTカードプラスは、TSUTAYA以外でクレジット払いをするとポイント還元率が0.5%になってしまいます。

公共料金の支払いでTポイントが貯まるので、嬉しいことではありますが、それならTポイントが一番貯まりやすいクレジットカードを使った方がはるかにメリットは大きいです。

では、Tポイントが一番貯まるクレジットカードはどのカードなんでしょうか?それはYahoo!Japanカードです。

Yahoo!Japanカードはどこで何に支払っても還元率1.0%ですので、Tカードプラスの2倍のポイントが貯まることになるのです。

Tポイント 公共料金

では、実際にどのくらいお得度が変わってくるのかを、公共料金を現金・口座振替で支払った場合と、ポイント0.5%還元のクレジットカードで支払った場合、ポイント1.0%還元のクレジットカードで支払った場合で比較してみましょう。

たとえば、1か月に支払った公共料金(電気・ガス・携帯電話・インターネット等)の金額の合計が、40,000円だったとします。

【現金または口座振替】

  • 1か月:40,000円
  • 1年間:480,000円

【還元率0.5%のクレジットカード払い(例:Tカードプラス)】

  • 1か月:40,000円(Tポイント:200ポイント)
  • 1年間:480,000円(Tポイント:2,400ポイント)

【還元率1.0%のクレジットカード払い(Yahoo!Japanカード)】

  • 1か月:40,000円(Tポイント:400ポイント)
  • 1年間:480,000円(Tポイント:4,800ポイント)

 

上記を見てわかるとおり、クレジットカードで支払うことでTポイントがしっかりとついてきますし、還元率1.0%のYahoo!Japanカードで付くTポイントは、0.5%のクレジットカードに比べてかなり大きいポイント数ですよね。

Tポイントは1ポイント=1円として利用することができますので、ポイントが還元された分値引きされたものと同じ価値になるのです。現金払いでは公共料金の値引きはあり得ません。

しかも、最初の契約の時や契約内容の変更の時にクレジット払いに設定しておくと、自動的にクレジットカード払いがおこなわれますので、Tポイントも自動的に貯まっていきます。

ただし、毎月1回は、必ず口座の残高を確認してください。残高不足が続いたりすると、今後クレジットの更新ができなくなる可能性があります。

Tポイントの還元率を劇的に上げる方法を、Tポイントの還元率は低い!Tポイントの還元率を劇的上げる方法の記事で紹介しています。

更に今だと、Yahoo!JAPANカードを新規入会でもれなく8,000ポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

スポンサーリンク

これは今だけ行われているキャンペーンなので、Tポイントが日本一貯まるカードは必ずチェックしておきましょう。

※クレジットカード払いで注意しておきたいこと

クレジットカード払いで注意しておきたいことは、電気料金の支払いは口座振替の方が安いこともあるということです。

電気料金の口座振替の場合、口座振替割引サービスをおこなっているところが多く、毎月54円の値引きを受けることができます。

もし1か月の電気料金の支払いが5,400円以下だった場合、還元率1.0%のYahoo!Japanカードを使ったとしても54ポイントも付くことはありません。つまり、毎月5,400円以下の電気料金であるならば、口座振替の方が安くなるということになります。

もちろん、Yahoo!Japanカードで支払いをしてもTポイントは付きますし、全くの損ではないのですが、「安くなる」ということを考えると口座振替の方がいい場合があります。

1か月の電気料金がいくらなのか、利用している電力会社が口座振替割引サービスをおこなっているかを調べておくといいでしょう。

また、他の公共料金の会社でも、口座振替割引サービスを実施しているところもありますので、自分の支払先が割引をしているかどうかを確認してください。

このほか、カードの有効期限が切れたときやカードを再発行したときは、クレジットカードのカード番号が変わりますので、支払先に登録してあるカード情報を変更する必要があります。また、カードの解約をしたときは支払い方法の変更をしなければなりませんので、忘れないようにしておきましょう。

また、クレジットカードで決済をすることで決済手数料が発生する場合がありますので、お近くの水道局や電力会社など公共料金の支払先に問い合わせてみてください。

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードで決済するとTポイントが付いてお得だねっ!

博士博士

そうじゃな!しかしデメリットもあるから注意しておかねばならないのぅ。

さて、次は税金について解説していくぞ。

税金はYahoo!公金支払いでTポイントが貯まる・使える!

Tポイント 公共料金

ポイント獲得とは無関係な税金の支払いでも、Yahoo!公金支払いを利用することでTポイントを貯めたり使ったりすることができます。とはいえ、そのシステムを良く知らないという人も多いと思いますので、Yahoo!公金支払いとはどういったものなのかをご説明していきますね。

税金をインターネットで支払いできる

Yahoo!公金支払いとは、インターネットを使って住民税などの税金類、水道料金などの公共料金をクレジットで決済するシステムです。

インターネットに接続できる環境であればどこでも操作できますし、24時間対応していますので、自分の空いている時間に操作して支払いができます。

Yahoo!公金支払いで支払える税金や公共料金には、どんなものがあるのかを以下にまとめました。

  • 自動車税
  • 固定資産税
  • 住民税
  • 国民健康保険
  • 介護保険料
  • 後期高齢者医療保険
  • ふるさと納税
  • 水道料金
  • NHK放送受信料
  • ガス料金
  • 保育園料金 など

 

毎月必ず発生する支払から、年に一度支払うものまで様々な支払いにYahoo!公金支払いは対応しています。中でも、国民健康保険やふるさと納税までもがYahoo!公金支払いで支払えるというのが驚きですよね。

ではここで、Yahoo!公金支払いのメリットについてまとめてみましょう。

24時間支払いに対応

先の章でもお伝えした通り、24時間いつでも支払いが可能であることです。忙しい現代において、税金の支払いにレジや窓口で並んで支払いをする、という時間がない人もいますよね。

しかも、コンビニだと支払いだけにレジに行くのは気が引ける…という理由で、余分に飲み物や飴などを一緒に購入してしまうという人もいるのではないでしょうか。必要のないものまで購入してしまうのはもったいないですよね。

その点、Yahoo!公金支払いなら窓口やコンビニのレジなどに行かなくても、インターネットに接続できる環境であればどこでも支払いが可能ですので、気を使わずに自分の都合の良い時間で支払いができます。

クレジットカード払いでポイント獲得

Yahoo!公金支払いはクレジットカードで支払いをしますので、各クレジットカードに設定されている還元率でポイントが付きます。現金や銀行口座からの引き落としではポイント還元がありませんよね。

たとえば、ふるさと納税に100.000円支払ったものとしましょう。

現金払いだとそのままの金額を支払うので、当然100,000円を支払うことになります。クレジットカードで支払いをすると、ポイント還元率が0.5%の場合は500ポイントが付きますので、実質99,500円の支払いということになります。

これが1.0%のポイント還元率であるクレジットカードなら1,000ポイントが付くので、実質99,000円の支払いで済むことになります。考え方によっては、ふるさと納税が値引きされているとも言えます。これは現金払いではありえないことですよね。

特に自動車税やふるさと納税は高額になるため、還元されるポイントも大きくなります。税金の支払いがちょっと楽しくなると思いませんか?

しかも、今だけのキャンペーンで、Yahoo!JAPANカードに入会すれば8,000ポイントがもれなくもらえます。

年会費が永年無料のカードでこれだけのキャンペーンをしているのは滅多にない事なので、固定費の支払いをYahoo!JAPANカードで行う機会にしましょう。

税金・公共料金が分割で支払える

クレジットカードの種類によっては、一回払い・リボ払い・分割払いなど、支払い方法が選べるものがあります。Yahoo!公金支払いでももちろんそれぞれの支払い方法に対応していますので、税金や公共料金の分割払いといった方法もできるのです。

特に高額になりやすい固定資産税や自動車税などは、一回で支払いをすると家計に大きく影響しますよね。

そこでリボ払いや分割払いを選択すれば、無理なく支払いができるようになります。これは家計を預かる主婦にとっては、非常にありがたいシステムですよね。

貯まったTポイントで支払いができる

通常の場合、税金や公共料金の支払いは現金、またはクレジット払いということになります。ところが、Yahoo!公金支払いでは貯まったTポイントで税金や公共料金の支払いの一部、または全額が支払えるのです。

ポイントで税金が支払えるなんて、今まで聞いたこともなかったですよね。それができてしまうのがYahoo!公金支払いです。

ふるさと納税もTポイントで支払うことができますので、Tポイントでふるさと納税を支払い、お礼の品を頂き、支払った分のTポイントが付いて、確定申告で税金の控除が受けられる。これはお得のループですね。

また、これからTポイントを貯める事のできるカードを作りたいという人は、Yahoo!Japanカードを利用してみてください。Yahoo!Japanカード1枚でTポイントをガッツリと貯めることができますし、Tポイント加盟店でなくともクレジットポイント還元率が1.0%と高いので、マルチで利用できて使い勝手が非常にいいのでオススメです。

ウィーちゃんウィーちゃん

Tポイントが貯まるだけじゃなく、支払いもできるなんてびっくりだよね!

しかもYahoo!Japanカードならオールマイティに使えるね!

Yahoo!公金支払いのデメリット

メリットを見ていると、さっそくYahoo!公金支払いに登録をしよう!と思いますが、メリットがある以上デメリットももちろん存在しますので、デメリットもきちんと押さえたうえでYahoo!公金支払いを利用するかどうかを検討しましょう。

決済手数料がかかるものがある

税金や公共料金の中には、クレジット決済するときに決済手数料がかかるものがあります。手数料の金額は、自治体や公共料金の種類で変わってきます。

たとえば、自動車税なら全国一律で324円の手数料が発生しますし、自治体によって国民健康保険の手数料が50円から200円前後かかることもあります。

支払う金額により手数料が上がる場合もありますので、決済手数料がいくらになるのかを事前に調べておく必要があります。詳しくは、Yahoo!公金支払いの各種料金の詳細ページで調べることができます。

  1. Yahoo!公金支払い
  2. 税目・料金名を選択
  3. 住んでいる自治体を選択

 

上記の手順で、決済手数料の金額を確認できます。

領収書や納税証明書が出ない場合がある

通常の現金払いだと、納めた公共料金や税金に対して領収書・納税証明書等が発行されますよね。しかし、Yahoo!公金支払いだと領収書や納税証明書が出ないことがあります。

自動車税の場合、納税したという証明書が必ず必要になりますので自治体から送られてきますが、手元に届くまで3週間から1か月半ほどかかってしまいます。この間に車検を受ける場合、納税証明書がなくては手続きもできませんので、早めに納税証明書が欲しいときは注意しなければなりません。

ふるさと納税に関しては確定申告の時に控除することができますので、確定申告用に領収書が発行されます。発行された領収書は、確定申告の時期まで大切に保管しておきましょう。

もし失くしてしまった場合や捨ててしまったときは、納税先に電話をして再発行してもらってください。ただし、再発行には時間がかかりますので、確定申告直前に慌ててしまわないようにしましょう。

すべての自治体・公共料金が対応できるわけではない

Yahoo!公金支払いで税金や公共料金が支払えるといっても、すべての自治体や公共料金に対応しているわけではありません。たとえば、自動車税なら、北海道・静岡県・福岡県などが対応していますが、東京都・三重県・愛媛県などは対応していません。

また、国民健康保険も愛知県は対応していますが、愛知県の中でも名古屋市・刈谷市などが対応していないなど、自治体によってYahoo!公金支払いで支払えるかどうかが変わってきます。

自分の住んでいる自治体のどの項目がYahoo!公金支払いで支払えるかどうかを調べるには、Yahoo!公金支払いの公式サイトの中の『税金・料金を地域から探す』のところに地域名を入力すると出てきます。

Tポイントは元々の還元率が決して高くはないので、Tポイントカードも含め、クレジット払いでも持つカードによって得られるTポイントは大きく変わってきます。Tポイントが貯まるおすすめのTカードについて詳しく、Tポイントカードはどこで作るのが一番お得?作り方も合わせて解説の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

公共料金や税金は、現金や口座振替で支払うよりもクレジットカードで支払った方が、Tポイントが加算されてお得になることがわかりました。

特にふるさと納税は、Tポイントで支払って特産品を頂き、Tポイントが貯まる上税金の控除が受けられると、いい事尽くめですよね。

しかし、中にはクレジットカードで支払うよりも口座振替の方がお得になる場合がありますので、どちらが自分に合っているかを計算して判断する必要があります。

また、Yahoo!公金支払いを利用することにより、税金や国民健康保険、公共料金といったものが支払えますし、Tポイントを貯めるだけでなく使うこともできますので、この上なくお得になりますよね。

先程もお伝えした通り、今Yahoo!JAPANカードに入会すると、最短2分で5,000ポイント、カードが届いてから利用するだけで3,000ポイントの計8,000ポイントがもらえます。

このキャンペーンは今だけのキャンペーンなので、今まで見逃していたもらえるハズのTポイントをザクザク貯めるチャンスを今回こそは逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク