白猫が博士に 「今まで一度も借金をしたことがなければ、信用って高いよね?」 と聞いているシーン

ウィーちゃんウィーちゃん

今まで借金を一度もしたことがなければ、どんなクレジットカードの審査も通りやすいよね?

博士博士

過去に借金がないことがすべてにおいてプラスに働くわけじゃないんじゃよ。

そういった人をスーパーホワイトと呼ぶが、実は大きなデメリットが隠されているのじゃ。

突然ですが、あなたは現金主義ですか?それともクレジットカードなどを積極的に使うキャッシュレスタイプですか?

実は、クレジットカードも使わなければ、ローンや分割払いも使わないという完全なる現金主義の人の場合、一定の年齢になるとクレジットカードの審査に不利になってしまうことがあるのです。

こういうタイプの方をよく『スーパーホワイト』と呼びます。

もしかして私はスーパーホワイトかもしれない!」と思ったら、ぜひ最後まで読んであなたがスーパーホワイトに該当するかチェックしてみてくださいね。スーパーホワイトの方がこれからすべきことも合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

信用情報におけるスーパーホワイトとは?

クレジットヒストリー スーパーホワイト

ウィーちゃんウィーちゃん

博士の言ってるスーパーホワイトって何のこと?

信用情報とは、簡単に説明するとクレジットカードやローンなどの申し込みや契約、支払い状況などの情報のことです。信用情報の話題でスーパーホワイトというと、この信用情報に何の記録もない人のことを指します。

別に記録がなくても問題ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、場合によってはこれからのクレジットカードやローンの審査に悪影響があったりとなかなか大きな問題なのです。

ここからは、スーパーホワイトの言葉の意味や、クレジットカードやローンを語る上では欠かせない『信用情報』などを掘り下げていきたいと思います。

信用情報の用語解説

まずよりスムーズに読み進めていただくために、クレジットカードやローンの話題でよく使われる用語をまとめて解説します。用語はもう分かっている、という方は次の項目に進んでくださいね。

  • 信用情報(クレジットヒストリー=クレヒス)
    →クレジットカード・ローン・分割払いの申し込み・契約・入金状況などの情報
  • 信用情報機関
    →金融機関が加盟している信用情報を共有する機関
  • 信用情報機関にはCIC・JICC・KSC・JBAなどがある
  • 信用情報機関同士で情報を共有するシステムがある

 

信用情報はクレヒスとも呼び、クレジットカードやローンの審査などの際に利用されます。客観的に『その人が支払い能力があるかどうか』ということを採点するために利用するのです。内容としては、クレジットカードなどの申し込み・契約・入金などの利用状況があります。

クレヒスについては『クレジットヒストリーって何?クレヒスの作り方とかかる期間』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

信用情報機関の代表的なものは下記の通りです。

 

信用情報機関に加盟する金融機関は、信用情報機関に情報を提供したり、クレジットカードなどの審査の際に資料として利用することが可能です。

信用情報機関同士で情報を共有するシステムもあります。CRIN(クリン)やFINE(ファイン)と呼ばれるもので、お金を借りすぎてしまう多重債務などの問題が起こらないように情報を共有しています。

スーパーホワイトはカードやローンの契約の情報や支払い履歴が全くない人

博士が白猫に 「スーパーホワイトとは今まで一度も借金や分割払いを利用したことがない人の事を言うんじゃよ。」 と言っているシーン

クレジットカードやローンの審査の話題でスーパーホワイトという表現を使う場合、クレジットカードやローン、分割払いなどの一括現金払い以外の支払方法を使ってこなかった人を指します。

ウィーちゃんウィーちゃん

借金もなく、ずっと現金で支払ってきた人をスーパーホワイトと言うんだ。

クレジットカードやローン、分割払いを契約する時に規約や約款といった書類に目を通すことになりますね。その書類にも記載があるはずなのですが、『私の信用情報を信用情報機関に登録して大丈夫です』と約束してこれらの契約を締結しているのです。

つまり、クレジットカードやローン、分割払いの契約がある人なら信用情報が信用情報機関に登録されています。

信用情報には契約情報や支払い状況が記載されている

信用情報機関に記載されている信用情報には、大きく分けると3つの種類の情報が記載されています。

  • 申し込みに関する情報
    →6ヶ月間保管
  • 契約・入金状況に関する情報
    →終了後5年間保管
  • クレジットカード会社などが利用した記録
    →6ヶ月間保管

 

主にクレジットカード会社が加盟するCICを例に解説します。信用情報はそれぞれ保管される期間が決まっています。

申し込みに関する情報は、6ヶ月保管され、契約や支払いの状況は契約終了後5年以内、クレジットカード会社などが信用情報を利用した記録も6ヶ月間それぞれ記録されています。

所定の期間が過ぎると、この記載されている信用情報は抹消されるのです。

  • 信用情報は種類によってストックされる期間が決まっている
  • 所定の期間が過ぎると情報は消される

 

反対に、まったくクレジットカードやローン・分割払いに申し込みもせず、したがって契約もしていない状態の人の場合には信用情報を見ても何も載っていません。

現金主義のスーパーホワイトがあだになることも!

先程も記載の通り、信用情報に全く申し込みも契約も何もないという人のことを一般的に『スーパーホワイト』と呼びます。

一般の目線で見ると「現金払いしかしないタイプなのかな?」と思うでしょう。しかし、クレジットカード会社目線で判断すると少し見方が違うのです。

ウィーちゃんウィーちゃん

少し違う見方…?

クレジットカード会社の側からすると、まったくクレジットカードやローンなどの契約や利用の履歴がないという人は『何らかの理由でカードが持てない・ローンが組めない人である可能性が高い』という判断をされます。

スーパーホワイトの状態の解釈には二つの解釈があります。

  • 完全な現金主義でクレジットカードやローンを利用していない
  • 何らかの理由でクレジットカードやローンが利用できないので履歴がない

 

しかし、書類上はこれらを見分けることができません。つまり、グレーな状態ということになります。

博士博士

信用情報機関に記載されている情報だけでは、その人が過去に一切借金をしたことがないのか、それとも過去にお金のトラブルがあって契約できないだけなのかの見分けがつかない場合があるんじゃよ。

黒か白か判断できないグレーの状態の場合、クレジットカード会社は黒だと判断する場合が多いです。利用代金を回収できない・踏み倒されてしまうリスクを回避するために黒であると判断するわけですね。

スーパーホワイトだとローンやクレジットカードに通らない理由

博士が白猫に 「スーパーホワイトだと、一定の年齢になるとクレジットカードやローンの審査に通らない可能性が高くなるんじゃよ。」 と言っているシーン

スーパーホワイトの人は、延滞の履歴などもない代わりに契約・支払いなどのすべての記録がない状態です。一般的に、30代以降など一定の年齢になるとスーパーホワイトの状態の場合、クレジットカードやローンの審査に通りにくくなっています。

スポンサーリンク

ここからは、スーパーホワイトの人が審査に通りにくい理由をより詳しく解説していきます。

お金のトラブルがあった人だと見なされてしまうから

スーパーホワイトの人は、信用情報機関に何の情報もない真っ白な状態でしたね。もし、『現金しか使ってこなかっただけ』であっても客観的には証明のしようがありません。

現金主義のほかにもう一つ、信用情報が全くないというパターンがあります。それはお金のトラブルを過去に抱えていた人です。お金のトラブルがあった人がクレジットカードをなかなか持てないというような話を聞いたことがありませんか?

現金主義でもお金のトラブルが原因で信用情報がない』という全く違う状態でも、記録上は同じになってしまうので、スーパーホワイトの人はローンやクレジットカードの審査に通りにくくなっているのです。

一定の年齢でクレジットやローンの履歴がないのは不自然

今やクレジットカードを日常的に使うことは珍しいことではありません。また、30代以上などの一定の年齢になると車などの大きな買い物でローンを組むこともあるだろうと予想されます。

もっと身近な例では、携帯電話の本体代金の分割払いがあります。『本体代金実質0円』などと表現されているため、毎月分割払いをしているという自覚は少ないかもしれませんね。でも、割引などで『実質0円』になっているだけで実際には分割払いをしています。

つまり、携帯電話を契約しているかなり多くの人に分割払いの記録があるということです。

ウィーちゃんウィーちゃん

携帯電話の分割も一切なく、何の情報も残っていないのは不自然だって受け取られてしまうんだね。

しかし、スーパーホワイトの場合にはクレジット・ローン・携帯電話本体の分割払いなどの記録が全くない状態です。カード会社は審査の際に記録が全くない状態を良い方には受け取りません。カードが持てない・ローンが組めない事情があるという風に判断されるのです。

強制解約などのトラブルのあった人と見分けがつかない

クレジットカードを使っていて延滞を繰り返した場合などに、『強制解約』という措置をされる場合があります。

強制解約のようなトラブルは、信用情報の中でも『異動情報』として記録されるのです。異動情報に登録されるケースは次のようなものがあります。

  • クレジットカード・借金などを61日or3ヶ月延滞した場合
  • 代位弁済
    →カードローンなどが支払いできずに保証会社が立て替えた場合
  • 延滞によるカードのクレジットカードの強制解約
  • 債務整理をした場合

 

上記のような異動情報がある場合には、審査に申し込んでも落ちてしまう為、どこのクレジットカードも作れませんし、ローンも組めません。

異動情報もCICの場合には、延滞が解消してから5年間は記録が残っている為、CICに加盟する金融機関ではカードを作ったりローンを組んだりができなくなるのです。

そうなると、異動情報によってクレジットカードやローンを組めなくなった人の信用情報は真っ白の状態になりますね。クレジットカードを作れないので、契約の情報も利用記録も全くないわけです。

現金主義の人も、クレジットカードやローン・分割払いの履歴が全くないので、上記のようなお金のトラブルを抱えていた人と見分けがつかなくなってしまいます。

学生や若い人の場合はスーパーホワイトでも問題なし

ウィーちゃんウィーちゃん

じゃあ若い人で初めてクレジットカードやローンを利用する場合も同じじゃないの?

博士博士

いや、決してそうではないんじゃよ。学生や新社会人など、20代であればスーパーホワイトでもプラスに判断される可能性が高いのじゃ。

ここまで信用情報が全く無い『スーパーホワイトの人は審査に通りにくい』というお話をしてきましたが、例外もあります。それは20歳前後の方、学生の方など若い人の場合です。

クレジットカードやローンを利用したことがなくても不思議ではない年齢』だというのがその理由になります。高校卒業後すぐに就職した人や大学生になりたての18歳などがクレジットカードを持っていなくても不自然さはありませんよね。

若いうちが最初のカードを作るチャンス

18歳以上~20代前半の社会人や専門学生・大学生などは人生で初めてのクレジットカードを作るのに適した時期です。

  • クレヒスがなくても不自然だと受け取られない
  • クレカの支払いの遅れなどのネガティブな情報がまだない

 

初めてのクレジットカードでは限度額はどうしても低めに設定されてしまいがちですが、審査のハードルとしては決して高くありません。

若いうちに限度額が低くてもよいのでクレジットカードを保有して、毎月少しずつでも利用するのがオススメです。早めにクレヒスを作っておいたことが、将来よりランクの高いカードの審査を受けるときや家・車などのローンを組む際にも確実に役立ちます。

スーパーホワイトの人が信用情報を積み上げる方法

博士が白猫に 「スーパーホワイトでも諦めるのはまだ早いぞ!ちゃんと信用を積み上げる方法もあるんじゃよ。」 と言っているシーン

そんな理不尽な!延滞なんて無縁の生活をしていたのに!

そう思われるのも無理はありません。でも、システム的に仕方がないことなので、現金主義のスーパーホワイトのあなたでも今すぐできそうな方法を考えていきましょう。一般的にオススメなのが以下の2つの方法です。

  • 携帯電話・通販商品の分割払い
  • 作りやすいといわれるクレジットカード作成

 

それぞれについて解説していきます。

携帯電話や通販商品の分割払いをする

スーパーホワイトの方でも一番簡単に信用情報を積み上げやすいのが、『分割払い』です。携帯電話の端末の代金や、テレビショッピングの分割払いなどが該当します。

どうしてクレジットカードやカードローンなどに比べてスーパーホワイトでも審査に通りやすいのかというと、商品が担保の役割をしてくれているからです。

30代以上ではじめて現金一括払いだけでなくクレジットカードに挑戦したいと思ったら、携帯電話の分割払いや通販商品の分割払いでワンクッション入れて良好な状態の信用情報を作っていきましょう!

作りやすい部類のクレジットカードに挑戦する

できれば、携帯電話や商品代金の分割払いを挟んだ方が確実にはなりますが『比較的作りやすい部類のクレジットカード』に申し込んでみるというのも一つの方法です。

クレジットカードは種類によって審査難易度が違う

クレジットカードは発行元によって審査の難易度に差があります。上から審査難易度の順番にカードの種類を並べていきます。

  • 銀行系クレジットカード
  • 信販系クレジットカード
    →クレジットカード専門の会社が発行
  • 流通系クレジットカード
    →スーパーやコンビニ系の会社が発行
  • 消費者金融系クレジットカード
    →消費者金融会社が発行

 

スーパーホワイトの方がはじめて挑戦するなら、流通系クレジットカードか消費者金融系クレジットカードが審査難易度の面でオススメです。

流通系クレジットカードは、対応する加盟店などでの還元率が高くユーザーの囲い込みを目的としている傾向にあります。つまり、クレジットカードなどの還元率を目当てにたくさんのお客さんに集まってほしいという思いで作られているのですね。

また、消費者金融系クレジットカードは他のクレジットカード審査と着眼点が違うといわれています。

他のクレジットカード審査の際には信用情報が最重要視されますが、消費者金融系クレジットカードの場合には『現在の安定した収入』などが優先される場合があります。つまり、今までカードを持たなかっただけで生活が安定している人には、決して高いハードルではありません。

スーパーホワイトの方が最初に申し込むべきカードは、流通系クレジットカードもしくは消費者金融系クレジットカードです。

もし落ちてしまったら半年は期間を空けて再挑戦

クレジットカード審査に申し込む前から審査に落ちてしまった後のことを考えるのは憂うつですが、さらに失敗を重ねないためにも知っておきたい情報をご紹介します。

  • 審査に落ちたら次の申し込みまでは6ヶ月空ける
  • 6ヶ月の間は他のカードにも申し込まない

 

上記の理由は、信用情報機関には申し込みに関する情報が6ヶ月間保管されるからです。

博士博士

申込み情報も記録として残ってしまう以上、一度審査に落ちた場合は最低でも半年以上は空けて申込むべきじゃよ。

申し込みがあったものの、契約情報がないということは『審査に落ちた』という風に簡単に推測されてしまいます。あなたがカードを発行する立場だったら、他社の審査に落ちた人を簡単には信用できないですよね。

もし、クレジットカード審査に申し込んだものの審査に通過しなかった場合は即座に他のカードに申し込みをすることは避けて6ヶ月間は期間を空けましょう。

クレジットカードの審査基準については『クレジットカードの審査基準を徹底解説!審査する前に知っておきたい情報が満載!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

まとめ

分割払い・クレジットカード・ローンなどの経験のまったくない現金主義のスーパーホワイトの場合、一見理不尽にも感じますがクレジットカードなどの審査に通りにくいことがよくあります。

お金のトラブルがあったケースと見分けがつかないため、これから新たに信用情報を着実に積み上げていくことがもっとも重要です。

着実に信用情報を積み上げていくには、いきなり本命のカードに申し込むのではなく分割払いや比較的作りやすいといわれているクレジットカードからステップアップしていきましょう。

無事にスーパーホワイトを脱却すれば、ますます便利・お得に生活を送れるようになります。

スポンサーリンク