ウィーちゃんウィーちゃん

Suicaの残高がどのくらい残っているのか確認する方法ってないのかニャ?

博士博士

もちろん残高を確認する方法はたくさんあるぞ!

しかし、毎回確認していては不便とは思わんかい?Suicaの残高不足を防ぐ方法や残高を確認する方法について教えよう!

Suicaを使って改札をくぐろうとしたとき、ピーとなって扉が閉まったらものすごく焦りますよね。

「Suicaの残高が足りなかったんた!」

と気づいたときには、時すでに遅し。後ろが詰まってしまいます。Suicaの残高はカードを見ただけではわかりませんので、残高の確認ができるところでチェックをしなければいけません。

そこで残高不足を防ぐためにSuicaの残高を確認する方法を紹介していきます。また、簡単に残高不足を解消する方法も一緒にご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

Suicaの残高を確認する方法

Suicaの残高が少なくて改札で止まってしまうと、混雑しているときなどは後者に迷惑をかけてしまうこともあります。そうならないために、Suicaのチャージ残高をチェックするには、どこでどのようにすればいいのかを解説していきます。

自動券売機・多機能券売機で確認する

JR東日本の駅、Suicaエリア内にある自動券売機や多機能券売機でSuicaのチャージ残高を確認することができます。その手順は以下のようになっています。


  1. 自動券売機・多機能券売機にSuicaを挿入しましょう。
  2. 自動券売機および多機能券売機の画面にSuicaにチャージした金額の残高が表示されます。
  3. 残高が確認できたらとりけしボタンを押します。操作をキャンセルするとSuicaが排出されますので、受け取ったら終了です。

 

この方法ですとお金を使わなくても簡単に残高が確認できます。なお、のりこし精算機・指定席券売機では残高の確認はできません。

自動改札機で確認する

JR東日本など列車の駅の改札で残高を確認することができます。Suicaを自動改札機にかざすと数秒間液晶画面にチャージの残高が表示されます。改札を通るたびに残高確認ができますので、液晶画面を見る癖をつけておくといいかもしれませんね。

ただ、改札が混雑しているときですと、自分の前を通った人の残高がそのまま表示されていて勘違いしてしまうこともありますので、混雑しているときは注意しておきましょう。

コンビニで確認する

コンビニエンスストアでSuicaのチャージ残高を確認することができます。商品をSuicaの電子マネーで支払えば、レシートにチャージ残高が印刷されます。

コンビニのレジで「残高を確認したい」とお願いしても確認してくれますが、残高のみをレシートで出すことはできませんので、紙に残したいときは商品を購入しなければいけません。Suicaの取り扱いをしているコンビニは、以下の通りです。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルK・サンクス
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • デイリー ヤマザキ など

 

自動販売機で確認する

JR東日本の駅構内に設置してあるSuica対応の自動販売機でもチャージ残高の確認ができます。しかも、無理にジュースやコーヒーを購入しなくても、ドリンクボタンを押さずにカードリーダーの部分にSuicaをかざせば残高を表示してくれます。

もちろん飲み物を購入してもOKです。Suica対応の自動販売機は、JR東日本系の機械だけでなく、コカコーラの自動販売機でもSuicaに対応しているものがあるのです。もし見かけることがあったら試してみるのもいいでしょう。

パソコンで残高を確認する

パソコンを使用すれば、JR東日本Suicaインターネットサービスで自宅や勤務先でも残高を確認することができます。パソコン周辺機器であるICカードリーダパソリがあるとSuicaにクレジットチャージすることもできますよ。

電子マネービューアーで確認する

パソコンを使ってインターネットにつながなくても、自宅や出先で簡単にチャージ残高を確認する方法があるのです。それが電子マネービューアーです。

万歩計が内蔵されているものやカード型のものがあり、Suicaのみでなく電子マネーならば残高チェックができますので、非常に便利です。ネットショップなどで3,000円前後で購入することができますよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

Suicaの残高を確認する方法はたくさんあるんだね!

でも、残高を気にしてばっかりだと少し面倒かも…

博士博士

そんな時はオートチャージを設定するのが便利じゃよ!

Suicaにはたくさんの種類があります。それぞれの購入場所や、Suicaにチャージできる場所について更に以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

Suicaの残高不足を防ぐならオートチャージがおすすめ!

残高不足を解消するには、残高を常にチェックしておく事と、こまめにチャージすることです。

しかし、現金チャージは普段持ち歩くお金以外にチャージ用にお金を準備しなくてはいけないし、クレジットチャージはわざわざ駅に行って端末で操作するか、パソリを購入してパソコンで操作するしかないので非常に面倒になります。

そんなときは、一回ずつのチャージ操作が不要のオートチャージが便利ですよ。

オートチャージとは

Suicaの残高が設定しておいた金額よりも下回ったときに、JR東日本の駅の改札にSuicaをかざして通ると、登録しておいたクレジットカードから自動でチャージしてくれるという大変優れた機能です。ですので、改札で残高不足で止められてしまう心配がありません。

スポンサーリンク

オートチャージに対応しているエリアは以下の通りです。

  • 首都圏エリア
  • 仙台エリア
  • 新潟エリア
  • 首都圏の私鉄
  • 地下鉄のPASMOエリア

 

では、どういったクレジットカードが登録できるのかというと、JR東日本発行のビューSuicaカードのシリーズになります。その中でも、もっともオススメしたいカードがビックカメラSuicaカードです。

どういった機能やサービスがあるのかを、詳しく解説していきますね。

ビックカメラSuicaカードの保有メリットがスゴイ!

ビックカメラSuicaカードは、Suica電子マネー機能・ビックカメラのポイントカード機能・クレジット機能を兼ね備えた多機能型クレジットカードです。チャージの方法は現金はもちろん、クレジットチャージ、オートチャージも可能ですので残高不足で困る心配がありません。

しかし、ビックカメラSuicaカードの凄いメリットはこれだけではないのです。

ポイント二重取りが簡単にできる!

ビックカメラSuicaカードを利用してお買い物をすると、付いてくるポイントは自動的に二重取りになるのです。どういうことかというと、ビックカメラSuicaカードに付くポイントは、ビューサンクスポイントとビックカメラポイントの2種類です。

通常のお買い物をしたときに、1,000円につきビューサンクスポイントは2ポイント=5円相当、ビックポイントは5ポイント=5円相当が付いてきます。(還元率は常に1%)

普通のカードでポイントの二重取りをしようと思うと、裏ワザを使ったり、カードを2枚用意したりと結構面倒な作業が必要ですが、ビックカメラSuicaカードはそういった手間も知識もいりません。

また、ビューSuicaカードのポイント還元率が0.5%(1,000円につき5円相当)なのに対して、ビックカメラSuicaカードは1,000円につき10円相当が還元されますので、実質1.0%の還元率になります。

ビックカメラSuicaカードの還元率や審査については、更に以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

ビックカメラでポイント還元率10%!

ビックカメラやコジマでお買い物をすると、商品の金額に対して10%のポイントが還元されます。(基本は10%還元で、商品により還元率が変わります。)

ただ、通常10%還元されるのは現金払いの時だけとなっていて、クレジット払いをすると8%に還元率が下がるのですが、ビックカメラSuicaカードで支払った場合、現金と同じ10%のポイントが付くのです。

オートチャージ設定をしておくとポイント3倍!

ビックカメラSuicaカードからSuicaへオートチャージの設定をしておくと、還元されるビューサンクスポイントが1.5%、つまり3倍になるのです。3倍ということは、チャージで還元されるポイントは、1,000円につき6ポイント(15円相当)ということになります。

どこでお買い物をしてもビューサンクスポイントの還元率が1.5%…ということは、ビックカメラでお買い物をしてビックカメラSuicaカードで支払いをすると、11.5%の還元率になるのです。

この数字は、どのクレジットカードでも獲得することのできないポイント還元率です。Suicaポイントの貯め方については、Suicaポイントの圧倒的な貯め方を解説!還元率や貯まるお店も紹介!の記事でも詳しく解説しています。

ビックポイントとビューサンクスポイントは電子マネーに交換できる!

貯まったビックポイントとビューサンクスポイントは、お互いに交換することができますので、使いたいポイントに交換をして使用することができます。

しかも、ビックポイントとビューサンクスポイントをSuicaポイントに交換して、電子マネーとしてチャージすることが可能なのです。ガッツリと貯めてきた2つのポイントを電子マネーとしてまた使うことができるのは、この上なくお得ですね。

年会費は実質無料!

ビックカメラSuicaポイントの年会費は、初年度は無料ですが2年目以降は477円が必要になります。

「年会費は無料じゃないの?」

という声が聞こえてきそうですが、ここからが肝心。1年間のうちに例え少額の1回でもビックカメラSuicaカードを使っていれば、2年目以降も無料になります。

つまり、オートチャージ設定をしておいて1年間に1回でも自動でチャージされれば、翌年の年会費が0円ということですね。そんなビックカメラSuicaカードは10月31日までに申込んだ方限定で、6,000ポイントがもらえるキャンペーンを行っているようです。

便利でSuicaを利用するならお得なビックカメラSuicaカードを持つのはとてもおすすめですが、申込むならこういったキャンペーン時を逃したくはないですよね。

まとめ

Suicaの残高の確認方法を解説してきましたがいかがでしたか?残高の確認方法はいくつかありますが、わざわざ駅まで行ったりパソコンを使わなくてはならなかったり手間がかかりますね。

オートチャージにしておけば残高の心配は無用になりますし、ビックカメラSuicaカードを使えばどのクレジットカードよりもお得になります。

これからSuicaカードとクレジットカードを持ちたいと考えている人は、ビックカメラSuicaカード1枚で全て満たされるのでおすすめですよ。

スポンサーリンク