ウィーちゃんウィーちゃん

Suicaの残高がもう無いんだけど、チャージはどこでできるんだろう?

博士博士

オートチャージの設定はしておらんのかい?

Suicaのチャージを現金で行う場合と、クレジットカードからチャージする場合の方法について詳しく教えよう!

Suicaの電子マネー機能を使うと、おサイフからいちいち小銭を出したり券売機の前で並ばなくてもいいので本当に楽ですよね。

でも、残高が少なくなった時にどこでチャージしたらいいのかな。駅だとできない?」

そこでSuicaにチャージすることができる場所をまとめました。

「クレジットカードでチャージしたいときはどうするの?」

といった疑問にもお応えすべく、クレジットチャージの方法も合わせてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

Suicaへチャージできる場所

Suicaの残高が少なくなってきたらチャージ(入金)をしなくてはいけません。JR東日本の駅で残高不足に気付いたとき、お買い物先で残高不足だったときにどこでどのようにチャージすることができるのかを、現金チャージとクレジットチャージに分けて解説していきますね。

現金チャージできる場所

Suicaに現金チャージできる場所は、良く知られるように駅にある券売機だけではなく、Suica加盟店のレジでも現金チャージができます。現金チャージできる場所をわかりやすく以下にまとめました。

  • 自動券売機
  • 多機能券売機
  • のりこし精算機
  • ATMビューアルッテ
  • 簡易チャージ機(一部の駅にあり)
  • 全国相互利用対象 交通系ICカードエリアの券売機など
  • NEWDAYS(駅のコンビニ)
  • サークルK・サンクス
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • イオン系列店

※一部Suicaへの現金チャージができない店舗もあります

 

では、次にどういった方法で現金チャージをおこなうのかを、解説していきますね。

自動券売機・多機能券売機・のりこし精算機で現金チャージ

JR東日本の駅構内にある「Suica」のマークがある自動券売機・多機能券売機・のりこし精算機で現金チャージすることができます。チャージできる金額は、

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 4,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

 

から選ぶことになります。Suicaにはチャージできる上限が決まっていて最高20,000円となっていますので、Suicaにあらかじめ残っている金額とチャージしたい金額の合計が20,000円までになるように計算して、チャージしてくださいね。

コンビニなどのお店で現金チャージ

コンビニなどのお店で現金チャージをしたい場合、レジの店員さんに

Suicaに現金チャージをしたい」

と告げると現金チャージの操作をしてくれます。カードリーダーにカードをかざしてから、チャージしたい金額をレジに支払ってください。コンビニでチャージしてもらうときも、最高20,000円を超えないように注意して支払うようにしてくださいね。

クレジットチャージできる場所

クレジットカードを使ってチャージしたいときは、以下の場所でおこなうことができますよ。

  • 多機能券売機
  • ATMビューアルッテ
  • インターネット

※多機能券売機の場合「view」マークのある端末に限ります。

 

クレジットチャージは、Suica加盟店のレジなどではチャージすることができません。少々手間ではありますがJR東日本の駅に行くか、自宅のインターネットを使ってチャージするようにしましょう。

クレジットカードを利用してSuicaにチャージしたいときの方法は、次の章で詳しくご説明します。

ウィーちゃんウィーちゃん

コンビニでもチャージができるなら便利だね!

でも、一番はクレジットカードからチャージするのがおすすめかも!

Suicaの購入場所や、500円のデポジットの払い戻し方法については、更に以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードからSuicaへチャージする方法

クレジットカードからSuicaのカードへチャージするには、ビューカード(Suicaマークとviewマークの付いたクレジットカード)しかクレジットチャージすることはできません。

事前のSuicaの登録のときに、決済用クレジットカードの欄にビューカードを登録しておいてください。

多機能券売機でクレジットチャージをする

JR東日本の駅構内にある多機能券売機(黒色)でクレジットチャージをおこなうことができます。クレジットチャージできる金額は、1回につき500円、1,000円、2,000円、3,000円、10,000円となっています。

現金チャージのときと同じように、最高20,000円を超えないようにチャージしましょう。

ATMビューアルッテでクレジットチャージをする

JR東日本の駅構内にあるATM「ビューアルッテ」でもクレジットチャージをおこなうことができます。その手順は以下の通りです。


  1. ビューアルッテの画面に「クレジットカードによるチャージ」が表示されますので、ボタンを押してください。
  2. チャージさせたいSuica(Suica付きビューカード、Suica定期券、My Suica、Suicaカード)をATMに入れます。※Suica定期券、My Suica、Suicaカードの場合、ビューカードも必要ですのでATMに挿入しましょう。
  3. ビューカードの暗証番号を入力します。このとき暗証番号を設定していないとチャージすることができませんので、事前に暗証番号を設定しておいてくださいね。
  4. チャージしたい金額を選択します。入金できる金額の単位は、1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円ですので、Suicaの残高と合わせて20,000円を超えない金額を選択してください。
  5. 画面に金額が表示されますので、内容を確認して合っていれば確認ボタンを押しましょう。金額を間違えたらこの時点でやり直しをします。
  6. クレジットチャージが完了すると利用明細票が出てきますので、受け取ったら終了になります。最後に、挿入したカード類を忘れないようにしてくださいね。

 

ビューアルッテは、初電の時間から終電の時間まで操作することが可能で、年中無休で利用できますので、電車に乗ったついでにクレジットチャージができるのがありがたいですね。

パソコンでオンラインチャージをする

クレジットチャージするのに駅まで行かなくてはならないので、手間がかかってしまいますし、混雑していたら多機能券売機の前で並んで待たなくてはいけません。

しかし、自宅や勤務先などのパソコンを利用してオンラインチャージをおこなえば、わざわざ駅に行ったり並んだりする必要がありません。

オンラインチャージを利用したいときは、JR東日本の共通IDを取得して、Suicaインターネットサービスの会員になる必要があります。パソコン周辺機器のパソリ(FeliCaカードリーダー)が必要になりますので、準備しておきましょう。

モバイルSuicaにクレジットチャージをする

モバイルSuicaにチャージできるクレジットカードは、カード型Suicaとは違いビューカード限定ではありません。唯一モバイルSuicaのみ、他社のクレジットカードを登録することができ、クレジットチャージすることができるのです。

ただし、オートチャージは他社のクレジットカードで設定することはできませんので注意してくださいね。

クレジットカードを使ってオートチャージをする

クレジットカードを使ってオートチャージをすることも可能です。オートチャージとは、Suicaの残高が設定金額よりも下回った場合、登録してあるビューカードから自動でチャージをしてくれるものですので、わざわざビューアルッテや多機能券売機に行ってチャージしなくても残高不足の心配がありませんので、非常に便利ですよ。

ただし、登録できるクレジットカードはビューカードシリーズのみになり、他社のクレジットカードは登録ができませんのでその点がデメリットになります。

オートチャージすることができるクレジットカードを、具体的にまとめると以下のようになります。

  • 「ビュースイカ」カード
  • ビューゴールドプラスカード
  • ルミネカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • 大人の休日倶楽部ジパングカード
  • 大人の休日倶楽部ミドルカード
  • JALカードSuica
  • アトレビューSuicaカード
  • ジェクサービュー・スイカカード
  • weビュー・スイカカード
  • エスパルカード

 

ウィーちゃんウィーちゃん

オートチャージをすれば、残高不足で困ることはなくなるよね!

オートチャージをインターネットで申し込み

オンライン入会画面でビューカードを申し込むときに、「オートチャージサービスを利用しますか?」という質問が画面に出てきます。このときに「はい」を選択しとくと、オートチャージ設定がされているビューカードが手元に届きます。

スポンサーリンク

オートチャージの設定内容は、1,000円以下になると3,000円が自動でチャージするようになっていますので、設定内容を変更したいときはビューアルッテで簡単に設定変更ができます。

オートチャージ郵送で申し込み

ビューカード入会の申し込みを郵送でおこなうときに、オートチャージを「利用する」に丸印をつけておくと、手元にオートチャージ設定がされたビューカードが届きます。

オートチャージの設定内容は、1,000円以下になると3,000円チャージするとなっていますので、設定を変更したいときはビューアルッテで設定変更をしてくださいね。

すでにビューカードを持っている場合

すでに手元にビューカードを持っていて、まだオートチャージ設定をおこなっていない場合、JR東日本の駅構内にあるATMビューアルッテでオートチャージをする設定をおこなうことができます。金額は最初から自分で設定できます。

※オートチャージ対応エリアに注意!

実は、オートチャージすることが可能なエリアと、オートチャージに対応していないエリアがあり、オートチャージ対応のエリアでは、改札口で残高不足のときに自動でチャージしてくれますが、対応していないエリアでは自動でチャージはおこなえないのです。オートチャージ対応エリアは以下の通りです。

  • 首都圏エリア
  • 仙台エリア
  • 新潟エリア
  • 首都圏の私鉄/地下鉄のPASMOエリア

 

上記のエリア以外は、全国相互利用可能エリアであってもオートチャージはおこなわれません。つまり、Suicaの残高が足りないまま他のエリアの電車を利用してしまうと、改札をくぐるときに残高不足のためストップされてしまう可能性があるのです。

他のエリアでSuicaを利用したいときは、まず残高を確認してから利用するようにした方がいいでしょう。Suicaの残高確認の方法や、Suicaでポイントを貯める方法を更に以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

Suicaへチャージするならこのクレジットカード!

Suicaを利用するなら、いちいち残高が足りなくなる度にチャージしていてはせっかく便利なものでも電子マネーのメリットが消えてしまいます。Suicaなどの電子マネーを使うときには、必ずクレジットカードでオートチャージに設定しておきましょう。

しかし、Suicaと一体化しているクレジットカードを持ちたいと思っていても、たくさんの種類がありますのでどれにしようか迷ってしまいますね。

ウィーちゃんウィーちゃん

Suicaへクレジットカードからチャージする時のカードは何が良いんだろう?

得するカードとかあるのかニャ?

モバイルSuicaだとSuicaと一体化しているクレジットカードではなくても、チャージすることができますので、選択できるクレジットカードの範囲も広くなってしまい、余計に混乱してしまいそうです。そこで、これからクレジットカードを作りたい人のために、オススメのクレジットカードをご紹介します。

 

もちろん本家本元のビューカードでも良いのですが、どうして上記2点のカードがオススメなのかをご説明していきますね。

こちらで紹介しているおすすめのビックカメラSuicaカード、リクルートカードのメリットやデメリットを更に以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、クレジットチャージのみならずオートチャージも設定できますので、これからSuica一体型クレジットカードを持ちたいと考えている方には大変オススメなカードです。

ビックカメラSuicaカードでオートチャージ設定をしておくと、ビューサンクスポイントがなんと3倍にもなるのです。(定期券も3倍適用)

また、お買い物や公共料金の支払いなどにビックカメラSuicaカードを利用すると、1,000円ごとにビューサンクスポイントが2ポイント付く上に、ビックポイントが5ポイントも付きます。

ビューサンクスポイントは2ポイント=5円相当、ビックポイントは1ポイント=1円相当ですので、ビューサンクスポイントとビックポイントを合わせると1,000円につき10円相当のポイントが付く…ということは、1%の還元なのです。

もちろんビックカメラでお買い物をしたときもポイントが還元され、購入金額の10%がポイントとしてつきますので非常にお得な還元率になります。

貯まったビューサンクスポイントとビックポイントはお互いに交換することが可能で、使いたい方のポイントに交換をして有効に利用をすることができますので、とても便利ですよ。ビックカメラSuicaカードのカードスペックは、以下の通りです。

年会費初年度無料/2年目以降477円(税抜)
2年間以降は一度でもカードを利用すると年会費は無料
国際ブランドVISA・JCB
還元率1%
(ビューサンクスポイント還元率+ビックポイント還元率)
チャージ時の還元率1.5%(1,000円につき6ポイント(15円相当))
ETCの有無と年会費ETC追加可能/年会費477円(税抜)
ビックカメラSuicaカードの年会費とは別にかかります。

年会費は2年目以降から税抜き477円かかりますが、1回でもカードを利用すれば無料になるということから、オートチャージを設定しておけばSuicaの残高が少なくなった時に自動でチャージしてくれますので、意識してカードの使用をしなくてもカード利用ができますね。

ただし、ETCの機能を追加している場合、ETC分の年会費は無料になりません。

リクルートカード

モバイルSuicaにクレジットチャージするならば、リクルートカードがオススメです。なぜなら年会費無料のクレジットカードでありながら、常に1.2%%の還元率を誇るからです。

基本のポイントの付与は、100円につき1.2ポイントになり、モバイルSuicaにクレジットチャジするときも100円ごとに1.2ポイントが還元されますので、還元率は非常に良いといえますね。ポイントには有効期限があり、最後にポイントを獲得してから1年間になります。

しかも、1年以内にカードを利用してポイントを獲得するとその時点で有効期限が1年間延びますので、上手にカードを利用すればポイントの有効期限は実質無期限なのと同じなのです。リクルートカードのカードスペックは、以下の通りになります。

年会費永年無料
国際ブランドVISA・JCB・MasterCard
還元率1.2%
チャージ時還元率1.2%
ETCの有無と年会費ETC追加可能/年会費無料
VISAの場合は新規発行手数料に税抜き1,000円がかかります。

モバイルSuicaは年会費が必要になり953円(税抜き)が別にかかりますが、アップルペイでモバイルSuicaに加入すると年会費が無料になりますので、これを見逃す手はありません。

リクルートカードでチャージするときにき気を付けておきたいのが、リクルートカードはモバイルSuicaにオートチャージ設定をすることはできないということです。Suicaの残高が少なくなりチャージしたいときは、その都度おこなうことになります。

リクルートカードはモバイルSuicaのだけでなくnanaco、楽天Edy、SMART ICOCAにチャージすることもできますので、1枚持っておくと非常に便利です。もちろんチャージで1.2%分のポイントも付きますよ。

まとめ

Suicaにチャージすることができる場所やクレジットチャージについてご説明してきましたが、いかがでしたか?Suicaのチャージが駅構内の端末でできるのはもちろん、コンビニやイオンなどの店舗でも現金チャージができますので駅まで行く手間も省けますね。

また、クレジットチャージではビューカードを利用すればオートチャージ設定もできますので、残高不足の心配がいりません。自分のライフスタイルに合ったSuicaを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク