学生専用のライフカードなんてあるの?

ウィーちゃんウィーちゃん

人間の友達がクレジットカードを持ちたいって言ってるんだけど、初めてだからどんなカードがいいかわからないって悩んでいるニャ。

博士博士

その友達は学生さんかな?それなら学生専用のライフカードがおすすめじゃぞ

ウィーちゃんウィーちゃん

なになに、詳しく教えてほしいニャ!

あなたはどんなシチュエーションでクレジットカードが必要ですか?

  • 今すぐにカードが欲しい方
  • これから後にカードを作る方

 

にとって参考にできる記事として、オススメするお得なカード【学生専用のライフカード】をご紹介していきます。

おそらくファーストカードとして持つ、クレジットカードはどうせ作るならお得で魅力的なカードにしたいですよね。

ライフカードの中でも学生限定のクレジットカードがありますので、特典内容を中心に事細かく説明していきます。

良い情報も悪い情報も含めてご紹介しますので、1つの知識としても役に立つはずです。では、はじめに学生専用のライフカードの基本情報から解説していきましょう。

スポンサーリンク

学生専用のライフカードの基本情報

ライフカード

ライフカードは、JCB・VISA・MasterCardの3種のブランドを付帯してクレジットカードの発行を行なっているカード会社になります。

学生専用のライフカードについても、この3種のブランドから選びカードを発行しますが、「学生専用」ですので、満18歳以上から25歳までの在学中の学生のみが申し込み可能です。(未成年については親権者の同意が必須)

ライフカードをオススメする上で、まずはカードの中身について知っていただきましょう。

学生専用のライフカードは年会費が永久無料でポイントサービスが充実

学生専用のライフカードは年会費が一切かからないクレジットカードになります。

通常のライフカードにも年会費永久無料のカードがあり、ライフカードの一つの強みとも言えるでしょう。

年会費が有料であれば、その分特典が豊富であれば良いかもしれませんが、大した特典もないカードも多く、またポイント還元率が上がるカードでも年会費分を取り返すとなると意外と大変です。

ライフカードの場合は、年会費無料で、しかもポイントサービスも充実しているという鬼に金棒のカードとも言えますので、順を追って説明していきます。

割愛したい方は、一目でわかる早見表をご覧ください。

年会費永久無料
還元率0.5%
国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
ショッピング枠5万~30万円
キャッシング枠0~10万円
ポイント(LIFEサンクスポイント)・入会後1年間は1.5ポイント
・お誕生月3倍ポイント
・利用金額に応じて翌年1.5~2.0倍ポイント
ポイント有効期限最大5年※繰越申請が必要
ETCカード年会費無料

年会費が永久無料

学生専用のライフカードは、年会費が初年度、2年目、3年目とずっと無料になっています。

近年では珍しくはないですが、年会費無料で特典が付いてるカードに越したことはありませんよね。

ETC

クレジットカード同様に年会費無料で発行できます。

同じライフカードであっても提携カードなど種類によっては発行手数料がかかりますので注意してください。

他社では取っているところもある中で無料なのは嬉しいですね。

ポイント

ライフカードのポイントは「LIFEサンクスポイント」として1,000円につき1ポイント付与されます。

ライフカードの場合、この後の説明にもありますがポイントはギフト券や電子プリペイドなどに交換ができるようになっています。

  • 600ポイントであれば3,000円分
    →3,000円÷600ポイント=5円
  • 1,000ポイントであれば5,000円分
    →6,000円÷1,000ポイント=5円

 

上記のように1ポイントあたり5円の価値があることになります。

博士博士

よくあるような1ポイント1円の価値ではなく、5円の価値という点は覚えておこう!

そして入会後1年間は、ポイントが1.5倍になりますので1,000円につき1.5ポイント貯めることが可能です。

有効期限は通常2年ですが、繰越が最大5年までできますので長くポイントを貯めることができます。

クレジットカードのポイント有効期限は1~2年が多いので、この5年という期間は強みになりそうです。

その他ポイントの特典もありますので、後述している〔学生専用のライフカードのメリット〕をご確認ください。

ポイント交換可能なもの

ポイント交換の多くは300Pから交換が可能になります。

定番人気はやはりJCBギフト券やamazonギフト券、Vプリカ(インターネット専用のプリペイドカード)への交換で600Pもしくは1,000Pで交換が可能になります。

もちろん、その他様々な商品への交換もできますので公式HPをご覧ください。

保険

カード会員保障制度

カードが紛失・盗難により不正使用されても補償される制度がどのライフカードにも付帯されています。

さらに言えばこの紛失・盗難についてはクレジットカードには必ず付帯しています。

海外旅行傷害保険

海外旅行中の怪我や病気に関する治療・入院費、携行品の破損や法律上の損害賠償責任についても補償してくれる制度が付帯されています。

日本と違い海外旅行先では、何があるかわかりません。万が一何かあったとすれば、治療費や賠償など、桁違いにかかる可能性があります。

そんな時に海外旅行保険は必ず役立ちますので、海外旅行や留学をする可能性が少しでもあるなら、絶対に付帯させておきたいもの。

ただし、年会費無料で海外旅行保険が付帯されているのは、エポスカード等の一部しかありませんので、学生専用ライフカードの一つの強みといえるでしょう

以上が学生専用ライフカードの基本情報になります。

これまで説明した中にも年会費や海外旅行傷害保険などメリットもありましたが、まだまだ学生専用のライフカードのメリットはこんなものではありません。これからがメリットの本題になります。

学生専用のライフカードのメリット

学生専用ライフカードのメリットを解説しよう!

ウィーちゃんウィーちゃん

なるほど、学生専用ライフカードの基本情報はだいたいわかったニャ!

博士博士

では、続いてライフカードを持つメリットを説明しよう。

ここでは、学生専用のライフカードのメリットを中心にライフカード全体にも言える共通のメリットとそれぞれ説明していきますが、まずは簡単にまとめてみました。

【学生専用ライフカードのメリット】

  • 海外旅行傷害保険が年会費無料で付帯
  • 海外でのショッピング利用額に応じて5%のキャッシュバック
  • 携帯料金をカード決済すると10人に1人amazonギフト券が当たる

 

【ライフカード全体で言えるメリット】

  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • 誕生月はポイント3倍
  • 年間利用額に応じてポイント1.5~2倍

 

以上のようになります。それでは、それぞれ詳しく説明していきましょう。

学生生活において海外旅行・留学に行く場合は絶対にライフカードがオススメ!

前述しましたが、学生専用のライフカードには海外旅行傷害保険が付帯されています。

これだけでも海外へ行く学生にオススメできるカードですが、さらに海外でショッピングすればキャッシュバックの特典も付いているのです!

学生専用のライフカードは、とことん海外利用時への特典にかなり力を入れているのが伝わってきます。

具体的にキャッシュバックとは、どんな特典でしょうか?

海外ショッピング利用額に応じて5%キャッシュバック

海外旅行や留学の際に、カードショッピングをすればその分の金額から5%分が支払口座に返金されます。これは魅力の大きな特典です。

ただし、一つ注意していただきたいのが海外でのショッピングにおいては外貨取扱手数料が発生します。例えば10,000円の買い物をした場合に、以下のようになります。

10,000円(品代)+200円(※外貨取扱手数料)=10,200円

外貨取扱手数料は、ライフカード公式HPでは記載がないため変動の恐れがあります。カード会社によっても異なりますが、1.60~2.50%がかかります。

キャッシュバックを含めると500円返金があるため実際は、9,700円のお買い物ということになりますね。

要は外貨取扱手数料2%前後かかったとしても、3%前後はキャッシュバックとして戻ってくるのでかなりのお得です

カード会社はクレジットカードの利用額から約3%前後の手数料収益を得て売り上げに繋げていますので、ライフカードも赤字覚悟の思い切った特典になっています。

当たったら嬉しいAmazonギフト券

これまで紹介したメリットに比べるとはるかにインパクトは薄いですが、携帯料金をクレジットカード決済にすると毎月10人に1人Amazonギフト券が500円貰えるというものです。

入会してすぐ登録すれば、有効期限が切れるまでには1回は当たっても良さそうな特典ですね。

ライフカード全体ではポイントサービスに特化!

ここからは、ライフカード全体のメリットの話になります。ライフカード全体としては、ポイントサービスが最大のメリットです。

入会後1年間はポイント1.5倍ということはお伝えしてきました。

その他にも、ライフカードでは独自のポイント還元に対するキャンペーンを行っています。

  • ライフカード独自のポイントプログラム
  • 誕生月ポイント3倍

業界最高水準のポイントプログラム

ライフカードは、初年度はポイントが1.5倍なので1,000円につき1.5ポイント付与されます。

初年度の年間利用額に応じて、基本ポイントから+αのポイントを年間通じてもらうことができます。利用額とポイントの付与については次の通りです。

年間50万以上の利用 ポイント付与数750ポイント以上1,000円につき1.5P(1.5倍)
年間100万以上の利用 ポイント付与数1,500ポイント以上1,000円につき1.8P(1.8倍)
年間200万以上の利用  ポイント付与数3,000ポイント以上1,000円につき2P(2倍)

 

年間50万円以下の場合は、次年度は基本の1,000円につき1ポイントになります。

スポンサーリンク

初年度の利用額に応じての還元額は、以下のようになります。

  • 年間50万円以上の利用で750ポイント以上の付与数なので3,750円分の還元額
  • 年間100万以上の利用で1,500ポイント以上の付与数なので7,500円分の還元額
  • 年間200万以上の利用で3,000ポイント以上の付与数なので15,000円分の還元額

 

1.5倍のポイントベースになりますので、もちろん年間100万円以上になれば、還元額はさらに増えますね。

年間50万円と言うと、「そんなに使わないよ」と感じてしまう方もいるかもしれません。確かに学生の場合、実家暮らしであればそんなに使わないケースの方が多いでしょう。

しかし、一人暮らしのケースであれば携帯代や公共料金の支払いだけでもおそらく2~3万円近く支払いがあります。

プラス2万円程であれば、食費等で使いますので年間50万円の壁は高そうに見えて意外とそうでもありません。

  • 携帯料金8,000円
  • 電気代6,000円
  • ガス代5,000円
  • 水道代5,000円
  • 食費・生活費18,000円

→月計42,000円/年間計504,000円

 

クレジットカードはほとんどの公共料金で支払いができますので、年間を通すと携帯代も含めて30万円弱ぐらいは使っています。

この年間50万円を使うことで毎年1.5倍のポイントが付与されますし、さらにボーナスポイントとして300ポイントが必ず貰えます!

学生で年間100万と言うとなかなか厳しいと思いますが、年間50万円を達成し続ければ通常の1.5倍ポイント+ボーナスポイント300Pで毎年1,000P以上は貯まる計算になり、ギフト券等5,000円分と交換が毎年可能になるわけです

ぜひ、入会したからには毎年50万円目指して利用していきましょう。

誕生月ポイント3倍

続いては、ライフカードの1番のポイントサービスの魅力とも言える誕生月ポイント3倍という特典です。

ありのままの内容で会員の誕生月は、1月間まるまるポイントが3倍になります

通常時5,000円分のJCBギフト券を貰うには、1,000円につき1ポイントですので、100万円の買い物が必要ですが、誕生月であれば、34万円で貰うことができるということになります。恐ろしいほどの還元率ですね。

ウィーちゃんウィーちゃん

ポイント3倍?!すごいニャ!誕生月はいっぱい買い物した方がお得だニャ!

実際還元率で言えば、もっと高いカードもありますが、楽天のように自社でのカード利用(楽天市場など)に限る還元率であることがほとんどです。

しかし、ライフカードの場合はショッピングであればどこで何を買おうとその3倍が適用されるので、この特典はライフカードの究極のメリットと言えます。

ただし、前年に200万以上の利用があった場合でも誕生月のポイントは5倍になるわけではなく、あくまで最高が3倍になるのでその点だけ注意が必要です。

Vプリカを利用してポイントを貯める

ここからはメリットとは少しだけ外れるかもしれませんが、ポイントを上手く貯める活用術です。

ネットショッピングをよくされる方は限定の話しにはなりますが大変お得です。ライフカードでは、「Vプリカ」というインターネット専用のプリペイドカードを発行しています。

インターネットでのみ使えるVプリカは、最大で10万円までチャージすることが可能になるため月間1万以上使う見込みがある方は誕生月にまとめてチャージしましょう。

そうすることで通常時よりもポイントが貰えるため、単純にライフカードで支払いするよりも3倍のポイントを貰えるということになります。

以上が学生専用のライフカード、全体のライフカードのメリットになります。年会費無料でたくさんのメリットがあり魅力を感じてもらえたのではないでしょうか。

ただメリットだけのクレジットカードが存在すればいいのでしょうが、そうはいきません。

デメリットもしっかりと理解した上で魅力あるカードと感じてもらわなければいけませんので、デメリットについて説明していきましょう。

学生専用ライフカードの気になるデメリット

全てのカードに言えるが、ライフカードにもデメリットと感じる部分もあるんじゃよ。

博士博士

メリットの多いライフカードじゃが、残念ながらデメリットもある。詳しく説明しよう。

デメリットについてもメリット同様に学生専用と全体とそれぞれ説明していきます。

デメリットも包み隠さずお伝えしていきますが、学生専用のライフカードのデメリットというよりも全体的に言えることがほとんどになりますので、ライフカードのデメリットとしてご覧いただければと思います。

学生専用のライフカードは、卒業後には特典がなくなってしまう

言うまでも無いことかもしれませんが、基本情報でお伝えした通り、18~25歳の学生限定のクレジットカードになりますので、卒業後には特典が受けられなくなります

  • 海外旅行傷害保険の付帯
  • 海外でのショッピング5%キャッシュバック
  • 携帯料金支払いでAmazonギフト券が500円分当たる

 

これらの特典は、卒業後のカード切替で消滅します。大きなメリットだけになくなってしまうのはもったいないですね。

保険については、年会費を払えば付帯させることもできますが、キャッシュバックについてはこのカードならではのメリットでしたので非常に残念です。

学生専用のクレジットカード全体として言えるデメリットのみ

学生専用ライフカードのデメリットを挙げるとすれば、卒業後に学生専用特典が受けられなくなることです。

反対に言えば、これらは学生専用のクレジットカード全体に言える話にもなるわけですから必然的にそうなりますよね。

そう考えれば、学生専用のライフカードに特別なデメリットがあるわけではないので、持つ分に損はないように感じます。

では、ライフカード全体でのデメリットはどうでしょうか?

メリットであり、デメリットでもあるポイント制度

メリットでライフカードは、ポイントサービスに特化していると説明しましたが、反対にデメリットとしてもポイントサービスが挙がってしまいます。

要は使えば使うほどポイントは貯まりますが、上手く考えて使わなければ反対に全く魅力ないポイント特典にもなりうるということです。

具体的にはこのようになります。

通常時のポイント還元が低い

ライフカードのポイントは、1年目を除き、前年1年間の利用が50万円以下の場合は、次年度が1,000円につき1ポイントの付与になります

人気のポイント交換であれば、600ポイントや1,000ポイントでギフト券などとの交換になりますので、600ポイントであっても60万円利用しなければならなくなります。

年間50万円を利用しないわけですので、1年以上は使わなければ3,000円分の還元を受けることはできないということです。

利用者にとって2.3年に1度ではなかなか魅力は感じられないかもしれません。

ポイント繰越申請は手間

続いてポイントの有効期限についてです。

有効期限については、最大5年とお伝えしました。最大というのは、前述した通り通常2年の有効期限をWEB上で申請手続きを毎年行って5年間に延長することができるということです

JCBカードであれば通常で4年のものもあり、楽天カードであれば年に1回でも利用すると無期限になります。

また、セゾンカードのように何もしなくとも無期限のようなカードがある中でわざわざ申請手続きをしなければならないのは面倒ですし、忘れてしまった場合のトラブルなどが考えられます。

2017年7月にポイント制度の見直しがあった

これは余談になりますが、ネット上で古い情報などがあり混乱するといけませんので説明しておきます。

ライフカードは、2017年の7月にこれまで行っていた改定を行なっています。

  • 誕生月ポイント5倍
  • ETCカード利用分のポイント付与
  • 電子マネーチャージ時のポイント付与
  • 交換商品の見直し

 

これまで説明したメリットよりもはるかに満載だったわけですが、収益面での観点より取りやめてしまったのでしょう。

一部、他サイト等で変更前の情報が記載されていることもありますので、注意してください。

学生専用のライフカードがおすすめな理由

ウィーちゃんウィーちゃん

学生専用ライフカードはデメリットもあるけど、メリットも多いカードだニャ!友達におすすめしてみるニャ!

ここからは総称した話になります。基本情報・メリット・デメリットと説明させていただきある程度の理解は得られたかと思いますが、なぜ学生専用のライフカードを推奨するのかです。

結論から言うと、総合面で見ると優秀なカードと評価できるのでオススメできます。

もちろん学生全てにというわけにはいきませんが、

  • 年会費は将来的にもかからないカードがいい
  • 海外へ在学中に行く
  • 一人暮らしをしている
  • 年間50万円以上のカード利用見込みがある

 

これらに満たしている学生さんについては、絶対にオススメできるカード。これまでのおさらいも含めて要点をまとめてみました。

「学生」という限定されたカードだから特典がいっぱい

通常のライフカードで受けられる特典以外に、海外での傷害保険やキャッシュバックなど学生限定での特典が非常に良いです

他社であっても、同様に保険やポイント倍など海外時での特典を設けています。

海外時のポイント倍という特典も魅力的ではありますが、ポイント交換の最低数が設けられているカード会社もある中で、ポイントが倍貯まったところですぐに使えないというのは難点になるでしょう。

反面ライフカードは、キャッシュバックで返金を必ず受けられるので、この差は大きいです。

年会費が永久無料

よくありがちなケースですが、学生専用のクレジットカードは有効期限後の更新時に年会費がかかるカードに移行されることがあります。

その認識がなければ、突然年会費が引落しされていたなんてことも発生するわけです。

ファーストカードとして持つ場合には、年会費が全くかからないカードを持ち、将来的に特典を考慮して必要があれば年会費がかかるカードへの切替というのが理想的ではないでしょうか。

ポイントの有効期限が長い方が学生向き

学生のように利用金額が少額の場合はポイントの有効期限が1年でも長いカードをオススメします。

デメリットでも説明した通り、ライフカードのポイント有効期限を5年貯めるには手続きがあり面倒ではありますが、少額しか使わない人にとって有効期限は重要になってきます

ポイントは貯まっても、交換できる前に消滅してしまえば本末転倒です。

少額しか使わない学生にとっても毎年誕生月に4万円カードで買い物するだけで600ポイントが貯まります。

そうすることで3,000円分のギフト券と交換できるため、年間を通じて継続的に使わなくともポイントの特典が受けられる大変便利なカードと言えるでしょう。

オススメしたい理由を簡単にまとめると、以下になります。

  • 海外に行く場合は必須!
  • 将来的にも年会費がかからないので作って損がない!
  • 年会費がなくてもポイントサービスは充実!
  • 少額利用者でも上手く使えばポイントが貯まる!

 

しかも、現在ライフカードは大きな入会キャンペーンを行っていて、3月31日迄に申込むと15,000円相当のポイントがもらえますので、このタイミングは逃さないようにしたいですね。

まとめ

学生専用のライフカードは、他社にない特典とポイントサービスを年会費永久無料で提供しています。

クレジットカードを初めて持ってみて自分がどれくらい使うのかであったり、利便性について感じたりすると思います。

ファーストカードだからこそ年会費がかからないカード、そして年会費がなくとも充実したサービスが受けられることは自信を持ってオススメできるのがライフカードです。

スポンサーリンク