イラスト文字で 『店舗事業者必見! カード決済が簡単に導入できるSquare(スクエア)のメリット』 と記載し、下で白猫がカード決済を利用しているイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

Squareって簡単に導入できるのかニャ?

マネーの博士マネーの博士

手軽にカード決済を導入できるのがSquareの大きな魅力じゃよ。

カード決済を導入したい。

初心者でも簡単に導入できるシンプルなものがいい。

そんなふうに思った時にまず目を向けていただきたいのがSquare(スクエア)です。

ここでは、国内でもすでに10万店舗以上が導入しているSquare(スクエア)について、導入方法やメリットはもちろんのこと、気になる手数料も合わせて解説していきたいと思います。

新規の方向けにお得なキャンペーンも展開されているため、Square(スクエア)に少しでも関心がある方はぜひ、以下の内容に目を通してみてくださいね。

Square(スクエア)とは?簡単に導入できる基本的な仕組み

Square(スクエア)

Square(スクエア)はカード決済代行サービスです。スマホやタブレットにカードリーダーを装着させるだけでクレジットカード決済が可能となるため、非常に人気が高まっています。

手数料が高そう。」と構えてしまう方もいるかもしれませんが、Square(スクエア)の料金体系は非常にクリアかつリーズナブルで、国内だけでも10万店舗以上の信頼を勝ち取っていますよ。

Squareが対応している国際ブランド

マネーの博士マネーの博士

何と言っても、多くの国際ブランドに対応しているのがSquareのメリットと言えるじゃろう。

Square(スクエア)に対応しているクレジットカードの国際ブランドは以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX
  • DISCOVER
  • Diners Club

これだけ幅広い国際ブランドを網羅していれば、カード決済ができないという事態は発生しませんよね。

Square(スクエア)は初めての方でも取り入れやすい

カード決済の導入ってすごく複雑そう。

このように感じる方もいるかもしれませんが、Square(スクエア)の導入について、煩雑なことは一切ありません。

今までに一度もカード決済サービスを採用したことのない方でも、ストレスフリーで導入できるのがSquare(スクエア)なのです。

Square(スクエア)の導入方法

ウィーちゃんウィーちゃん

じゃあSquare(スクエア)ってどうやって導入するの?

このように気になっている方もいることでしょう。

ここでは、Square(スクエア)の導入に関して、以下のことを確認していきたいと思います。

  • 導入の流れ
  • 導入に必要なもの
  • 年会費や手数料

導入の流れももちろんですが、費用面に関してもきちんと理解しておきたいですよね。

早速、それぞれの項目について解説を加えていきましょう。

Square導入の流れ

Square(スクエア)を導入するまでの流れは以下の通りです。

  1. Square(スクエア)の『公式ホームページ』にアクセスする
  2. 無料アカウントを作成する
  3. 登録のメールアドレスに審査の結果が届く
  4. Square POSレジ』のアプリ(無料)をダウンロードする
  5. ICカードリーダーを購入する
マネーの博士マネーの博士

まずはアカウントの作成を行おう!

審査結果の通知は通常、3〜5営業日以内に届きますが、最短で申し込みの当日からカード決済が可能となることもあります。

また、ICカードリーダーは公式オンラインショップの他、Amazonやビックカメラなどでも購入できますが、公式オンラインショップでの購入なら、送料がかからないという利点があります。

 

Square(スクエア)の導入に必要なもの

Square(スクエア)を導入する上で必要なものは以下の通りです。

  • iPhoneやiPad、Androidなどのモバイル端末
  • Square POSレジ』のアプリ
  • ICカードリーダー

モバイル端末に関しては、お手持ちのスマホを活用すれば良いため、Square(スクエア)の導入のために新たに購入する必要はありません。

また、『Square POSレジ』のアプリもサクッとダウンロードできる上、費用は一切かかりません。

Square POSレジ

Square POSレジ

Square, Inc.無料posted withアプリーチ

残るはICカードリーダーですが、こちらの価格は4,612円(税抜)です。

ただし、現在は新規の方向けのキャンペーンが展開されており、ICカードリーダー購入分の金額を丸々キャッシュバックしてもらえます。

以上を踏まえると、Square(スクエア)の導入に際しては、一切の費用をかけなくても済むということが言えますね。

Squareの年会費や手数料

導入には費用がかからなくても、年会費とか隠れた費用があるんじゃないですか?」と気になる方もいるかもしれません。

でも大丈夫、安心してください。

Square(スクエア)における以下の費用は全て無料です。

  • 月額利用料(年会費)
  • 振込手数料
  • POSレジアプリのインストール
  • 払い戻し手数料
  • チャージバック手数料
  • アカウントの無効化
  • 解約手数料

つまり、Square(スクエア)の利用で費用が発生するのは、カード決済が発生したときのみということになります。このシステムはカード決済導入が初めてという方にとっても非常に安心感がありますね。

 

Square(スクエア)を利用するための審査基準

ウィーちゃんウィーちゃん

こういうカード決済を導入するのに審査ってあるよね?

マネーの博士マネーの博士

もちろんじゃよ。しかし、そこまで気にする必要はないんじゃよ。

前述した通り、Square(スクエア)を利用する上では、一切の年会費や手数料がかかりません。ただし、Square(スクエア)を導入する過程において、所定の審査をクリアする必要があります。

ここでは、Square(スクエア)を利用するための審査基準について考えていきましょう。

Square(スクエア)の審査基準は明確化されていない

Square(スクエア)の審査基準が気になる!」ということで、Square(スクエア)の公式ホームページをはじめ、様々な媒体で審査基準を調べたくなる方もいることでしょう。

しかし、残念ながらSquare(スクエア)の審査基準は明確化されておらず、実際に申請をしてみなければ、結果はわからないのです。

ただ、審査基準のヒントとなる文言が『公式ホームページ』に記載されています。

Squareでは前年度の実績がない事業や、カード決済額の見込みが少ない事業でもカード決済をご利用いただけます。また、事業規模や実績による手数料の違いもありません。他社サービスをご利用いただけなかった方も、まずはアカウント作成をおすすめします。

*審査結果によっては、カード決済サービスまたは一部カードブランドでの決済をご利用いただけない場合があります。

つまり、実績や売上高によって、審査の結果が左右されることはないということです。

起業して間もない方にとっては嬉しい仕様ですね。

導入できないとされている業種

実績や売上に審査の結果が左右されないという点を踏まえると、Square(スクエア)の審査はそこまで厳しいものではないと言えます。

ただし、以下のように、そもそも導入できないとされている業種があることには注意が必要です。

  • 成人向けの商品やサービス(インターネットや電話、印刷物など媒体は問わない)
  • 賭博(宝くじ、カジノのチップ、レース場外での賭博、パチンコ、スロット等を含む)
  • 投資や投機などの管理事業
  • 刺青やタトゥー
  • 質屋業
  • デジタルコンテンツ(デジタル情報)の配信
  • 探偵業
  • 不動産仲介手数料
  • 相互扶助、相互保険等
  • 占いや超自然的なサービス
  • インターネットオークション
  • 無許可の運営事業
  • 商用以外での使用

逆に言えば、上記のような業種や取引でなければ、審査をクリアできる可能性は非常に高いと考えられます。あなたもまずは、アカウントの作成手続きを進めてみましょう。

 

Square(スクエア)を利用するメリットは多い!

Square(スクエア)を導入することで得られる具体的なメリットが知りたい!

このように思っている方も多いはずです。

ここでは、Square(スクエア)のメリットについて解説していきたいと思います。

Square(スクエア)を利用するメリットは以下の通りです。

  • 決済手数料のみで運用できる
  • 最短で翌日に入金される
  • 最短で申し込み当日から利用できる
  • 手入力による決済にも対応できる

早速、それぞれの項目について解説を加えていきましょう。

決済手数料のみで運用できる

マネーの博士マネーの博士

Square(スクエア)を導入するにあたってかかる費用は手数料のみじゃよ。

先ほど紹介した通り、Square(スクエア)を運用・維持する上でのランニングコストや手数料は一切発生しません。

必要となる経費は、以下の決済手数料のみです。

VISAMasterCardAMEXDISCOVERDiners ClubJCB
カードリーダーによる決済3.25%3.95%
カード情報手入力による決済3.75%×
Square請求書3.25%3.95%
保存済みカード情報による決済3.75%3.95%
自動継続課金3.75%3.95%
プラウザ決済3.75%×
eコマースAPI3.6%×

 

決済が発生しない限り、費用が発生しないというシステムは非常にストレスフリーですね。

JCBは一律3.95%と少々手数料が高めに設定されていますが、最もシェアの高いVISAやMasterCardをはじめとする、JCB以外の国際ブランドについては一律3.25%で利用できますよ。

最短で翌日に入金される

キャッシュフローに困っている状況なんです!

できるだけ早く入金してもらえると助かる!

このように思われている方にとってありがたいのが、Square(スクエア)の入金システムです。

以下の通り、三井住友銀行やみずほ銀行を利用する場合は翌営業日に、それ以外の金融機関の場合でも、毎週金曜日に決済手数料を引いた金額が振込されます。

金融機関入金日
三井住友銀行・みずほ銀行翌営業日
上記以外の金融機関毎週金曜日

 

マネーの博士マネーの博士

次の日に入金してくれるとキャッシュフローが助かるのは言うまでもないじゃろう。

ちなみに、Square(スクエア)は日本国内の全ての金融機関に対応しているため、新たに口座を開設する必要はありません。

Square(スクエア)では振込手数料が取られることはないため、三井住友銀行かみずほ銀行を作成しておけば、振込手数料なしで毎日入金を受けることができます。

このシステムは、特に起業して間もない方や、預貯金に余裕のない方にとって非常にありがたい内容と言えるでしょう。

最短で申し込み当日から利用できる

急ぎでカード決済システムを搭載したい!

大型イベントを目前に控えている!

Square(スクエア)は上記のような方々のニーズにもバッチリ応えることができます。

というのも、Square(スクエア)の申し込みはすべてオンライン、かつ数分で完了できる上、最短当日から利用することができるためです。

したがって、手続きや審査さえスムーズにいけば、イベントの直前や、営業開始前の申し込みでも、間に合う可能性がありますよ。

手入力による決済にも対応できる

Square(スクエア)は手入力による決済も可能です。

ウィーちゃんウィーちゃん

カード決済で手入力なんてすることがあるの?

と思われる方もいるかもしれませんが、以下のようなケースにおいて、手入力は非常に便利です。

  • メール注文
  • 電話注文
  • カード情報が読み取れないとき

ただし、手入力については、以下の2点に配慮しておきましょう。

  • 対応している国際ブランドはVISA/MasterCard/AMEXのみ
  • 決済手数料が3.75%と少々割高

以上を踏まえると、どうしても手入力決済でないと対応できないという場面にのみ、手入力決済を活用すると良いですね。

 

Square(スクエア)のデメリットも知っておこう!

マネーの博士マネーの博士

メリットに目を奪われがちじゃが、デメリットもきちんと把握しておくのはとても重要じゃよ。

メリットだらけのシステムは存在しません。

もちろん、それはSquare(スクエア)も例外ではなく、数々のメリットの裏には、デメリットもあります。

大切なのは、デメリットから目をそらすことではなく、デメリットの内容をしっかりと理解した上で、上手にSquare(スクエア)を活用することです。

Square(スクエア)のデメリットとしては、以下の項目を挙げることができます。

  • 電子マネーに対応していない
  • 分割払いやボーナス払いに対応していない

早速、それぞれの内容について解説をしていきますよ。

電子マネーに対応していない

Square(スクエア)は主要国際ブランドのカード決済には対応していますが、Suicaや楽天Edyなどの各種電子マネーによる決済ができません。

このご時世、電子マネーでほぼ全ての支払いをまかなっているという方もいます。

この点を踏まえると、電子マネーに対応していないのはデメリットと言わざるを得ないでしょう。

ちなみに、以下のような決済代行サービスであれば、電子マネーの支払いにも応じることができます。

  • 楽天ペイ:クレジットカード決済+電子マネー決済
  • Airペイ:クレジットカード決済+Apple Pay(各種電子マネー含む)

クレジットカード決済だけでなく、電子マネー決済にも対応していきたいと考えている方は、楽天ペイやAirPAYにも目を向けてみると良いでしょう。

店舗に導入できる各決済代行会社についてもっと知りたい方は、下記の記事を合わせて参考にしてみてください。

Airペイの導入方法を解説! 導入するメリット・デメリット どこよりもわかりやすいAirペイの導入方法やメリット・デメリットを解説!店舗事業者はAirペイを導入すべき理由 楽天ペイの導入方法とメリット どこよりもわかりやすい楽天ペイの導入方法を解説|楽天ペイの評判やメリットも紹介! イラスト文字で 『決済手数料が最安値! ドリームペイメントの導入方法・嬉しいメリットを解説』 と記載し、背景にVISA、MasterCard、JCB,AMEXのロゴ 手数料が破格の2%!ドリームペイメントの導入方法や利用者の口コミ/嬉しいメリットを紹介

 

分割払いやボーナス払いに対応していない

Square(スクエア)は主要国際ブランドのカード決済に対応できますが、支払い方法は1回のみです。以下のような支払いに応じることはできません。

  • 分割払い
  • リボ払い
  • ボーナス払い

比較的少額決済が多いサービスであれば特別気にする必要もありませんが、高額決済が中心になるサービスにおいて、この点は大きなデメリットとなってしまいます。

もちろん、これだけを理由にSquare(スクエア)の導入を諦める必要はありません。

たとえば、ショッピングクレジットをお店に導入すれば、分割払いを希望するお客様にも対応できますし、一回払いの後に、リボ払いへの切り替えをしてもらうという方法もありますよ。

 

Square(スクエア)を導入している主な店舗

ここまでご覧いただいた方であれば、Square(スクエア)の基本的な仕組みや魅力についてご理解いただけたことでしょう。

次にみていきたいのが、Square(スクエア)を導入している主な店舗についてです。

決済手数料だけで維持が可能なSquare(スクエア)ですが、どのような店舗が導入しているのでしょうか。

Square(スクエア)を導入している主な店舗一覧

Square(スクエア)を導入している主な店舗の一覧は以下の通りです。

  • ユニクロ
  • 吉田カバン
  • THE COFFEESHOP DAIKANYAMA
  • Musicians Farm Hoochie’s
  • on the shore
  • Tokyo Great Cycling Tour
  • Brift H AOYAMA
  • Floral Port
  • eyelash salon RACOTA
  • 宗像堂
  • ソクハイ
  • ONOMICHI DENIM PROJECT
  • NEW STANDARD CHOCOLATE kyoto by 久遠
  • とりいくぐる Guesthouse & Lounge
  • CHAGOHAN TOKYO
  • Books under Hotckiss
  • サラド
  • ソメヤスズキ
  • 犬と猫の皮膚科
  • イエローバンブー
  • ヒバリ舎
  • Code Camp KIDS
  • B&Bテンガロンハット
  • フラミンゴ
  • 味坊グループ
  • FLASH DISC RANCH
  • JANNU-2
  • オオギ薬局
  • OHKA THE BESTDAYS
  • かもめブックス
  • 筒井時正玩具花火製造所
  • APARTMENT HOTEL SHINJUKU
  • 酒美土場
  • 佐世保観光タクシー

ご覧の通り、エリア、業種を問わず実に様々な店舗がSquare(スクエア)を活用しているようです。

ちなみにユニクロは、Square(スクエア)を導入したことがかつてニュースにも取り上げられていましたね。

Square(スクエア)を導入した企業は公式ホームページ上で紹介されることも

Square(スクエア)の公式ホームページをご覧いただければお分かりの通り、ビジネスモデルとして面白い企業はSquare(スクエア)の公式ホームページ上で紹介されています。

もしかするとあなたの企業も、Square(スクエア)を導入することで、記事として紹介されることになるかもしれません。

そうなると今まで以上に知名度を伸ばすことができるのは言うまでもなく、ダイレクトに売り上げにも繋がってくることでしょう。

今すぐSquare(スクエア)を導入してカード利用者を取り込もう!

Square(スクエア)は日本国内だけでも、10万を超える店舗が導入している決済システムです。

この10万という数値が証明している通り、カード決済の導入はビジネスと切り離すことができないほどに重要であり、かつSquare(スクエア)がいかに多方面からの信頼を勝ち取っているサービスであるかがうかがえます。

決済手数料を負担するのが嫌だから現金決済のみで突き進むという道もありますが、そうこうしているうちに、決済手数料を負担してでもカード決済を導入する企業に追い越されてしまうかもしれませんよ。

カード決済にこだわるお客様は多い

ビジネスを展開していれば改めて気づかされることですが、カード決済にこだわるお客様は多いものです。お客様がカード決済を選ぶ理由には、以下のようなものがあります。

  • クレジットカードの利用でポイントを貯めたい
  • たまたま手持ちの現金がない
  • そもそもあまり現金を持ち歩かない主義
  • 決済が早くて便利
  • お金のやりくりに困っている状況(カード決済で支払いを遅らせたい)

ご覧の通り、カード決済は現金払いと比較し、よりスピーディで節約効果も得られるため、カード決済じゃなければ嫌だと思う人もいることでしょう。

カード決済の導入は重要な仕事の1つ

仮に同程度の価値を提供しているサービスが2つあるとします。

あなたが普段、クレジットカードによる決済をしている方であれば、どちらの店舗を選ぶでしょうか。

  • クレジットカード決済に対応している店舗
  • クレジットカード決済に対応していない店舗

非常にシンプルな話ですが、お客様の立場からすれば、決済方法に幅広い選択肢があった方が便宜性が高いと思えるものです。

ビジネスの本質はお客様のニーズに応えていくことであるという点を踏まえると、お客様にとっての便宜性を図るというのは、大切な仕事の一部と言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

Square(スクエア)は決済手数料以外に一切の費用を必要としないカード決済サービスです。

また、お手持ちのモバイル端末にカードリーダーを差し込むだけで使うことができるため、はじめてこうしたサービスを利用する方でも安心して導入できるでしょう。

カード決済ができるかどうかで、獲得できる顧客数は確実に変わってきます。

ぜひあなたも、Square(スクエア)を導入することにより、ビジネスにさらなる拍車をかけていってください。

 

記事を書いた人
博士
博士

マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。