博士が白猫に 「クレジットカードを使うことで生活費も節約することができるぞ!」 と言っているシーン(背景に楽天カード、イオンカードセレクト、JCB CARD W)

ウィーちゃんウィーちゃん

生活費を節約したいんだけど、全然続かない…。

博士博士

節約を続けるのはなかなか大変じゃが、そんな時にはクレジットカードを利用してみるというのも1つの方法じゃよ。

もっと節約しなきゃ!

そう思いながらもなかなか節約が上手くできていないと悩んでいませんか?一人暮らしの方や主婦の方などをはじめ、ありとあらゆる人が漠然と望んでいること。それは、「もう少し節約できればいいな…。」ということではないでしょうか。

実は生活費の支払いにクレジットカードを利用することで大きな節約になるのです。一般的にはクレジットカードを利用するのは敬遠されがちですが、中にはとんでもなくお得で節約になるクレジットカードも存在するのです。

まだまだクレジットカードに馴染みのない方はもちろん、すでにクレジットカードを普段使いしている方でも、本記事を参考にしていただくことで節約効果が上がり、自然と貯金が増えていく流れを作れるようになりますよ。

生活費を節約するにはクレジットカードを有効活用すべき!

博士が白猫に 「節約を意識するならクレジットカードは必須と言っても良いじゃろう。」 と言っているシーン

ウィーちゃんウィーちゃん

なんでクレジットカードが節約に役立ってくれるの?

クレジットカードの有効活用が、あなたの日常生活における節約効果を高めてくれることは間違いないでしょう。とは言え、クレジットカードに不慣れな方からすると、カードを日常的に利用するには抵抗を覚えるかもしれません。

もちろん、本来購入する予定のなかったものをクレジットカードで決済することがクセになってしまうのは本末転倒ですが、上手に活用さえすれば、クレジットカードは確実に、あなたの節約生活の味方になってくれます。

利用額に応じてポイントが還元される

クレジットカードの主な魅力といえばやはり、決済額に応じ、ポイントの還元が得られることではないでしょうか。手数料が発生しない限り、現金でもカードでも支払い額は変わらないので、ポイント還元があるクレジットカードを選んだ方が、節約につながるのは明らかですよね

ウィーちゃんウィーちゃん

確かに現金払いだと一切還元されないもんね。

博士博士

支払いは死ぬまでずっと続くわけじゃ。

それをずっと現金で支払うのとクレジットカードで支払うのを比べるとどれだけ大きな差が付くのかは一目瞭然じゃな。

たとえば、還元率1%のクレジットカードで毎月50,000円の決済をした場合、どれくらいの還元が得られるでしょうか?

  • 50,000円×1%=500円(月あたり)
  • 500円×12ヶ月=6,000円(年間)

 

100,000円なら年間で12,000円。100,000円を超える決済をする方であれば、さらに還元は増えていきます。言うまでもなく、これらをもし現金で支払っていれば還元は0なので、ロングランで見ると、節約効果に雲泥の差が生じてしまうのは間違いありません。

明細を一元化できる

節約効果を高めていく上で、あなたが何にどれだけお金を使っているかを把握することは非常に重要です。ところが頭ではわかっていても、なかなか行動に移すのが億劫で、何となく毎月の支払いを済ませては、貯金が全然貯まらないという日々を繰り返している方も多いのではないでしょうか。

家計簿をつけてみたり、家計簿アプリを使って毎回入力しているうちに、面倒になりやめてしまった経験はありませんか?

ウィーちゃんウィーちゃん

すごくわかる…。家計簿に入力することが面倒になってしまうんだよね。

そこで着目したいのがクレジットカードの明細書です。私も毎月、クレジットカードの明細書をつぶさに眺め、無駄な出費がないかを確認しています。

するとどうでしょう。たった数分間、明細書とクレジットカードの使い方を見直す習慣をつけただけで、無駄遣いがどんどん減っていったのです。あなたもぜひ、自身のお金の使い方と向き合ってみてください。

生活費の節約に貢献してくれるおすすめクレジットカード

イラスト文字で「節約に貢献してくれるクレジットカード」とあり、 背景にdカード、オリコカードザポイント、REXカード、Yahoo!JAPANカードがある。

ウィーちゃんウィーちゃん

じゃあどんなクレジットカードを使えば生活費の節約になるの?

さて、クレジットカードが節約につながることをご理解いただいたところで次に、具体的なクレジットカードの紹介に移っていきたいと思います。

このご時世、選び切れないほどのクレジットカードが存在しますが、その中でも、選びに選び抜いたクレジットカードたちは以下の10枚です。

  • JCB CARD W
  • 楽天カード
  • リクルートカード
  • REXカード
  • Orico Card THE POINT
  • Yahoo!JAPANカード
  • イオンカードセレクト
  • セゾンカードインターナショナル
  • エポスカード
  • dカード/dカードGOLD

 

早速、それぞれの魅力に迫っていきましょう。

JCB CARD W

JCB CARD W

年会費無料
基本還元率1%
国際ブランドJCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

JCB CARD Wは、従来のJCB一般カードと比較し、還元率が0.5%から1%に引き上げられたハイスペックなクレジットカードです。

ETCカードや家族カードまでを含め、完全無料で持つことができます。39歳までに申し込みをする必要がありますが、一度発行してしまえば、40歳以降も継続して使用可能です。

JCB CARD Wは、1,000円の利用につき2ポイントのOki Dokiポイント(1ポイント5円相当)が還元されます。Oki Dokiポイントには多種多様な交換先が用意されていますが、以下のような提携先へ交換すると、使い勝手が良いのでおすすめです。

 

JCB ORIGINAL SERIESパートナーでお得

年会費無料で基本還元率が1%を誇るだけでも素晴らしいのに、JCB ORIGINAL SERIESパートナーで決済をすれば、還元率が大幅に伸びるという素敵なメリットが備わっています。

たとえば、以下のような店舗は特に普段使いしている方が多いのではないでしょうか。

  • Amazon:1.5%
  • セブンイレブン:1.5%
  • イトーヨーカドー:1.5%
  • スターバックス:5%

 

こうした使い勝手の良い店舗において、常に高還元率を得られるのは非常にありがたいですね。

Oki Dokiランド経由でお得

Oki Dokiランド

JCBは『Oki Dokiランド』と呼ばれるポイントモールを運営しており、このサイトを経由してショッピングをすれば、各店舗に応じたボーナスポイントを獲得することができます。

気になる倍率はJCBの基本還元率(0.5%)に対して2倍〜20倍と大幅に伸びますので、JCB CARD Wを活用する上では、Oki Dokiランドの経由は外せませんよ。

還元率店舗
1.5%
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO
  • セブンネットショッピング
  • FANCL
  • 爽快ドラッグ
  • Apple Store
  • エクスペディア
  • グルーポン
  • ジーユーオンラインストア
  • i LUMINE
  • ABC-MART.net
2%
  • ベルメゾンネット
  • ビックカメラ.com
2%以上
  • DHCオンラインショップ
  • JAL

JCB CARD Wがおすすめな人

  • 完全無料で高還元率のカードを持ちたい人
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナーの対象店舗を普段使いしている人
  • ネット通販でもお得にポイント還元を得たい人

 

 

楽天カード

楽天カード

年会費無料
基本還元率1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード540円
家族カード無料

楽天カードは、楽天系列を利用する上では必須と言われている程、還元率が圧倒的に違います。ETCカードのみ、年会費が必要となる仕様です。楽天カードは、100円の利用につき、1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天市場等の各種キャンペーンが豊富で、とにかく大量のポイントを獲得することができるのが大きな特徴です。キャンペーンで得られるポイントには期間限定ポイントが含まれますが、こちらは主に、楽天系列のサービスにおいてのみ活用できます。

それに対し、楽天スーパーポイントは楽天系列で活用できるのはもちろん、楽天EdyやANAマイルなどへ移行することも可能です。

キャンペーンがアツい!楽天カードはザクザクポイントが貯まる

楽天市場を猫2人が見ている

こんなに還元しちゃっていいんですか?

と変な心配を抱いてしまうほどにひっきりなしに開催されているキャンペーン。以下に示すキャンペーンは相互に併用することができるので、一気に大量のポイントを得られることも多々あります。特に大きな買い物を予定している場合は、ぜひ活用してみましょう。

  • お買い物マラソン:買い物する店舗が増えるにつれて、最大10倍までポイント倍率が上がる
  • SPU(スーパーポイントアッププログラム):「楽天カードを使う」などの諸条件をクリアすることで、最大11倍のポイント還元を得ることができる
  • 応援チーム勝利:楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナのいずれかのチームが勝利した翌日にショッピングをすることで、最大4倍のポイント還元

 

加盟店ではポイントが2〜3倍にアップ

街の加盟店において楽天カードで決済をすれば、通常1%の還元率が2〜3%にアップします。対象となる主な加盟店は以下の通りです。普段使いしている店舗があれば、積極的に活用していきたいですね。

還元率店舗
2%
  • ENEOS
  • てもみん
3%
  • ダンロップ
  • メガネストアー
  • エースコンタクト
  • 大江戸温泉物語

Rakooの活用でポイント2倍

rakoo

Rakoo』(旧楽天ダイニング)にて、レストランや居酒屋、カラオケなどでも楽天カードを利用すれば還元率の優遇があります。デフォルトはポイント2倍で、キャンペーン時には3倍や5倍、10倍に跳ね上がったりもします。全国展開している主な対象店舗は以下の通りです。

  • 庄や
  • 日本海庄や
  • くいもの屋わん
  • はなの舞
  • とんでん
  • IHG ANA
  • 世界の山ちゃん
  • 紅虎餃子房
  • 東天紅
  • 東京純豆腐
  • 一番とり
  • コロッケ倶楽部
  • 千房
  • 竹取御殿
  • いろはにほへと
  • 寧々家
  • 時遊館

 

また、Rakooの一部店舗においては、スマホやパソコンから予約をすることによって、100円分の楽天スーパーポイントが付与されるところもあります。ポイント2倍に加えてさらに100ポイントが貯まる仕様なので、節約効果を高めるために活用できそうですね。

楽天カードがおすすめな人

  • ポイント還元率が高いカードが欲しい方
  • 楽天市場等を年に一度でも利用している方
  • 年会費無料のクレジットカードが欲しい方

 

 

リクルートカード

リクルートカード

年会費無料
基本還元率1.2%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード新規発行手数料1,080円(VISA,MasterCard)、JCBは無料
年会費はいずれの国際ブランドにおいても無料
家族カード年会費無料

ホットペッパー系列やポンパレモール、じゃらんなどで特に力を発揮するリクルートカード。年会費無料にもかかわらず、常に1.2%以上の還元を得られる点は非常に優秀です。

リクルートカードの決済によって得られるリクルートポイントですが、ホットペッパー系列やポンパレモール、じゃらんなどの店舗やサービスをあまり利用しない方にとっては、ポイントを持て余してしまう可能性もあります。

そこで提案したいのが、Pontaポイントへの等価交換です。Pontaポイントはローソンなどでお馴染みのポイントで、以下のような店舗やサービスで活用することができますよ。

  • ローソン
  • ケンタッキーフライドチキン
  • 大戸屋
  • ピザハット
  • 高島屋
  • GEO
  • HMV
  • コジマ
  • オリックスレンタカー
  • ルートインホテルズ
  • 昭和シェル

 

ホットペッパー系列やポンパレモールでさらにお得

ポンパレモール

リクルートカードはホットペッパー系列をはじめ、『ポンパレモール』、『じゃらん』などのサービスを利用することで、さらに大きな還元を得ることが可能です。以下にその一例を紹介しましょう。

  • ホットペッパーグルメなら、基本還元率1.2%に加え、予約人数×50ポイントをゲット
  • ポンパレモールなら、基本還元率1.2%に加え、3%〜20%の還元が上乗せ
  • じゃらんnetなら、基本還元率1.2%に加え、2%の還元が上乗せ

 

これらの店舗やサービスを普段使いしている方であれば、リクルートカードの活用で大幅にポイントの獲得ができます。

ただし、キャンペーンなどで得られるポイントは期間限定のリクルートポイントとなるため、Pontaポイントへの移行はできません。ホットペッパー系列やポンパレモール、じゃらんなどにおいて消化していきましょう。

Loppi引換券はレートが最高

リクルートポイントをPontaポイントへ等価交換できるのは前述の通りです。ちなみにこのPontaポイント、最もレートが高い使い道としてオススメしたいのが、ローソンにおけるLoppi引換券での利用です。

普通に使えば1ポイント1円ですが、なんとLoppi引換券のレートであれば、ローソンの商品が1ポイント1.5円〜3円程度で交換できてしまうのです。

  1. リクルートカードで1.2%の還元を得ながらリクルートポイントを貯める
  2. 貯まったリクルートポイントをPontaポイントへ等価交換する
  3. PontaポイントをLoppi引換券で利用する(価値が1.5倍〜3倍に)

 

リクルートポイントの使い道として間違いなく、最も価値を高めることができる活用法と言えるでしょう。Loppi引換券で交換できる商品も、以下の通りバラエティに富んでいるため、すべてのポイントをここへ集約してしまっていいと言っても過言ではありません。

  • 食パン
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • ジュース
  • お酒
  • おつまみ
  • お菓子
  • アイス
  • インスタント食品

 

リクルートカードがおすすめな人

  • とにかく高い還元率にこだわる人
  • リクルート系列店やサービスを普段使いしている人
  • ローソンを普段使いしている人

 

 

REXカード

レックスカード

年会費無料
基本還元率1.25%
国際ブランドVISA
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

REXカードは、どこで利用しても1.25%の還元率を誇り、2,000円の利用ごとに25ポイントのREXポイントが還元されます。リボ払いにすれば、2,000円の利用ごとに35ポイントと還元率は1.75%にアップしますが、結局手数料を支払う必要があるため、できるだけリボ払いは避けるようにしたいところ。

REXポイントはJデポとして割引を受ける他、ANAマイルへの交換も可能です。ただし、ANAマイルへの交換レートは、1,500REXポイント→300ANAマイルと悪く、正直オススメできません。ここは素直に、Jデポとして利用するのがスマートでしょう。

Jデポは、クレジットカードの請求額から割引を受けることのできるクーポンのようなものです。一口1,500ポイントで、1,500円分のJデポに交換できるため、レートも申し分ありません。

注意点としては、あくまでもクレジット利用分から割引をされるかたちで適用されるため、REXカードを利用していなければ、Jデポの割引が無為になってしまうことです。この点には注意をしておきましょう。

JACCSモールの利用でさらにお得

JACCSモール

REXカードの会員サイトである『JACCSモール』をぜひ利用してみてください。JACCSモールを経由することによって、ただでさえ高い還元率をさらに上げることができるのです。

付加されるのは最低でも0.5%で、タイミングが良ければキャンペーンで大幅にポイントアップになっている店舗もあります。REXカードを活用するのであれば、必ずチェックしておきたいですね。JACCSモールで利用できる主な店舗は以下の通りです。

還元率店舗
1.75%
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • SEIYUドットコム
  • 楽天スーパー
  • じゃらんnet
2.25%
  • 楽天トラベル
2.26%以上
  • LOHACO
  • ポンパレモール
  • iTunes Store
  • エクスペディア

モバイルSuicaやSMART ICOCAへのチャージでもポイントが貯まる

REXカードで嬉しいのは、モバイルSuicaやSMART ICOCAへのチャージでも1.25%の還元が得られることです。もちろん、チャージしたモバイルSuicaやSMART ICOCAで決済をすれば、ポイントの2重取りも成立します。

モバイルSuicaやSMART ICOCAを普段使いしている方にとっては、願ってもいない素敵なクレジットカードと言えますね。

ちなみにモバイルSuicaへのチャージでもポイントは付与されますが、こちらはモバイルSuicaの年会費がかかってしまいます。モバイルSuicaを無料で活用したい場合は、ビックカメラSuicaカードやビュー・スイカカードなどのビューカード系列をあてると良いでしょう。

REXカードがおすすめな人

  • 年会費無料で最高峰の還元率を得たい人
  • ネット通販もお得に楽しみたい人
  • SMART ICOCAを普段使いしている人

 

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

年会費無料
基本還元率1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

Orico Card THE POINTは、年会費無料で基本還元率が1%と優秀なことはもちろんですが、最大の強みとして、入会後半年間は常に2倍の還元になることを声を大にしてお伝えしたいと思います。

Orico Card THE POINTは、向こう半年間で大きな買い物を控えている方にとって、非常に相性の良いクレジットカードと言えます。決済で貯まるオリコポイントの交換先には以下のものがあります。

  • Tポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • dポイント
  • au WALLETポイント
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • LINEギフトコード
  • ANAマイル
  • JALマイル

 

高還元率でポイントが得られる上、使い道に困ることがないほどに、豊富な交換先が用意されているのは嬉しいですね。ちなみにTポイント、Amazonギフト券、iTunesギフトコード、LINEギフトコードに関しては即時交換が可能となっていますよ。

オリコモール経由でお得

オリコモール

Orico Card THE POINTといえば、『オリコモール』の活用です。オリコモールと呼ばれるポイントモールを経由した上での買い物であれば、本来の還元率に加え、0.5%のバックが上乗せされます。

最初の半年間であれば基本還元率は2%なので、オリコモールとの併用で2.5%の還元率です。

  • 通常還元率:1%
  • 入会から半年間:2%
  • オリコモール経由:2.5%以上

 

Orico Card THE POINTは年会費無料のクレジットカードにもかかわらず、素晴らしい仕様です。さらには、掲載されている店舗によって、ボーナスポイントが設定されていることも見逃してはいけません。

たとえばAmazonの場合だと、0.5%のボーナスポイントが別途追加されるため、最初の半年間においてAmazonでの買い物をすれば、合計で3%もの還元を得ることができるのです。Amazonで一番還元率の高いクレジットカードは、Orico Card THE POINTと言えるのです。

Suicaへのチャージでもポイントが貯まる

電子マネーとして非常に便宜性の高いSuicaへのチャージでも、その高還元率が反映されます。チャージしたSuicaでの支払いをすれば、ポイント2重取りの成立です。

元々Suicaを普段使いしている方は、Orico Card THE POINTへの入会後半年間はまさにウハウハ状態。確実に節約効果を大きく押し上げてくれる一枚と言えますね。

Orico Card THE POINTがおすすめな人

  • 完全無料で高還元率のカードを持ちたい人
  • Amazon等のネット通販もお得に楽しみたい人
  • Suicaを普段使いしている人

 

 

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

年会費無料
基本還元率1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費540円
家族カード年会費無料

日本一Tポイントが貯まるクレジットカードとして有名なのがYahoo!JAPANカード。TSUTAYA会員証としての機能も持ち合わせているので、持ち歩くカードの枚数を減らすという意味でも役に立ちます。

街中で様々な店舗を観察すればお分かりのように、Tポイントのマークは至る所で見受けられます。リアル店舗においても多種多様な業種やサービスで利用可能なので、Tポイントを消化できないかもしれないという心配は無用ですね。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでさらにお得

Yahoo!ショッピング

Yahoo!JAPANカードを活用する上で外せないのが『Yahoo!ショッピング』と『LOHACO』。常にポイントが3倍になる他、キャンペーンを活用すればさらに獲得ポイントを伸ばしていくことができます。

たとえば、毎月5のつく日の買い物であれば、ポイント還元は5倍になりますし、『Tモール』というモールを経由しての買い物であれば、Yahoo!ショッピングなら0.5%、LOHACOであれば1%のポイントが加算されます。

普通に買い物をするのは非常にもったいないので、Yahoo!JAPANカードを活用していく上ではぜひ、Yahoo!ショッピングやLOHACOを積極的に活用していきましょう。

毎月20日はウェルシアがアツい

ウエルシア 毎月20日はTポイント1.5倍

貯まったTポイントを最もお得に使う方法として、ウェルシアでの利用を推奨したいと思います。というのも、毎月20日はウェルシアの『お客様感謝デー』であり、会計時に200ポイント以上のTポイントを利用すれば、1.5倍の価値に跳ね上がるのです。

ウェルシアは日用品の他、食料品なども豊富に取り揃えがあるため、毎月20日に向けてTポイントをコツコツ貯めていくという戦略がオススメ。

1,000ポイントなら1,500円の価値。3,000ポイントなら4,500円の価値と考えていけば、ウェルシア以外でTポイントを使うのがもったいないと感じてしまうかもしれませんね。

Yahoo!JAPANカードがおすすめな人

  • Tポイント加盟店を利用している人
  • Tポイントをザクザク貯めたい人
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOを普段使いしている人

 

 

イオンカードセレクト

イオンカード

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

イオンカードセレクトは、クレジットカード、イオン銀行のキャッシュカード、電子マネーのWAONが一体化したスマートな一枚です。クレジットカード決済分の引き落とし口座は自動的に、イオン銀行へ指定されています。

200円の利用ごとに、1ポイントのときめきポイントが貯まります。WAONへのチャージでもポイントが貯まるので、WAONによる決済分(0.5%)を合わせると、ポイントの2重取りが成立し、合計還元率が1%となる仕様です。

  • イオンカードセレクト→WAONチャージでもポイント付与
  • その他のイオンカード→WAONチャージでポイント付与対象外

 

貯めたときめきポイントの使い道は、WAONポイントへの移行がおすすめ。WAONポイントはそのまま電子マネーのWAONとしてチャージでき、イオングループをはじめとする様々な店舗で活用できるので、使い勝手に不足はありません。

毎月20日・30日は全国のイオングループで買い物代金が5%オフ

お客様感謝デー 毎月20日・30日は全国のイオングループで買い物代金が5%オフ

毎月20日・30日は全国のイオングループにおける『お客様感謝デー』であり、買い物代金が5%オフとなります。節約上手な全国の主婦たちはこぞって、このタイミングを活用しています。購入代金の5%オフなので、買えば買うほど割引額も高くなります。

  • 5,000円の買い物であれば250円オフとなり4,750円
  • 10,000円の買い物であれば500円オフとなり9,500円

 

これは大きいですよね。即時現金キャッシュバックを得ているに等しいです。イオンカードセレクトを利用していく上では、イオン系列店舗において、20日と30日に可能な限り買い物を集中させるようにしましょう。

ちなみに55歳以上であれば、毎月15日も同じく、5%オフの特典を受けることができますよ。

毎月5日・15日・25日はWAONの利用でWAONポイントが2倍

毎月5日・15日・25日はWAONの利用でWAONポイントが2倍 お客様ワクワクデー

毎月5日・15日・25日は『お客様ワクワクデー』です。WAONの利用によって、WAONポイントの還元が2倍となり、1%の還元を受けられるようになります。

ここでぜひ忘れて欲しくないのが、事前にイオンカードセレクトでWAONへのチャージをしておき、チャージされたWAONで決済をすることです。これでポイントの2重取りが成立し、合計還元率は1.5%となります。

毎月10日はポイント還元5倍の2.5%

ありが10デー

毎月10日は『ありが10デー』の特典として、クレジットカード、WAONのどちらで決済をしても5倍の還元率を得ることができます。

もちろんここでも、事前にイオンカードセレクトからWAONへチャージを済ませておき、WAONで決済することによってポイントの2重取りをさせてもらいましょう。合計還元率は3%です。なんとも素敵な値ですね。

ここまでのキャンペーン内容を以下にまとめておきます。

キャンペーン名称日程特典
お客様感謝デー20日・30日購入代金5%オフ
お客様ワクワクデー5日・15日・25日WAON決済でポイント2倍
ありが10デー10日クレジット決済・WAON決済でポイント2倍

 

これらを上手に活用すれば、毎月相当数のポイントが貯まっていくのは間違いありません。

イオンカードセレクトがおすすめの人

  • 所有カードの枚数を減らし、財布と支払いをスマートにしたい人
  • イオン系列を普段使いしている人
  • WAONを普段使いしている人

 

 

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル 入会キャンペーン

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

セゾンカードインターナショナルは、セブンイレブンやイトーヨーカドーの利用において本領を発揮してくれる完全無料のクレジットカードです。ETCカードまでを含め、即日発行できるクレジットカードは他にはない大きな強みと言えます。

1,000円の利用につき、1ポイントの永久不滅ポイント(1ポイント5円相当)が貯まります。その名の通り、有効期限がないポイントなので、じっくりとポイントを積み重ねた上で、一気にドカンと使うことも可能です。

特に貯めた永久不滅ポイントは交換レートが良く、活用しやすい交換先は以下の通りです。

  • Amazonギフト券
  • nanacoポイント
  • Tポイント
  • dポイント
  • au WALLETポイント

 

セブンイレブン・イトーヨーカドーなら常に1.5%の還元

セゾンカードインターナショナルの基本還元率は0.5%と正直、特筆すべきものではありませんが、セブンイレブンやイトーヨーカドーにおいては話は別です。

会員サイトの『Netアンサー』から事前に登録をしておくことで、全国のセブンイレブン・イトーヨーカドーにおいて還元率が1.5%に上がります。

1.5%の内訳は、0.5%の永久不滅ポイントと、1%のnanacoポイントです。登録したnanacoカードへ自動的に還元される仕様になっています。nanacoを普段使いしている方にとっても、相性が抜群のクレジットカードと言えますね。

全国のSEIYU・LIVINで5%オフ

毎月5日と20日は西友やリヴィンで5%オフ

セゾンカードインターナショナルを利用すれば、毎月5日と20日はSEIYUやLIVINなどのスーパーにおいて買い物代金が5%オフとなります。即座に5%の現金キャッシュバックを受けているのと同義なので、かなり大きな特典と言えます。

これに加え、0.5%の永久不滅ポイントも別途付与されるため、合計還元率は実質5.5%です。SEIYUやLIVINなどを普段使いしている方であれば、セゾンカードインターナショナルは発行必須のクレジットカードですよ。

セゾンカードインターナショナルがおすすめな人

  • クレジットカードやETCカードを即日発行したい人
  • セブンイレブンやイトーヨーカドーを普段使いしている人
  • SEIYUやLIVINを普段使いしている人

 

 

エポスカード

エポスカード 特徴 メリット デメリット

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA
ETCカード年会費無料
家族カード

サブで持つクレジットカードとして非常におすすめなのがエポスカード。

一人ひとりに持ってもらいたいという思いから、家族カードの扱いはありませんが、完全無料で持つことができます。マルイで大きな割引を享受できるのはもちろんですが、充実した海外旅行傷害保険が自動付帯となるのも見逃せないメリットです。

200円につき、1ポイントのエポスポイントが貯まります。エポスポイントはマルイでのショッピングの際に直接割引に活用できる他、以下のような交換先も用意されています。

  • マルイ商品券
  • iTunesギフトコード
  • VJAギフトカード
  • クオカード
  • スターバックスカード

 

マルコとマルオの7日間で10.5%お得

マルコとマルオの7日間

マルイでの買い物の為だけにこのカードを作成しても良いと言っても過言ではありません。

マルイでは年に4回『マルコとマルオの7日間』というイベントが開催されており、その期間内であれば、エポスカードの決済によって、なんと10%もの割引を受けることができるのです。

高品質な日用品や雑貨、食料品などが幅広く揃う無印良品や、ポールスミスや吉田カバン、HAMILTONなどのブランドショップにおいても、このメリットを享受することができるので、単発の買い物でもかなりのバックを得られるのではないでしょうか。

特にブランド品については、【マルコとマルオの7日間×エポスカード】のコンボで購入しないと絶対に損です。10,000円の商品なら1,000円の割引。50,000円の商品なら5,000円もの割引が得られますからね。

もちろん、基本還元率の0.5%は別途還元されるので、マルコとマルオの7日間において、エポスカードは10.5%の還元率を誇るということになります。

一部対象外の商品はあるものの、セール対象品に対しても10%の割引がかかるので、「年会費永年無料のカードでこんなに得していいの?」と変な心配までしてしまいそうです。

さらに嬉しいのが、『マルイウェブチャネル』というネット通販においても10%割引が適用されることです。雨天時に出かけるのが億劫になってしまったり、忙しくてゆっくり外出する時間を確保できない場合にも、実店舗における買い物と同等のメリットが得られるのは嬉しいですね。

マルコとマルオの7日間×無印良品週間で最大19%オフ

無印

無印良品では無印良品週間と呼ばれるキャンペーンがあり、マルコとマルオの7日間と無印良品週間が重なるタイミングにおいてはなんと、無印良品でのお買い物が19%オフになります。無印良品では多数の生活必需品を手に入れることができる為、本当に家計が助かります。

ちなみに、過去の実績を振り返ってみると、マルコとマルオの7日間と無印良品週間が重なるのは3月と11月である可能性が非常に高いです。

無印良品のファンの方はもちろん、シンプルで質の高い商品に関心のある方もぜひ、このチャンスを活用してみてください。参考までに、無印良品が入っているマルイを以下に示しておきます。

無印良品が入っているマルイ

  • 上野マルイ
  • 中野マルイ
  • 丸井吉祥寺店
  • マルイファミリー海老名
  • マルイファミリー志木

 

インビテーションでゴールドカードが年会費無料

エポスカード 特徴 メリット デメリット ゴールドカード

ゴールドカードが年会費無料?

そうなんです。エポスゴールドカードは、インビテーションを受けるという条件付きであれば、年会費無料で持つことができます。本来であれば、年間で50万円以上の利用をしなければ、5,000円の年会費を無料にできないことを考えると、非常にありがたいですね。

ゴールドカードになると、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。その一部を以下の通り、紹介しておきます。

  • ポイントの有効期限がなくなる(通常のエポスカードは2年間)
  • 年間50万円以上の利用で2,500ポイント、年間100万円以上の利用で10,000ポイントのボーナスポイントが付与
  • 22の国内・海外空港ラウンジの利用が無料
  • 国際線クロークにおける利用料金15%オフ
  • 空港から自宅までの宅配を優待価格で利用可能
  • 海外モバイルWi-Fiルーターを20%オフでレンタル可能
  • カード紛失時の緊急カード発行無料

 

これだけのメリットを年会費無料で享受できるのであればぜひ、ゴールドカードを持ってみたいですよね。インビテーションの条件は明示されているわけではありませんが、継続的な利用が大切であるのは間違いないでしょう。

エポスカードがおすすめな人

  • マルイや無印良品を普段使いしている人
  • 充実した海外旅行傷害保険の自動付帯に魅力を感じる人
  • ゴールドカードを将来、無料で持ちたい人

 

 

dカード/dカードGOLD

dカード

dカードdカードGOLD
年会費初年度:無料
2年目以降:1,350円
※年に1度の利用で無料
10,800円
基本還元率1%1%
ドコモ料金:10%
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード初年度年会費:無料
2年目以降:500円
年会費無料
家族カード年会費無料年会費無料

dカード/dカードGOLD共にドコモユーザーだけのクレジットカードと思われてしまいがちですが、ドコモユーザー以外の方でも、しっかりとそのメリットを享受することのできるクオリティの高いクレジットカードです。

決済で得られるdポイントは、系列店やサービスで使える他、Pontaポイントと同様に、ローソンのLoppi引換券にあてることで、その価値を1.5倍〜3倍に高めることも可能となっています。

ドコモユーザーはdカードGOLDを選ばないと損

dカードゴールド

ドコモユーザーであれば、年会費無料のdカードではなく、dカードGOLDを選択しないと損と言っても過言ではありません。というのもドコモの携帯料金やドコモ光の支払いにおいては、dカードGOLDで10%の還元を得ることができるためです。

仮にドコモの携帯電話料金が毎月10,000円だとしましょう。年会費無料のdカードなら1%還元で100ポイントのところ、dカードGOLDであれば一気に1,000ポイントの大幅還元となります。

鋭いあなたなら既にお気付きかもしれませんが、1,000ポイントを12ヶ月継続して享受すれば12,000ポイントとなり、これだけで年会費分をペイできてしまうのです。年会費とドコモの利用料金の損益分岐点は8,400円です。

dカードGOLDは国内外における旅行傷害保険も手厚く、全国の主要ラウンジも無料で利用できるようになるため、ドコモユーザーかつ旅行好きな方にとっては間違いのないカードと言えましょう。

ローソンやノジマならいつでも5%お得!

dカード ローソンで5%お得

Loppi引換券が活用できるだけでもかなり嬉しいのですが、dカード/dカードGOLD共にローソンや家電量販店であるノジマにおける会計時に、その本領を発揮します。基本還元率としては1%ですが、対象店舗では以下の通り、5%の還元を得ることが可能となるのです。

  • カードを提示することによって1%のポイント還元
  • カードによる決済でお会計が3%オフ
  • カードによる決済で1%のポイント還元

 

dカードを提示するだけで1%のポイント還元。ここに疑問を持たれる方もいるかもしれません。実はこのカード、dポイントカードの機能も兼ね備えており、提携先でカードを提示することによって、ポイントを貯めていくことができるのです。

これとクレジットカードの決済で2重取りがキレイに成立するのですが、ローソンや家電量販店であるノジマの場合はさらにメリットが追加されます。なんと、お会計から自動的に3%がカットされるという仕組みになっているのです。

本来1%の還元であることを考慮に入れると、約5倍の節約効果があると言えますね。ローソンやマクドナルド御用達の方であれば、dカード/dカードGOLDを選択しない手はないでしょう。

dポイント特約店でさらにお得

dポイント特約店とは、カード決済によるポイントとは別で、さらにポイントが加算されるお得な店舗です。主な店舗は以下の通りなので、普段使いできる特約店がないかチェックしておきましょう。特に、オリックスレンタカーやスターバックスカードの4%が光りますね。

還元率店舗
2%
  • ENEOS
  • 伊勢丹
  • 洋服の青山
  • 紀伊國屋書店
  • JAL
3%
  • AOKI
  • JTB
4%
  • オリックスレンタカー
  • スターバックスカード

 

dカードポイントアップモールの経由でさらにお得

dカードポイントアップモール

dカードポイントアップモール』の特典を活用すれば、ネット通販でも還元率がアップします。

dカードポイントアップモールとは、モールを経由した上で、対象の店舗で買い物をすれば、最低でも1.5倍以上のポイントを獲得できるという仕様です。キャンペーン中で運が良ければ、10倍を超える還元率を得られることがあるかもしれません。

還元率店舗
1.5倍
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • DHCオンラインショップ
  • Apple Store
  • じゃらん
  • ジーユーオンラインストア
2倍
  • LOHACO
  • SEIYUドットコム
  • FANCL
  • JTB
  • i LUMINE
特に優遇
  • セブンネットショッピング(2.5%)
  • グルーポン(2.5%)
  • エクスペディア(3.5%)
  • JINS(3.5%)

 

dカードポイントアップモールの仕組みや使い方を『dカードポイントアップモールでdポイントがザクザク貯まる!お得な買い物方法』の記事で更に詳しく解説しています。

dカード/dカードGOLDがおすすめな人

  • ドコモユーザーの人
  • ローソンやマクドナルドを普段使いしている人
  • dポイント特約店を普段使いしている人

 

 

節約に役立つクレジットカードは還元率だけで選ばないのが重要!

博士が白猫に 「クレジットカードを選ぶ基準は還元率だけではないんじゃよ。相性もとても重要なのじゃ。」 と言っているシーン

さて、ここまで10枚のハイスペックなクレジットカードを紹介してきましたが、あなたはどのクレジットカードに特に魅力を感じたでしょうか?

ウィーちゃんウィーちゃん

やっぱり還元率の高いクレジットカードは魅力的だよね!

博士博士

もちろん還元率の高いクレジットカードは重要じゃが、実はそれだけで節約効果を最大限にまで引き出すことはできないんじゃよ。

本記事の最終項でお伝えしたいのは、節約目的だからと言って「還元率だけにとらわれない」ということ。もちろん、還元率が優れているに越したことはないのですが、やはり様々なメリットをトータルでみて、節約効果がきちんと得られるかどうかが最も重要です。

ここでは、具体的にどのような視点や考え方を持ってクレジットカードを選定していくべきかのヒントをお示しできればと思います。以下の項目を読み進めていただいた上で改めて、前述した10枚のクレジットカードと向き合ってみてください。

基本還元率以上によく利用している店舗との相性が大切

基本還元率の高さは重要です。これは間違いのない事実ですが、それ以上によく利用している店舗との相性の方が大切になってくるケースも多々あります。

ウィーちゃんウィーちゃん

相性…?

たとえば、本記事で紹介しているクレジットカードの中に、還元率が1.25%のREXカードがあります。年会費無料のクレジットカードの中では最高峰の還元率を誇る文句なしの一枚です。

しかし、あなたが普段からイトーヨーカドーをよく利用しているとしましょう。既にご存知の通り、イトーヨーカドーと相性の良いカードに、セゾンカードインターナショナルがあります。

仮に毎月、イトーヨーカドーで10,000円の買い物を1年間継続した場合の還元率(節約効果)を、これら2枚のクレジットカードにおいて比較してみたいと思います。

REXカードの場合

  • 10,000円×1.25%=125ポイント
  • 125ポイント×12ヶ月=1,500ポイント

セゾンカードインターナショナルの場合

  • 10,000円×1.5%=150ポイント
  • 150ポイント×12ヶ月=1,800ポイント

 

ウィーちゃんウィーちゃん

本来はポイント還元が高くないクレジットカードでも、使う店と相性が良ければ断トツでお得になったりするんだね。

いかがでしょうか。ここでポイントとなるのが、セゾンカードインターナショナルは本来0.5%の還元率ですが、イトーヨーカドーにおいては常に1.5%の還元が得られるということ。

REXカードとセゾンカードインターナショナルでは、還元率だけでみると2倍以上の開きがあるものの、セブンイレブンやイトーヨーカドーの買い物においては、見事に優劣の逆転が起こってしまうのです。

単に基本還元率だけで判断してはいけないことがわかる良い例ですね。改めて、あなたが普段使いしている店舗やサービスなどをリストアップしてみると、クレジットカードの選定に役立つはずですよ。

基本還元率以上に○%オフが大切

先ほどは、還元率が優遇される例を示しました。これに加え、ぜひ○%オフといった割引にも着目してみてください。

たとえば、REXカードに次いで優秀な還元率を誇るものにリクルートカードがあります。最低でも常に1.2%の還元を得ることができるありがたいカードですね。

しかし、あなたがマルイのファンであるとしましょう。既にご存知の通り、マルイと相性の良いカードに、エポスカードがあります。仮に「マルコとマルオの7日間」においてマルイで奮発し、ブランド物のアイテムを購入したとします。100,000円です。人によっては、清水の舞台から飛び降りる事態です。

この場合、リクルートカードとエポスカードでは、それぞれどのような還元具合となるかをみていきましょう。

リクルートカードの場合

  • 100,000円×1.2%=1,200ポイント

エポスカードの場合

  • 100,000円→90,000円(10%オフ)
  • 90,000円×0.5%=450ポイント
  • 10,000円+450ポイント=10,450円分の還元

 

ウィーちゃんウィーちゃん

全然得られるお得さが違う…!

いかがでしょうか。基本還元率0.5%のエポスカードが、基本還元率1.2%のリクルートカードを軽く追い越す瞬間です。このように考えれば、以下のような考え方でクレジットカードを選定するのがおすすめと言えます。

  • 普段使いしている店舗と相性の良いクレジットカードは迷わず発行する
  • その他の店舗で普段使いするカードとして、REXカードやリクルートカードなどの還元率に優れたカードを発行する

 

いわゆるクレジットカードの複数持ちですね。クレジットカードを何枚持つかは人それぞれですが、一般的には約3枚程度が多いという統計があります。

それぞれのカードの良いとこ取りをすれば、得られるメリットの数や深さもひとしおとなります。以上を踏まえていただき、あなたのライフスタイルにマッチしたクレジットカードの選定をしてみてくださいね。

まとめ

年会費無料で持てるクレジットカードの中にも、スペックの優れたものはたくさんあります。目移りしてしまう人もいることでしょう。

そこでつい、還元率の多寡だけに目がいってしまうかもしれませんが、最終項でお伝えしたように、トータルであなたが節約効果を得られるかどうかがポイントとなります。

普段使いしている店舗やサービスはどこか。ネット通販はどこを利用することが多いかなどについてぜひ、紙に書き出してみてください。自ずとあなたに必要なクレジットカードが見えてくるはずですよ。