楽天ポイント ギフト

ウィーちゃんウィーちゃん

博士~!楽天のポイントギフトカードってコンビニとかで売ってるけど、何でわざわざポイントを売っているの??

博士博士

例えば楽天市場で商品を買う時に、クレジットカードの情報は入力したくない場合などに使われるんじゃよ!

他にもポイントを知人などにプレゼントすることだって可能なのじゃ!

お尻をふりふりしながらテンポのいい曲に合わせて踊る「お買い物パンダ」が人気の楽天ポイント。

あなたのお財布にも楽天のポイントカードや、ネット上で楽天市場など買物で利用していませんか?その楽天ポイントに「ギフトカード」があるってご存知でしたか?

今回は「楽天ポイントギフトカード」について詳しくまとめましたので、その活用方法や使うメリットについて学んでいきましょう。

スポンサーリンク

楽天ポイントギフトカードとは?

楽天ポイント ギフト
全国のコンビニエンスストア等で購入することができる楽天スーパーポイントの「ギフトカード」で、カードを購入したあと楽天のウェブサイトにて、購入分のポイントを受け取ることができるというものです。

楽天ポイントギフトカードには2つのタイプがあります。

【金額固定タイプ】

3,000円、5,000円、10,000円の3種類があります。

【金額指定タイプ(楽天ポイントギフトカードバリアブル)】

購入時、レジにて1,500円から50,000円までの間で金額を指定することができます。※一部のコンビニエンスストアでは取り扱いされていないところがありますので、店頭にてお尋ねください。

楽天ポイントギフトカードが買える場所

楽天ポイントギフトカードは、コンビニエンスストアを中心にドンキホーテなどでも購入することができます。お店は以下の通りになります。

  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • サークルK・サンクス
  • ポプラ
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ドンキホーテ
  • ジョーシン
  • ダイエー
  • セイコーマート
  • SAVE ON

 

その他の商品券の購入場所や、商品券の種類については、商品券の種類は何がある?購入場所とギフト用のおすすめ金額の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

博士博士

続いて、楽天ポイントギフトカード(バリアブルカード)を持つメリットについて解説していこう!

楽天ポイントギフトカードを持つメリット

楽天ポイント ギフト

楽天市場でクレジットカード以外で買い物をしたい時や、またクレジットカードを持っていないけれど、銀行振込や代引き、コンビニ決済だと手数料がかかってしまうので手数料を無料にしたいという時に、楽天ポイントギフトカードが大いに活躍してくれます。

また「クレジットカードだとつい使い過ぎてしまう!」

という人は、使いすぎ防止のために毎月決まった金額分だけポイントギフトカードを購入し、その中で買い物を行うという方法もありますよ。

そして、お世話になっている人への贈り物や、PIN番号をメールなどで送る取引の方法として使うこともできます。

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードの利用が不安な時にオススメだね!

購入する時に得する方法

せっかく購入するのですから、少しでもお得な方法で購入したいですよね。どんな時に買うのがいいのか、またどういった購入の仕方がいいのかをご紹介します。

コンビニのキャンペーン時に購入

それぞれのコンビニエンスストアで、「楽天ポイントギフトカード 購入キャンペーン」を行う事があります。

「○○円以上の楽天ポイントギフトカードを購入すると、○○ポイントプレゼント!」といった内容で行われますので、そういった機会を狙って購入する方がお得ですよ。

クレジットカードで購入

クレジットカードのポイントを獲得できるので、実質割り引いて購入したことと同じになります。ただし、ギフト券やギフトカードと言った類いのものは基本的にクレジットカードは使用できません。

使用できるところは、以下の『クレジットカードで購入する』にて詳しくご説明いたします。

ドンキホーテで購入

ドンキホーテグループ限定の電子マネー兼会員カード「majica」を使って購入することができます。

1,000円以上商品を購入した時にmajicaを提示すると、合計金額の端数(1円単位)を、最大9円まで切り捨ててくれるというものです。

楽天ポイントバリアブルカードを1,509円分購入しても、1の位は切り捨てなので支払い額は1500円となりますし、ドンキホーテではクレジットカードを使用することもできますので、こちらも同じく以下の『クレジットカードで購入する』にて詳しく説明していきますね。

ヤフオクで購入

ヤフオクでは、額面前後の価格で落札することができます。

たまにヤフオクは落札キャンペーンを行っていて、期間中の落札額の「最大10%をTポイントでキャッシュバック」というキャンペーンを行ってますので、その機会に購入するとかなりのお得になりますよ。

nanacoカードで購入する

セブンイレブンが扱っているnanacoで楽天ポイントギフトカードを購入することもできます。

貯めたnanacoポイントをnanacoの電子マネーに交換して、それで楽天ポイントギフトカードを買えば、nanacoポイントは楽天ポイントに変換されることと同じになりますので、楽天市場などで大きな買い物をするときなどはポイントが無駄なく活用できます。

ちなみにnanacoにチャージする時に、チャージでポイントが付くクレジットカードを利用すれば、間接的にクレジットカードのポイントも貯められますのでその分お得になります。

スポンサーリンク

セブンイレブンのnanacoでは、よくチャージやnanacoの利用に対するキャンペーン等を行っていますので、それと組み合わせるとさらにポイントが付くことになりますので、キャンペーン等をチェックして狙って行くといいでしょう。

nanacoへチャージするには、リクルートカード楽天カードがおすすめです。

ウィーちゃんウィーちゃん

nanacoを利用する時には、チャージ時にもポイントは稼いでおこう!

高い還元率のクレカだと、毎回実質2%以上の還元率になるよ!

nanacoカードのお得な使い方は、以下の記事で詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。

クレジットカードで購入する

通常やギフト券やギフトカードと言ったものに関しては、クレジットカードでの購入はできないことが多いのですが、いくつかの場所ではクレジットカードで楽天ポイントギフトカードを購入することができます。

  • ファミリーマートにてファミマTカートで購入
  • セブン・イレブンにてクレジットカードでチャージしたnanacoで購入(上記『nanacoカードで購入する』参照)
    ※ただし、この時nanacoポイントは付きません
  • ドンキホーテでクレジットカードにて購入

 

ドンキホーテではどこの会社のクレジットカードでも、楽天ポイントギフトカードを購入することが可能です。なので、各クレジット会社のポイントアップなどの「キャンペーン」の時や高還元のクレジットカードなら、買った分のポイントがお得に付くことになります。

さらにドンキホーテでは、JCBギフトカードやドンキホーテ商品券で楽天ポイントギフトカードを購入することが可能なので、金券ショップで商品券を安く購入したり、家においてある商品券で楽天ポイントギフトカードを購入して更なるお得を目指すこともできますよ。

こういった時に利用したいのが還元率の高いクレジットカードですよね。高還元してくれるクレジットカードについて以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイントを受け取る方法

それでは購入した楽天ポイントギフトカードを受け取る方法を解説していきますね。受け取らないと楽天市場などでは使うことができないので、間違いのないようにしましょう!

まずは、【楽天POINT CLUB】にアクセスし、上の方にある〔ギフトカード〕の画面に移動します。

楽天ポイント ギフト

〔楽天スーパーポイント受け取り画面へ進む〕ボタンをクリックします。

楽天ポイント ギフト
おそらく次のページでログイン認証を求められると思うので、自分が使っている楽天会員のID(メールアドレス)とパスワードを入力します。

続いて出てきた画面では、カード裏面にPIN番号の部分をコイン等で削って、記載されているPIN番号をれてください。

楽天ポイント ギフト

〔楽天スーパーポイントを受け取る〕ボタンをクリックします。これで楽天スーパーポイントの受け取りは完了です!

ポイントギフトカードを受け取る時の注意事項

1ヶ月で利用することができるポイントには上限がありますので、購入するときは注意が必要です。

楽天ポイントギフトカードより獲得できる楽天スーパーポイントの有効期間は、このカードが有効化された日(コンビニのレジに通した時にカードが有効化されます)から6ヶ月間です。

ポイントギフトカードを受け取った日から6ヶ月ではありませんので、有効期限をしっかりと確認してください。

楽天ポイントギフトカードを使うデメリット

本来の楽天スーパーポイントの有効期限は1年と決まっています。そこにポイントが付くたび有効期限が更新されていく仕組みなので、毎月ポイントをもらっていれば、有効期限は実質無期限となります。

しかし、楽天ポイントギフトカードでもらえるポイントは「期間限定ポイント」となりますので、有効期限は6ヶ月しかありません。何かに使用する目的があればいいのですが、目的がなく購入してしまうと「期限がきてしまった!」という事態になりかねません。

そしてもう一つ気を付けたいのは、「余ったポイントの失効」です。

せっかく10,000ポイントの楽天ポイントギフトカードを購入したのに、8,000ポイントしか使用しておらず、残りの2,000ポイントは期限が切れてしまうのではもったいないですね。

このポイントの有効期限が唯一のデメリットと言えるでしょう。忘れずにポイントを使い切ってしまいましょう。

余った楽天ポイントの得する使い方を、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

「楽天ポイントギフトカードを使うメリット」はいかがでしたでしょうか?

ギフトというと「贈り物」というイメージが強くて、自分用に購入することなどなかったと思いますが、キャンペーンやクレジットカードなどをうまく使ってポイントをザクザク付けて購入すれば、さらにお得になりますね。

この機会に、ポイントギフトカードを利用してみてはいかがでしょうか?ただし、有効期限には気を付けてくださいね。

スポンサーリンク