イラスト文字で 『楽天ゴールドカードの評判とメリット・デメリット』 と記載し、下に楽天ゴールドカードと博士と白猫がいるイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天ゴールドカードって評判が高いの?

博士博士

もちろんじゃ!楽天ゴールドカードには多くのメリットあって、メインカードとして利用している人も多いんじゃよ。

楽天ゴールドカードは年会費が2,160円とゴールドカードが初めての方にも持ちやすいゴールドカードです。

空港ラウンジが利用できたり、楽天カードよりもさらに楽天市場での還元率が高くなったりなどの魅力がたくさんあり、実際に楽天ゴールドカードを利用しているユーザーからの評判も抜群に高いのが特徴です。

楽天ゴールドカードは楽天市場のヘビーユーザーなら間違いなく利用しておくべきカードと言えます。その他にもゴールドカードならではの特典が多く充実している上に、2,160円の年会費は破格と言えるでしょう。

ここでは、そんな楽天ゴールドカードの評判や、メリット・デメリットを詳しく解説していきます。年会費2,160円を支払ってまで発行する価値があなたにとってあるのかどうかぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

楽天ゴールドカードの特徴

楽天ゴールドカード

年会費2,160円(税込)
申込条件20歳以上の安定収入のある方。
※学生不可
基本還元率通常:1.0%
楽天市場:5.0~14%
国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
ETCカード無料
家族カード540円(税込)

 

楽天ゴールドカードは、ゴールドカードとしては破格の年会費2,160円という手軽さが人気の楽天系サービスに強いゴールドカードです。通常の楽天カードが18歳以上から申し込めるのに対し、入会の条件が20歳以上となっており学生の方は申し込み不可になっています。

ウィーちゃんウィーちゃん

年会費が2,160円のゴールドカードって珍しいね。

通常の還元率は楽天カードと同じ1.0%ですが、楽天市場で利用した時の還元率は『楽天スーパーポイントアッププログラム』によって5%以上の還元率になる為、楽天市場のヘビーユーザーにとっては通常の楽天カードよりもかなりお得になります。

年会費2,160円でゴールドカードのサービス

楽天ゴールドカードの年会費は税込2,160円です。この金額は、一般的なゴールドカードと比べるとかなりお手頃な年会費といえます。

例えば、還元率が同程度のdカードGOLDなら年会費は税込10,800円です。

「ゴールドカードを持ってみたいけれど、年会費が気になる」という方でも気軽にトライできるゴールドカードが楽天ゴールドカードといえるでしょう。

博士博士

年会費が安いから特典も少ない…という訳でもなく、充実した内容がこの年会費で利用できると考えればかなりお得じゃよ。

当然、楽天ゴールドカードはゴールドカードならではの特徴も兼ね備えています。

  • 国内空港ラウンジと一部海外空港ラウンジが年2回まで無料
  • 楽天市場での還元率が5%
  • 利用可能額が最大200万円

 

入会条件は20歳からで学生不可

博士が楽天ゴールドカードを持ちながら白猫に 『楽天ゴールドカードは20歳以上じゃないと申し込めないんじゃよ。』 と言っているイラスト

通常のクレジットカードの入会条件では『18歳以上』というものが非常に多いです。しかし、楽天ゴールドカードは次のような入会条件となっています。

  • 20歳以上の安定収入のある方
  • 学生不可

 

楽天ゴールドカード 学生は申し込みできません

先程もお伝えしたように、楽天ゴールドカードは学生は申し込みできません。ゴールドカードということで、20歳以上の社会人の方向けのカードということを覚えておきましょう。

家族カードは有料・ETCカードは無料

楽天ゴールドカードの付帯カードに家族カードとETCカードがあります。それぞれの年会費は通常の楽天カードと違っているので注意しましょう。

  • 家族カード:税込540円/年
  • ETCカード:無料

 

ウィーちゃんウィーちゃん

通常の楽天カードと違ってETCカードが無料で利用できるのは嬉しい!

通常の楽天カードでは、家族カードが無料・ETCカードが有料という条件でしたのでちょうど反対になっています。

 

楽天ゴールドカードの嬉しいメリット

博士が楽天ゴールドカードを持ちながら 『楽天ゴールドカードはかなり多くのメリットを得られるぞ!』 と言っているイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天ゴールドカードを利用するメリットって何があるの?

博士博士

通常の楽天カードと同様のメリットを享受しながら、更にゴールドカードならではのメリットを得られるのじゃ!

楽天ゴールドカードには、楽天カードと共通のメリットと楽天ゴールドカードならではのメリットがあります。

まず楽天カードと共通のメリットは以下になります。

  • どこでも1.0%還元
  • 街の加盟店でもポイントを貯められる
  • 楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)
  • 楽天Edy機能付き&チャージでポイント付与
  • 海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 海外アシスタンスサービス

 

次に、楽天ゴールドカードならではの特別なメリットには以下のようなものがあります。

  • 楽天市場での還元率が5%以上
  • 国内・一部海外の空港ラウンジが年2回まで無料
  • 楽天ゴールドカード専用デスク
  • 利用限度額が最大200万円

 

ここからは、楽天カードの共通のメリット・楽天ゴールドカードならではのメリットについてより詳しく解説していきます。

では、最初に楽天カードと楽天ゴールドカードの共通のメリットをご紹介します。

 

楽天市場以外でも1%還元

自社サービスにおいて還元率が高い、というのはこの高還元クレジットカードが乱立する時代には当たり前と言えるかもわかりません。楽天ゴールドカードの場合ももちろん楽天市場で高還元になることは言うまでもありません。

一方で付帯する国際ブランド加盟店、光熱費の支払いなどでも1%の楽天スーパーポイントを貯めることが可能です。一般的なクレジットカードの還元率が0.5%が多いことを考えると、優秀なカードと言えるでしょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天カードはポイントがザクザク貯まることでも有名だもんね。

すべての支払いのポイントを楽天スーパーポイントにまとめることでよりポイントを無駄にしにくくなりますし、ポイントの取りこぼしもなくなりますね。

街の加盟店でもポイントを貯められる

楽天ゴールドカードには楽天ポイントカードの機能も搭載されています。つまり、クレジットカードが使えずに電子マネーや現金のみの支払い方法の楽天スーパーポイント加盟店でポイントを貯めることが可能になるのです。

街にある加盟店をチェーン店中心にご紹介します。なるべく全国区のお店をご紹介しますので、来店の際にはカードの提示を忘れないようにしましょう。

業種店名
飲食店
  • くら寿司
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • カフェ&バー PRONTO
  • ペッパーランチ
  • 楽天カフェ
百貨店・コンビニ・ドラッグストア
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • ツルハドラッググループ
ファッション・スポーツ用品
  • coen
  • 紳士服フタタ
  • 紳士服コナカ
  • KOMEHYO
  • つるやゴルフ
  • 好日山荘
家電量販店
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ジョーシン
  • J&P
  • ジョーシンアウトレット
生活
  • 引越しは日通
  • アリさんマークの引越社
  • 株式会社サカイ引越センター
  • ホワイト急便
  • 得タク
カーライフ
  • NPC24H(コインパーキング)
  • 日信電子サービス(コインパーキング)
  • 日本駐車場開発(コインパーキング)
  • 出光サービスステーション
  • 伊藤忠エネクス
  • エネクスフリート
  • キグナス石油
  • SOLATO 太陽石油
  • Jネットレンタカー
  • スカイレンタカー

 

この他にも地域限定の店舗など楽天ポイントカード加盟店は数を増やしています。今後、カジュアルファッションのRight-Onやガソリンスタンドのコスモ石油も加盟予定です。

楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)

楽天スーパーポイントアッププログラム

楽天会員のIDを持っているとエントリーなしで参加できる『楽天スーパーポイントアッププログラム(楽天SPU)』によってポイントアップの恩恵を受けることが可能です。

その楽天SPUの中には、楽天カードを持っていることや楽天ゴールドカードを持っていることも含まれます。楽天SPUでポイントアップする条件には以下のものがあります。

  • 楽天カード利用:+2倍
  • 楽天プレミアムカード・ゴールドカード利用:+2倍
  • 楽天銀行口座から楽天カード利用分引き落とし:+1倍
  • 楽天モバイル通話SIM利用:+2倍
  • 楽天トラベル対象期間の利用:+1倍
  • 楽天市場アプリでの買い物:+1倍
  • 楽天ブックスまたは楽天koboで月2,000円以上購入:+1倍
  • 楽天ブランドアベニュー月1回以上購入:1倍
  • 楽天TVのNBA Specialまたはパ・リーグSpecial加入・更新:1倍
  • 楽天ビューティ月1回1,500円以上利用:1倍
    合計最大14倍

 

ウィーちゃんウィーちゃん

最大14倍はすごい…!

博士博士

14倍は達成できなくても、確実に達成できるものをコツコツ行えば面白いようにポイントが貯まっていくぞ!

最大でポイント14倍にもなってしまうのが楽天SPUのすごいところです。楽天系のカードを所持しているとそれだけでポイントアップ対象となりますが、他の条件も可能なら達成するとより効率良く楽天市場でのポイントが貯まります。

楽天市場のキャンペーンはこの他にも多く行われています。詳しくは『楽天市場はキャンペーンだらけ!お得に買物できるキャンペーン情報』の記事を合わせて参考にしてみてください。

楽天Edy機能付き&チャージでポイント付与

楽天Edy

楽天Edyはカード本体が有料です。年会費は必要ありませんが、最初にカードを手に入れるのにキャンペーン時で54円~、キャラクターデザインのもので540円と差はありますが、発行手数料が必要となっています。

楽天ゴールドカードなら、そんな楽天Edyの発行手数料が要らないこと、チャージと利用で合計1%還元になることが大きなメリットです。

  • 楽天Edyの発行が無料
  • チャージ&利用で合計1.0%還元

 

楽天Edyにチャージでポイント還元があることによって、クレジットカード非対応・楽天Edy対応の店舗で急いでいるのでサインをしたくないという場面でも着実にポイントを貯めることができます。

Edyを無料で発行する方法は『Edy楽天ポイントカードを無料で入手する方法まとめ』の記事で詳しく紹介しています。

海外旅行傷害保険が利用付帯

楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険は、利用付帯といって飛行機のチケットやツアー代金などを楽天ゴールドカードを使って日本出国前に決済する必要があります。

旅行代金・交通費の決済によって補償の対象となりますので、楽天ゴールドカードの付帯保険を使いたい場合には忘れずに楽天ゴールドカードで決済しましょう。この旅行保険は通常の楽天カードと同じ補償内容となります。

海外旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

保険内容金額
傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任(免責なし)2,000万円
救援者費用200万円
携行品損害
(免責金額3,000円)
20万円

 

博士博士

海外旅行保険が充実しているのは楽天カードの大きなメリットと言えるじゃろう。

海外で病気やケガなどのトラブルになると、国内の健康保険が使えない為に非常に医療費が高額になるうえに家族が駆けつけなければならないなどの問題があります。そんな時に助かるのが楽天ゴールドカードに付帯している、海外旅行傷害保険があると安心なのです。

どこまで補償範囲なのか?など、楽天カードの海外旅行保険は『楽天カードの海外旅行保険は充実した補償内容!旅行保険の内容や申請方法を徹底解説!』の記事の更に詳しく解説しています。

イラスト文字で 『楽天カードの海外旅行保険は充実!』 と記載し、下に博士と白猫と楽天カードがあるイラスト 楽天カードの海外旅行保険は充実した補償内容!旅行保険の内容や申請方法を徹底解説!

 

海外アシスタンスサービス

海外で病気やケガの時、問題になるのはお金のことだけではありません。

どうやって病院にかかればいい?

英語はなんとかなるけれど、ここは英語圏じゃないからどうしたらいい?

などと、具合も悪い中心配しなければいけないことが増えて辛いですよね。そこで頼りになるのが『海外アシスタンスサービス』です。

楽天ゴールドカードの場合、海外アシスタンスサービスでは以下のようなサポートが受けられます。医療サービスだけでなく、カードの紛失・盗難にも対応しています。

  • 渡航先からの事故受付・相談
  • 医療施設への移送
  • 本国への送還
  • 現地の医師の緊急派遣
  • 医療品類の緊急手配
  • カードの紛失・盗難の際の手続き

 

もしもの時、現地でも日本語でのサポートが受けられる安心は大きいですよね。

楽天市場での還元率が5%以上

ここからは、楽天ゴールドカードだけのメリットをご紹介していきます。楽天市場での還元率は楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)によって、楽天ゴールドカードを持っていると合計で通常の還元率+4倍となります。

  • 楽天市場での買い物で常に5%還元
  • 他の楽天SPUの条件をクリアするとさらに還元率UP

 

ウィーちゃんウィーちゃん

通常の楽天カードなら3倍だけど、楽天ゴールドカードならいつでも最低5倍ってすごい…!

例として、誰にでもすぐできる楽天SPUでのポイントアップ方法を二つご紹介します。

  • 楽天市場アプリで購入する:+1%
  • 楽天銀行を楽天ゴールドカードの引き落とし口座に設定:1%
    上記二つの条件クリアで7%還元

 

楽天市場では最低5%、無理なく7%などの超高還元で楽天市場が利用できるというメリットは楽天ヘビーユーザーにとってはかなり嬉しいメリットといえるのではないでしょうか。

まだ楽天銀行を開設していない方は『絶対に持っておきたい銀行!?楽天銀行のメリット・デメリット』の記事も合わせて参考にしてみてください。

国内・一部海外の空港ラウンジが年2回まで無料

ゴールドカードというと空港ラウンジの利用権、というイメージが強い方も多いでしょう。楽天ゴールドカードでは国内空港+海外一部空港のラウンジが年に2回まで無料で利用できます。

空港ラウンジが利用できると、搭乗までの時間をゆったりと静かに過ごすことができて旅がより快適になるというメリットがありますよね。楽天ゴールドカードでは、次のような条件で空港ラウンジが利用可能です。

  • 2018年8月末まで:国内空港+海外一部空港ラウンジ利用可
  • 2018年9月1日以降:国内空港+海外一部空港ラウンジ年2回まで利用可

 

ウィーちゃんウィーちゃん

年2回の空港ラウンジ利用に改定されちゃうんだね…。

年に2回までの利用となってしまうのは残念ですが、たまに空港ラウンジを利用するという頻度ならあまり不便を感じることは少ないでしょう。

もっと頻繁に空港ラウンジを利用する、海外の空港ラウンジも積極的に利用したいという場合はより上位のカードである『楽天プレミアムカード』もおすすめです。

楽天プレミアムカード

では、楽天ゴールドカードで使える空港をご紹介します。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港(国内線ターミナル)
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子鬼太郎空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島阿波おどり空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 大分空港
  • 長崎空港
  • 阿蘇くまもと空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ダニエル・K・イノウエ空港(ハワイ)
  • 仁川空港(韓国)

 

楽天ゴールドカード提示で、以上の空港ラウンジを利用することが可能です。

楽天ゴールドカード専用デスク

クレジットカード会社に電話をかけたことのある方ならわかるかもしれませんが、引き落とし日の周辺や会社がお昼休みになるような時間帯はかなり電話が混雑します。正直なところ、あの待ち時間は結構ストレスに感じますよね。

博士博士

ゴールドカードならではの専用デスクは通常のカードにはない大きな特典じゃな。

楽天ゴールドカードの場合は、連絡先が楽天ゴールドカード専用デスクとなっています。通常の楽天カードのデスクよりも電話が繋がりやすく快適です。

カード裏面に通話料無料の電話番号が記載されていますので、そちらを利用すると良いでしょう。

利用限度額が最大200万円

楽天ゴールドカードの利用限度額は、最大で200万円まで設定できます。急な出費にも対応できる枠の大きさがメリットですね。

  • 利用限度額は最大200万円
  • 実際の利用枠は審査の結果個人によって違う

 

最大200万円までの利用限度額を希望することが可能ですが、実際にどれくらいの枠が与えられるかというのは審査によって決まります。つまり、利用限度額が80万円の人もいれば200万円の人もいるということです。

もちろん楽天ゴールドカードを発行してからでも、増枠(利用限度額を増やすこと)の審査を受けることができます。最初に審査の限度額が低くても、後から必要に応じて審査を受けて増枠するという方法もある為、限度額が低くて悩んでいる方は発行後、期間を置いてから増枠申請してみましょう。

 

楽天ゴールドカードの気になるデメリット

白猫が博士に 『楽天ゴールドカードのメリットがそれだけ多いと、逆にデメリットも多いんじゃないの…?』 と恐る恐る聞いているイラスト

楽天ゴールドカードは楽天カードのメリットに加えてゴールドカードならではのメリットが盛りだくさんのクレジットカードだということが分かってきました。しかし、どんなに優秀なカードにも多少のデメリットは存在します。

しかし、楽天ゴールドカードの場合、デメリットはそれほど大きなものがないことも嬉しいメリットにあたります。

  • 通常還元率は楽天カードと変わらない
  • デザインが選べない
  • 空港ラウンジ利用が年2回までに変更

 

以上の3つが楽天ゴールドカードの気になるデメリットです。これらのデメリットが気にならないようなら、あなたは楽天ゴールドカードを持っても後悔しないともいえます。

 

通常還元率は楽天カードと変わらない

楽天ゴールドカードは、楽天系のサービス以外の通常加盟店での還元率は通常の楽天カードと同じ1%です。特に年会費を払っているゴールドカードだからといって、通常還元率が上がるという特典はありません。

ただし、楽天市場などでは還元率に2%もの差が出てきます。

通常還元率楽天市場での還元率
楽天ゴールドカード1%5%
楽天カード1%3%

 

つまり、あなたが楽天市場をよく利用するならこのデメリットはほとんど気になりません。むしろ2%もお得になった!」と嬉しい実感を得られます。

デザインが選べない

楽天ゴールドカードの場合は、デザインを選択することができません。シンプルなゴールドの券面のみとなっています。次のデザインを選びたいという方は、通常の楽天カードをにしておきましょう。

  • お買いものパンダデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • ディズニー・デザイン

 

ウィーちゃんウィーちゃん

デザインを選びたい人は通常の楽天カードしか選択肢はないみたいだね。

ゴールドカードならではの特典に魅力を感じていて、デザインには大きなこだわりがないという場合にはあまり気にならないデメリットといえます。

楽天カードのデザインについて『楽天カードのデザイン一覧|人気のデザインやデザイン変更する方法を解説!』の記事で更に詳しく解説しています。

空港ラウンジ利用が年2回までに変更

2018年9月1日から、楽天ゴールドカードの特典である国内空港+一部海外空港ラウンジ利用権の規定が変更になります。

  • 現行:年に何回でも空港ラウンジ利用可能
  • 改定後:年に2回まで空港ラウンジ無料

 

ゴールドカードを持ちたい理由のひとつとして「空港ラウンジが利用したい」という人も少なくないのではないでしょうか。その点では残念な改定であると言わざるを得ません。

しかし、飛行機を利用する機会が年2回以下の場合はあまり気にしなくても大丈夫です。夏と冬の帰省の際に空港ラウンジを利用したい、と頻度の利用なら楽天ゴールドカードで十分カバーされます。

ここで紹介している楽天ゴールドカードと通常の楽天カードの比較や違いを『楽天カードと楽天ゴールドカードを比較!違いや選び方を徹底解説!』の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

楽天ゴールドカードの評判

ウィーちゃんウィーちゃん

実際に楽天ゴールドカードを利用している人の評判が聞きたいニャ!

ここからは、楽天ゴールドカードの実際の評判をご紹介していきます。やはり実際に楽天ゴールドカードを利用しているユーザーの声はカード選びの参考になりますよね。

ここでは、実際に利用している人からの良い評判/口コミはもちろん、良くない評判についても包み隠さず紹介していきます。

良くない評判|デザインがイマイチ

残念なことに楽天ゴールドカードは券面のデザインを選ぶことができません。人気のお買いものパンダデザインもFCバルセロナデザインも選ぶことができないのですね。そのため、デザインにこだわりがある方からの評価はイマイチな場合も。

もちろん機能面だけを考えれば、楽天市場での高還元を筆頭に楽天カードよりも優れている面がたくさんあります。

それでも楽天ゴールドカードのデザインが気になる方は、メインカードとして利用しつつ、デートや人の前でカードを出す機会がある場面ではデザインが気にならないクレジットカードで決済するようにすれば、日頃のメリットは享受することができます。

楽天ゴールドカードは楽天市場で最大のメリットを発揮するため、人に見られる心配はほとんどないと言っても良いでしょう。

良い評判|楽天ゴールドカードは審査が厳しくない

一応、楽天ゴールドカードは学生不可ということになっていますが、同居する家族の収入を記入したり、アルバイトなどで定期的に収入がある場合などは審査に通ることもあるようです。

また、お勤めをしていて定期的な収入があり、クレジットカードの利用履歴にも支払いの遅れなどの問題がなければ多くの人にチャンスがあるクレジットカードといえます。

通常の楽天カードの審査も早く完了することで有名ですが、楽天ゴールドカードも同様に審査完了までのスピードが早いのは嬉しいですよね。

しかも、審査の難易度で言えばそれほど厳しいわけではない為、ゴールドカードが初めての方でも不安なく申し込めますよ。

良い評判|ポイント還元が魅力

 

楽天ゴールドカードは年会費がかかりますが、その分楽天市場などの楽天系サービスでのポイント還元に特化しています。特に楽天SPUはエントリー不用で条件をクリアすると還元率が上がっていくシステムなのですが、アプリで買い物をするだけでもさらに還元率が1%上がるのです。

博士博士

年会費の元を取るくらい簡単にできるのが楽天ゴールドカードの大きな魅力じゃよ。

楽天から送られてくるキャンペーンのメルマガからキャンペーンにエントリーすることでさらにポイントアップする場合もあります。

ここで紹介した方のように、還元率の高くなるショップを利用したりするのもポイント還元率をさらに底上げしてくれます。高還元ショップを利用したり、楽天SPUの活用で年会費の分はすぐに元が取れてしまうという評判の声が多数みられますよ。

 

楽天ゴールドカードの活用法

博士が楽天ゴールドカードを持ちながら白猫に 『楽天ゴールドカードはこう活用すべきじゃ!』 と言っているイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

せっかく楽天ゴールドカードを発行するなら上手に活用していきたいよね。

博士博士

ここでは楽天ゴールドカードの活用法を伝授しよう!

よりお得に楽天ゴールドカードを使うために、楽天ゴールドカードの活用法を4つのポイントでご紹介していきます。

  • 期間限定ポイントをしっかり消費
  • 楽天市場で年間10万円を目安に使う
  • 空港ラウンジの活用
  • 海外旅行時には楽天ゴールドカードで支払い

 

楽天ゴールドカードを活用するためには、期間限定ポイントを無駄なく使いきり、年会費の分の『元を取る』ことがポイントとなります。

また海外旅行時には保険が『利用付帯』であることに気を付けましょう。楽天カードとの大きな違いである空港ラウンジも積極的に使いたいですね。

 

期間限定ポイントをしっかり消費

楽天ゴールドカードのポイントでもらえるポイントは100円につき5ポイント。5%還元でしたね。でも、このポイントは通常ポイントと期間限定ポイントに分かれています。

  • 2%:通常ポイント
  • 3%:期間限定ポイント
    期間限定ポイントの有効期限は通常より短い

 

この期間限定ポイントをしっかり消費しないと、結局2%還元と同じことになってしまうという心配があります。でも、ポイントを利用する時には自動的に期間限定ポイントから消費されるようになっているので安心してくださいね。

期間限定ポイントの消費の仕方

期間限定ポイントは通常の楽天スーパーポイントと少し扱いが違います。楽天Edyにチャージしたり、他社ポイントに交換などの使い道がありません。

期間限定の楽天ポイントは楽天系のサービスで使いきるのが基本となっています。そこで、次のような期間限定ポイントの消費がおすすめです。

  • 楽天市場で日用品など生活必需品を買う
  • 楽天ブックス・楽天トラベルなどの楽天系サービスで消費
  • 楽天デリバリーで出前を取る
  • 楽天ペイでローソンの買い物に使う
  • 楽天ポイントカード機能で街の加盟店で消費

 

期間限定ポイントはとにかく使える期間が短く、1か月半程度で失効してしまいます。しかも使い道が限られるので、上記のような方法で無駄なくポイントを消費していきましょう。

期間限定の楽天ポイントのお得な使い道は『楽天の期間限定ポイントの使い道を紹介!楽天ポイントのお得な使い方!』の記事で更に詳しく解説しています。

楽天市場で年間10万円を目安に使う

単純に金額でいうと楽天カードよりも楽天ゴールドカードがお得になる目安は、年間に108,000円使うことです。これで、年会費の2,160円を計算に入れても楽天カードよりお得になります。

  • 月に9,000円使えば楽天カードよりも得になる
  • 光熱費などの支払いを楽天ゴールドカードにすると楽に達成できる

 

ウィーちゃんウィーちゃん

毎月9,000円くらいを楽天市場や楽天のサービスで使えば年会費の元は取れるってことだね。

ポイントは色々な種類のものに分散させるよりも一つのポイントを集中的に貯めた方が無駄がありません。会費を払っているカードの場合は特にそのクレジットカードにポイントを集中させるのがおすすめです。

年間で10万円以上楽天市場で利用する予定もなく、空港ラウンジ等にメリットを感じない方は通常の楽天カードを選択しましょう。詳しくは『【楽天カードの評判/口コミ】どこよりも詳しいメリット・デメリットを徹底解説!』の記事で楽天カードについて解説しています。

空港ラウンジの活用

一般のカードとゴールドカードの大きな差に、空港ラウンジが利用できるかどうかという点がありますね。

楽天ゴールドカードの場合は2018年9月から年に2回までという制約がありますが、国内空港を中心に空港ラウンジが利用できます。もし帰省・旅行・出張などで空港に立ち寄る機会があれば、ぜひこの特典を有効活用してくださいね。

海外旅行時には楽天ゴールドカードで支払い

楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険は『利用付帯』です。つまり、飛行機のチケットやツアーパッケージ代金などを楽天ゴールドカードで支払う必要があります。

せっかく旅行傷害保険の機能が付帯されたクレジットカードを持っているのなら、海外旅行時にもその補償をフル活用したいですよね。

  • 飛行機のチケットを購入する際に楽天ゴールドカードを使う
  • ツアーパッケージ代金を楽天ゴールドカードで支払う
  • 日本出国前にあらかじめ楽天ゴールドカードで支払いをしておくことが必要

 

以上の点に気を付ければ、楽天ゴールドカードに付帯している海外旅行傷害保険の補償をフルに活用することができます。海外用に楽天ゴールドカードを発行するのであれば、決済力の高いVISAやMasterCardを選択しておきましょう。

国際ブランドの選び方については『楽天カード国際ブランドの選び方を解説!VISA・MasterCard・JCBでおすすめは?』の記事で詳しく解説しています。通常の楽天カードと選び方は同じなので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

 

楽天ゴールドカードの申込み方法

楽天ゴールドカードの申込み方法には二つの方法があります。

  • 新規で申し込む
  • 楽天カードから切り替える

 

楽天ゴールドカードはインビテーション(招待)なしでも、最初から自分で申込みをすることが可能です。また、通常の楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替えを申し込むこともできます。

新規で楽天ゴールドカードに申し込む方法

新規で楽天ゴールドカードに申込みは次の手順で可能です。楽天カードを持っていなくても、最初から楽天ゴールドカードに申し込むことができます。

  1. こちらの『公式サイト』へアクセス
  2. 『お申し込みはこちら』をクリック
  3. 楽天会員IDでログイン(持っていない場合はIDを作成する)
  4. 画面の指示に従って基本情報・勤務先情報などを入力する
  5. 規約に同意・確認して完了

 

楽天市場などを使っていて、楽天会員IDがある場合には基本情報の欄はほぼ入力が済んでいます。入力内容が間違っていないか確認して先に進みましょう。同意・確認画面まで進めば、審査が始まります。

通常の楽天カードからの切り替え方法

楽天カードVISA

博士博士

すでに楽天カードを持っている場合は楽天ゴールドカードへ切り替えることもできるぞ!

通常の楽天カードから楽天ゴールドカードにアップグレードを申し込むこともできます。

ちなみに、切り替えでもキャンペーンを行っている場合も多く1,000~5,000ポイントなど幅はありますが特典としてポイントがもらえます。通常の楽天カードからの切り替え方法は以下の通りです。

  1. 楽天ゴールドカード申込みページにアクセス
  2. 『すでに楽天カード会員様で楽天ゴールドカードに切り替えをご希望の方』へ
  3. 『楽天ゴールドカードへの切り替えはこちら』へ進む
  4. 『楽天e-NAVI』の画面に切り替わるのでログイン
  5. 切替対象の楽天カードを選んで、すでに入力されている情報を確認
  6. 国際ブランド・付帯サービスなどを選び、必要事項をすべて入力
  7. 規約に同意・確認して完了

 

はじめて楽天カードに申し込みをする時と同じような流れですが、あらかじめ楽天カード側に個人情報があるため手入力する項目は多くありませんよ。

 

楽天ゴールドカードの審査難易度や審査時間

ウィーちゃんウィーちゃん

早速楽天ゴールドカードを申し込みたいんだけど、やっぱりゴールドカードだから審査は厳しいのかニャ?

博士博士

いいや、決してそんなことはないぞ!ゴールドカードの中でも楽天ゴールドカードの審査難易度はそう厳しくはないんじゃよ。

楽天ゴールドカードの審査難易度はゴールドカードの中では、比較的厳しくありません。また、審査にかかる時間も比較的スピーディです。

公式サイトでは1週間程度でお届けという表現がされていますが、実際にはその日のうちに審査が終わって数日後にはカードが届いたというケースもよくみられます。

それでは、まずは楽天ゴールドカードの審査難易度について解説しておきましょう。

 

ゴールドカードの中で審査難易度は比較的厳しくない

楽天ゴールドカードをはじめとしたクレジットカードの審査難易度は、公式には明らかにされていません。ただし、一般的に次のようにいわれています。

  • 通常カードよりゴールドカードの方が難易度が高い
  • 楽天などの自社サービスに特化したクレジットカードは難易度が低め

 

上記のようなことから考えると、楽天ゴールドカードは通常の楽天カードよりは審査難易度が高いということになります。一方で、一般的なゴールドカードや、銀行が発行するゴールドカードなどと比べると審査難易度としては厳しくない部類になります。

目安として、次のような方ならあまり心配せずに申し込みをして大丈夫です。

  • 20歳以上でお勤めをしている人(アルバイトしている学生含む)
  • 専業主婦など自分が仕事をしていなくても配偶者に安定収入がある人
  • 自営業で仕事をしている人
  • 楽天カードや他のクレジットカードで2年以上支払いの遅れがない

 

申込みから1週間程度で手元に届く

楽天ゴールドカードは、申込みをしてから1週間程度で手元に届きます。ただし、実際にはもう少し早いタイミングで審査・配送が行われることも多いです。

実際には、数分~数時間以内に審査が終わり3~4日程度で手元に届くという場合もあります。

 

楽天ゴールドカードの締め日と引き落とし日

楽天ゴールドカードの締め日と引き落とし日は通常の楽天カードと同じタイミングになっています。

  • 締め日:毎月月末
  • 引き落とし日:翌月27日

 

締め日の翌日から次の締め日までを集計して、実際にお金が口座から引きとされるのが引き落とし日です。必ず楽天ゴールドカードの引き落とし日の前日には利用額に不足がないように入金しておいてくださいね。

楽天カードの締め日や確定日などについて『楽天カードの締め日はいつ?引き落とし日や再引き落としも合わせて解説!』の記事で詳しく紹介しています。

楽天ゴールドカードのよくある質問

ここからは楽天ゴールドカード申込み前に気になる疑問点をQ&Aの形でまとめていきます。ひとつひとつ疑問を申込み前に自分で調べるのって結構大変ですよね。ここでよくある疑問を解決していきましょう。

Q.楽天ゴールドカードの申込みできる場所は?

【A】楽天ゴールドカードの申込みはWebから可能です。

公式サイトから申し込みをしましょう。通常の楽天カードからの切り替えもWeb上で手続きが可能です。楽天会員の場合は自動的にある程度情報が入力されるので、とても簡単に申し込みができますよ。

Q.楽天ゴールドカードは何歳から申込可能?

【A】楽天ゴールドカードの場合は20歳から申し込みが可能となっています。通常の楽天カードは18歳から申込み可能なので気を付けてくださいね。

Q.楽天ゴールドカードは主婦や学生でも申込み可能?

【A】楽天ゴールドカードは、20歳以上で安定収入があることが申し込み条件の他に『学生の方は除きます』という一文が申込画面にあります。そのため、収入のない学生の方の場合は申し込んだとしても審査に通ることは難しいでしょう。

主婦(主夫)の方の場合は、配偶者に安定収入がある場合審査に通る可能性も高くなります。申込画面にも家族について記入する欄がありますので、配偶者がいる場合はきちんと記入しましょう。

審査の結果希望に添えない場合もありますが、主婦(主夫)の場合は楽天ゴールドカードに申し込むことが可能です。

Q.楽天ゴールドカードは楽天カードとどっちがお得?

【A】楽天ゴールドカードは楽天市場で5%還元、楽天カードは3%還元です。そのため年間に楽天市場でどれくらい買い物をするのかによって、楽天ゴールドカードと楽天カードのどちらがお得になるかが変わってきます。

楽天ゴールドカードと楽天カードを比べる場合、楽天市場で同じ額買い物をすればするほど獲得するポイントに差が出てきます。

  • 楽天ゴールドカード:楽天市場で5%還元/年会費2,160円
  • 楽天カード:楽天市場で3%還元/年会費0円
  • 獲得ポイントの差が2,160ポイントになるのが損得の分岐点

 

単純に獲得ポイントの差で考えると、楽天市場で目安として年間に税抜10万円以上利用すると楽天カードの方がお得になります。もちろん空港ラウンジ利用の特典に魅力を感じるなど、付帯サービスに魅力を感じる場合には上記の利用額に達しなくても楽天ゴールドカードを選ぶメリットがあるといえます。

Q.楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替える方法は?

【A】楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替えは会員サイト『楽天e-NAVI』から可能です。カード番号は変わりますが、解約などの必要はありません。ただし、カード番号が変わるので通販サイトのカード情報や公共料金の決済などのカード番号変更には気を付けてくださいね。

Q.楽天ゴールドカードの審査は厳しい?

【A】ゴールドカードということですが、楽天ゴールドカードの審査はそれほど高い難易度ではないと考えられます。クレジットカードの審査は性質上、公式に詳しいことが明かされていません。しかし、そのクレジットカードがどんなタイプかということなどから推測することができます。

  • 審査の特に厳しい銀行が発行するゴールドカードではない
  • 楽天市場をもっと利用してほしいという意図のクレジットカード

 

今までに楽天カードの支払いに遅れることなく利用を続けていた方や、特に借金などもなくお勤めをしている方ならそれほど難しいということはないでしょう。

Q.楽天ゴールドカードは発行までどのくらい時間がかかる?

【A】楽天ゴールドカードは手元に届くまでに最短1週間程度かかります。ただし、祝日・年末年始などを挟むともう少し時間がかかる可能性がありますので時間的余裕をもって申し込みをするようにしましょう。

Q.楽天ゴールドカードの限度額はいくら?

【A】公式サイトでは、利用可能額という表現になっていますが最大で200万円までの限度額が設定されています。実際に使える限度額は、あなたの報告した収入などによって審査の上決定するので人によって限度額には差があるということも覚えておきましょう。

Q.楽天ゴールドカードの引き落とし口座はどこが対応している?

【A】楽天ゴールドカードでは全国の金融機関からの引き落としが可能です。公式サイトから確認することができますが、ほとんどの銀行・信用金庫・信用組合・農協・漁協などが対象となっています。

ただし、金融機関によっては引き落とし口座のインターネットからの設定ができない場合がありますので注意してくださいね。参考までに、全国区の金融機関を中心に引き落とし口座に対応している金融機関をリストアップしていきます。

  • あおぞら銀行
  • イオン銀行
  • SMBC信託銀行
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • みずほ銀行
  • みずほ信託銀行
  • 三井住友銀行
  • 三井住友信託銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • りそな銀行
  • 労働銀行
  • その他地方銀行
  • その他ネットバンク
  • その他信用金庫・信用組合
  • その他農協・漁協・漁連など

 

また、楽天銀行の口座を引き落とし口座に設定すると楽天SPUのポイントアップ対象となります。可能であれば、楽天銀行の口座を引き落とし口座にするとよりお得に楽天ゴールドカードを使うことができますよ。

 

楽天ゴールドカードがおすすめな人

博士が楽天ゴールドカードを持ちながら 『楽天ゴールドカードを持つべき人は君じゃ!』 と言っているイラスト

楽天ゴールドカードは次のようなタイプの方に特におすすめです。

  • ゴールドカードに興味があるけれど年会費が気になる人
  • 空港ラウンジを利用したいがそれほど頻度が高くない人
  • 楽天市場で日用品などもよく購入する人

 

楽天ゴールドカードはゴールドカードとしてはかなり安い年会費が魅力です。それでも、空港ラウンジが回数に制約はあるものの利用できます。もちろん、楽天市場を中心とした楽天系のサービスの還元率も抜群です。

では、それぞれのタイプについて詳しくみていきます。

ゴールドカードに興味があるけれど年会費が気になる人

楽天ゴールドカードはゴールドカードというとステータス感があり、特典も通常カードにないものがあるのが特徴ですよね。

しかし、例外を除いて通常カードが年会費無料であってもゴールドカードでは年会費が必要になります。ここがゴールドカード作成に躊躇する理由のひとつですね。

大抵のゴールドカードの年会費の相場は、10,000円以上が目安となります。しかし、楽天ゴールドカードの場合は年会費が2,160円(税込)です。

  • 一般的なゴールドカードの年会費は10,000円程度~
  • 楽天ゴールドカードの年会費は2,160円(税込)

 

楽天ゴールドカードの場合、一般的なゴールドカードの約1/5程度の年会費なのでゴールドカード入門にはぴったりのクレジットカードといえます。

空港ラウンジを利用したいがそれほど頻度が高くない人

空港ラウンジを頻繁に利用する、という方にとっては楽天ゴールドカードの制約は物足りなく感じてしまうかもしれません。2018年9月からは年2回までの利用となっているからです。

しかし、次のような方の場合はちょうどよく利用スタイルにフィットします。

  • 空港利用は夏と冬の帰省時のみ
  • 年1回程度飛行機を利用して旅行に行く
  • 毎年ではないけれど空港を利用する機会がある

 

空港ラウンジ利用に回数制限がないクレジットカードの場合、年会費も10,000円以上など高額になりがちです。

そこまで使う訳ではないけれど、空港ラウンジがたまに使えれば嬉しい」という考えなら楽天ゴールドカードはあなたにちょうど良い快適さのクレジットカードとなるでしょう。

楽天市場で日用品などもよく購入する人

楽天市場をよく利用するかどうかは通常の楽天カードにするか、楽天ゴールドカードにするかの決め手となります。

  • 楽天市場で年間10万8千円購入すると楽天ゴールドカードが得になる
  • 1か月あたり9,000円
  • 日用品・消耗品などを購入すると楽に達成可能

 

楽天市場ではまとめ買いをすると街のドラッグストアよりお得になるような日用品の品ぞろえもとても豊富です。楽天市場での買い物が月平均で9,000円を超えるなら、楽天ゴールドカードの方がおすすめになります。

 

まとめ

楽天ゴールドカードは通常の楽天カードと楽天プレミアムカードの間に位置するグレードのクレジットカードです。

常時楽天市場で5%還元など楽天市場での還元率に特化しているのと同時に、国内を中心とした空港ラウンジが利用できるなどのゴールドカードならではのメリットもあります。

楽天市場を毎月のように利用する人にとっては、年会費2,160円を払っても通常の楽天カードよりも得する場合も多いのです。ぜひ、楽天系のサービスに特化したクレジットカードをお探しなら楽天ゴールドカードも候補のひとつに入れてみてくださいね。