ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edyで貯まったポイントはどうやって使えばいいんだろう?

マネーの博士マネーの博士

一番良い方法は、貯めた楽天ポイントを楽天Edyへ交換することなんじゃよ。

楽天Edyを日常で利用していると、楽天ポイントが貯まっていきますよね。その貯めた楽天ポイントをまた楽天Edyへ交換して加盟店やコンビニで利用することができるのです。

楽天Edyで貯めたポイントや、楽天ポイントが貯まりっぱなしになっていませんか?

実は貯めた楽天ポイントを交換、チャージする方法はすごく簡単にできます。そこで、当記事では楽天Edyのお得な使い方や交換方法を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

楽天Edyで貯めたポイントの使い方・使い道

楽天Edy

楽天Edyで買い物をすると、『200円(税込)につき楽天スーパーポイント1ポイント』が貯まります。

街のコンビニや飲食店など、楽天Edyが使えるお店であればどこでもポイントが貯まるので、使うほどポイントも貯めることができるのが楽天Edyのメリットです。

もちろん、買い物をして貯まったポイントを利用して買い物をすることもできます。

それでは、楽天Edyで貯めたポイントの使い方を解説していきましょう。

まだ楽天Edyを持っていない方は『楽天Edyカードは無料で入手できる!300円かかる発行手数料を無料にする方法』の記事も合わせて参考にしてみてください。

楽天Edyカード/グッズの利用登録することが必要

マネーの博士マネーの博士

楽天Edyで貯めたポイントを使うにはまず登録が必要じゃよ。

楽天Edyを使うと楽天スーパーポイントが貯まります。

しかし、貯まった楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換するためには、最初に『楽天Edyカード・グッズの利用登録』をしておく必要があるのです。

利用登録が完了するまでには2日程かかるため、楽天Edyを使う際には忘れずに設定しておきましょう。(※Edy機能付き楽天カードは設定する必要なし)

楽天ポイントのマークが付いているカードは、楽天Edyのサイトから利用登録が必要です。⇒登録はこちらへ

その他のEdyグッズなども、楽天Edyのサイトに『Edy番号』と『Edyコード』(どちらもグッズに記載あり)を入力することで、ポイントを貯めることができます。

ただ、おサイフケータイ(楽天Edyアプリ)は、複数のポイントを貯めることができるので、最初の設定が少し複雑です。

そこで、おサイフケータイ(楽天Edyアプリ)の設定方法を解説していきましょう。

おサイフケータイ(楽天Edyアプリ)での初期設定

おサイフケータイは、楽天Edyアプリをインストールすることで楽天Edyを使えます。しかし、インストールした後に『楽天スーパーポイントを貯める』設定にすることが必要です。

おサイフケータイに楽天Edyアプリをインストールしたら、以下のように設定しましょう。

  1. おサイフケータイタブの金額表示の下にある『詳細を見る』をタップ
  2. 『ポイント設定』をタップ
  3. 『ポイントの設定・変更』をタップ
  4. ポイントサービス一覧の画面になるので、ここで『楽天スーパーポイント』をタップ
  5. 確認画面になったら、『設定する』をタップ
  6. 楽天市場のユーザーIDとパスワードを入力し『設定する』をタップ
  7. 設定完了

おサイフケータイ(楽天Edyアプリ)では、楽天スーパーポイント以外にも楽天Edy利用時に、ポンタポイントTポイントなどを貯めることができます。

ただ、楽天スーパーポイントは楽天Edyと等価で交換できるので、楽天Edyを使うのであれば楽天スーパーポイントを貯める設定にすると、ポイントが分散せず無駄なく使い切ることが可能です。

また、楽天Edyは他のポイントに比べて使えるお店が多いので、貯まったポイントは楽天Edyにチャージするようにすると、非常に使い勝手がいいでですよ。

楽天Edy利用で貯まったポイントの使い方

マネーの博士マネーの博士

冒頭でも伝えたように、貯めた楽天ポイントは楽天Edyへチャージして利用するのが一番効率が良いじゃろう。

ウィーちゃんウィーちゃん

確かにポイントのまま使うよりも、使える場所も多いし助かる!

楽天Edyの利用で貯まったポイントは、10ポイント以上1ポイント単位で再び楽天Edyにチャージして使うことができます。

そのまま楽天スーパーポイントとして楽天市場などで使うこともできますが、楽天Edyにチャージしてから使うと、『使える店舗が格段に広がる』というメリットがあるのです。

楽天Edyが使える代表的なお店を以下にまとめました。(数が多い為、知りたい方だけチェックしてみてください。)

開く
ジャンル店舗名
コンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • スリーエイト
  • ローソンストア100、
スーパー・ドラッグストア
  • イトーヨーカドー
  • COOP(生協)
  • ツルハドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • くすりの福太郎
  • ココカラファイン
  • ドラッグストアウェルネス
  • サツドラ
  • ウエルシア薬局
ネットショップ
  • Amazon
  • グルーポン
  • Joshin web
  • DMM.com
  • LINE楽天市場
本・CDなど
  • BOOKOFF
  • TSUTAYA
  • 紀伊國屋書店
  • タワーレコード渋谷店
  • コミックシーモア
家電
  • ケーズデンキ
  • エディオン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • コジマ
  • ジョーシン
  • 100満ボルト
  • ソフマップ
百貨店・モール
  • 高島屋
  • ダイバーシティ東京
  • ららぽーと
  • ラゾーナ川崎プラザ
  • 横濱中華街
  • アピア
  • エスタ
  • 札幌ステラプレイス
  • 仙台三越
  • アリオ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
ファッション・雑貨
  • Right-on
  • 紳士服はるやま
  • GAP
  • ドンキ・ホーテ
  • LOFT
  • ホーマック
  • ユーフォーム
  • フォーエル
飲食
  • マクドナルド
  • ガスト
  • バーミヤン
  • 魚民
  • リンガーハット
  • 笑笑
  • ジョナサン
  • 白木屋
  • ロイヤルホスト
  • PRONTO
  • 世界の山ちゃん
  • タリーズコーヒー
  • 小僧寿し
  • 大戸屋
  • すき家
  • ドミノピザ
  • モスバーガー
  • CoCo壱番屋
  • ミスタードーナツ
アミューズメント施設
  • ビッグエコー
  • SHIDAX
  • 歌広場
  • アイカフェ
  • 109ステーション
  • ほっとステーション
  • タイトーステーション
  • 自遊空間
  • スパリゾートハワイアンズ
  • としまえん
  • サンリオピューロランド
  • ROUND1
空港
  • 日本全国の主要な空港

 

数が多すぎたため、有名なお店を一部だけ紹介しましたが上記の店舗以外にも多くの店舗で楽天Edyを利用できます。

楽天Edyを利用すると、電子マネーリーダーにタッチするだけで決済が終わるため、スピーディーに会計を済ませることができるのも大きなメリットです。

特に、コンビニなどで少額の買い物をする際には非常に便利でしょう。楽天Edyを利用する度に、ポイントも貯まるので一石二鳥ですね。

楽天スーパーポイントのまま使うことも可能

楽天ポイント加盟店であれば、貯まった楽天スーパーポイントをそのまま使うことができます。

代表的な楽天ポイント加盟店は以下の通りです。

開く
ジャンル店名
グルメ
  • くら寿司
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • MOSDO
  • カフェ&バーPRONTO
  • しゃぶしゃぶ温野菜
  • ペッパーランチ
  • ステーキくに
  • 楽天デリバリー
  • 楽天カフェ
  • つぼ八
  • とっぴー
  • タニタ食堂
ショッピング・ドラッグストア
  • 楽天市場
  • デイリーヤマザキ
  • スーパーABC
  • ポプラ
  • スリーエイト
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストアウェルネス
  • ダイコクドラッグ
  • ケンコーコム薬局
ファッション・家電
  • Right-on
  • BACKNUMBER
  • Coen
  • SUIT SELECT
  • メガネ本舗
  • メガネサロンルック
  • ルックコンタクト
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ジョーシン
  • ジョーシンアウトレット
エンターテイメント
  • 玉光堂
  • 楽天ブックス
  • コミックバスター
  • ツボッチ
  • ポップコーン
  • エンターキング
  • 楽天ミュージック
  • 楽天マガジン
引っ越し、ガソリンスタンドなど
  • 賃貸住宅サービス
  • 不動産案内センター
  • 株式会社不動産流通センター
  • 暮らし発見ミュージアム
  • スター引っ越しセンター
  • 出光サービスステーション

 

この他にも、楽天スーパーポイントのまま使えるお店はいっぱいあります。楽天Edyに交換しなくてもそのまま使える店舗が沢山あるので、ポイントを貯める楽しみがありますね。

楽天Edyで貯めたポイントを楽天Edyに交換・移行する方法

マネーの博士マネーの博士

実は楽天ポイントなら何でも楽天Edyへ交換・移行ができるわけじゃないんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

ん?どういうこと?

楽天Edyを利用すると貯まるポイントには『通常ポイント』と『期間限定ポイント』があり、期間限定ポイントは楽天Edyへのチャージできないので注意しましょう。

以下のポイントは楽天Edyへチャージできません。

  • 期間限定ポイント
  • 提携サービス会社から交換された(した)ポイント

期間限定ポイントは、キャンペーンなどで付与されるポイントです。

提携サービス会社から交換されたポイントとは、JCBカードやオリコカードなどの提携カード会社のポイントを、楽天スーパーポイントに交換したもののことを指します。

それでは、楽天スーパーポイント(通常ポイント)を楽天Edyにチャージする方法について詳しく解説していきましょう。

楽天ポイントの期間限定ポイントの使い道は『楽天の期間限定ポイントの使い道を紹介!楽天ポイントのお得な使い方!』の記事で詳しく解説しています。

Edy機能付き楽天ポイントカード・グッズに楽天Edyを交換・移行する方法

Edy機能付き楽天ポイントカードやグッズ(ストラップなど)に、Edyを利用して貯めたポイント(楽天スーパーポイント)をチャージして使うには、まず楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換する必要があります。

メモ
楽天Edyをショッピングで利用すると、楽天スーパーポイントが貯まる

以下のような手順で、楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換しましょう。

  1. 楽天Edyのホームページにある申込みページから、チャージ先の楽天Edy番号を選択し、希望のポイント数を入力(※最初のチャージから7日間は申請から受け取りまで最大2日間かかる場合あり)
  2. ファミリーマートの『Famiポート』か、ANAの『国内線 自動チェックイン機』、カラオケ店の『DAMステーション』や『楽天Edyリーダー』、『FeliCaポート/パソリ』を使いPCなどで受け取る(Edyカードやグッズにチャージ)

初めて楽天スーパーポイント(楽天Edy利用で貯めたポイント)を楽天Edyに交換する際にはチャージ申請から受け取れるようになるまで最大2日かかる場合があるため、使う予定がある場合には早めにチャージしておくといいでしょう。

メモ
楽天Edy機能付き楽天カードの場合にはすぐにチャージ可能

また、初めてポイントからチャージする際、7日間は1日のチャージ上限が500ポイントに制限されることがあります。最初の7日間だけはポイントから楽天Edyへのチャージ上限が低くなることがあるので、覚えておきましょう。

1ヶ月に楽天スーパーポイントから楽天Edyにチャージできるのは100,000ポイントまで、一度にチャージできるのは、25,000ポイントまでです。

ポイントの交換申請から30日以内に楽天Edy受け取らないと(楽天Edyカードへのチャージなど)ポイントが失効してしまうので、注意しましょう。

チャージ申請した楽天Edyを受け取る方法

楽天Edyへのチャージ申請はネットからすぐできますが、チャージ申請した楽天Edyを受け取るには以下の方法をとる必要があります。

スポンサーリンク
  • ファミリーマートの『Famiポート』で受け取る
  • 空港等にあるANAの『国内線 自動チェックイン機』で受け取る
  • カラオケ店にある『DAMステーション』で受け取り
  • 『楽天Edyリーダー』か『FeliCaポート/パソリ』を接続したPCで受け取る
  • 楽天Edyアプリで受け取る

ファミリーマートにある『Famiポート』や、カラオケ店にある『DAMステーション』で受け取るのが一番手軽ですが、近くにファミリーマートやDAMステーションがない方もいるでしょう。

その際には、『FeliCaポート/パソリ』を購入してPCに接続すると自宅で楽天Edyを受け取ることができます。(PCによってはFeliCaポートが内蔵されているものもあり)

FeliCaポート/パソリ』は、PCにUSB接続で楽天Edyカードやグッズのデータをインターネット経由で送受信できる機械です。安いものだと1,000円台から購入できるためリーズナブルな価格となっています。

おサイフケータイがある場合には、おサイフケータイでポイント交換の申請から受け取りまでできるので非常に便利です。おサイフケータイについては次の項目で解説します。

おサイフケータイ(楽天Edyアプリ)に楽天Edyを交換・移行する方法

おサイフケータイ(楽天Edyアプリ)の場合には、楽天スーパーポイントから楽天Edyへの交換申請から受け取りまで、スマホ1つで行うことができます。

注意
最初に『楽天スーパーポイントを貯める』設定にしておく必要あり

おサイフケータイのショッピングで貯めた楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換するのは以下の手順です。

  1. 楽天Edyのアプリから、チャージ先の楽天Edy番号を選択し、希望のポイント数を入力(※最初のチャージから7日間は申請から受け取りまで最大2日間かかる場合あり)
  2. 『ポイントチャージ』ボタンをタップ
  3. ポイント入力画面になるので、ポイント数とパスワードを入力し『チャージ』ボタンをタップ
  4. ポイントチャージが完了

おサイフケータイ(楽天Edyアプリ)の場合も、最初に楽天スーパーポイントから楽天Edyへチャージする際に、7日間は1日のチャージ上限が500ポイントに制限されることがあります。

1ヶ月に楽天スーパーポイントから楽天Edyにチャージできるのは100,000ポイントまで、一度にチャージできるのは、25,000ポイントまでと、Edy機能付き楽天ポイントカード・楽天Edyグッズと同じですが、スマホ1つでポイント交換からチャージまで完了するので便利です。

楽天Edyの有効期限

ウィーちゃんウィーちゃん

そもそも楽天Edyに有効期限ってあるのかニャ?

楽天Edyや、楽天Edyの利用で貯まる楽天スーパーポイントにも有効期限があります。

有効期限を知らないで使っているとうっかりポイントが無くなってしまうということもあるため、ここでしっかり把握しておきましょう。

電子マネー『楽天Edy』の有効期限は、最終更新日から4年です。最終更新日なので、チャージやショッピングでの利用があると、そこからまた期限が延びます。

有効期限が長いため、使わずに忘れて失効してしまったということが無いように、あまり頻繁に使わない方や、複数の楽天Edyカードを持っている方は忘れないうちに使ってしまった方が安心ですね。

楽天スーパーポイントの有効期限に注意

楽天Edyを利用してショッピングすると、200円(税込)につき1ポイント貯まるのが楽天スーパーポイントです。

楽天スーパーポイントの有効期限は、最後に楽天スーパーポイントを獲得した月を含めて1年間となっています。

しかし、楽天スーパーポイントには以下の2つの種類があるため注意しましょう。

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント

通常ポイントは、楽天Edyや楽天カードの利用などで得ることができるポイントです。期間限定ポイントというのは、主にキャンペーンなどで得ることができます。

通常ポイントは、ポイントを新たに獲得すると期間が1年間延長されますが、期間限定ポイントは、あらかじめ期間が定められており延長されません。

メモ
楽天Edy利用でポイントを獲得しても、ポイント有効期限は1年間延長されます。

楽天のキャンペーンなどで楽天スーパーポイントをゲットした際にはポイントが期間限定ポイントになっていないか忘れず確認しましょう。

期間限定ポイントは楽天Edyへチャージできないので、楽天市場や楽天ポイント加盟店で使うしかありません。

また、楽天Edyから楽天スーパーポイントに交換すると、有効期限が6ヶ月の期間限定ポイントになるのでよく考えてから交換しましょう。

楽天Edy機能付き楽天ポイントカードの有効期限

楽天Edy機能付き楽天ポイントカード自体に有効期限はありませんが、利用登録(楽天会員との紐づけ)を最初にポイントを獲得した日から1年間の間にしないと、それまで楽天ポイントカードに貯まっていた楽天スーパーポイントは失効してしまいます。

楽天Edy機能付き楽天ポイントカードの利用登録とは、楽天スーパーポイントをネットと街の店舗で共有するために必要な作業です。

ポイントが失効しないように、楽天Edy機能付き楽天ポイントカードを入手したら以下の方法で、利用登録をしましょう。

  1. 楽天ポイントカードの公式サイトで『楽天ポイントカード利用登録』ボタンをクリック
  2. ユーザー名とパスワードを入力しログインする(楽天会員でない場合は新規登録)
  3. 楽天ポイントカード裏面の楽天ポイントカード番号(16ケタ)とセキュリティーコード(7ケタ)を入力し『入力内容を確認』ボタンをクリック(※楽天Edy番号と間違わないよう注意)
  4. 利用登録確認画面になるので、『楽天ポイントカード利用規約に同意する』にチェックを入れてから、『楽天ポイントカードの利用登録をする』ボタンをクリック
  5. 利用登録完了

※楽天Edy機能付き楽天カード(クレジットカード)、楽天ポイントカードアプリ(スマホ)の場合、利用登録は必要なし

楽天Edyの利用登録とは別のものなので、注意しましょう。

楽天Edy機能付き楽天カードの注意点

楽天カードAMEX

楽天Edy機能付き楽天カードのカード自体の有効期限は、クレジットカードの有効期限となります。

しかし、楽天Edyの残高が残っている場合、新しいカードには引き継がれずそのまま古いカードに貯まったままになるので、必ず使い切ってからカードを破棄しましょう。

楽天Edy機能付き楽天カードは、あらかじめ楽天スーパーポイントを貯める設定になっているため、手続き不要ですぐにポイントを貯めることができます。1つ注意しなければいけないのは、カードの有効期限が切れた時です。

楽天カードの有効期限が切れても楽天Edyの残高が残っている場合には、以下のようになります。

  • 有効期限が切れた楽天カードへ楽天Edyを新たにチャージ/移行は不可
  • 期限切れ楽天カードでも楽天Edyの有効期限内であれば残高分が利用可能

もし、楽天カードの有効期限が切れて新しいカードへ切り替えのタイミングで、まだ古い方の楽天カードに楽天Edyの残高がある場合には、すぐにカードにハサミを入れてしまわずに、楽天Edyの残高を使い切ってから破棄するようにしましょう。

楽天Edyのお得なポイントの貯め方

楽天Edyをお得に貯めるには、楽天ポイント加盟店の利用やRakoo(ラクー/※旧楽天ダイニング)でポイントを獲得していくといいでしょう。

楽天Edy機能付き楽天ポイントカードや、楽天Edy機能付き楽天カードには楽天ポイントカード機能がもともと付いているので、楽天ポイントカード加盟店で提示すると購入額200円(税込)または100円(税込)につき1ポイントもらえます。

さらに、楽天Edyで支払うと200円(税込)につき1ポイントもらえるためポイントの2重取りができるのです。

例えば、マクドナルドでは以下のようになります。

  • 楽天ポイントカード提示で購入額100円(税込)につき1ポイント
  • 楽天Edyで支払うと200円(税込)につき1ポイント

このようにポイントの2重取りができるので、大変お得です。

Edy利用でポイントの2重取りができる楽天ポイント加盟店

楽天ポイントカード提示と楽天Edy利用でポイントの2重取りができるお店は他にもあります。代表的な店舗は以下の通りです。

ジャンル店名
飲食店
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • カフェ&バーPRONTO
  • 大戸屋
  • 楽天カフェ
  • 楽天デリバリー
  • Rakoo(ラクー)
ショッピング・ドラッグストア
  • 楽天市場
  • マツゲン
  • ポプラ
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • 大丸・福岡天神店
  • 生活彩家
  • デイリーヤマザキ
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストアウェルネス
家電・ファッション
  • ビックカメラ
  • ジョーシン
  • ソフマップ
  • Right-on
  • 紳士服のコナカ

 

紹介したのはほんの一部ですが、楽天ポイントカード加盟店で楽天Edyが使えるお店はまだあるので、楽天ポイントカードがお近くにないか探してみましょう。

楽天ポイントをザクザク貯める方法は『楽天ポイントの貯め方を徹底解説!楽天ポイントを効率良くたっぷり貯めよう!』の記事で更に詳しく紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

楽天カードで楽天Edyにチャージ

楽天カードから楽天Edyにチャージすると、200円ごとに1ポイント貯まります。

さらに、チャージした楽天Edyを利用してショッピングすると、200円(税込)ごとに1ポイント貯まるのでポイント2重取りが可能です。

楽天Edyをよりお得に使うために、楽天カードをもっておきましょう。楽天カードは年会費無料で、楽天Edy付きの楽天カードを申し込むと、あらかじめ500円分の楽天Edyがチャージされた状態で送られてきます。

楽天カードを作るだけで500円分の楽天Edyがもらえるので、楽天カードを申込む時には『楽天Edy』機能が付いた楽天カードを申し込みましょう。

Rakooを使って飲食店を利用するとポイント倍増

Rakoo

Rakoo(ラクー/※旧楽天ダイニング)』を使って飲食店を利用すると、もらえるポイントが倍増します。Rakooは楽天カードで決済しないとポイントが貯まらない、楽天カード会員専用のサービスです。

Rakooを使うためにも楽天カードを作っておくと、よりお得にポイントを貯めることができます。

Rakooは予約なしでも利用できますが、予約するとさらにポイントがもらえるお店があるので、使う際にチェックしましょう。

Rakooのメリットは以下の通りです。

  • 現在位置からポイントアップ店舗をすぐに探せる
  • スマホから空席確認や予約がすぐにできる(予約なしでも利用可)
  • 予算やジャンルから自分に合ったお店を見つけられる
  • 大人数の宴会や飲み会でさらにお得になる

Rakooはスマホアプリなので、いつでも好きなタイミングで周囲のお店を検索することができます。

楽天カードで支払う必要がありますが、中にはポイントが5倍になるお店もあるので、Rakooを使ってよりお得にポイントを貯めましょう。

まとめ

楽天Edyは利用できるお店が多く、非常に便利な電子マネーです。貯まったポイントは再び楽天Edyにチャージして使うと、200円(税別)につき1ポイント貯まるのでポイントの2重取りができます。

また、楽天カードから楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるので、よりお得に楽天Edyを使うために楽天カードを作っておきましょう。

スポンサーリンク
記事を書いた人
博士
博士

マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。