ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edyって便利だけど、いちいち現金で毎回チャージするのは面倒くさいかも…!

博士博士

楽天Edyへのチャージで現金は大損じゃよ!

楽天Edyにチャージするなら楽天カードとの相性は抜群じゃ!

「楽天Edyを手に入れたからチャージしたいけど、どの方法がいいの」

と悩んでいるあなたにオススメしたいのが、楽天カードマンがテレビの画面で元気にCMしている、あの『楽天カード』でのクレジットチャージです。

楽天カードは年会費無料で、しかもインターネットで簡単に申し込むことができるクレジットカードで、楽天Edyにチャージしたいならピッタリのカードですよ。

では、楽天カードが楽天Edyにチャージするオススメのクレジットカードであることを、わかりやすく解説していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【ポイント還元No.1】

楽天Edyへチャージするなら楽天カードをおすすめする理由

楽天Edy 楽天カード チャージ

まず、楽天Edyにチャージする方法は、以下の3つの方法があります。

  • 現金チャージ
  • クレジットチャージ
  • 口座引き落とし(おサイフケータイのみ)

 

この中でポイントをより多く貯めたい場合は、クレジットチャージがオススメなのです。しかも、楽天カードならポイントがザクザクと貯まっていきます。その理由を説明していきましょう。

楽天カードはチャージでポイントが付く

楽天カードから楽天Edyにチャージをすると、チャージした金額に応じたポイントが付くのです。ポイントは、200円につき楽天スーパーポイントが1ポイントとなっています。

通常のお買い物ですと、100円につき楽天スーパーポイントが1ポイントつくのに、チャージだと0.5%と思うかもしれませんが、現金の場合だといくらチャージしても楽天スーパーポイントはつきません。それに比べて、楽天カードでクレジットチャージしてポイントがつくならば、その方がずっとお得ですよね。

チャージすることができる金額は1,000円単位ですので、楽天カードから1,000円チャージすると5ポイントもらえることになるのです。これが現金でチャージをしたり、他の還元されないクレジットカードでチャージをしてもポイントをもらうことはできません。

毎回チャージする場合は決して少なくない金額だと思いますので、その都度ポイントをもらわなければ損ですよね。それなら楽天カードでチャージしていれば自然とポイントが貯まっていくことになります。

チャージでポイントプラス、使ってポイントプラスということで、これだと全く損をすることはありませんよね。

実はチャージでポイントが1,2%付くカードがある!

楽天Edyにチャージするときに楽天カードであれば0,5%のポイントがつきますが、実はそれを上回るクレジットカードがあるのです。それが『リクルートカード』。

リクルートカードでチャージをすると、常に1,2%のポイントが還元されます。しかも、リクルートカードでもらうことができるポイントはポンタポイントですので、リクルート提携店でしたらポンタポイントを使うことが可能です。

しかし、楽天カードを持てば楽天市場でのお買い物では、常にポイントが4倍になるので楽天系のサービスを利用するのであれば楽天カードにかなうものはありません。年会費も無料になっていますので、楽天カードは持っておくことでもちろん損はないカードです。

どのくらいのポイントアップがあるのかを、次の項目でご説明していきましょう。

リクルートカードについて、更に以下の記事で詳しく解説していますので還元率が高いカードに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

楽天カードを持つと、楽天市場の還元率が変わる

スーパーポイントアッププログラムエントリー不要の効果と、そのほかの楽天サービスを受けていたり利用している場合、楽天市場でお買い物をしたときのポイント還元率が4%から最大7%にもアップするからです。

【ポイントアップ例】

  • 楽天市場で買い物をした場合1%
  • 楽天カードを利用した場合1%
  • 楽天市場楽天カードの利用の場合2%
  • アプリを月1回以上利用5%
  • 楽天プレミアムカードを利用した場合6%
  • 楽天モバイル通話SIMを契約していると7%

 

ただし、中には期間限定のポイントもありますので注意してください。1か月分の利用額の合計に1%のポイントが加算されるのです。

楽天スーパーポイントは通常100円につき1ポイント付きますが、その月の利用合計金額が1,000円であった場合、さらに10ポイント付くということです。

細かい金額も1か月分まとめると大きいですし、その分のポイントがつく可能性がかなり高いので非常に嬉しいシステムですので、やはり楽天カードは外せません。

貯まったポイントはEdyに交換もできる!

楽天スーパーポイントは楽天Edyに交換することでお店やネットショップなどで利用することができます。

また、コンビニだけでなく外食チェーン店など、Edyはかなり多くのお店で利用することもできますので、貯まったポイントをEdyに換えてちょっとリッチなお食事を楽しむこともできます。

ウィーちゃんウィーちゃん

Edyに交換できるなら使い道の幅もリアル店舗でかなり広がるね!

貯めたポイントの使い道や換金テクニックについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

楽天Edyと楽天カードが一体化したカードもある

楽天Edyカードと楽天カードが一体化しているクレジットカードもあります。もちろんクレジットチャージもできますし、レジなどで現金チャージすることも可能ですよ。

申込みもインターネットで簡単にできますし、カードが送られて来たら受け取りの本人確認ができればOK。おサイフの中がポイントカードやクレジットカードなどでパンパン。という人にはかなりオススメなカードですよ。

楽天カードのデメリット

楽天Edy 楽天カード チャージ

大変使い勝手のいい楽天カードでも、デメリットだってもちろんあります。デメリットもしっかり理解したうえで、上手に利用して行くことが重要です。

では、楽天カードのデメリットはどのようなことがあるのかひとつずつ解説していきますね。

ETCカードは年会費が必要

楽天カードのETCカードは、年会費が540円税込みかかるのです。ただし、「ポイントクラブ会員」のランクがプラチナまたはダイヤモンドの場合のみ、年会費が無料になります。

とはいえ、全く損するわけではなく1%のポイント還元がありますので、一年間で54,000円以上ETCカードを利用すれば、年会費の元が取れる仕組みになっています。有料道路をよく利用する人にとってはほとんど損のないシステムですね。

ここでひとつ注意。楽天カードの利用明細は発行するのに82円税込みの手数料がかかりますので、毎月利用明細を送ってもらうと一年間で984円もの手数料を支払うことになります。これではお得とは言えませんよね。

利用明細は「WEB明細サービス」を利用して、明細手数料を0円にすることをオススメします。

カード審査確認の電話がかかってくる

これは楽園カードだけではなくどのカードにも言えることになりますが、カード審査の結果によっては本人確認のために楽天から電話がかかってきます。確認なので時間はそれほどかかりませんが、職場にかかってくることもまれにありますので、このあたりは知っておいた方がいいでしょう。

コールセンターがつながりにくい

2017年3月まではコールセンターが有料であったことと、ナビダイヤルがあったことで電話の込み合いはあまりなかったのですが、通話料無料のフリーダイヤルに統一されたことから大変便利になったため、回線が込み合いやすくなってしまいました。

フリーダイヤルでつながらないとき用に別の番号がありますが、有料となってしまいますのでこちらもまたデメリットになります。

フリーダイヤル:0120-30-6910

つながらないときの有料ダイヤル:092-474-9255

 

リクルートカードの方がチャージポイントが高い

【実はチャージでポイントが1,2%付くカードがある】でもご説明した通り、楽天Edyにチャージするときに楽天カードよりもリクルートカードの方がチャージで付くポイントの還元率が高いのです。

  • 楽天カードでチャージ→0,5%
  • リクルートカードでチャージ→1,2%

 

しかし、リクルートカードでチャージしてもらう事のできるポイントはポンタポイントですので、楽天スーパーポイントを貯めたい人には少々向かないかもしれませんね。

キャンペーンでつくポイントはほとんど期間限定

楽天スーパーポイントには2種類あり、通常ポイントと期間限定ポイントがあります。通常ポイントはポイントを獲得していれば有効期限がその分延びていきますが、期間限定ポイントは有効期限が延びることはありませんので、期間内に使用しないとポイントが失効されてしまいます。

これではせっかく手に入れたポイントが、なかったことになってしまいます。楽天カードに入会するときにキャンペーンポイントとしてもらうポイント内には期間限定のものもありますので、期間内にしっかりと使い切ってしまいましょう。

楽天カードは、上記で説明してきた通りのデメリットはありますが、実際どのカードでもあるようなデメリットしかありません。一方、楽天カードを使えば面白いようにポイントが貯まっていくので、どう考えても楽天カードを持つメリットの方が大きいでしょう。

まだ持っていない方は実感したことはないと思いますが、楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントのスピードは尋常ではありません。文字通りザクザク貯まっていきます。

これが年会費無料でどんどん貯まっていくわけなので、そのポイントを使って楽天市場やサービスでほしいものを更に買うことができます。こんな還元率の高いものはなかなかありません。

現在9月25日迄にお申込みをした方全員に、もれなく7,000ポイントがもらえるキャンペーンも行っていますので、せっかく申し込むならこういったキャンペーン時に申し込んでおくことをおすすめします。

【公式サイトで詳細を見る】

楽天カードについて、更に以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

楽天Edyのチャージと楽天カードについてご説明してきましたが、年会費も無料ですし、楽天Edyと一体型になっている楽天カードならカードがかさばることもなく、大変便利ですね。

デメリットもいくつかありますが、それほど大きなデメリットではなくどのカードでも言えるようなことばかりでした。それ以上に楽天カードのメリットは大きいので、楽天系のサービスをEdyも含め利用しているなら楽天カードは必需品と言えるでしょう。

そんな楽天カードも現在9月25日迄に申し込むと楽天ポイントが7,000ポイントがもらえるキャンペーンを行っています。ただでさえ、一番貯まりやすいポイントと言われていますが、こういったキャンペーン中に申し込むと更にポイントがもらえるのでおすすめです。

楽天カードのキャンペーンはたった10日間のみしか行われませんので、7,000円として利用できるキャンペーンを逃してしまわないようにしてくださいね。

【公式サイトで詳細を見る】