楽天Edyって使いやすいのかニャ?

ウィーちゃんウィーちゃん

ちょっとしたお買い物の時に電子マネーを使いたいんだけど、楽天Edyって使いやすいかなぁ?

博士博士

楽天Edyは使えるお店も豊富でメリットも大きいぞ!

しかし、どんなものにも使う人によってはデメリットと感じる部分もあるのじゃよ。

食費・洋服代・日用品など、生活していると何かと出費がかさんでしまうのは、誰しもが持っている悩みの一つです。

どうせ同じ物を買うなら、少しでもお得に購入したいものですよね?実はそんな日々の出費をお得にできる方法があるのです。

その方法というのが、楽天Edyです。楽天Edyとは、実際に店舗で利用する事ができる電子マネーの事です。

しかし、中には楽天Edyを知らないという人もいるかもしれません。そこで、今回はそんな楽天Edyを徹底解説していきます。参考になる事間違いなしの内容ですので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

楽天Edyを使うメリットはこれだけある!

楽天Edy

どんなサービスにおいても、そのサービスを利用するかどうかどうかは、どれだけ多くのメリットがあるかにかかっています。自分にとってのメリットが全くないサービスを使っているという人はいませんよね。

楽天Edyについて気になっている事は、やはりメリットではないでしょうか?ここでは、どんなメリットがあるのかをまとめてみました。

ウィーちゃんウィーちゃん

気になる!!!!

各種ポイントが貯まる

楽天Edyを使う事のメリットの一つ目は、楽天Edyを使用する事にポイントが貯まる事です。どうせ、同じ金額を払って買い物するなら、ポイントは少しでも多く貯まった方が良いですよね。

楽天Edyの特徴は、楽天スーパーポイントだけではなく、多種多様様々なポイントが貯まる事にあります。実際、どんなポイントが貯まるのか紹介していきましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edyなのに、楽天スーパーポイント以外のポイントが貯まるの?

楽天スーパーポイント

楽天Edyで200円の買い物をする事に、楽天スーパーポイント1ポイントが貯まります。還元率は0.5%です。さらに、ポイントプラス加盟店では、ポイント2倍で還元率1%となります。

Edy利用で貯まる楽天スーパーポイントは楽天市場・楽天ブックス等で1ポイント単位から使う事ができます。楽天トラベル・楽天GORAでは、100ポイントから使う事が可能です。

ANAマイル

ANA MILEGE CLUB Edyカードの場合は、ANAマイルが貯まります。よく飛行機を利用する方には、嬉しい限りですよね。

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edyでマイルが貯まるのは嬉しい!!

博士博士

しかし、楽天Edyの中でもおサイフケータイ限定(アプリ)なんじゃよ。

おサイフケータイで使う場合は、貯まるポイントを多様なポイントやANAマイルから選べます。還元率はいずれも0.5%です。

おサイフケータイなら多種多様なポイント・マイル

楽天スーパーポイント以外のポイントやANAマイルと貯めたい場合は、おサイフケータイがオススメです。おサイフケータイのEdyで貯まるポイントは以下の通りです。

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAマイル
  • Pontaポイント
  • Tポイント
  • WALLTポイント
  • ドットマネー
  • GREEのコイン
  • ヨドバシカメラゴールドポイント
  • ビックポイント
  • ヤマダポイント
  • エポスポイント
  • エディオンポイント
  • プレミアムドライバーズショッピングポイント
  • マツモトキヨシ現金ポイント

 

これだけ多様なポイントの中から、自分のライフスタイルに合わせて貯めたいポイントを選ぶ事ができます。

ウィーちゃんウィーちゃん

めちゃくちゃ種類が多い…!

クレジットカードからのチャージでポイントが貯まる

楽天Edyでポイントが貯まるのは、楽天Edyを使った場合だけではありません。クレジットから楽天Edyにチャージする事でも、ポイントを貯める事ができます。

楽天Edyへのポイントに加え、クレジットカードへのポイントも貯まるという事は、ポイントの二重取りが可能だという事です。まさに、一石二鳥ですよね。

ポイントが貯まるクレジットカードの種類

どのクレジットカードでもEdyチャージでポイントが貯まる訳ではありませんので、ポイントが貯まる主なクレジットカードを以下にまとめました。

カード名ポイント種類 還元率
リクルートカードリクルートポイント1.2%
楽天カード楽天スーパーポイント0.5%
JMBローソンPontaカードPontaポイント0.5%
NTTグループカードポイント・プレゼントコース0.5%
エポスカードエポスポイント0.5%
エポスゴールドカードエポスポイント0.5%
出光カードまいどプラスプラスポイントサービス0.5%
ANAダイナースプレミアムカード ANAマイル0.5%
ANA VISAプラチナプレミアムカード ANAマイル0.5%
ANA JCBカードプレミアム ANAマイル0.5%
ANAカード ANAマイル0.5%
SuMi TRUST CLUB プラチナカードリワードポイント1.62%
SuMi TRUST CLUB エリートカードリワードポイント最大0.81%
SuMi TRUST CLUB ゴールドカードリワードポイント最大1.21%
タカシマヤカードタカシマヤポイント0.5%
エディオンカードエディオンポイント1%
デルタスカイマイル SuMi TRUST CLUB
プラチナVISAカード
デルタスカイマイル1.5%
デルタスカイマイル SuMi TRUST CLUB
ゴールドVISAカード
デルタスカイマイル1.3%
JFRカード優待ポイント0.5%
TOKYO CARD ClubQ JMB PASMO TOKYUTOKYUポイント1.00%
JQ CARD エポスゴールドJRキューポ0.5%-2%
博士博士

楽天カードからのチャージだけじゃなくて、色んなクレジットカードからチャージができるようになっておるぞ!

キャンペーンがお得

楽天Edyを使うメリットとして、頻繁に行われるキャンペーンも外せないポイントです。

ユーザーの負担としては、ちょっとしたスマホまたはPC操作のみなのに、誰でもお小遣い程度のポイントが手に入るというのは嬉しい限りです。

  • 初回利用で400ポイントプレゼント
  • エントリー&楽天スーパーポイント設定で1,000ポイントプレゼント

 

他にも、1,000円分チャージすると10%のポイントを還元するキャンペーンなど、様々なキャンペーンが行われています。

通常のポイント・チャージによるポイントに加え、キャンペーンでもポイントが貯まるとなれば、一石二鳥どころか一石三鳥ですよね。

楽天Edyの気になるデメリット

楽天Edyを使う時に感じるデメリットはないのかニャ?

スポンサーリンク
ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edyってチャージもクレジットカードから行えばポイントも貯まりやすそうで良いよね!

でも、楽天Edyのデメリットが気になるぁ。。

ここまで、楽天Edyのメリットを紹介してきましたが、逆に楽天Edyを使用する事におけるデメリットはないのでしょうか?

ここもメリットと同様に気になっている点だと思います。

メリット・デメリットの両方を知った上で、楽天Edyを使うかどうかを決めるのが最善なのは言うまでもありません。では、早速楽天Edyのデメリットを見ていきましょう。

チャージや残高の把握が面倒

一つ目は、チャージが面倒だと言う事です。楽天Edyは、自分がチャージしている金額内でしか買い物をする事ができません。

楽天Edyに関わらず、この理由で電子マネー自体が好きではないという方も多いのではないでしょうか?

また、楽天Edyは電子のマネーのため、現金と違い小銭を持つ感覚が薄いのも確かです。そのため、残高が今いくらあるのか判断しづらいと感じる人もいるかもしれません。

使えない店もある

二つ目は、楽天Edyに対応していない店があるという事です。財布を持ち歩かなくても、携帯やカード一枚持っていれば、簡単に買い物ができる楽天Edy。

しかし、どの店でも楽天Edyが使えるという訳ではありません。特に中小規模の店や個人経営の店などでは、まだまだ楽天Edyに対応していない店があるのが現状です。

では、どのお店なら楽天Edyを使う事ができるでしょうか?

楽天Edyが使えるお店

お金は使えるからこそ、価値があります。どれだけお金を持っていても、それが使えなければ只の紙切れ同然です。

楽天Edyもお店で使えてこそお得に活用する事が出来ます。ここでは、楽天Edyが使える主なお店を紹介していきます。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーストア
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • イトーヨーカドー
  • やまや
  • ピアゴ
  • マツモトキヨシ
  • ツルハドラッグ
  • ドラッグイレブン
  • アマゾン
  • アメーバ
  • 楽天市場
  • ブックオフ
  • 宮脇書店
  • TSUTAYA
  • ケーズデンキ
  • エディオン
  • ビックカメラ
  • 高島屋
  • 阪急百貨店
  • イズミ・ゆめタウン
  • GAP
  • 紳士服はるやま
  • ドン・キホーテ
  • マクドナルド
  • ガスト
  • バーミヤン
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • ラウンドワン
  • ヤマト運輸
  • てもみん
  • ホワイト急便
  • コンフォートホテル
  • リッチモンドホテル
  • ルートインホテルズ
  • ANA
  • 羽田空港
  • 関西国際空港

 

博士博士

コンビニならほぼすべての店舗で利用できるようになっておるぞ!

楽天Edyは2018年1月時点で、上記の他にも実に300を超える店舗で利用する事が出来ます。また、楽天Edyの公式サイトでは、地域やジャンル別に楽天Edyが使えるお店を検索する事も可能です。

楽天Edyの発行場所・入手先

色んなお店で利用でき、ポイントが貯まるなど、お得に買い物する事が出来る楽天Edy。ここまでの内容を踏まえて、皆さんの中には、楽天Edyを使ってみようかなと思っている人もいるのではないでしょうか?

では、どのようにして楽天Edyを手に入れる事が出来るのでしょうか?そんな疑問に応えるべく、楽天Edyの入手方法を徹底解説したいと思います。

これだけ読めば、楽天Edyを手に入れる事ができますので、是非参考にしてみて下さい。

無料で楽天Edyを手に入れる方法

本来は有料の楽天Edyを無料で入手する方法があるぞ!

電子マネーを利用するのに、発行するだけでお金をかけるのは抵抗ある方もいますよね。実は楽天Edyを無料で入手する方法があります。楽天Edyを無料で入手できる方法は、3パターンあります。

お金がかからないに越した事はありませんので、まずはこちらの方法からトライしてみて下さい。

ウィーちゃんウィーちゃん

お金がかかるのは嫌だし、できるなら無料で手に入れたいニャ!!

ANAマイレージクラブに入会する

一つ目は、ANAのマイレージクラブに入会する方法です。ANAの会員証である「ANAマイレージクラブカード」には楽天Edyが内蔵されています。

さらに、楽天Edyを使用すると、ANAマイルも貯まるので、普段からANAの飛行機に乗る機会がある人には、最もオススメの方法です。

しかし、あまり飛行機を利用する機会がない人にとっては、無用にANAマイレージクラブへの会員登録をしなければならないので、あまりオススメの方法とは言えないかもしれません。

クロネコメンバーズに入会する

二つ目は、クロネコメンバーズに入会するという方法です。クロネコメンバーズとは、クロネコヤマトの宅急便をお得に使う事が出来るサービスです。

このサービスでは、楽天Edy付きのクロネコメンバーズカードを無料で入手する事ができます。

但し、初回の新規発行時や、すでに紙のクロネコメンバーズカードをお持ちの方のみ無料なので、注意が必要です。それ以外の電子マネーカードを持っている方の場合には発行手数料が別途発生します。

楽天カードを申し込む

楽天カード

三つ目は、楽天Edy内蔵の楽天クレジットカードに申し込む方法です。楽天カードは年会費無料で発行可能なクレジットカードです。さらに、楽天カードは、入会するだけで多くのポイントを貰える事も特徴です。

また、楽天カードの場合には、別途Edy利用キャンペーンといったものも実施されているので、楽天Edyを使うだけで更にポイントを貯める事が可能です。

楽天Edyを無料でお得に手に入れたいという方には、最も簡単でお得な方法と言えるかもしれません。

楽天Edyを無料で発行する方法は『楽天Edyカードは無料で入手できる!300円かかる発行手数料を無料にする方法』の記事で更に詳しく解説しています。

有料で楽天Edyを手に入れる方法

無料で楽天Edyを入手する方法以外にも、楽天Edyを自分にあった形でお得に入手出来る方法はあります。

上記3つの入手方法とは違った方法がいいという方は、有料ではありますが、これらか紹介する方法もあわせて検討して見てください。

楽天市場で楽天Edyを購入する

最も一般的に楽天Edyを入手する方法は、楽天市場で購入する方法です。メール便を選択すれば送料無料で注文する事が可能ですので、購入費用(300円)のみで楽天Edyを入手する事が可能です。

楽天Edyは欲しいけど、クレジットカードはいらない・入会手続きが面倒という方は、300円払って楽天Edyを購入するのが良いと言えます。

また、期間によりますが、キャンペーンの内容次第では、購入費用以上の楽天ポイントを貰える場合もありますので、是非チェックしてみて下さい。

プロントで楽天Edyを入手する

プロントで購入可能なプロントメンバーズカードにも、楽天Edyが内蔵されています。

このプロントメンバーズカードは、発行費用として500円かかるため、楽天市場より割高にはなりますが、プロントをよく利用するという方にとっては、一石二鳥の手段かもしれません。

楽天Edyが内蔵されたプロントメンバーズカードを利用すると、カフェタイム、バータイム問わずにプロントの料金が10%オフになります。もちろん楽天Edyカードとしても使用する事が可能です。

デザインを重視して購入する

最後は、せっかく有料で楽天Edyを購入するのであれば、お洒落で可愛い楽天Edyカードを入手してしまおうというものです。

楽天Edyカードの中には、キャラクターEdyと言って可愛いキャラクターがデザインされたカードも販売されています。

リラックマ・カピパラさん・ミニオンズ・ペコちゃん・くまモンなどのキャラクターがプリントされたデザインは、どれも可愛いものばかりです。

販売価格は概ね500円程度と、通常の楽天Edyよりも若干高くなっています。もし気に入ったデザインがあれば、楽天市場からあなたにぴったりのデザインを探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、楽天Edyのメリットから入手方法までを徹底解説していきました。この記事内でも述べたように、楽天Edyは日々の出費をお得に彩ってくれる事間違いなしです。入手方法も少し時間があれば出来る簡単なものです。

とは言うものの実際に使ってみないと、良いか悪いかの判断がしづらいのも確かです。ですので、この記事を読んで少しでも楽天Edyが少しでも気になったという方は、一度使ってみてから判断する事をオススメします。

一度使ってみる事で、自分にぴったりの楽天Edyの活用法がきっと見つかるはずです。

スポンサーリンク