楽天カードっていっぱい種類があるけど、どれがおすすめなの?

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天カードを申し込みしようと思ったら、色んな種類があってビックリしたニャ!

マネーの博士マネーの博士

楽天カードにはいろいろな種類があるから、どのタイプのカードを選択するかとても重要なんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

ボクにおすすめの楽天カードってあるかニャ?

マネーの博士マネーの博士

あるとも!その前にまずは楽天カードの種類や特徴などを知っておく必要があるのぅ。それから、自分に合ったおすすめのカードを見つけていこう!

10人に1人が保有しているという楽天カード。

ここまで人気の高いクレジットカードは他にありませんから、クレジットカードを選定する上ではまず、楽天カードのスペックを知っておきたいものです。

ところで、楽天カードと一口に言っても、楽天カードには実に様々な種類があります。

そこでここでは、楽天カード全種類の基本スペックや特徴を紹介していきたいと思います。更には、アナタにおすすめな楽天カードは何かを丁寧に提案していきます。

本記事の内容を読み進めていただければきっと、あなたにピッタリの楽天カードに出会うことができますよ。

楽天カード全種類共通のメリット

楽天カードJCB

さて、早速カードの紹介に入りたいところですが、その前にまず、楽天カード全種類共通のメリットについてみていきたいと思います。

ここでピックアップする楽天カード付帯のメリットは以下の通りです。

以下、それぞれの特典が付帯しているかどうかが一目でわかる表をご覧ください。

一目でわかる!楽天カード共通のメリット

楽天カードの種類楽天市場での高還元楽天Edy楽天ポイントカード機能旅行傷害保険空港ラウンジ特典
楽天カード3倍
(海外)
×
楽天PINKカード3倍
(海外)
×
楽天ゴールドカード5倍
(海外)
楽天プレミアムカード5倍
(国内外)

(プライオリティ・パス含む)
楽天ANAマイレージクラブカード3倍
(海外)
×
楽天ブラックカード5倍
(国内外)

(プライオリティ・パス含む)
楽天カードアカデミー3倍
(海外)
×
楽天銀行カード3倍××××
楽天ビジネスカード5倍××

 

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天カードの種類によってこれだけメリットが違うんだね。

ご覧の通り、どの楽天カードにも共通しているのは、楽天市場における高還元のみです。

楽天Edyと楽天ポイントカード機能も基本スペックではありますが、楽天銀行カードのみ、これらの付帯がないという仕様です。

ハイスペックのカードを求めるなら旅行傷害保険と空港ラウンジ特典に注目

マネーの博士マネーの博士

特に年会費を重視する、特典を重視するかで選ぶ楽天カードは変わってくると言って良いじゃろう。

ここまでを踏まえると、各楽天カードには以下のようなことが言えます。

ほぼ全ての楽天カードに共通する特典
  • 楽天市場での高還元
  • 楽天Edyの付帯(楽天銀行カードのみ例外)
  • 楽天ポイントカード機能の付帯(楽天銀行カードのみ例外)
  • 海外旅行傷害保険(楽天銀行カードのみ例外)
ハイスペックな楽天カードに付帯する特典
  • 国内旅行傷害保険
  • 空港ラウンジ特典
  • プライオリティパスの特典

つまり、各種楽天カードの中でもハイスペックな一枚を所有するのであれば、国内旅行傷害保険や空港ラウンジ特典(プライオリティ・パス含む)に目を向ければいいということが言えます。

次項からは、それぞれの楽天カードについて、もう少し深掘りしながら解説を加えていきます。あなたが必要としているメリットが付帯している楽天カードに注目しながら、以下の内容を読み進めてみてください。

楽天カード全種類の特徴

さて、続いては、楽天カードの全種類の特徴についてみていきたいと思います。

前項の表でもお伝えした通り、楽天カードの全種類(クレジットカード)はこの9枚です。

以下、それぞれのカードの基本情報に加え、メリットも合わせて紹介していきますよ。

楽天カード

通常の楽天カード

基本還元率通常:1%
楽天市場:3%~
年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード500円(税抜)
※楽天会員ランクにより無料
家族カード無料

楽天カードは家族カードまでを完全無料で持つことができるクレジットカードです。

楽天会員でプラチナかダイヤモンドを達成している方は、ETCカードも合わせて作成しておくと良いでしょう。

AMEXブランドのクレジットカードを無料で持ちたいという方にも、楽天カードは抜群の一枚と言えますね。

楽天カードの国際ブランドの選び方の『楽天カード国際ブランドの選び方を解説!VISA・MasterCard・JCB・AMEXでおすすめは?』の記事も合わせて参考にしてみてください。

とにかくポイントがザクザク貯まる

楽天スーパーポイントアッププログラム15倍

なぜ10人に1人もの人が楽天カードを愛してやまないのか。その秘密は、とにかくザクザクポイントが貯まるシステムにあると言っても過言ではありません。

楽天カードのユーザーはなんと、以下のような特典やキャンペーンを組み合わせて買い物をすることで、一気に10倍や20倍、あるいは30倍以上の大幅ポイントを獲得することが可能となるのです。

これほどまでに素晴らしい仕様だと、普段から楽天系列を利用している方はもちろん、まだあまり活用したことがないという方も含め、楽天系列での買い物にハマってしまうのではないでしょうか。

ぜひ、各種プログラムの内容を十分に理解し、効率良く買い物を進めてみてくださいね。

楽天市場の各キャンペーン情報は『楽天市場のキャンペーンは豊富|知らないと損する楽天市場キャンペーン活用マニュアル』の記事で詳しく紹介しています。

楽天カードがおすすめな人

  • 楽天市場を利用している人
  • 年会費無料でクレジットカードを持ちたい人
  • とにかくザクザクポイントを貯めたい人
  • 海外旅行傷害保険の付帯に魅力を感じる人

 

楽天PINKカード

楽天PINKカード

基本還元率通常:1%
楽天市場:3%~
年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード500円(税抜)
※楽天会員ランクにより無料
家族カード無料

楽天PINKカードは基本スペックは楽天カードと変わりませんが、PINKを基調とした女性向けの可愛らしいデザインと格安優待/保険サービスがあるのが大きな違いです。ちなみに、男性でも楽天PINKカードを持つことはできます。

格安オプションサービスが付帯

楽天PINKカードのユーザーは、以下の3つのサービスや保険をオプションで選択することができます。

楽天グループ優待サービス
対象サービス優待内容
楽天市場500円オフ
楽天トラベル国内宿泊予約が1,000円オフ
楽天ブックス100円オフ
楽天Kobo10%オフ
楽天TV20%オフ
楽天GORAゴルフ場の予約で1,000円オフ

 

ライフスタイル応援サービス
提携店優待内容
カラダファクトリーファクトリージャパングループ共通施術券1枚
1,000円⇒850円
tutuannna2,000円以上購入で10%オフ
MOVIX&松竹系映画鑑賞券 1,800円⇒1,300円
日産レンタカー一般料金(24h利用の場合)21%〜50%オフ
ベネ・ステフリーeラーニングビジネススキル資格取得対策講座eラーニング
全158講座受講料無料
カラオケまねきねこルーム料金 30%オフ
横浜・八景島シーパラダイスワンデーパス(水族館4施設+アトラクション)
おとな 5,050円⇒4,400円
東京ジョイポリス小学生以上共通パスポート引換券
4,300円⇒2,900円
ECC外語学院・入会金(21,600円)無料
・受講料最大20%オフ
『食べタイム』ホテルニューオータニ幕張ザ・ラウンジスイーツ&サンドウィッチビュッフェなどお会計の20%オフ
カラオケ コート・ダジュールカラオケ コート・ダジュール室料(通常)20%オフ
ビッグエコー・日〜木・祝日 室料30%オフ
・金・土・祝前日 室料20%オフ
・フリータイム 室料5%オフ
東京お台場大江戸温泉物語全日利用券
最大2,936円⇒1,900円
リラクゼーションスペースラフィネラフィネギフトカード(1枚)
2,160円⇒1,850円
上島珈琲店上島珈琲店 お会計の10%オフ

 

  • 女性特定疾病補償プラン
  • ケガの補償プラン:月額240円
  • 携行品損害補償プラン:月額330円
  • 個人賠償責任事故補償プラン:月額220円

楽天グループサービスおよびライフスタイル応援サービスについてはそれぞれ、月額300円(税抜)で利用可能です。

本記事執筆時点(2019年1月下旬)においては、女性特定疾病補償プランの募集が停止されていますが、現在再開に向けて新プランの内容が練られているようです。

楽天PINKサポートでは、いずれのサービスや保険に関しても格安で利用できるのが嬉しいですね。

楽天カードと楽天PINKカードで迷っている方は、オプションサービスの内容に目を向けてみると迷いが晴れるのではないでしょうか。

楽天PINKカードがおすすめな人

  • ピンクを基調としたカードデザインに魅力を感じる人
  • オプションサービスで節約効果を見出せそうな人
  • 格安オプション保険に加入しておきたい人

 

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

基本還元率通常:1%
楽天市場:5%~
年会費2,000円(税抜)
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
家族カード 500円(税抜)

通常の楽天カードと比較し、楽天ゴールドカードの魅力となる点は以下の通りです。

  • 楽天市場での還元率が更に+2%
  • 国内主要空港に加え、韓国、ハワイのラウンジが年2回無料
  • ETCカードの年会費が無料
  • 紙の利用明細が無料

楽天ゴールドカードは年会費をご覧いただければお分かりの通り、格安で持つことができるゴールドカードと言えます。

ステータス性の高いカードに関心があるけれど、なかなか万単位のランニングコストを捻出するのが難しい方には、楽天ゴールドカードがぴったりですね。

国内主要空港に加え、韓国、ハワイのラウンジが年2回無料

楽天ゴールドカードのユーザーは、国内の主要空港のみならず、韓国やハワイの空港においてもラウンジを無料で活用することができます。対象となっている空港およびラウンジは以下の通りです。

空港名ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ・ロイヤルラウンジ
函館空港ビジネスラウンジ A Spring
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジ
羽田空港Sky Lounge
・第1ターミナルエアポートラウンジ
POWER LOUNGE
・第2ターミナルエアポートラウンジ
POWER LOUNGE
成田国際空港IASS EXECUTIVE LOUNGE1
IASS EXECUTIVE LOUNGE2
ビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ)
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港らいちょう
中部国際空港プレミアムラウンジセントレア
第2プレミアムラウンジセントレア
小松空港スカイラウンジ白山
伊丹空港ラウンジオーサカ
関西国際空港比叡・六甲・アネックス六甲
金剛・KIXエアポートラウンジ
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジもみじ
米子空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島空港ヴォルティス
北九州空港ラウンジひまわり
福岡空港くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
長崎空港ビジネスラウンジアザレア
大分空港ラウンジくにさき
熊本空港ラウンジ『ASO』
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華〜hana〜
ホノルル国際空港IASS HAWAII LOUNGE
仁川国際空港IASS INCHEON LOUNGE EAST・WEST

 

無料で利用可能なのは年2回までとなっていますが、そこまで頻繁に出かけるわけではなく、ちょこちょこ旅行にいく程度の方にとっては、楽天ゴールドカードがちょうど良いでしょう。

楽天ゴールドカードがおすすめな人

  • 楽天市場で毎月9,000円以上利用する人
  • 格安でゴールドカードを持ちたい人
  • ETCカードを無料で持ちたい人
  • ラウンジ無料特典に魅力を感じる人

 

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

基本還元率通常:1%
楽天市場:5%~
年会費10,000円(税抜)
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード無料
家族カード500円(税抜)

楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードと比較し、以下の点がアドバンテージとなる一枚です。

  • 世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが無料
  • 選べる3つのコース(トラベルコース楽天市場コースエンタメコース)で優待
  • 誕生月は楽天市場の利用でポイント6倍
  • 海外旅行傷害保険がパワーアップ
  • 国内旅行傷害保険が付帯
  • ショッピング保険がパワーアップ
  • 楽天ビジネスカードが利用できる
  • 楽天プレミアムが1年間無料

さすがに年会費が10,000円を超えてくると、カードスペックも一気に充実しますね。

どれもこれも解説を加えたいところではありますが、ここでは国内外の旅行傷害保険の内容について紹介していきましょう。

国内外の旅行傷害保険が秀逸

楽天プレミアムカードのユーザーは、以下の非常に充実した旅行傷害保険を享受することができます。

海外旅行傷害保険
補償項目補償内容
傷害死亡・後遺障害5,000万円
(内自動付帯4,000万円)
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
携行品損害50万円
(内自動付帯30万円)
救援者費用200万円

 

国内旅行保険(自動付帯)
補償項目補償内容
傷害死亡・後遺障害5,000万円
入院5,000円/日
手術25,000円/50,000円
通院3,000円/日

 

ご覧の通り、国内外ともに自動付帯の部分だけでも、潤沢な補償額が用意されていることが分かります。

国内外問わず、とにかく旅行へ出かけるのが好きな方は、楽天プレミアムカードを作成しておくことで、圧倒的な安心感を備えることができそうですね。

楽天プレミアムカードがおすすめな人

  • プライオリティパスの特典に魅力を感じる人
  • 圧倒的な国内外の旅行傷害保険を享受したい人
  • 最大300万円までのショッピング保険に魅力を感じる人

 

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

基本還元率通常:1%
楽天市場:3%~
年会費初年度:無料
2年目以降:500円(税抜)
※年に1度の利用で無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード500円(税抜)
※楽天会員ランクにより無料
家族カード無料

楽天ANAマイレージクラブカードはその名の通り、ANAマイルを貯める上でおすすめの一枚です。

楽天ANAマイレージクラブカードの基本情報についてですが、2年目以降は年会費無料に条件が付帯する点と、国際ブランドでAMEXを選択できない点が、通常の楽天カードと異なります。

ANAマイルコースを選べばANAマイルがダイレクトで貯まる

楽天ANAマイレージクラブカードのユーザーは、以下の2つのコースから好きな方を選択した上で還元を受けることができます。

  • 楽天スーパーポイントコース
    ⇒100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる(ポイント付与率1%)
  • ANAマイルコース
    ⇒200円ごとに1ANAマイルが貯まる(マイル付与率0.5%)

付与率という部分だけをみると一見、楽天スーパーポイントコースに軍配が上がるような感覚がありますが、マイルにはレバレッジがかかるため、実際にはANAマイルコースの方が、楽天スーパーポイントコース以上の価値を持つことも多々あります。

特に、普段から空の旅をしている方にとって、ANAマイルコースは非常に便宜性が高いのではないでしょうか。

楽天ANAマイレージクラブカードがおすすめな人

  • ANAマイルを直接貯めたい人
  • 飛行機を利用する頻度が多い人
  • 空港カウンターでの搭乗手続きを省略できるSKIPサービスに魅力を感じる人

 

楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

基本還元率通常:1%
楽天市場:5%~
年会費30,000円(税抜)
国際ブランドMasterCard/JCB/AMEX
ETCカード無料
家族カード無料
(2枚迄)

 

楽天ブラックカードは各種楽天カードの中でも最高峰の一枚です。

楽天ブラックカードの唯一の入手条件はインビテーションを受けるしかなく、カード利用額・カード利用歴・信用情報など様々な面において、楽天から認められた人しか持つことができない仕様となっています。

楽天ブラックカードと楽天プレミアムカードを比較した際に、楽天ブラックカードのアドバンテージとなるのは以下のような項目です。

  • コンシェルジュ(国内外問わず、24時間365日通話料無料で熟練したサービスエクゼクティブが日本語で様々な要望に対応)
  • Mastercard TASTE OF PREMIUM(MasterCardブランドの場合)
  • JCBプラチナ特典の一部(JCBブランドの場合)
  • プライオリティパスが同伴者2名まで無料
  • 楽天市場楽天トラベルエンターテイメントの全てでポイントアップ(楽天プレミアムカードはいずれか一つのみ)
  • 国内外の旅行傷害保険がグレードアップ(最高1億円)
  • 商品未着あんしん制度が付帯

解説したい項目は山のようにありますが、ここでは、楽天ブラックカードで得られるプライオリティ・パスの魅力について触れておきましょう。

プライオリティ・パスが同伴者2名まで利用可能

プライオリティパス

楽天ブラックカードのユーザーは、世界中の約1,200ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題となるプライオリティパスに無料で入会することができます。

プライオリティ・パスを活用できるクレジットカードは複数ありますが、楽天ブラックカードで得られる特典はその中でも格別です。

  • プレステージ会員(429米ドル/約46,000円〜47,000円程度)が無料
  • 同伴者も2名まで同特典を享受できる

ちなみに、同伴者も2名まで無料というのはAMEXのクレジットカードで言うと、センチュリオンでやっと享受できる特典です。アメックス・センチュリオンと言えば、入会金として50万円、年会費で35万円が必要なまさに幻のカード。

プライオリティ・パスのスペックにおいて、アメックス・センチュリオンのような志向の一枚と肩を並べていると思えば、楽天ブラックカードがいかに素晴らしいカードであるかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ちなみにプライオリティ・パスでは、世界中のラウンジが無料になるだけでなく、レストランやスパ、リラクゼーション周りでもメリットがあります。

たとえば、関西国際空港で営業しているぼてぢゅうにおいては、3,400円の割引を受けることができますよ。

楽天ブラックカードがおすすめな人

  • 同伴者2名を含めて利用可能なプライオリティパスの特典に魅力を感じる人
  • 圧倒的な国内外の旅行傷害保険を備えておきたい人
  • ステータス性の高さを重要視する人

 

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミー

基本還元率通常:1%
楽天市場:3%~
年会費無料
国際ブランドVISA・JCB
ETCカード年会費:500円(税抜)
※楽天会員ランクにより無料
家族カードなし

 

楽天カードアカデミーはその名の通り、学生向けの楽天カードで、18歳〜28歳の学生のみが作成できる一枚です。

通常の楽天カードと比較し、家族カードがない点や、国際ブランドのMasterCard・AMEXなどを選択できない点が異なります。

ちなみに、卒業後は自動的に楽天カードへステップアップできるため、再度申込み手続きをする必要はありませんよ。

楽天系列でポイントアップ

楽天カードアカデミーならではの特典として、以下の楽天系列でボーナスポイントを獲得できる点を挙げることができます。

  • 楽天ブックス:最大5倍
  • 楽天トラベル:最大3倍
  • 楽天ダウンロード:最大3倍

これらの楽天系列においては、通常の楽天カードを持つ場合よりも還元率が優遇されるのは嬉しいですね。

ただし、いずれの特典に関しても、楽天アカデミー入会から1年(発行月を含む13ヶ月)までの期間限定とされている点には注意が必要です。

楽天カードアカデミーがおすすめな人

  • 楽天系列を普段使いしている学生の人
  • 学生のうちからクレヒスを積み上げておきたい人
  • 書籍の購入や、旅行に出かける機会が多い人

 

楽天銀行カード

楽天銀行カード

基本還元率通常:1%
楽天市場:3%~
年会費無料
国際ブランドJCB
ETCカード500円(税抜)
※楽天会員ランクにより無料
家族カードなし

 

楽天銀行カードでは、国際ブランドの選択肢がJCBのみとなっています。

JCBは時に、決済できない店舗やサービスに出くわすこともあるため、楽天銀行カードをチョイスするのであれば、他のクレジットカードでVISAかMasterCardを発行しておくのがおすすめですよ。

キャッシュカードとクレジットカードが一体化

楽天銀行カードは以下の2つの機能を併せ持つ一枚です。

  • クレジット決済機能
  • 楽天銀行のキャッシュカード機能

もちろん、楽天カードと比較した時に際立つ楽天銀行カードの強みは、カードを2枚に分けて持つ必要がなくなること。

ただし、楽天銀行カードには楽天Edyや楽天ポイントカードの機能が付帯していないことには注意が必要です。

したがって、楽天Edyや楽天ポイントカードの機能を普段使いしたい方は、楽天銀行カードよりも楽天カードを選ぶ方が良いでしょう。

楽天銀行カードがおすすめな人

  • すでにVISAもしくはMasterCardブランドのクレジットカードを持っている人
  • 楽天銀行のキャッシュカードとクレジットカードを一枚に集約したい人
  • 楽天Edyや楽天ポイントカード機能はそこまで利用しない人

 

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

基本還元率通常:1%
楽天市場:5%~
年会費2,000円(税抜)
国際ブランドVISA
ETCカード500円(税抜)
※1枚目のみ無料
家族カードなし

 

安定した収入のある個人事業主や法人代表者が所有してお得になるのが楽天ビジネスカードです。

年会費を含め、楽天ビジネスカードで利用した分は全て経費にでき、かつポイントも無駄なく獲得できるため、経営をさらに安定させる上で楽天ビジネスカードが大活躍してくれることは間違いないでしょう。

ちなみに、楽天ビジネスカードを所有するには、本記事でもすでに紹介済みの楽天プレミアムカードを持つ必要がありますよ。

VISAビジネスオファーで優待多数

各種楽天カードの中でも、VISAビジネスオファーを活用できるは楽天ビジネスカードだけです。

一体どんな特典があるんですか?」と気になっている方もいることでしょう。VISAビジネスオファーで得られる特典は以下の通りです。

サービス名特典内容
VISAビジネスグルメオファー全国の厳選レストランが優待価格で利用可能
三洋堂国内外のお土産や旅行用品が全商品10%オフ
東武トップツアーズ自社企画商品『Feel』(国内・海外)を3%割引
WHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー)WHGの基本宿泊料金から10%割引
エリアリンク/ハローストレージ使用料1ヶ月分相当額が無料
サーブコープジャパンバーチャルオフィス・ボードルーム利用時の割引
イメージナビ/デザインポケット『素材辞典.net』ライセンスキー購入時10%オフ
雑誌のオンライン書店Fujisan.cop.jpFujisan.cop.jpサイト価格より5%オフ
ユーゴ/印刷サイト『スプリント』プリントサービスを5%割引
日本交通ハイヤーを安心の料金で提供
Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチ新規申込でスポンサードサーチ広告費用5,000円分をプレゼント
ゴルフダイジェスト・オンライン/ゴルフ場予約ゴルフ場の予約&プレーでGDOポイントをプレゼント
エグゼクティブ・センター(The Executive Centre)指定サービスの利用料金を20%オフ
サントリーウエルネスオンライン特定商品が10%増量+送料無料
オプティVAT(付加価値税)還付代行サービスVAT還付手数料の10%を割引優待
ナカバヤシ/フエルモール・フエルフォトブックショッピングモールサイト『フエルモール』にて商品代金の割引
ファクトリーギア/上質工具ファクトリーギアウェブショップで初回注文時1点10%オフ
日比谷花壇法人向けオンラインショッピングサイトにて商品5%オフ
ブラザーダイレクトクラブブラザーダイレクトクラブにて全商品10%オフ
オフィス・デポ・ジャパン商品代金を3%割引
ウォータースタンド利用料金(レンタル料金)1ヶ月無料
スマイルワークスClearWorksの無料トライアル(最大2ヶ月)
使えるネット/クラウド型ソリューション『使えるクラウドバックアップ』特定プランの契約期間に応じて利用料の割引
マネーフォワードクラウド 会計・確定申告特定プランの契約で利用開始から3ヶ月間無料
クラウド翻訳『トランスマート』新規初回登録から1年間、利用金額が25%オフ(利用総額50万円までが対象)
メリービズ バーチャル経理アシスタントサービス料金が10%オフ

 

接待で利用できそうな『VISAビジネスグルメオファー』や『ゴルフダイジェスト・オンライン/ゴルフ場予約』などに加え、財務会計や給与計算をサポートしてくれる『スマイルワークス』、プロの翻訳を依頼できる『トランスマート』など非常に使い勝手の良さそうなサービスが満載ですね。

せっかく楽天ビジネスカードを作成するのであれば、VISAビジネスオファーの詳細に目を向けていただき、上手に活用することでビジネスの追い風にしていきましょう。

楽天ビジネスカードがおすすめな人

  • 事務処理の手間や手数料などのコスト削減に努めたい人
  • 高還元率の法人カードを作成しておきたい人
  • VISAビジネスオファーの特典に魅力を感じる人

 

どの種類を選べば良い?楽天カードの選び方

うーん。素敵なカードがいっぱいあって選べない!

このように頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、楽天カードの選び方というテーマで話を進めていきたいと思います。

これは楽天カードに限った話ではありませんが、やみくもに色々なカードを調べていくのではなく、あなたの中に明確な基準を設けてしまった方が、理想の一枚にたどり着くのは断然早いです。

たとえば、以下のような基準を持つと良いでしょう。

  • 楽天市場を毎月どの程度利用するか
  • 旅行傷害保険はどの程度の補償額を確保しておきたいか
  • プライオリティパスを必要とするか
  • 他のカードでは得られない至高のメリットを必要とするか

早速、それぞれの項目について解説を加えていきましょう。

楽天市場を毎月どの程度利用するか

楽天市場

楽天カードの共通メリットとしてはやはり、楽天市場で圧倒的な還元を得られるということです。ここで着目したいのが、楽天カードの種類によって、楽天市場で得られる節約効果に差が出てくるということ。

結論から言ってしまうと、月額9,000円以上楽天市場で買い物をするかどうかで、選ぶべきカードは異なります。

  • 月額9,000円未満
    ⇒楽天カード
  • 月額9,000円以上
    ⇒楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは楽天カードと比較し、常に+2%の還元を楽天市場で享受できます。楽天ゴールドカードの年会費分は、毎月9,000円の利用でちょうど相殺できるというわけですね。

したがって、楽天市場で毎月9,000円以上の利用があるにもかかわらず、年会費が無料だからという理由だけで楽天カードを選択してしまうのは損ですよ。

楽天カードと楽天ゴールドカードの比較は『楽天カードと楽天ゴールドカードを比較!違いや選び方を徹底解説!』の記事で詳しく解説しています。

イラスト文字で 『楽天カードと楽天ゴールドカードを比較!選び方を解説』 と記載し、博士と白猫が下にいるイラスト(背景に楽天カードと楽天ゴールドカード) 楽天カードと楽天ゴールドカードを比較!違いや選び方を徹底解説!

 

旅行傷害保険はどの程度の補償額を確保しておきたいか

あなたは旅行へ出かける頻度が多いでしょうか?旅先ではいつどのようなアクシデントに出くわすかわかりません。このように考えると、できる限り潤沢な旅行傷害保険を備えておきたいと思う方も多いことでしょう。

まず、旅行は海外のみか、それとも国内外問わず出かけることが多いかで選ぶカードが異なってきます。

  • 海外のみ
    ⇒楽天カード/楽天ゴールドカード(楽天カードも楽天ゴールドカードも海外旅行傷害保険の補償額は同じ)
  • 国内外問わず出かける
    ⇒楽天プレミアムカード/楽天ブラックカード

国内旅行が多い方や、圧倒的な補償額を備えておきたい方は、楽天プレミアムカードや楽天ブラックカードをチョイスすると良いでしょう。

ちなみに、以下のような年会費無料のクレジットカードを作成しておくことでも、傷害死亡・後遺障害以外の項目については上乗せで享受することができますよ。

  • REXカード(自動付帯の海外旅行傷害保険利用付帯の国内旅行傷害保険)
  • エポスカード(自動付帯の海外旅行傷害保険)

プライオリティ・パスを必要とするか

プライオリティパス

旅行頻度が多い方にとって重要になるのが空港ラウンジ利用特典ですよね。

空港ラウンジに関してですが、世界中を飛び回っているような方であれば、プライオリティ・パスの特典がないことには話にならないことでしょう。

逆に、旅行の頻度は数えるほどだと言う方は、プライオリティ・パスまで求める必要はありません。

  • 旅行頻度は年に数回程度
    ⇒楽天ゴールドカード
  • 旅行頻度がとにかく多い
    ⇒楽天プレミアムカード

さらに話を深掘りすると、誰と一緒に旅行へ出かけるかでも、選ぶべきカードは異なってきます。

  • 旅行頻度が多く、一人で出かける
    ⇒楽天プレミアムカード
  • 旅行頻度が多く、恋人や友人、家族と一緒に出かける
    ⇒楽天ブラックカード

ご覧の通り、一人旅であれば楽天プレミアムカードで十分ですが、恋人や友人、家族と一緒に出かけるにもかかわらず、一人だけVIPラウンジで寛ぐわけにもいきませんよね。その場合は思い切って、楽天ブラックカードを選んでしまいましょう。(ただし、楽天ブラックカードは直接申し込みで審査に通る可能性はかなり低い)

他のカードでは得られない至高のメリットを必要とするか

そんじょそこらのカードでは満足できない!

特別感のあるクレジットカードが欲しい!

このように思われる方は、他の楽天カードには目をくれることもなく、楽天ブラックカードを選ぶと良いでしょう。

楽天ブラックカードのユーザーは、圧倒的な旅行傷害保険やプライオリティ・パスの他にも、他の楽天カードでは得られない至高のメリットを享受することができます。

たとえば、楽天ブラックカードのMasterCardブランドに付帯する『TASTE OF PREMIUM』では、以下のような優待があります。

特典名優待内容
ダイニング BY 招待日和全国約200店の有名レストランにて、2名以上の利用で1名分が無料
国際線手荷物無料宅配出発・帰国時の手荷物を無料で宅配してもらえる
会員制ゴルフビジターだけでは利用ができないメンバー限定のコースを楽しむことができる
ヘリクルーズMasterCardが提供するオリジナルプログラムで、東京上空からロマンティックな夜景を楽しむことができる
歌舞伎・能歌舞伎や能のチケットを手配することができる
ホテルスパ厳選ホテルスパを堪能することができる
国内高級ホテル・高級旅館全国のラグジュアリーホテルや高級旅館約900施設を利用できる
国内ゴルフ・全国約1,900コースのゴルフ場の手配
・約150コースの優待価格ゴルフ場の案内
海外ホテル・航空券Expediaで海外ホテルが10%オフ
もしくはホテル+航空券が2,500円オフ
空港クローク優待サービス1着につき10%オフ
海外用携帯電話・WIFIレンタルサービス・海外WiFiルーター通信料⇒15%オフ
・海外携帯電話通信料⇒15%オフ
・レンタル料金⇒50%オフ
カーシェアリング・カード発行手数料(通常1,550円)が無料
・月額基本料金が3ヶ月無料
※2019年3月31日まで
スポニチゴルファーズ倶楽部・年会費が永年4,000円(税抜)オフ
・15,000円分のラウンド割引券
※2019年3月31日まで
ザ・カハラ・ホテル&リゾート・朝食ブッフェ2名分が無料
・3連泊ごとに100米ドル相当のリゾートクレジット
※2019年3月31日予約分まで

 

ご覧の通り、ありとあらゆる場面において様々なメリットがあります。

ちなみに楽天ブラックカードのJCBブランドを選択すると、『JCBプラチナ』の一部を享受できることになりますが、コース料理が1名分無料になるグルメ・ベネフィットは対象外です。

大切な人を高級レストランに招待したい方は、JCBよりMasterCardを選ぶ方が良さそうですね。

楽天にはお得なデビットカードもある!

楽天にはお得なデビットカード

マネーの博士マネーの博士

楽天カードにはクレジットカードだけではなく、お得なデビットカードも用意されているんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

デビットカードなら審査のことも気にしなくて良いよね!

さて、ここまで楽天のクレジットカードを全て紹介してきましたが、楽天には以下の通り、お得なデビットカードもあります。

  • 楽天銀行デビットカード(JCB)
  • 楽天銀行ベーシックデビットカード(VISA)
  • 楽天銀行シルバーデビットカード(VISA)
  • 楽天銀行ゴールドデビットカード(VISA)

デビットカードってなに?

と思われる方もいるかもしれませんので、ここでクレジットカードとデビットカードの違いを紹介しておきましょう。

クレジットカードと比較した際のデビットカードの特徴は以下の通りです。

デビットカードのメリット
  • 16歳以上なら誰でも作成できる
  • 審査がない
  • 入会費/年会費無料
  • 使いすぎることがない(決済時に即口座から引き落としがかかる)
デビットカードのデメリット
  • ETCカードはない
  • 基本還元率は低い(楽天のデビットカードは例外で一律1%)
  • カードに付帯する保険や特典は少ない
  • クレヒスは構築されない

以上を踏まえた上で、楽天のデビットカードを活用するメリットについて、解説を加えていきたいと思います。

楽天ならデビットカードでも基本還元率が1%

楽天銀行デビットカード

通常、デビットカードと言えば、基本還元率が0.25%〜0.5%であることがほとんどです。それにもかかわらず、楽天の場合はデビットカードもクレジットカードと同様に、基本還元率が1%となっています。

これならどこの店舗やサービスで利用しても、ポイントをサクサク貯めていくことができそうですね。

ただし、デビットカードは楽天系列におけるSPU(スーパーポイントアッププログラム)をはじめとするキャンペーンの対象にはならないため、一気に10倍や20倍といった還元を受けることはできませんよ。

デビットカードなら審査なしで作成できる

今の状況では審査をクリアできるか不安です!

このような方にとって最も大きなメリットと言えるのが、デビットカードは審査なしで発行できるという点でしょう。

  • 楽天カード
    ⇒全種類において審査あり
  • 楽天デビットカード
    ⇒全種類において審査なし

審査なしで作成できる上、1%の還元率でポイントが貯まっていく楽天デビットカードは非常に魅力的と言えますね。

デビットカードなら使いすぎの心配がない

クレジットカードは便宜性が高い反面、ついつい使いすぎてしまうというデメリットもはらんでいます。特に、普段からどんぶり勘定をしがちな方は、毎月の支払いに追われてしまうということにもなりかねません。

この点、デビットカードはクレジットカードよりも優れており、決済した瞬間に口座から引き落としがかかるため、使いすぎを心配する方にはぴったりのカードと言えましょう。

  • 楽天カード
    ⇒決済月の翌月27日に引き落とし
  • 楽天デビットカード
    ⇒決済した瞬間に口座から引き落とし

クレジットカードは欲しいけれど、使いすぎを懸念してなかなか一歩が踏み出せない方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ、まずは楽天デビットカードでデビューを果たしてみるのも良いかもしれませんね。

 

楽天カードで国際ブランドの選び方

楽天カードJCB

通常の楽天カードには国際ブランドが4種類あります。

  • VISA
  • Master card
  • JCB
  • AMEX

どのブランドも世界で通用する有名ブランドなので、「国際ブランドに、何か大きな違いがあるの?」と思ってしまう人も多いでしょう。

実は楽天カードで選べる国際ブランドにも違いがあるのです。あなたのために、楽天カードの3つの国際ブランドの違いを解説していきましょう。

VISAなら加盟店が世界中にあるからどこでも使える!

楽天カードVISA

VISAと言えば世界中どこにでも加盟店がある、もっとも利用される国際ブランドです。海外に行くことが多い人ならVISAが活躍してくれることでしょう。

楽天カードとしてのVISAの特別な機能はありませんが、VISA独自のキャンペーンや優待サービスを受けることができます。

VISAの優待サービスについてはこちらの『VISA公式サイト』で見ることができます。

楽天カードのデザインは新たにパンダデザインもVISAで選択できるようになったので、通常のデザイン以外が欲しい方はそちらを選択しても良いでしょう。

Mastercardならau WALLETのチャージでポイントGET!

通常の楽天カード

MastercardもVISA同様に、世界のあちこちに加盟店がありますので海外に行く機会の多い人に向いている国際ブランドです。

大きなメリットとしては、au WALLET(ウォレット)にチャージするとポイント還元が受けられるということでしょう。

本人認証サービス『Mastercard SecureCode(マスターカード セキュアコード)』に登録しておけば、楽天カードでチャージすることができます。ポイント還元率は1%ですので、チャージしてポイントを貯めることができてお得ですね。

このほかにも、Master card独自のキャンペーンや特典がありますので、『Mastercard公式サイト』をチェックしてみてくださいね。

JCBはキャンペーンや特典が豊富にある

楽天カードJCB

日本で誕生した国際ブランドJCBは、日本国内で受けることのできるサービスや特典が非常に多いのです。

もちろん海外の加盟店でもキャンペーンや特典を受けることができます。『JCB公式サイト』でチェックすることができますので、そのキャンペーンの多さを実感してみてください。

このほか、電子マネーnanaco(ナナコ)にチャージすることもできます。しかし、au WALLETの場合と違って楽天カードを利用してチャージした場合でもポイントは付きませんのでご注意ください。

AMEXならアメリカン・エキスプレス・コネクトが利用できる!

楽天カードAMEX

新たに楽天カードではAMEXブランドを選ぶことができるようになりました。

本来AMEXのプロパーカードを発行しようと思うと、最低でも10,000円以上はかかってきますが、楽天カードなら無料で発行できるのは大きなメリットです。

そんなAMEXブランドを楽天カードで選ぶと、AMEXの特典である『アメリカン・エキスプレス・コネクト』が利用できるようになります。

  • チケットの先行販売・特別なプランの提供
  • イベントの舞台裏へのアクセスなどの案内
  • 各国400以上のレストランで飲食代金の20%オフ
  • 各国レストランでボトルワインのサービス
  • 厳選したショップで優待特典

AMEXの特典を受けてみたいという方は、ぜひAMEXブランドを選択しましょう!

楽天カードの国際ブランドの選び方については『楽天カード国際ブランドの選び方を解説!VISA・MasterCard・JCB・AMEXでおすすめは?』の記事で更に詳しく解説しています。

 

まとめ

楽天カードには、クレジットカード、デビットカードを含め、実に様々な種類があります。

還元率や保険、特典などを優先して考えるのであればクレジットカードの中から選ぶべきですが、どうしてもクレジットカードの審査に自信のない方や、クレジットカードの使いすぎを懸念するような方は、デビットカードの中からお気に入りの一枚を探すのも良いでしょう。

ぜひ、本記事の内容に改めて目を通していただき、あなたにあった楽天カードの選択に役立ててくださいね。

 

損したくないなら読むべき記事!

記事を書いた人
博士
博士

マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。