ポンタカード メリット デメリット

ウィーちゃんウィーちゃん

ポンタカードでポイントを貯めることでメリットってあるの?

博士博士

もちろんじゃ!

ポンタポイントが思った以上の価値を発揮する場面があるぞ!

全国のローソンや様々な飲食店、お店で使えるポイントカードの定番pontaカード。どんなポイントカードにもメリットやデメリットがあるものです。

pontaカードの特性をしっかり理解して、ポイントを上手に貯めてお得な毎日を過ごしたいですね。

スポンサーリンク

pontaカードを持つメリット

ポンタカード ポンタポイント メリット デメリット

pontaカードを持っていれば、当然ローソンや提携店舗・ネットショップなどでポイントを貯めることができます。100円で1ポイントなので、他社のポイントカードと比べても決して悪くはありませんし、Tポイントが200円で1ポイントと考えると良い方だと思います。

そんなポンタカードですが、ポンタカードを持つこと、貯めることでどんなメリットがあるのでしょうか?ポンタカードで貯めたポイントで得られるメリットについて紹介していきますね。

ポンタならではの嬉しいポイントもあります。それは、家族でポイントが共有できること。なかなか家族でポイントを共有できるというカードはありませんよね。みんなで少しずつ貯めて、ケンタッキーでバーレル買っちゃおう!みたいな楽しみ方もできそうです。(※現在受付停止中)

お試し引換券は価値あり!

ポンタポイントの使い道として、ローソンでのお試し引換券はかなり人気のサービスです。新しい商品や定番の大手飲食物や、日用品がお得にポンタポイントと交換できるサービスになります。

例えば以下のような商品がかなり少ないポイントで交換することができます。

  • ベビースターラーメンおつまみ→30p
  • 氷結350ml→60p
  • 朝日ドライプレミアム350ml→120p
  • 洗濯槽カビキラー→100p
  • トイレスタンプ→100p
  • unoワックス→300p
  • 午後の紅茶→60p
  • スターバックス キャラメルマキアート→70p

 

主なものをピックアップしましたが、商品は日替わりや月替りなどで入れ替わるので、欲しい商品が無いか公式サイトでチェックしておくのも一つの方法です。ちょっと試してみたいけど、お金使いたくない!なんていうときに大活躍のシステムです。Loppiで簡単に引換券をポイントでゲットできますよ!

また、リクルートと連携しているのでポイントの相互交換が可能です。じゃらんで旅行にいってガッツリとポイントを貯めて、それを使ってローソンでスイーツなんていうことも可能という訳です。

ホットペッパービューティーで美容室予約したりしても、ローソンで使えるポイントになるということですね。これからも、ドコモや東電など色々な提携先が出てくるようです。そうすると、生活のあらゆる場面でポイントを貯めるチャンスが出てきそうですね。

PontaWeb&Pontaポイントモールでザクザク貯める

ポンタのサービスに【PontaWeb】というのがあります。これは、インターネットのサービスですが、簡単なアンケートや資料請求をすることでポンタポイントがもらえるようになっています。

同じようなポイントサイトにPontaポイントモールというのがあって、こちらも同じようにアンケートや資料請求、ゲームなどをすることで、簡単にポイントがもらえたり、更にはキャンペーンで大きなポイントをもらえるチャンスがあったりします。

Pontaポイントモールを経由して通販をすれば、通販先のポイントに加えてポンタポイントまでもらえたりという、知らなかったらずっと損をしてしまうようなサービスまでやっています。

主な通販先を挙げますが、コレ以外にもまだまだありますので、気になる方は公式サイトをのぞいてみてください。

  • セシール
  • ベルメゾンネット
  • DHC
  • じゃらん
  • アディダス
  • スカパー
  • 紀伊國屋書店
  • ピザハット
  • チケットぴあ
  • ABCマート

 

こう見ると、かなり大手のブランドなどが入っているので、せっかくネットショッピングをするのであれば、Pontaポイントモールから経由して購入してみるのもお得ですよね。

スポンサーリンク

ポンタポイントを他社のポイントと交換できる

ポンタポイントを貯めた後に、何に使えばよいか迷っている場合、ポイントを他社のポイントと交換することも一つの方法です。

ポンタポイントが交換できるのは以下の3つです。

  • JALマイル
  • LINEギフトコード
  • dポイント

 

この3つの中で一番価値があって、貯めづらいポイントと言えば間違いなくマイルです。ただ、JALマイルへ交換するには1ポイントで0.5マイルの半分になってしまうので、少しもったいなく感じてしまいます。(それでも充分得ですが)

LINEでスタンプ等をよく購入するのであれば、LINEのギフトコードを購入しておくのも良い方法です。3つの中でdポイントだけは少し使い道は少ないかなと感じますが、JALマイルとLINEギフトコードは良い交換先だと思います。

ポンタカードの最大のメリットは加盟店の多さ!

ポンタカード、ポンタポイントの最大のメリットは加盟店の多さにあるでしょう。加盟店は14万となっていますが、チェーン店も多いので実質もっと多くなります。

貯まりやすいポイントシステムがあったとしても、使い道が多くないと貯めても全く意味のないポイントになってしまいかねませんよね。その点、Tポイントや楽天ポイントと同様に、ポンタポイントは使い道も豊富なのですごく貯めやすいポイントです。

それにも関わらずクレジットカードを使わなくても還元率が1%を超えるのは、すごく魅力的なポイントですよね。更に、ポンタポイントを貯めようと思う場合は、やはりクレジットカードを利用したほうが良いでしょう。

あくまでも、ポンタポイントが貯まるのは加盟店だけの利用に限られますよね。ポイントを貯める方法の一番の近道は、普段お金を使っているところで、どれだけポイントをもらうかで大きく変わってきます。

例えば公共料金や携帯代などの固定費は当然として、ちょっとした買い物のスーパーやコンビニ、お昼ごはん代などです。こういった1回の利用金額は少なくても、1ヶ月で考えると大きな金額を使っている部分は多くの人が逃しているポイントです。

そういったところでも、ポイントを貯めるには、還元率が高いクレジットカードを選ぶのが常套手段です。しかし、ポンタポイントが貯まるクレジットカードが良いと思われがちですが、ポンタポイントが貯まるクレジットカードの中には、還元率が満足いくものが無いのが現状です。

そこで、ポンタポイントをどうすれば効率よく貯めていくことができるのか?ということですが、メインカードとしても人気のあるリクルートカードを持つことが一番良い方法になります。

なぜリクルートカードの詳細は、必ず持っておきたいクレカはリクルートカードで決まり!メインもサブもこの1枚!にて詳しく書いていますが、還元率がどこで利用しても1.2%もあるので貯まりやすいですし、貯めたリクルートポイントをポンタポイントに等価で交換できることが一番のメリットです。

そんなリクルートカードは、現在期間限定ではありますが、今申し込むとなんと6,000ポイントがもらえるキャンペーンを行っています。カード発行をするといきなり6,000円分のポイントがもらえるってかなりすごい事ですよね。

そのポイントはもちろんローソンやポンタ加盟店で利用できるので、せっかくカードを申し込むならこういった大きなキャンペーンの間に申し込んでおきましょう。

【公式サイトで詳細を見る】
リクルートカード

ポンタポイントがそのまま貯まるクレジットカードを持つよりも、リクルートカードを持った方が圧倒的にポンタポイントも貯まるようになりますよ♪念のため、リクルートカードのデメリットについても下記の記事で詳しく書いています。

ポンタカードのデメリット

人気のお試し引換券…ここに実はこのポイントカードのデメリットが隠されていました。これはLoppiで簡単に発券することができます。確かに、すぐに難しい手続きなく発券できるのは利用者にとってかなりのメリットに感じますよね。でも、実は暗証番号の入力が要らないんです。

つまり落としてしまったり、盗まれてしまった場合に誰かが勝手に貯まったポイントで商品を手に入れることができてしまうという訳です。これは、ちょっと気になってしまうところですよね。なくした場合の手続きは、公式より簡単!ポンタカードを紛失した時の再発行の方法と手数料にて詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてください。

また、他のカードと同じようにあまりローソンや提携店舗を使わないのであれば、便利に感じることはなさそうです。Tカードなどと比べれば、やはり提携店舗が少なく感じるかもしれません。このあたりがpontaカードのデメリットといえるでしょう。

まとめ

ポンタカードはTポイントに次ぐ大きな共通ポイントですが、近年では楽天ポイントやWAONポイントなどたくさんのポイントが強烈な争いをしていますよね。

そうなってくると、ポンタポイントのような大手も手を抜くことができなくなってくるので、今後更に使いやすさや、お得な情報も増えてくると予想されます。

Tポイント同様、ポンタポイントも持っていて損はないポイントカードなので、貯めることが好きな方はぜひ持っておきましょう!毎月ポイントだけでおいしいご飯が食べれたりしますよ♪

スポンサーリンク