ウィーちゃんウィーちゃん

ポンタカードって発行元によってデザインが違うけど、デザイン以外に違うことってあるの?

博士博士

ポンタカードは色んなデザインがあっておもしろいのぉ。

どんなデザインのポンタカードがあるかなども合わせて解説していこう!

ポンタカードをとりあえず作ってみよう!と思ったらちょっと迷うのが発行するお店ですよね。定番のローソンのほかにどんな種類があるのでしょうか?

また、どこで発行するのかによってどんな違いが出てくるのでしょうか?気になる発行するお店によっての違いをまとめてみました♪

スポンサーリンク

ポンタカードは種類がいっぱい?発行の仕方は?

ポンタカード ゲオ

ポンタカードは発行元によって、カードの外見が変わり、デザインもかなり個性豊かになっています。定番のタヌキさんがデザインされているもの、されていないものなど色々あります。ポイントカードを作ったお店がぱっとわかるようなデザインになっているものが多いですね。

発行するためには、インターネットで入会する方法とローソンや提携店舗で入会する方法があります。よくコンビニポイントカードでありがちな、インターネット入会はクレジット機能つきのみということもありません。

ですから、高校生以下でもクレジットカードは持ちたくないという方でもすぐに安心してインターネットから申し込みすることができます。*インターネットからの入会はコチラから*

具体的にどんな違いがあるの?

まずインターネットからの入会のよいところは、自分のペースで登録作業ができることです。お店が込んでいる時に店員さんに新規登録をお願いするのは、ちょっと気が引けてしまったりもしますよね。でも、そんなことでポイントゲットのチャンスを逃すなんて実にもったいないことです!

そんな遠慮してしまいがちな方は、インターネットから申し込むのもアリですよ♪気をつけるポイントとしては、毎日夜中の1時から朝の6時までの間はシステムメンテナンスの時間になっています。そのため、新規入会はこの時間にはできませんのでご注意ください。

もっともポピュラーな発行元としてはローソンがあると思います。ローソンでは店員さんに入会したいことを伝えると、入会案内とポンタカードがもらえます。しかし、このカードはいわば「空カード」。自分で情報を入力して使える状態にすることが必要です。(この間もポイントを貯めることはできます)

その方法は、インターネットで登録する方法・Loppiで登録する方法・電話登録センターで登録する方法があります。お好きな方法で構わないので、早めに登録を済ませて使えるようにしておきましょう!会員情報を登録すると2日後からポイントを使うことができるようになります。

ちなみに他の提携店舗でもポンタカードは作ることができます。ただ、一緒にお店の会員登録もしないといけいないので忙しい時にはちょっと不便かもしれません。でも、お店独自のデザインのポンタカードがもらえちゃうという嬉しさも♪好きなお店があるなら、そこで作るのも勿もちろんアリ!でしょう。

機能についてですが、どこで作ってもポイントはどの提携店でも貯めることができますし、使うことができます。提携店によっては、「貯めるだけ」・「使うだけ」のところもあるのでちょっと注意しましょう。*提携店一覧*

スポンサーリンク

補足ですが、レンタル店のGEOでは、初回レンタルの時に別途レンタル登録が必要になります。登録さえすれば、他のお店と同様に使えますよ♪ゲオのレンタル登録方法は、ポンタカードでゲオのレンタル登録する方法!の記事で詳しく紹介しています。

ポンタカードの作り方や再発行の方法などは、以下の記事で詳しく紹介しています。

ちょこっとデザイン教えて!

Tポイントカード,コンビニポイントカード,ponta,発行,種類,ネット

  • ローソン
    →ローソンの店舗のイラストがデザインされたカード。一番持っている人が多そうなカードです。
  • ゲオ
    →ローソンとちょっと似ていますが、お店のイラストがデザインされています。
  • サカイ
    →サカイのキャラクターのパンダがデザインされたカードです。
  • セカンドストリート
    →古着屋さんセカストのカード。お店のロゴがシンプルにデザインされており、さすがファッション店舗という感じのデザインです。
  • インターネット申し込み
    →あの有名なタヌキさんデザインのオリジナルのカードがもらえます!あのキャラが何故か好きという方には一番お勧めデザインです。

ポンタポイントをザクザクと貯める方法や、貯めたポイントの使い道については、以下の記事で詳しく紹介しています。

結局、どこで発行するのがいいの?

インターネットで申し込みするのが、気が楽という人はネットがおすすめです。ただ、デメリットとしてはカードが届くのに時間がかかるのですぐに使いたいという場合には少し不向きです。また夜中のメンテナンス時間には申し込めないという点もあります。

カードをもらえるのがスムーズという点では、ローソンもおすすめです。コンビニなので24時間いつでも受け取れるところもメリットですね。とくにローソンは店舗数も多いので、お店を見つけたら気軽にカードをもらうことができます。

お店でカードを貰っても、インターネットで申し込んでも情報登録をしなければいけないというところに差はありません。機能にも差はないので、好きなデザインのカードのお店で作るのがいいでしょう。

貯めたポイントの移行や残高確認の方法は以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

ポンタカードの種類は発行元によってまだまだたくさんあります。やはり、自分の好きなデザインで発行してもらうのが一番良いと思います。

発行元が変わったとしても、もらえるポイントが変わってくるなどもポンタカードの場合はありません。そういった理由から、好きなデザインでポンタカードを選んでも良いでしょう!

スポンサーリンク