ウィーちゃんウィーちゃん

ナナコカードってセブン-イレブンとかイトーヨーカドーで使えるポイントカードだよね?

博士博士

そうじゃよ。ファミマはTポイント、ローソンはPontaポイント、セブンイレブンはnanacoポイントが貯まるんじゃ!

ウィーちゃんウィーちゃん

ナナコカードを持つメリットって何があるの??

博士博士

もちろんナナコカードのメリットはたくさんあるぞ!ただ、見逃してしまいがちな所もあるから詳しく説明しよう!

nanacoカードを作ってみたいけれど、どんなメリットやデメリットがあるのか?と気になってしまいますよね。総合的に見てこのカードを作るのが自分にとって得か損か考えてみましょう。

それでは、nanacoカードを持つメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう♪

ナナコカードを持つメリットとデメリット

nanacoカード ナナコカード メリット デメリット

ナナコカードのメリット

まず、セブンイレブンやイトーヨーカドーをメインに使って生活しているならかなりポイントが貯まりやすいといえます。

ポイントが100円で1ポイントつくので、ペースとしては結構貯まりやすいです。例えば有名なTポイントだと200円で1ポイントなので、そう考えると倍のメリットはありますよね。

ボーナスポイントの対象商品を積極的に買ったり、ポイントが2倍になるキャンペーン中に必ずお店に立ち寄るようにするなどすればさらにザクザクと貯められます。

また、他のコンビニのポイントカードとちょっと違うのが、nanacoカードは「電子マネー」ということです。他のポイントカードの場合には、提示してポイントを貯めるという形ですが、nanacoではお金をチャージして使うという形になります。

そして、実はここにもメリットが隠されているんです。それは、お金の使いすぎの心配がなくなるということです。今回の予算は1,000円と決めておいたり、今月は5,000円で、といったように自分のお金の使い方を簡単に管理できることです。

また、小銭を出す面倒さがありません。小さい子を連れていたり、荷物が多かったりすると小銭を出している手間は意外とストレスですよね。でも、nanacoならかざすだけで支払いが完了です。この点でもかなり使い勝手がいいといえます。

そんなnanacoカードを発行するには基本的に300円ほどかかるのですが、実は無料で作れる方法があります。それはナナコカード作り方で無料発行する方法とガッツリ貯まるポイント術のページで解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

リクルートカードについて、更に詳しく以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

ナナコカードのデメリット

ポイントカードなのにデメリットがあるの?と感じるかもしれませんが、少し使い勝手がよくないのでは?と感じがちなポイントをご紹介します。

先程も少し触れましたが、作るのに手数料がかかることです。基本的にnanacoカードには発行手数料が300円かかります。大したお金ではないのですが、ポイント換算で考えると、3万円分お買い物する分だと思うとなんだかひっかかりますよね。

でも、これは解決方法がいくつかあります。まず、Androidスマホの方・ガラケーでおサイフケータイの機能がある方は「nanacoモバイル」というものがあります。こちらは発行手数料がいらず、ダウンロードするだけなのでかなり気軽ですよ。

また、イトーヨーカドーで8のつく日に作るという方法もあります。その日はハッピーデーというものをやっていて、発行手数料が無料になるのです。

不定期ではありますが、入会してチャージするだけで、ポイントが300ポイントもらえるというものもあります。これなら、実質手数料無料なのでこの機会は逃さないようにしたいですね。

また、TポイントやPontaポイントのように使えるお店があまり多くないのもデメリットと言えばデメリットです。セブンイレブン、イトーヨーカドー系のスーパー、西武デパート、そごう、デニーズなどを使わないならほとんど活躍の機会がなくなってしまいます。

でも、寄るコンビニやスーパーは人それぞれ結構決まってきますよね。それが、セブンイレブンであったり、イトーヨーカドーであればかなり使い勝手のいい電子マネーです。

ちなみに、ナナコカードへチャージする時にはどのような方法で行っていますか?その時に現金で支払っているなら絶対にやってはいけません。ナナコカードへチャージする場合はリクルートカードを使わないとすごく損をします。

ナナコカードは公共料金や税金の支払いもすることができるので、下記のようにリクルートカードでチャージしてからナナコで支払うと本来ポイントがもらえない支払いもリクルートカードの1.2%が還元されるようになります。

ナナコカードへチャージで1.2%の還元率は他のカードにはない魅力です。しかも、今なら11月20日迄に新規でお申込した方限定で、なんともれなく8,000ポイントも貰えるキャンペーンを行っています。

nanacoカードでポイントをお得に貯める方法や、貯めたポイントのお得な使い方を以下の記事で詳しく紹介しています。

nanacoカードの発行手数料をポイントで簡単に元を取る方法

ナナコカードは、使うと100円で1ポイント貯まるとは言え、先程も少し触れたようにTポイントやPontaポイントよりは加盟店が少ないのが現状です。なので、もしナナコカードを持つなら、

  • セブンイレブンを頻繁に使う
  • イトーヨーカードーを使う
  • ナナコ加盟店をよく使う

 

などが当てはまる方に限られるかなと思います。セブンイレブンを頻繁に使うと言ってもコンビニでそこまで大きな買い物をするのは、多くはないですし、そうなるとポイントも貯まりにくいですよね。しかし、ナナコカードを持つメリットは、

  • 電子マネーで小銭いらず
  • コンビニ等でポイントが貯まる

 

の2つが大きな理由なので、電子マネーの利便性だけではなく、この【コンビニ等でポイントが貯まる】のメリットも大きくしたいところです。もし、ポイントがザクザク貯まって、お買い物もポイントだけでお買い物ができてしまうようになれば嬉しくないですか??

実はナナコポイントを貯める方法で、一つ見逃してしまっている部分が一つあります。ナナコカード等にお金をチャージする時に、コンビニのレジで現金でチャージしてしまっている方が多く見受けられますが、それってすごく損しているんです。特に電子マネーで有名なナナコカードやEdyでは、チャージする時に現金は一番やってはいけないチャージ方法です。

では、どうすれば一番得するチャージ方法なのか?って事ですが、先程も伝えた通りナナコカードやEdyなどの電子マネーにチャージする時は、クレジットカードからチャージすることが一番ポイントを得られる方法になります!

そうすることで、チャージしたナナコカードで支払いをした時もポイントが貯まりますし、チャージした段階でクレジットカードにもポイントが付くことになります。そして、一番のメリットは、税金や公共料金をナナコで支払うことができることです。

公共料金や税金では、ナナコの支払いでポイントは付きませんが、クレジットカードからチャージすることで、クレジットカードの方に大きいチャージ金額分のポイントが付くのです。

しかし、ここで大事なのはチャージした時にポイントがもらえないクレジットカードが大半なことや、ポイントをもらえるとしても、クレジットカード側の還元率が低いカードだと魅力もほとんどありませんよね。

公式ナナコがおすすめしている、セブンカードというクレジットカードというものもありますが、200円チャージで1ポイントしかもらうこともできませんし、年会費も発生してしまうので少し残念なカードです。(もちろん良いカードだとは思いますが・・・)

では、ドコのカードを使えば良いの?ということですが、それはリクルートカードの一択しかありません。もうお持ちの方は必ず、ナナコカードにチャージするときにはリクルートカードからチャージするようにしましょう。なぜリクルートカードなのか?という点は以下の理由です。

  • 還元率が1.2%ある!(1.2%はどのカードにもない!)
  • 年会費が無料!
  • リクルートカードは加盟店が多いPontaポイントがもらえる!
  • nanacoと合わせれば常に驚異の2.2%還元!

 

ナナコポイントを貯めながらPontaポイントを貯めるという不思議な感じですが、Pontaポイントは一番利用されているものなので、加盟店もナナコとは比べられないほどあります。

もう一つの意見として、楽天カードもありますが、楽天カードは還元率1%なので、楽天グループを頻繁に利用しない限りはメリットは大きくないです。(楽天ポイントはリアル店舗で使えるところが少ない)

上記のようにすでにリクルートカードを持って利用している人は面白いようにポイントが貯まっていくのを実感できています。というよりも、ポイントに興味のない人でもリクルートカードを使えば自然にポイントがザクザク面白いように貯まっていくので、そういう人こそ持つべきカードかもしれません。

もし、ナナコカードを使っていてリクルートカードを持っている方は、今後のチャージはリクルートカードで行うとナナコと合わせて2.2%の還元率をゲットできます。もし、まだ持っていないのであれば毎回この還元率を得られると考えると持っておかないと損と考えた方が良いでしょう。

しかも先ほども伝えた通り、今11月20日迄にリクルートカードを申し込んだ方にもれなく8,000ポイント(8,000円相当として使える)がもらえるキャンペーンをやっています。

8,000ポイントキャンペーンはリクルートカード史上最大のキャンペーンなので、これ以上のキャンペーンは今後いつ行われるかは全くわかりません。というよりも、8,000円相当の大きな還元のキャンペーンは今後行われるかどうかさえわかりません。

そういった事を考えると、他のクレジットカードよりも還元率も良く、普段使いにも利用しやすいリクルートカードはこのキャンペーンを利用した上で持っておいた方がメリットが大きいでしょう。

 

ナナコのメリット・デメリットまとめ

一言で言うなら、nanacoが使えるお店をよく利用するならかなり使い勝手の良いカードということです。ポイントも100円で1ポイントと貯めやすく、プリペイドなのでお金の管理もしやすくなります。

さらに、問題の手数料もキャンペーンやハッピーデー、アプリなど解決する方法がいくつもあります。使えるお店が少ないというところも、自分がよく使うお店で使えるなら問題なさそうですよね。

そんなわけで、nanacoを使えるお店をかなり利用するという人は持っておいて間違いないカードです。ぜひ、お近くのイトーヨーカドーでハッピーデーに手に入れてしまいましょう!

【まもなくキャンペーン終了!】
リクルートカード

【追伸】

リクルートカードを持つことで、今までのポイント還元ですごく損をしていた事に気付きます。あの有名なリクルートという大手企業が発行しているカードなので、安心感も還元率も高いので、多くの人がメインカードとして利用しているカードです。

国際ブランドもVISA、MasterCard、JCBの3つから選べますが、おすすめは電子マネーへチャージを考えるとVISAがMasterCardです。au Walletもする方であれば、MasterCardを選べば全て対応しています。あのapple Payにも対応していますよ♪

記事の途中でも書いた通り、ナナコは税金や保険料の支払いに対応しているので、本来もらえないハズだったポイントがリクルートカードでチャージすることでチャージ分のポイントをもらうことができます。(税金や保険、公共料金は金額も大きいのでポイントが馬鹿にならないです)

そんなリクルートカードですが、今11月20日迄に新規で申込みの方限定で、もれなく8,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

このポイントをポンタポイントに早速交換するのもアリ!ホットペッパーやビューティー、じゃらんの旅行に使うもアリです。キャンペーン期間は史上最大な事もあってたった4日間限定です。

カード発行をした時に注意してほしいのですが、毎月の公共料金をリクルートカードで設定することを忘れないようにしてください。還元率1.2%なので、しっかりと毎月の固定費や、ちょっとしたお買い物などメインとして利用すれば毎月1,000~2,000ポイントくらいは簡単に貯まっていきます。

ポイントが面白いほどザクザク貯まっていくのを想像すればワクワクしませんか?

リクルートカードのポイントだけではなく、これと同時にnanacoポイントも同じように貯まっているんですよ♪nanacoを利用している人はみんなこの還元率が良いカードのことを知っていて、実際にお得に貯めています。

ポイントを貯めている人はみんな使っているリクルートカード。利用してみるとあまりの貯まりやすさに世界が変わります。(このキャンペーンはリクルートカード最大の大きなものなので、このチャンスを逃さないようにしてくださいね。)

 【まもなくキャンペーン終了!】
リクルートカード