医療費控除 交通費

ウィーちゃんウィーちゃん

病院へ行った時の交通費とかも医療費控除に含めても良いって聞いたけど、病院へ行けば全てが認められるの?

博士博士

病院へ行けばそれに関わる交通費が全て控除の対象になるわけではないぞ。

ちゃんと含めても良いもの、含めてはいけないものと分かれておるんじゃ。

「医療費控除の交通費ってどの範囲までは認められるの?」

医療費控除の中でも最もわかりにくいといわれるのが交通費です。病院に行くのに自家用車を使った場合や公共交通機関を使った場合、また付き添いがいた場合などの交通費が医療費控除に含まれるかどうかの境目がわかりづらいというのが多く聞かれます。

その他にも多く聞かれるのが、「交通費の領収書がないんだけど…」の質問。

そこで今回は「医療費控除に含めてもよい交通費と含めてはいけない交通費」についてや、交通費の領収書がない時はどうしたら良いのかについて、合わせて詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

医療費控除で含めてもよい交通費

医療費控除 交通費

医療費の控除をおこなう際に含めてもよい交通費がいくつかあります。

  • バスで病院へ行ったときと帰ったとき
  • 電車で病院へ行ったときと帰ったとき
  • タクシーで病院へ行ったときと帰ったとき
  • 患者の付き添いで病院へ行ったときと帰ったとき

 

ざっくりと分けると上記の項目が控除の対象になります。では、一つずつどういった内容なら認められる交通費なのかを詳しく解説していきましょう。

バスで病院へ行ったときと帰ったとき

バスを利用して病院へ行ったときは医療費控除の対象になります。バスに乗った場合には領収書は出ませんので、ノートやメモ帳などに「いつ」「どこから」「どこまで」「いくらかかったか」をメモしておきましょう。

電車で病院へ行ったときと帰ったとき

電車で病院へ行ったときも医療費控除の対象になります。ただ、バスのときと同じように領収書が出ませんので、「いつ」「どこから」「どこまで」「いくらかかったか」をメモするようにしてくださいね。

タクシーで病院へ行ったときと帰ったとき

実は、タクシーで病院に行ったときも医療費控除の対象になるのですが、すべてが対象というわけではないのです。

  • 足の骨折などにより、公共交通機関での通院が不可能であるとき。
  • 妊婦が出産間近で、公共交通機関での通院が危険であると判断されたとき。
  • 自力では病院に行くことができないが、付き添いがいないため致し方なくタクシーを利用したとき。
  • その他、タクシーを利用した理由を国税局が認めたもの。

 

というように、タクシーでなければ病院まで行くことができないという場合に限り医療費控除の対象になるのです。

患者の付き添いで病院へ行ったときと帰ったとき

意外と忘れやすいのが、患者の付き添いで病院へ行った介助人(または家族)の交通費なのです。患者が小さい子供である場合、一人では病院に行くことはできませんので当然大人が付き添うことになりますよね。そういったときに、付き添い人の交通費が医療費控除に含まれるのです。

ただし、この場合の付き添い人の控除は1人分になりますので、2人以上行ったとしても1人分しか対象になりませんので注意してくださいね。患者が高齢者であるため付き添い人が必要な場合や、身体などの障がい者であるため付き添い人が必要な場合も、1人分の付き添い人の医療費控除が認められます。

博士博士

これらの関わる交通費であれば、控除の対象になるので必ず領収証や、記帳などをしておこう!

病院の科や、初診療の金額の差について以下の記事で詳しく解説しています。

医療費控除に含めてはいけない交通費

医療費控除 交通費

では逆に、医療費控除の対象にならない交通費とはどういったものがあるのでしょう。

  • 自家用車(バイク含む)で病院へ行ったときと帰ったとき
  • 致し方ない理由がなくタクシーで病院へ行ったとき
  • 患者が一人で病院に行ける状態で、付き添い人がいる場合
  • お見舞いで病院へ行ったとき
  • 公共交通機関を利用しているが、帰りに別の場所へいった場合

 

こちらもひとつずつ、どういったことが対象なのか詳しく説明していきますね。

自家用車(バイク含む)で病院へ行ったときと帰ったとき

自家用車やバイクで病院へ行ったときは医療費控除の対象になりません。

「ガソリン代がかかっているのになぜ?」

と疑問に思うかもしれませんが、これは「本当に病院に治療に行くために使ったガソリン代であるか?」という事実がつかみにくいからなのです。バスや電車を利用している場合、駅名などでどこからどこまで乗ったか、その駅は病院の近くであるかなどを調べることができます。

スポンサーリンク

しかし自家用車やバイクの場合、その事実を調べることはできませんので、もし違う目的で使ったガソリン代も一緒に含まれ計上されていてもわからないからです。もし友人や親せきなどに病院まで車で送ってもらい、そのお礼としてお金を渡した場合も医療費控除の対象になりません。

医療費の控除を考えているときは、公共交通機関を利用するといいかもしれませんね。また、自家用車やバイクのガソリン代だけでなく、駐車場代も医療費控除の対象にはなりませんので、合わせて覚えておいてくださいね。

致し方ない理由がなくタクシーで病院へ行ったとき

【医療費控除で含めても良い交通費】でご説明した通り、足の骨折や出産間近の妊婦であったり、公共交通機関を利用することが困難である場合はタクシー代を交通費として控除することができますが、それ以外の理由でタクシーを利用したときは控除の対象になりません。

たとえば、病院に行くときはバスを利用して行ったが、病院での検査などで疲れたために帰りはタクシーを利用した。といった場合は、行きのバス代しか控除の対象にはならないので気を付けてください。

患者が一人で病院に行ける状態で、付き添い人がいる場合

ケガや病気になった患者本人が自力で病院に行くことができる状態であり、付き添い人が一緒について言った場合の付き添いの交通費は医療費控除の対象になりません。

もちろん心配で付いて行く事もありますが、医療費控除の交通費には本人以外含まないようにしましょう。

お見舞いで病院へ行ったとき

お見舞いで病院に行ったときも医療費控除の対象になりません。また、入院している患者の世話のためにバスや電車を使い病院に通った場合も、対象外となってしまいます。

医療費に含まれる交通費の対象は、あくまで「通院」ですので、患者本人が入院している場合は交通費は発生しませんので、間違わないようにしてくださいね。

公共交通機関を利用しているが、帰りに別の場所へいった場合

病院の帰りにちょっと買い物のために一駅向こうで降りた…といった場合、お買い物のために降りた駅の分までは控除の対象になりません。もちろんタクシーでまっすぐに帰らずにどこかへ寄ったという場合も対象外になります。自宅と病院の往復の交通費のみを計上するようにしてください。

その他、医療費控除の対象にならないもの

長期入院している患者が、年末年始やお盆の時期などに自宅や実家に帰るときの往復の交通費や旅費などは、医療費控除の対象になりません。たとえ医師の許可が下りていたとしても、診察や治療とはまた別の「個人的な都合」となりますので、医療費控除の交通費に含めないようにしてください。

その他、一時帰宅に関しても同様に控除の対象になりませんが、診察や治療の一環として一時帰宅する場合の交通費は、控除の対象になる可能性があります。そういった場合、交通費の対象になるのかを国税庁に問い合わせてみるといいでしょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

何でもかんでも病院へ行けば交通費は含めてもオッケー!ってわけじゃないんだね。

万が一の入院した時の費用や困った時の対処法を、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

領収書のない交通費は明細書の作成を!

医療費控除 交通費

医療費の控除をするときに必要になるものが「領収書」です。診察や治療の支払いで出してもらった領収書や薬代の領収書などは、申告するときまでしっかりと保管しておかなくてはなりません。

しかし、公共交通機関などの交通費は領収書が出ませんよね。そういった場合はどのようにして交通費を証明すればいいのかを見ていきましょう。

明細書を作成してわかりやすく!

領収書のない公共交通機関は、その都度メモをしておき、申告のときにまとめて明細書を作成します。交通費の明細書は、国税庁で「特にこれ」と決まっているわけではありませんので、家計簿やメモしてあるものをそのまま使用してもいいですし、表計算ソフトを使って明細書として出しても構いません。

とはいえ、一体どんな項目を書けばいいのかわかりませんよね。ひとつ記入例を挙げてみましょう。

 名前日にち病院名交通機関名乗車区間金額
ウィーちゃん6月20日山猫病院マネー鉄道白猫駅→山猫病院前駅400円
山猫病院前駅→白猫駅400円
博士(付き添い)6月20日山猫病院マネー鉄道白猫駅→山猫病院前駅400円
山猫病院前駅→白猫駅400円

 

このように誰がいつどの病院に行くために、どの交通機関を利用していくらかかったか…などが明記してあれば大丈夫です。また、付き添い人が必要で一緒に行った場合も、明細書に一緒に記入しておきましょう。

領収書が発行されている場合は、明細書に一緒に記入してもいいですが領収書自体を添付しなくてはいけませんので、病院や薬局からもらった領収書と一緒に添付しておくようにしてくださいね。

なお、Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)のようなプリペイドカードで交通費を支払っていた場合、チャージしたときの領収書を出すことができますが、こちらは医療費控除のための証明になりません。

というのも、チャージした金額は「これから交通費として使用するお金」であって、「交通費として使用したお金」ではないからです。しかもプリペイドカードは食事やお買い物にも利用できますので、支払った分がすべて病院への交通費とは限りません。

プリペイドカードで公共交通機関を利用したときは、明細書の方に記入しておきましょう。

医療費控除について、更に以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

医療費控除の交通費について解説してきました。交通費に控除することができるものとできないものがありましたね。

ひとつひとつを見ていくとややこしい気がしますが、「患者本人が診察・治療が必要であるときにかかるバス、電車の交通費」が控除の対象になると覚えておくとわかりやすいかもしれません。

また、領収書のない交通費のときは明細書を作成して、書きもらしのないようにしておきましょう。病院に行ったその都度記入しておくと、申告のときに一気に整理しなくてよくなるので工夫して作成するようにしておきましょうね。

スポンサーリンク