ウィーちゃんウィーちゃん

ライフカードの種類ってデザインも含めていっぱいあって迷うニャ。

博士博士

うんうん。しっかりと特徴を見極めて選んでいくのが肝心なんじゃ。

ライフカードの種類には年会費が無料のもの、有料だけれど保険が充実しているもの、デザインが個性的なものなど様々なものがあります。

その中で、「あなたにおすすめ」の一枚を見つけるのは結構大変ですよね。

今回は、そんな自分のライフステージ・ライフスタイルにピッタリくる一枚を選ぶためのお手伝いをさせていただきます。

お気に入りのライフカードで、ガッチリとポイントも貯めてますます楽しいクレジットカードライフが送れること間違いなしですよ♪

スポンサーリンク

ライフカードの種類

ライフカードの種類はデザインも機能も実は色々あるということはご存知ですか?つまり、おすすめのライフカードはその人によって変わってくるということ。

せっかくお誕生月にたくさんのポイントを貯められる有能なライフカードを持つなら、究極のお気に入りを見つけたいと思いませんか?

年会費がかかるもの、かからないもの、そしてデザインも色々なテイストが揃っています。

まずは、ライフカードの種類にどんなものがあるのかラインナップを見てみてくださいね。

ライフカード

国際ブランドが3つから選べるベーシックなライフカード。

ライフカードを持つメリット・デメリットを徹底解説!誕生月のポイント還元は魅力的!』の記事でも紹介している通り、ライフカードは誕生月のポイント還元率が何と言っても魅力的です。迷ったらこの1枚!の年会費無料のカードです。

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドVISA,Master Card,JCB
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴初年度ポイント1.5倍。年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年、カード会員補償制度

国際ブランド(VISA、MasterCard、JCB)は、どれを選んでも大きな違いはありません。

ですから、世界中広い範囲で使いたいという方は、世界シェアNO.1のVISAを選んでおけば間違いないですし、もし国内でしか使わないという方はJCBを選んでもいいでしょう。

また、ライフカード全般に言えることですが、発行日数が早いことが魅力の1つです。

しかし、最短の3営業日(土日祝を除いた日数)で発行するためには、ネット申し込みで口座が登録できる銀行(インターネット口座振替受付サービス)を選ぶ必要があります。

書類を郵送した場合には、早くても10日程度かかるので、インターネットからの申し込みがおすすめです。

とはいっても、全国の地方銀行やネット銀行はほとんど登録されていますので、特に難しいことではないのでご安心下さい。インターネット受付サービスに対応している銀行はこちら

もし、あなたが口座を持っている銀行がなければ、ライフカードを申し込む前に口座を作っておくとスムーズにいくでしょう。

また、審査によっては時間がかかることがありますので、利用する予定がある場合には早めにネットで申し込みを行ってくださいね。

カードの不正使用にも60日間さかのぼって補償

ライフカードでは(全ての種類)、カードが万が一盗難や紛失などで不正に利用された場合でも、連絡した日から60日間前までさかのぼって、利用された金額を補償する制度(カード会員保障制度)があるので安心です。

クレジットカードを持つのが不安だという人が真っ先に上げるのが、第3者から不正に利用されて高額な請求をされてしまうということではないでしょうか?

しかし、ライフカードならどの種類のカードにも、カード会員保障制度というものがついています。

これは、万が一盗難や紛失などで不正に利用されてしまっても、ライフカードに連絡すれば“連絡した日から”60日前までの被害額を補償してくれるというものとなります。

60日というと、2ヵ月ですから必ずその間にカードの請求金額を払う場面がありますね。

ですから、見に覚えがない利用がある時には、ライフカードに連絡すれば不正に利用された分は補償してくれますので、安心してカードでショッピングを楽しむことができます。

年会費は本人・家族ともに無料

通常のライフカードでは、本人会員も家族会員も初年度だけでなくずっと年会費無料になっています。

そのため、2枚目以降のカードとして持っても全く負担にならず、さらに誕生月にはポイントが3倍になるという特徴が人気の秘密です。

ライフカードは誕生月にはポイントが3倍に跳ね上がり、購入額の1.5%還元されるのが大きな魅力となっています。

また、ライフカードのポイントは1ポイント=約5円相当の価値があるので、普段からメインのカードとしてガンガン使ってもポイント面で他のカードに劣ることはありません。(例えば、1,000ポイントで5,000円分の金券などと交換することが可能です)

また、L-MALLという会員限定のサイトがあり、L-MALL経由でいつものネットショッピングをするだけでポイントが2~25倍と非常に高還元になります。

そういう特徴から、誕生月には大きな買い物をして、普段からネットショッピングも使うようにすると、ポイントがたまりかなりお得に買い物ができるのです。

旅行保険は付帯なし

通常のタイプのライフカードには旅行傷害保険が付帯されていません。ほとんど海外旅行に行かない、という方なら全く問題なく使えるでしょう。

しかし、海外旅行を考えているなら旅行傷害保険はもしもの時にとても役に立ちます。

海外では、当然ながら日本の健康保険は適用されません。通貨のレートにもよりますが、命に関わらないような軽い病気やケガでも数百万円単位のお金が必要になることもあるのです。

もちろん、他にメインカードを持っていて、そちらに旅行傷害保険がついていれば旅行傷害保険のついていないタイプのライフカードでも問題ないでしょう。

誕生月には一気にポイントが3倍に!

ライフカードの一番の特徴、そして人気の理由は誕生月にポイントが3倍(1.5%)にアップするところです。ライフカードのポイントは1ポイント=5円相当の価値があるので、これはかなり嬉しいですよね。

誕生月に例えば家電の買い替えなどの大きな買い物を持ってくるようにすれば、効率よくポイントを貯めることができます。

その他のライフカードのポイントプログラムも併せてご紹介していきましょう。

  • 初年度ポイント1.5倍
  • 年間50万円以上の利用で、300ポイント進呈&次年度の基本ポイント還元率がいつでも1.5倍
  • 年間100万円以上の利用で、次年度の基本ポイント還元率がいつでも1.8倍
  • 年間200万円の利用で、次年度の基本ポイント還元率がいつでも2倍

ポイントプログラム(年間利用額)には、電子マネー(楽天Edy、nanacoへのチャージ)、ETCカードの利用分は含まれません。

まずは、初年度のポイントは1.5倍になるという特典があります。そして、2年目からは年間で50万円以上使うとなんとそれだけで300ポイントがもらえ、さらに2年目の基本還元率がいつでも1.5倍になるのです。

年間で50万円ですから、ひと月で計算すると4万ちょっとの利用なのでそれほどハードルは高くありません。これは、確実に狙っていきましょう。この条件をクリアするだけで2年目も還元率が1.5倍になるので、2年目もライフカード使えばいつでもお得になります。

さらに、100万円、200万円と金額が上がるごとに、基本となるポイント還元率が上がるので、いつでもお得になるのがライフカードの強みです。

さらに、誕生月にはポイントが3倍になるので、誕生月にはライフカードで高い買い物をして、毎年沢山のポイントを獲得している方も多くいらっしゃいます。

他に還元率の高いカードを持っていても、誕生月にはライフカードを使うようにするとかなりお得なので、ぜひ、1枚持っておきたいカードですね。

ライフカードのキャンペーン情報は、ライフカードの入会キャンペーンは超お得!最大12,000円相当のキャンペーンを徹底解説!の記事で更に詳しく紹介しています。

学生専用ライフカード

学生さんにはこのカード。ライフカードには学生専用のライフカードというものがあります。

特徴としては、海外ショッピングで5%キャッシュバック、海外旅行保険付帯、携帯料金支払いでAmazonギフトが10人に1人の確率で当たるなど、学生さんとっては非常に嬉しい特典があります。

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方。
国際ブランドVISA,Master Card,JCB
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
利用限度額ショッピング/5~30万円、キャッシング/0~10万円
特徴海外ショッピング利用で購入額の5%キャッシュバック、最高2,000万円の海外旅行傷害保険、学生専用窓口あり、携帯電話の料金支払いをすると毎月抽選で500円のAmazonギフト券が当たる、カード会員保障制度

ベーシックなライフカードの学生専用バージョンです。学生さんだけの特典が盛りだくさんなので、学生さんならこちらがオススメです。

基本的なポイントシステムは通常のライフカードと同じですが、利用限度額が低めになっています。

また、一般カードと同じく誕生月がポイント3倍、初年度はポイントが1.5倍になっています。

また、国際ブランドもVISA、MasterCard、JCBから選べますが、特に違いはないので、世界中で広く使いたい方はVISAを選ぶといいでしょう。

せっかく、海外旅行保険がついているので、世界中で使える国際ブランドを選んでおいた方が便利ですね。

海外ショッピングで5%バック!

海外ショッピング利用分の5%がキャッシュバックされるのは学生専用ライフカードのみ。学生ならではの特典です。

海外ではクレジットカードを利用することが多いので、旅行・短期留学・留学などのシーンで5%もお得になるのは嬉しいですよね。

キャッシュバックの流れは、以下のようになっています。8月に旅行をして海外でショッピングをした場合を例としてみてみましょう。

  1. 8月に海外でショッピング利用(利用月)
  2. 9月に請求が確定(請求月)
  3. 11月にキャッシュバック(請求月の翌々月)

 

海外ショッピングをしてから3ヶ月後には口座に5%分のお金が戻ってきます!でも、利用に際しては事前の手続きと条件がありますので、ここでしっかり確認しておきましょう。

  • 「LIFE-Web Desk」に登録し、 「LIFE-Web Desk」から申込みが必要(海外旅行に行くたびに毎回必要)
  • 年間(4月1日~3月31日を年間としてカウント)の最大キャッシュバック金額は50,000円

 

申し込みをしないと、キャッシュバックが受けられないので十分に注意してくださいね。申し込みさえしておけば、とてもお得なサービスです!

海外旅行保険付き

学生専用ライフカードは、海外ショッピングでお得になるだけではなく、海外旅行保険も付帯しています。詳細は以下の通りです。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

免責金額とは、補償を受けるために支払う金額です。

この海外旅行保険は、カードの会員である間は何回海外に行っても適用されます。ケガや病気はもちろん、高価なカメラを盗まれたなどのトラブルでも携行品損害ということになり補償されるので安心です。

個人賠償責任保険もついているので、ホテルでお風呂にお湯をためたら溢れて水漏れを起こしてしまったという場合なども補償されます。

携帯料金を引き落としでAmazonギフトが当たる

学生専用ライフカードならではの特徴として、「携帯料金 de プレゼント」というサービスがあります。

これは、携帯料金の引き落としを学生専用ライフカードで行うことで毎月10人に1人の確率でAmazonギフト500円分が当たるというものです。

10人に1人というと、結構高い確率ですよね。これは期待できそうです。

では、どうすれば利用できるのか簡単に解説していきましょう。

  1. 携帯会社(docomo/au/SoftBank/Y!mobile)の支払い方法を学生専用ライフカードにする
  2. 「LIFE-Web Desk」に登録し、エントリーする
    →初回のみのエントリーで毎月抽選に参加OK
  3. 請求月の月末に抽選が行われる
  4. 抽選した月の翌月末までに商品を発送
    →登録のメールアドレスに届きます。

 

登録したメールアドレスにメールが届かない場合などは、当選しても商品が受け取れませんので注意してくださいね。

docomo・au・SoftBank・Y!mobileを使っているなら、学生専用ライフカードを持ってすぐにエントリーしておくのがオススメです!

クレヒスの積み上げは若いうちから!

まだ若い学生さんの場合には、クレヒス(クレジットカードやローンの支払い履歴のこと)を意識することはあまりないかもしれませんね。

でも、まだ学生である早い段階からクレジットカードの支払いをきちんと続けるのはとても意義のあることです。

それは、将来的に車や家のローンを組みたくなったり、より上位のカードを持ちたくなった時に、積み上げたクレヒスのおかげで審査に有利になるから。

今支払っている履歴はクレヒスとして、信用情報機関に記録されていくので、どこのカード会社の審査にも良い影響を与えてくれるわけです。

実は学生専用ライフカードを持つことは、ポイントを貯めたり、キャッシュバックを受けたりしながら、将来の準備にもなるということを少し頭の片隅に留めておいてくださいね。

旅行障害保険付きライフカード

ベーシックなライフカードに旅行傷害保険を追加したタイプのライフカードです。旅行保険がないと心配な方にオススメです。

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費初年度無料,2年目以降1,250円(税抜)
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドVISA,Master Card,JCB
家族カード初年度無料,2年目以降400円(税抜)
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴旅行傷害保険付き。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年、カード会員保障制度

基本的なポイントシステムは通常のライフカードと同じで、誕生月がポイント3倍、初年度はポイントが1.5倍になっています。

このカードの大きな特徴は、海外・国内旅行傷害保険がついているというところです。

旅行に行く際に別で入ると、こういう保険はわりと高くつくものですから、(2年目からは)たった400円の年会費で旅行傷害保険がついているのは非常にお得でしょう。

それでは、旅行障害保険付きライフカードの詳しい内容を紹介していきましょう。

旅行傷害保険の内容

ライフカードの旅行傷害保険付きカードでは、海外旅行傷害保険に加えて、国内旅行傷害保険も付帯されています。

これは、海外旅行については自動付帯(カードで旅行費用を支払わなくても対象)、国内旅行は利用付帯(保険の対象となるには、交通費やホテル代などを事前に支払う必要がある)となっているんです。

自動付帯と利用付帯には以下のような違いがあります。

  • 自動付帯;カード会員であれば保険の対象となる
  • 利用付帯;あらかじめ交通機関の費用や、ホテル代などの宿泊費などを支払っている場合のみ対象となる

 

海外旅行の場合は自動付帯となっていますので、旅行費用を支払っていなくても対象となるのです。

海外旅行傷害保険の内容は以下になります。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任危険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

免責金額とは補償を受ける際に支払う手数料のようなものです。

海外では、軽いケガ・病気で入院しても日本の健康保険が効かないため、医療費が非常に高額になります。

しかも、家族が駆けつける際の航空券・ホテルなどの費用(救援者費用)も必要になってしまいますね。そこまでカバーしてあるのが海外旅行傷害保険です。あるとないとでは、安心感が全く違います。

また、持っていった所持品が盗難や破損した場合には、免責金額として3,000円を支払うことで最大20万円までの補償を受けられるので、例えば、高価なカメラなどを持っていって、盗まれてもその金額が補償される事となるのです。

海外で盗難にあった際には、日本と違って探すのも大変ですから、こういうきめ細かい補償は重宝しますね。

さらに、あやまって宿泊施設のものを壊したり、汚してしまったという、こちらが相手の損害額を支払わなければいけないケースでも、その賠償額を最高で2,000万円まで補償してくれるのも、困ったときに非常に助かるでしょう。

国内旅行については、事前に交通機関(飛行機、船、電車、タクシーなど)の費用や、宿泊費(ホテル代など)を支払うことで対象となる利用付帯です。

国内旅行傷害保険は、次のような補償内容になっています。

補償内容最高補償額
障害死亡1,000万円
傷害後遺障害40万円~1,000万円

海外旅行傷害保険に比べて、通常のケガや病気などの補償が少なくなっていますが、国内であれば健康保険が適用されますから、軽い怪我などであればそれほど大きな金額を請求されることはありませんね。

国内旅行傷害保険では、搭乗中の飛行機の事故・列車の事故などに加えてツアー中の事故なども補償範囲になっています。

国内旅行傷害保険の対象となるのは以下のようなケースです。(いずれも事前に費用を支払っている場合のみ)

  • 公共交通機関(飛行機、電車、バス、タクシー)の移動中に起こった事故
  • 宿泊施設(ホテルや民宿など)に泊まっている際の、火災や爆発事故
  • 旅行会社のパック旅行で旅行中に起こった事故

 

保険の対象となるためには、事前に公共交通機関や宿泊施設の費用、またはパック旅行の料金をライフカードで支払っている必要があるので注意してください。

一部のホテルではチェックアウトの時に支払うところもありますが、あくまでも料金を事前にカードで支払っていることが保険の適応条件となるので、気をつけましょう。

また、地震などの天災によるものは対象とならないケースがあります。他にもこの旅行傷害保険付きカードには「シートベルト傷害保険」がついています。

シートベルト傷害保険というのは、国内で車に乗っている時にカード契約者本人の方がシートベルトを着用した状態で事故に遭った場合の補償です。(車を運転している場合や、同乗していた場合)

補償内容最高補償額
障害死亡200万円(事故から180日以内)
重度後遺障害200万円

これは、旅行でもそうでなくても補償されるので、日常で車に乗っている時の事故も対象になります。

今は、シートベルト着用が義務ですので、きちんとルールを守っていればこの保険が適応されるので、こういった保険が付いているのもすごく安心です。

補償の内容は、かなり状態が悪いケースに限られますが、万が一の備えとして持っておきたい補償でしょう。

年会費は初年度無料

海外・国内の旅行傷害保険に加えて、シートベルト傷害保険がついている旅行傷害保険付きカードですが、初年度は年会費が無料になっています。

気軽に試せるので、通常の年会費無料のライフカードと同じ感覚で申し込むことができますね。

2年目からの年会費も400円(税抜)とそれほど高くないので、たまに旅行に行く程度でも保険がついていた方が安心だと思います。

ポイントシステムは通常のライフカードと同じ

基本的なポイントシステムは通常のライフカードと同じで、誕生月がポイント3倍、初年度はポイントが1.5倍になっています。

年間に50万円使うと300ポイントプレゼント、翌年はポイントが1.5倍のスペシャル・ステージにグレードアップ。年間に200万円使うとポイント2倍のプレミアム・ステージにグレードアップします。

そんなにたくさん使えない!という方も、誕生月のポイント3倍と旅行傷害保険を目的にカードを持っても損のないカードです。

AKB48カード

AKBファンにオススメのAKB劇場公演専用枠が毎月抽選で当たるライフカード。ポイント還元がされないというのがネックですが、AKBファンにとっては限定の特典が大きなウェイトを占めるカードです。

還元率LIFEサンクスプレゼント対象外
年会費初年度無料,次年度以降1,480円(税抜)
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドJCB
家族カードなし
ETCカードなし
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴AKB劇場公演が会員専用枠で毎月抽選で当たる。ポスター、限定プリカ1,000円分プレゼント。その他イベント抽選会参加可能、限定プリカ購入可能などの特典あり。カード会員保障制度

ポイントの対象外なので、購入額に応じてポイントを貯めることはできませんが、このカード限定の特典があり、特にAKB48の劇場公演が会員専用枠で当たるのは大きいでしょう。

さらに、AKB48カード会員限定でしか購入できないメンバーのVプリカもありますので、ファンにとってはたまらない特典が目白押しのカードとなっています。

Vプリカはネットショッピング専用で使える、VISAのプリペイドカードです。

特典は期間限定のものが多く、AKBファンの方は早めに入会した方が多くの特典を手にするチャンスがあるので、気になっている方は早めの入会をおすすめします。

AKB48カードならではの特典が満載

AKB48カードはAKBファンにとって嬉しい特典が一番の魅力です。この特典に魅力を感じる人なら、年会費がかかる点・ポイントプログラムの対象外となっている点はあまり気にならないのではないでしょうか。

では、特典の一部をご紹介します。

  • 入会でもれなくポスタープレゼント
  • 入会でカード券面をデザインしたVプリカ1,000円分プレゼント
  • AKB48劇場公演の会員専用枠が毎月抽選で当たる
  • サイン入り限定Vプリカが抽選で当たる
  • 会員限定Vプリカが会員価格で購入可能
  • イベント会場でAKB48カード会員向けの大抽選会に参加可能

 

このAKB48カードは、お得さよりもファンとしての楽しさを追求したカードなのですね。特典は時期によって変わってきますので、公式サイトも併せてチェックしてみてください。

デザインは2種類から選べる

AKB48カードの券面のデザインは2種類から選べます。意外にもメンバーの写真などがデザインされたものではなく、シンプル&クールな券面になっているのが特徴です。

  • AKB48 CARD-typeB
    →黒地にAKB48のロゴ
  • AKB48 CARD-typeR
    →赤地にAKB48のロゴ

 

一見すると、AKBコラボのクレジットカードだとあまり分からないデザインになっているので、普段、レストランなどで使ってもあまり目立たないでしょう。

クレジットカードは、色々なシーンで使うものですから、あまり個性的なものだとフォーマルな場所では出しにくいという面がありますが、このカードの場合は問題なく使えるのでいいですね。

家族カード・ETC・ポイントはなし

AKB48カードには、家族カード・ETCカードは付帯できません。さらに、ライフカードのポイントプログラム対象外となっています。

つまり、このカードはポイントを貯めるためのカードではありません。むしろ、特典のために入会するのがオススメです。

国際ブランドはJCBのみ

AKB48カードの国際ブランドはJCBのみとなっています。JCBは国内では決済力NO.1の国際ブランドですから、国内の利用は全く問題ないでしょう。

また、海外でもハワイ・アメリカ・台湾をはじめとした日本人旅行者の多い地域などはJCBに対応している加盟店が多くなっています。

しかし、本格的に海外に頻繁に行かれる方は、このカード1枚では厳しいかもしれません。海外へ頻繁に行かれる場合には、海外で使えるVISA、MasterCardブランドをもう1枚持つことをおすすめします。

どちらにしろ、AKB48ファンのためのカードです。今しか手にすることができない期間限定の特典が多いので、魅力を感じたら、早めに入会した方がお得でしょう。

初年度年会費無料なのでお試しも気軽に!

クレジットカードといえばポイント!という流れの中では異色を放つAKB48カード。その分、ファンにとって嬉しい特典をたくさん用意してくれていましたね。

年会費も初年度無料になっていますので、お試しも気軽にできるのが安心なポイント。特典に魅力を感じるなら、十分に作る価値のあるカードといえます。

Barbieカード

通常のライフカードのシステムに加えて、ピンクリボンデザインを選ぶと乳がん検診クーポンがもらえたりと、女性に嬉しい特典があるカードです。

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドVISA,Master Card
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴ピンクリボンデザイン限定で乳がん検診クーポン。毎月2,000円以上の利用で自動でバービーグッズの抽選に応募。バービーの限定メルマガ配信。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年。

通常のライフカードのシステムに加えて、デザインも豊富で可愛いので女性に人気のカードとなっています。

そして、毎月2千円以上利用すると毎月変わるバービーグッズの抽選に自動的に応募されるのも魅力的ですね。

毎月グッズが変わるので、一度当選しても次のグッズを待つ楽しみが増えるカードとなっています。

デザインは合計4種類から選べる

カードの券面は、バービーの世界観を表現した3種類に加えて、ピンクリボン運動とのコラボの1種類。

オリジナルの券面は、バービーのシルエットが印象的な「バービーピンク」、すっきりとした印象ながら黒のリボンが可愛い「ビンテージクラシック」、黒字にバービーロゴとジュエリーのデザインがポップな「ジュエリー」から選べます。

ピンクリボンコラボの券面は、水色の背景にバービーのシルエット&ロゴに加えて乳がん検診のシンボルであるピンクリボンがデザインされています。

どれもとてもガーリーで、バービーファンなら持っているだけで嬉しくなれますよね。

ピンクリボンデザインを選ぶと乳がん検診クーポンGET!

ピンクリボンデザインを選んだ希望者の方は、乳がん検診クーポンがもらえます。

ただし、40歳以上の方を対象とした検診のクーポンになっていますので、40歳未満の方は利用できません。

ピンクリボンデザインの特徴としては、利用代金の0.3%を公益財団法人「日本対がん協会」に寄付できる点が挙げられます。

今後2人に1人ががんにかかる可能性があると言われている時代。可愛いデザインのカードを持って利用するだけで支援になるというのは嬉しいですね。

毎月2,000円以上使うと抽選に自動で応募&メルマガも

バービーファンに嬉しいのはカードのデザインだけではありません。

Barbieカードでは、毎月2,000円以上使うとバービーグッズが当たる抽選に自動で参加できます。どんなものが当たるか気になりませんか?

公式サイトで紹介されていたのは以下のアイテムになります。

  • 2017年11月「スマートフォンマルチケース」
  • 2017年12月「バービー 2018年 カレンダーセット」

 

このように年末なら来年のカレンダーがプレゼントなど気が利いていますよね!毎月チャンスがあるというのは、カードを使う上でも大きな楽しみになるでしょう。

また、バービーのイベント情報・ショップのオープン情報などバービーに関する最新情報が満載のメルマガも購読できます。やはり、好きなものはこまめにチェックしておきたいですよね。

国際ブランドはVISAとMaster Card

Barbieカードの国際ブランドはVISAとMaster Cardになっています。

国内ではどちらもそれほど決済力に大きな差はありませんが、特にブランドにこだわりがないなら世界シェアNO.1のVISAを選択すると間違いないでしょう。

他にカードがあるという場合には、持っていない方の国際ブランドを選ぶとそちらが対応していなかった時にとても便利です。(VISAを持っていたらMasterCardということですね)

ライフカードMy Color

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドVISA
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴券面がブラック。オンライン申込限定のカード。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年、カード会員保障制度

通常のライフカードとスペックは同じですが、券面がブラックでクールなカードです。

WEB限定のデザインとなっているので、インターネット申し込み限定で手に入るカードとなっています。

オンライン申込限定のデザイン

ライフカードMy Colorは、通常のライフカードとスペック的には全く同じです。ポイントのシステムなどにも差はありません。

しかし、券面がクールなイメージのブラックなのが特徴で、インターネットからの申込でないと手に入れることのできないカードということで限定感がありますね。

カードのデザインにこだわりのある方向けのカードです。

国際ブランドがVISAのみ

ライフカードMy Colorの国際ブランドはVISAのみとなっています。国内ではVISAもほとんど問題なく使える国際ブランドです。海外でもNO.1の決済力を誇っているので、これ一枚でも安心といえるでしょう。

特にカード内容や入会条件が変わるわけではないので、特に国際ブランドにはこだわりがないなら、限定デザインのこちらをおすすめいたします。

しかし、すでにVISAブランドのカードを持っている方は、他のブランドが必要にならないかちょっとだけ考えてみるといいかもしれませんね。

例えば、au WALLETへのチャージはMasterCardからしかできないということもありますし、カードを作る際には国際ブランドは分けて作った方が便利です。

なぜ、au WALLETかというと、ライフカードからのチャージがポイント付与の対象となっているためです。(楽天Edyやnanacoへのライフカードからのチャージはポイント付与の対象外)

au WALLETを持っている方は、ライフカードからチャージして使うと、ライフカードのポイントとWALLETポイントの2重取りができるので大変オトクなんです。

au WALLETにチャージするためには、国際ブランドがMasterCardである必要があるので、au WALLETユーザーならMasterCardブランドのカードを持っているとメリットが大きくなります。

もし、アナタがau WALLETユーザーでなければ、VISA一択で問題ないでしょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

カードの国際ブランドは2枚目からは持っていないものを選ぶといいんだね!

ライフカードStylish

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドVISA,Master Card,JCB
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴自動リボカード。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年、カード会員保障制度

ライフカードStylishは通常のライフカードと同スペックですが、リボ払い専用のカードです。ポイントシステムも通常のライフカードと同じなので、誕生月はポイントが3倍とかなり貯めやすくなっています。

自動リボ専用のカード

ライフカードStylishは、自動リボ専用のカードです。自動リボ専用とはどのようなものかは知っていますか?

通常クレジットカードで支払いをするときには、店員さんに「何回払いか」を確認されたり、ネットショッピングでも支払い方法を決める際に「何回払いか」を決めますよね。

ライフカードStylishの場合には支払いの時に「1回払い」と選択しても、カードを使って支払った分の全てが自動的にリボ払いになるということです。

メリットとしては、いつでも自分で決めた定額を支払えばいいので支出の管理がしやすいことが挙げられるでしょう。

反対にデメリットとしては、リボ手数料が発生する点があります。

ライフカードStylishはAUTOリボ(オートリボ)というシステムとなっているので、毎月の支払いコースが最低で3千円、最大で3万円となっているんです。

そして、このAUTOリボ(オートリボ)だと、仮に月の最高支払いコースである3万円を選んで、月の利用金額が3万円以下でもリボ手数料が発生します。

ですから、ライフカードStylishを利用すると、必ずリボ手数料が発生するので注意する必要があるのです。

例えば、3万円の支払いコースを選んで、月に10万円利用した場合には以下のようになります。

月の支払い金額支払い残高
初回の支払い(初月)3万円7万円+リボ手数料
2回目の支払い(翌月)3万円4万円+リボ手数料
3回目の支払い(翌々月)3万円1万円+リボ手数料
4回目の支払い(4ヵ月後)1万円+リボ手数料0円(完済)

 

月に10万円使っただけでも、支払い終わるまで4ヵ月かかる計算になり、最高で実質年率15%のリボ手数料を支払わなければいけないのです。

ですから、リボ払いの仕組みをしっかりと理解して、よほど計画的に使える方でなければ、おすすめしずらいカードとなっています。

国際ブランドは3種類OK

ライフカードStylishの国際ブランドはVISA・Master Card・JCBから選べます。

とくにこだわりがなければ、他のクレジットカードで所持していない国際ブランドを選んでおくと死角がないでしょう。

博士博士

リボ払い専用カードは、レジで「一回払い」と言ったとしてもそのカードで支払った全ての金額がリボ払いになってしまうから注意が必要じゃ。

ライフカードStella

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費初年度無料,2年目以降1,250円(税抜)
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドJCB
家族カード初年度無料,2年目以降400円(税抜)
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴海外ショッピング3%キャッシュバック。海外・国内旅行傷害保険付き。女性特有のがん検診クーポンがもらえる。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年、カード会員保障制度

旅行が好きな女性にフィットするカードです。

海外旅行の際のショッピングも3%がキャッシュバックされるのに加えて、海外旅行傷害保険が自動付帯(何も手続きしなくても保険が適応)、国内旅行傷害保険が利用付帯(旅行の代金をカードで事前に支払った場合のみ保険が適応)となっています。

基本のポイントシステムは、通常のライフカードと同じなので誕生月にポイント3倍、初年度1.5倍などかなりポイントが貯めやすいカードといえるでしょう。

海外旅行がお得に!キャッシュバックと旅行保険

ライフカード Stellaのショッピングのキャッシュバックは利用額の3%。

まずは、海外ショッピング3%キャッシュバックのシステムについて解説します。例えばお盆休みのある8月に海外に行ってショッピングを楽しんだ場合は以下のようなタイミングでキャッシュバックが行われるのです。

  1. 8月にショッピング利用(利用月)
  2. 9月に請求が確定(請求月)
  3. 11月にキャッシュバック(請求月の翌々月)

 

このようなタイムスケジュールで登録している口座にショッピング利用の3%の現金がキャッシュバックされる仕組みになっています。

ただし、海外でショッピングする前に、事前の手続きが必要です。

  • 「LIFE-Web Desk」に登録し、 「LIFE-Web Desk」から申込みが必要(海外旅行に行くたびに毎回必要)
  • 年間(4月1日~3月31日を年間としてカウント)の最大キャッシュバック金額は800,000円

 

旅行保険も付帯しています。海外はもちろんのこと、国内旅行傷害保険もついているのが安心ですね。海外旅行は自動付帯ですから、特別な手続きをしなくても自動的に保険の適応となります。

海外旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

免責金額とは補償を受けるために支払う金額のこと

「自分は大丈夫」と思っていても、いつ海外で事故や病気に見舞われるかは誰にもわかりません。その時に慌てなくて済むように、海外旅行に行くなら必ず海外旅行傷害保険は準備しておきたいものです。

海外旅行傷害保険には、救援者費用といい自分が事故にあった時に、駆けつける家族の費用も補償されます。

また、ホテルの備品を壊してしまったなどのケースで、こちらが賠償金を支払わなければ行けない場合でも、最高2,000万円まで補償してくれるので心強いですね。

さらに、旅行に行く際に持っていった高価なものが盗難や破損した場合には、免責金額の3千円を支払えば20万円までの補償があるのも大きなメリットです。

そして、国内旅行傷害保険の場合には、利用付帯となっていますので、公共交通機関(飛行機、電車、バス、タクシー)の交通費、宿泊費(ホテル代、民宿料金)、パック旅行やツアーの場合は旅行会社への料金を事前に支払っておかないと、保険の対象とならないので注意してください。

また、国内旅行傷害保険の対象となるのは以下のケースのみとなります。(いずれも事前に費用を支払っている場合のみ)

  • 公共交通機関(飛行機、電車、バス、タクシー)の移動中に起こった事故
  • 宿泊施設(ホテルや民宿など)に泊まっている際の、火災や爆発事故
  • 旅行会社のパック旅行で旅行中に起こった事故

 

保険の対象となるためには、事前に公共交通機関や宿泊施設の費用、またはパック旅行の料金をライフカード Stellaで支払っている必要があるので注意してください。

一部のホテルではチェックアウトの時に支払うところもありますが、あくまでも料金を事前にカードで支払っていることが保険の適応条件となるので、気をつけましょう。

また、地震などの天災によるものは対象とならないケースがあります。

国内旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

補償内容最高補償額
障害死亡1,000万円
傷害後遺障害40万円~1,000万円

国内旅行傷害保険では、死亡や後遺障害といった場合のみの補償となっています。

しかし、国内なら健康保険が適用されるので、軽いケガや病気では海外ほど医療費が高くなりませんので、その分負担は少ないでしょう。

また、ライフカード Stellaには「シートベルト傷害保険」がついています。

シートベルト傷害保険というのは、国内で車に乗っている時にカードの契約者本人が、運転や車に乗っていてシートベルトを着用した状態で事故に遭った場合の補償です。

補償内容最高補償額
障害死亡200万円(事故から180日以内)
重度後遺障害200万円

通勤途中・ドライブ中など、カード会員本人のみが対象の補償となりますが、シートベルトを着用しているということだけが補償のための条件です。

補償を使うようにならないのが一番ですが、もしもの時の補償は手厚ければ手厚いほど安心ですよね。

女性特有のがん検診クーポンがもらえる!

ライフカードStellaは、公式サイトでも「女子旅のマストアイテム!」というように女性向けのカードであるということを前面にアピールしているカードです。券面も上品でかわいらしいですよね。

でも、実は女性向けなのはその見た目だけではありません。

女性特有のがんである、乳がんと子宮頸がんの検診クーポンが希望者にプレゼントされるのです。

子宮頸がん検診無料クーポンは、20~39歳の方、乳がんは40歳以上の方に利用していただけるシステムになっています。

子宮頸がんは若い人にも非常に患者数の多いがんです。初期の段階では検診以外ではなかなか発見できないので、「ずっとがん検診なんて受けていない」という方にこそ使っていただきたい特典です。

ライフカードデスクに連絡することで、クーポン券を送付してもらえます。

ライフカード インフォメーションセンター
TEL 045-914-7003
担当者受付時間/9:30~17:30 (日曜・祝日・1/1~1/3休み)

国際ブランドはJCBのみ

ライフカードStellaの国際ブランドはJCBのみとなっています。国内ではJCBは最も決済力のある国際ブランドですから、国内の利用では全く問題ありません。

また、海外旅行でも、日本人旅行者の多めの地域ではJCBで決済できる加盟店が増えてきています。

これから行ってみたい渡航先や、これまで何度も行っている渡航先がJCB加盟店が多い場合は大丈夫ですが、まだ、海外だとJCB加盟店はそれほど多くはないので、このカードのみで海外旅行をするのは難しいこともあるでしょう。

もし、JCBでは厳しそうだという場合には、海外ショッピングのキャッシュバックはなくなってしまいますが、旅行障害保険付きライフカードのお好みの国際ブランドを選択してください。

ライフカードStellaは国内旅行を良くする方や、女性特有の病気の検診クーポンがついているので、女性にオススメのカードです。

ウィーちゃんウィーちゃん

JCBは日本で使う分にはいいけれど、海外ではまだ使える場所が限られているんだね

ライフカードゴールド

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費10,000円(税抜)
入会条件23歳以上で、安定した継続収入のある方。
国際ブランドVISA,Master Card
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/30~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴旅行傷害保険が最大1億円。ショッピングプロテクション付き。主要空港ラウンジ利用。自動車ロードサービス。弁護士無料相談。キャッシング優遇金利、カード会員保障制度

ライフカードの上位カード、ライフカードゴールド。空港ラウンジ利用をはじめとしたゴールドカードならではのサービスを受けることができます。

中でも、旅行保険は非常に手厚く安心感が大きくなっています。家族も補償してくれるのが他のライフカードとの大きな差ですね。

空港ラウンジを利用できたり、ロードサービスが無料で利用できたり、弁護士の無料相談などゴールドならではの特典が盛りだくさんです。

最大1億円!手厚い旅行保険

ライフカードゴールドは年会費が10,000円と安くはありませんが、その分旅行保険についてもかなりの充実度です。

内容は以下の通りになっています。まずは海外旅行障害保険の内容です。

補償内容最高補償額(カッコ内は家族)
障害死亡・後遺障害1億円(1,000万円)
障害・疾病治療費用300万円(150万円)
救援者費用300万円(100万円)
個人賠償責任保険免責金額なし、1億円(5,000万円)
携行品損害免責金額3,000円、40万円(20万円)

障害死亡・後遺障害については通常の保険付きのライフカードの5倍の補償金額になっていますね。大きな差としては、カードを持たない家族についても補償があるということです。家族の補償もあることで、安心感が全く違いますよね。

補償される家族は、カード契約者本人の配偶者か生計が一緒で同居している親族、または、別々に住んでいる結婚していないお子さんが対象です。

そして、ライフカードゴールドは、他の旅行保険つきカードと違い、国内旅行傷害保険も自動付帯となっています。国内旅行でも自動的に保険の適応となるのです。

国内旅行傷害保険の対象となるのは以下のようなケースです。(事前に費用を支払わなくても対象)

  • 公共交通機関(飛行機、電車、バス、タクシー)の移動中に起こった事故
  • 宿泊施設(ホテルや民宿など)に泊まっている際の、火災や爆発、破裂による事故
  • 旅行会社のパック旅行で旅行中に起こった事故

 

国内旅行傷害保険でも、自動付帯となるのは大きいですね。

そして、国内旅行傷害保険は以下の内容になります。

補償内容最高補償額(カッコ内は家族)
障害死亡・後遺障害1億円(1,000万円)
入院保険金日額10,000円(5,000円)/事故後7日間経過していることが条件
手術保険金・入院中に受けた手術については、入院保険金日額の10倍
・それ以外の手術の場合は、入院保険金日額の5倍
通院保険金日額4,000円(2,000円)/事故後7日間経過していることが条件

入院保険金と通院保険金については、事故がおきてから7日間が経って、それでも入院、通院している場合のみ、保険金がおります。

スポンサーリンク

国内旅行傷害保険も、死亡・後遺障害は海外旅行保険と同等に最大1億円となっています。さらに、入院・通院・手術も補償されるので国内旅行中にもしも入院というようなことがあっても金銭面の自己負担がかなり少なくなるでしょう。

また、ライフカード ゴールドにも「シートベルト傷害保険」がついています。

シートベルト傷害保険というのは、国内で車に乗っている時にカード契約者本人の方が、運転や車に乗っておりシートベルトを着用した状態で事故に遭った場合の補償です。

補償内容最高補償額
障害死亡200万円(事故から180日以内)
重度後遺障害200万円

さらに、ライフカードゴールドの場合にはショッピングガード保険も付帯されています。

これは、国内外を問わずにライフカードを使って買った品物が購入日から90日以内に盗難・破損・火災などの事故によって損害を負った場合に、その金額が補償される保険です。

補償内容最高補償額(本人・家族同額)
年間補償限度額200万円(免責金額3,000円)

高額なお買い物をした直後に盗難に遭ったりしたら、と考えるととても恐ろしいですよね。でも、ショッピングガード保険があれば、3,000円の免責金額を支払えば、年間で200万円まで補償してくれます。

破損や火災でももちろん補償の対象となるため、高価なものはライフカードゴールドを使って購入し、保険をフルに利用しましょう。

ゴールドカードの醍醐味!空港ラウンジ利用可

ゴールドカードならではのサービスというと空港ラウンジの利用をイメージする方も多いのではないでしょうか?もちろん、ライフカードゴールドでも空港ラウンジを利用することができます。

利用できる空港は国内の以下の空港になります。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 新潟空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 大阪国際空港(伊丹空港)
  • 関西国際空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 徳島阿波おどり空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 熊本空港
  • 長崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

 

日本中の空港を網羅しているので、出発前に空港ラウンジで快適に過ごすことで空の旅の満足度も違ってくるはず。ライフカードゴールドと航空券を提示して利用することができます。

緊急時に安心のロードサービス

ライフカードゴールドには、ロードサイドアシスタンスというロードサービスがついています。

緊急時に30分以内でできる簡単な作業や20km以内のレッカー移動が無料になったりと、車をよく利用する方にとっては心強いサービスです。詳しいサービス内容は以下の通りです。

  • バッテリー上がり対応
  • タイヤパンク対応
  • ガス欠対応
  • カギの閉じ込め対応
  • 落輪時の引き上げ作業
  • ボルトのゆるみ、バルブ切れなどの対応

 

また、20km以内のレッカー移動を無料で行ってくれます。アフターフォローは以下のサービスを提供しています。

  • 公共交通機関利用代金を1名あたり2万円まで補償
    →タクシー相乗りの場合は上限2万円
  • レンタカー24時間分を補償
  • 臨時宿泊代金を1名1泊最大15,000円まで補償
    ※公共交通機関を利用するか、臨時宿泊にするかを選んでサービスを受けることができます。
  • 修理が完了した車を自宅まで納車

弁護士に無料で1時間相談可能

誰に相談したらいいのか分からない法律の問題。家族の問題。弁護士に相談できたらいいけれど、なかなか踏み切れないなんていうお悩みはありませんか?

ライフカードゴールドでは「港国際法律事務所」の弁護士との法律相談を提供しています。

電話または面談で1時間の相談となっています。ライフカードと提携している事務所なので、はじめての法律相談という方でも安心です。

キャッシングが優遇金利で利用可能

通常のライフカードの場合、キャッシング枠を利用時の金利は18.0%となっています。それに対して、ライフカードゴールドの場合には13.505%と約4.5%も金利が低くなっていることがわかります。

例えば100,000円をキャッシングして翌月一括払いにした場合は以下のようになります。

実質年率支払い合計金額
ライフカード18.0%101,479円
ライフカードゴールド13.505%101,110円
金利・合計金額の差4.495%369円

リボ払いの場合は以下の通りです。

実質年率支払い合計金額
ライフカード18.0%109,158円(11回払い)
ライフカードゴールド13.505%106,692 円(11回払い)
金利・合計金額の差4.495%2,466円

翌月一括払いの場合の差はそれほど大きくありませんが、リボ払いなどで返済が長くなる場合には金利の差で合計の支払額の差が大きくなります。

ウィーちゃんウィーちゃん

ゴールドカードは、年会費が高い分保険や特典が充実してるんだね!

博士博士

ライフカードゴールドは、カードを持たない家族にも海外・国内旅行傷害保険がついているからお得じゃよ。

ここからは、個性的なコラボカードを紹介していくぞ

LiSA CARD

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドVISA
家族カード400円(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴旅行傷害保険、ショッピングプロテクション付き。特典としてLiSAグッズプレゼント。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年、カード会員保障制度

人気アーティストLiSAとのコラボカード。年に1回でも利用すれば2年目からも年会費が無料になるので、実質年会費無料で利用できます。

券面が個性的なだけでなく、ショッピングプロテクション&旅行傷害保険が付帯されているのが嬉しいポイント!

券面がポップ&ロック

券面は二つのデザインから選ぶことができます。イラストがデザインされた「POPライフ」とLiSAのロゴが入った「ROCKライフ」の二つのカードからお気に入りを選んでくださいね。

どちらもファンにとっては愛着のわきそうですが、ロゴが入った方のデザインはカッコよく男性が持っても違和感のないものとなっています。

長く愛用したいカードには、デザインはとても重要な要素ですから、インパクトを重視する方はイラストの「POPライフ」、カッコよさを取るならロゴが入った「ROCKライフ」と選ぶといいでしょう。

旅行傷害保険・ショッピングプロテクション付き

LiSAカードも、旅行傷害保険とショッピングプロテクションなど補償が充実しています。

海外旅行傷害保険は自動付帯となるので、特別な手続きしなくても保険の対象となるので安心ですね。

海外旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

国内旅行傷害保険は、利用付帯となるので旅行費用(公共交通機関の交通費や宿泊費、パック旅行の費用)を事前に支払った場合のみ適応されます。

国内旅行傷害保険の対象となるのは以下のようなケースです。(いずれも事前に費用を支払っている場合のみ)

  • 公共交通機関(飛行機、電車、バス、タクシー)の移動中に起こった事故
  • 宿泊施設(ホテルや民宿など)に泊まっている際の、火災や爆発事故
  • 旅行会社のパック旅行で旅行中に起こった事故

 

保険の対象となるためには、事前に公共交通機関や宿泊施設の費用、またはパック旅行の料金をライフカードで支払っている必要があるので注意してください。

一部のホテルではチェックアウトの時に支払うところもありますが、あくまでも料金を事前にカードで支払っていることが保険の適応条件となるので、気をつけましょう。

また、地震などの天災によるものは対象とならないケースがあります。

国内旅行傷害保険の詳細は、以下の内容になります。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害1,000万円
入院5,000円
通院2,000円

海外旅行傷害保険のみのカードが多い中、国内旅行に関しても補償があるというのは心強いポイントです。さらに、ショッピングプロテクションも付帯されています。

保証限度額保証期間自己負担額
300万円(年間)商品購入してから1年間(国内の事故に限る)5,000円(1事故あたり)

ショッピングプロテクションでは、LiSAカードを使って購入した品物が盗難・火災・破損などで損害を受けた場合に、年間に300万円までの補償が一回の事故につき自己負担額5,000円を払えば受けられます。

期間も購入日より1年間というのがより大きな安心を得られるポイントですよね。

LiSAグッズが入会特典

気になる入会特典ですが、LiSAカードの場合にはオリジナルのLiSAグッズが入会特典となっています。

  • LiSA×Life CARD Perfect Blu-ray(カードとブルーレイディスク)
  • Photo Album -Fo”u”r to FiVE-(オリジナルフォトアルバム)
  • Pass Case (POP LiFE)(パスケース)
  • Birthday Card(バースデーカード)
  • Poster(ポスター)

 

この他にも、LiSAカード会員限定でしか購入できないVプリカや、コンサート会場でポスターがもらえるなどの特典があります。

Vプリカとは、ネットショッピングで使えるVISAのプリペイドカードです。

どれもLiSAカード会員にならなければ手に入らないレアなグッズ。年に1回でも利用すれば実質無料ですから、これらに魅力を感じたら申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

ソードアート・オンラインカード

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドMaster Card
家族カード400円(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴オリジナルキャラクターグッズを特典としてプレゼント。貯めたポイントをソードアートオンラインカード会員限定グッズと交換可能。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年。

人気のオンラインゲーム、ソードアート・オンラインとのコラボカード。年に1回でも利用すれば2年目からも年会費が無料になるので、年会費が実質無料で利用できます。

現在は「アインクラッド編」として「キリト」と「アスナ」からデザインを選ぶことができますよ!

しかしこのカードはデザインだけでなく、旅行傷害保険が付帯されていたり特典としてオリジナルグッズももらえるのです。ソードアート・オンラインをプレイしている方にはぜひオススメしたい高スペックなカードといえます。

選んだ券面に応じたキャラグッズが特典

「キリトデザイン」を選んだ方には、次のようなプレゼントがあります。

  • エリュシペンデータ&ダークリペンサー
    →インク色青と黒のボールペン
  •  カードサイズノート キリトver

 

二刀流をイメージして、黒と青のペンが1本ずつになっていますよ。「アスナデザイン」を選んだ方には、次のようなプレゼントがあります。

  • ランペントライト
    →インク色赤のボールペン
  •  カードサイズノート アスナver

 

どちらもキャラクターをイメージしたボールペンになっているのがポイントです。審査の結果カードが発行になった場合には、発行した月の翌月末までにはお手元にオリジナルグッズが届きます。

旅行傷害保険とショッピングプロテクション付帯

ソードアート・オンラインカードは、海外旅行傷害保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険は自動付帯ですから、特別な手続きしなくてもカード会員であれば対象となります。

海外旅行傷害保険の詳しい内容は以下の通りです。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任危険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

※免責金額とは補償を受けるために支払う料金です。

海外旅行での病気やけがはないのに越したことはありませんが、もしもの時にかかる金額が保険が効かない為に、かなりの高額になります。クレジットカードに自動付帯されていると安心感が大きいですね。

また、自分が事故にあった時に駆けつける家族の費用や、ホテルの備品を壊してしまった際に支払う賠償金、そして、旅行に行く際に持っていったものが盗難や破損した場合にも3,000円支払えば20万円まで補償してくれる保険もついています。

国内旅行傷害保険は利用付帯となるので、公共交通機関(飛行機、船、バス、電車)の交通費、宿泊費(ホテル、民宿代)を事前に、ソードアート・オンラインカードで支払った場合のみ、保険が適応されます。

また、国内旅行傷害保険の対象となるのは以下のようなケースです。(いずれも事前に費用を支払っている場合のみ)

  • 公共交通機関(飛行機、電車、バス、タクシー)の移動中に起こった事故
  • 宿泊施設(ホテルや民宿など)に泊まっている際の、火災や爆発事故
  • 旅行会社のパック旅行で旅行中に起こった事故

 

保険の対象となるためには、事前に公共交通機関や宿泊施設の費用、またはパック旅行の料金をライフカードで支払っている必要があるので注意してください。

一部のホテルではチェックアウトの時に支払うところもありますが、あくまでも料金を事前にカードで支払っていることが保険の適応条件となるので、気をつけましょう。

また、地震などの天災によるものは対象とならないケースがあります。

国内旅行の詳しい補償内容は以下の通りです。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害1,000万円
入院5,000円
通院2,000円

国内では健康保険が使えるものの、補償は手厚いのに越したことがありません。入院や通院までカバーしてあるところが使い勝手のよい保険です。

ソードアート・オンラインカードでは、ショッピングプロテクションも付帯しています。

保証限度額保証期間自己負担額
300万円(年間)商品購入してから1年間(国内の事故に限る)5,000円(1事故あたり)

ショッピングプロテクションでは、ソードアート・オンラインカードを使って購入した品物が盗難・火災・破損などで損害を受けた場合に、年間に300万円までの補償が一回の事故につき自己負担額5,000円を払えば受けられます。

期間も購入日より1年間というのがより大きな安心を得られるポイントですよね。
ショッピングプロテクションでは、ソードアート・オンラインカードを使って購入した品物が盗難・火災・破損などで損害を受けた場合に、年間に300万円までの補償が自己負担額5,000円で受けられます。

年1回の利用で年会費が実質無料

かなり補償の手厚いソードアート・オンラインカードですが、年会費が2年目以降に発生するのが唯一のネックでした。

しかし、年に1回でもカードを利用すれば年会費が無料になります。

つまり、誕生月のポイント3倍の時だけ利用したとしても実質年会費無料ということですね。そのコストパフォーマンスからも安心して持てる1枚といえるでしょう。

貯めたポイントは会員限定でキャラグッズと交換も!

ソードアート・オンラインカードで貯めたポイントですが、何に使いたいですか?

もちろんギフト券や金券に交換するのが王道的な使い方といえるでしょう。しかし、せっかくソードアート・オンラインカードにした会員には、会員ならではの使い道も選択肢としてあります。

ソードアート・オンラインカード会員限定でポイントを貯めてもらえるグッズは以下のようになります。

期間によって賞品は変更になる場合がありますので、ご了承ください。

グッズ
500ポイントT-shirts type 01 Snuggle/T-shirts type 02 STAR BURST STREAM/T-shirts type 03 Laughing Coffin(オリジナルデザインTシャツ)
700ポイントTravel Bag Sword Art Online(オリジナルデザインバッグ)

国際ブランドはMaster Cardのみ

ソードアート・オンラインカードの国際ブランドはMaster Cardのみになっています。

しかし、Master Cardは国際的にも決済力が高く、日本国内でも多くのクレジットカード加盟店で利用可能です。ヨーロッパ一部地域では、VISAよりも使い勝手が良い場合もあります。

またau WALLETのシステムはMaster Cardが提供していることから、au WALLETにクレジットチャージを希望の場合にも便利です。

petit milady CARD

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドJCB
家族カード400円(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴会員限定でプチミレのライブチケット先行予約。オリジナルグッズプレゼント。旅行傷害保険付き。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年。

声優ユニットpetit miladyとのコラボカード。ファンに嬉しいライブチケットの先行予約もあります。

国際ブランドは日本国内で使いやすいJCB、そして旅行傷害保険もついて、年一回の利用で年会費が無料になるので、年会費が実質無料で使える優秀なカードです。

会員限定でpetit miladyのライブチケット先行予約

種類が豊富にあるライフカードの中からpetit milady CARDを選択したいというあなたは、もちろんpetit miladyのファンですよね!

そんなファンにとってライブチケットの先行予約はかなり嬉しい特典なのではないでしょうか?

会員1名につき4枚までのチケットを先行予約をつかって予約することができます。

ちなみに、先行予約期間中の申込者の中から抽選にあたるとチケットを購入できるシステムですので、開始時間に忙しくて申し込みができない!などのケースでも安心です。

選んだ券面に応じてのオリジナル記念カード

petit milady CARDの券面は「フォトタイプ」と「イラストタイプ」の二つから選べます。

そして、選んだ券面に応じてもらえるメモリアルカードが変わってきます。さらに、デザインが非公開のシークレットタイプのメモリアルカードも!

ぜひpetit miladyコレクションの仲間に入れてあげてくださいね。

海外・国内旅行傷害保険+シートベルト保険付き

petit miladyカードは旅行傷害保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険は自動付帯ですから、特別な手続きしなくても自動的に適応されます。

海外旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

予期せぬトラブルに見舞われたうえに高額な支払いなんて、せっかくの海外旅行が台無しというもの。クレジットカードに保険が自動付帯なら、楽しい旅もより安心になりますね。

petit miladyカードには、国内旅行傷害保険も付帯されています。国内旅行傷害保険は利用付帯となるので事前に旅行費用や宿泊費を支払っている場合のみ対象となります。

国内旅行傷害保険の対象となるのは以下のようなケースです。(いずれも事前に費用を支払っている場合のみ)

  • 公共交通機関(飛行機、電車、バス、タクシー)の移動中に起こった事故
  • 宿泊施設(ホテルや民宿など)に泊まっている際の、火災や爆発事故
  • 旅行会社のパック旅行で旅行中に起こった事故

 

保険の対象となるためには、事前に公共交通機関や宿泊施設の費用、またはパック旅行の料金をライフカードで支払っている必要があるので注意してください。

一部のホテルではチェックアウトの時に支払うところもありますが、あくまでも料金を事前にカードで支払っていることが保険の適応条件となるので、気をつけましょう。

また、地震などの天災によるものは対象とならないケースがあります。

詳しい内容は以下の通りです。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害1,000万円
入院5,000円
通院2,000円

petit miladyカードに付帯されているシートベルト保険は、シートベルト着用中の事故に対する補償でカード会員本人のみを保障するものです。(運転している場合や、車に乗っていた場合に適応されます)

補償内容最高補償額
障害死亡200万円(事故から180日以内)
重度後遺障害200万円

 

これだけの補償がついて、年に1回以上の利用で年会費が無料になるというのはなかなかリーズナブルなのではないでしょうか?

国際ブランドはJCBのみ

petit miladyカードの国際ブランドはJCBのみとなっています。

JCBは日本国内では、NO.1のブランドですから国内での利用・日本人旅行者の多い地域での利用では他の国際ブランドに対して劣るということはありません。

しかし、世界で使うとなるとVISAの方が向いているので、海外旅行によく行かれるという方には向かないかもしれませんね。

ただ、このカードはpetit miladyのファンにとって嬉しい特典が大きな魅力となっているので、もし、ファンの方で海外旅行によく行くという方は、このカードは特典&国内用と割り切ってしまうのも一つの手です。

海外旅行用には、別のVISAブランドのカードを用意しましょう。

龍馬カード

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドVISA,Master Card
家族カード400円(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴高知県立坂本龍馬記念館の入館料ご優待。旅行傷害保険付き。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年。利用代金の一部を坂本龍馬関連施設等へ寄付、カード会員保障制度

坂本龍馬記念館に優待価格で入場可能。関連施設に利用代金の一部を寄付など、坂本龍馬好きの方のためにあるカード。

坂本龍馬がデザインされたシックなデザインも魅力です。海外・国内旅行傷害保険・ショッピングプロテクションが自動付帯されています。

旅行傷害保険付き

龍馬カードには、旅行傷害保険が付帯されています。海外旅行傷害保険は自動付帯となっているので、特別な手続きしなくても自動的に適応されるんです。

海外旅行傷害保険の内容は以下のようになっています。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任危険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

 

自分は大丈夫と思っていても、海外旅行時にどんなトラブルがあるかは誰でも予想ができません。そんな時にあわてずに済む海外旅行保険は海外旅行に行く際の強い味方です。

自分が事故にあった時に駆けつける家族の費用を補償する「救援者費用 」や、現地でホテルの備品などを間違って壊してしまった時の賠償金を補償する「個人賠償責任危険 」、旅行に持っていった物の破損や盗難を補償する「携行品損害 」があります。

国内旅行傷害保険も自動付帯となりますので、特に必要な手続きは必要なくカード会員であれば保険の対象です。

国内旅行傷害保険の内容は以下になります。

補償内容最高補償額
死亡・後遺障害1,000万円
入院5,000円/事故後6日経過している場合のみ
通院3,000円/事故後6日経過している場合のみ

入院と通院に関しては事故後6日経過していても、入院や通院している場合のみ保険金がおります。

国内では健康保険が適用されるとはいえ、もしもの時の補償は手厚ければ手厚いほど安心が大きくなりますね。

また龍馬カードにもショッピングプロテクションが付帯されていますので、高価なお買い物の際も不安がありません。

保証限度額保証期間自己負担額
300万円(年間)商品購入してから1年間(国内の事故に限る)5,000円(1事故あたり)

ショッピングプロテクションでは、龍馬カードで購入した品物に対して年間300万円までをひとつの事故当たり5,000円円の自己負担で補償しています。購入日から1年間の間、盗難・火災・破損などの事故を補償してくれる保険です。

年1回の利用で年会費が実質無料

これだけしっかりとした補償がある龍馬カード。年会費は年に1,250円(税抜)ですが、1年に1回だけでも利用があれば年会費は無料になります。

つまり、2年目以降も年会費が実質無料ということです。坂本龍馬記念館の入館料も安くなる特典付きのカードですから、年会費実質無料はうれしいですね。

ブランドはVISAとMaster Card

龍馬カードのブランドはVISAとMaster Cardの二つになっています。

どちらも国内での決済力に大きな差はないので、他のカードをお持ちの場合はそちらのカードとかぶらないものを選ぶとよいでしょう。

もし、こだわりがなければ、VISAを選んでおくと間違いないと思います。

他にもクレジットカードを持っている方は、自分が持っていない方のブランドを選ぶと使える幅が広がって便利でしょう。(VISAを持っていたらMasterCardというふうに)

ウィーちゃんウィーちゃん

コラボカードは特典が充実している分、選べる国際ブランドが限られているんだね

博士博士

うんうん。どうしても特典が欲しいという場合は別じゃが、しっかりと特徴を見極めて選んでいくのが大切なんじゃよ。

SAVE THE GREAT APES カード

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドMaster Card
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年。日本グレイトエイプス保護基金に利用代金の一部を寄付、カード会員保障制度

世界中でどんどん数が減る類人猿を保護する、というコンセプト。年会費が無料で通常のライフカードと同スペックです。

年会費・ETCともに無料

SAVE THE GREAT APES カードは、通常の年会費無料のライフカードと基本システムは同じです。

つまり、年会費もETCカードもずっと無料なので、誕生月のポイント3倍を狙って作っても損はしないカードです。

もちろんポイントシステムも通常のライフカードと同じなので、初年度はポイント1.5倍、誕生月はいつでもポイント3倍などのポイントを貯めやすいシステムになっています。

国際ブランドはMaster Cardのみ

SAVE THE GREAT APES カードの国際ブランドはMaster Cardのみとなっています。

国内では、VISAやJCBと決済力の面ではそれほど差がなく、ほとんどの店舗で利用することが可能です。Master Cardブランドですから、au WALLETへのクレジットチャージも可能になります。

日本グレイトエイプス保護基金への寄付

「自然保護に協力したいけれど、時間もないし何をしていいのか分からない」

そういった方にこのSAVE THE GREAT APES カードはぴったりのカードです。利用するだけで自動で利用額の0.5%が会員の自己負担なしで「日本グレイトエイプス保護基金」に寄付されます。

寄付されたお金は類人猿の保護活動やアフリカの環境保護活動のために利用されるので、カードを使うだけで小さなボランティアができるのです。

メイク・ア・ウィッシュカード

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドMaster Card
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年。メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンに入会時と利用代金の一部を寄付、カード会員保障制度

難病と闘うこどもたちの夢をかなえるお手伝い。年会費無料のカードを使うだけで、その支援ができます。

基本的なポイントシステムとスペックは、通常の年会費無料のライフカードと同じです。

年会費・ETCともに無料

メイク・ア・ウィッシュカードは、通常のライフカードと同スペックなので年会費もETCカードも無料になっています。

ポイントシステムも同じなので、誕生月のポイント3倍になる時に沢山買い物して、ポイントをガッツリ稼ぐために利用するサブカードとしても適しているカードです。

国際ブランドはMaster Cardのみ

メイク・ア・ウィッシュカードの国際ブランドはMaster Cardのみとなっています。

日本国内での利用では、あまり他の国際ブランドとの差を感じることは少ないでしょう。

Master Cardがau WALLETのシステムを提供しているため、au WALLETへのクレジットチャージが可能になっています。

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンへの寄付

メイク・ア・ウィッシュカードに入会すると、まずライフカード株式会社から難病の3歳から18歳までの子供たちを支援する「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」に500円が寄付されます。

また、利用代金の0.5%が同じくメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンに寄付されるのです。

楽しく便利にお買い物をしながら、難病の子供たちの夢に想いを馳せてみませんか?年会費無料が無料ですから自己負担0円で気軽に支援のできるカードです。

トッピングカード/トッピングEdyカード

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費1,250円/年(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
国際ブランドVISA,Master Card,JCB
家族カード400円(税抜)※ただし年1回カード利用で次年度無料。トッピングカードのみ(トッピングEdyカードには家族カードなし)
ETCカード年会費無料
利用限度額ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
発行日数最短3営業日(インターネット申し込み)~3週間程度
特徴保険・ロードサービス・健康相談サービスから好きなものを選べる。初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年。

通常のライフカードのスペックに加えて、好きな特典をトッピングできるカード。Edy付帯バージョンもあります。Edyがあると、コンビニなどでの支払い時に小銭がいらないのでストレスなくスピーディにお買い物ができますね。

EdyのついているトッピングEdyカードの方は家族カードの発行ができません。

年会費は年に1回の利用でも次年度無料なので、実質的には年会費が無料です。ご自身で選んだ保険やサービスの分だけ保険料やサービス料が発生します。

海外・国内旅行傷害保険が自動付帯

トッピングカード、トッピングEdyカードには海外旅行傷害保険が自動付帯されています。内容は以下になります。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

海外での病気やけがの出費は驚くほどの高額になるケースも多いもの。カード付帯の保険で備えておいて損はありません。

国内旅行傷害保険は利用付帯となるので、旅行の際の交通費(飛行機、電車、バス、タクシーなど)や宿泊費(ホテル、民宿)を事前に払った場合のみ保険の対象となります。

国内旅行傷害保険の対象となるのは以下のようなケースです。(いずれも事前に費用を支払っている場合のみ)

  • 公共交通機関(飛行機、電車、バス、タクシー)の移動中に起こった事故
  • 宿泊施設(ホテルや民宿など)に泊まっている際の、火災や爆発事故
  • 旅行会社のパック旅行で旅行中に起こった事故

 

保険の対象となるためには、事前に公共交通機関や宿泊施設の費用、またはパック旅行の料金をライフカードで支払っている必要があるので注意してください。

一部のホテルではチェックアウトの時に支払うところもありますが、あくまでも料金を事前にカードで支払っていることが保険の適応条件となるので、気をつけましょう。

また、地震などの天災によるものは対象とならないケースがあります。

国内旅行傷害保険は以下の内容になります。

補償内容最高補償額
障害死亡1,000万円
傷害後遺障害40万円~1,000万円

保険、ロードサービス、健康相談が追加できる

トッピングカードで追加できるサービスは以下の通りです。

  • 総合生活保険(ゴルファー補償)
    →ケガや万一の場合の補償に加えて、ゴルフ用品損害補償とホールインワン保険付き。
  • 総合生活保険(傷害補償)
    →死亡・後遺障害(215万円~315万円)の補償に加えて、賠償責任(1億円~3億円)の補償。
  • 携行品損害保険
    →外出中、旅行中などの持ち物の損害をプランによって10万円~30万円まで補償。
  • ロードサービス
    →レッカー移動10km無料。現場応急サービス(応急的な修理など)。遠方の場合、宿泊・レンタカー・交通機関の利用をサポート。
  • 野口ドクターホットライン(健康相談ダイヤル)
    →健康相談・応急処置の相談、育児・介護などの相談を医師などの専門家に相談できるサービス。

 

トッピングカードでサービスを追加すると、それぞれのサービスに応じた年間の保険料などが発生します。ただし、トッピングカード会員特別価格となっていますので一般よりも安くサービスを受けることができます。

各サービスを追加した場合の年間費用の一覧は下記の表をご覧ください。

年間保険料or会費
総合生活保険(ゴルファー補償)プランにより2,630円~9,080円
総合生活保険(傷害補償)プランにより2,360円~3,000円
携行品損害保険プランにより3,750円~4,500円
ロードサービス税抜2,000円
野口ドクターホットライン税抜800円

この中から好きなものを選んで追加することができますが、自分が必要と思うものだけトッピングできるのがこのトッピングカードのメリットです。ライフスタイルに合わせてトッピングしてみてくださいね。

年1回の利用で年会費が実質無料

トッピングカードとトッピングEdyカードでは、年会費が1,250円(税抜)発生します。これは他のライフカードと違って初年度から年会費が発生するものになっています。

しかし、年に1回でも利用があれば次の年の年会費は無料なので、トッピングカードも実質年会費が無料のカードという認識で大丈夫でしょう。

例えばポイントアップしている誕生月だけに利用したりしても、しっかりと年会費を無料にすることができます。

トッピングカードとトッピングEdyカードで年間にかかる費用は、実質的には自分でトッピングした保険やサービスの分だと思っておいて大丈夫です。

国際ブランドは3つから選べる

トッピングカードとトッピングEdyカードの国際ブランドはVISAとMaster Card、JCBから選ぶことができます。

国内の利用では、どれを選んでも大きな差はありません。特にブランドにこだわりがなければ、世界シェアNO.1のVISAを選択すると間違いないでしょう。

au WALLETにチャージを希望する場合にはMaster Cardを選び、その他の場合は他のカードで持っていないブランドを選ぶと便利です。

国際ブランドの選び方

ライフカードの場合、国際ブランドはVISAとMaster Card、そしてJCBの3つが用意されています。

ライフカードの種類によってはこの中から2つまたは1つのものもありますので、ブランドにこだわりがある場合は自分の選びたい国際ブランドがあるカードを選びましょう。

国内での利用では、この3つのブランドに大きな差はありません。自分が持っているカードの国際ブランドで選択していないブランドを選ぶのがオススメです。

そして、au WALLETにチャージを希望している場合はMaster Cardを選ぶ必要があります。

なぜ、au WALLETかというと、チャージがポイント付与の対象となっているためです。(楽天Edyやnanacoへのライフカードからのチャージはポイント付与の対象外)

au WALLETを持っている方は、ライフカードからチャージして使うと、ライフカードのポイントとWALLETポイントの2重取りができるので大変オトクなんです。

海外での利用を考えている場合には、よく行く渡航先を基準に考えるとよいでしょう。

世界で一番決済力が高く幅広い地域で使えるのはVISAです。しかし、ヨーロッパの一部ではMaster Cardの方が決済力が高い地域もあります。また、日本人旅行者の多いところではJCBに対応しているお店が多い場合もあります。

ウィーちゃんウィーちゃん

カードの種類と国際ブランドを合わせたらライフカードってすごくたくさんの組み合わせがあるね!

博士博士

そうなんじゃよ。

だから、自分にピッタリと合ったものを探すこともできるんじゃ。

ウィーちゃんウィーちゃん

ライフカードには、選べる国際ブランドが限られていたり、旅行保険のありなしどか、それぞれ、カードによって特徴が違うことがわかったね

博士博士

自分が何を優先するかをちゃんと決めてからカードを申し込まないと後で後悔することになるんじゃ。

ここからは、それぞれのカードの特徴を絞って紹介していくから自分に合った1枚を見つけるんじゃぞ!

あなたのステージに合ったおすすめのライフカードを紹介

ライフカードは機能からデザインまで種類がとても豊富なクレジットカード。

でも、種類がたくさんあることから、「どれが自分に合いそうか分からない!」となってしまう事にも。

そこでアナタにぴったりフィットするライフカードを、徹底的に紹介していきますね。

学生さんには学生専用ライフカードで決まり!

学生さんは、迷うことなく学生専用ライフカードを選びましょう。年会費が無料なのに、特典は年会費の発生するライフカード以上という至れり尽くせりのクレジットカードです。

また、学生さんは、今までにまったくクレヒスがないという方も多いですよね。よく一般のカードの審査の時にはクレヒスが全くないと通りにくいといったケースがあります。

でも、学生専用カードなのでそのあたりは気にせずに安心して申し込めますよ!

学生専用ライフカードの一番のメリットは、年会費が無料なのに海外旅行傷害保険が付帯されていることと海外ショッピング利用分が5%キャッシュバックされること。

社会人になると意外と海外旅行をしようと思っても時間がとれなかったりするもの。学生の時の海外での経験はとても貴重です。そんな海外渡航のお供に学生専用ライフカードがオススメです。

旅行によく行くなら保険付きのライフカードを!

旅行によく行くという方、とくに海外によく行くという方は、絶対に海外旅行傷害保険の付帯されたタイプを選ぶことをオススメします。

海外で医療機関にかかると、保険がきかないことに加えて通貨レートによってはかなりの額(1週間程度の入院で数百万円かかるなんていうこともあります!)が必要になってしまうのです。

これではせっかくの楽しい旅が悲惨な思い出になってしまいますよね。

そうならないためには、海外旅行傷害保険のついたライフカードを選ぶのが賢い方法です。年会費がかかるものもありますが、「年一回のカード利用で年会費無料になる」などの特典もありますから、年会費を実質無料にしながら保険を付帯されることもできます。

海外旅行傷害保険がついているライフカードは以下の通りです。

  • 学生専用ライフカード
  • 旅行傷害保険付きカード
  • トッピングカード/トッピングEdyカード
  • 龍馬カード
  • LiSA CARD
  • ソードアート・オンラインカード
  • petit milady CARD
  • ライフカードゴールド
  • ライフカード Stella

ライフカード Stellaは海外旅行傷害保険がついていますが、国際ブランドがJCBしか選択できないので、頻繁に海外に行かれるには、あまり向きません。

あると安心な国内旅行傷害保険がついているライフカードは以下になります。

  • 旅行傷害保険付きカード
  • トッピングカード/トッピングEdyカード
  • ライフカード Stella
  • LiSA CARD
  • ソードアート・オンラインカード
  • petit milady CARD
  • 龍馬カード
  • ライフカードゴールド

 

旅の安心をより大きくするために、これらのカードの中からお好きなライフカードを選んでみてくださいね。

年会費無料が良いという方にオススメのライフカード

まずはライフカードのポイントがどのくらい貯まるか試してみたい!という方は、年会費が無料でできるライフカードを選ぶとよいでしょう。

年会費が永年無料のライフカードは以下の通りです。

  • ライフカード
  • Barbieカード
  • ライフカード My Color
  • SAVE THE GREAT APESカード
  • メイク・ア・ウィッシュカード
  • ライフカードStylish

 

ライフカードStylishに関しては年会費がかからないカードではありますが、自動リボ専用のカードになっています。

ポイントシステムは同じですが、リボ手数料で相殺されてしまってはもったいないですよね。(リボ手数料が必ず発生するカードなので、1枚目に持つカードとしてはおすすめできません)

リボ専用でないカードのほうが支払総額が少なくなるのでお得です。年会費が無料のカードが欲しい方は、上のリストの中から選びましょう。

デザインを重視したい方向けのライフカード

機能や年会費はもちろんカードを選ぶうえで、間違いなく重要な要素であることに異論はないでしょう。

でも、毎日のように生活の中で役立てていきたいなら愛着の持てるデザインを選ぶことも大切ですよね。他のカードでは選べないライフカードならではの個性的な券面のカードを集めました。

  • AKB48 CARD
    →AKB48ロゴ入り、ブラックorレッドの券面
  • Barbieカード
    →合計4つのバービーデザインから選べる
  • ライフカードMy Color
    →オンライン限定の黒を基調としたクールな券面
  • ライフカード Stella
    →ピンクに黒のフェミニンなデザイン
  • LiSAカード
    →ポップなイラストの券面orロックなブラック&レッドの券面
  • ソードアート・オンラインカード
    →ゲームに登場するキャラクターを描いた券面
  • petit milady CARD
    →声優ユニットのプチミレの二人の写真orイラストを描いた券面

 

お気に入りのデザインなら、ポイントを貯めるのもますます楽しくなるはず。自分のお気に入りの一枚を見つけてくださいね。

空港ラウンジと手厚い補償のあるライフカードゴールド

23歳以上で定職についている方なら、ライフカードゴールドという選択肢もあります。

ライフカードゴールドは年会費が10,000円(税別)と高額ではありますが、その分補償やサービスが充実しているのでその部分に価値を感じれば、十分に年会費を払う意味があるといえるでしょう。

やはりゴールドだけあって、空港ラウンジが利用できたり、海外・国内ともに旅行傷害保険の手厚さもピカイチです。特に旅行傷害保険は会員だけでなくカードを持たない家族も一緒に補償されますから、家庭のある方に特にオススメです。

さらに、ロードサービスや弁護士に相談できるサービスも最初からついています。困った時に頼りになる一枚、ということでしたら、ライフカードゴールドも選択肢に入れてみてくださいね。

まとめ

ライフカードはクレジットカードの中でもかなり豊富な種類のあるカードです。年会費が無料のものから、有料だけれどそれに見合った保険などの補償が充実しているタイプもありましたね。

しかも、嬉しいことに有料のタイプの中にも年に1回だけでも利用すれば年会費がタダ!というものも。

お誕生月だけ使ったり、ネットショッピング用のサブカードにしているという方でも簡単に年会費が無料にできてしまうのです。

デザインもとても豊富ですから、「ずっと使いたい」と思えるライフカードを選んで長く愛用&ポイントをしっかりと貯めて活用していってくださいね。

スポンサーリンク