ウィーちゃんウィーちゃん

ライフカードって誕生月のポイントアップのメリットが大きいみたいだね!

博士博士

もちろんデメリットのないカードはないが、誕生月のポイントアップでは最強のカードと言えるじゃろう。

ライフカードのメリットの中でも最も大きいのは、誕生月の還元率が他の月の3倍になるところです。

ライフカードを使いこなす人の中には「誕生月用のカードとして持っている」なんていう方もいるくらいなんですよ。

通常の還元率はごく普通の0.5%なのに誕生月には1.5%に化けますし、交換先も実に使いやすいものばかり。

メインカードとしてお気に入りのクレジットカードを持っている方も、サブカードとして優秀なライフカードのメリットとデメリットを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

ライフカードの基礎知識を知っておこう!

他のカードと比べるためにも、まずはライフカードの基本スペックを知っておきたいですよね。

まず、ライフカードのポイントは「サンクスプレゼント」といい、1,000円につき1ポイント貯まります。

数字だけ見ると、還元率が0.5%と低く感じるかもしれませんが、1ポイントには約5円相当の価値があるので、実質的には通常でも2.5%程度の還元率があると考えることもできるんです。

例えば、1,000ポイント貯まると5,000円分の商品券など(AmazonギフトやJCBギフトカード)と交換できますし、交換先によってはもっと高い額面のものとも交換可能なので、ポイント的に非常にお得なカードとなっています。

さらに、誕生月にはポイントが3倍になるというインパクトのある特典も魅力です。

また、カードのバリエーションも豊富ですから、自分にピッタリの1枚を見つけることができるのもライフカードの大きなメリットでしょう。

それでは、ライフカードの基礎知識と種類をまずはおさえておきましょう。

ライフカードの年会費と還元率

ここでは、ライフカードの年会費・還元率など基本情報をまず知っておきましょう。

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
総利用枠ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
国際ブランドVISA、Master Card、JCB
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料(契約者本人のカードにのみ追加可能)
特徴初年度ポイント1.5倍、年間50万円利用でボーナスポイント+次年度ポイント1.5倍、ポイント有効期限が最長5年。カード会員保障制度有。

ライフカードは、年会費が本人カード・家族カード・ETCカードともに無料です。次年度からも条件なしで、ずっと無料なので誕生月のポイントアップを目当てに持っていてもまったく負担になりません。

入会の条件も特に難しいことはありませんので、はじめてのカードとしても2枚目のカードとしても気軽に申し込むことができます。

他のカードと比べて特に優秀な特徴は、やはり誕生月にポイントが3倍になることではないでしょうか。

大きい買い物を誕生月に持ってくることで、確実に3倍ポイントがもらえるのはかなり大きなメリット。

さらに、年間50万円利用(=月間になおすと約41,667円)でボーナスポイントが300ポイントもらえたうえに、次年度もポイントが1.5倍になるので、常に1.5倍の還元があるクレジットカードになるのもハードルが低めです。

国際ブランドもメジャーなVISA、Master Card、JCBと3種類あるので、お好みに合わせて選ぶことが可能です。

そして、カード会員保障制度というものが全てのカードについています。

カード会員保障制度というのは、カードを盗難や紛失などで不正に利用されてしまった場合でも、ライフカードに連絡した日から60日間さかのぼって、不正に使われた金額分を補償してくれる制度なんです。

カードの不正利用は年々増えているので、万が一の補償があると安心ですね。

さらに、ライフカードには通常タイプ以外にも豊富な種類がありますので、詳しく紹介していましょう。

ライフカードの今行われているキャンペーンについては、ライフカードの入会キャンペーン情報を徹底解説!の記事で詳しく紹介しています。

ライフカードは種類・デザインが豊富!

ライフカードの種類は何がおすすめ?アナタに合ったライフカードを提案!』の記事で詳しく書いていますが、上記で紹介したライフカードの他にも、ライフカードでは様々なデザイン・機能のカードを発行しています。

それぞれのカードを紹介していきますね。

学生専用ライフカード

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方。
総利用枠ショッピング/5~30万円、キャッシング/0~10万円
国際ブランドVISA、Master Card、JCB
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
特徴海外ショッピングで5%キャッシュバック、海外旅行保険付帯、携帯料金支払いでAmazonギフトが10人に1人の確率で当たる。カード会員保障制度有。

学生専用ライフカードの中でもかなり大きな特典は、海外ショッピングでの5%キャッシュバックです。5%とはかなり驚きの数字ですよね。利用から約3ヶ月後(利用料金の請求月の翌々月の10日)に登録した口座に現金が戻ってくるシステムになっています。

短期留学や留学などの時に持っておくと、かなりの節約になるのではないでしょうか。

さらに、学生専用ライフカードは海外旅行保険も年会費が無料なのに付帯されています。これはこのカードの大きなメリットです。

海外旅行で、ケガや病気などで現地の病院にかかると、軽いものでも支払いが非常に高額になるということはご存知ですか?

そんな時にも学生専用ライフカードの海外旅行傷害保険では、ケガや病気の治療なら最大200万円まで補償してくれる上、家族などが駆けつけてくれた時にかかる費用も200万円まで補償されます。

詳しい内容は以下の表のとおりです。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

免責金額とは、その金額を負担することで保険が受けられるというものです。また、1回の海外旅行につき、保険の適用期間は3ヵ月までとなっているので注意してください。

トラブルがないに越したことはありませんが、誰しもトラブルは予期していないもの。しっかり備えられる学生専用ライフカードは海外旅行の強い味方になってくれます。

また、個人賠償責任保険といって、万が一他の人にケガをさせてしまった場合などの賠償金も補償されるためより安心ですし、自分の持ち物が盗難や事故などで壊れてしまった場合にも3,000円を支払えば、20万円まで補償される携行品損害も大きいですね。

そして、在学中は海外旅行傷害保険は自動付帯(カードで旅行費用を支払っていなくても、保険の対象となる)となりますので、ライフカードで旅行代金を支払っていなくても、持っているだけで保険が受けられるのは大きなメリットでしょう。

また、携帯料金(docomo/au/SoftBank/Y!mobile)の支払いを学生専用ライフカードで行うと毎月抽選で10人に1人の確率でAmazonギフト500円分が当たる特典も学生専用ライフカードならでは。確率としてかなり高いので、毎月当選のメールが届くかどうか楽しみになってしまいますね。

AKB48 CARD

還元率LIFEサンクスプレゼント対象外
年会費初年度無料,次年度以降1,480円(税抜)
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
総利用枠ショッピング/10~200万円、キャッシング/0万円~200万円
国際ブランドJCB
家族カードなし
ETCカードなし
特徴AKB劇場公演が会員専用枠で毎月抽選で当たる。ポスター、限定プリカ1,000円分プレゼント。その他イベント抽選会参加可能、限定プリカ購入可能などの特典あり。カード会員保障制度有。

AKB48とライフカードのコラボカード。ポイントプログラム対象外というのはちょっと驚きですね。

また、選べる国際ブランドはJCBのみとなっています。(国内での利用なら特に不便を感じることはないと思います)

そして、次年度からは年会費が1480円(税抜)かかってしまいますが、劇場公演が当たったりとファンには楽しみの大きいカードです。まさに、AKBを応援するためのカードといえるでしょう。

特典は時期によって変わりますので、公式サイトをこまめにチェックしてカード会員の特典を見逃さないようにしましょう。(ほぼ毎月カード会員限定の特典が更新されているので、ファンには必須のカードと言えます)

Barbie カード

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
総利用枠ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
国際ブランドVISA、Master Card
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
特徴海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」利用可。カード会員補償制度有。ピンクリボンデザイン限定で乳がん検診クーポン。毎月2,000円以上の利用で自動でバービーグッズの抽選に応募。バービーの限定メルマガ配信。

カードの券面も、バービーファンの心をくすぐるデザインが3種類+乳がんの撲滅を目指すピンクリボンデザインから選べます。

使うだけでバービーグッズのプレゼントに抽選で応募できるのもファンには嬉しいメリットですね。

そして、このBarbieカードは楽しいだけでなく頼もしい特典もついています。

海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」では、大きく分けて3つのサービスを提供しています。

旅行先の観光などの情報を教えてもらえるインフォメーションサービス、ホテルやレストランなどの予約を代行してもらえるトラベルサービス、そして現地でのパスポート紛失などのトラブルに対応してくれるエマージェンシーサービスがあります。

もちろん国内で出発前に観光情報などを相談することもできますよ。電話番号がそれぞれ違っているので注意してくださいね。

出発前の相談や情報案内を希望の場合は以下の電話番号です。

LIFE DESK TOKYO 0120-147899 (24時間受付 年末年始休)

 

海外からのお問い合わせは、所在地によって連絡先が異なりますので、公式サイトを参考になさってくださいね。

海外での緊急のお問い合わせの場合は以下の番号になります。

LIFE DESK 緊急 (81)3-3431-1037 (24時間受付 日本語受付)

 

また、カード会員補償制度というのは紛失や盗難によって不正利用された場合、ライフカードに連絡した日から60日間さかのぼって不正利用された金額を補償してくれる制度です。

使った覚えのない請求が来たら・・と考えるととても怖いですよね。そんなときのサポートもついていますので、より安心が得られます。

ところで、もしあなたが学生さんなら学生専用Barbieカードという選択肢もあります。実は、これはデザインが可愛いだけではありません。

次のような学生専用ならではのメリットがあります。

  • 海外ショッピング5%キャッシュバック
    →海外でのショッピング利用額の5%が約3ヶ月後にキャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険付帯
    →障害死亡・後遺障害のとき最大2,000万円まで補償。ケガや病気の場合には最大200万円まで補償など。
  • 携帯料金支払いでAmazonギフトが毎月抽選で当たる
    →docomo/au/SoftBank/Y1mobileの支払いで10人に1人に500円のAmazonギフトが当たる
  • 学生専用お問い合わせ窓口

学生用カードの場合、基本的なカードのスペックは一般カードと変わりませんが、ショッピング利用枠が5万円~10万円に、キャッシング枠が0~10万円になります。

学生さんにはBarbieカードの特典に加えて学生ならではのサービスが受けられる学生専用Barbieカードが確実にお得です。ぜひ検討してみてくださいね。

LIFE CARD My Color

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
総利用枠ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
国際ブランドVISA
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
特徴券面がブラック。オンライン申込限定のカード。カード会員保障制度有。

LIFE CARD My Colorは、通常のライフカードとスペック的にはほとんど差がありません。しかし、国際ブランドがVISA限定になっていますので国際ブランドにこだわりがある場合には注意してくださいね。

オンライン申込限定のカードデザインです。

ライフカード Stella

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費初年度無料、2年目以降1,250円(税抜)
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
総利用枠ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
国際ブランドJCB
家族カード初年度無料、2年目以降400円(税抜)
ETCカード年会費無料
特徴海外ショッピング3%キャッシュバック。海外・国内旅行傷害保険付き。女性特有のがん検診クーポンがもらえる。カード会員保障制度有。

券面もピンク×黒を基調とした女性を意識したデザインですが、海外ショッピング3%キャッシュバックはなかなかお得なシステムですね。女性特有のがん検診のクーポン券ももらえます。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(旅行費用をカードで支払わなくても保険の対象となる)になっているのも見逃せません。

付帯している保険は以下の通りです。

  • 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高1,000万円※利用付帯)
  • シートベルト傷害保険(最大200万円)
  • カード会員保障制度

 

海外旅行の場合には自動付帯ですから、カード会員であれば旅行中の事故が以下のように補償されます。

補償内容補償金額(最高)
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

免責金額とは、その金額を負担することで保険が受けられるというものです。

海外旅行の場合には、色々な補償がカード会員であれば受けられるので、かなりメリットが大きいでしょう。

ただし、1回の海外旅行につき、保証の対象となる期間は3ヵ月となっているので注意してください。

ライフカードStellaには、国内旅行傷害保険もついています!

しかし、国内旅行傷害保険の場合には、ライフカードStellaで事前に旅行費用(飛行機や鉄道などの交通機関や、旅行会社のパック旅行の費用など)を支払っていなければ、保険の対象とはなりませんので注意が必要です。

ただ、事前にライフカードStellaで旅行費用を払っておけば、以下のような場合に最高で1,000万円補償されるので、有効に使いましょう。

  • 飛行機や電車、タクシーなどで移動中の事故
  • ホテルや旅館に宿泊中に火災や、爆発事故など
  • 旅行会社が主催するパック旅行に参加中の事故

いずれも、交通機関や宿泊施設、パック旅行の費用を事前に支払った場合のみ、保険の対象となります。

ライフカードStellaの、国内旅行傷害保険の詳しい内訳は以下の通りです。

 補償内容補償金額(最大)
傷害死亡1,000万円
傷害後遺傷害40~1,000万円

そして、あまり聞き慣れないシートベルト傷害保険というものもついています。

これは、車に乗っていて、シートベルトを着用している状態で事故にあった場合に最高で200万円補償されるというものです。

ただし、自分で運転していて、自分の方に重大な過失があった場合は補償の対象外となるので、主に、相手からぶつけられたなどの場合などが対象となります。

詳しい補償内容は以下の通りです。

補償内容補償金額(最高)
死亡200万円
重度後遺障害200万円

あまり想像したくない事態ですが、事故と言うのはいつ襲ってくるかわからないものですから、万が一の備えとして覚えておきましょう。

また、年会費は初年度無料ですが、次年度からは1,250円(税抜)がかかり、国際ブランドはJCBのみになっています。

しかし、国内・海外旅行傷害保険や、シートベルト傷害保険がついているので、他のカードよりも保険のカバーする範囲が広く、持っていると大変心強いカードですね。

ライフカード Stylish

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費無料
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
総利用枠ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
国際ブランドVISA・Master Card・JCB
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
特徴自動リボ専用カード。カード会員保障制度有。

基本的なスペックは通常のライフカードと同じで、もちろん年会費も永年無料になっています。

ライフカードStylishはリボ専用カードなので、「一回払い」とお会計の時に言っても自動でリボになります。

支払いの額をコントロールできる反面、リボ手数料には注意する必要があるでしょう。

しかし、支払いコース(月々の支払金額)は、最低で3,000円、最高で3万円まで変更可能なので、あまり手数料を払いたくないという方は、最高の3万円に設定しておいた方がいいですね。

また、リボ残高を早期返済したい場合は、ライフカードに電話をして指定の口座番号を教えてもらって入金することができます。

ライフカード(旅行傷害保険付き)

還元率0.5%、誕生月1.5%
年会費初年度無料,2年目以降1,250円(税抜)
入会条件日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
総利用枠ショッピング/10~200万円、キャッシング/0~200万円
国際ブランドVISA・Master Card・JCB
家族カード初年度無料,2年目移行400円(税抜)
ETCカード年会費無料
特徴通常ライフカードと同スペック+旅行傷害保険のついたタイプ。カード会員保障制度有。

通常のタイプのライフカードに旅行傷害保険がついているタイプです。

旅行傷害保険の内容としては、ライフカード Stellaと同様に、死亡・後遺障害で最大2,000万円、ケガや病気で最大200万円という内容です。

後ほど保険については詳しく説明していますが、年会費が安めのクレジットカードの中ではかなり充実した補償内容です。

ライフカード(旅行傷害保険付き)に付帯している保険は以下の通りです。

  • 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高1,000万円※利用付帯)
  • シートベルト傷害保険(最大200万円)
  • カード会員保障制度

 

海外旅行の場合には自動付帯ですから、カード会員であれば旅行中の事故が以下のように補償されます。

補償内容補償金額(最高)
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

免責金額とは、その金額を負担することで保険が受けられるというものです。また、1回の海外旅行につき、保険が適用される期間は3ヵ月となっています。

海外旅行の場合には、色々な補償がカード会員であれば受けられるので、通常のライフカードよりもかなりメリットが高いですね。

しかし、国内旅行傷害保険の場合には、ライフカードで事前に旅行費用(飛行機や鉄道などの交通機関や、旅行会社のパック旅行の費用など)を支払っていなければ、保険の対象とはなりませんので注意が必要です。

そして、事前にライフカードで旅行費用を払っておけば、以下のような場合に最高で1,000万円補償されるので、有効に使いましょう。

  • 飛行機や電車、タクシーなどで移動中の事故
  • ホテルや旅館に宿泊中に火災や、爆発事故など
  • 旅行会社が主催するパック旅行に参加中の事故

いずれも、交通機関や宿泊施設、パック旅行の費用を事前に支払った場合のみ、保険の対象となります。

国内旅行傷害保険の詳しい内訳は以下の通りです。

 補償内容補償金額(最大)
傷害死亡1,000万円
傷害後遺傷害40~1,000万円

そして、このカードにもシートベルト傷害保険がついています。

詳しい補償内容は以下の通りです。

補償内容補償金額(最高)
死亡200万円
重度後遺障害200万円

事故にあうのは突然なので、万が一の備えを持っておくに越したことはありませんよね。

このほかにライフカードには以下のような種類があります。

  • ライフカードゴールド(年会費10,000円のゴールドカード)
  • LiSA CARD
  • ソードアート・オンラインカード
  • petit milady CARD
  • 龍馬カード
  • SAVE THE GREAT APES カード
  • メイク・ア・ウィッシュカード
  • トッピングカード/トッピングEdyカード

 

デザインも機能も個性豊かなライフカード。保険などの機能はもちろんのこと、デザインにもこだわって愛着のある一枚を選ぶことができそうですね。

ライフカードのステージはスペシャルからプレミアムまで!

ライフカードには年間の利用額に応じたランクアップ特典があります。そのステージに応じて還元率がアップしていく仕組みです。

では、それぞれのステージになるための利用額と特典をご紹介します。

年間利用額特典
スペシャルステージ50万円以上ボーナスポイント300ポイント、次年度ポイント還元率1.5倍(0.75%)
ロイヤルステージ100万円以上次年度ポイント還元率1.8倍(0.9%)
プレミアムステージ200万円以上次年度ポイント還元率2倍(1%)

ステージを上げていくのにあたっての注意点としては、「電子マネーへのチャージはポイント対象外」という点です。

電子マネーをよく利用する方の場合、ランクアップのためにチャージを利用できるとかなり効率が良さそうですが、それは残念ながらできません。

通常のショッピングのみがステージのランクアップの対象となります。

使えば使うほどポイント還元率が上がっていくという仕組みがライフカードのステージ。誕生月だけの利用だけの場合少し厳しいかもしれませんが、ネットショッピングも利用している方の場合、まずはスペシャルステージを目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

国際ブランドはVISA・Master Card・JCB

ライフカードでは誰もが知っている国際ブランドである、VISA・Master Card・JCBの3つの国際ブランドから国際ブランドを選んでカードを作成することができます。(一部国際ブランドが固定されているカードを除いて)

日本国内で使う分には、どれを選んでも使用感に大きな差はありません。

ただし、電子マネーチャージや海外での使用、特典などで差が出てきますので、国際ブランドの使い分けについても解説します。

国際ブランドの使い分け方

日本国内では、3つの国際ブランドにそれほど差はないのですが、世界中(ネットショッピングも含まれます)どこでも使えるのはVISAですので、特にブランドにこだわりがなければVISAを選択すると間違いないでしょう。

海外の利用では、VISAが世界NO.1の決済力を誇っているのでおすすめですが、ヨーロッパの一部地域ではMaster Cardの方が決済力が高いという場合もあります。

特定の国への出張が多い場合などは、その国で一番普及している国際ブランドを選ぶようにすると間違いありません。

また、2枚目以降のカードとしてライフカードを持つのなら、持っていないカードブランドを選ぶようにすると、より使える場所が広がります。もしも、他のカードのブランドが使えない場所で大いに助かることでしょう。(VISAを持っていたら、MasterCardにするなど)

ちなみにau WALLETユーザーの方で、ライフカードからのチャージを希望する場合には国際ブランドはMaster Cardを選ぶようにしてくださいね。

もちろんポイントも付与されます。

au WALLETへのクレジットチャージをご利用いただいた場合は、
通常のショッピングご利用分と同一条件で
LIFEサンクスポイントを付与いたします。
(各種ボーナスポイント等の付与対象となります。)

引用元:ライフカード

au WALLETへはMasterCardブランドのクレジットカードからしかチャージすることができないため、もし、au WALLETへのチャージでポイントを貯めたいなら、MasterCardブランドを選びましょう。

その後、au WALLETを使って買い物をすると、WALLETポイントも貯まりポイントの2重取りができるのでお得になります。

また、ライフカードは最初に国際ブランドをMaster Card以外にしてしまった場合でも、後から変更することも可能です。国際ブランドを変更するには審査があります。

ウィーちゃんウィーちゃん

いろんなタイプのカードがあるんだニャ!

博士博士

デザインだけでなく、保険の有無などスペックにも差があるんじゃ。

ライフカードを持つメリットはこれだけある!

ライフカードを持つメリットは、やはり誕生月のポイント3倍と貯めたポイントが色々なポイントと交換できる便利さが一番ではないでしょうか。

それだけでライフカードを持つべき理由になってしまうぐらい、強力なメリットです。

年会費も無料のカードが多いので、誕生月に使うためのカードとして持っておいても絶対に損をすることのない優秀なカードといえます。

では、メリットを詳しくご紹介していきましょう。

誕生月なら還元率が1.5%!

ライフカードの最も大きなメリットは誕生月にポイント還元率が1.5%にまでアップすることです。

普段なら0.5%、初年度のポイントアップ期間でも0.75%と通常のポイントは正直なところ、他の高還元カードに見劣りしてしまう感が出てしまうかもしれませんが、冒頭でもお伝えした通り、ライフカードのポイントは1ポイントにつき約5円の価値があります。

他の高還元なカードでは、基本的に1ポイント1円の価値がほとんどですよね。ポイント数だけで考えると、ライフカードの還元率は決して高くはありませんが、1ポイントの価値で考えると5倍にもなるので、これは大きなメリットです。

更に、誕生月であればどこで買い物をしてもポイントが1.5%になります。

電子マネーEdyやnanacoへのチャージなどはポイント対象外

大きい買い物、旅行、引越しなど大きなお金が動くことは、すべて誕生月に集中させてしまってもよいくらいです。

どこで使っても(自社サービス以外)ポイント還元率が1%を超えるものといえば、リクルートカード、楽天カード、dカードなどがありますね。しかし、ライフカードの誕生月の1.5%にはどのカードも及びません。

ポイントの交換先はdポイント、楽天など!

ライフカードのポイントは交換先の豊富さが魅力です。

どんなに還元率の面で優秀でも、交換先に魅力がないとそのカードの価値自体も半減してしまいます。ライフカードはその点で、とても優秀といえるでしょう。

主な交換先とレートは以下の通りです。

交換先レート(ライフカード→交換先)
dポイント300ポイント→1,500ポイント
楽天スーパーポイント300ポイント→1,500ポイント
au WALLETポイント300ポイント→1,500ポイント
Gポイント300ポイント→1,200ポイント
ベルメゾン300ポイント→1,500ポイント
ANAマイレージクラブ300ポイント→750マイル

表のように、ライフカードのサンクスポイントは、1ポイントあたりおよそ5円(一部例外あり)の価値で交換できます。

楽天・dポイント・au WALLETなどかなり使いやすいポイントに交換できるので、使い道に困ることはほぼないでしょう。

Gポイントというポイントを初めて見かけたという方のために少し解説しておきます。

Gポイントは、ポイントサイトのひとつ。しかし、ユーザーのほとんどの方は「ポイント交換サイト」として使っているのではないかというほどポイントの交換先が豊富なポイントサイトです。

交換したいポイントから、直接交換できないポイントもGポイントを通すことで交換できるようになったりします。もし、上のリストで直接交換したいポイントがなかったら一度Gポイントに交換するのもよいでしょう。

ポイントはギフトカードへの交換もOK!

ライフカードのポイントは、他社のポイントに交換できるほかギフトカードにも交換ができます。

ギフトカードは現金同様に使えますから、こちらも使い道に困りません。交換できるギフトカードの種類とレートは以下の通りです。もしかすると、一番生活に直接役立てやすい交換先といえるかもしれません。

 交換先レート(ライフカード→交換先)
Vプリカ(ネット専用Visaプリカ)600ポイント→3,000円分
こども商品券1,000ポイント→5,000円分
Amazonギフト券1,000ポイント→5,000円分
JCBギフトカード1,000ポイント→5,000円分
図書カードNEXT1,000ポイント→5,000円分
QUOカード1,000ポイント→5,000円分
JTB旅行券1,000ポイント→5,000円分
三光マーケティングフーズお食事券1,000ポイント→7,000円分
全国共通すし券1,000ポイント→5,000円分
AOYAMAギフトカードセット600ポイント→6,000円分
「カラダファクトリー」ギフトチケット1,000ポイント→40分/1,600ポイント→60分

表のように、ギフトカードのラインナップもとても充実していますね。

およそ1ポイント→5~10円の価値のギフトカードと交換が可能です。

これだけ1ポイントに対する価値が高いサンクスポイントは非常に貴重です。

一番レート的にお得な「AOYAMAギフトカードセット」ですが、これは洋服の青山で使えるギフト券になります。THE SUIT COMPANYでも使えますよ!

「ところで、Vプリカって何?」という方のために、Vプリカについて簡単に解説します。

Vプリカはネットだけで使えるVISAブランドのプリペイドカードです。つまり、VISAに対応しているネットショップの場合どこでも使えます。

使い方はクレジットカードと同じように氏名・カード番号・セキュリティコード・有効期限などの必要な情報を入力すればOK。クレジットカードを使ったことがある方なら問題なくできるでしょう。

アップルペイももちろん対応!

ライフカードはアップルペイに対応しています。

アップルペイに対応しているクレジットカードを持つメリットとはどんなものなのでしょうか?

  • iPhoneにクレジットカードを登録することで、おサイフケータイのように使える
  • ライフカードを登録することでカード本体を持ち歩かなくてもOKになる
  • 最大8枚のカードを登録・切り替えできるから、店によってのカードの使い分けが簡単
  • 決済の時に指紋認証が必要だから、セキュリティも安心

 

ライフカードをiPhoneのアップルペイに登録すると上記のようなメリットがあります。身軽に行動したい人の強い味方になってくれそうですね。iPhone7以降の機種がアップルペイに対応しています。

端数のポイントが無駄にならない

ライフカードのポイントプログラムのメリットとしては、端数のポイントが無駄にならないことも挙げられます。

ライフカードのポイントプログラムでは1,000円につき1ポイント(=5円相当の価値)なのですが、明細を確認するとポイントが小数点1ケタ単位まで記載されています。つまり、1,100円の時にも100円の部分のポイントを切り捨てられないということですね。

こういった細かい所はかなり大きな部分なので、少額のお買い物を何回もした時などには、端数が切り捨てられないということが大きなメリットになってきます。

カード会員補償制度でトラブルにも対応!

もしも、クレジットカードを落としてしまって盗まれたら・・・。なんて想像したことはありますか?

今までクレジットカードを使っている方ならわかるかもしれませんが、サインレスで簡単に決済できるお店もたくさんありますよね。つまり、悪意ある人に盗まれてしまったら不正利用されてしまうリスクがあるのです。

それに対応しているのが「カード会員補償制度」。すべてのライフカードについている補償です。

届け出から60日前までさかのぼり、不正使用で使われてしまった分の損害をライフカードが補償してくれるシステムになっています。こんなことがないのが一番ですが、あるとないとでは安心感が全く違うといってよいでしょう。

L-MALLを利用時の還元率

L-MALLはライフカード会員限定のサイトですが、ライフカードを持っているなら絶対に使うべきサービスです。

L-MALLを通して様々なネットショップでお買い物をするわけですが、「L-MALLを経由するだけで」ポイントの還元率が大幅にアップしてしまいます。

楽天市場、Yahoo! ショッピングなどのメジャーなモールも利用できるのが嬉しいポイントです。どれくらい還元率がアップするのでしょうか?有名なモール・サイトなどをチェックしてみましょう。

店舗
ポイント3倍イトーヨーカドーネットスーパー、ヤマダモール、ソフマップドットコム、ビックカメラ.com、楽天ブックス、トイザらス、セシールオンラインショップ、ニッセンオンライン、ベルーナ、じゃらんnet、iTunes Store など
ポイント2倍Yahoo! ショッピング、楽天市場、Joshinネットショッピング、ZOZOTOWN、ベルメゾンネット、ディノスオンラインショップ、楽天トラベル など

L-MALLにはメジャーな通販サイトから専門店まで2倍~25倍までのポイントアップが得られるサイトが多数登録されています。

上記の表では利用する人の多そうな有名な店舗を紹介しましたが、期間限定でさらにポイントアップしているところもあるのです!

いつも使っている楽天やYAHOO!などの有名なショッピングモールでも、ライフカードの通常の還元率0.5%のところが1.0~1.5%でお買い物できるので、ネットショッピングなら誕生月の利用にとどまらず、お得に使いこなすことができます。

海外でのショッピングがお得になるカードも!

ライフカードでは、様々なカードの種類を展開しています。海外のショッピングでのキャッシュバックでお得になるカードは以下の2枚です。

  • 学生専用ライフカード
  • ライフカード Stella

 

学生専用ライフカードは25歳までの学生限定という縛りがあるものの、海外ショッピングの5%がキャッシュバックされる驚きのシステムです。しかも、海外旅行傷害保険もしっかりと付帯されています。これで年会費がかからないなんて耳寄りな話ですよね!

ライフカード Stellaは、主に女性をメインターゲットとした海外ショッピング3%キャッシュバックと旅行傷害保険が付帯されたカードです。2年目からは年会費がかかってしまうのがネックですが、それでも海外旅行が趣味という方にはメリットが大きいカードといえるでしょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

ネットショッピングならL-MALLを使うのがポイントだね!

博士博士

L-MALLを使うのがライフカードのネットショッピングの醍醐味じゃ。

ライフカードの残念なデメリット

誕生月の還元率が他のカードと比較しても群を抜いて優秀なライフカード。でも、残念なことにデメリットのないカードはありません。

ライフカードの場合のデメリットは、やはり通常時の還元率が0.5%と低いこと。そして、ETCカードを利用した時にショッピングのようにポイントはつきません。

ライフカードのメリットを生かし、デメリットを克服するためには他のカードとの使い分けがポイントになってくるでしょう。

通常の還元率が0.5%と低い印象になってしまう

ライフカードの通常の還元率は0.5%。これはクレジットカードを比較したことのある方なら、正直なところあまり魅力を感じない数字といえるでしょう。

しかし、何度もお伝えしているように還元率が0.5%でも、1ポイントに対する価値は一般的なカードのポイントよりも5倍価値があるのです。

ただ、還元率が0.5%という文字だけを見ると決して高くないという印象だけが先行しています。ポイントの価値で還元率を考えると、実質2.5%の価値があるのです。

こう考えると、ライフカードは年会費無料のカードの中では圧倒的なポイント還元率のカードと言えますよね。意外と伝わっていませんが、これがライフカードの本来の実力なのです。

誕生月専用カード&ネット用と割り切ることで解決!

ライフカードは通常のタイプであれば、年会費がかかりません。もちろん次年度も条件なしで年会費が無料になっています。

つまり、一年を通して「いくら以上使わないと損をする」という縛りがないということです。

一年のうちでもっともお得にライフカードが1.5%還元で使える誕生月にだけ、しっかり利用するのが一番お得になるということです。誕生月の還元率でいえば、ライフカードに太刀打ちできるカードはなかなかありません。

さらに、会員専用サイトであるL-MALL経由でネットショッピングをすればいつものお買い物がポイント2倍~25倍など大幅な還元率アップを見込めます。

そういう理由でネットショッピング用のカードとしての役割で、ライフカードを利用するのも非常にお得な方法といえるでしょう。

通所のライフカード、学生専用ライフカードなど年会費がかからないタイプであれば、サブカードとしてライフカードを所持することにより損をするリスクがないのも嬉しいですね。

年会費がかかるカードもある

ライフカードというと年会費が無料、というイメージが強いかもしれません。でも、実は年会費がかかるカードあるということはご存知ですか?

しかし、その分保険が充実していたり、海外ショッピングに強かったりと使い方によっては年会費分の価値があります。

また限定グッズなど付加価値のあるカードもあるので、年会費だけではない価値を感じる方にはオススメです。

年会費がかかる代表的なカードは以下になります。

  • ライフカード Stella
    →初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)
  • AKB48 CARD
    →初年度無料、2年目以降1,480円/年(税抜)
  • 旅行傷害保険付きライフカード
    →初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)
  • トッピングカード
    →1,250円/年(税抜)
  • トッピングEdyカード
    →1,250円/年(税抜)
  • 龍馬カード
    →初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)
    ただし年1回カード利用で次年度無料。
  • LiSA CARD
    →初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)
    ただし年1回カード利用で次年度無料。
  • ソードアート・オンラインカード
    初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)
    ただし年1回カード利用で次年度無料。
  • petit milady CARD
    初年度無料、2年目以降1,250円/年(税抜)
  • ライフカードゴールド
    →年会費10,000円(税抜)

 

AKB48 CARDは、AKB48ファンのためのサービスが充実している分、付帯保険などはありません。しかし、毎月抽選でAKB劇場公演のチケットが当たったり、カード会員だけの抽選会に参加できたりと、ファンにとってのメリットが大きくなっています。

その他の年会費がかかるライフカードは、すべて旅行傷害保険付きです。ライフカード Stellaなら海外ショッピングが3%もお得になったりと、特典も大きいですね。

ライフカードゴールドは、年会費が10,000円と高額ですが、ゴールドカードならではの、空港ラウンジが利用できるなどの特別な特典や旅行傷害保険も充実しています。

使い方に合わせたカード選びを!

これらの年会費が発生するカードでは、旅行傷害保険が付帯されていたりなどの特典があります。

特にライフカード Stellaの場合は、海外ショッピングで3%分キャッシュバックされるなどのサービスもあります。

また、2年目以降も年に1回カードを使うだけで年会費が無料になる「実質無料」のカードもありますので、ご自身の使い方や目的、またはカードのデザインや特典へのこだわりなど総合的に判断してみてくださいね。

ETCでポイントがつかない

よく高速道路、有料道路を利用する方の必須アイテムであるETCカード。現金払いよりもETCの方がスムーズに走行することができるので非常に便利です。

さらに、各道路での割引サービスもあるので非常にお得になります。

しかし、ライフカードの場合は残念なことにETCカードを利用しても、ライフカードのサンクスポイントは全く付与されません。

ETC用のカードと使い分けることで解決!

ライフカードにETCカードを付帯させることは、ポイントが全く還元されないのでお得とはいえないですね。そこでオススメしたいのが、ETCに関しては別のカードを使うということです。

ライフカードは誕生月にポイントをまとめて還元させるという利用目的で使い、ETC利用でポイントのつく年会費無料のクレジットカードを持つのがオススメの方法になります。

ETCカード利用が主な目的のカードとしては、以下が使いやすいカードです。発行手数料と年会費ともに無料になっています。

  • REXカード(旧レックスカードライトから名称変更・スペックは同じ)
    →還元率1.25%
  • リクルートカード(JCB)
    →還元率1.2%
  • Orico Card THE POINT
    →還元率1%

 

このように、ETCカードは別のクレジットカードに任せてしまいましょう。そうすれば、それぞれのメリットを生かした使い方ができます。

ポイントの繰り越しは2年目以降は手続きが必要

ライフカードのポイント有効期限は5年と長いのが特徴。というものの、ポイントを2年目以降に繰り越しするには自分での手続きが必要です。

手続きをしないでいるとポイントが失効してしまう場合もあり、繰り越しの手間が必要なのがデメリットともいえますね。

しかし、手続きはネットと電話で簡単にできるのでご安心くださいね。

ネットの場合は「LIFE-Web Desk」を使います。

  1. LIFE-Web Deskログイン※「サンクスポイントの照会・特典交換」より、プログラム期間、失効予定ポイントなどをご確認いただけます。
  2. カードを選択
  3. 「特典を選ぶ」画面で「ポイント繰越コース」を選択
  4. 繰越手続きを「特典ポイント:0 point」「数量:1」で「カゴに入れる」を選択
  5. 「注意事項に了承して特典交換をする」ボタンをクリック
  6. 確認画面で内容を確認し「確定する」ボタンをクリック
  7. 申込み完了
    引用元:ライフカード

電話の場合は以下の電話番号に連絡しましょう。自動音声で手続きができます。

  1. *を2回入力
  2. サービス番号42#入力(交換商品)
  3. カード番号(16桁)#・暗証番号入力(4桁)#
  4. 商品コード(特典№901)入力
  5. 希望数量入力(1口)
  6. 確認
  7. 申込み完了
    引用元:ライフカード

せっかくライフカードで貯めたポイントを無駄にしないためには、ちょっと面倒かもしれませんがこの繰り越し手続きを行ってくださいね。

海外旅行障害保険が付帯しない

通常のライフカードには海外旅行保険が付帯されていません。しかし、ライフカードには種類が豊富にありますから、海外旅行保険が充実したタイプのものもあります。

もちろん海外旅行に行く機会がほとんどないという場合には、気にしなくて大丈夫です。

一方で、海外旅行時にもしものケガや病気をしてしまうと、日本国内のように健康保険が効かずに、さらに通貨によってはかなりの額の出費になってしまいます。(数日間入院しただけで、何百万円単位の出費もあり得ます。)

ですから、海外旅行に行く可能性が高い・出張の予定があるという方はライフカードの中でも海外旅行傷害保険の付帯するタイプのものを選ぶ必要があるでしょう。

海外旅行障害保険付きのライフカードもある!

ライフカードの中で、海外旅行傷害保険のついているものは以下の通りです。

  • 旅行傷害保険付きライフカード
  • 学生専用ライフカード
  • トッピングカード
  • トッピングEdyカード
  • 龍馬カード
  • ライフカード Stella
  • LiSA CARD
  • ソードアート・オンラインカード
  • petit milady CARD

 

補償内容は下の表のようになっています。

補償内容最高補償額
障害死亡・後遺障害2,000万円
障害・疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
個人賠償責任保険免責金額なし、2,000万円補償
携行品損害免責金額3,000円、20万円補償

万が一の時、ケガや病気の時はもちろんのこと、家族が駆けつけるのに必要なお金も補償されます。

また、自分がものを壊してしまったり、人にケガを負わせてしまった場合、盗難の被害に合った場合の補償も付帯されているので安心ですね。

このほか年会費が税抜10,000円ですが、ライフカードゴールドも海外旅行傷害保険が付帯されています。補償内容は以下の通りです。

補償内容最高補償額(カッコ内は家族)
障害死亡・後遺障害1億円(1,000万円)
障害・疾病治療費用300万円(150万円)
救援者費用300万円(100万円)
個人賠償責任保険免責金額なし、1億円(5,000万円)
携行品損害免責金額3,000円、40万円(20万円)

ライフカードゴールドは、家族カードをもっていない配偶者や同居しているご家族も補償されるので非常にお得です。

通常のライフカードに比べて年会費はかかりますが、かなりの補償内容となっています。

ライフカードを使いたいけれど、海外旅行傷害保険がないのが気になるという場合には、補償のついているタイプのライフカードに申し込むようにしましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

ライフカードの還元率ってそう考えるとすごく魅力的だよね!

博士博士

還元率の数字よりも、そのポイントの価値を知ることが大事なんじゃよ。

ライフカードを持つべきおすすめの人!

ライフカードは、やはり誕生月の高還元率が魅力です。むしろ、そのために持つという選択肢もアリだと言ってもいいくらいです。

通常のタイプなら年会費もかからず、ポイントの有効期限も最長5年と長いので、誕生月にポイントを貯めるためだけに持っていても損をしないからです。

では、詳しくライフカードを持つべき人について分析していきましょう。

 

ポイントを焦って使いたくない人

ライフカードのポイント有効期限は最長5年間と、一般的に1年間の有効期限が多い他のクレジットカードのポイントの中では、非常に長い部類に入ります。

ポイントは貯めることももちろん大切ですが、必要なタイミングで最も必要なものに使ってこそ意味がありますよね。

ライフカードは、ポイントの有効期限も非常に長いので、カード会員はゆっくりとポイントを貯めて使うことができます。

最低交換ポイント数になったらすぐに交換するもよし、たくさん貯めてから交換するもよし。ライフカードは、好きなタイミングでじっくりポイントを利用したいという方に向いているカードです。

ネットショッピングをよく利用する人

ライフカードの還元率があまり高くないと思ってしまった方も、ネットショッピングでL-MALLを利用するようにすると考えが変わってしまうかもしれません。

L-MALLは有名なな通販サイト(楽天市場、Yahoo! ショッピングなど)はもちろん、専門店の通販サイトまで扱っているライフカード会員向けのポイントモールです。

L-MALL経由でお買い物をするだけで、ポイントが2倍以上は確実です。そうなると、常時1%還元のクレジットカードに肩を並べることができます。

ポイント還元率が確実に1%を超えるようになりますので、ネットショッピングをしばしば利用するようならライフカードをネットショッピング用のサブカードとして持つという選択肢もオススメです。

海外旅行・留学予定のある学生さん

海外旅行や留学予定のある学生さんには、ライフカードを強くおすすめしたい理由があります。

それは、海外ショッピングをすると5%キャッシュバックされるという学生専用ライフカードがあるからです。

海外では、生活費を含めてクレジット決済をするシーンが非常に多くなると予想されます。そうなると、その決済分すべてが5%割引になるというのは見逃せないですよね。

海外で気になる国際ブランドもVISA、Master Card、JCBの3つのブランドから選べます。

旅行・留学などの予定があるのでクレジットカードをはじめて作りたいという場合には、海外なら基本VISAがおすすめですが、MasterCardはヨーロッパで強いので、渡航先に合わせてブランドを選ぶようにしてくださいね。

まとめ

ライフカードの特徴からメリット・デメリットまで解説してきましたが、ライフカードはあなたにとって魅力的なカードでしたか?

誕生月がポイント3倍になったり、L-MALLを経由してお買い物をすることでポイントが2倍以上になるなど、使い方とタイミングで基本の還元率が0.5%ということを忘れてしまうようなカードでしたね。

また、年会費がかかるものの保険が充実しているタイプもあり、券面も実に色々です。

様々なタイプのカードがあることもライフカードの魅力の一つ。

誕生月用に、またネットショッピング専用のカードとして。ライフカードが一枚あることでもっとクレジットカードライフが充実していくこと間違いなしですよ!

スポンサーリンク