ポイントカード作ろっと♪ ライフ ポイントカード

ウィーちゃんウィーちゃん

スーパーのライフによく行くから、ポイントカードを作ろうと思うんだけど、そんなにお得なのかニャ?

博士博士

ライフは、キャンペーン等で意外にも多くのポイントが貯まるようになっているんじゃよ。

首都圏や近畿圏を中心に展開し、リアル店舗のみならず、ネットショップやネットスーパーまで手がけているスーパーのライフ。

利用したことのある方も多いことでしょう。さて、そんなスーパーのライフですが、店舗専用のポイントカード・電子マネーがあることはご存知でしょうか?

今回は、スーパーライフのポイントカード・電子マネーの作り方や、お得なキャンペーンについて紹介していきましょう!

スポンサーリンク

スーパーライフのポイントカードの作り方

ライフ ポイントカード LaCuCa

もしかしたらそもそも、ポイントカードの存在を知らずに買い物を済ませている方もいるかもしれません。

でも、そんなのもったいない。せっかくスーパーを利用しているのですから、特典はしっかりともらっておきましょう。

ここではまず、スーパーライフのポイントカードの作り方を解説したいと思います。何のことはありません。作成方法はとってもシンプルですよ。

LaCuCaの発行方法

LaCuCaは電子マネー機能付きのライフ専用ポイントカードの名称です。

ウィーちゃんウィーちゃん

ポイントカードじゃなくて、電子マネーだけの発行なんだね。

ポイントが貯まる上、電子マネーとして使えるとなると便宜性の高さを感じます。

入会するためには、最寄りのライフのサービスカウンターを訪れてください。面倒な手続きもなく、即時発行することができますよ。ちなみに入会に関する基本情報は以下の通りです。

  • 発行手数料:無料(2018年3月31日までの期間限定特典)
  • 年会費:無料
  • 入会資格:16歳以上
  • 利用可能店舗:ライフ各店・セントラルスクエア各店・ビオラル靭店

再発行の場合は手数料が100円(税込)必要になります

16歳以上であれば誰でも即時発行できるのがありがたいですね。

ちなみに発行手数料無料期間については、これまでにも何度か延長されている経緯があるようですが、いつ終了してしまうかわからないので、ぜひこの無料期間を利用して、発行しておきましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

電子マネーが無料で発行できる、今がチャンスだね!

LaCuCaへのチャージの仕方と得られるポイント

それでは次に、LaCuCaへのチャージについて説明したいと思います。チャージに関する基本情報は以下の通りです。

  • チャージ単位:1,000円(取り扱いは紙幣のみ。お釣りは出ません)
  • 最大チャージ額:45,000円まで
  • 残高の有効期限:最後に利用(LaCuCaでの支払いかもしくはチャージ)した日を起算として5年間
  • チャージが可能な場所:店頭におけるレジか専用チャージ機

 

LaCuCaはチャージせず、単にポイントカードとしてのみ利用することも可能ですが、電子マネーとして利用することで、ポイントの2重取りが可能となっています。LaCuCaにおけるポイント付与の仕様は以下の通り。

  • LaCuCaを提示することによって得られるポイント→税抜200円につき1ポイント
  • LaCuCa(電子マネー)で支払いをすることによって得られるポイント→税抜300円につき1ポイント

 

前者の還元率は0.5%。後者の還元率は0.3%です。後者の還元率は厳密にいえば0.33333….%と割り切れませんが、便宜上0.3%とします。

たとえば、わかりやすいように節約上手な方が週に1度、1週間分の買い物をまとめてライフでするとしましょう。使う金額は10,000円です。

単にLaCuCaを提示して現金で支払う場合に得られるポイントは、10,000円×0.5%で50ポイント。月単位(4回の買い物)で考えれば200ポイント。1年なら2,400ポイントです。0.5%といえど、年単位でみればやはり、なかなか貯まります。

一方、電子マネーのLaCuCaとして支払った場合に得られるポイントは、(10,000×0.5%)+(10,000×0.3)で80ポイントとなります。

80ポイントの内訳は50ポイント(LaCuCa提示分の0.5%)と30ポイント(LaCuCa決済分の0.3%)です。月単位(4回の買い物)で考えれば320ポイント。1年なら3,840ポイントですね。3,840ポイントもあれば、スーパーでも色々と買い物ができますよね。

博士博士

スーパーの買物は必ず行うのであれば、少しでも高い還元を求めるべきじゃよ。

計算があまり得意でない方は少々こんがらがってしまうかもしれませんが、イメージとしては、LaCuCa(電子マネー)で支払うことで約1.6倍ほどのポイントが得られると思ってください。

ウィーちゃんウィーちゃん

電子マネーはレジでもスムーズだし、チャージも簡単だからLaCuCaで支払った方がお得って事だよね♪

なお、ライフで得られるポイントの有効期限ですが、買い物月から起算して最大13ヶ月となります。13ヶ月を超えてポイントを積み立てていくことはできないので、せっかく貯めたポイントを失効させてしまわないよう、効率よく使っていきましょう。

1ポイント1円として、ライフにおける支払いで利用できますよ。

残高やポイントはこうやって確認しよう

LaCuCaの残高や、付与されたポイントはどのように確認するのでしょうか?まず、LaCuCaの残高の確認方法は以下の通りです。

スポンサーリンク
  • LaCuCa(電子マネー)で支払った際にもらえるレシートで確認する
  • 店頭に設置されている専用チャージ機で確認する
  • LaCuCa電子マネーのWEBサイト上で確認する(ログイン情報として、LaCuCaカード裏面に記載されているカード番号とPINコードが必要)
  • LaCuCaカード裏面に記載されている問い合わせ先に電話して確認する

 

普段からLaCuCaで支払いを済ませている方であれば、その都度レシートを受け取ることができるので残高の減り具合は常に把握できますね。

次に、付与されたポイントについてですが、こちらもレシートに印字されて出てきます。残高やポイントを知りたい方は、レシートをもらうのを忘れないようにしましょう。

ライフでポイントを貯めるならクレジットカードもお得

ライフ ポイントカード 電子マネー クレジットカード LC JCBカード

ポイントカードで貯めるのもいいけど、クレジットカードならもっとスピーディにポイントが貯まるのでは?

と疑問に思う方もいるかもしれません。確かにその通りで、ライフが発行しているLC JCBカードを利用すれば、ポイント獲得効率は上がります。

ウィーちゃんウィーちゃん

ライフはクレジットカードも発行しているんだね。

でも、わざわざ発行するのほど価値があるのかニャ?

博士博士

ライフを普段利用しているなら、大いに発行する価値があると言えるカードと言えるじゃろう。

具体的にはどのくらいのポイントが還元されるのでしょうか?ここではLC JCBについて、LaCuCaとの違いを比較しながら、紹介していきたいと思います。

LC JCBなら還元率は1%になる

LC JCBはその名の通り、ライフが発行するJCBブランド付帯のクレジットカードです。

還元率1%(カード提示のみ0.5%)
年会費年会費無料
入会条件18歳以上※高校生除く
国際ブランドJCB

発行手数料・年会費ともに無料で、家族カードやETCカードも無料で持つことができます。発行・所持する上で維持費は一切かからないのが嬉しいですね。

気になる還元率は以下の通り。ポイントカードとしての機能もついているのが特徴で、ポイントカード提示分と、クレジット払い分の2重取りができるスタイルです。

  • LC JCB提示分として0.5%(税抜200円につき1ポイント)
  • LC JCB決済分として0.5%(税抜200円につき1ポイント)

 

両者を合計して1%です。それでは週に1度、LC JCBで10,000円の買い物をするとすれば、どのくらいのポイントが貯まるのか、わかりやすく計算してみましょう!

10,000×1%で100ポイント。月で換算すると(4回の買い物)400ポイント。年単位であれば4,800ポイントが積み上がりますね。このポイントで何を買おうかワクワクしてきます。

…とここで終わりだと思ったら大間違い。何を隠そう実は、LC JCBには見逃し厳禁の大きな特典があるのです。

ウィーちゃんウィーちゃん

早く教えて!!!

と鋭いツッコミを受けたので、詳細を記載していきましょう。

毎月7のつく日(7日・17日・27日)にLC JCBを使ってライフで買い物をすれば、なんと通常の還元率に加え、5倍のポイントを受け取ることができるのです。

ライフ ポイントカード 7のつく日

ウィーちゃんウィーちゃん

5倍のポイント還元!?!?

LC JCBカード会員限定なら、絶対参加したいキャンペーンだニャ。。

早速、先ほどと同じ例で獲得できるポイントを計算していきます。10,000円の買い物を7のつく日にした時の計算式は以下の通りです。

  • 10,000円×1%=100ポイント(LC JCB提示分の0.5%とLC JCB決済分の0.5%)
  • 10,000円×5%=500ポイント(7がつく日の特典)

 

合計すると600ポイントになり、毎回7のつく日に買い物を集約することができれば、600ポイント×3回(7日・17日・27日)で合計獲得ポイントは1,800ポイント。

ちなみにこの計算だと、1ヶ月間で使う金額は30,000円となるため、前述の例(10,000円×4回の買い物)と単純に比較することはできません。同条件(40,000円の決済)で比較するとすれば、獲得できるポイントはもっと積み上がります。

仮に40,000円を7日・17日・27日の3回で使うとすれば、獲得できるポイントは単純計算で40,000円×6%=2,400ポイント。年間で算出すれば28,800ポイントです。

ちなみに私は一人暮らしですが、もし28,800ポイントもあれば1ヶ月半ほどスーパーでお金を出さなくても済みそうです。

これだけポイントをもらえるのはすでに承知済み。近所にあるライフに本気で7のつく日に通い詰めようかイメージしてしまっている自分がいます。

もちろん、毎回常に7のつく日に買い物を一点集中させるのは困難かもしれませんが、「調味料をまとめて購入する日は7のつく日」等を意識することによって、手元に残るポイントは全く異なってきます。

ポイントと言いますが、実質お金そのものです。1ポイント1円の価値として、ライフで使えるのですから。

購入するタイミングを変えるだけで節約効果が大きく上がるのであれば、こんなに嬉しいことはないですよね。

LC JCBは海外お買い物保険が付帯

海外のJCB加盟店において、LC JCBで決済したお買い物については、海外お買い物保険が付帯します。

1回の事故につき、1万円の自己負担が発生しますが、購入日から起算して90日間、年間最大で50万円まで補償されます。

海外で大きな買い物をする際には、クレジットカードでの決済を忘れないようにしたいですね。

まとめ

普段何気なくしているスーパーでの買い物ですが、月額でみると結構な金額を使っているものです。ぜひこれを無駄にしないよう、還元率の高い方法でポイントを受け取り、節約効果を高めていってください。

クレジットカードの発行に抵抗がない方であればやはりLC JCBが断トツでオススメ。7のつく日に買い物ができればパーフェクトですね。

クレジットカードを使いたくない、あるいはクレジットカードの審査に通らないといった方であれば、LaCuCaによる電子マネー決済が良いでしょう。

チャージされている分しか決済できないため、クレジットカードのように使いすぎてしまう心配もありませんし、お金の管理もしやすいですよ。

スポンサーリンク