ローソンでWAONを使うと良い事があるぞ!

ウィーちゃんウィーちゃん

ローソンでもWAONって利用できるの?

博士博士

ローソンでWAONを利用することは可能じゃよ。

せっかく利用するなら、お得に利用する方法を紹介しよう。

イオン系列でお馴染みの電子マネーであるWAONですが、コンビニのローソンにおいても活用できることはご存知でしょうか?

もちろん、利用できるということはポイントを貯めることも可能です。WAONを持っていて、ローソンを普段使いしている方は積極的にWAONを活用していきたいですね。

今回は、ローソンやWAONをお得に活用する方法について徹底解説していきますよ。

スポンサーリンク

ローソンでもWAONが利用可能!

WAON

株式会社ローソンは利便性の向上を図り、2015年12月15日から全国のローソンでWAONの導入をスタートさせました。

通常のローソンの他、ナチュラルローソンやローソンストア100などの店舗も対応となっています。

コンビニは何かとお世話になる場所の一つなので、こうした場面でちょくちょくポイントを積み重ねていけるのは嬉しいですね。

200円につき1ポイントで還元率は0.5%

ローソンにおいて貯めることのできるWAONポイントですが、200円につき1ポイントとなり、0.5%の還元率です。

決して大きなポイントとは言えないものの、やはり日常的に利用するコンビニにおいて獲得できるポイントと考えれば、侮ることはできません。

毎回の買い物でWAONをきっちり貯めていけば、気づいた頃には「お!」と嬉しい悲鳴を上げることができるかもしれませんよ。

使って貯めるだけではない。ローソンでチャージも可能

ローソンの何が便利かと言えば、WAONを使ったり貯めたりできるだけでなく、チャージにも対応しているということです。うっかり残高を切らしてしまっている場合でも、その場でWAONへチャージして利用することができますね。

WAONのチャージは、『WAONにコンビニで現金をチャージする方法とは?ポイントの有効期限は?』の記事でも紹介しているように、ローソンのレジで行うことができます。

店員さんに、WAONチャージをしたい旨を伝えましょう。ちなみに、チャージできる金額は以下の通りです。

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

 

一度にチャージできるのは最大で10,000円までなので、10,000円を超えてチャージしたい場合は、レジで複数回チャージの手続きをすればオッケー。「ワォン!」とハッピーワオンの鳴き声がローソン内に響けば、思わずほころんでしまいます。

ウィーちゃんウィーちゃん

WAONはイオン系列だけじゃなくて、ローソンでも使えるようになっているのは嬉しいよね!

ローソンでWAON支払い・Pontaカードor dポイントカード提示で2重取り!

WAONを使ってローソンでポイントの2重取りをせよ!

「ワォン!」というハッピーワオンの鳴き声を聞くだけで満足していてはいけません。

鋭い方なら既にお気づきかもしれませんが、ローソンではWAONで支払いをしつつ、他のポイントカードを提示することで、ポイントの2重取りが可能なのです。

ウィーちゃんウィーちゃん

Pontaカードとの併用ってOKだったんだ!!!

博士博士

せっかくもらえるポイントをみすみす逃している事になるから今後は出すべきじゃよ。

対象となるのは、Pontaカードかもしくはdポイントカード。ローソンをよく利用している方で、まだこれらのポイントカードを発行していない方はもったいないです。どちらも簡単に作成することができますよ。

Pontaカードの提示でポイント2重取り

Pontaカード

ローソンといえばPontaを思い浮かべる方も多いかもしれません。ポイントカードを提示するだけでポイントを獲得できるのは嬉しいですね。

WAONは200円につき1ポイントで還元率0.5%ですが、Pontaポイントの場合、100円ごとに1ポイントがもらえるので還元率は1%。仮にローソンで1,000円の買い物をしたとすればどうでしょうか。

  • 1,000円×0.5%=5WAONポイント
  • 1,000円×1%=10Pontaポイント

 

「ワォン!」の鳴き声だけで満足する場合と比べれば、ポイント獲得スピードは3倍速です。これを活用しない手はありませんね。

dポイントカードの提示でポイント2重取り

dポイントカード

dポイントカードはドコモユーザーであれば既に活用している方も多いことでしょう。

dポイントカードを提示することによっても、100円ごとに1ポイントを獲得することができます。ローソンで1,000円のお買い物をした場合は、以下の通りそれぞれのポイントが付与される計算となります。

  • 1,000円×0.5%=5WAONポイント
  • 1,000円×1%=10dポイント

 

Pontaポイントと同じ還元率ですね。こちらもWAON単体の時と比較すると3倍速です。dポイントユーザーはここを逃さないようにしましょう。

ちなみに、クレジットカードであるdカードをローソンで利用すれば、毎回5%お得に利用することもできます。

ローソンやマクドナルドで一番お得に利用できるクレジットカードはdカードなので、頻繁にローソンを利用する方は、持っておきたい1枚です。

WAONのチャージはイオンカードセレクトがおすすめ!

イオンカード

さて、WAON+Pontaポイント or dポイントの2重取りで満足してはいませんでしょうか?

え、まだ何かあるんですか?

そんな声が聞こえてきそうですが、実はまだお得な情報は続くんです。Pontaポイントやdポイントと比較するとどうしても見劣りしてしまうWAONポイントの還元率を上げるための方法があります。

イオンセレクトカードというクレジットカードはご存知でしょうか?

ウィーちゃんウィーちゃん

WAONポイントの還元率がイオンカードセレクトだと上がるの?

ここでは、イオンカードセレクトに焦点を当てながら、お話を進めていきたいと思います。

イオンカードセレクトとWAONの相性は抜群

イオンカードセレクトは年会費無料で持つことのできる、イオン系列に強いクレジットカードです。

クレジットカードの利用金額200円につき、1ポイントのときめきポイントが貯まる(還元率0.5%)他、WAONへのチャージでもポイントを貯めることができます。

こちらも還元率は200円につき1ポイントで0.5%。チャージするだけでポイントが貯まるということはつまり、WAON利用時と合わせればポイントの2重取りができるというわけ。

もちろんここへ、前述のPontaポイントやdポイントなどの合わせ技を使えば、ポイントの3重取りが成立。

  • イオンカードセレクトによるWAONチャージ(0.5%)
  • ローソンでWAONによる支払い(0.5%)
  • ローソンでPontaカードを提示(1%)

 

もしくは、以下のようになります。

  • イオンカードセレクトによるWAONチャージ(0.5%)
  • ローソンでWAONによる支払い(0.5%)
  • ローソンでdポイントカードを提示(1%)

 

ウィーちゃんウィーちゃん

そういう事かぁ!!

チャージ+利用+提示の3重取りでローソンの還元率が2%はすごい!

どちらの場合も合計還元率は2%となります。ついつい買い物が楽しくなってしまいますね。

そしてさらに注目すべきは、イオンカードセレクトのオートチャージ機能です。

WAONへオートチャージでもポイントは付与されるのは、イオンカードセレクトのみのメリットなので、事前にWAONステーションからオートチャージの設定を済ませておくと便利でしょう。

なお、イオンカードセレクトによるオートチャージは一日一回まで。残高とチャージ額に関しては、以下の通り任意に設定ができます。

  • WAON残高は1,000円〜49,000円の間で設定可能(1,000円単位)
  • オートチャージされる金額も1,000円〜49,000円の間で設定可能(1,000円単位)

WAON残高とオートチャージされる金額の合計は50,000円まで

ただし、イオンカードセレクトでチャージした場合、クレジット利用ではなく付帯されているイオン銀行の銀行残高からチャージされるので、残高がオートチャージ金額に満たない場合はオートチャージは適用されません。

博士博士

クレジットカードからのチャージなのに、銀行口座から引き落とされるのは珍しい事じゃが、気をつけておこう!

口座の残高も合わせて把握しておきたいですね。

イオンカードセレクトなら、イオングループや加盟店でじゃんじゃん貯まる

その名の通り、イオンカードセレクトを活用すれば、イオングループや加盟店においてじゃんじゃんポイントを貯めることができます。

ちなみにイオンカードセレクトでクレジット決済することによって貯まるポイントはときめきポイントとなりますが、こちらは1,000ポイント以上集めれば、500ポイント単位でWAONポイントと等価交換ができます。

以下に、イオングループで受けられる特典についてみてみましょう。

  • 毎月5日・15日・25日はWAONの利用でWAONポイント2倍(お客さまわくわくデー)
  • 毎月10日はイオングループでポイント5倍(ありが10デー)
  • 毎月10日はイオングループ以外の全加盟店(VISA/MasterCard/JCB各加盟店)でときめきポイント2倍(ときめきWポイントデー)

 

これらの他、毎月20日・30日は全国のイオングループでお買い物代金が5%オフになるなど、もはやイオン系列以外は活用できなくなってしまう程にお得な仕様となっています。

ウィーちゃんウィーちゃん

イオングループを利用する人ならもう持っている人も多いよね!

ちなみにここでいうイオングループというのは、以下のような店舗を指していますので、ぜひ活用できる店舗がないかをチェックしてみてください。

  • イオン
  • イオンスタイル
  • イオンタウン
  • イオンモール
  • イオンショッピングセンター
  • イオンスーパーセンター
  • サンデー
  • ホームワイド
  • ジョイ(スーパー/ホームセンター)
  • いちまる
  • キミサワ
  • ダイエー
  • マルナカ
  • プライスマート
  • マックスバリュ
  • ミセススマート
  • スーパーマーケットコーヨー
  • HOME COORDY
  • PEACOCK STORE
  • ボンベルタ
  • まいばすけっと
  • イオンエクスプレス
  • キッズリパブリック
  • イオンスーパーセンター
  • ビブレ
  • フォーラス

 

上記の他、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングや無印良品、ユニクロにビックカメラなど、イオングループ以外の加盟店でもポイント2倍のチャンス(ときめきWポイントデー)があるのは嬉しいですね。

イオングループ以外の加盟店で大きな買い物を控えているのであれば、10日のタイミングに合わせて決済をすれば、一気にポイントを稼ぐことができますよ。

ちなみにネットショッピングであればぜひ、「ときめきポイントTOWN」を覗いてみてください。以下のようなカテゴリから買い物を楽しむことができる上、還元されるポイントは最大で21倍となっています。

  • ファッション
  • コスメ
  • 総合通販
  • 家電
  • インテリア
  • 食品、グルメ
  • 本、CD
  • 旅行
  • キッズ、ベビー
  • ダイエット、健康
  • ギフト
  • クーポン
  • サービス

 

ちなみに私が「ときめきポイントTOWN」を訪れたタイミング(2018年1月下旬)では、fracoraというスキンケアやサプリなどを扱っている店舗が21倍(通常は6倍)の対象となっていました。こちらは2018年3月15日までの期間限定です。

他にも、ドクターシーラボ(3倍→11倍)やマキアレイベル(4倍→10倍)、グルーポン(4倍→13倍)やロクシタンオンラインショップ(6倍→8倍)などがポイントアップ中でした。

スポンサーリンク

ちょくちょくサイトを見に行っていれば、お目当ての商品がお得に購入できるかもしれませんね。

ローソンでお得に利用するならdカード一択!

dカード

さて、先程も少しだけ触れましたが、dカードはローソンを利用する上で欠かせません。

ウィーちゃんウィーちゃん

dカードってそんなにメリットが大きいの?

博士博士

dカードを侮ってはいかんぞ!

実がとんでもないカードなのじゃ!

dカードはdポイントカードの機能を備えた基本還元率1%のクレジットカードです。ドコモユーザーであればご存知の方も多いことでしょう。

ドコモユーザーはもちろんのことですが、ローソンを贔屓にしている方はdカードを活用し切らないと本当に損です。重要なポイントは「活用し切る」こと。

そう、単にポイントが効率よく貯まるだけではありません。早速、その詳細をみていくことにしましょう。

dカードはローソンで利用すると5%お得

5%って一体、何がどうなって5%なんですか?まさかポイントの5重取り?!

そんな声が聞こえてきそうですが、さすがにポイントの5重取りは無理です。逆に言えば、ポイントの5重取りでもないのに、5%もお得に利用することができるのです。

実はこのdカード、ローソンで利用することによって、お会計の3%が割引になるという素敵なメリットを持ち合わせています。

さらにローソンはdポイントの加盟店であるため、dカードの提示で1%の追加、そしてそこへ、dカードのクレジット決済による1%が上乗せとなります。

  • dカード利用でお会計の3%がオフ
  • dカードの提示で1%のポイントバック
  • dカードによる決済で1%のポイントバック

 

いかがでしょうか。合計で5%お得になりますね。3%割引は以下のような一部商品の支払いには適用できませんが、それでも毎回のローソンにおける買い物が3%オフになることを考えると、dカードにどんどん愛着がわいてしまいます。

3%オフ対象外の商品やサービス

  • 新聞
  • 雑誌
  • 書籍
  • タバコ
  • ゆうパック
  • 収入代行
  • Edyチャージ
  • 交通系マネーチャージ
  • コピー
  • 切手
  • ハガキ
  • 印紙
  • 各種プリペイドカード
  • ローソンチケット
  • 楽天トラベル
  • JTB
  • キャッシング返済
  • ショッピング支払い
  • スマートピット
  • toto

 

上記以外の商品であれば、ローソンで5%お得に利用することができるので、もしdカードを持っているなら積極的に活用していきましょう。

まだ、これだけお得なdカードを持っていない方は、下記から簡単に登録できるdアカウントを作成して、dカードを申込みましょう。

dカードの維持費は実質無料

ローソンで常に3%オフって…そんなに素敵な特典があるなら、年会費も高いんじゃないの?

そう思われる方もいるかもしれません。ところが以下の基本スペックの表をご覧いただければお分かりの通り、dカードの維持費は実質無料です。

申し込み資格満18歳以上(学生除く)で、安定した収入のある方
国際ブランドVISA・MasterCard
年会費初年度:無料、2年目以降:1,250円(税抜)
※前年度に一度でも利用があれば無料
基本還元率1%
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:400円(税抜)
※前年度に本会員か家族会員が1度でも利用すれば無料
ETCカード初年度:無料
2年目以降:500円(税抜)
※前年度に一度でも利用があれば無料
特徴・ローソンでの利用で還元率5%
・dポイント特約店でポイント還元率アップ
・dカードポイントアップモールの経由でお得

決済金額の大小にかかわらず、年に1回の利用で次年度の年会費が無料になるのです。全くハードルは高くありませんよね。

小学生でも飛び越えられるくらいのハードルです。この条件であれば、カードの発行に躊躇してしまうこともないでしょう。

博士博士

年会費が実質無料なのに、ローソンでは5%お得に利用できるのはdカードだけの特権じゃ!

しかも、ドコモユーザー以外でも申込み可能になっておるぞ。

公共料金の支払いでもdポイントが還元される

毎月発生する公共料金の支払いに対してポイントが得られるほど嬉しいことはありません。

dカードでは以下の通り、各種公共料金の支払いに対してもバッチリポイントを獲得することができますよ。早速、dカードによるクレジット払いに切り替えていきましょう。

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • IP/固定電話
  • NHK受信料
  • プロバイダ
  • BSやCSなどの放送
  • 都市や地方公共団体の税金
  • ふるさと納税(一部対象外)
  • 自動車税
  • 民間保険
  • 新聞

dポイント特約店でポイント還元率アップ

そのままでも充分すぎるほどのポイント還元率を誇るdカードです。

しかし、dポイント特約店を利用することによって更にポイント還元率が上がるようになっています。dポイント特約店とは、カード決済によるポイントとは別途、ポイントが追加でもらえるお得な店舗です。

ウィーちゃんウィーちゃん

ローソンのようにポイントが更にもらえるお店がまだあるの!?

dカードの他、iD(ドコモの電子マネー)での決済もポイント付与の対象となっている店舗もあります。dカードはiD一体型のクレジットカードなので、使い勝手が非常に良いですね。

特約店名特約店ポイント合計還元率iD
ENEOS100円で1ポイント2%
オリックスレンタカー100円で3ポイント4%
スターバックスカード100円で3ポイント4% –
 伊勢丹100円で1ポイント2% –
洋服の青山100円で1ポイント2% ◯
AOKI100円で2ポイント3% –
紀伊国屋書店100円で1ポイント2% ◯
JTB100円で2ポイント3% –
JAL100円で1ポイント2% –

スターバックスファンの方は必見。スターバックスカードへのチャージに関しては、合計還元率が4%となっています。

ウィーちゃんウィーちゃん

スターバックスでも4%…。すごい。。

コーヒーチェーン店の中では少々お高いスターバックスですが、ポイント還元率が高ければ罪悪感も軽減されるというもの。

ちなみに、スターバックスカードへの5,000円チャージでドリンク無料チケットが1枚プレゼントされるというキャンペーンが定期的に開催されていますので、こちらも合わせて活用してみてはいかがでしょうか。

dカードポイントアップモールの経由でも還元率アップ

dカードによるメリットはまだまだあります。「dカードポイントアップモール」というdカードユーザーにとってお得なショッピングモールがあります。

dカードポイントアップモールを経由した上で、対象の店舗で買い物をすると最低でも1.5倍以上のポイントを獲得することができるのです。

店舗名称還元率
Amazon1.5倍
楽天市場1.5倍
LOHACO2倍
Yahoo!ショッピング1.5倍
ポンパレモール1.5倍
ベルメゾンネット1.5倍
セブンネットショッピング2.5倍
SEIYUドットコム2倍
楽天ネットスーパー1.5倍
 FANCL2倍
 DHCオンラインショップ1.5倍
 ビックカメラ.com2倍
 Apple Store1.5倍
Book Live! 6倍
honto 3.5倍
TSUTAYAオンライン1.5倍
エクスペディア 3.5倍
楽天トラベル1.5倍
じゃらん1.5倍
JTB2倍
 グルーポン 2.5倍
ジーユーオンラインストア1.5倍
i LUMINE2倍
JINS 3.5倍

これだけ還元率が高くなるショッピや通販があれば、ぜひ利用しておきたいもの。

キャンペーン中で運が良ければ、10.5倍といった高還元率になっていることもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

ちなみに私がdカードポイントアップモールを訪れたタイミング(2018年1月下旬)では、シマンテックストアやマカフィーストア、トレンドマイクロオンラインショップなどのセキュリティソフトを販売している店舗が10.5倍の対象となっていました。

Loppiの活用でdポイントが1.5倍〜3倍の価値に

こちらはPontaポイントでも同様に活用できる技なのですが、Loppiを活用することで、ポイントの価値を1.5倍〜3倍に高めることが可能となります。そのサービスとは、お試し引換券。

対象となっている主な商品は以下の通り。ジャンルが幅広いので、かなり使い勝手は良いと思います。運が良ければ3分の1程度の価格で欲しい商品が手に入りますよ。

  • 食パン
  • 牛乳
  • お茶
  • コーヒー
  • お酒
  • チューハイ
  • お菓子
  • おつまみ
  • ヨーグルト
  • アイス
  • デザート
  • カップ麺

 

Loppiって使い方が複雑そうでよくわからない…。」そう敬遠することもありません。以下の通り、非常に簡単なのですから。

  1. Loppiにdカードを通す
  2. 画面中央の「クーポンを発券する」という欄内にある「一覧から発券する」をタッチ
  3. 商品のジャンルを選択する
  4. 欲しい商品を選択する

 

ここまで。1分もかかりません。操作を終えるとLoppiお試し引換券が発行されるので、その引換券と一緒に、欲しい商品をレジに持っていきましょう。そして、ここでもポイントを貯めるのを忘れずに。

割引されている商品に対してさらにポイントを獲得するなんて…と遠慮してしまう方もいるかもしれませんが、何ら躊躇する必要はありません。平等に与えられている権利なのですから、バッチリ活用させてもらいましょう。

ローソンのお試し引換券の魅力については『ローソンのお試し引換券は激得!Pontaポイントはお試し引換券で利用すべし!』の記事で更に詳しく解説しています。

dポイントはJALマイルへの移行もできる

移動手段に飛行機を使うという方であれば、JALマイルへの交換も選択肢の一つにあがってきます。

交換レートは5,000dポイント→2,500JALマイルです。数字だけみると半減してて損?というふうに感じる方もいるかもしれませんが、マイルにはレバレッジがかかるので、全く損にはなりません。

むしろ、ビジネスクラスやファーストクラスなどの利用であれば、3倍以上の価値が得られるため、少し背伸びしてここを目指したいところですね。

ローソンでお得になるdカードはこれだけメリットがあります。dカードは年会費も実質無料なので、ぜひ利用しておきたいですね。

まとめ

ローソンを利用するのであれば、WAONやPontaカード、dカードなどでポイントを獲得することができます。

特にdカードで得られる特典は断トツ。5%お得に買い物できたり、Loppi引換券でdポイントを1.5倍〜3倍にできたりと、ローソンのことをますます好きになることは間違いなし。

dカードは実質無料で持つことができるので、ローソンユーザーであればぜひ、dカードの作成をしてみてください。dカードを持たずに利用していると、毎回のお買い物で損をしていることになってしまいますよ。

スポンサーリンク