ウィーちゃんウィーちゃん

香典はいくら持っていけばいいんだろう…?

人が亡くなるのは大抵の場合突然です。訃報のお知らせが来たら、すぐにお通夜・お葬式の準備に取り掛からなくてはなりませんよね。そのときに持っていくお香典の金額は、いくらくらいがいいのでしょうか?

「お香典の相場が知りたい!」

そこでお香典の相場がいくらになるのかを、故人の方との関係別にご説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

香典の相場がいくらかは関係によって変わる!

香典 相場 いくら 金額

お香典の相場は、あなたの年齢、故人との関係によって変わってきます。

では、親族の場合、友人知人の場合、職場関係の場合ごとにどのくらいの金額が相場になるのかを見ていきましょう。

亡くなった方が自分の親族だった場合

亡くなった方があなたの親族である場合、血縁関係であることからお香典の相場は少々高めになっています。

亡くなった方20代30代40代以上
祖父母10,000円10,000円~30,000円30,000円~
自分の両親30,000円~100,000円50,000円~100,000円100,000円~
義理の両親30,000円~100,000円50,000円~100,000円100,000円~
兄弟・姉妹30,000円~50,000円 50,000円50,000円~
叔父・叔母10,000円10,000円~20,000円10,000円~30,000円
いとこ
その他親族
3,000円~10,000円3,000円~20,000円3,000円~30,000円

自分の親にもお香典が必要!?

あなた自身の両親がお亡くなりになった場合、お香典を出すか出さないかは意見の分かれるところです。

「自分の親だからこそ出すべき」

という考え方と、

「親であるから出さなくてもいい」

という考え方と、二通りになります。どちらの考え方も正しいのですが、両親と別居して独立している場合はお香典を出すことが多いようです。

ただし、あなたが喪主であるならばお香典の必要はありません。また、あなたの亡くなった両親の式の喪主を、あなたの子供が務める場合もお香典は出さなくても大丈夫です。

自分の親と一緒に親戚の葬儀参列する場合

親とあなたが同居している場合のお香典は、親子で連名で出しても構いません。

ただし、実家を出て独立していたり、結婚をして世帯が別々になっている場合はそれぞれでお香典を出した方がいいでしょう。

亡くなった方が友人知人だった場合

亡くなった方があなたの友人や知人の場合のお香典の相場は、下記の通りになります。

 亡くなった方20代30代40代以上
友人・知人5,000円5,000円~10,000円5,000円~10,000円
友人・知人の両親3,000円~5,000円3,000円~10,000円3,000円~10,000円
恩師・先生3,000円~5,000円3,000円~10,000円3,000円~10,000円
家の近所の方3,000円~5,000円3,000円~10,000円3,000円~10,000円

ご近所の方へのお香典について

ご近所の方ですと、そのお付き合いの程は様々です。親密なお付き合いをしていた方もいれば、あいさつのみ交わす程度の方もいらっしゃることでしょう。そういったことから、上記のお香典の金額はあくまで目安としておいてください。

また、町内の自治会でお香典を集めて「自治会一同」としてお香典をお出しするところもあったり、地域や風習によって金額からお香典の出し方まで変わってきます。

どういったお香典の出し方がいいのか、また金額についてはその土地に長く住んでいる人に尋ねてみるといいでしょう。

亡くなった方が職場、またはその関係者だった場合

亡くなった方があなたの働く会社の人であったり、そのご家族である場合の金額の相場は以下のようになります。

亡くなった方20代30代40代以上
職場の上司5,000円5,000円~10,000円5,000円~10,000円
上司のご家族 3,000円~5,000円3,000円~10,000円5,000円~10,000円
同僚・部下・後輩5,000円5,000円~10,000円10,000円~
同僚・部下・後輩のご家族3,000円~5,000円3,000円~10,000円3,000円~10,000円

職場のどなたかが亡くなった場合、職場の中でお香典を集めて「社員一同」としてお出しすることもあります。

また、特にお世話になった上司や個人的にお付き合いのある同僚や後輩などの場合、「社員一同」で出すのとはまた別に、個人的にお香典を出すこともありますので、どのようなお香典の出し方がいいのか話し合っておくといいでしょう。

香典の金額で気をつけたいこと

香典 相場 いくら 金額

スポンサーリンク

お香典の金額を決める時にタブーとされていることや、お香典のマナー違反になるようなことは絶対に避けなければなりません。どのようなことに気をつければいいのかを、詳しくご説明していきます。

偶数はタブー

お香典の金額で最も気をつけたいのが、偶数を避けるということです。偶数は二つに割り切れてしまいますので、「切れる」「分かれる(別れる)」という言葉を連想させ、故人とのつながりが切れてしまうことを意味してしまいます。

たとえ相場の金額内であったとしても偶数は避けましょう。ただ、近年20,000円は認められている傾向にあります。お亡くなりになった方があなたとどのような関係にあったかを考慮して、金額を決めるようにしましょう。

4と9は縁起が悪い

上記でもご説明した通り偶数は避けなければなりませんので、4,000円や40,000円を包んではいけません。

また、奇数であっても9の付く数字(9,000円、90,000円など)も包まないようにしてください。昔から4と9という数字は、「死」「苦労」「苦難」「苦しむ」などを連想させるとして、避けられています。

故人のご家族に対して失礼に当たりますので、必ず避けてくださいね。

亡くなった方やキリスト教だった場合の香典やマナーについてや、49日で必要な香典について、更に以下の記事で詳しく解説しています。

まだまだある!気をつけたいマナー

香典 相場 いくら 金額

お香典の金額も気をつけなければなりませんが、金額だけでなくお札や香典袋にも大切なマナーがあります。

近年そういったマナーをあまり気にしない方も増えてきてはいますが、マナーを知っているのと知らないのとでは大きく違います。では、どういったことに気をつければいいのかを紹介していきますね。

新札は使用しない

人がお亡くなりになるのは突然であることが多く、お通夜やお葬式もご家族が慌てて準備することが非常に多いのです。

そんな中、お香典のお札が新札だと「前もってお香典を用意していた(亡くなる予想をしていた)」と受け取られてしまうため、マナーとして新札は包まないようにします。

しかし、これも最近では良いとされていることが多く、若年層ではあまり気にされなくなりました。それでも折り目ひとつない新札がお香典の袋から出てくるというのは、ご高齢の方にとってはあまりいいものではありません。

新札しか準備できなかったのであれば、一度折り目をつけておいてから香典袋に包むようにしましょう。ただし、折り目だらけでくしゃくしゃになったお札では、それこそ失礼にあたってしまいますので、注意してください。香典でのお札については、準備できていない!?香典には新札か旧札どちらが正しい?の記事で更に詳しく解説しています。

お札の向きは香典袋に対し裏向きで入れる

結婚式のご祝儀の場合、祝儀袋に対してお札を表向きに入れますよね。祝い事ですので、袋を開けたときにお札の表(人物が印刷されている方)が見えるようにするのです。

しかし、お香典の場合はその逆になります。悲しいことですから香典袋を開けたときに、お札のお顔が見えないようにするのです。つまり、香典袋に対しお札は裏向きに入れるということです。

最近ではあまり気にしなかったり知らない人も多いようですが、長く生きている人にとっては当然のマナーですので、お札を包むときには気を付けたほうがいいでしょう。

香典袋に記入する漢数字は旧漢数字で!

香典袋の裏に中に包んだお金の金額を記入しますが、このとき使用する漢数字は旧漢数字で書くようにしましょう。また、金額の前の円マークをつける代わりに「金」を書くようにします。

たとえば、5,000円を包んだ場合は「金伍阡圓」と書きますし、10,000円でしたら「金壱萬圓」というようになります。旧漢字の使い方などは、一周忌法要のお布施や渡し方、引き出物についての記事で更に詳しく解説しています。

訃報を後から知ったときのお香典

何らかの事情で知り合いや友人の訃報が届かずに、後から訃報を知ったときのお香典はどうすればいいのでしょうか?

そういったときは、まず前もってご家族の方に連絡をしてお悔やみを申し上げ、故人のお宅に行き手を合わせるか、お墓参りをさせてもらうといいでしょう。

お香典はそのときにお渡しするようにしましょう。お線香やお供え物を持っていくという方法も問題ありません。

お香典を出すだけのお金がない時は…

訃報は突然訪れるものですので、事前にお金を準備することはできません。遠方であれば交通費や宿泊代などもかかってくることでしょう。

もし、お金が準備できない場合、それを理由にお通夜やお葬式に参列しないというのはあまりにも悲しいものです。ご家族やご親族の方たちにも失礼にあたってしまいます。

こういったときは、自分の家族か友人にお金を借りるという手もありますが、キャッシングサービスを利用するという方法もあります。

「借金をするのはできれば避けたい…」

と思うかもしれませんが、しっかりと返済することができるのであれば、故人との最後のお別れのためにこういった方法も考慮してみてはいかがでしょうか?

まとめ

お香典は、あなたの故人に対する気持ちが現れたものです。

故人を偲んでお見送りするつもりが、マナー違反でその場を険悪にしたくはないものです。

悲しみに暮れる故人のご家族に失礼にあたることのないように、きちんとマナーを守ってお香典を渡したいですね。

スポンサーリンク