ウィーちゃんウィーちゃん

ファミマTカードをゲットしたニャ~♪これでポイントもザックザク!!

博士博士

新しいファミマTカードにポイントをまとめる手続きもレクチャーしちゃうぞ!

ファミマTカードに他のTポイントカードのポイントをまとめられたら便利だと思いませんか?できない、と思っている方も多いようですが、これができるんです!

貯まるポイントは同じTポイントなので、カードが何枚もあると面倒だし、ポイントも分散してしまって使いにくいもの。

ポイントをしっかり整理して使いやすくするためにも、Tポイントを1枚のカードにまとめて使いやすくしちゃいましょう!

スポンサーリンク

TポイントをファミマTカードへ移行する方法

Tポイントカード,コンビニポイントカード,クレジット,ファミマTカード,ポイント移行

Tポイントをすでに貯めてあるカードがあって、新しくファミマTカードを持つ場合。元々貯めていたポイントを無駄にせず、さらにできればカードもスッキリ1枚にまとめたいですよね。

しかもファミマTカードはTSUTAYAでも利用することができます。そういう時には、Tポイントを新しいファミマTカードに移行するのが有効な方法です。ポイントはもちろん移行できるのですが、その条件やポイント引継ぎ時の注意などをまとめました。

本人名義の有効なカードが必要

公式サイトでも、

ご本人様名義のTカードに限りポイントの移動ができます。

引用元:ファミマTカードwebサイト

とあるように、ファミマTカードとその他のTポイントカードのポイントをまとめることは可能です。では、必要なもの・条件をピックアップしますね。

  • 本人名義の現在有効なTカード(ポイント移動元のカード)
  • 本人名義の現在有効なファミマTカード
  • Yahoo!JAPAN ID

 

これが揃っていれば手続き可能ですよ!移動元(=ポイントが貯まっている方のカード)に「お客様情報登録」がされていることもポイント移行の必須条件ですので、そこにも注意してください。

移行できるのはポイントのみ!

ただし、気を付けたいポイントは移行できるのはポイントのみという点。公式サイトにも記述がありますが、

  • Tマネー
  • T会員ランク
  • レンタル登録情報
  • TカードW登録サービス
  • PGMスマートチェックイン

 

などTポイント以外の情報を新しいカードに移すことはできません。古いカードはもう使わない、ということであればTマネーはすべて使い切ってしまいましょう。

ポイント移動元のカードはなくならない

ポイントを新しいカードに引き継いでも元のカードは失効しません。元のカードを残しておけば、先ほど移行できないと説明したT会員ランクやTマネーはもちろん無事です。勝手になくなることはありません。

必要に応じてポイント移行だけして、元のカードとファミマTカードを使い分けるということも手間はかかるもののできる、ということも参考までに覚えておいてくださいね♪

ファミマTカードへ移行する場合の手続き

ファミマTカードにポイント移行をする場合の手続きはクレジット機能があってもなくても変わりません。使うのはクレジット情報ではなく、Tカード番号などTカードの部分だけだからです。

では、3つのパターンに分けて説明します。

ファミマTカード(移行先)がYahoo!JAPAN IDに紐付け済の場合

この場合、基本的な準備は整っているということになります。以下の二つのケースでも、途中からはこのファミマTカードが紐付け済みの場合と同じなので、こちらで詳しく説明します。

この場合のポイント移行の手順は、以下の通り順番に行うだけです。

  1. コチラ(Tカード公式)にアクセスし、Yahoo!JAPAN IDでログイン
  2. 移動元のTカード番号を入力・画面の指示に従って認証
  3. 移動先(この場合はファミマTカード)のTカード番号を入力・画面の指示に従って認証
  4. メールが届くので、記載されたURLをクリック
  5. 確認画面が表示されるので、内容を確認し注意事項に同意

 

  • Yahoo!JAPAN ID
  • 移動元Tカードの番号
  • ファミマTカードの番号

 

これが分かっていれば、まったく難しい手順はありませんので心配しないでくださいね♪

移行元のTカードがYahoo!JAPAN IDと紐付けされている場合

これからポイントを移動される側(移行先)のTポイントカードは、この場合ではファミマTカードですね。この移行先がYahoo!JAPAN IDに紐付けされていないとポイント移行はできません。

そこで、紐付けされているカードを変更した後に実際のポイント移行にうつることになります。

紐付けされているカードの変更方法は、

  1. Tサイトにログインする
  2. 「お客さま情報メニュー」から「登録情報の変更」へ進む
  3. 「Tカードの登録・変更」から以前に移行元の番号と新しく登録するファミマTカードの番号を入力

 

これで移行先であるファミマTカードとYahoo!JAPAN IDを紐付けることができました。これで、移行の準備は完了です!

Yahoo!JAPAN IDに未登録・IDを持っていない場合

残念なことに、Yahoo!JAPAN IDにカードを登録していなかったり、そもそもIDを持っていないという場合にはポイントを移行する手続きをすることができません。

スポンサーリンク

最初に

  • Yahoo!JAPAN IDをつくる(これから作る方はリンクからYahoo JAPANへ移動できます)
  • ファミマTカードをこのIDに紐付ける

 

という作業を行ってください。ファミマTカードをYahoo!JAPAN IDに紐付ける手続きは、

  1. コチラからTカード番号を入力する
  2. Yahoo!JAPAN IDでログインする
  3. 本人確認のための情報、「同意」にチェック、「登録」をクリック

 

この3ステップ。カード番号とIDさえわかっていれば、問題なくできるでしょう。

移行の回数は1ヶ月に3回

Tカードから他のTカードにポイント移行する手続きは、最初の手続きから1ヶ月(30日)で3回までと決まっています。

もちろん、30日以上経過すればまた移行手続きを行うことができるのですが、3回以上1ヶ月以内に移行手続きをしようとするとエラーメッセージが表示されます。これは、セキュリティ面を考慮した仕様ですのでエラーメッセージが出てもシステムのトラブルなどではありません。

ファミマとTカードの相性の良さや、知っておきたい情報を以下の記事で詳しく書いています。

ファミマTカードから他のTポイントカード(Tカード)へ移行する方法

ファミマTカードから他のTポイントカードにポイントを移行することも、もちろん可能です。他のTカード→ファミマTカードのポイント移行と同じような手順でできますが、念のため手順をご紹介します。

ファミマTカード(Yahoo!JAPAN ID紐付け済)からポイント移行する方法

どの種類のTカードも、基本的なポイント移行の方法は同じです。手順としては、

  1. コチラ(Tカード公式)にアクセスし、Yahoo!JAPAN IDでログイン
  2. ファミマTカードの番号を入力・指示にしたがって認証
  3. ポイントを移行したいカードの番号を入力・指示にしたがって認証
  4. メールが届くので、記載されたURLにアクセスする
  5. 確認画面で内容をチェック、同意して完了

 

このような流れになっています。こちらもクレジット機能のあるなしに関わらず、IDと番号さえ分かっていればとても簡単な手続きです♪

ファミマTクレジットなし→クレジットありは完全に移行可能!

Tポイントカードから他の種類のTポイントカードにポイントを移すことは可能です。しかし、基本的には会員ランクやTマネーなどのその他の情報は移すことができないというお話をしてきましたよね。

でも、例外があります。クレジットなしのファミマTカード→クレジットありのファミマTカードでは可能

クレジットなしのファミマTカードからクレジットありのファミマTカードにアップグレードする時には、ポイント以外の情報も引き継ぐことができます。「そろそろクレジットカード化したいなぁ。」と思っている方は躊躇しなくても問題ないことがわかりました。

Tポイントのお得な貯め方や、貯めたTポイントの使い方など詳しく以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

新しくファミマTカードを作った場合に、今まで使っていたTカードからポイントを移行することは可能です。ただし、今までのT会員ランクなどのポイント以外の情報は引き継げないので注意しましょう。

ただし、クレジット機能のないファミマTカードからクレジット機能のあるファミマTカードに切り替えるときにはそういった情報も引き継げるということは覚えておいて損はありません。

Tポイントを移行するためには、Yahoo!JAPAN IDへの登録が必要となります。上記でYahoo!JAPAN IDの登録がまだの場合や違うカードが登録されている場合の対処法などもご紹介しているので、分からない時には参考にしてくださいね。

ファミマでポイントを貯めるならファミマTカードはもはや必須アイテム!?この機会にスッキリとカードやポイントをまとめて使い勝手をさらにアップさせてみませんか?

Tポイントをザクザク貯めるなら、Tポイントが想像以上に貯まるクレジットカードを利用するのも一つの方法です。詳しくは以下の記事で書いています。

スポンサーリンク