ウィーちゃんウィーちゃん

エポスカードってマルイでお得になるカードなの?

博士博士

実はマルイでの利用以外にも豊富な優待などのメリットはある。

デメリットも少ないし、持つべきカードのひとつじゃよ!

エポスカードは豊富な優待が一番の魅力の年会費無料カード。

マルコとマルオの7日間が年4回開催されるのが有名ですが、日常にも休日にも利用しやすいロイヤルホストや映画などの優待も大きなメリットです。

デメリットとしてはポイント還元率が0.5%と、あまり高くないという点がありますが、それを上回る特典が盛りだくさんのカードとなっています。

正直、年会費が無料でここまで海外旅行傷害保険が充実しているカードはないでしょう。

普通の高還元カードに加えて優待が充実したカードを持ちたい方、即日受け取れるカードが欲しいという方は要チェックですよ!

それでは、エポスカードのメリットとデメリットについて詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク

エポスカードの基本情報と特徴

 

年会費も無料で優待が盛りだくさん、しかも即日発行もできてしまうのがエポスカードの魅力です。デメリットとしては還元率が0.5%とそれほど高くないところがあげられます。

メインカードでももちろんOKですが、すでに他に還元率が高いクレジットカードを持っている方の中でも入会される方が非常に多い大人気のカードです。

豊富な優待で持っているだけで損はしないカードなので、1枚あるとかなり重宝しますよ。

では、エポスカードの基本スペックと特徴を知っておきましょう。

エポスカードの基本情報

還元率0.5%
年会費永年無料
入会条件日本国内在住の満18歳以上の方。(高校生除く、20歳未満の場合親権者の同意が必要)
国際ブランドVISA
家族カード
ETCカード有/年会費無料
発行日数最短即日発行(マルイ来店での受け取り)
特徴エポスVisaプリペイドカード発行可能、エポスデザインカードは発行手数料500円(税込)、海外旅行傷害保険付帯、約10,000店舗で優待が受けられる。

還元率は基本0.5%でごく普通といったところです。VISAの加盟店で利用すれば、どこでもポイントが貯まる仕組みです。後で詳しく解説しますが、ネットショッピングに関しては「たまるマーケット」経由でお買い物をすれば、還元率がアップします。

年会費は永年無料で2年目以降も安心です。また、18歳以上であれば、誰でも申し込むことが可能なカードなので幅広い方に手に入れるチャンスがあります。

国際ブランドはVISAのみとなっていますが、VISAは国内でもクレジットカードが利用できるお店ならほとんどの場所で利用が可能な国際ブランドです。さらに、国際的に見ると一番決済力が高い(=どこでも使える)国際ブランドになるので、国内、海外で幅広いお店で使うことができます。

家族カードはありませんが、18歳以上なら申し込み可能ですので家族で一人一枚持てば特に問題はないでしょう。ETCカードも無料なので、高速料金をカード支払いと一緒にまとめることができて便利です。

インターネットで申し込み、全国のマルイなどの店舗にあるエポスカードセンターで、カードの受け取りという流れで発行すれば、即日エポスカードを手にすることも可能になっています。このスピード感は嬉しいですね。

他にも、海外旅行傷害保険の内容が充実しているのも大きなメリットです。

また、豊富な優待特典があり、対象店舗・施設では割引などが受けられるので、日常にも休暇にも魅力を感じられる一枚となっています。

エポスカードは即日発行できるカード

エポスカードは即日発行が可能なので、今すぐに欲しいという方やカードの発行に時間をかけたくないという方にも大人気のカードです。

即日発行ができるとすぐに使えるので、冠婚葬祭や旅行の予定が入って急に必要になった時や、仕事で時間がないという方には大変大きなメリットですね。

例えば、エポスカードの代表的なセールである「マルコとマルオの7日間」をテレビCMで観たとしましょう。その時すでにセール6日目だった場合、通常のクレジットカードではその日に申し込みをしても、セールに間に合いません。

通常のクレジットカードでは、申し込みから手元にカードがくるまで最低でも1.2週間以上かかるものが多い。

しかし、エポスカードの場合ネット申し込みをしてからマルイのカウンターで受け取りをすると、最短、その日のうちにカードを受け取ることができるので間に合ってしまうんです。

これで10%OFFの優待がその日から受けられるわけです。同じものを買うなら10%安くなる方が絶対にお得なのは言うまでもないでしょう。

また、海外旅行の予定があるなど、カード発行までに日数をかけられないという人には即日発行のスピード感は嬉しいですね。

審査の状況によっては即日発行できない場合もあります。

エポスVisaプリペイドカードが無料&便利!

エポスカードの利用で貯まったエポスポイントは、マルイで使ったり、商品券・他のポイントに交換することができます。

さらに、もう一つ大変便利な交換先として、発行手数料や年会費無料のエポスVisaプリペイドカードというものがあり、こちらに1ポイントから移行(チャージ)可能なんです。

エポスVisaプリペイドカードにポイントを移行するとどんな良いことがあるのでしょうか?

  • エポスポイント1ポイント=1円として使うことができる
  • 全国のVISA加盟店でクレジットカードと同じような感覚で使える
  • エポスポイントをチャージしてしまえば有効期限を気にしなくてOK
  • 200円分使うごとにエポスVisaプリペイドカードに1円がキャッシュバックされるのでお得

 

ポイントを交換する際に、「現金と同じように好きなものを買えたら…」と思ったことはありませんか?そんな時にぜひ活用して欲しいのが、エポスVisaプリペイドカードです。

エポスVisaプリペイドカードなら、エポスカードで貯まったポイントが1ポイントから移行可能で、全国のVISAの使えるお店でクレジットカードのように使うことができるのでとても便利!

さらに、一部の特殊なデザインのもの(エポスデザインカード)を除いて、発行手数料も年会費も無料です。(最短で即日発行可能)

また、プリペイドカードというのは、チャージした分(カードに入っている分)の金額だけ使うことができるカードなので、使いすぎる心配もありません。

ポイントの使い道に迷ってしまったら、無駄にしないうちにエポスVisaプリペイドカードにポイントを移行してしまうのも賢い方法です!

ウィーちゃんウィーちゃん

エポスカードのどこがスゴイのか、もっと教えてほしいニャ!

博士博士

即日発行できることはもちろん、優待や保険も充実のカードなんじゃよ。

次はエポスカードを持つメリットを詳しく解説していくぞ!

エポスカードを持つメリット

エポスカードを持つメリットはたくさんありますが、即日発行できることに加えて、年会費が無料なのに優待がかなり豊富ということが一番に挙げられるポイントです。

ネットショッピングに関しては、「たまるマーケット」という会員専用サイトを経由してお買い物をすることでもっと還元率を上げていくことが可能になります。これで還元率0.5%というデメリットは非常に小さなものになりますね。

また、海外旅行保険が充実しているうえに、海外旅行時の優待サービスも充実していますから、海外に行く機会が多い方もメリットの大きさを実感できるでしょう。

では、具体的にエポスカードの豊富なメリットをご紹介していきます。

ICチップ搭載の即日発行カード!

ICチップを搭載しているクレジットカードには一般的に次のようなメリットがあります。

  • スキミング(カードの情報を機械で抜き取られること)被害に遭いにくい
  • 暗証番号を使って店頭で決済できるので楽チンでセキュリティも安心
  • 昔からある磁気ストライプのタイプのクレジットカードに比べて偽造されにくい

 

このようにICチップが搭載されていることによって、よりセキュリティがしっかりとしたものになり、安心してカードを利用できるということです。

エポスカードは即日発行できるカードであることに加えて、ICチップを搭載していることが大きなメリットとなっています。

また、今ではほとんどのクレジットカードがICチップを搭載しているため忘れがちなのですが、申し込みした時に登録した暗証番号は忘れずに記憶しておきましょう。

ICチップを搭載していると、対応している店舗ではサイン無しで暗証番号の入力だけで決済できるのがメリットです。

ただ、暗証番号は忘れてしまいがちなので、これからエポスカードを申し込む方は必ず覚えておき、カードのメリットをフルに使ってくださいね。

マルコとマルオの7日間で10%OFF

年に4回開催されているマルイとモディのイベント「マルコとマルオの7日間」

エポスカードで支払いをするとカード代金の請求時に10%OFFになるというイベントです。

洋服や靴などのファッションアイテムはもちろん、雑貨などもOK。前から買いたいものがあったら、このタイミングを逃さないようにしたいですね。

マルイ・モディではほんの一例として以下のようなブランドを扱っています。お気に入りのブランドがあるかチェックしてみてくださいね。

ジャンル店舗名
レディースファッションアールユー、ZARA、トリンプ、ピンキー&ダイアン、ボッシュ、レッセ・パッセ、ワコール など
メンズファッションMKオム、コムサメン、タケオキクチ、トミーヒルフィガー、メンズビギ、モルガン オム、ルパート など
ファミリー・ユニセックスEDWIN、Gap、ABCマート、ブリーズ、マザウェイズ、ミキハウス、ユニクロ など
生活雑貨・化粧品SK-Ⅱ、オルビス、DHC直営店、ファンケル、マリークヮント、無印良品 など
スポーツ・趣味アディダス、ザ・ノースフェイス、コロンビア、ヘリーハンセン、プーマ、ミズノ ウェルネスショップ など

ちなみに、エポスポイントを使って支払いをした場合は最初の商品代金から10%OFFではなく、ポイントで値引きして実際にクレジットカードを使って決済する分の金額の10%が割り引かれるシステムとなっています。

簡単にまとめると、以下のようになるんですね。

  • エポスポイント利用分=先に引かれる(10%割引の対象外)
  • カード利用合計額-エポスポイント利用分=〇〇円(この金額から10%OFFになる)

 

頭金といって、先に現金をいくらか払った場合も同様にクレジットカードで支払う分の10%が請求時に割引してもらえます。(現金は10%OFFの対象外)

あくまでも、エポスカードでポイントを使わずに支払う金額から10%OFFになるんです。

ですから、賢く使うなら「マルコとマルオの7日間」の間はポイントを使わずに、エポスカードで買い物をした方が割引される金額が大きくなります。

また、インターネットのマルイのネット通販でも、「マルコとマルオの7日間」の間は、エポスカードを使ってネットショッピングすると10%OFFになるのでお得です。

マルイ・モディ以外の優待も魅力的!

エポスカードはマルイやモディ以外の店舗でも優待を受けることができます。

約10,000店舗とかなり幅広く優待が受けられるので、有名なお店をピックアップしてご紹介しましょう。

飲食店の優待内容

飲食店での優待内容をチェーン店を中心に紹介します。

  • ロイヤルホスト
    →支払いの時にカードを見せると5%OFF(※2018年3月31日まで)
  • カウボーイ家族
    →支払いの時にカードを見せると5%OFF(※2018年3月31日まで)
  • ファーストキッチン
    →会計をする前にカードを見せると10%OFF(※2018年3月31日まで)
  • ピザーラ
    →税抜2,000円以上注文&クーポン番号を伝えると竜田ミックスプレゼント(※2018年3月31日まで)
  • とんかつ新宿さぼてん(草加マルイ店の場合/※店舗によって優待が異なります)
    →支払いの時にカードを見せると5%OFF
  • モンテローザグループ(白木屋・笑笑・魚民など)
    →カード決済時にポイント5倍(※2018年1月31日まで)

 

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

ご紹介したのはほんの一例ですが、優待サイト「エポトクプラザ」では地域ごとやジャンルごとにより詳しく検索することが可能です。

外食前に一度チェックしてみてくださいね!

レジャー施設での優待内容

レジャー施設はカップル・家族など複数人で行くのがほとんど。楽しいけれど出費が気になりますね。

でも、エポスカードの優待を使えばお財布の負担が軽くなり、より施設を満喫できること間違いなしです!

期間限定の特典もありますから、利用時には必ず確認するようにしてくださいね。まずは、遊園地とテーマパークから紹介します。

  • 富士急ハイランド
    →エポトクプラザの画面を提示したうえでエポスカードで支払いすると、1人あたり最大800円割引(※2017年12月22日まで)
  • さがみ湖プレジャーフォレスト
    →エポトクプラザの画面とカードを提示すると、1人当たり最大100円割引(※2018年4月8日まで)
  • 西武園ゆうえんち
    →チケット購入の時にカードを提示すると1人当たり最大400円割引(※2018年3月31日まで)
  • 東京ジョイポリス
    →チケット購入の時にカードを提示すると1人当たり最大600円割引(※2018年3月31日まで)
  • 梅田ジョイポリス
    →チケット購入の時にカードを提示すると1人当たり最大300円割引(※2018年3月31日まで)
  • ハウステンボス
    →エポスカードでの支払いでチケット5%OFF(※2018年1月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

家族一人当たり300円の割引でも、4人家族なら合計1,200円になることも!テーマパークの割引はあなどれませんね。

では、水族館や動物園の優待もご紹介します。

  • 東武動物公園
    →チケット購入の時にカードを提示すると1人当たり最大200円割引(※2018年3月31日まで)
  • 神戸どうぶつ王国
    →チケット購入の時にカードを提示すると入園料10%OFF(※2018年3月31日まで)
  • 新江ノ島水族館
    →チケット購入の時にカードを提示、エポスカードでチケット購入で1人当たり最大420円割引(※2018年3月31日まで)
  • 鴨川シーワールド
    →チケットをエポスカードで購入すると、ウィンターキャンペーン時1人当たり最大800円割引(※2017年12月31日まで)
  • 須磨海浜水族園
    →チケット購入の時にクーポン画面(券)とエポスカードを提示すると、1人当たり最大100円割引(※2018年3月31日まで)

 

最後に飲み会の二次会や仲間と集まるのにも最適なカラオケの優待です。かなりメジャーなカラオケ店を押さえていますので、きっとよく行くお店が見つかるはずです。

  • シダックス
    →受付時にエポスカードを提示すると、カラオケルーム代金30%OFFもしくはフリータイム20%OFF(※2017年12月31日まで)
  • ビッグエコー
    →受付時にエポスカードを提示すると、ルーム料金を通常の30%OFFか飲み放題コース料金から20%OFF
    →会計をするときにエポスカードの提示で、エポスポイント5倍(※どちらも2018年3月31日まで)
  • カラオケ館
    →受付時にエポスカードを提示で、室料30%OFF(※2018年3月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

どのカラオケ店も全国展開していますので、お近くのお店で優待をどんどん使っていきましょう!

映画館・劇場での優待内容

映画がお好きな方にもエポスカードは大きなメリットのあるカードです。

  • HUMAX系
    →エポトクプラザ内のクーポンページを経由してチケットを購入すると、通常1,800円のところが1,300円(※2018年3月31日まで)
  • イオンシネマ
    →エポトクプラザ内のクーポンページを経由してチケットを購入すると、通常1,800円のところが1,300円(※2018年3月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

500円もの割引が受けられるのは、かなりのメリットです。ただし、エポスカード会員の分しか割引価格で買えないので注意してくださいね。

ショッピングの優待内容

ショッピングといえば、マルイ・モディでの年4回のイベントである「マルコとマルオの7日間」が有名ですね。

  • マルイ・モディ
    →年に4回「マルコとマルオの7日間」を開催。期間中はエポスカードで決済すると10%OFF
  • SAYA&works
    →毎週金曜日にエポスカードで決済すると5%OFF
  • ニコアンド
    →毎週水曜日にエポスカードで決済すると10%OFF
  • THE SUIT COMPANY柏モディ店
    →エポスカードを提示すると5%OFF(※2018年3月31日まで)

 

この他にもマルイ・モディの中のファッション店舗では、エポスカードで受けられる優待が数多くあります。年4回のセールは絶対に見逃さないでくださいね!

ビューティ関連の優待内容

美容室などでもエポスカードで優待が受けられるお店があります。15%OFFなど高い割引率が嬉しいですね。

  • EARTH
    →予約時にエポスカード会員であることを伝え、来店したら優待画面とカードを提示、支払いをエポスカードで行うと15%OFF(※2017年12月25日まで)
  • UNIX
    →予約時にエポスカード会員であることを伝え、来店時にカード提示で施術料金が通常価格から10%OFF(※2018年3月31日まで)
  • TAYA
    →予約時にエポスカード会員であることを伝え、(サイトの場合は要望欄に記載)来店時にカード提示で通常価格から10%OFF(※2018年3月31日まで)
  • Ash
    →予約時にエポスカード会員であることを伝え、来店時は優待画面とエポスカードを提示するとカット&ブロー1,000円割引などの割引(※2018年3月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

ネイルサロンも「FASTNAIL(ファストネイル)」で優待が受けられます。初めての方の場合、10%という高い割引率が受けられるほかリピーターさんにもジェルネイル5%OFFなどの優待が用意されているので、イベント前などにいかがでしょうか?

旅行関連の優待内容

旅行関連でもエポスカードの優待が受けられます。まずはホテルなどの宿泊施設からご紹介していきましょう。

  • アパホテル
    →公式サイトから予約、エポスカードで決済でポイント7倍(※2017年12月25日まで)
  • 東急ホテルズ系
    →エポスカードの会員専用サイトから予約して、フロントでエポスカードで決済すると宿泊代金が10~50%OFF(※2018年3月31日まで)
  • ルートイン
    →エポスカードの会員専用サイトから、カード番号を入力して予約すると通常価格から約8%OFF(※2018年3月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

このほかにも箱根や草津などの温泉地の旅館なども優待価格で利用できたりと、使い方が広がりますね。

ツアーや旅行の予約でもエポスポイントがたくさん貯められるのが、次の二つの店舗になります。

  • H.I.S.
    →エポスNetを経由してH.I.S.のホームページから予約、エポスカードで決済するとポイント3倍(※2017年12月25日まで)
  • 日本旅行
    →エポスカード会員専用サイトから予約、エポスカードで決済するとポイント5倍(※2018年3月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

旅行はまとまった額の支払いになりますから、ポイントがまとめて貯められるのは嬉しいですね!

エポスカードがあれば、旅の予約から旅先までフルに楽しめてしまいます。

生活関連の優待内容

エポスカードでは、生活に密着した優待ももちろん用意しています。

CMで有名なおそうじ本舗が10%OFFは嬉しいですね。宅配クリーニングは一度使うと、癖になる簡単さと美しい仕上がりで未体験の方にはオススメです!

  • 宅配クリーニングリネット
    →エポスカードでプレミアム会員(月額会員)になると、初回の代金が35%OFF(※2018年3月31日まで)
  • おそうじ本舗
    →予約時にエポスカード会員であることを伝えたうえ、エポスカードで支払いをすると見積価格から10%OFFなど(※2017年12月25日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

駐車場からカーシェアリング、レンタカーまで車に関する優待も充実しています。カーシェアリングに興味があるけどまだ・・という方は、タイムズカープラスでは、現在、このエポスカードの優待で初期費用0円になりますから、試してみてはいかがでしょうか?

  • タイムズ
    →エポスカードを使って駐車料金を精算するとエポスポイント2倍(※2018年3月31日まで)
  • タイムズカープラス
    →エポスカード会員専用サイトからタイムズカープラスに登録すると、初期費用が無料+3ヶ月間基本料金無料(※2018年3月31日まで)
  • トヨタレンタカー
    →予約時にエポスカード会員であることを伝え、来店した時はエポスカードを提示すると基本料金から5%OFF(※2018年3月31日まで)
  • オリックスレンタカー
    →予約時にエポスカード会員であることを伝え、来店した時はエポスカードを提示すると基本料金から10%OFF(※2018年3月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

人生の一大イベントである結婚式関連や成人式の振袖レンタルの優待もエポスカードは兼ね備えています。

  • 東京ドームホテルウェディング
    →ウェディングサロンに来館するときにエポスカードを提示で、披露宴の料理・飲み物代5%OFF、ブライダルエステ7万円相当プレゼント(※2018年3月31日まで)
  • 振袖レンタル ぷりずむ館
    →予約時にエポスカード会員であることを伝え、来店した時はエポスカードを提示すると振袖のレンタルが5%OFF(※2018年3月31日まで)
  • ジョイフル恵利
    →予約時にエポスカード会員であることを伝え、来店した時はエポスカードを提示すると振袖のレンタルが5%OFF(※2018年3月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

嬉しい人生のイベントも出費が抑えられるのにこしたことはありません。出費を抑えることで、それからの人生をより豊かにする資金が増えるというもの。エポスカードは人生の様々なシーンで無理のない節約の味方になってくれます。

エポスカードがあると、これらの10,000店舗ものお店で常に優待が受けられます。コンスタントに使っているお店で優待が受けられるという人は、まさにエポスカードを持つべき人といえるのではないでしょうか。

たまるマーケット経由でポイントアップ!

エポスカード会員になると、「たまるマーケット」という会員専用サイトを使うことができるようになります。

たまるマーケットに載っている店舗へのリンクを経由してお買い物をすると、通常0.5%の還元率ですが最大で○倍にまでポイントがアップしてしまうのです。

いつも使っているお店の商品、いつも買っている商品が「たまるマーケット」経由で買うことができるなら、たまるマーケットを使わない理由はもはやありませんね。

たまるマーケットには次のようなお店が登録されています。有名なお店をポイントアップ率とともにご紹介します。

 店舗名
ポイント4倍以上エクスペディア(6倍)、ノジマオンライン(5倍)、オルビス、ファンケル、TOWER RECORDS ONLINE など
ポイント3倍ベルーナ、RyuRyu、ニッセンオンライン、じゃらんnet、LOHACO、ビックカメラ.com など
ポイント2倍Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ベルメゾン、ユニクロオンラインストア、一休.com、DHC、コジマネット など

「たまるマーケット」は、エポスカード会員なら誰でも使えるショッピングサイトです。

登録されている店舗は400店以上あり、もちろんAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどの大型ショッピングモール、大手旅行サイトのじゃらんnet、エクスペディアといった有名で、日常でよく使われるサイトは全て入っています。

ですから、エポスカードでネットショッピングする際に、「たまるマーケット」に一度アクセス(経由)し、いつも使っているネットショップで買い物をするだけで、簡単にもらえるポイントがアップするというメリットがあるのです。(最大でポイント30倍)

もちろん、それだけでもお得なのですが、このたまるマーケットには便利な機能もついてます。

  • ショップ名の頭文字を入力するだけで、候補のショップの一覧を出してくれる検索機能
  • 次からアクセスが楽になる「お気に入りショップ」機能
  • 最近見た履歴からショップを探せる

 

検索は非常に楽で、例えば、たまるマーケットの上にある検索バーに「楽」と打つだけで「楽天」と表示されるので、ショップ名を全て打ち込む必要はありません。

また、よく買い物をするショップは「お気に入りショップ」に追加しておくことで、いつでも簡単にリストからアクセスできます。

さらに、最近見た履歴からもショップを探せるので、ネットショッピングをする上でも非常に便利なんです。

あとは、「たまるマーケット」限定で定期的にポイントアップセールが行われており、ポイントアップしている店舗からショップを探すのも簡単なので、おトクな時に購入すればポイントが沢山たまりますよ。

エポスカードを持ったらネットショッピングは「たまるマーケット」を経由して、ポイントを一気に貯めましょう。このサイトを活用することで、エポスカードの満足度が格段にアップすること間違いなしです。

インビテーションが届くとゴールドも無料!

エポスカードを支払いを遅らせたりするなどのトラブルなく使い続けていると、「ゴールドカードにしませんか?」というインビテーション(招待)が届きます。

しかも、自分でエポスゴールドカードに申し込むと年会費が5,000円かかってしまいますが、インビテーションを受け取って申し込んだ場合にはゴールドが永年無料です!

インビテーションの詳しい条件はエポスカード側からは明かされていないので、はっきりとしたことはお伝えできないのですが、そのハードルはあまり高くないと言われています。

エポスカードのユーザーの中には、使い始めてから1年程度やそれ以下のタイミングでインビテーションが届いたという人もいるようです。

焦らず地道にエポスカードをトラブルなく使い続けていけば、それほど大きな金額の買い物をしなくてもインビテーションが届く可能性があります。

エポスゴールドカードの基本情報と特典

では、エポスゴールドカードの基本情報をご紹介します。

表の年会費については、インビテーションなしで自分から入会した場合の金額になります。

還元率0.5%、マルイ・モディでは常に1%
年会費5,000円(税込)、年間50万円以上利用で翌年度から永年無料。※インビテーションで入会すると永年無料
入会条件 20歳以上の国内在住の方。(収入に関する制限はなし。)
国際ブランド VISA
家族カード 無
ETCカード 有/年会費無料
発行日数 約2週間程度
特徴 ポイント有効期限なし、利用額に応じたボーナスポイントが最大1万円分、空港ラウンジ利用可、海外旅行保険つき、選べるポイントアップショップ、

まず、還元率が通常のエポスカードと一見変わらないように見えてしまいますが、マルイ・モディでは常に1%と通常のエポスカードの2倍です。

服はマルイで買っている、という方の場合、確実にエポスゴールドカードの方が得できるということですね。

入会条件は、通常のエポスカードの条件と少し違っています。もちろんインビテーションが届けば確実に入会できますので、インビテーションを待って入会したいという方はあまり気にしなくても大丈夫です。

もちろん、自分からゴールドカードに申し込むこともできますが、インビテーション(招待)がきてから入会した方が、年会費を支払わずにずっと無料で持つことができるので、エポスカードを地道に使ってインビテーションがくるのを待つのをオススメします。

さらに、エポスゴールドカードだとポイントの有効期限がないのも大きなメリットです。(通常のエポスカードはポイントの有効期限が2年間)

国際ブランドはVISAである点、家族カードがない点、ETCカードなどについては通常のエポスカードと変わりません。ちなみにエポスカードからゴールドに切り替えた場合でも、更新時期まではETCカードはそのままで普通に使えます。

スポンサーリンク

では、ゴールドならではのメリットをさらにご紹介していきます。

  • ポイントに有効期限がないなら焦らずにポイントを貯めたり、消費できる
  • 年間の利用額が50万円以上で2,500エポスポイントがもらえる
  • 年間の利用額が100万円以上で10,000エポスポイントがもらえる
  • 国内19の空港、海外はホノルルと仁川の2か所の空港ラウンジが利用できる
  • 好きなショップを3店舗まで選んでポイントアップ対象にできる
  • 海外旅行保険がさらに充実
  • ゴールド以上の会員限定の優待が利用できる

 

とくに使える!と感じられるサービスの一つが「選べるポイントアップショップ」。

よく行くコンビニや定期券を購入する鉄道会社、電気料金などを登録しておけば、3つの支払先の還元率を最大3倍までアップしてくれます。

選べるポイントアップショップは300以上のメジャーなお店から選べます。たくさんのお店がありますので、有名なお店を以下にピックアップしました。

ジャンル店舗(会社)名
公共料金北海道電力、東北電力、北陸電力、東京電力、中部電力、関西電力、四国電力、東京ガス、東邦ガス、レモンガス、京葉ガス、大阪ガス、東京都水道料金、横浜市水道料金、福岡市水道料金、ヤフー公金支払、NHK放送受信料、朝日新聞、日本経済新聞 など
交通機関JR各社、東京都交通局、東京メトロ、東急電鉄、西武鉄道、大阪市交通局、阪急電鉄、南海電鉄、モバイルスイカ、ANA、JAL、エアアジア、スカイマークエアラインズ、スターフライヤー、ピーチ・アビエーション など
通信・テレビNTT各社、アットニフティ、J:COM、スカパー、ソネット、BIGLOBE、WOWOW など
コンビニセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキ、ミニストップ など
スーパーイオン、イトーヨーカドー、いなげや、サミットストア、成城石井、ヤオコー など
ドラッグストアウエルシア薬局、くすりの福太郎、スギ薬局、サンドラッグ、ツルハドラッグ など
レジャー・飲食店東京ディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオ・ジャパン、ガスト、デニーズ、ロイヤルホスト、牛角、温野菜、スターバックスコーヒー、カラオケ館 など
家電・ホームセンターエディオン、ビックカメラ、コジマ、ヤマダ電機、上新電機、島忠、カインズ、ニトリ など
ショッピング関連マルイ、モディ、ドンキホーテ、プレミアムアウトレット、三井アウトレットパーク、ららぽーと など

公共料金からスーパーまで日常に密着した部分でポイントアップできるので、難しいこと一切なし!でポイントの貯まるペースを加速できます。これもゴールドならではの嬉しさですね。

空港ラウンジが利用できるのもやはりゴールドの醍醐味。旅行前のひと時もゆったりとした気持ちで過ごせます。

そして、海外旅行傷害保険は通常のエポスカードも充実していましたね。しかし、ゴールドになるとさらに補償が手厚くなっています。

 補償内容最大補償金額
傷害死亡・後遺障害1,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任(免責金額なし)2,000万円
救援者費用100万円
携行品損害(免責金額3,000円)20万円

もしものことは無いのが一番ですが、病気やケガの補償が手厚いので、海外旅行も安心感が違いますね!

さらに、特別な手続きがなくても会員であれば保険の対象になる自動付帯となっているので、エポスゴールドカードがあれば海外旅行の時にはこの補償が必ずつくんです。

こんなに優秀なエポスゴールドカードがエポスカード会員を続けているとインビテーションが届いて無料で手に入るチャンスもあります。

コツコツとエポスカードを使い続けてインビテーションを目指していきましょう!

ポイントのつく電子マネーが3種類

エポスカードからのチャージでエポスポイントが貯められる電子マネーは次の3種類です。

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • スターバックスカード

 

エポスカードからチャージができる電子マネーは以上の3つ。チャージすることでポイントを通常のお買い物を同じように貯められます。

楽天Edyにチャージをすると、チャージ金額1,000円につき5エポスポイント、さらに「Edyでポイント」という設定をすると楽天Edyを使うときに税込200円につき1ポイントを二重に貯めることができます。

エポスカードでお買い物を1,000円分すると、当然貯まるのは5ポイント。でも、楽天Edyにチャージした1,000円分を使うと合計で10ポイントが貯まるということになりますね。楽天Edyにチャージして使うと、実質的にポイント2倍が実現できるわけです。

モバイルSuicaにチャージしてもポイントを受け取ることはできますが、ネックとなるのがモバイルSuicaの年会費。

モバイルSuicaは、ビューカード以外のカードを登録した場合に1年につき税込1,030円の年会費がかかるのです。これではせっかくエポスカードが年会費無料なのにもったいないですよね。

モバイルSuicaにチャージするカードとしては、やはりビューカード系の方がメリットが大きいです。

スターバックスカードにチャージをしてもエポスポイントが貯まります。頻繁にスターバックスに立ち寄るという方は、特に年会費等もないので気軽に使えるでしょう。

海外旅行保険の内容が充実!

エポスカードは、海外旅行保険が充実していることが大きなメリットのひとつです。

一般に海外で病気やケガなどのトラブルに見舞われると、とても大きな出費になってしまいます。それは、海外では日本の健康保険が効かないからです。

つまり、現地通貨での10割負担ということになってしまいます。10割負担の上に現地通貨ですので、通貨のレートによってはかなりの負担になることが予想されますね。

さらに海外で病気になった自分のもとに、家族が駆けつけてくれるとなるとその旅費や滞在費もかかってしまいます。これが海外で病気やケガをすると大変、と言われている理由です。

ちょっとしたケガや病気で数十万~数百万のお金がかかると考えると、それだけで海外旅行が怖くなってしまうかもしれません。

でも、海外旅行保険があればそんな不安を最小限にすることができるのです。エポスカードの海外旅行傷害保険の内容は以下の通りになっています。

 補償内容最大補償金額
傷害死亡・後遺障害500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
賠償責任(免責金額なし)2,000万円
救援者費用100万円
携行品損害(免責金額3,000円)20万円

死亡や後遺傷害の金額は最大でも500万円とそこまで高い数字ではありません。しかし、こうなってしまっては元も子もありませんね。本人の実感として大切なのは、やはり病気やケガの補償ではないでしょうか。

傷害については、一般的な海外旅行保険と同じような額ですが、エポスカードの場合には疾病治療費用(病気のときの治療費)が270万円が上限と少し余裕があるのが特徴です。

救援者費用というのは家族が駆けつけたりする場合に必要なお金の補償です。100万円が上限なので、渡航費やホテル代などに使えます。

また、お風呂の水をあふれさせたり、ホテルの高価な調度品をうっかり壊したなどの時に頼れるのが賠償責任の保険です。こちらは自己負担額なしで2,000万円までを保障してくれます。

携行品損害の補償では自己負担額が3,000円ですが、高価なものを盗まれてしまった時などに役立ちます。例えば旅に備えて買った一眼レフの良いカメラをスリに遭って取られた!というようなシーンで頼りになります。

これらの補償を受けるためには、エポスカードの会員であれば特に手続きはいりません。自動付帯といって、渡航前に特に手続きをすることなしに補償を受けられるシステムになっているからです。

こういった保険は「いくらあれば絶対大丈夫」という風に言い切ることのできないジャンルですが、とりあえず海外旅行保険を安心のためにつけておきたいと考える方には十分な内容といえます。

海外での優待サービスも優秀

エポスカードの海外での有能ぶりは、海外旅行傷害保険だけではありません。

海外で使える優待サービスもかゆいところに手が届くラインナップです。海外で使える優待をリストにまとめました。

申し込み・旅行準備で使える優待

申し込み・旅行の準備段階からエポスカードの優待が利用できます。

  • たまるマーケットを経由して予約するとエポスポイントがH.I.S.で3倍
  • たまるマーケットを経由して予約するとエポスポイントが日本旅行で5倍
  • マルイ各店JTB PTSで申し込みの際にカード提示でレンタルスーツケースが10%OFF

 

旅費はまとまった金額になりますから、エポスポイントを大量獲得するチャンスですね!楽しみながらお得にポイントを貯められるのもエポスカードの醍醐味ではないでしょうか。

また、スーツケースを使わない時って結構邪魔になりませんか?収納場所を結構取ってしまいますので、年に1回などの頻度での旅行ならレンタルが賢い方法です。そのレンタルスーツケースもカードを提示するだけで10%OFFでお届けから、引き取りまでできてしまいます。

空港・現地での優待

優待は、空港に到着してからも続きます。

  • 自宅から空港(羽田・成田)までの荷物の宅配サービスが往復で最大370円割引
  • 空港パーキング(羽田・成田)の500円割引券プレゼント

 

手荷物の宅配やパーキング代などはできれば節約しておきたいところ。では、現地についてからの優待をご紹介します。

エポスカードは特に台湾・ハワイ/グアム・韓国旅行でもお得です。世界各国で使える優待ももちろんありますが、台湾・ハワイ・韓国では特別の優待が受けられますよ!

  • ハワイのワイケレ・プレミアム・アウトレットで特別割引を受けられるなどの優待
  • 台湾での優待冊子「エポトク台湾ナビブック」を提示、エポスカードでの支払いで優待
    →台北101入園チケット10%OFF、レストラン10%OFFなど
  • 韓国のロッテ免税店で最大10%OFF

ハワイ、グアム、台湾、韓国の優待はVISAのキャンペーンです。

ハワイ・台湾・韓国旅行に行きたい、と思っているなら、エポスカードを持っていかないと損かも!?グルメもショッピングも10%OFFなどの優待価格になると思うと、今すぐ旅に行きたくなってしまいますね。

その他の海外での優待には以下のようなものがあります。

  • Visaブランドの共通特典「Visa News」の優待が利用可能
  • マルイ各店JTB PTSで申し込みをするとアメリカやハワイでのレンタカーが10%割引

 

Visa Newsは旅行前にちょっとチェックしておくのがオススメです。優待がある、と考えただけで旅の楽しみがもっと広がること間違いなしですよ!

エポスカードは優待がたくさんあって楽しいだけでなく、海外旅行中のトラブルにも現地緊急デスクで対応してくれます。国によって連絡先が異なりますので、連絡先の詳細は公式サイトを参考にしてみてくださいね。

*エポスカード公式サイト*

 お土産優待

最後に、海外旅行といえば友人や職場へのお土産が定番です。でも、荷物が増えすぎて大変という思い出があるという人もいるのでは?

もちろん大切な人にこだわりのお土産を現地で選ぶというのも旅の楽しみのひとつです。

しかし、職場など人数が多いところに配るお土産はなるべく自分の負担を減らしたいというのが本音という方も多いでしょう。

エポスカードでは、海外のお土産のカタログをもらうことができます。さらに、エポスカード会員専用のお土産サイトまであるのです!

  • 会員専用サイト「三洋堂(SANYODO 世界のおみやげSHOP)」のおみやげを購入でエポスポイントが30倍
  • 会員専用カタログ「海外おみやげご優待カタログ」から注文すると10%OFF

 

どちらで注文しても、帰国のタイミングに合わせてお土産を宅配してもらえます。これで帰りの疲れた体をゆっくり休めながら帰路につくことができますね。

このようにエポスカードは海外旅行の優待がとても豊富。海外ビギナーの方にもとても優しいカードです。

ApplePayに対応

iPhoneはかつて、電子マネーとして使えないのがネックでした。でも、iPhone7からの機種ではApplePayという便利な機能が使えるようになったことは記憶に新しいのではないでしょうか?

ApplePayとは、おサイフケータイのiPhoneバージョンといったところです。クレジットカードの情報をiPhone上に登録して、スマホをレジにある端末にかざして決済するというイメージを持っていただければOKです。

エポスカードでは、カードをiPhoneに登録してQUICPay(クイックペイ)で支払うという仕組みになっています。

具体的なメリットとしては、クレジットカードを財布から出さなくてもQUICPayに対応している店舗なら、iPhoneだけで決済ができるという点です。

今まではおサイフケータイ以外ではスマホ決済ができなかったので、これは画期的ですよね!

QUICPayは後払い式電子マネーなので、毎回チャージする必要がなく利用代金はカードの利用代金の支払いと一緒に行われてるので、小銭いらずで買い物ができて大変便利です。

エポスカードはApplePayに対応しているので、エポスカードを持ち歩かなくてもカードを登録さえすればiPhoneひとつで決済ができてしまいます。

ファストフード店やカフェの中には、電子マネー支払いができるけれどクレジットカード払いができないというところもありますね。

そんなときにApplePayにエポスカードを登録してあれば、スマートに支払いをすることができてとても便利です。

充実のセキュリティ&利用をメールで通知

まず、エポスカードはICチップがついたタイプのクレジットカードですので偽造が難しく、セキュリティが高いことが知られています。

さらに、ユーザーにとって安心な盗難や紛失の際の機能がありますので、ご紹介します。

なくした、盗まれた時の不正使用を保障

「エポスカードをなくしたかも知れない!」

「もしかしたら盗まれたかも・・・」

そんな時にはすぐにエポスカード紛失受付センターに連絡しましょう!

届け出た日を含めた61日前から(被害を報告した日を含みます)の不正使用された分の額を全面的に保障してもらうことができます。

エポスカード紛失受付センター

03-5340-3333

 

電話で連絡した際にも案内されるかもしれませんが、警察にも忘れずにカードをなくした・盗まれた可能性があるということを届け出るようにしてくださいね。

カードが利用されるたり設定額に達するとメールで通知

エポスカードには二つのメール通知サービスがあります。

  • カード利用通知サービス
  • お支払予定額通知サービス

 

カード利用通知サービスでは、1,000円以上のお買い物の際に加盟店からエポスカード側に売り上げの情報が届くとメールが配信されます。月ごとに支払う公共料金などのカード利用のときはメールが届かないシステムです。

お支払い用定額通知サービスでは、あらかじめ決めた設定額(月にいくらまでカードを使うかの設定)を超えた時に、その翌日にメールが配信されます。「今月はこれ以上使わないでおこう」という風に節約をするための強い味方です。

不正使用をシステムでチェック!

エポスカードは「不正使用検知システム」というシステムをユーザーの安心のために導入してくれています。

システムの性質上、どういう場合に不正という風に検知するのかは公式サイトにも記載されていませんが、不正使用のパターンを独自に分析していて、怪しいと判断した場合に本人確認をするようなシステムになっています。

気が付いたらカードを第三者に勝手に使われていたなんて、怖すぎますよね。

そんな犯罪からガードしてくれるシステムを導入しているエポスカードは、かなり頼りがいのあるカードといえるのではないでしょうか。

ウィーちゃんウィーちゃん

マルコとマルオの7日間でボクもお買い物したいニャ!

博士博士

ワシは安心の海外旅行保険を使って旅にでも出るかのう♪

エポスカードのデメリット

年会費無料なのに優待が豊富なエポスカード。一見してみるとデメリットがないように感じますよね。

でも、エポスカードを持ちたいと思っているのならしっかりとデメリットも知っておくことが大切です。それが後々の満足感にもつながってきます。

まず還元率が高還元カードと比べると高くないこと。そして、クレジットチャージからの税金支払いで節約をするという利用方法が人気のnanacoにクレジットチャージができないことなどがデメリットとして挙げられます。

でも、デメリットを克服する方法も併せてご紹介していきますので、小さなデメリットにガッカリせずに最後までお付き合いいただければ幸いです!

基本の還元率が0.5%

基本の還元率が0.5%というところがエポスカードのデメリットの一つです。しかもマルイ・モディでも普通のエポスカードでは還元率に変化はありません。

楽天カード、dカードでも基本の還元率は1%、リクルートカードはさらに高く1.2%。こういった高還元の年会費無料カードに慣れてしまっていると少し物足りなく感じるかもしれませんね。

一方、エポスカードは、0.5%という還元率ながら優待がたくさん受けられ、海外旅行傷害保険も自動付帯しています。高還元カードはポイントが貯まる分、優待にはあまり強くないことが多いので、そこがエポスカードの強みともいえるでしょう。

さらにエポスポイントの使い道で便利なのがエポスVisaプリペイドカードです。こちらに貯まったポイントを移してしまうと、プリペイドカードということでお金と同じような性質上、有効期限が無期限になります。

しかも、VISAブランドに対応しているお店ならどこでも使えるのが強みといえるでしょう。

また、通常は還元率0.5%ですが、ネットショッピングの際に「たまるマーケット」を経由してお買い物をすると、ポイントをより沢山もらうことができるので、賢く使ってポイントを貯めていくこともできるんです。

ここを経由すればポイント還元率は最低でも2倍になりますから、還元率1%でエポスポイントが貯まっていきます。

「たまるマーケット」には400店舗以上が登録されていますので、普段使うネットショップはほとんど入っているんです。

お気に入りショップを登録して簡単にアクセスする便利機能や、ポイントアップしているショップを簡単に探せるなどのメリットもあるので、エポスカードを持ったらネットショッピングは「たまるマーケット」を上手く使っていきましょうね。

nanacoチャージは不可

税金など「クレジット払いができないけれど、電子マネーならポイントがつかないながら支払いは可能。」というような品目の支払いはどうしていますか?

実は、nanacoにクレジットチャージをしてポイントを貯めてから支払うというやり方が、ポイントに敏感な方の間では定番となってきています。

nanacoのメリットとしては、何と言っても税金や公共料金の支払いができるという点ですね。

クレジットカードからnanacoにチャージする時にポイントが貯まりますので、nanacoを使う際にポイントが付与されなくてもしっかりポイントをゲットできるのがメリットでしょう。

直接支払いのときにポイントが貯まらなくても、チャージする時にチャージ元のクレジットカードにポイントが貯まるということですね。

しかし、エポスカードの場合残念ながらnanacoにチャージすることはできません。

楽天Edyにはチャージできるものの、こちらで税金の支払いはできない仕組みになっています。

電子マネーにチャージして税金の節約を考えている場合には、nanacoにチャージしてポイントのつく以下のようなカードを別に持っておくと便利です。

  • リクルートカード
    →還元率1.2%
  • Yahoo!JAPANカード(JCBブランドのみ)
    →還元率1%

 

用途に合わせて年会費無料のカードを使い分けると、ポイントの取り損ないが少なくなるという訳です。

紙の明細書発行で税抜80円が必要

エポスカードで紙の明細書を郵送してもらうような設定にしていると、毎回税抜80円がかかってしまいます。

エポスポイントを通常のポイント還元率で80円分=80ポイント貯めるにはどれくらいお金を使う必要があるのでしょうか?

本当は税抜ですから86円の支払いになりますが、分かりにくいので80円として計算してみましょう。

エポスカードの還元率は0.5%なので、計算すると80ポイント貯めるため必要な利用額は16,000円分ということになりますね。

紙の明細書をもらうだけで、お買い物16,000円分ものポイントとおよそ同額のお金を損するというと、ほとんどの人が嫌だなと感じるでしょう。

でも、ご安心ください。

エポスカードでは、紙の明細を発行しない方法もきちんと用意されているのです。

  • エポスカード公式アプリ
  • 会員サイト「エポスNet」

 

これらを使えば紙の明細書を発行する必要はなくなります。むしろ、いつでもどこでも確認ができて便利ですので、明細はWebかアプリでのチェックが断然オススメです!

また、今は紙の明細を発行するのが有料のクレジットカードがほとんどですので、エポスカードが特別なわけではありません。

博士博士

どれもお金をかけずに克服できるデメリットばかりなんじゃ。

ウィーちゃんウィーちゃん

そうだね。デメリットよりも優待や海外旅行傷害保険がついているメリットの方が大きいね!

エポスカードを持つべき人!

エポスカードはマルイやモディでポイントが貯まるだけではない優秀な年会費無料カード。しかも、申し込んだその日に手にすることだってできます。

それだけ優秀なエポスカードですが、クレジットカードは持つ人との相性が非常に大切です。

ポイント、優待、旅行保険など様々な角度からエポスカードを持つべき人をピックアップしていきます!

即日発行できるカードがほしいという人

エポスカードは即日発行できるところが大きなメリット。しかも、ICチップを搭載しているからセキュリティも固いです。

  • 海外旅行を控えていてすぐにクレジットカードがほしい
  • 引越しなどまとまった額の支払いをクレジットカードでしてポイントを貯めたい
  • マルイ・モディのセールで今すぐに買い物してポイントを貯めたい
  • エポスカードの優待を早く使いたい
  • 忙しくて不在がちなので、今日申し込んで今日受け取りたい

 

海外旅行ではクレジットカードは必需品。クレジット払いでないと宿泊代金の他に、デポジットという一時預かり金をホテルに預けなくてはなりません。

デポジットはあとで返金されますが、ホテルでも手続きが増えることと、余分な現金が必要になるのでできれば避けたいですよね。

クレジットカードを提示することで、それがデポジット代わりとなり、現金を余分に用意することがないので非常に便利なんです。

引越しなどまとまった額の支払いも、ぜひクレジットカードで払ってポイントを一気に貯めたいところ。同じように、「マルコとマルオの7日間」のような期間限定のセールもエポスカードがなければ非常にもったいないです。

「マルコとマルオの7日間」のセールでは、同じものがエポスカードを持っているだけで10%OFFになるのですから。これは、即日発行しかありませんね!

また、忙しくて「今日を逃したらいつ暇があるかわからない」という人にも即日発行は便利です。

通常クレジットカードは宅配便や書留などで送られてきますよね。そして、本人が受け取らなくてはならないのでお家に不在という方はなかなか受け取れないこともあるのです。

その点、即日発行なら「今日なら時間がある」というタイミングを生かすことができます。

このような理由から、エポスカードは即日発行で使い勝手の良いカードを探している人が持つべきカードといえるでしょう。

マルイをよく利用するという人

マルイとモディを時々利用する方ならエポスカードを持って絶対に損はしないといえるでしょう。

年に4回開催の「マルコとマルオの7日間」のためだけにでも、持っておくべきです。

この期間は、エポスカード会員ならマルイ・モディで10%OFFでお買い物ができます。

年4回ということで、シーズンごとの洋服の買い足しや、素敵なインテリア雑貨などを探すのも良いですね。

ちょこちょこと色々なお店でファッションアイテムを買うのも楽しいものですが、これからのお買い物はセール期間中にエポスカードを使ってとっておきのお気に入りを10%OFFで買う、というのはいかがでしょう。

きっと節約しながら、とっておきに出会えるはずです!

海外旅行保険のついた無料カードがほしい人

海外に行く機会があるのなら、絶対に海外旅行傷害保険がついているタイプのクレジットカードがオススメです。

なぜなら、海外で病気やケガなどのトラブルに見舞われるとかなりの額のお金が必要になってしまうから。

ちょっとした病気やケガで数十万~数百万なんていうこともあり得ると聞くと海外に行くのが怖くなってしまいませんか?

そこで、エポスカードについている海外旅行傷害保険が役に立つという訳です。

でも、海外旅行傷害保険が充実しているクレジットカードというと年会費が高かったり、ゴールドなどのイメージもあるかもしれませんね。

エポスカードなら、充実の海外旅行保険が年会費無料なのに自動付帯しています。

うっかり申請していなかったり、海外旅行代金にカードを使わなかったというミスで補償が受けられないという失敗もありません。(自動付帯=事前の手続きなしで補償を受けられること)

初めての海外旅行傷害保険つきのクレジットカードをお探しの方にもエポスカードは持つべきカードといえます。

外食&レジャーの優待に魅力を感じる人

エポスカードは豊富な優待が魅力のひとつ。

生活していくうえで、節約だけでなくやはり美味しいものを食べたり、レジャーを楽しんだりは欠かせませんね。楽しみと節約を両立させるためには、エポスカードの優待をフル活用するというのはいかがでしょうか?

身近な外食チェーンでは例えば以下のような優待があります。

  • ロイヤルホストで飲食代から5%OFF(※2018年3月31日まで)
  • ファーストキッチンで飲食代から5%OFF(※2018年3月31日まで)

優待期限はこれより延びる(更新される)可能性もあるので、定期的に公式サイトをチェックしてください。

ロイヤルホストはファミレスとは思えないくらいのクオリティが自慢。普段よりちょっとリッチな気分を味わいたいときも、5%OFFなので安心ですね。

ちなみに、居酒屋チェーンではエポスポイント10~20倍などの特典を提供しているところも多いので、さりげなくまとめてお会計をするとポイントがたくさんもらえてしまうという技も!

また、レジャー施設の優待も充実しています。お子さんのいる方は家族全員のチケットが必要になるため、ちょっと遊びに行くだけでも結構な出費になってしまいますよね。

レジャー施設系の優待は、期間によって内容が変わることが多いので代表的な施設をいくつかご紹介します。

  • 富士急ハイランド
  • 東京ジョイポリス
  • さがみ湖プレジャーフォレスト
  • ハウステンボス
  • 西武園ゆうえんち
  • 東京サマーランド
  • 新江ノ島水族館
  • 鴨川シーワールド
  • 須磨海浜水族園

 

詳しい優待については別途ご紹介していますが、ここに全然書ききれないほどたくさんの優待が豊富です。

外食費やレジャー費を無理なく節約したい、という方にとってもエポスカードはオススメのカードといえます。

年会費無料でゴールドカードが持ちたい人

「いつかはゴールドカードがほしい」

そう思っていても、やはり年会費が気になってしまってちゅうちょしたりしていませんか?また、審査に通るかどうか不安という方もいるでしょう。

そんな方にオススメのやり方は、まずは通常のエポスカードを保有するという方法です。

そのまま普通に生活費でもレジャー費でもよいのでカードを利用して、滞りなく支払っていくという方法が実はゴールドカードへの近道です。

エポスゴールドカードのインビテーションはそこまでハードルが高くないと言われていますので、普通に問題なく使っている方にはかなりの確率でゴールドカードのインビテーションが届くのではないでしょうか。(インビテーションの条件は、基本的に非公開なので公式の情報はありません。)

インビテーションさえ届けば、エポスゴールドカードは年会費無料でずっと使うことができます。まずは、普通のエポスカードで実績を作っていくのが良いでしょう。

まとめ

エポスカードは、年会費無料のクレジットカードとは思えないほどの優待内容が自慢!

優待内容をちょっと見ているだけでも、さっそく遊びに行きたくなってしまうほどのラインナップですよ。

優待の期限が短いものもありますが、延長される可能性も大いにあるので、こまめにサイトをチェックして賢く使いましょう。

そしてメリットはそれだけにとどまらず、マルイ・モディでの年4回の10%OFFセールも見逃せません。このためだけにカードを作ったとしても、年会費無料なので損がしないのが嬉しいところ。

還元率はそれほど高くはありませんが、「たまるマーケット」からの通販などでポイントアップを狙うことができ、年会費無料で充実した海外旅行傷害保険がついているのがエポスカードの魅力ですね。

スポンサーリンク