電子マネーってそんなに便利なの?

ウィーちゃんウィーちゃん

電子マネーを使ってお買い物をしている人を見たニャ。

電子マネーってそんなに便利なの?

博士博士

名前の通り、形のない通貨でレジにある電子マネーリーダーに、スマホやカードをかざすだけで使えるのじゃ!

そして、使いすぎてしまう心配も少ないし、現金よりもお得になることもあるんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

博士のおすすめな電子マネーってある?

博士博士

あれもこれもおすすめじゃのぅ。使う目的や使う場所によっておすすめな電子マネーが変わってくるんじゃよ。

どんな電子マネーがあるかを解説していこう!

電子マネーは色々な種類があり、代表的なものだと楽天Edyやnanacoなどがありますよね。

電子マネーのメリットは、支払いが早く済むということで、対応している店舗であれば専用端末にピッとタッチするだけで精算が終わるので非常に便利です。

しかし、最近では色々な電子マネーが出てきており、それぞれの違いが分かりにくいという方も多いと思います。

そこで、主要な電子マネーの特徴、また、おすすめの電子マネーを分かりやすく解説していきますね。

スポンサーリンク

日常で使えるおすすめの電子マネー

電子マネー おすすめ

「電子マネーはいいと思うけど、普段利用できなければ必要ないのでは?」

それはごもっともです。

いつも使うお店で利用することができなければ、宝の持ち腐れになってしまいますよね。

そこで普段のお買い物でも利用する事のできる電子マネーを紹介していきましょう!

楽天Edy

楽天Edy

楽天Edy は、楽天が提供している前払い(チャージ)式の電子マネーです。

楽天ポイントカードや楽天カードに付帯していますので、楽天Edyで支払いをすれば楽天スーパーポイントを貯めることができます。

また、スマートフォンなどのおサイフケータイ機能を使って楽天Edyアプリをダウンロードすれば、スマートフォンでの支払いも可能になりますので、自分の使いやすい方法を選択できるんです。

楽天Edyで支払うともらえるポイントは通常0.5%

楽天Edyを使って電子マネー払いをした場合、楽天Edy加盟店で支払いをすると200円につき1ポイント貯まります。(通常0.5%還元)

楽天ポイントカードの加盟店で、楽天Edyの付加したポイントカードやクレジットカードを提示して現金で支払った場合、100円につき1ポイントが貯まります。(通常1%還元)

もし、楽天Edyと楽天ポイントカードの両方の加盟店で使うと、下記のような計算になるのです。

  • 楽天Edy払い→200円につき1ポイント
  • 楽天ポイントカード提示→100円につき1ポイント
    →両方を足して、200円につき3ポイント 獲得!

 

楽天Edyと楽天ポイントカードの両方の加盟店であれば、1.5%のポイントが付くことになります。

楽天Edyの加盟店で楽天ポイントカード加盟店であるというケースなら、楽天Edyで支払いをすれば常に200円につき3ポイントを獲得することができるのです。(楽天Edyが使えても楽天ポイント加盟店ではない店舗もあります)

これは非常にお得なポイント獲得方法ですよね。

両方の加盟店でお買い物をするときは、先に楽天ポイントカード番号を読み取ってもらってから、楽天Edyでの支払いをしましょう。

※楽天Edyで買い物をして貯まる楽天ポイント(楽天スーパーポイント)は、そのまま楽天Edyとして使うことができず、楽天ポイントを楽天Edyとして使うのにはポイントの交換が必要です。

楽天Edyの種類は5つある

楽天Edyには5つのタイプがあります。それぞれ使い方に合わせて選択することができますが、どのような種類があるのかを挙げてみましょう。

詳細
楽天ポイントカード(楽天Edy機能付き)楽天市場内の楽天Edyオフィシャルショップで購入可能
販売価格:324円(税込み)
楽天カードシリーズ
(楽天銀行カード・家族カードを除く)
楽天カード公式サイトから申込み可能
楽天Edyストラップ楽天市場内の楽天Edyオフィシャルショップで購入可能
販売価格:1,058 円(税込み)
おサイフケータイ(Android)Google Playから無料でダウンロード可能

楽天カードは入会キャンペーンもよくおこなっていますので、公式サイトをチェックしてキャンペーンの時に申し込むとお得にポイントをGETすることができます。

※楽天カードの入会キャンペーンでもらえるのは楽天Edyではなく、楽天スーパーポイントですが楽天市場でお得に使うことができるので大変お得ですよ。

楽天Edyを手に入れたらポイント登録しておこう!

楽天Edyは、貯めることができるポイントを選択することができます。ただ、楽天カードに付帯している楽天Edyは、楽天スーパーポイント以外貯めることができません。

それでも貯まるポイントの登録が必要になりますので、ポイントを登録しておきましょう。

ポイントの登録は楽天ポイントカードならコチラから設定することができます。

楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードは、あらかじめANAマイルが貯まるようにポイント設定がしてあり、楽天カードなら楽天スーパーポイントが貯まるように設定してあります。

(ただし、楽天Edy機能付き楽天カードではない場合、楽天Edy機能付き楽天カードに切り替える必要があります。)

それなら一体どの楽天Edyならポイントの選択ができるのかというと、おサイフケータイ(スマホのアプリ/ガラケー)なのです。

選択できるポイントは、以下のようになっています。

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAマイル
  • Ponta
  • Edyでコイン(GREE社)
  • WALLETポイント(KDDI社)
  • Tポイント(※フィーチャーフォンは非対応)
  • ヨドバシゴールドポイント
  • ヤマダポイント(※スマートフォンは非対応)
  • エポスポイント
  • ビックポイント
  • マツモトキヨシ
  • エディオンポイント
  • ドットマネー

※一部のポイントはEdyの種類によって貯めることができない場合があります。

※フィーチャーフォンとはガラケーのことです。

上記のように色々な種類のポイントに設定することができますので、使う頻度の多いポイントの設定をしておけば、貯まったポイントの無駄になりにくくなりますし、利用価値もグンと上がりますね。

ポイント設定は、おサイフケータイに楽天Edyをダウンロードしたときにおこなうことができます。

チャージの方法は9通り

楽天Edyへのチャージの方法は9通りもありますので、お好きなチャージ方法を選択することができます。

ここでチャージについて注目したいのが、楽天カードからのチャージです。楽天カードで楽天Edyにチャージすると、200円につき1ポイント貯まります。

たとえば、毎月10,000円を楽天Edyにチャージした場合、現金でのチャージだとポイントは付きませんが、楽天カードでチャージすると50ポイントが付くことになるのです。

楽天カードを持っているのなら、楽天カードからチャージしたほうが断然お得ですね。

楽天Edyにチャージする方法は、『楽天Edyのチャージ機があるコンビニはどこ?クレジットカードでの方法とは?』でも詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

楽天Edyにチャージができたら、あとは楽天Edy加盟店でお買い物をするだけです。

楽天Edyが使えるお店がとにかく多い!

電子マネー払いができる加盟店というと「数に限りがありそう…」と感じるかもしれませんね。

しかし楽天Edyは加盟店の数が非常に多く、全国に38万ヶ所以上もあり、楽天市場を中心に全国のコンビニエンスストアやスーパー・飲食店でも利用することができます。

店舗・サービス名
インターネット楽天市場・楽天Edyオフィシャルショップ・アマゾン・アメーバ・GREE・グルーポン・Joshin web・DMM.com・ライン など
コンビニエンスストアセブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクス・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマート・スリーエフ・ポプラ など
スーパーイトーヨーカドー・ピアゴ・やまや・アピタ・平和堂・マツゲン・マルヨシセンター・サンシャイン・ワイズマート・サンプラザ(大阪)・マルエツ・マルエツプチ・サンマート・オークワ など
本・DVDブックオフ(直営店)・TSUTAYA・紀伊國屋書店・大垣書店・宮脇書店・タワーレコード渋谷店・コミックシーモア など
家電ケーズデンキ・エディオン・ビックカメラ・ヨドバシカメラ・グッドウィル・コジマ・ジョーシン・ソフマップ など
百貨店・モール髙島屋・ダイバーシティ東京・アクアシティお台場・ららぽーと横浜・横濱中華街・さっぽろ地下街・千歳アウトレットモール・レラ・仙台三越・名鉄百貨店[本店]・セントラルパーク・近鉄パッセ・名古屋テレビ塔・阪急百貨店・エスカ地下街(名古屋駅新幹線口) など
雑貨店ドン・キホーテ・LOFT
飲食店コカ・コーラ マルチマネー対応自動販売機・マクドナルド・ガスト・魚民・バーミヤン・リンガーハット・カフェクロワッサンカフェ・すき家・ドミノピザ・大戸屋・モスバーガー・サガミ・コメダ珈琲店・CoCo壱番屋 など
ホテル・旅行ルートインホテルズ・サンルートホテル・コンフォートホテル・ホテルリステル新宿・リッチモンドホテル・インターコンチネンタル・品川プリンスホテル・東急ホテルズ・ウェスティンホテル東京 など

楽天Edyが使える主な加盟店の一部を挙げただけでもこれほどの数になりますので、楽天Edyがどれほど人気で使い勝手の良い電子マネーであるかがわかりますね。

日常のお買い物から、旅行まで幅広く活用できそうです。

※ただし、楽天ポイントカードと楽天Edyの使えるお店は違い、楽天Edyが使えてもポイントカードは使えないといったこともありますので、ご注意くださいね。

楽天Edyを使った決済の仕方は、『知っておきたい楽天Edy決済とは?決済方法も合わせて解説』でわかりやすくまとめています。

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天Edyの使えるお店がすっごく多いね。

支払いが楽なのも魅力的だニャ!

nanaco

nanaco

nanaco(ナナコ)はセブン&アイグループで広く利用する事のできる電子マネーで、素早く支払いができてポイントも貯まります。

前払い(チャージ)式の電子マネーなので、使いすぎの防止にもなりますね。残高が少なくなったらすぐにチャージができるから、カードを繰り返し利用することができます。

nanacoで支払うともらえるポイントは1%

電子マネーnanacoで支払いをすると、商品の金額100円につき1ポイントが貯まりますので、ポイント還元率は1%ということになります。

1%のポイント還元なら、nanacoポイントもザクザクと貯まっていきますね。

このほか、ペットボトルをリサイクルすることでリサイクルポイントが貯まり、貯まったリサイクルポイントをnanacoポイントに交換することができるなど、nanacoでできるお得なポイントの貯め方がいろいろあるのです。

詳しくは『貯めたnanacoポイントを電子マネーに交換!nanacoに交換できるポイントの種類も!』の中の「nanacoポイントをザクザク貯める方法」で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

電子マネーnanacoの種類は6つある

nanacoには6つの種類(ポイントを貯めておけるもの)があり、自分の使い勝手の良い方法を選択することができます。その種類は下記のようになっています。

発行手数料・年会費特徴
nanacoカード発行手数料:300円(税込み)
年会費:無料
セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの店舗で申し込み可能
シニアナナコ発行手数料:新規300円(税込み)
※nanacoから切替は無料
年会費:無料
イトーヨーカドー限定の60歳から持つことができるnanaco
スピードパスプラスnanaco発行手数料:300円(税込み)
年会費:無料
エッソ・モービル・ゼネラルで発行しているキーホルダー型電子マネー
ANA QUICPay + nanaco発行手数料:300円(税込み)
年会費:無料
ANA・QUICPay・nanacoの機能が一体化したキーホルダー型電子マネー
※ANAJCBカードを持っている方限定
モバイルnanacoダウンロード:無料(アプリ)スマートフォンなどにダウンロードして利用可能
セブンカード・プラス
(nanaco一体型クレジットカード)
発行手数料:無料
年会費:初年度無料
2年目以降:500円(税込)
※クレジットショッピング支払合計額が、5万円以上の場合、次年度無料
nanacoがクレジットカード『セブンカード・プラス』に一体化

上記のnanacoを大きく分けると、カード型・キーホルダー型・おサイフケータイ・クレジットカード一体型に分けられます。

たとえば、スピードパスプラスnanacoはキーホルダー型になっているので、家の鍵や車のキーと一緒に持ち歩くことができます。ガソリンスタンドでの給油や洗車などでもポイントが貯まります。

ANA QUICPay(クイックペイ) + nanacoは、ANA JCBカードを持っている人限定で持つことができる電子マネーであり、ANA SKiP(スキップ)サービス・QUICPay・nanacoの3つの機能が1枚で済んでしまうという、多機能キーホルダー型電子マネーです。

セブンカード・プラスはnanaco一体型クレジットカードであり、セブンカード・プラスを申し込むときにnanaco一体型を選択することで、1枚のカードでクレジットカードと電子マネーを利用することができます。

ウィーちゃんウィーちゃん

nanacoには色んな形があるんだね。

用途に合わせて選べばポイントも貯まりやすくなるニャ!

博士博士

しかしポイントは貯めるだけでは使うことができないのじゃよ。

それを解説しよう。

nanacoポイントはそのままでは利用できない

nanacoポイントは、電子マネーnanacoを利用して支払いをすれば貯まっていくポイントですが、そのままの状態ではポイントを利用することはできません。

ではどうするのかというと、ポイントを電子マネーに交換する必要があるのです。

「なんだか面倒くさいな…。」

と思いますよね。しかし、nanacoポイントの電子マネーへの交換(ポイントチャージ)は非常にカンタンで、セブンイレブンやイトーヨーカドーのレジなどで店員さんに「ポイントを電子マネーにしてください。」とお願いするだけ。

すると店員さんがレジを操作して、ポイントを電子マネーにしてくれます。これで電子マネーnanacoとして支払いができるようになるのです。

スマートフォンや携帯電話のアプリ内で交換することもできます。交換方法については『貯めたnanacoポイントを電子マネーに交換!nanacoに交換できるポイントの種類も!』のなかで手順を詳しく解説していますので、合わせて一読してみてくださいね。

nanacoが使えるお店はセブン&アイグループだけではない!

nanacoが使えるお店と言えば、一昔前まではセブン&アイグループだけで使えるお店が少ないといわれてきましたが、現在は加盟店を続々と増やしていて、2016年の段階で利用可能店舗数が21万か所以上となっているので、幅広い店舗で利用できるほどなのです。

主に利用できるお店は以下のようになっています。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • マクドナルド
  • デニーズ
  • かっぱ寿司
  • CoCo壱番屋
  • コメダ珈琲
  • ビックカメラ
  • Joshin
  • ロフト
  • ツルハグループ
  • エッソ
  • ラウンドワン
  • 快活クラブ
  • ヤマト運輸 など

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用している人であれば、ボーナス対象商品をnanacoで支払えばボーナスポイントが加算されますのでお得にお買い物ができます。

ボーナス対象商品のポイント数は、賞品によって違いがありますのでどの商品がお得になるのか探してみるのもいいでしょう。

WAON

WAON

WAONはイオン発行の電子マネーで、イオングループでお買い物をして電子マネーWAONで支払いをすると、WAONポイントが貯まっていきます。

では、どのくらいポイント還元があるのかを、下記にまとめました。

電子マネー WAONで支払うともらえるポイントは0.5%

電子マネー WAONで支払いをすると200円につき1WAONポイントが付きますので、還元率は0.5%です。

「還元率が0.5%では、ちょっと少ないな。」

と感じるかもしれませんが、WAONは様々なキャンペーンを随時おこなっていますので、そのキャンペーンの時を狙ってお買い物をしたりチャージをすれば、あっという間にWAONポイントが貯まります。

  • <10周年記念>WAONチャージキャンペーン
  • 期間限定!NEXCO西日本のサービス・パーキングエリア 電子マネーWAONポイント5倍!
  • <ミニストップ>WAONで対象の飲料を合計5本買うごとに100ボーナスポイントプレゼント

一部終了しているキャンペーンがあります。

上記のようなキャンペーンがあり、ポイントをガッツリと貯めることができるチャンスがたくさんあるのです。

ポイント還元率だけでなく、電子マネーのキャンペーンや特典がどんな内容であるかも、電子マネーを選ぶ基準にしておきましょう。

電子マネー WAONの種類は220種類以上!

WAONと言えば水色のカードというイメージが強いかと思われますが、実は「ご当地WAON」の種類が非常に多く、クレジットカードに付帯しているWAONやモバイルWAONなども含めると、なんと220種類以上もあるのです。

地域密着型のイオングループだからこそ発行することができるご当地WAONは、その地域によってデザインも様々であり、見ているだけでも楽しいカードばかりです。

あなたの地域のご当地WAONを探してみるもの楽しいかもしれませんね。

電子マネー WAONを手に入れよう!

電子マネー WAONは、イオン・ビブレ・マックスバリュ・ミニストップなどのイオングループの店頭や、一部の加盟店で手に入れることができます。

カードは有料で、発行手数料に300円かかりますが、年会費は無料です。

イオンカードに付帯しているWAONを利用したいときは、イオンカードの申し込みの時にイオンカード(WAON一体型)を選択するといいでしょう。

電子マネー機能とクレジット機能を分けて使いたいという人は、イオンカードとWAONカードプラスを申し込むことで、2枚のカードを持つことができます。

※イオンカードはクレジットカードですので、審査があります。

イオンカードの申し込みの方法は、『イオンカードを申し込むならネットから!イオンカード発行までの流れ』のなかで、より詳しく解説していますので参考にしてくださいね。

モバイルWAONを使って、携帯電話から電子マネー払いをしたい場合は、WAON公式サイトのQRコードを読み取るか、URLにアクセスしてくださいね。ダウンロード手数料は無料です。

WAONが使えるお店は増え続けている

WAONが利用できるお店と言えば、イオングループが思い浮かびますよね。

しかし、最近ではWAON加盟店をどんどん増やし続けていますので、イオングループでなくとも電子マネーWAON払いができるのです。

利用できる店舗を一覧表にまとめてみました。

店舗・サービス名
スーパーAEON・ザ・ビッグ・ダイエー・マックスバリュ・ダイエーグルメシティ・まいばすけっと・マルナカ・イオンスーパーセンター など
コンビニエンスストアミニストップ・ファミリーマート・LAWSON・ナチュラルローソン・ポプラ・スリーエイト・生活彩家・サークルKサンクス・セイコーマート など
ショッピングセンターイオンモール・イオンタウン・フォーラス・千歳アウトレットモール レラ・東急プラザ・マリノアシティ福岡・リバーウォーク北九州・JRタワー・ユニバーサル・シティウォーク大阪・さっぽろ東急百貨店 など
ドラッグストア等ウエルシア・ハックドラッグ・ ツルハドラッグ・ドラッグストアウェルネス・ドラッグユタカ・金光薬品・保険薬局ファーコス など
専門店・商店等イオンペット・スポーツオーソリティ・未来屋書店・グリーンボックス・イオンリカー・イオンボディ・酒ゃビッグ・ビックカメラ・コジマ・ソフマップ・エディオン・フォーエル・Right-on・TSUTAYA など
空港内売店BLUE SKY・新千歳空港・東京国際空港(羽田空港)・成田国際空港・中部国際空港(セントレア)・大阪国際空港(伊丹空港)・関西国際空港・福岡空港
高速道路NEXCO西日本・NEXCO東日本・NEXCO中日本
飲食店マクドナルド・吉野家・キッチンオリジン・かっぱ寿司・小僧寿し・安楽亭・ドミノ・ピザ・珈琲所 コメダ珈琲店・CoCo壱番屋・ステーキのどん・どん亭 など
レジャー施設・ホテル等イオンシネマ・美ら海水族館・小岩井農場・快活CLUB・コロナワールド・ラウンドワン・インターナショナル・ホテルJALシティ・ワシントンホテル・ルートインホテルズ など

このように、様々なお店がWAON加盟店となり、ローソンなどの各コンビニでもWAONで簡単に決済できるのです。

イオングループを利用する人だけでなく、他のお店を利用する人にとってもお得にお買い物することができるのが電子マネーWAONなんですね。

ウィーちゃんウィーちゃん

電子マネーは、本当に普段のお買い物でも活躍してくれるんだね!

博士博士

そうじゃよ。特に家計を預かる主婦にとっては、ポイントが貯まる特典は逃せないのぅ。

ウィーちゃんウィーちゃん

他にも電子マネーってあるのかニャ?

博士博士

他には交通系電子マネーがあるぞ。通勤・通学・電車移動の多い人にはもってこいじゃ!

交通系のおすすめ電子マネー

電子マネー おすすめ

電車やバスで通勤・通学をしている人や、移動に公共交通機関を利用しているのなら、交通系電子マネーがおすすめです。

交通系電子マネーなら、切符をわざわざ購入する手間もなく、改札でタッチするだけで支払いが終わるのでスムーズに進むことができます。

では、どんな交通系電子マネーがあるのかを詳しく解説していきましょう。

Suica

suica

Suicaは、JR東日本が発行している交通機関のICカードで、現金をチャージすれば繰り返し使用できるカードです。

「Suicaが交通系のカードなら、電車に乗るときにしか使えないんじゃないの?」

いえいえ、確かにSuicaは交通系電子マネーですが、街のお買い物の支払いにも利用することができるのです。もちろんJR東日本の電車の運賃の支払いに利用することもできます。

この基本的な機能のみを利用することができるカードの種類は3つあります。

特徴・購入場所など
My Suica(大人用記名式)・多機能券売機・みどりの窓口で購入可能
・購入時に氏名・生年月日・性別の登録が必要
Suicaカード(無記名式)・多機能券売機・みどりの窓口で購入可能
・個人の登録が不要なため、短時間で購入可能
My Suica(こども用記名式)・記名式My Suicaのみの発行
・購入時に氏名・生年月日・性別の登録が必要
※小学校を卒業する年度の3月31日まで利用可能

この他にも携帯電話のアプリで使えるモバイルSuicaがあり、アプリをインストールするだけで使うことが可能です。

また、定期券と一体化した、Suica通勤定期券・通学定期券・新幹線定期券・などがあります。

仕事などでJR東日本の電車を利用しているのであれば、定期券付きSuicaが便利です。

Suicaは最初の金額を選択して購入する

Suicaの買い方は前章で解説した電子マネーとは購入方法が少し違い、6種類の金額の中から欲しい金額を選択して購入します。金額の種類は下記の通りです。

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 4,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

 

上記の金額の中には『デポジット』と呼ばれる預り金(500円)が含まれています。

これはカードの使い捨てを防止するための預り金であり、Suicaを解約するときに返金してもらうことができますので、使わなくなったSuicaは捨てずに返却してデポジットを受け取るようにしましょう。

デポジットの払い戻し方法は『500円まるまる返ってくる!Suicaのデポジットを払い戻す方法』で詳しく解説しています。

Suicaを入手したら登録をしよう

Suicaは購入してからそのまま利用していてもポイントが貯まらないのです。インターネット上で入会の登録をおこなわないとなりません。

2017年11月末日までは、Suicaポイントクラブでポイント登録をおこなうことができましたが、現在ではJRE POINTに共通化されたことにより、Suicaポイントは「JRE POINT」として貯まるようになりましたので、JRE POINTに登録をおこないます。

※JRE POINTとは、駅ビルなどのJRE POINT加盟店でSuica払いをおこなうことでJRE POINTが貯まるポイントシステムです。

JRE POINTと共通化したことで使える先が広がる!

【Suica登録して貯まる】マークが付いているお店であれば、100円または200円ごとに1ポイント貯まっていきますし、ポイントを使ってお買い物をすることもできます。

※ただし、JRE POINTカードを提示しただけでは、ポイントは貯まりませんのでご注意ください。

電子マネーSuicaが使えてポイントが貯まる加盟店には、どんなところがあるのかを下記にまとめました。

エキナカ
コンビニ・売店・飲料自動販売機NewDays・KIOSK(JR東日本Suica利用可能駅及び東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線停車駅)・acure
駅ビル・駅構内店舗ecute・Edy’s Bread・黒塀横丁・キッチン横丁・北町ダイニング・GRANSTA・Keiyo Street・BOOK EXPRESS など
飲食店・お弁当・お土産いろり庵きらく・駅そば・親父の製麺所・そばいち・蕎香・HONEY’S BAR・Becker’s・BECK’S・弁当売店・銘品館
その他車内販売・ホテルメッツ・メトロポリタンホテルズ

駅の中にあるお店だけでなく、街の中でもSuicaを利用したお買い物ができます。もちろんポイントも100円または200円に1ポイント付きます。

街ナカ
スーパー・ショッピングセンターArio(関東・東北・中部エリア(一部店舗除く))・イトーヨーカドー(関東・甲信越・東北エリア(一部店舗除く))
書店紀伊国屋書店(関東・東北・新潟エリアの一部店舗)
ファッションコナカ(関東・東北エリアの一部店舗)・洋服の青山(関東・山梨エリアの店舗)
アミューズメントwiiu/3ds/3dsll
ホテルホテルニューグランド・FAMILIO
飛行機(国内線機内販売)ANA(国内線の機内販売のみ利用可能)
その他・駐車場 Times(関東・東北エリアの一部駐車場)・ヤマト運輸

上記のほかにも【Suica登録して貯まる】というステッカーが貼ってあるお店ならば、Suicaで支払いができて同時にポイントも貯まります。

また、一部のコインロッカーでも【Suica登録して貯まる】ステッカーが貼ってあればJRE POINTが貯まりますので、ぜひ利用していきたいですね。

さらに2018年3月頃からSuicaグリーン券への交換がスタートする予定ですので、もっと使い道が増えていくことでしょう。

PASMO

pasmo

PASMO(パスモ)は、株式会社パスモが発行しているICカードで、電車やバスの運賃だけでなく、PASMO加盟店や首都圏・仙台・新潟・札幌(SAPICAエリア)の各Suicaエリアでも支払いに利用することができます。

チャージをすれば何度でも使えますので、1枚持っておくと非常に重宝します。

PASMOの種類は5つ

PASMOには定期券やクレジット機能を兼ね備えたカードも含めて5種類あります。それぞれの名前と詳細は下記のようになっています。

詳細
無記名PASMO誰でも利用可能
記名PASMO記名人のみ利用可能
PASMO定期券定期券として利用可能(記名式)
一体型PASMOクレジット機能とオートチャージ機能が付いたPASMO
小児用PASMO・こども用PASMO
・有効期限:12歳となる年度の3月31日まで

通勤で電車を利用するのであれば、定期券の付いたPASMO定期券を選択したり、家族内で誰でも使用できるようにしたいなら無記名PASMOを選択するなど、生活スタイルや用途に合わせてPASMOの種類を選ぶことができます。

PASMOの購入方法はとってもカンタン!

様々なPASMOがありますが、ここでは記名式または無記名PASMOについて解説していきましょう。

記名式PASMOや無記名PASMOは、PASMO取扱事業者の各駅やバス営業所などの券売機や定期券販売窓口で購入することができます。

券売機で購入するときは、無記名PASMOなら画面の指示に従い操作していけば、発行に何分もかかることはありません。

定期券販売窓口などで記名PASMOを購入す場合は、書類に必要事項を記入して発券してもらいます。

PASMOを購入したときの金額にはデポジット(500円)が含まれていますので、PASMOを使用しなくなった時には捨ててしまわずに、窓口などで払い戻してもらいましょう。

チャージは券売機とチャージ機・バス車内でもできる!

チャージがおこなえる場所は、駅構内にある券売機やチャージ機でおこなうことができますが、その他にもバスの車内や対応しているお店でもチャージすることができます。

バスに乗ったはいいけど、残高が足りなかった!といったときでも、バスの中でチャージできれば慌てることなく支払いができますね。

お店でチャージしてもらう場合は、そのお店がPASMO加盟店であることが前提です。PASMO取り扱い店であるかどうかを確認してからチャージしてもらいましょう。

PASMOが使えるお店

PASMOは利用できる店舗が非常に多く、下記の沿線を中心にして様々なお店で利用することができます。

  • 小田急電鉄
  • 京浜急行電鉄
  • 相模鉄道
  • 首都圏新都市鉄道
  • 西武鉄道
  • 東京急行電鉄
  • 東京都交通局
  • 東武鉄道 など

 

主に使えるお店は以下のような所があります。

  • ファミリーマート
  • マルエツ
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ミスタードーナツ
  • マツモトキヨシ
  • ドトールコーヒーショップ
  • 証明写真機
  • コインロッカー
  • 自動販売機など

 

上記のように利用できる場所がまだまだたくさんあります。(一部利用できない店舗があります)

PASMOが利用できるかどうかは、お店にPASMOのステッカーが貼ってあるかどうかでわかります。

このほか、「Kitaca」・「Suica」・「manaca」・「マナカ」・「TOICA」・「ICOCA」・「はやかけん」・「nimoca」・「SUGOCA」のマークがある場所でもPASMOを利用することができます。

ICOCA

ICOCA

ICOCA(イコカ)は、JR西日本が発行しているICカードで、事前にチャージしておくことで改札機にタッチするだけで運賃の支払いができたり、加盟店でお買い物に利用することができます。

ICOCAは、大きく分けて5つの種類がありますので、下記に詳細をまとめました。

詳細
無記名ICOCA・登録不要なので誰でも使うことができる
こどもICOCA・記名式こども用ICOCA
・名前・生年月日・性別の登録が必要
・有効期限:12歳となる年度の3月31日まで
SMART ICOCA(スマート イコカ)・記名式ICOCA
・手持ちのクレジットカードでチャージが可能
・J-WESTポイントが貯まる
ICOCA定期券
(大人用・子供用・SMART ICOCA)
・定期券と一体化したカードで記名式
KIPS ICOCA(定期券)・近鉄が発行しているICOCAで近鉄の定期券うりば(係員窓口)でのみ販売
・近鉄のKIPSポイントが貯まる

無記名ICOCAは自動券売機などで購入することができ、基本1枚2,000円で販売されています。一部の自動券売機では、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円で販売されています。

購入金額の中にはデポジット代500円が含まれていますので、ICOCAを利用しなくなった時はみどりの窓口などで解約をしてから返金してもらうようにしてください。

この中でもSMART ICOCAはもっとも使いやすい

上記のICOCAの中でももっとも使いやすいICOCAは、SMART ICOCAです。

JR西日本のJ-WESTポイントが貯まりますし、自分が持っているクレジットカードからチャージすることができますので、現金を持ち歩く必要がありません。

記名式ですので、万が一無くしてしまっても再発行することが可能ですし、ICOCAの利用履歴を確認することもできますので、非常に使いやすいカードとなっています。

もしクレジットカードを持っていない場合でも、JR西日本が発行しているクレジットカード【J-WESTカード】がありますので、SMART ICOCAと同時に申し込むことも可能です。(※ただし、クレジットカード入会時の審査があります)

ICOCAシリーズの購入場所や購入方法、受けることができるサービスについては『ICOCAの購入場所や買い方を解説!使えるICOCAはコレだ!』の記事で、より詳しく解説しています。ぜひ参考にしていただき、ICOCAを手に入れてくださいね。

電子マネーとしてお買い物でICOCAを使うことができる場所

ICOCAは電子マネーとしてお買い物に利用することができます。駅内にあるコンビニやキヨスク、飲食店や自動販売機、コインロッカーまでICOCAを使うことができるのです。

ICOCA加盟店であるかどうかは、ICOCAマークのステッカーが貼ってあるかどうかでわかります。

このほか、「Kitaca」・「PASMO」・「Suica」・「manaca」・「TOICA」・「はやかけん」・「nimoca」・「SUGOCA」のマークがついているお店でもICOCAを使って支払いをすることができます。

PiTaPa

PiTaPa

PiTaPaは、株式会社スルッとKANSAI(カンサイ)が発行しているICカードで、ポストペイ(後払い)方式なので事前のチャージの必要がありません。

後払いにすることで、利用方法や金額によって運賃の割引が適用されたり、残高不足に悩まされることはありません。

もちろん電車だけでなく、バスの運賃の支払いやお買い物、お食事の支払いでも利用することができます。(一部事前のチャージが必要な場所もあります。)

PiTaPaの種類は大きく分けて2種類

PiTaPaの種類は非常に数が多いので、大きく分類すると、『PiTaPaベーシックカード』と『PiTaPa提携カード』の2種類に分けることができます。

「PiTaPa提携カード」とは、スルッとKANSAI協議会加盟の交通機関等が提携して発行するカードで、 PiTaPaの機能のほかに、クレジットカードやポイントカードなど、他の機能や特典が付加されたカードです。

その中でも、もっとも基本のカードとなるのが『PiTaPaベーシックカード』です。

今回は基本のPiTaPaベーシックカードを取り上げて解説していきます。

PiTaPaベーシックカードは前払い式電子マネーよりも利用条件が厳しい

PiTaPaは後払い式の電子マネーですので、利用するにあたり制限がかかるものがあります。まずは基本的な機能から見ていきましょう。

詳細
入会条件本会員は18歳以上(高校生除く)
※未成年の場合は親権者の同意が必要
家族会員
(家族カード)
本会員と生計を共にする配偶者・小学生以上の子供・両親
※家族が満18歳未満の場合
・中学生および高校生等→家族会員(ジュニア)
・小学生:→家族会員(キッズ)
入会金・年会費無料
※ただし、1年間に一度もPiTaPaの利用(交通・ショッピングなど)がない場合、会員1名につきPiTaPa維持管理料1,000円(税抜き)が必要
(カード毎に利用の有無の判定がある)
利用代金通知書有料:発送1回につき100円(税抜き)
※ただし、PiTaPa会員専用インターネットサービス「PiTaPa倶楽部」で「ご利用代金通知書」の発送解除をすると通知書が発行されず無料になる
その他注意事項・ジュニア・キッズは交通利用のみ使用可能(PiTaPaショッピングは利用不可)
・家族会員(キッズ)カードは、小学校入学前であっても小児旅客運賃が適用
・家族会員(ジュニア)カードは、中学校入学前であっても大人旅客運賃が適用
支払い方法・指定の金融機関口座から引き落とし
・支払いは1回払い(分割払い不可)

上記の表を見てみると、まるでクレジットカードのように細かい注意書きがあります。

それというのも、PiTaPaは後払い式ですので使いすぎを防止するためであったり、お子様が必要以上に使用したりすることを防ぐためでもあるのです。

そのため、ジュニア・キッズカードについては交通系の支払いはできても、ショッピングの支払いはできないようになっています。

このほか注意しておかなければならないのが、維持管理料です。

カードごとに利用があったかどうかを判定しますので、1年間のうち一度も利用がないカードが1枚でもあったら、会員1人につき維持管理料1,000円(税抜き)を支払わなくてはなりません。

1,000円は結構高いですので、利用しないな…と思ったら忘れないうちに解約したほうがいいですね。

PiTaPaで支払いができる場所

基本的に関西を中心とした鉄道会社で利用することができます。

関西圏内で移動することが多い人はPiTaPaを持っておくと、切符を買う手間や待ち時間を無くすことができますので大変重宝します。

主な鉄道会社は下記のようになっています。

  • 近畿日本鉄道
  • 阪急電鉄
  • 京阪電鉄(京阪・大津線)
  • 南海電鉄
  • 阪神電鉄
  • 京都市交通局(地下鉄・バス)
  • 京都バス
  • 神戸交通局(地下鉄)

 

電車だけでなくPiTaPaのマークがついているお店でも、PiTaPaの電子マネー機能を使って支払いをすることができます。

主に利用できるお店は以下になります。

  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ポプラ
  • 阪急OASIS
  • オークワ
  • 洋服の青山
  • ココカラファイン
  • 近鉄百貨店
  • 海遊館
  • ひらかたパーク
  • 阪急タクシー
  • 近鉄タクシーなど

 

PiTaPaでお買い物をするとポイントが付く

PiTaPaでお買い物をすると、ショップdeポイントというポイントが貯まります。

通常の場合、100円につき1ポイントが貯まっていきますが、お店によって5倍のポイントが貯まる、10倍のポイントが貯まる、といったサービスがおこなわれていますので、あっという間にポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントは、ポストペイ(後払い)で使った電車の運賃として、500ポイント貯まったときに自動的に引いてくれます。

レートは、500ポイント=50円です。

他のポイントをショップdeポイントに交換して交通費支払いに充てることもできますし、ショップdeポイントをANAマイルに交換することも可能です。

詳しくは、『PiTaPa総合ガイドブック』にも載っていますので、一度目を通しておくといいでしょう。

他の全国鉄道エリアでも利用できる

このほか、「Kitaca」・「PASMO」・「Suica」・「manaca」・「TOICA」・「はやかけん」・「nimoca」・「SUGOCA」・「ICOCA」のマークがついている鉄道やお店でもPiTaPaを使って支払いをすることができます。

ただし、PiTaPaエリア以外の全国相互利用エリアについては、事前にチャージしておかないと利用できませんので、あらかじめチャージしておくかオートチャージを設定しておくといいでしょう。

スポンサーリンク
チャージについての注意事項

PiTaPaはカードが手元に届いた時点では、カード内にお金が入っていませんので、残高は0円となっています。

現金チャージをおこなう場合、その他全国エリアのJRの主な駅か、一部のPiTaPa交通利用エリアの駅に設置の券売機等でおこなえますので券売機を利用してチャージをおこなってください。

現金チャージ以外にオートチャージを設定することもできます。

入会の申し込みのときに【オートチャージ】を選択し登録した場合、PiTaPa交通エリアの改札機や運賃箱で読み取りをしたとき、カード内の残額が1,000円以下(キッズカードの場合は500円)だと、自動的に2,000円(キッズカードの場合は1,000円)をPiTaPaにチャージしてくれます。(※チャージ金額の変更はできません)

オートチャージされた金額は、ポストペイとして後日指定した銀行口座から引き落とされます。

ただし、他の鉄道エリアではオートチャージはおこなえませんのでご注意ください。

manaca

manaca出典:まるはち交通センター

manaca(マナカ)とは、名古屋市交通局が発行している乗車券と電子マネーが一体化したカードです。

他の交通系の電子マネーと同じように、改札機でタッチするだけで運賃の支払いができたり、加盟店であればお買い物に利用することができますので、非常に便利です。

前払い式の電子マネーですから、事前にチャージをおこなっておく必要がありますが、使いすぎることがなく誰でも持つことができるのが特徴です。

manacaの種類

manacaには全部で8種類のカードがあり、それぞれの生活スタイルに合わせて選択できるようになっています。

manacaの種類と詳細は、下記のようになっています。

詳細
無記名式manaca・販売価格:1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円から選択可能
・誰でも使用可能
・購入場所:マナカ対応券売機・改札窓口・駅長室・市バス車内・市バス営業所・交通局サービスセンター(定期券うりば)
記名式大人用manaca・販売価格:1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円から選択可能
・名前・性別・生年月日・電話番号の登録が必要
・購入場所:マナカ対応券売機・駅長室・交通局サービスセンター(定期券うりば)
記名式こども用manaca・販売価格:1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円から選択可能
・名前・性別・生年月日・電話番号の登録が必要
・公的証明書(健康保険証・パスポートなど)が必要
・有効期限:12歳となる年度の3月31日
(4月1日が誕生日の場合は前日の3月31日)
・購入場所:マナカ対応券売機・駅長室・交通局サービスセンター(定期券うりば)
記名式割引用manaca・販売価格:1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円から選択可能
・名前・性別・生年月日・電話番号の登録が必要
・購入場所:マナカ対応券売機・駅長室・交通局サービスセンター(定期券うりば)
通勤定期券・名前・性別・生年月日・電話番号の登録が必要
・事前にチャージしておけば、定期券区間を乗り越しても改札機や料金箱・運賃箱で自動精算可能
・鉄道定期券とバス定期券の2種類を1枚にできる
・購入場所:マナカ対応券売機・駅長室・交通局サービスセンター(定期券うりば)
学生定期券・名前・性別・生年月日・電話番号の登録が必要
・事前にチャージしておけば、定期券区間を乗り越しても改札機や料金箱・運賃箱で自動精算可能
・鉄道定期券とバス定期券の2種類を1枚にできる
・購入場所:マナカ対応券売機・駅長室・交通局サービスセンター(定期券うりば)
割引定期券(通勤・学生)・身体障害者手帳、愛護手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳など必要
・市バス・地下鉄、あおなみ線、ゆとりーとライン、名鉄バスで割引適用となる人が利用可能
・有効期限:マナカを購入した年度の3月31日
(有効期限は更新することで、翌年度の3月31日まで延長可能)
・購入場所:駅長室・交通局サービスセンター(定期券うりば)
特得60バス定期・購入場所:マナカ対応券売機・駅長室・交通局サービスセンター(定期券うりば)

※種類によって購入場所が異なるので、それぞれ確認をしておきましょう!

manacaカードの販売価格にはデポジット(預かり金)500円が含まれていますので、カードを利用し終えても捨ててしまわないようにしましょう。

チャージをすれば何度でも利用することができますし、もしmanacaを利用しなくなったのなら、解約手続きをすればデポジット500円を払い戻してくれます。

manacaで貯まるマイレージポイントがある

manacaには、乗れば乗るほどたまるマイレージポイントというポイントシステムがあります。

1か月間(毎月1日から同月末日まで)に、利用した額に応じてマイレージポイントが貯まっていき、貯まったポイントは、翌月の10日以降に駅券売機やチャージ機などでmanacaに還元され取得することができます。

ポイントは1ポイント=1円相当(10ポイント単位で利用可能)となっていて、取得したポイントは市バス・地下鉄などの乗車料金として使うことができますので、お得ですね。

マイレージポイントには有効期限があり、manacaに還元されないまま1年が経ってしまうと失効してしまいます。1年以内に必ず取得するようにしましょう。

また、manacaを交通事業者以外で利用した場合や、manaca以外の交通系ICカードを交通事業者で利用しても、マイレージポイントの対象外になりますのでご注意ください。

manacaが使える場所

manacaは名古屋市交通局や名古屋鉄道の路線だけでなく、あおなみ線、ゆとりーとライン、名鉄電車、名鉄バス、豊橋鉄道、リニモでも使うことができます。

このほか、全国相互利用が可能な「Kitaca」・「PASMO」・「Suica」・「TOICA」・「PiTaPa」・「ICOCA」・「はやかけん」・「nimoca」・「SUGOCA」の各エリアの鉄道バスでも利用することができます。

電子マネーとして利用するには、駅ナカ、駅マエ、街ナカのお店、駐車場、コインロッカーや自動販売機など『manaca』マークがある場所で使うことができるのです。

利用できる主なお店は以下のようになっています。

  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • 名鉄百貨店本店
  • SUPERMARKET成城石井
  • アスナル金山店 など

 

コンビニエンスストアをはじめとして、名古屋では利用する人の多いお店が加盟店になっていますので、manacaを持っていれば電車に乗るときでもお買い物でも小銭いらずで済みますね。

また、2017年4月に名古屋駅の新名所となったJRゲートタワー内のタカシマヤ ゲートタワーモール内でも交通系電子マネーを使うことができますので、manacaを持ってお買い物に繰り出してみてはいかがでしょうか。

ただし、一部電子マネーが使えない店舗もあるので、スタッフに尋ねてみてくださいね。

ウィーちゃんウィーちゃん

JRゲートタワーってテレビで紹介してたよ!

manacaを持ってさっそく行ってみなくちゃ。

SUGOCA

SUGOCA

SUGOCA(スゴカ)は、JR九州が発行している交通系ICカードです。前払いチャージ式のカードですので、事前のチャージが必要になります。

通常、交通系の電子マネーでポイントが貯まるものは少ないですが、SUGOCAは電車に乗ったりお買い物をするたびにJRキューポというポイントが貯まり、貯まったポイントをSUGOCAにチャージすることができます。

SUGOCAの種類

SUGOCAには大きく分けて3つの種類があります。

  • SUGOCA乗車券
  • SUGOCA定期券
  • SUGOCA特急定期券(SUGOCAエクセルパス)

 

さらにSUGOCA乗車券には3種類あり、名前を入れない無記名式と名前が入る記名式、記名式のこども用もあります。

上記の各SUGOCAの特徴は、下記の表のようになっています。

詳細
無記名式(大人用)・SUGOCA発売機能付自動券売機・JR九州のSUGOCAエリアで購入可能
・通常デザインのカードと特別デザインのカードが選択可能
※特別デザインカードはJR九州のSUGOCAエリア内の一部のみどりの窓口でのみ販売(無くなり次第終了)
・発売価格は2,000円(内デポジット500円)
記名式(大人用)・JR九州のSUGOCAエリア内のみどりの窓口で購入
※SUGOCA発売機能付自動券売機では購入不可
・発売価格は2,000円(内デポジット500円)
・購入申込書必要
・個人名義以外(会社名・法人)は記名式SUGOCA乗車券の購入できません
記名式小児用・JR九州のSUGOCAエリア内のみどりの窓口で購入
※SUGOCA発売機能付自動券売機では購入不可
・発売価格は2,000円(内デポジット500円)
・購入申込書必要(※公的証明書の呈示も必要)
・有効期限:12歳となる年度の3月31日(4月1日が誕生日の場合は前日の3月31日)
SUGOCA定期券・SUGOCA特急定期券(SUGOCAエクセルパス)・JR九州のSUGOCAエリア内のみどりの窓口で購入可能
・新規で購入する場合、定期運賃とデポジット(500円)が必要です
※ただし、すでに手元にある「SUGOCA乗車券」を「SUGOCA定期券・特急定期券」に変更する場合、継続利用であればデポジットは不要
・購入申込書必要
・クレジットカードでの購入も可能
(一部取り扱いができないクレジットカードがあります)

※定期券機能付きの場合、福岡市地下鉄及び北九州モノレール以外の他社線との連絡定期券や新幹線定期券は、SUGOCAでは販売できませんのでご注意ください。

SUGOCAが利用できる場所

SUGOCAも他の交通系電子マネーと同じように、様々なお店で使うことができます。

特に九州の駅なかにある店舗のほとんどは利用することができますので、お買い物やちょっとした休憩でもSUGOCAは活躍してくれます。

どんなお店があるのかを下記にまとめました。

主なお店
コンビニサークルKサンクス・セブン-イレブン・デイリーヤマザキファミリーマートポプラ・ミニストップ・ローソン
ショッピング・スーパー アミュプラザ鹿児島・小倉・長崎・えきマチ・JRおおいたシティ・JR博多シティ・八百屋の九ちゃん・イオン・マックスバリュ など
飲食店JR九州ファーストフーズ・JR九州フードサービス・コメダ珈琲店・すかいらーくグループ・マクドナルド・松屋フーズ・モスバーガー など
駅施設内 キヨスク・駅ナカの飲料自動販売機・九州内主要駅ロッカー・車内販売
家電量販店
ドラッグストア
コジマ・ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ドラッグイレブン など
書店・レンタル TSUTAYA・明林堂書店
ホテルJR九州ホテルズ
アミューズメント九州鉄道記念館・タイトーステーション・ラウンドワン
その他JQパークス・福岡交通・西日本タクシー・安川タクシー
ヤマト運輸
100円クリーニングコインズ・ペリカン倶楽部

上記に掲載されているお店でも、一部店舗で使えない場合があります。

九州の様々な施設や店舗でSUGOCAを使うことができますので、お財布の中におつりの小銭が増えることなく、スッキリとお買い物ができてしまいますね。

このほか、「Kitaca」・「PASMO」・「Suica」・「manaca」・「TOICA」・「PiTaPa」・「ICOCA」・「はやかけん」・「nimoca」の各エリアでも乗車運賃としてSUGOCAを利用することができますし、上記のステッカーの貼ってあるお店でもお買い物をすることができます。

nimoca

nimoca

nimoca(ニモカ)は、西日本鉄道が導入しているICカードです。バスや電車の乗車料をはじめ、電子マネーとして加盟店でお買い物の支払いに利用することができます。

nimocaの名称は「バスにも、電車にも、お買い物にも、いろいろ使えるオールラウンドなカード」という意味があり、その通り様々な場所でnimocaを使うことができるのです。

nimocaの種類

nimocaにはクレジットカードと一体化したものを含めるとたくさんの種類がありますが、大きく分けると5種類になり、その名前と詳細は下記のとおりとなっています。

詳細
nimoca・販売価格:2,000円(内デポジット500円)
・会員登録が不要
・バス・電車のご利用のみポイントがつきます
・各定期券売り場・駅窓口・IC対応券売機・電車車内・バス車内・各バス営業所・にしてつストア・ローソン(nimoca導入店舗)・nimoca総合カウンターなどで購入可能
スターnimoca・販売価格:2,000円(内デポジット500円)
・会員登録が必要(登録料は無料)
・カードに氏名・性別・★マークが記載
・バス・電車・nimoca加盟店でポイントが付きます
・各定期券売り場・駅窓口・各バス営業所・にしてつストア・nimoca総合カウンターなどで購入可能
小児用nimoca・販売価格:2,000円(内デポジット500円)
・小学生以下が対象(自動的に小児運賃で精算)
・他社エリアで利用可能
・有効期限:満12歳になる年度の3月31日まで
・会員登録が必要(登録料は無料)
・本人の生年月日がわかる公的証明書(健康保険証など)が必要
・各定期券売り場・駅窓口・各バス営業所・にしてつストア・nimoca総合カウンターなどで購入可能
障がい者用nimoca・販売価格:2,000円(内デポジット500円)
・nimocaエリアでは、自動的に割引運賃で精算
・他社エリアでは利用不可
・会員登録が必要(登録料は無料)身体障がい者手帳または療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、障がい者用カードが必要
・初回有効期限:次々回の誕生日まで
・2年目以降有効期限:毎年更新必要
※大分地区、函館地区では精神障がい者への割引は適用されません
・各定期券売り場・駅窓口・各バス営業所・にしてつストア・nimoca総合カウンターなどで購入可能
クレジットnimoca・提携クレジット会社への申込みが必要
・記名人本人のみ利用可能
・バス・電車・お買い物でもポイントが貯まる
・オートチャージ・クイックチャージ機能あり
・クレジット決済でもポイントが付く

上記の表にもあるように、nimocaにはポイントシステムがあり、nimocaを導入しているバスや電車を利用すると、ポイントが加算されます。

また、スターnimoca・クレジットnimocaでお買い物をしてもポイントが付くので、お得度が増しますね。

貯まったポイントは、駅構内にあるポイント交換機や窓口で入金残額に交換することで、バスや電車の乗車賃、電子マネーでのお買い物に利用することができます。

nimocaは使えば使うほど得をするということですね。

nimocaが使える場所

nimocaは、全国にあるコンビニでも利用することができますし、nimocaのステッカーが貼ってあるお店ならばどこでも使うことができます。

その中でも、nimocaが調べた『もっともアクセスの多い加盟店ランキング』から上位を抜粋いたしましたので、ご紹介します。

  • 福岡パルコ本館 JSB SPECIAL LIMITED STORE
  • ANCHORAGE
  • 大丸福岡天神店
  • メガネコンタクトのアイアンドアイ 香椎店
  • 大賀薬局 福ビル店
  • 西新パレス
  • 西新ゴルフセンター
  • 紙与パーキング大名
  • インキューブ 天神店
  •  天神コア 仲西眼鏡店
  • バリューエイト 南千反畑町店
  • 福岡西鉄タクシー
  • にしてつストア
  • チャチャタウン小倉

 

実に様々なお店が上位に挙がっていますので、九州でどれほどnimocaが利用されているかがわかりますね。

このほか、「Kitaca」・「PASMO」・「Suica」・「manaca」・「TOICA」・「ICOCA」・「はやかけん」・「nimoca」の各エリアでも乗車運賃としてSUGOCAを利用することができますし、上記のステッカーの貼ってあるお店でもお買い物をすることができます。

【番外編】電子マネーのように使えるおすすめプリペイドカード

電子マネーのように使えるプリペイド型もあるんじゃよ!

電子マネーと同じように、チャージをしてカードで支払いをするものがあります。それがプリペイドカードです。ここで疑問に思うのが、

「電子マネーとプリペイドカードって何が違うの?」

ということではないでしょうか。

電子マネーは非接触型カードなので、かざすだけで支払いが完了します。この特徴を生かしたのが交通系電子マネーということですね。

プリペイドカードは、メジャーなものであれば、VISAやJCB・Mastercardといった国際ブランドマークが付いていますので、各国際ブランド加盟店であればどこでも利用できるのが特徴です。

インターネットショッピングの支払いにも利用できますので、前払い(チャージ)式クレジットカードのようなものといったところでしょうか。

クレジットカードと違うところは、チャージした金額までしか利用できないということと、審査が必要ないことです。

では、これらを踏まえて、プリペイドカードの種類や特徴について解説していきましょう。

LINE Pay カード

LINEPayカード

LINE Payカードはプリペイドカードですが、チャージ式ですので1枚のカードで何度でも使用することができます。

インターネットでお買い物をするときや街のお買い物で利用でき、小銭いらずでショッピング可能です。

LINE PayにはJCBマークが付いていますので、全国のJCB加盟店で利用することができますし、コンビニやドラッグストアでの普段のお買い物でも支払いが楽にできます。

ポイント還元率は驚異の2%!

LINE Payカードを使って提携店で支払いをすると、購入額の2%のポイントが還元されます。

通常のカード類ですと0.5%から1%が多いですので、ポイントが2%つくとは驚きの還元率ですよね。

LINE Payカードで支払ったときに付くポイントは、1ポイント=1円としてLINE Payカードにチャージすることもできますし、LINE内のスタンプ購入や他のポイントへの交換、掲載されている商品への交換などもできます。

LINEポイントの貯め方と使い方については、『LINEポイントをガッツリ獲得できる貯め方とお得な使い道を徹底解説!』でより詳しく解説しています。LINE Payカードを手に入れたら、ぜひ参考にしていただきポイントをガッツリと貯めてくださいね。

ウィーちゃんウィーちゃん

LINEはよく使うし、LINE Payカードも魅力的だね。

手に入れる方法は難しいのかニャ~?

LINEアプリから申し込んでカードを手に入れよう!

LINE Payカードを手に入れるためには、LINEのアプリから申し込むことになりますので事前にLINEアプリを携帯電話やスマートフォンにインストールしておきましょう。

カードのデザインは2017年現在6種類あり、自分の好きなデザインを選択できます。忘れたころにNEWデザインが発行されることがありますので、LINE公式サイトでチェックしておくのもいいでしょう。

LINEアプリからLINE Payカードを申し込むと、普通郵送で1週間から2週間で届くので、自宅にいなくても大丈夫ですし受け取りのサインも必要ありません。

LINE Payカードが届いたら、LINEアプリ内にカード情報を登録しましょう。

詳しいLINE Payカードの入手方法と登録方法は、『LINE Payカードの発行・登録方法と使い方を紹介!LINE Payカードをお得に使う方法』の中で解説していますので、ぜひ参考にしてLINE Payカードを手に入れてくださいね。

LINE Payカードは使える場所がたくさんある

「LINE Payカードが使える場所って、なんか少なそう…。」

なんて思ってはいませんか?

基本的にLINE Pay加盟店、JCB加盟店であればどこでも利用することができますので、使える場所が非常に多いのです。

JCB加盟店は今や全国のあちこちに加盟店を広げていますので、JCBマークの付いたLINE Payカードもおのずと全国で利用できるということなのです。

LINE Payが使える代表的なお店は以下のようになっています。

  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • サークルKサンクス
  • 小田急百貨店
  • 松坂屋
  • ZOZOTOWN
  • AOKI
  • 魚民
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
    ※JCBは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャル・マーケティング・パートナーです
  • ヤマダ電機
  • コジマ
  • LINE STORE
  • フリル など

 

実に様々なお店で利用することができますね。LINE Payカード1枚あれば、日常のお買い物から旅行まで楽しむことができそうです。

ただし、JCB加盟店でありJCBクレジットカードで支払いができるところでも、LINE PayまたはLINE Payカードで支払いができないところがありますので注意してください。

WebMoney Card

WebMoney Card

「コンビニでもネットでも買える電子マネー」でおなじみのWebMoneyから発行しているプリペイドカードがWebMoney Card(ウェブマネー カード)です。

WebMoneyは、コンビニなどで使い捨てのギフトカードを使う都度金額分(2,000円分~)買うこともできますが、頻繁に使う方は何度もチャージして使えるWebMoney Cardを作った方が便利で、ポイントもつくのでお得でしょう。

WebMoney CardにはMastercardのマークがついていますので、Mastercard加盟店でも使うことができます。

ポイント還元率は入会後3か月間は倍になる!

通常のポイント還元率は0.5%であり1,000円につき5円分のWebMoneyですが、入会してから3か月間はWebMoney加盟店での支払いで、なんと1,000円につき10円分(1%)のWebMoneyが付くのです。

ただし、1か月の利用合計金額が1,000円未満の場合はポイント還元の対象外となってしまいますので、WebMoney Cardを手に入れたらフルに活用するようにしましょう。

このキャンペーンには期間が設けてありませんが、いつ終了するかわかりませんのでキャンペーンがおこなわれているうちに入会しておくといいですね。

申し込み方法はWebでカンタン

WebMoney Cardは、WebMoney Card公式サイトから簡単に申し込むことができ、順調に必要事項を入力していけば最短60秒で完了してしまいます。(カード発行手数料、年会費は無料)

受け取り方法は2通りありますので、下記にまとめました。

  • 自宅に郵送
    →郵便局から通知書が届いたら自宅に郵送を選択
    →本人確認書類(免許証など)を準備してカードが届いたら受け取る。
    本人以外受け取ることはできません。
  • 郵便局で受け取り
    →郵便局から通知書が届いたら郵便局で受け取りを選択
    →本人確認書類(免許証など)を持って、郵便局にとりに行く。
    本人以外受け取ることはできません。

 

カードは約1週間で届けられますので、手元に届いたらすぐにカード裏面にサインをしましょう。サインが済めばすぐに利用することができます。

WebMoney Cardが使えるお店

WebMoney Cardは先に申し上げた通りMastercardマークが付いていますので、Mastercard加盟店ならリアル店舗でも使うことができます。

もちろんコンビニの支払いにも利用することができます。

ポイントを貯めていきたいのであれば、WebMoney加盟店で支払いをすればポイントがどんどん貯まっていきます。

「WebMoneyって名前だし、ゲームや動画とかにしか使えないのかな?」

確かに、オンラインゲームやSNS、動画・放送、音楽配信などの支払いに使うことが一般的ですが、インターネットショッピングでも利用することができます。

たとえば、amazonやApp Store、Google PlayももちろんOK!

WebMoney加盟店であるなら、大阪王将公式通販本店、トレカマニア、コスパ、バンダイナムコID、インテリアショップpuolukkaといった様々なお店でWebMoney Cardを使ったお買い物ができます。

ゲームが好きな人やゲームキャラクターファンだけでなく、音楽や動画を楽しみたい人、インターネットショッピングを楽しみたい人にもオススメなプリペイドカードです。

dカード プリペイド

dカード プリペイド

dカードと言えばNTTドコモですよね。そのNTTドコモから発行されているプリペイドカードがdカード プリペイドです。

プリペイドカードですから、もちろん審査もありませんので12歳以上(中学生以上)であればだれでも持つことができます。

使えば使うほどdポイントが貯まる

dポイント加盟店でdカード プリペイドを使って支払いをすれば、税込み200円につき1ポイント(0.5%)が付きます。

さらにdカード プリペイドカード提示分として100円につき1ポイントが加算されますので、1.5%のポイント還元率になるのです。

dカード プリペイドの中に現金をチャージしていなかった場合でも、dポイント加盟店でdカードを提示すれば100円ごとに1ポイントが付きますので、チャージしなくても持っているだけでお得になるプリペイドカードです。

また、ローソンやマクドナルドでお買い物をすると、お買い物の金額が3%も割引されますのでお得この上ないですよね。

つまり、dカード プリペイドカードを使って支払いをすればするほど、ポイントがザクザクと貯まっていくということです。

貯まったポイントはdカード プリペイドにポイントチャージすることもできます。

そのほかポイント同士の交換などもできますので、『dポイントを他社ポイントに移行できる?dポイントカードの還元率も合わせて解説!』も参考にしてみてくださいね。

ウィーちゃんウィーちゃん

プリペイドカードで割引されるなんて、スッゴイお得!

持っていて損はないね。

dカード プリペイドカードの入手方法はWebでOK

dカード プリペイドカードは、dカード プリペイドカードの公式サイトから申し込むことができます。

申し込みの条件は、12歳以上(中学生以上)であること、dアカウントを持っていることです。dアカウントを持っていないと申し込みができませんのでご注意ください。

※dアカウントは無料で作ることができます。

チャージは現在ローソンでもおこなえるようになりましたので、レジでチャージすることを伝えてチャージしてもらいましょう。

ただし注意していただきたいのは、ローソンでのチャージには手数料がかかるということ。1,000円から最大49,000円まで1円単位で現金チャージすることができますが、1回のチャージにつき200円の手数料が発生します。

もしローソンのレジでチャージをおこなうなら、何回もチャージしなくてもいいように少し多めにチャージしておくか、Webサイトでのチャージに切り替えましょう。

dカード プリペイドが使えるお店はMastercardとID加盟店

dカード プリペイドには国際ブランドのMastercardのマークが付いていますので、Mastercard加盟店ならどこでも利用することができます。

また、Apple Pay 利用設定ができますので、NTTドコモの電子マネーIDの加盟店で支払いができたり、インターネットでも使うことができます。

au WALLET プリペイドカード

au wallet

au WALLETは、通信会社auが発行しているチャージ型プリペイドカードです。国際ブランドはMastercardですので、Mastercard加盟店でも使うことができるのが特徴です。

「au WALLETといったら、クレジットカードでしょ」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。au WALLETはクレジットカードだけでなく、プリペイドカードもありますので、審査がありませんし発行手数料や年会費もかかりません。

au WALLETのポイント還元率は通常0.5%

au WALLETの還元率は通常0.5%ですので、金額に直すと税込み200円につき1ポイントが付くことになります。

ポイント還元率としては低めのように思えますが、使うお店によって還元率が変わってくるのです。

たとえば、セブンイレブンでau WALLETを使って支払いをすると200円ごとに2ポイントが付きますし、かっぱ寿司で支払いをすれば200円ごとに3ポイントが付きます。

このほかにもポイントが通常の倍以上付くお店がありますので、『au walletの使い方! amazonやコンビニでもポイントが貯まるの?』の記事内の【ポイントアップ店ならもっと高い還元率も!】を参考にしてみてください。

au WALLETはauのサイトやショップで申し込める

au WALLET サイトやアプリ、auショップから申し込むことができます。先にも申し上げた通り、審査がありませんし発行手数料・年会費も無料ですので、気軽に申し込むことができます。

ただし、au WALLET プリペイドカードを利用するためには、auの携帯電話またはauひかり/auひかり ちゅらの契約の時に登録した「au ID」が必要になります。

au IDがないと利用することはできないから、au IDを取っておかんといかんのぅ。

au WALLETプリペイドカードが使えるお店

au WALLETプリペイドカードは、au WALLET加盟店ではもちろん、Mastercard加盟店でも使うことができます。

Mastercard加盟店なら全国どこでもありますので、au WALLETプリペイドカードも必然的にどこでも利用できるということになりますね。

インターネットショッピングでもau WALLETプリペイドカードを使うことができますので、普段のお買い物から特別なお買い物までぜひ利用していただきたいものです。

貯まったポイントは、そのまま使ってau携帯電話の機種変更や、通信料の支払いにも利用できます。

詳しい利用方法は、『au walletの使い方! amazonやコンビニでもポイントが貯まるの?』で解説しています。

ソフトバンクカード

ソフトバンクカード

ソフトバンクカードは、利用した金額に応じたTポイントが貯まっていくプリペイドカードです。

ソフトバンクは以前まで独自のポイントシステムをおこなっていましたが、Tポイントと提携してからはよりポイントが使いやすくなり、他のTポイント加盟店でも貯めたポイントが使えるため人気が上がっています。

ソフトバンクカードの発行手数料や年会費はかかりませんので、ソフトバンクユーザーであればぜひ手にしていただきたい1枚です。

ポイントの還元率は通常0.5%

ソフトバンクカードのプリペイド機能を使って支払いをすると、ポイントが0.5%還元されます。金額に直すと200円につき1ポイントとなります。通常のTポイントカードと同じ還元率ですね。

もしTポイント加盟店でソフトバンクカードのプリペイド機能を使って支払いをすると、支払い分0.5%とTカード提示分の0.5%のポイントバックがありますので、合わせて1%(100円につき1ポイント)が還元されるのです。

ただしこの還元率はプリペイドカードとして利用した場合です。

ソフトバンクカードにはクレジット機能を付けることができるので、クレジット機能を付けた上で『おまかせチャージ』を設定しておくと、プリペイド機能で支払いをしたときに1%のポイント還元が得られるのです。

ただ、ひとつ注意しておきたいのは、クレジット機能を付けるということはクレジットカードと同じになりますので、審査があるということです。

ソフトバンクカードをプリペイドカードとしてのみ使いたい場合は、『おまかせチャージ』は設定できませんのでご注意くださいね。

ウィーちゃんウィーちゃん

プリペイドカードにクレジット機能を付けられるんだね。

でも審査があるのかぁ。注意しないとね。

ソフトバンクカードの受け取り方法

ソフトバンクカードは、全国のソフトバンク取扱店で申し込みすることができます。カードはソフトバンク取扱店に在庫があればすぐに受け取ることができます。

もし在庫がなければ、後日郵送してもらえます。

ソフトバンクカードを受け取ったら、まずカード裏面に名前を記入して、My SoftBank にログインしてからカードの暗証番号を設定しましょう。

暗証番号を設定することにより駅の券売機や海外のATMの利用が可能になります。

ソフトバンクカードが使えるお店は3,800万店舗以上

ソフトバンクカードには国際ブランドのVISAマークが付いているので、VISA加盟店であればどこでも利用することができます。

VISA加盟店は国内外合わせて約3,800万店舗ありますので、ソフトバンクカードが使えるTポイント加盟店を合わせるとそれ以上の店舗数になるのです。

コンビニをはじめ、吉野家・ガスト・ENEOS・ドトール・エディオン・ニッセンなどでもソフトバンクカードは活躍してくれます。

Vプリカ

Vプリカ

Vプリカとは、国際ブランドであるVISAが発行しているプリペイドカードです。

インターネット上のVISA加盟店でクレジットカードと同じように使うことができますので、クレジット決済しかできないものでもVプリカで決済が可能になります。

「クレジットカードは持ちたくないけど、クレジット決済しか受け付けてくれない…。」

といったインターネット上の支払いでも決済できてしまうのが嬉しいですよね。

面倒な審査や本人確認も必要ありませんし、発行手数料・年会費もかかりませんので気軽に購入することができます。

ウィーちゃんウィーちゃん

インターネットでショッピングすると、決済方法がクレジット決済しかないところもあるんだよね!

博士博士

そんなときでも、Vプリカなら決済できるからありがたいのぅ。

Vプリカはコンビニでも買うことができる

VプリカはVプリカ公式サイトから申し込んで購入することもできますが、実はコンビニエンスストアでも購入することができるのです。

購入できるコンビニは以下の通りです。

  • セブンイレブン
  • LAWSON
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

 

各コンビニでVプリカを購入したら、Vプリカ公式サイト トップページからアカウントを開設してMYページにログインしてVプリカのカード情報を入力しましょう。

Vプリカが使えるお店

インターネットでお買い物をしたり、インターネットゲームの支払いにVプリカを使うことができます。

インターネット上で【VISA】のマークが付いていれば支払いが可能です。支払い方法は【クレジットカード】を選択しましょう。

インターネット上のお買い物やゲームだけでなく、宅配ピザ・オンラインセミナー・スーパーのネット注文などの支払いにも利用することができますので、非常に幅広く活躍してくれます。

クレジットカードを持ちたくない人や使いたくない人、ついつい使いすぎてしまう人にはVプリカは最高のパートナーになってくれることでしょう。

Vプリカの詳しいチャージ方法や注意事項などは『Vプリカのチャージ方法!同じカード番号は使えない?』のなかで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ウィーちゃんウィーちゃん

電子マネーやプリペイドカードって、たくさんありすぎて、どんないいことがあるのかわからなくなっちゃった…。

博士博士

そうじゃな。では電子マネーを使うことで得られるメリットを、もう一度わかりやすくまとめよう!

電子マネーを使うことで得られるメリット

電子マネーにはこれだけのメリットがあるんじゃよ!

色々な電子マネーを解説してきましたが、現金で支払うよりも電子マネーで支払った方がいいとされる理由は、一体何なのでしょうか?

今度は、電子マネーを使うことで得ることができるメリットについて解説していきましょう。

電子マネーで支払えば精算がスムーズ!

やはり一番に挙げられるメリットと言えば、支払いがスムーズにいくということでしょう。

電子マネーならカードを出して精算してもらうだけなので、レジの前でお財布の中からお札や小銭を探す手間が省けます。

特に急いでいるときなどはカードでピッと支払いが済んでしまうと、本当に楽ですよね。

電子マネーにポイントシステムがあればポイントが貯まる!

各電子マネーの中でも解説した通り、電子マネーの中にはポイントが貯まるものがありますので、電子マネーで支払えばポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントは、種類によってポイントチャージができたり他のポイントに交換することもできますので、ポイントを貯める楽しみが増えていきます。

お財布の中がスッキリする!

電子マネーで支払いをおこなえば、おつりが出ることもありませんのでお財布の中が小銭で溢れることなくスッキリとさせることができます。

たとえば、購入金額は1,011円なのにお財布の中に1,000円冊が2枚しかない!といったときに出てくるおつりは989円…。お財布の中が小銭だらけになってしまいますよね。

電子マネーならそういったわずらわしさもありませんので、スマートにお買い物ができるのです。

交通系電子マネーなら改札通過もスムーズ!

交通系の電子マネーなら、あらかじめチャージをしておけば券売機の前で列を連ねて切符を購入する手間がありません。

特に大きなイベントがあったりすると、券売機の前は人で溢れかえってしまいますよね。交通系電子マネーを持っていれば、そんな人ごみとは関係なく改札をくぐることができます。

また、切符を改札に通すときにちょっと入れ損ねると切符が曲がってしまい入りにくくなったりすることがありますが、電子マネーならそんな心配もいりません。

お財布の中に交通系電子マネーが入っていれば、カードを出さなくてもそのままピッと電子マネー情報を読み取ってくれます。

電車をよく利用するのなら、交通系電子マネーはかなり重宝します。

日本全国で利用できる!

電子マネーの種類によって多少の違いはありますが、全国に展開しているコンビニやスーパー、大手のデパートやショッピングセンターでも電子マネー払いが可能になってきていますので、電子マネーを1枚持っていればどこでも利用することができます。

ウィーちゃんウィーちゃん

電子マネーって1枚持っていればどこでも支払いができて、本当に便利だね。

チャージすれば何回でも使えるから、地球にも優しいニャ!

博士博士

そのチャージなんじゃが、クレジットカードの種類にもよるが、クレジットカードを使ってチャージすると、ポイントが2重取りできるものがあるのじゃ。

ウィーちゃんウィーちゃん

ポ、ポイントの2重取り!?それはスゴイ!

博士博士

クレジットカードと電子マネーの相性もあるら、その辺も含めて解説しよう。

電子マネーにチャージする時はクレジットカードから行うとポイント2重取り

電子マネーにチャージをしてポイトを2重取りしよう!

電子マネーにチャージする方法には、現金からのチャージ・クレジットカードからのチャージ・オートチャージがありますが、せっかくチャージをするのならもっとお得な方法を取りたいですよね。

クレジットカードの中には、各電子マネーでチャージすることでポイントが貯まるものがあります。

これは絶対見逃せませんね。そこで、どのクレジットカードがどの電子マネーにチャージをするとポイントが貯まるのかを下記にまとめました。

ポイントが付く電子マネー
ビックカメラSuicaカードSuica、モバイルSuica
セブンカード・プラスnanaco
楽天カード楽天Edy・au WALLET(国際ブランドがMasterの場合)
リクルートカードJCB→モバイルSuica、nanaco・au WALLET
VISA→モバイルSuica、nanaco、ICOCA、楽天Edy
Mastercard→モバイルSuica、nanaco、ICOCA、楽天Edy・au WALLET
エポスカードモバイルSuica・楽天Edy

たとえば、もっとも電子マネーとの相性の良いリクルートカードは、ポイント還元率が1.2%ですので、電子マネーに2,000円チャージしたとしたら24ポイントが付くことになりますので、チャージのための支払いも無駄にすることはありません。

自分が持っているクレジットカードでチャージすることでポイントが付くのなら、クレジットカードに合わせて電子マネーを選ぶのも良し!使いたい電子マネーからクレジットカードを選ぶのも良し!

チャージでもお得にポイントをGETしましょう。

まとめ

様々な電子マネーを解説してきましたがいかがでしたか?

電子マネーを上手に使うことで、支払いのひと手間が省けたり、お財布の中をスッキリさせることができます。

交通系電子マネーならば、切符を購入する列に並ばなくていいし、改札をスムーズにくくりぬけられるのでストレスフリーになりますよね。

たくさんの電子マネーがある中で、自分に合う電子マネーを見つけるのは一苦労だと思いますが、自分がよく利用しているお店はどこなのか、よく使う公共交通機関がどれなのかを考えて電子マネーを選ばないと、お財布の中が電子マネーだらけになってしまいますので、ご注意くださいね。

電子マネーに似ているけどクレジットカードのように使うこともできるプリペイドカードも、非常に便利な1枚です。

あなたの生活をストレスフリーにしてくれる電子マネーを使って、お買い物を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク