ウィーちゃんウィーちゃん

せっかく貯めてたdポイントカードを紛失しちゃったかも!?

結構貯まってたからショックが大きいニャ…。

博士博士

まだ諦めるのは早いぞ。

dポイントカードを紛失したら、利用停止と再発行の手続きをすればポイントの引継ぎができるのじゃ!

ドコモユーザーでなくても使える便利なdポイントカードですが、ポイントが貯まっている時に紛失してしまったらショックですよね。もし、紛失してしまったら、今まで貯めたdポイントはなくなってしまうのでしょうか?

今回はいざという時に慌てないために、dポイントカードを紛失した時にするべきことと、再発行の方法、ポイントの有効期限について解説していきますので、紛失した方はぜひ参考にして再発行してください。

【ドコモユーザー優遇No.1】

dポイントカードが紛失した時にまず行いたいこと

dポイントカード 紛失 再発行

dポイントカードを紛失した際には、すぐにカスタマーセンターに連絡してカードの利用停止手続きを取ることが大切です。

そのままではせっかく貯めたポイントを不正に使われてしまう可能性があるので、カードの利用停止手続きは必ずやっておきましょう。利用停止手続きは、以下の番号に電話することで簡単にできます。

dポイントカスタマーセンター
0120-208-360(24時間受付)

 

dポイントカードを紛失したら、まず、dポイントカスタマーセンターに電話してカードの利用停止手続きを行いましょう。それでは実際の手続きを、順を追って説明いたします。

dポイントカードの利用停止の手順

dポイントカスタマーセンターに電話をして、名前や電話番号などの本人確認情報をオペレーターに告げることで、簡単にカードの利用停止手続きができます。

dポイントカスタマーセンター
0120-208-360(24時間受付)

 

dポイントカードを紛失したら、カード番号を覚えている方はおそらくほとんどいないと思いますがご安心ください。

利用停止手続きには“カード番号は不要”で、事前に「dアカウント」に登録した情報を元に本人確認が行われ、無事、本人確認ができればカードの利用停止手続き完了です。

「dアカウント」とは「旧docomoID」のことで、dポイントカードを利用登録の際に必ず必要になるアカウントです。(ドコモ以外のキャリアでも無料で発行可能)

また、「dアカウント」には3つまでdポイントカード番号を登録することができます。同じアカウントに登録しているdポイントカードのポイントは合算されてデータ登録されているので、カードを複数持っている方も忘れずに利用停止登録をしてください。

(例)
dポイントカードを3枚持っていて、合計3000ポイント保有している場合

  • 1枚目のカード→3000ポイントまで使える
  • 2枚目のカード→3000ポイントまで使える
  • 3枚目のカード→3000ポイントまで使える

 

ということになりますので、利用停止手続きをしないで次のdポイントカードを登録してしまうと、もし、紛失したカードを他の人が持っていた場合、2枚目に登録したカードで貯めたポイントも使われてしまいます。

カードを複数持っている方以外でも、ドコモのクレジットカードのdカードdカード GOLDにもdポイントカード機能があるため、ポイントの不正利用を防ぐために必ず利用停止手続きを行いましょう。

dポイントカードの再発行手続きとポイントの引継ぎ方法

dポイントカードを紛失した場合は、同じ番号のカードを再発行することは残念ながらできません。

ですから、新しいdポイントカードをお近くのドコモショップかdポイント加盟店で受け取り、dアカウントに利用登録することでポイントの引き継ぎができます。

ドコモのキャリアを使っていなくても、全国のドコモショップでdポイントカードを受け取ることができるので、気軽にもらいにいきましょう。他に、dポイントカードを配布している代表的なお店は以下の通りです。

  • ローソン
  • ローソンストア100
  • マクドナルド
  • タワーレコード
  • オリックスレンタカー
  • イオンシネマ
  • アニメイト
  • 高島屋
  • AOKI
  • ジョーシン
  • 東急ハンズ
  • 丸亀製麺
  • かっぱ寿司

 

一部対象外となっている店舗もあります。これはあくまでも一部のお店です。この他にもdポイントカードを受取りできる加盟店が増えてきているので、お近くにあるお店でdポイントカードを受け取りましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

過去にためていたポイントが引き継ぐことができてホッとしたニャん。

dポイントカードをdアカウントに登録する

新しい「dポイントカード」を手に入れたら、自分の「dアカウント」に登録することで、以前のポイントを簡単に引き継ぐことができます。手順は以下の通りです。

  1. ドコモのサイト「dポイントクラブ」にアクセス
  2. 「dアカウント」でログイン
  3. 「dポイントカードを登録」をクリック
  4. カード番号とセキュリティーコードを入力
    (複数枚ある場合は、空欄に追加し「dポイントカード追加登録」にチェック)
  5. 名前や性別などを入力(2枚目以降は不要)
  6. 登録完了

 

ポイントはあくまでも「dアカウント」に貯まっていますので(登録した複数枚カードがある場合には、全てのカードで貯まったポイントの合計となります)、ポイント引き継ぎに特別な手続きは必要ありません。

新しいdポイントカードを利用登録するだけで、今まで貯まっていたポイントが使えるようになります。

ウィーちゃんウィーちゃん

これで貯めていたdポイントが復活だニャー!!

博士博士

ポイントが戻って良かったのぉ!!

dアカウントの登録方法や、dポイントカードの発行場所については以下の記事で詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

dポイントの有効期限は獲得した月から4年!

dポイントの有効期限は獲得した月から48か月あるため、4年とかなり長いです。ドコモのキャリアを使っていなくても、ローソンやマクドナルドなどの加盟店での買い物や、ドコモのサービスを使うとポイントが貯まるのが、dポイントの強みなのではないでしょうか。

ドコモのキャリア以外でも、dポイントが貯まるサービスは以下の通りです。

  • dショッピング
  • dデリバリー
  • d fashion
  • dトラベル
  • dミュージック
  • dTV
  • dマガジン
  • dアニメストア

 

これはほんの一例で、他にもポイントが貯まるアプリやサービスがあります。そして、ポイントを有効に活用するには、ポイントがいつまで有効なのかこまめにチェックすることが大切ですね。

dポイントの有効期限の確認方法は以下の通りとなります。

  • ドコモの「dポイントクラブ」のサイトにアクセス、ログイン
  • 右上のポイント数をクリック
  • ポイントが失効する日の一覧が表示されます

 

この方法PCでもスマートフォンでも同じなので、ポイントが失効する前にドコモのサービスかdポイント加盟店で使っていきましょう。

ドコモユーザーであれば、機種変更の時にポイントが使えるのであまり気にする必要はないかもしれませんが、他のキャリアの方は注意していないと有効期限を過ぎてしまうため、定期的にチェックしてくださいね。

期間・用途限定のdポイントに注意!

dポイントの中には、期間・用途限定のものがあり、利用期限も短いので早めに使用しましょう。

期間・用途限定のdポイントは、ドコモの携帯電話契約の更新(2年縛り契約)の際やキャンペーンなどでもらえます。
期限が短いので、失効前に使わないともったいないですね。

期間・用途限定のdポイントが使えるのは以下になります。

  • ローソンなどdポイント加盟店での買い物
  • dマーケットでの商品、コンテンツの購入
  • ドコモのスマホ本体・アクセサリー購入
    ※ドコモ利用者以外はスマホ本体の購入のみ
  • ギフトコでの使用
  • dケータイ払いプラス
  • メールストア等のドコモサービス

 

ドコモの携帯電話更新のタイミングで付与されることが多いので、ドコモのキャリアを使っている方はスマホ本体の買い替えに使うことができますね。

ドコモのキャリアではない方で、まとまったポイントがある場合には、「dショッピング」で送料無料の商品を探すと、米や食品、ドリンクがケースで売っているのでおすすめです。

数百ポイント程度ならば、ローソンやマクドナルドなど街の店舗で使うのが便利だと思います。

再発行するならdカードを選ぶのも一つの方法!

dポイントカード 紛失 再発行

dポイントカードを紛失した場合に、同じくdポイントカードを再発行するのではなく、クレジットカードのdカードをこのタイミングで発行するのも一つの方法です。

過去のポイントは上記のように行えば、dカードを発行した場合でもポイントを引き継ぐことができます。

なぜ気軽に持てるdポイントカードではなく、dカードなのかと言うと、dカードの方が圧倒的に得することができるからです。但し、これはドコモユーザーのみになりますので、ドコモユーザーではない場合は、あまりおいしくはないかもしれません。

ドコモユーザーではなくても、ローソンやマクドナルドでは他のカードを圧倒するメリットがあるので、その点だけでも充分魅力的ではあります。その点は、dカードを使えばローソンやマクドナルドでポイント高還元!の記事で詳しく書いているので参照してください。

では、なぜドコモユーザーが他よりも得することができるのかと言うと、毎月のドコモ料金の支払い時(携帯+ドコモ光)に、dカードを持っているだけで、何もしなくても1%のポイント還元がされます。

もう少し詳しく言うと、決済は他のカードでも何でも良くて、ただ年会費無料のdカードを持っているだけで毎月の固定費の1%が還元されるのです。

もし、他に還元率の良いクレジットカードを持っているなら決済はそのカードで行えば還元率が倍以上に膨れ上がりますよね。もう一つのカードは還元率抜群のリクルートカードをおすすめしていますが、すでに持っているカードでも構いません。これってすごく魅力的だとは思いませんか?

これが理由で、ドコモユーザーはdカードを持たないと損をしてしまうということです。その他にもdカードのメリットを挙げると、

  • 年会費無料(※年1回でも利用すれば無料)
  • ローソンの買物が毎回5%還元
  • マクドナルドでは最大15%還元
  • どこで利用しても還元率が1%以上
  • 利用しやすいメジャーな加盟店が多い
  • ファーストフードなどのクーポンがもらえる
  • 貯めたdポイントはPontaポイントへ等価交換できる

 

などなど、これだけのメリットがあります。もし、dポイントが貯まっても利用先が少ない場合には、加盟店が圧倒的に多いポンタポイントへ交換してしまえば利用場所は更に広がりますよね。

こういった部分も、dポイントは貯めるメリットのあるポイントですよね。こういうメリットを気付いているユーザーはが多く、実はdポイントカードよりもdカードの発行枚数の方が圧倒的に多いんです。(5倍以上!)

そんな勢いのあるdカードは現在、入会するとなんと7,000ポイントも貰えるキャンペーンをやっています。今だからこその大きなキャンペーンなので、申し込むならこういうタイミングで申し込んでおきたいですよね。

気づいたときには「キャンペーンが終わってた…」と、よくあるパターンにならないようにしましょう。

【公式サイトで詳細を見る】

dカードについて、更に詳しく以下の記事で書いていますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

dポイントカードを紛失したら、すぐに利用停止手続きをして不正にポイントが使用されないようにすることが大切です。

そして、dポイントカードは再発行ができないため、新しいカードを配布店舗でもらってきて、自分のdアカウントにひも付けする必要があります。

dポイントの有効期限は4年ですが、中には期間・用途限定のdポイントもあり、利用期限が短いため、街の店舗やdショッピングなどで失効する前に利用しましょう。

【公式サイトで詳細を見る】