最近CMなどでもよく見かけるdポイントカード。入手場所はどこなのでしょうか?

どうやって発行したらいいのか、どんな配布場所があるのかについてまとめました。dポイントを貯めてみたいけれどどうしたらわからない方、必見です。

これでdポイントカードを使いこなす生活がスタートできますよ!

dポイントカードの入手場所は?

dポイント,どこで使える,使い道

dポイントカードの入手場所をさっそくご紹介していきましょう。

まずは、王道ともいえるドコモショップ。ここでは、ドコモのスタッフさんに声をかければdポイントカードを持ってきてもらうことができます。もし、ドコモユーザーでなくても大丈夫なので他の携帯会社をご利用の方も遠慮しなくて大丈夫です。

dポイントカードが出てきて、すぐに使えるようになったローソンでも入手することができます。ローソンでは、おさいふポンタと一緒にレジ前にdポイントカードが置いてあることが多いので、簡単に手に入りますよ。

ちなみにマクドナルドでも入手することができます。マクドナルドでもローソンと同じようにレジ前にdポイントカードが陳列されていることが多いですね。こちらもカードとともに「ご自由にお取りください」などと書かれていたりします。

ローソン、マクドナルドではよくレジ前に自由に持っていけるような形で置いてありますが、勝手に持っていくのが気が引ける!という場合には一言店員さんに声をかけると安心ですね。現在のところ、メジャーな入手場所としては上記の、ドコモショップ・ローソン・マクドナルドが挙げられます。

ドコモユーザーの方は、手続きなどのついでにドコモショップでカードをもらうのが便利かもしれませんが、それ以外の方は「ご自由にお持ちください」のスタイルのローソンやマクドナルドが入手場所として気軽でおすすめです。現在では、加盟店として他にも、

  • タワーレコード
  • BLUE SKY
  • 伊達の牛たん本舗
  • イオンシネマ
  • オリックスレンタカー
  • 得タク
  • スターバックス
  • ぐるなび(予約)
  • スポタカ
  • アニメイト
  • AOKI
  • 洋服の青山
  • スーツカンパニー
  • ジョーシン
  • ノジマ
  • 東急ハンズ
  • 紀伊國屋書店
  • ショップリスト
  • メルカリ

 

などがありますが、あくまでも一部で現在も続々と加盟店が増えてきています。これらのお店では一部店舗のみdポイントカードのサービスを行っているという場合もあります。その点を踏まえても、現在のところおすすめはドコモショップかローソン、マクドナルドでカードをもらうほうが良いでしょう。

ちなみに、dポイントカードはドコモユーザーじゃなくても、使うことができるとなっていますが、auが発行しているau Wallet同様に、やはりその携帯キャリアを使っているユーザーに対して大きな優遇をされています。

特にdカードというクレジットカードになると、ドコモの携帯料金にもポイント1%の還元があります。しかも、dカードでの携帯料金の支払いをしなくても、dカードを持っているだけで携帯料金やドコモ光の料金の1%を還元してくれます。その場合、違うクレカで携帯料金を支払えばポイントの2重取りができるようになっています。

dポイントを貯めようと思っていたアナタは、ポイントを貯めて何がしたいと思っていますか?

加盟店ではなくても、還元率1%と高くて、Pontaとも等価交換できる使い勝手の良いポイントなので、毎月ランチがタダで食べれたり、普段から使うならポイントで旅行へ行けるかもしれません。更にdカードを使えば、ローソンでは毎回5%お得ですし、スターバックスではなんと、4%のポイント還元もあります!

実はクレジットカードであるdカードは、dポイントカードよりも加入者数が5倍程もあるのです。ポイントカードよりもクレカの方が多いというのはかなり珍しいケースですが、それだけドコモユーザーにとってメリットが大きくdカードだとポイントが貯まりやすいということの証ですよね。

2015年時点で、1,500万人以上がdカードを持っている程、人気なクレカなので、現在のキャンペーン中にもらえるポイントを貰い損ねないようにしてくださいね。そんなdカードが現在9月30日までの限定でもれなく7,000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。このキャンペーンはdカード史上過去最大のキャンペーンです。

年会費も実質無料ですし、せっかくdポイントを貯めようと思うのであれば今回だけの7,000ポイントキャンペーン中に申し込むことをおすすめします。

合わせて読みたい⇒dポイントカードの申し込みの仕方!発行方法はどうしたら?

発行の仕方はどうするの?

dポイントカード,入手場所,発行,配布

発行の仕方は、「カードの入手」という意味ではまったく難しくありません。

  • ドコモショップで店員さんにお願いする
  • ローソンかマクドナルドのレジ横からもらう

 

これだけでOKだからです。しかし、dポイントカードを利用するとなるとまた話が違ってきます。ここでもらえるカードはいわゆる「空のカード」だからです。

つまり、会員情報などの情報が何も入っていない状態です。この状態でもカードにポイントを貯めることもできるにはできるのですが、ポイント利用という肝心の部分ができません。

ポイントを利用できる状態にするためには、ネット上の手続きで会員情報を登録してあげる必要があるという訳です。では、具体的なやり方を解説していきます。

PCの場合

まずは、検索するなどして「dポイントカード」の公式サイトにアクセスしましょう。*利用登録はこちらから*

ここにほぼ手順が載っていますので、はじめての方も安心して登録ができます。ステップとしては、

  1. dアカウントがない場合は作っておく(ドコモユーザーでない場合)・ドコモの場合は4ケタの暗証番号を入力
  2. カード裏のポイントカード番号とセキュリティコード、利用者の情報を入力
  3. 確認すれば完了

 

これだけのシンプルなステップで利用登録ができます。利用登録しないことにはポイントを活用することもできませんので、まずはやってみましょう。

スマホの場合

こちらもPCと同じように、検索するなどして「dポイントカード」の公式サイトにアクセスします。検索で「dポイント 利用登録」などのワードで検索すれば、すぐに公式サイトが上の方に出てきますよ。具体的な手順はPCと変わりません。カードを手元に用意してさっそく登録してみましょう。

ただし、手軽に持てるのはショップやローソンで手に入るdポイントカードですが、正直言ってこのポイントカードだけではポイントをザクザクと貯めていくのはかなり難しいと言えます。

アナタがドコモユーザーであれば、毎月固定で携帯料金を支払っているハズなのでそのためにdカードを作ることをおすすめします。記事の上の方でもお伝えしましたが、dカードを持っているだけで、違うカードで携帯料金お支払をしたとしても毎月還元率1%を得ることができます。

このようなメリットのあるdカードはドコモユーザーじゃないと大きなメリットのあるカードとは言えません。一方でドコモユーザーであれば持っておかないと損と言えるほどかなり優秀なカードと言えます。だからこそ、それに気付いているドコモユーザーの多くがdポイントカードではなく、dカードを選んでいるのが一番の根拠です。

dカードであれば、ポイントもザクザクと貯めていけるので現在9月30日までのキャンペーン中に申し込みをしておきましょう。「気付いたら終わってた…」と言うようなありがちな後悔で7,000ポイントを逃してしまうともったいないですよ。

誰にでも配布してくれるの?

もちろん特にdポイントカードに登録・利用するのに資格はいりません。dポイントカードという名前から、「ドコモユーザー専用?」と感じてしまうかもしれませんが、誰でも便利に使うことのできるポイントカードです。最近は各携帯会社がポイントサービスにも力を入れていて、他社ユーザーでも気軽に使えるようなシステムになってきています。

また、「ローソンや、マクドナルド、スターバックスをよく利用する」という人にも便利なカードですよ。もし、アナタの行動範囲の中に加盟店があるのであれば、せっかくのポイントなので貯めてみましょう!それだけで年間結構な金額分のポイントが得られるかもしれませんよ♪

ただ、先程も伝えた通り、やはりドコモユーザーの方が月々の利用料金等でポイントが貯まりやすいというメリットがあるので、ドコモユーザーであれば、おもしろいようにポイントがザクザク貯まります。

9月30日までの申し込みで7,000ポイントがもれなくもらえるキャンペーンを行っているので、dカード最大のキャンペーンを逃さないようにしたいですね。年会費も無料なので、今のうちにもらえるポイントはもらっておきましょう。

【公式サイトで詳細を見る】

参考:dポイントのオトクな使い方と使える場所まとめ