dポイントカード 申し込み 仕方

ウィーちゃんウィーちゃん

ドコモから出たdポイントがかなりお得になるって聞いたけどホントなの?

博士博士

dポイントは使う人によってはどのカードにも負けない最強ポイントなのじゃ!

ただし、やはりドコモユーザーが一番メリットを得られるかもしれんのぉ。

「まだdポイントカード(dカード)持っていないの?!」

dポイントカードやdカードが登場したときには、「今更新しいポイントカード(クレジットカード)なんて…」と思われていたdポイントカードですが、今では持たないとすごくもったいないカードになりました。

なぜもったないないかと言うと、ポイントが他のカードに比べるとすごく貯まりやすいことや、気軽に利用できるお店などの加盟店が増えたことにあります。そんなdポイントカードやdカードを発行するには、どこで申し込みをすれば良いのでしょうか?

そもそもドコモが発行しているものなのに、ドコモユーザーじゃなくても持つメリットあるのかどうか?や、発行方法などdポイントやdカードについての素朴な疑問を解消していきます!

dポイントの申し込みはドコモユーザーのみ?

dポイントカード 申し込み 仕方

まず、dポイントを使ってみたいという方は圧倒的にドコモユーザーの方が多いのではないでしょうか?ドコモユーザーの場合、今までのdocomo IDが「dアカウント」に変わり、ドコモポイントがdポイントに自動的に切り替えられます。特に今のところ自分で手続きをする必要はなさそうです。

新しくdポイントになってからは、「ドコモユーザー以外も気軽に使える」というコンセプトがありそうです。というのも、dアカウントはドコモの回線を契約していない人でも申し込めるからです。

ドコモユーザーではない方であれば、dアカウントの申し込みをすることでdポイントも貯められるようになるので、まずはdアカウントの取得をしましょう。dアカウントは、ドコモの人もそうでない人も同じ規約の中で利用できるということで、キャリアが違う携帯を使っている人にもdTVなどのドコモのサービスをより利用しやすくなるというメリットがあります。

このdアカウントは、公式ホームページから新規登録できるようになっています。

ただ、ドコモユーザーと、そうでない携帯キャリアを使っている場合だと、正直ポイントの貯めやすさは大きく変わってきます。ドコモ系のショップなどでは、他のキャリアの人は使えないからです。

そういった面からも、dポイントカードやdカードはドコモユーザーが使うべきカードだと思った方が良いでしょう。しかし、せっかくのドコモユーザーなのに、dポイントカードを使うのは逆にもったいないんです。もし、アナタがドコモユーザーなら、dカードというドコモユーザー優遇のクレジットカードを持った方がポイントがザクザク貯まりやすくなるから!というのが大きな理由です。

特にdカードというクレジットカードになると、ドコモの携帯料金にもポイント1%の還元があります。しかも、dカードで携帯料金の支払いをしなくても、dカードを持っているだけで1%の還元です。その場合、違うクレカで携帯料金を支払えばポイントの2重取りができるようになっています。

そんなドコモユーザー優遇のdカードの詳細は以下から確認できます。

加盟店以外でも還元率1%と高くて、Pontaポイントにも等価交換できる使い勝手の良いポイントなので、貯まったポイントだけで毎月ランチやディナーをタダで食べることができる…更にdカードを使えば、ローソンでは5%お得に使えますし、スターバックスではなんと、4%のポイント還元もあります!

ドコモユーザー優遇カードNo.1

dポイントアカウントの申込方法

今までドコモをずっと使っていた方は、先ほど説明したように自動的にdアカウントに移行されるので特に手続きの心配はありません。

今までのdocomo IDに他社携帯ユーザーが登録したいと思ったときの方法を説明します。dアカウントへの登録も同じような手続きになる見込みですので、あくまでも参考ですがお役に立てば幸いです♪

  1. ドコモの公式サイトにアクセス
  2. ID発行ボタン→「ドコモの回線をお持ちでない方」の方を選ぶ
  3. docomo IDにしたいメールアドレス・パスワード・性別・生年月日を入力
  4. 入力したアドレスに届いたメールを確認
  5. サイトにアクセスして完了

 

大まかにはこのような流れです。新しいサービスでも同じような登録方法になる見込みですので、参考にしてみてくださいね。

ちなみにどうやっても上手く登録できないという場合、ドコモショップでも対応してもらえます。この場合、書面でIDとパスワードを発行してもらえますよ。ネットでの手続きが一番簡単ですが、困ったときはお店でも対応してもらえると思っておけばいいですね。

それに今だとNTTドコモが運営しているポイントサイトもあって無料登録でかなりお得に利用できるそうなのでドコモユーザーの方は特にキャンペーン中に登録しておいた方が良いかと思います。

dポイントカードなのですが、このdアカウントを持っていることが前提のカードです。アカウントと紐付けして使うことになります。カード自体は、ローソンやドコモショップなど店頭で配布されていますよ。

博士博士

まずはdアカウントを作ることから始めよう!

続いてドコモユーザーがメリットを最大限受けられるdカードの発行やメリットを話そう!

貯めたdポイントのオトクな使い方などは以下の記事で詳しく解説しています。

dポイントカードの発行・申込方法

dポイントカードはポイントカードなので、発行場所は加盟店になります。2018年3月31日まではネットからの申込みで無料で郵送してくれる申込方法もあります。

ネットからdポイントカードを申し込みしたい方は、公式サイトから申し込むことができます。ただ、ネットからの申し込みだと2週間程かかってしまうので、すぐにポイントを貯めたいのであればその期間がすごくもったいないですよね。

それならdポイントカードを発行している加盟店でもらった方が早いです。発行している店舗は主に以下のお店・加盟店になります。

  • ドコモショップ
  • ローソン
  • マクドナルド
  • タワーレコード
  • イオンシネマ
  • 高島屋
  • Joshin
  • 東急ハンズ
  • かっぱ寿司

 

上記の店舗以外にも、まだまだ発行している加盟店はあるので、詳しくは公式サイトでチェックして都合の良い店舗でdポイントカードを入手してくださいね。

dカードの発行・申込方法

dカードはポイントカードではなく、クレジットカードです。dカードの申し込みはインターネットから申し込むことができます。

インターネットからの申し込みで、現在7,000ポイントがもらえるキャンペーンをやっているようなので、申し込みをするならこういったキャンペーン中にしておきたいですよね。

dカードを持つメリットは、dカードを持つメリット・デメリットは?デメリットはメリットに変わる!?の記事でも詳しく書いていますが、まとめると以下のようなメリットがあります。

  • 還元率がどこで利用しても1%以上!
  • iDも使える!
  • ローソン・マクドナルドでは最強カード!
  • 貯めたポイントはPontaポイントに等価交換できる!
  • 年たった1回の利用で年会費無料!
  • 映画館や飲食店のクーポンがもらえる!
  • dカードを持つだけでドコモの料金分ポイントがもらえる!
    (支払は別のカードで行うと2重取りできる)

 

還元率が常に1%以上あるのは合格点ですよね。そして、注目したいのは特に2つです。

1つは、ローソンやマクドナルドを利用した時のdカードの破壊力です。ドコモユーザーでローソンをよく利用している人であれば最大限dカードのメリットを得ることができますよ。

ローソンでdカードを利用すると、常に商品代金が3%オフになり、更にdカード提示の1%ポイント還元、dカード決済の1%ポイント還元の合計5%が毎回お得になります。これがdポイントカードだと1%の還元率しかありません。

率直に言うとdポイントカードでポイントを貯めるのは、加盟店も限られてくるのでメリットを得にくいと言えます。ローソンやマクドナルドでのお得さについては、dカードを使えばローソンやマクドナルドでポイント高還元!の記事で詳しく書いています。

2つ目は、ドコモユーザーならではのメリットです。毎月のドコモ利用料金(ドコモ光も含む)はdカードを持っているだけで利用料金の1%がポイント還元されます。つまり、dカードは持っているだけで、更に還元率の高いクレジットカードで決済するとポイントの2重取りをすることができるというもの。

ウィーちゃんウィーちゃん

持っているだけでポイントが還元されるなんてスゴい!

しかも、還元率の高いリクルートカードで決済すれば還元率が2.2%にもなるなんて…思った以上に早くポイントが貯まりそうだニャ!

当サイトでは、還元率が高く年会費無料のリクルートカードで決済することをおすすめしていますが、他のカードでも問題ありません。ただ、せっかくポイントの2重取りができるのにそのままdカードで支払うのはもったいないので、ここは決済するカードを分けることをおすすめします。

実はdカードの発行枚数はdポイントカードの発行枚数の5倍以上もあります。ちなみにdカードの発行枚数は1,500万枚。これは他の共通ポイントでは考えられない数字ですよね。Tポイントカードで例えると、クレジットカードのTカードの方が発行枚数が多くなるということになります。ポイントカードを5倍以上も上回るクレジットカード。

簡単に言うと8人に1人はdカードを持っているという計算になりますが、ほとんどがドコモユーザーであることは間違いありません。そして、ドコモユーザーなのに、dカードを持たないともったいない!ということがこの数字から見てわかりますよね。

逆に言えば、ドコモユーザーでもなく、ローソンもあまり利用しないのであれば必要ないカードです。ただ、ドコモユーザーであれば、ドコモ料金分のポイントがdカードを持っているだけでポイント還元されること、更にローソンやマクドナルドでは還元率が他を寄せ付けない最強カードになることを考えるとかなりメリットが大きいカードと言えます。

dカードの還元率やdカード GOLD については、以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

dポイントカード(dカード)発行方法まとめ!

では、発行方法をまとめておきます!

【ドコモの契約がある場合】

特に何もしなくても大丈夫です!カードだけお店でもらえばOKです♪

【ドコモの契約がない場合】

今までのdocomo IDと同じように公式サイトからアカウントを取得しましょう。必要情報をフォームに入力して登録したメールアドレスに確認メールが届くという方法です。上手くできない場合はドコモショップでも対応してもらえます!

dポイントカードは加盟店で発行すること、dカードであれば、インターネットからキャンペーンをやっている間に申し込むのがベストです。もしdカードを申し込みする時にポイントがもらえるキャンペーンがやっていないと損ですよね。

※追伸

現在6月30日までの限定でもれなく7,000ポイントも貰えるキャンペーン中なので、申し込むならこのチャンスを逃さないようにしましょう!7,000ポイントは、単純計算で700,000円分の買物をした時にもらえるポイントです。それだけのポイントが今ならもらえますよ。

ポイントカードの5倍選ばれる圧倒的メリット