dポイントカード 申し込み 仕方

ウィーちゃんウィーちゃん

ドコモから出たdポイントがかなりお得になるって聞いたけどホントなの?

博士博士

dポイントは使う人によってはどのカードにも負けない最強ポイントなのじゃ!

ただし、やはりドコモユーザーが一番メリットを得られるかもしれんのぉ。

「まだdポイントカード(dカード)持っていないの?!」

dポイントカードやdカードが登場したときには、「今更、新しいポイントカード(クレジットカード)なんて…」と思われていたdポイントカードですが、今では持たないとすごくもったいないカードとなりました。

なぜもったないないかと言うと、ポイントが他のカードに比べるとすごく貯まりやすいことや、気軽に利用できるお店などの加盟店が増えたことにあります。そんなdポイントカードやdカードを発行するには、どこで申し込みをすれば良いのでしょうか?

特にクレジットカードであるdカードについては以下のようなメリットがあります。

  • 年にたった一度の利用で年会費無料
  • ローソンやノジマでいつでも5%お得
  • 毎月のドコモ料金の1%ポイント付与
  • どこで利用しても1%以上ポイント還元
  • 支払いが素早いiD付帯

 

博士博士

実質無料で利用できるdカードにはこれだけのメリットがあるんじゃよ。

上記に記載している通り、dカードは年会費が実質無料で利用できる為、ドコモユーザーやdポイントを貯めたい方、ローソンをよく利用する方は絶対に利用しないと損なカードです。

年会費が実質無料で利用できるなら、発行しない理由ってあるでしょうか?その理由は一つ。

ウィーちゃんウィーちゃん

申し込みするのが面倒なんだよねぇ…。

クレジットカードを申し込む時に一番面倒なのが申込み。いくらお得になる、持たないと損するとわかっていても『面倒』という理由で諦めてしまう人も多くいます。

ですが、dポイントカードでコツコツポイントを貯めるのも良いですが、実際加盟店だけで貯まるポイントカードではまとまって使えるほどポイントがザクザク貯まりません。その状態を半年、一年続けていくとdカードユーザーとはどんどん差が開いていきます。

コツコツとじっくり貯めたい方はdポイントカードを、ザクザクdポイントを貯めていきたい方はdカードを選択しましょう。

ここでは、そんなdポイントカードやdカードの申込み、発行方法について詳しく解説していきます。dポイントカードもdカードもどちらもdアカウントを登録しないことには利用できません。

しかし、dアカウントはたった3分程度で登録できる簡単なものなので、ぜひdポイントを利用してみましょう!

ローソンでいつでも5%お得!
今なら入会&利用で8,000円相当付与!


 

dポイントの申し込みはドコモユーザー以外も可能!

dポイントカード 申し込み 仕方

まず、dポイントを使ってみたいという方は圧倒的にドコモユーザーの方が多いのではないでしょうか?

ドコモユーザーの場合、今までのdocomo IDが『dアカウント』に変わり、ドコモポイントがdポイントに自動的に切り替えられます。特に今のところ自分で手続きをする必要はありません。

  • 旧:ドコモポイント
  • 新:dポイント

 

新しくdポイントになってからは、「ドコモユーザー以外も気軽に使える」というコンセプトがあります。というのも、dアカウントはドコモの回線を契約していない人でも申し込めるからです。

ウィーちゃんウィーちゃん

dポイントカードもdカードもドコモユーザーじゃなくても発行できるんだね。

博士博士

そういうことじゃ。

ただし、どちらもdアカウントの登録をしておかないと貯めたポイントを使うことはできないぞ!

博士が白猫に 「dポイントを使うにはdアカウントの開設が必要じゃよ。しかし、登録はたった3分程度で完了するぞ!」 と言っているシーン

ドコモユーザーではない方であれば、dアカウントの申し込みをすることでdポイントも貯められるようになるので、まずはdアカウントの取得をしましょう。

dアカウントは、ドコモの人もそうでない人も同じ規約の中で利用できるということで、キャリアが違う携帯を使っている人にもdTVなどのドコモのサービスをより利用しやすくなるというメリットがあります。

このdアカウントは、公式ホームページから新規登録できるようになっています。dアカウントの登録方法は『【画像あり】どこよりもわかりやすいdアカウントの登録方法を解説!』の記事でも詳しく解説しています。

ただし、dカードはドコモユーザーが使うべきカードだと思った方が良いでしょう。ドコモの携帯料金にもポイント還元が1%ある為、dポイントカードではなく、dカードを利用しないともったいないと言えます。

  • dポイントカード:ポイントカード
  • dカード:クレジットカード
    ドコモユーザーは持たないと損!

 

もし、アナタがドコモユーザーなら、dカードというドコモユーザー優遇のクレジットカードを持った方がポイントがザクザク貯まりやすくなるから!というのが大きな理由です。

後ほど、dカードを詳しく紹介していきますが、dカードならdポイント加盟店以外でも還元率1%と高く、貯めたポイントをPontaポイントにも等価交換できる使い勝手の良いポイント。

今なら最大8,000円相当の入会キャンペーンを行っているので、このタイミングを絶対に逃さない方が良いでしょう。

dポイントアカウントの申込方法

今までドコモをずっと使っていた方は、先ほど説明したように自動的にdアカウントに移行されるので特に手続きの心配はありません。

今までのdocomo IDに他社携帯ユーザーが登録したいと思ったときの方法を説明します。dアカウントへの登録も同じような手続きになります。

  1. ドコモの公式サイトにアクセス
  2. 『dアカウントの発行はこちら』をクリック
  3. ID発行ボタン→『ドコモの回線をお持ちでない方』の方を選ぶ
  4. docomo IDにしたいメールアドレス・パスワード・性別・生年月日を入力
  5. 入力したアドレスに届いたメールを確認
  6. サイトにアクセスして完了!

 

大まかにはこのような流れです。登録自体はたった3分程度で終わるので早めに済ませておきましょう。

ちなみにどうやっても上手く登録できないという場合、ドコモショップでも対応してもらえます。この場合、書面でIDとパスワードを発行してもらえますよ。ネットでの手続きが一番簡単ですが、困ったときはお店でも対応してもらえると思っておけばいいですね。

dポイントカードやdカードは、このdアカウントを持っていることが前提のカードなので、アカウントと紐付けして使うことになります。dポイントカード自体は、ローソンやドコモショップなど店頭で配布されていますよ。

博士博士

まずはdアカウントを作ることから始めよう!

続いてドコモユーザーがメリットを最大限受けられるdカードの発行やメリットを話そう!

貯めたdポイントのオトクな使い方などは以下の記事で詳しく解説しています。

dポイントカードの発行・申込方法

dポイントカード

dポイントカードはポイントカードなので、発行場所は加盟店になります。

ネットからdポイントカードを申し込みしたい方は、公式サイトから申し込むことができます。ただ、ネットからの申し込みだと2週間程かかってしまうので、すぐにポイントを貯めたいのであればその期間がすごくもったいないですよね。

それならdポイントカードを発行している加盟店でもらった方が早いです。発行している店舗は主に以下のお店・加盟店になります。

  • ドコモショップ
  • ローソン
  • マクドナルド
  • タワーレコード
  • イオンシネマ
  • 高島屋
  • Joshin
  • 東急ハンズ
  • かっぱ寿司

 

上記の店舗以外にも、まだまだ発行している加盟店はあるので、詳しくは公式サイトでチェックして都合の良い店舗でdポイントカードを入手してくださいね。

dカードの発行・申込方法

dカード

年会費初年度:無料
2年目以降:1,250円(年1度の利用で無料)
基本還元率1%
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード初年度無料
※年一度でも利用があれば無料
家族カード初年度無料
※年一度でも利用があれば無料

 

dカードはポイントカードではなく、クレジットカードです。dカードの申し込みはこちらの『公式サイト』から申し込むことができます。

インターネットからの申し込みで、現在8,000ポイントがもらえるdカード最大の入会キャンペーンをやっているので、申し込みをするならこういったキャンペーン中にしておいた方がお得です。

dカードを持つメリットを以下に簡単にまとめました。

  • 還元率がどこで利用しても1%以上!
  • iDも使える!
  • ローソンで5%還元!
  • 貯めたポイントはPontaポイントに等価交換!
  • 年たった1回の利用で年会費無料!
  • 映画館や飲食店のクーポンがもらえる!
  • ドコモ利用料金も1%還元

 

dカードをローソンで利用すると5%お得に!

dカード ローソンで5%お得

dカードのポイント還元率が常に1%以上あるのは合格点です。更に、ローソンを利用した時のdカードの破壊力は抜群です。ローソンをよく利用している人であれば最大限dカードのメリットを得ることができますよ。

ローソンでdカードを利用すると、常に商品代金が3%オフになり、更にdカード提示の1%ポイント還元、dカード決済の1%ポイント還元の合計5%が毎回お得になります。これがdポイントカードだと1%の還元率しかありません。

  • dカード提示で1%還元
  • dカード決済で3%オフ
  • dカード決済で1%還元

 

ウィーちゃんウィーちゃん

コンビニでいつでも5%お得ってすごい…!

率直に言うとdポイントカードでポイントを貯めるのは、加盟店も限られてくるのでメリットを得にくいと言えます。ローソンでのお得さについては、dカードを使えばローソンやマクドナルドでポイント高還元!の記事で詳しく書いています。

定価販売が当然のコンビニで、毎回5%お得に利用できるクレジットカードは他にありません。これは、ドコモユーザーだけでなく、dカードを持っていれば誰でも受けることができる特典だからこそ、たくさんの人気を集めているのです。

dカードはdポイントカードよりも発行枚数が多い!

博士が 「実はdポイントカードよりも、クレジットカードであるdカードの方が発行枚数が多いんじゃよ。」 と言い、白猫が 「ポイントカードよりもクレジットカードのほうが発行枚数が多いってすごい!」 と言っているシーン

実はdカードの発行枚数はdポイントカードの発行枚数の5倍以上もあります。ちなみにdカードの発行枚数は約1,500万枚。これは他の共通ポイントでは考えられない数字ですよね。

ウィーちゃんウィーちゃん

ポイントカードよりもクレジットカードの方が発行枚数が多いってすごい。。

博士博士

それだけ、dカードの魅力の方が圧倒的に多いからこその結果じゃな。

Tポイントカードで例えると、クレジットカードであるTカードの方が発行枚数が多くなるということになります。ポイントカードを5倍以上も上回るクレジットカード。

簡単に言うと8人に1人はdカードを持っているという計算になりますが、ほとんどがドコモユーザーであることは間違いありません。そして、「ドコモユーザーなのに、dカードを持たないともったいない!」ということがこの数字から見てわかりますよね。

逆に言えば、ドコモユーザーでもなく、ローソンもあまり利用しないのであれば必要ないカードです。

ウィーちゃんウィーちゃん

確かに。。

博士博士

逆に言えばドコモユーザーやローソンを利用しているなら間違いなく使うべきクレジットカードと言えるじゃろう。

ただ、ドコモユーザーであれば、ドコモ料金分がポイント還元されること、更にローソンでは還元率が他を寄せ付けない最強クレジットカードになることを考えるとかなりメリットが大きいカードと言えます。

 

dポイントカード(dカード)発行方法まとめ!

では、発行方法をまとめておきます!

【ドコモの契約がある場合】

特に何もしなくても大丈夫です!カードだけ加盟店でもらえばOKです♪

【ドコモの契約がない場合】

今までのdocomo IDと同じように公式サイトからアカウントを取得しましょう。必要情報をフォームに入力して登録したメールアドレスに確認メールが届くという方法です。上手くできない場合はドコモショップでも対応してもらえます!

dポイントカードは加盟店で発行すること、dカードであれば、インターネットからキャンペーンをやっている間に申し込むのがベストです。もしdカードを申し込みする時にポイントがもらえるキャンペーンがやっていないと損ですよね。

※追伸

1コマ目 博士がローソンでdカードを店員に渡しながら 「ワシはいつでもローソンで5%オフじゃ♪」と言い、 白猫は「え!何で博士だけお得なの?」と言っている 2コマ目 博士がdカードを白猫に見せながら 「それはこのdカードのおかけじゃ!dカードは実質年会費無料でローソンやマツキヨでいつでも5%お得になるんじゃよ!」 「しかも、どこで利用しても還元率は1%以上!更に入会キャンペーンでポイントもザクザク!」 と言っているシーン 白猫は「おぉ!!」と言っている 3コマ目 博士がdカードを持ちながら 「dカードはドコモユーザー以外でも利用でき、今ではdポイントカードよりもdカードの方が発行枚数が多いんじゃよ。」 と言い、白猫が 「年に1度の利用で年会費も無料になる上に、ローソンで5%お得なのは見逃すわけにはいかない…!」 と言っている 4コマ目 イラスト文字で「数日後…」とあり、 白猫がローソンで商品を購入しているシーンで 「dカードでお願いします!」と言って店員に渡しているシーン 隅っこで博士が 「1日でも早く利用すればよりお得になるのをわかっておるな。」 とニヤニヤしながら言っている。

現在、新規の方限定でもれなく8,000円相当のキャッシュバックが貰えるdカード入会キャンペーン中なので、申し込むならこのチャンスを逃さないようにしましょう!

8,000ポイントは、単純計算で800,000円分の買物をした時にもらえるポイントです。それだけのポイントが今ならもらえますよ。