ディズニーランドでもクレジットカードって使えるの?

ウィーちゃんウィーちゃん

ディズニーランドでもクレジットカードって使えるの?

マネーの博士マネーの博士

もちろんじゃよ!

よく勘違いされやすい事もあるが、詳しく解説していこう!

ディズニーランドは、ディズニーファンにとって本当に夢のような世界ですよね。「あの乗り物も乗りたい!」「素敵なディズニーグッズが欲しい!」とあちこちを回っても1日では足りないくらいです。

しかし、その支払いのたびに現金を出しておつりをもらうのはちょっと面倒ですし、お財布の中も現金でパンパンになってしまいます。

そんな時は、ディズニーランド内でクレジットカードを使って支払いをすれば、お財布はスッキリしますし支払いもスマートに行えます。

そこで、ディズニーランド内でクレジットカード払いをする方法や使える種類などについて解説していきましょう。

可愛いディズニーデザインのクレジットカードについてもまとめますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ディズニーデザインのクレジットカードを見る

ディズニーランド・ディズニーシー内はクレジットカード払いが可能!

ディズニーランドでも問題なくクレジットカードは使用できるぞ!
ディズニーでもクレジットカード払いはできる
マネーの博士マネーの博士

基本的にディズニーランドやディズニシーではクレジットカード払いが可能じゃよ。

ディズニーランド内ではクレジットカード払いができます。クレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカード、電子マネーの支払いもできるのです。

  • ディズニーランド内での支払い方法
    • 現金払い
    • クレジットカード払い
    • デビットカード・プリペイドカード払い
    • 電子マネー払い

現金払いはそのままレジで現金を出して支払うだけですので、クレジットカード払いから解説していきましょう。

ディスニーランドではクレジットカードで支払いをスマートに行おう!

素敵なディズニーグッズを購入したり、レストランでおいしい食事をしたときの支払いにクレジットカードを使うことができます。

せっかく支払いをするのならお得にポイントが貯まるクレジットカードで支払いをしてポイントを獲得したいですよね。

ディズニーランドでクレジットカードを使うときに知っておきたいことをまとめると、下記のようになります。

  • 使えるクレジットカードの種類
  • クレジットカードが使えない施設
  • クレジットカードの支払い方法
  • 支払い時にサインは不要
  • クレジットカードで購入できないもの
  • クレジットカードを利用するときの注意点

では、ディズニーランド内で使えるクレジットカードの種類から解説していきましょう

使えるクレジットカードの種類

ディズニーランドで利用できる国際ブランドの種類は以下のようになっています。

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • American Express
  • ダイナースクラブ
  • 銀聯(ギンレンカード)
  • ディスカバーカード
ウィーちゃんウィーちゃん

じゃあどのクレジットカードでも利用できるんだね!

マネーの博士マネーの博士

そのとおりじゃ!

ただし、海外で発行したクレジットカードの一部は使えないこともあるので要注意じゃ。

海外で発行されたクレジットカードでも、上記の国際ブランドのロゴが入っていれば利用できます。

ただし、MasterCardの場合、日本以外で発行されたカードの一部は利用できないことがありますので、心配な場合は国内で発行された上記国際ブランドのクレジットカードを使うようにしてくださいね。

ディズニーランドも含め、メインカードとして使いたいおすすめのクレジットカードは『絶対に使いたい高還元率なおすすめクレジットカードランキング|最強カードはコレだ!』の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

クレジットカードが使えない施設

マネーの博士マネーの博士

ディズニーではクレジットカードを使えると言ったが、一部で使えない施設もあるんじゃよ。

ディズニーランド施設内には、クレジットカード払いができない場所もあります。クレジットカードの利用ができない施設を下記にまとめました。

  • バルーンベンダー
  • 光るグッズを販売しているワゴン
  • ワゴンスタイルの飲食施設
    ※ポップコーンワゴン・アイスクリームワゴンでは利用可能
ウィーちゃんウィーちゃん

ワゴンとかではカード払いができないんだね。

上記の施設で支払いをするときは、必ず現金で支払いをするようにしましょう。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードには1回払いや分割払い・リボ払いなどの支払い方法がありますよね。では、ディズニーランド内ではどの支払い方法ができるのでしょうか。

ディズニーランド内でできるクレジットカードの支払い方法を、下記にまとめました。

支払う場所支払い方法
ショップ・どの支払い方法でもOK
ショップ以外・一般的なクレジットカード⇒1回払い
・リボ払い専用クレジットカード⇒リボ払い可能

 

ショップ以外の場所では基本的に1回払いとなっていますが、クレジットカードの中には『リボ払い専用』のカードがあります。

当然ですが、リボ払い専用カードの場合はリボ払いが可能なので、安心して支払いをしてくださいね。

支払い時にサインは不要

クレジットカードで支払いをするときは、暗証番号の入力以外は基本的に本人のサインをしなければいけませんよね。

しかし、ディズニーランド内でクレジットカード払いをするときは、サインの必要はありません。クレジットカード払いしてもサインレスで済むから、レジの前で混雑することが少なくなります。

後ろで精算待ちしている人を気にしなくてもいいのが嬉しいですね。

クレジットカードで購入できないもの

ディズニーランド内でクレジットカードが使えるといっても、クレジットカードで購入できない商品が下記のようにあります。

  • 切手
  • ギフトカード
  • フードバウチャー(食事券) など

レジの前で慌ててしまうことのないように、支払いをする前にクレジットカードで購入できる商品か購入できない商品かをしっかりチェックしておいてくださいね。

クレジットカードの支払い方法もわかったし、使えない場所もチェックしたからOKね!」と思ったあなた!ちょっと待ってください。

クレジットカードをディズニーランド内で利用する前に、注意しておかなくてはならない点がいくつかあります。

注意点を知っておかないと、クレジットカードで支払いができなくなってしまう可能性も…。

クレジットカード払いのトラブルを避けるために、クレジットカード払いをするときの注意点をまとめていきましょう。

クレジットカードを利用するときの注意点

マネーの博士マネーの博士

念の為、ディズニーでクレジットカードを利用する際の注意点を伝えておこう。

ディズニーランド内でクレジットカード払いをするときに注意しておきたいことがいくつかあります。

注意点を下記にまとめましょう。

  • 本人名義のカード以外は利用不可
  • サインのないカード・売上票のサインが異なる場合は支払いができない
  • カード会社の依頼により電話連絡を行う場合がある
  • 現金と併用しての支払いは可能
  • 法人カードを使う際は、カードのサインパネルに使用者を特定できる個人名(カードを使用する本人)のサインがあれば利用可能
ウィーちゃんウィーちゃん

他人名義ではディズニー関係なく使ってはダメだよね。

こちらも当然ですが、本人名義のクレジットカードでないとカードの利用はできませんので、クレジットカードを他の人に貸したりしないようにしてください。

なお、現金と併用して支払いをしたいときは、その旨をレジの人に申し出てからクレジットカードと現金で支払いをするようにしましょう。

これでディズニーランド内でクレジットカードを使って支払う方法がわかりましたね。今度は、デビットカード・プリペイドカードを使って支払う方法についてまとめていきましょう。

ディズニーランドではデビットカードやプリペイドカードも利用できる!

ウィーちゃんウィーちゃん

ディズニーでは電子マネーやプリペイドカードも使えるの?

マネーの博士マネーの博士

もちろんじゃ!ディズニーでは多様な決済に対応しているんじゃよ。

ディズニーランド内ではクレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカードも利用できます。

デビットカードなら、銀行口座にある残高分まで支払いが可能ですし、プリペイドカードならチャージしておいた分だけ利用することになるので、「つい使いすぎてしまった!」といった事態を避けることもできます。

デビットカード・プリペイドカードを使うときに知っておきたいことを、下記にまとめましょう。

  • 利用できるデビットカード・プリペイドカードの種類
  • デビットカード・プリペイドカードが使えない施設
  • デビットカード・プリペイドカードで購入できないもの
  • デビットカード・プリペイドカードを利用するときの注意点

では、利用できるデビットカード・プリペイドカードの種類から解説しましょう。

利用できるデビットカード・プリペイドカードの種類

ディズニーランド内で使うことができるデビットカード・プリペイドカードの種類は、下記の通りです。

  • 各カードに『JCB』『VISA』『MasterCard』などの主要ブランドマークがあるカード
  • 海外発行カードで『JCB』『VISA』『MasterCard』のマークがあれば利用可能

ただし、主要ブランドマークが付いていても、J-Debit・銀聯デビットカードなど利用できないデビットカードがありますので、注意してくださいね。

デビットカード・プリペイドカードが使えない施設

デビットカードやプリペイドカードの利用ができるなら、お買い物や食事の支払いに利用したいですよね。

しかし、クレジットカードと同じようにデビットカード・プリペイドカードが使えない施設もありますので、下記にまとめました。

  • バルーンベンダー
  • 光るグッズを販売しているワゴン
  • ワゴンスタイルの飲食施設
    ※ポップコーンワゴンは利用可能
ウィーちゃんウィーちゃん

これはクレジットカードと同じなんだね。

上記の施設では、現金を用意して支払いをするようにしてくださいね。

デビットカード・プリペイドカードで購入できないもの

ディズニーランド内で販売しているすべての商品にデビットカードおよびプリペイドカードが使えるわけではありません。

デビットカードやプリペイドカードで支払いができない商品を下記にまとめましょう。

  • 切手
  • ギフトカード
  • フードバウチャー(食事券) など

上記の商品の支払いにデビットカード・プリペイドカードを使うことができませんので、現金で支払いをするようにしてくださいね。

デビットカードやプリペイドカードを使って支払いをするときにも注意しておきたいことがあります。

次の項目で注意事項をまとめますね。

デビットカード・プリペイドカードを利用するときの注意点

ディズニーランド内でデビットカード・プリペイドカードを使うときも、クレジットカードを使うときと同じように注意事項がありますので、下記にまとめましょう。

  • 本人名義のカード以外は利用不可
  • サインのないカード・売上票のサインが異なる場合は支払いができない
  • カード会社の依頼により電話連絡を行う場合がある
  • 現金と併用しての支払いは可能
  • オンライン予約や購入サイトでは利用できない
  • ディズニーランドの中にチャージできる場所はない

特に気を付けたいのが、プリペイドカードのチャージです。パーク内にチャージできる場所はありませんので、事前にチャージしておく必要があります。

チャージを忘れてしまうと、「せっかくプリペイドカードで支払いをするつもりだったのに、残高がないから現金払いになってしまった…。」という事態も起こりかねません。

あなたが持っているプリペイドカードの残高が充分であるかどうかを確認してから、入場するようにしてくださいね。

スマートフォンを利用した電子マネー払いもOK

スマートフォンにダウンロードされている電子マネーを使って、ディズニーランド内のお買い物やレストランでの支払いもできます。

スマートフォンでの決済なら、支払いが素早くスマートにできますので非常に便利ですね。

まずは、電子マネーを使って支払いをする前に知っておきたいことをまとめます。

  • 使える電子マネーの種類
  • 電子マネーが使えない施設
  • 電子マネーで購入できないもの
  • 電子マネーを利用するときの注意点

では、利用できる電子マネーの種類から解説しましょう。

使える電子マネーの種類

各ショップやレストランで使える電子マネーの種類は、以下のようになっています。

  • QUICPay/QUICPay+
  • iD
  • 交通系IC
    • Suica
    • Kitaca
    • PASMO
    • manaca
    • TOICA
    • ICOCA
    • はやかけん
    • nimoca
    • SUGOCA
ウィーちゃんウィーちゃん

ホントに色々な決済に対応しているんだね!

特に電車をよく利用している方なら、交通系電子マネーで支払いができるのは便利でありがたいですね。

ただし、上記以外の電子マネーではディズニーランド内の支払いができません。支払いができない電子マネーを以下にまとめましょう。

マネーの博士マネーの博士

以外に定番な電子マネーに対応していないのが残念なところじゃな。

楽天スーパーポイントやnanacoポイント、WAONポイントなどを貯めている方にとっては残念ですが、上記の電子マネーでの決済はできません。

普段から使いたいおすすめの電子マネーは『電子マネーのおすすめを紹介!電子マネーで支払いがストレスフリーに!』の記事で詳しく紹介しています。

電子マネーってそんなに便利なの? 電子マネーのおすすめを紹介!電子マネーで支払いがストレスフリーに!

 

電子マネーが使えない施設

電子マネーの場合も、クレジットカードなどと同じように使うことができない施設があります。

電子マネーが使えない施設は下記の通りです。

  • バルーンベンダー
  • 身につけグッズや光るグッズなどを販売している一部の商品ワゴン
  • 一部のフードワゴン
    ※ポップコーンワゴンは利用可能

基本的にディズニーランド内にあるショップやレストラン以外の利用ができませんので、支払いのときには充分注意してくださいね。

電子マネーで購入できないもの

電子マネーにも支払いができない商品が、下記のようにあります。

  • 切手
  • ギフトカード
  • フードバウチャー(食事券) など

上記のものについては現金でしか支払いができませんので、現金を準備して支払うようにしてくださいね。

電子マネーを利用するときの注意点

スマートフォンにダウンロードした電子マネーを利用して支払いをすれば、鞄から財布を取り出し、さらにカードを出して…という手間をかけなくても支払いが簡単にできますよね。

しかし、電子マネーを利用するときにも注意点がありますので、電子マネーを使う前に注意事項をしっかり覚えておきましょう。

  • ディズニーランドパーク内にはチャージできる場所がない
  • 交通系ICのみ、不足分を現金で支払える
  • 交通系ICのみ、不足分を東京ディズニーリゾート・ギフトカードで支払える
  • QUICPayの上限金額は持っているQUICPayの種類による
  • iD・交通系ICの上限金額は1回の会計につき2万円まで
  • パークチケットの購入に電子マネーは利用できない

電子マネーを使って支払いをする前に充分注意しなければならないのが、電子マネーの残高です。

ディズニーランド内では、電子マネーのチャージができません。その為、残高が足りなくなってしまったら現金で支払うしかありません。

ウィーちゃんウィーちゃん

ディズニーではチャージができないんだ。。

マネーの博士マネーの博士

モバイルSuica等を使っているなら、その場でアプリからチャージは可能じゃよ。

ディズニーランドに入場する前に、電子マネーへのチャージを済ませておきましょう。

交通系ICのチャージは下記の券売機や窓口でチャージできます。

  • ディズニーリゾートラインの各駅に設置されている券売機
  • ディズニーリゾートラインの各駅に設置されている窓口
  • JR舞浜駅 など

ディズニーランドに入場する前に交通系ICの残高不足に気が付いたら、上記の各所でしっかりチャージしておきましょう。

ディズニーランドのチケットもクレジットカードで購入可能!

マネーの博士マネーの博士

もちろん、ディズニーランドやディズニーシーのチケットもクレジットカード払いが可能じゃよ。

ディズニーランドの中だけでなく、ディズニーランドのチケットもクレジットカードで購入が可能です。

クレジットカードで決済することで、各クレジットカードが行っているポイントプログラムやポイントシステムが適用されたり、中にはキャッシュバックといった特典が受けられるカードもありますので、特典が適用されれば嬉しいメリットになりますよね。

チケットには当日券と前売り券があり、前売り券には『日付指定券』と『オープン券』の2つのチケットがあります。

  • 当日券
  • 前売り券
    • 日付指定券
    • オープン券
ウィーちゃんウィーちゃん

日付指定券はわかるけど、オープン券ってなんだろう?

チケットを購入する前に、『日付指定券』と『オープン券』の違いを理解しておいてから購入するようにしておきましょう。

では、ディズニーのチケットとしてどのような違いがあるのかをわかりやすく解説しましょう。

日付指定券とオープン券の違い

ディズニーのチケットである『日付指定券』と『オープン券』の違いは、入園する予定日を指定するか指定せずにいつでも好きな日を選択して利用するかです。

わかりやすくまとめると、下記のようになります。

  • 日付指定券
    ⇒入園予定の日付とパークを指定するチケット
    ⇒指定した日付は入園保証あり
    (万が一パークが入園制限されても確実に入園OK!)
    ⇒指定日に入園できない場合、チケットの有効期間内はチケットを変更可能
  • オープン券
    ⇒日付指定を行わず、いつでも好きな日を選んで利用
    ⇒有効期間は1年
    ⇒入園保証なし
    (万が一パークが入園制限されると、入園できないことがある)
ウィーちゃんウィーちゃん

オープン券って日付指定がないチケットのことなんだ!

日付指定券は、万が一入園の制限がされた場合でもディズニーランド内に入ることができますが、オープン券の場合は入園制限がかかると入園できなくなってしまいます。

特に混雑しそうなゴールデンウィークや年末年始、長期休暇などにディズニーランドに行くことを計画しているなら、日付指定券を購入したほうが安心ですね。

では、前売りチケットはどこで購入するのかを次の項目から解説していきましょう。

ディズニーランド前売り券の販売場所

前売り券はインターネットやディズニーのお店、ディズニーランドが委託したお店や窓口で購入できます。まずは、簡単に下記にまとめましょう。

  • オンライン
  • 東京ディズニーリゾート
  • 全国のディズニーストア
  • 主なコンビニエンスストア(シニアパスポートを除く)
  • 主な旅行代理店
  • JRの窓口

詳しい購入方法や購入できるチケットの種類などを、もっと詳しくまとめていきますね。

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで購入

ディズニーランドチケット
オンラインでディズニーのチケットが購入可能

パソコンや携帯電話などを使ってオンラインでチケットを購入する場合は、『東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト』にアクセスします。

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトは、午前5時から翌朝午前3時までチケット購入を受け付けています。

マネーの博士マネーの博士

基本的にはネットからの購入が便利じゃよ。

入園予定日の3か月前から入園当日の閉園1時間前までのチケットが買えますので、結構ギリギリでもチケットが購入できるのが嬉しいですね。

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで取り扱っているチケット種類や形態は、下記の表のようになっています。

チケットの種類チケット形態
1デー パスポート・スマホ表示
・自宅で印刷
・名刺サイズ
シニア パスポート・スマホ表示
・自宅で印刷
・名刺サイズ
ギフト パスポート・名刺サイズ
期間限定パスポート・スマホ表示
・自宅で印刷
・名刺サイズ
夜間パスポート・スマホ表示
・自宅で印刷
・名刺サイズ
マルチデー パスポート・自宅で印刷
・名刺サイズ

 

チケットの形態によってチケットの受け取り方法に違いがありますので、下記にまとめましょう。

  • スマホ表示
    ⇒スマートフォンで入園
  • 自宅で印刷
    ⇒自宅でプリントアウトする
  • 名刺サイズ
    ⇒チケットを自宅へ配送

オンラインなら、場所を問わずにチケットの予約・購入ができますね。更にスマホ表示を選択すれば、スマートフォン1つで入園ができるのだからすごく簡単!

思い立ったらすぐにチケットの予約・購入ができるのも、オンラインで購入するメリットですね。

ただし、オンラインでチケットを購入するにはユーザー登録が必要ですので、事前に登録を済ませておきましょう。

東京ディズニーリゾートで購入

マネーの博士マネーの博士

わざわざその場で前売り券を購入することはないと思うが、一応ディズニーランドの窓口でも前売り券を購入できるぞ。

東京ディズニーリゾートの窓口でも、前売り券の購入が可能です。前売り券は入園予定日の3か月前から購入ができ、個人の窓口なら閉園30分前までチケットを販売しています。

チケットの販売窓口の場所と販売時間は、下記の表の通りです。

チケット購入場所チケット購入可能時間
【イーストゲート・レセプション】
東京ディズニーランド
開園1時間前から閉園30分前迄
【団体窓口】
東京ディズニーランド
開園1時間前から15時迄
【団体チケットブース】
東京ディズニーシー
開園1時間前から15時迄
【東京ディズニーリゾート・チケットセンター】
JR舞浜駅前
8時から21時迄

 

では、各販売窓口で購入できるチケットの種類とチケット形態をまとめましょう。

チケットの種類チケット形態
1デー パスポート名刺サイズ
シニア パスポート名刺サイズ
ギフト パスポートなし
期間限定パスポート期間限定パスポートの詳細ページで確認
夜間パスポート名刺サイズ
マルチデー パスポート名刺サイズ
各種年間パスポート引換券の販売・作成あり

 

東京ディズニーリゾートの窓口でチケットを購入する場合は、スマホ表示や自宅印刷といった形態のチケットを選択できません。

もし、名刺サイズのチケットよりもスマホ表示や自宅で印刷したチケットを使用したいときは、オンラインで申し込んだ方がいいでしょう。

全国のディズニーストアで購入

前売りチケットは、全国にあるディズニーストアで購入もできます。ディズニーランドが近くにない方は、下記の場所にあるディズニーストアで購入しましょう。

地域ディズニーストア 店舗名
北海道札幌ステラプレイス店
東北仙台東映プラザ店
北陸・信越新潟万代ビルボードプレイス店
佐久平イオンモール店
関東渋谷公園通り店
お台場アクアシティ店
池袋サンシャインシティアルパ店
八王子東急スクエア店
レミィ町田店
昭島モリタウン店
土浦イオンモール店
宇都宮福田屋ショッピングプラザ店
船橋ららぽーとTOKYO-BAY店
川口アリオ店
大宮アルシェ店
羽生イオンモール店
越谷イオンレイクタウン店
ららぽーと横浜店
横浜そごう店
東海沼津イシバシプラザ店
浜松遠鉄店
名古屋松坂屋店
大高イオンモール店
岡崎イオンモール店
関西心斎橋店

 

家の近くのショッピングセンターにディズニーストアがあるけど、チケットが購入できるの?

チケットの購入はできません。確かに、全国にディズニーストアがいくつかありますが、上記のディズニーストアでしかチケットの購入ができないので、間違えないようにしてくださいね。

ウィーちゃんウィーちゃん

ディズニーのチケットが購入できるお店は決まってるんだね。

上記の表にあるディズニーストアでチケット購入できるのは、入園予定日の3か月前からです。

では、ディズニーストア各店舗で取り扱っているチケットの種類とチケット形態を表にまとめましょう。

チケットの種類チケット形態
1デー パスポート名刺サイズ
シニア パスポート名刺サイズ
ギフト パスポートなし
期間限定パスポート期間限定パスポートの詳細ページで確認
夜間パスポート名刺サイズ
マルチデー パスポート名刺サイズ
年間パスポートなし

 

ディズニーストアでチケットを購入する場合もディズニーランドで購入するのと同じように、名刺サイズのチケットしか購入できません。

他のチケット形態を選択したいなら、オンラインで申し込みましょう。

その他の販売場所

その他、ディズニーランドの前売り券が購入できる場所が以下のようにあります。

  • 全国のコンビニエンスストア(シニアパスポートを除く)
  • 大手旅行代理店
  • JRの窓口

上記の店舗でもディズニーランドのチケットが買えるので、自宅や職場の近くに店舗があれば、手軽に購入ができますね。

お店によって、予約券や観光券・バウチャーという形で売っていることがありますので、その場合はディズニーランドにある下記の場所にてチケットと交換してくださいね。

  • メインエントランス・インフォメーション&チケットブース(東京ディズニーランド)
  • チケットブース・ノース/チケットブース・サウス(東京ディズニーシー)

当日の交換・引換が必要かどうかわからないときは、予約券や観光券を購入したお店で尋ねてください。

ディズニーランドに行く予定日の3か月前から購入できます。ただ、店舗によって販売開始の時期が違っているため、詳しい販売時期については各販売窓口で聞いてみるといいでしょう。

ここまでは、前売り券について解説してきましたが、ディズニーランドに行く当日にチケットを購入することも可能です。もちろん、クレジットカード払いもOK!

ここからは、当日券の購入場所をまとめていきますね。

ディズニーチケット当日券の購入場所

当日券の購入場所は、以下の2つあります。

  • オンライン
  • 東京ディズニーランド

当日券でもオンラインで購入できるのは、とっても楽ですしありがたいですよね。

では、さっそく詳しく解説していきましょう。

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで購入

ディズニーランドチケット
当日券もオンラインで購入可能

当日券もオンラインで購入できますので、『東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト』にアクセスして購入手続きを行いましょう。

オンラインで購入すれば、当日に混雑している窓口で長時間並ばなくてもいいのが大きなメリットです。

オンラインでチケットの購入ができるのは、当日の閉園時間の1時間前までとなっています。東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで購入できる時間は、午前5時から翌朝午前3時までとなっているので、時間内に購入できるようにしましょう。

オンラインで購入できるチケットの種類・形態は、下記の表のようになっています。

チケットの種類チケット形態
1デー パスポートスマホ表示
自宅で印刷
シニア パスポートスマホ表示
自宅で印刷
ギフト パスポートなし
期間限定パスポートスマホ表示
自宅で印刷
夜間パスポートスマホ表示
自宅で印刷
マルチデー パスポート自宅で印刷

 

オンラインで当日券を購入する場合、前売り券と違い名刺サイズのチケットを購入できません。スマートフォンに表示して入園するか、自宅でプリントアウトしてからチケットを入園窓口に出すようにしましょう。

東京ディズニーランドのパークチケット窓口で購入

当日券を購入するのは、ディズニーランドのパークのエントランス前の『パークチケット販売窓口』でもできます。

ただ、状況によっては窓口が混んでしまい、チケットを手に入れるまでに時間がかかってしまうことがあります。

オンラインでチケットを購入するのが最も楽ですが、パソコンやスマートフォンが苦手な方やオンラインで購入できる環境が整っていない場合は、パーク内の窓口で購入しましょう。

ディズニーランドの窓口でチケットを購入する場合、開園30分前から閉園2時間前までに購入手続きを行ってください。

マネーの博士マネーの博士

当日券でも早めの購入を心がけよう。

ただし、当日園内の状況によって閉園時間が早くなることがあります。できるだけ余裕を持って入園できるようにした方がいいかもしれませんね。

閉園2時間前から閉園30分前までは、チケット販売場所が『イーストゲート・レセプション』に変更されますので、間違えないようにしてくださいね。

ディズニーランドの窓口で購入できるチケットの種類・チケット形態は以下の通りです。

チケットの種類チケット形態
1デー パスポート名刺サイズ
シニア パスポート名刺サイズ
ギフト パスポートなし
期間限定パスポート期間限定パスポートページで詳細を確認
夜間パスポート名刺サイズ
マルチデー パスポート名刺サイズ

 

当日券をディズニーランドの窓口で購入する場合は、スマホ表示や自宅で印刷するタイプは販売されていません。

名刺サイズのチケットを受け取って入園してくださいね。

ディズニーの公式スポンサーはJCB!JCBブランドの特典

博士が白猫に「JCBはディズニーやUSJの公式スポンサーなんじゃよ。」と言っているイラストで背景に遊園地
JCBはディズニーのオフィシャルスポンサー
マネーの博士マネーの博士

ディズニーの公式スポンサーはJCBということもあって、JCBブランドを持っていると様々な特典があるんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

え!どんな特典があるの?

JCBはディズニーのオフィシャルスポンサー(公式スポンサー)であるため、JCBブランドのカードを持っていると東京ディズニーランドのキャンペーンなどに参加することができます。

JCBは、ディズニーランドだけでなくたくさんのキャンペーンに参加できたり、JCBだけの特典を得ることができるのが大きなメリットです。

では、どんな特典が受けられるのかを下記にまとめましょう。

  • JCB マジカル 2019
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM ハロウィーン貸切キャンペーン2019
  • JCB×北海道キャンペーン 2019-2020
  • 国内・海外ホテルをエクスペディアで予約すると8%OFF!
  • Agoda×JCB 海外・国内ホテルが最大10%オフ!キャンペーン
  • ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料! など

この中から、『JCB マジカル 2019』のキャンペーンについて詳しく解説していきましょう。

JCB マジカル 2019【東京ディズニーシー完全貸切キャンペーン】

JCBマジカル2019
ディズニー・シーのチケットと宿泊券が当たる

JCBは、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルカードであり、JCB独自のオリジナルキャンペーンを行っています。

JCB マジカルは、毎年JCBが行うキャンペーンのひとつであり、2019年の内容は下記のようになっています。

  • 【2019年12月6日(金)】ホテル宿泊&東京ディズニーシー完全貸切
    ⇒2人で仲良し貸切コース
    ⇒4人でわいわい貸切コース
    ⇒パークチケットコース
    ⇒Wチャンス賞 JCBマジカル オリジナルグッズ
ウィーちゃんウィーちゃん

貸切とかすごい…!

JCBのキャンペーンに当選した方だけが、ディズニーシーを貸切って利用できますので、通常のように長時間並んだり欲しい商品がなかなか購入できないといったわずらわしさもなく、思う存分ディズニーシーを楽しむことができます。

キャンペーン期間は2018年12月16日から2019年6月15日までとなっており、この期間内にJCB公式サイト『JCB マジカル 2019キャンペーンページ』からインターネットや電話で応募します。

キャンペーン期間中にJCBのカードを利用した金額50,000円を1口として抽選されるので、JCBブランドのカードを使えば使うほど当選確率が上がります。

今から応募しても、12月から今日までの分は計算に入らないから口数が減るのでは?

いえいえ、エントリーがキャンペーン期間内であれば12月16日から今日までの利用分を計算してくれます。

つまり、こちらの記事を読んだ時期がキャンペーン期間内であれば、今からでも充分間に合うのです。見事当選すれば、ディズニーシーで素敵な時間を満喫できますよ。

この他にもJCBカードを持っていることで、参加できるキャンペーンや受けられる特典がたくさんあります。

どのキャンペーンに参加できてどの特典を受けられるのかは、カード発行会社によって違いがあります。

参加できるカード発行会社は各キャンペーンページに載っていますので、あなたが持っているJCBカードの発行会社名があるかどうかを確認してください。

もし、キャンペーンに参加できないのであれば、カード情報を入力した後に『お持ちのカードではキャンペーンに参加できません。』などの注意文が出てきます。

せっかくディズニーを利用しているなら、JCBプロパーカードを使いたいですよね。JCBの中でおすすめのクレジットカードを『JCBカードの種類と選ぶべきおすすめクレジットカード特集|プロパーと提携カードそれぞれのおすすめを紹介!』の記事で紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

イラスト文字で 『JCBブランドのおすすめクレジットカード特集』 と記載し、下に博士と白猫がいるイラスト(背景にJCBのロゴ) JCBカードの種類と選ぶべきおすすめクレジットカード特集|プロパーと提携カードそれぞれのおすすめを紹介!

 

特典付き!ディズニー好きには欠かせないディズニーデザインのクレジットカード

マネーの博士マネーの博士

ディズニー好きには欠かせないのが、ディズニーデザインのクレジットカードじゃよ。

様々なクレジットカード会社がディズニーブランドを発行しているぞ!

ディズニーランドでクレジットカードを利用すれば支払いが簡単になだけでなく、サインの必要もないので素早く決済できますし、せっかくクレジットカードを持つのであれば、ディズニーデザインのクレジットカードが欲しいですよね?

ディズニーデザインのクレジットカードなんてあるの!?

はい!ディズニーファンにはたまらない、素敵なディズニーデザインのクレジットカードがあります。ディズニーデザインのクレジットカードは国際ブランドがJCBなので、JCBの特典を受けたりキャンペーンへの参加も可能です。

下記のJCBブランドのディズニーデザインのクレジットカードを解説していきます。

ウィーちゃんウィーちゃん

スポンサーがJCBだから、JCBだけがディズニーデザインを発行できるんだね!

JCBブランドのカードを持っていても、ディズニーデザインのカードを持ちたいとお考えなら、ぜひ参考にしてください。

ディズニーJCBカード

ディズニーJCBカード

年会費初年度:無料
2年目以降:2,000円(税抜)
申込条件満18歳以上(高校生不可)
基本還元率0.5%~
国際ブランドJCB
ETCカード有・無料
家族カード400円(税抜)
※本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料

 

ディズニーJCBカードのメリット
  • 期間限定発行のカード1種類またはベーシック12種類からデザインを選択
  • ディズニーポイント&パークチケットがもらえるチャンスあり
  • キャラクターグリーティング・メンバー限定特典あり
  • 1ポイント=1円としてパークやディズニーストアで利用可能
  • ディズニーホテルを会員限定の特別プランで予約可能
  • パークでメンバー限定パーティーあり など

 

楽天カード|ディズニーデザイン

楽天カードディズニーデザイン

年会費無料
申込条件満18歳以上(高校生不可)
基本還元率通常:1%~
楽天市場:3%~
国際ブランドJCB
ETCカード500円(税抜)
家族カード無料(最大5枚発行可能)

 

楽天カードのメリット
  • SPU適用ならポイント最大15倍!
  • 楽天市場でポイント還元率が上がる!
  • 楽天Edyにチャージするとポイントが付く(200円につき1ポイント)
  • 海外旅行傷害保険が無料で付帯(利用付帯)など

 

セブンカード・プラス|ディズニーデザイン

セブンカード・プラスディズニーデザイン

年会費初年度:無料
2年目以降:463円(税抜)
※年間5万円以上利用で翌年度無料
申込条件満18歳以上(高校生不可)
基本還元率通常:0.5%~
セブンイレブン/イトーヨーカドー:1.5%
オムニ7/西武・そごうなど:1%
国際ブランドJCB
ETCカード無料
家族カード初年度:無料
2年目以降:168円(税抜)
※本会員カードが無料のとき翌年度無料

 

セブンカード・プラスのメリット
  • セブンカード・プラスはnanaco一体型と分離型から選択できる
  • セブン&アイグループの対象店でポイントが2倍から3倍
  • セブンカード・プラスからnanacoへチャージでポイント加算

 

イオンカード(WAON一体型)|ディズニーデザイン

イオンカード(WAON一体型) ディズニーデザイン

年会費無料
申込条件満18歳以上(高校生不可)
※卒業年度の1月1日以降であれば申し込み可能
基本還元率通常:0.5%~
イオングループ:1%~
国際ブランドJCB
ETCカード無料
家族カード無料

 

イオンカード(WAON一体型)のメリット
  • イオングループの対象店でポイント2倍!
  • お客様感謝デー(毎月20日・30日)ならイオンの商品5%OFF
  • 毎月10日は『ときめきWポイントデー』でポイント2倍!
  • 電子マネーWAONと一体

 

まとめ

ディズニーランドに行くときにたくさんの現金を準備するのは大変ですし、支払いのたびにおつりをもらっていては小銭でお財布がパンパンになってしまいます。

ディズニーランド内では、支払いに全ての国際ブランドのクレジットカードが利用できますので、カードを使って決済すれば時間をかけずに決済できますしお財布もスマートなままです。

さらに、ディズニーランド内で支払いするときに、ディズニーデザインのクレジットカードで決済するのもテンションが上がりますよね。

クレジットカードだけでなくデビットカードやプリペイドカード、電子マネーも利用できるものがありますから、ぜひ活用していきましょう。

ディズニーランドのチケットもクレジットカード決済が可能です。クレジットカードで支払いをすればポイントが加算されることから、お得になること間違いありませんよ。

ディズニーランドがいつもより快適に楽しく過ごしましょう!

記事を書いた人
博士
博士

マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。