デビットカードでもETCカードって持てるの?

ウィーちゃんウィーちゃん

ETCカードが欲しいけど、デビットカードと一緒に発行できるETCカードってないのかニャ?

博士博士

クレジットカードを発行するのに抵抗ある人にとっては、デビットカードは便利じゃが、実はETCカードを発行するにあたって少し不便な所があるんじゃよ。。

現金で支払う場合と比べると、お得感の大きいETC。

高速道路を頻繁に利用される方であれば、是非とも一枚は持っておきたいですよね。さて、クレジットカードを所有している方であれば、難なくETCカードの作成ができますが、デビットカードの場合はどうなのでしょうか?

デビットカードでも、ETCでもETCカードを発行することができるのかどうか、詳しく解説していきましょう!

スポンサーリンク

デビットカードではETCカードは発行できない

ETCカード デビットカード

残念ながら、デビットカードでETCカードを発行することはできません。

クレジットカードの審査が得られず、車を主な移動手段として利用している方にとっては、なかなかに悔しいことですね。

キャッシュレスで決済ができるという点ではクレジットカードと同じなのに、なぜ、デビットカードの場合はETCが発行できないのでしょうか?

ウィーちゃんウィーちゃん

デビットカードではETCカードは発行できないんだ。。

デビットカードの決済方法に、ETCカードを発行できない理由があった

デビットカードではETCカードを発行できない理由。

それは、デビットカードの即時引き落としというシステムにあります。クレジットカードの後日請求とは異なり、デビットカードは決済したタイミングで、指定口座から引き落としがかかります。

実は、高速道路における料金システムが、この即時引き落としという決済方法に対応していないんですね。

ちょっとイメージしてみましょう。

もし、デビットカードのETCを採用したとすれば、思わぬ事故が発生してしまう可能性があるのです。

たとえば、指定されている引き落とし口座に十分な残高が残っていないにもかかわらず、残高があるものと思い込んだまま高速道路から出ようとETCのレーンに突入してしまったら…。

ゲートバーが開かず衝突。最悪の場合、後続車がさらに追突…といった事故に発展してしまいます。こうした危険性を取り除くためにも、デビットカードのETCを承認するわけにはいかないのですね。

クレジットカードが作成できないからといって諦めるのは早い

デビットカードでのETCカードができないとなると、クレジットカードが作成できない方は、ETCカードの発行を諦めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。諦めるのはまだ早いですよ。通常のETCカードを発行する以外にも、いくつかの方法があるのです。事項で具体的にみていきましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

デビットカードしか持っていなかったら、どうやってETCカードを発行すればいいんだろう…?

ETCカードを発行する方法

デビットカードしか持っていなくてもETCカードを発行する方法はあるんじゃよ!

ご存知のように、ETCカードの発行は、クレジットカードの発行と同時に手続きするというのが一般的。

もちろん、すでにクレジットカードのみを発行していても、追加でETCカードを申し込みすることは可能です。

いずれにしても、ETCカードが発行されるまでの期間は1〜2週間程度ということが多いです。リクルートカード(JCB)やOrico Card THE POINTなどの年会費(維持費)が一切かからず、ポイントが貯まりやすいものがオススメ。

ちなみにほとんどのクレジットカード会社において、ETCカードの発行は電話でもWEBでも受付をしてもらうことができますよ。続いて、クレジットカードを発行することなく、ETCカードを単体で作成する方法を説明していきましょう。

ETCカードを単体で発行する方法

ETCカードはクレジットカードを発行しない限り持つことができない。

私もそう勘違いしていた事もありましたのが、実はそういうわけではありません。クレジットカードの審査が通らずに悩んでいる方でも、審査なしで後払い式のETCカードを作成することができるのです。

  • ETCコーポレートカードを作成する
  • ETCパーソナルカードを作成する

 

この二つに関して、それぞれみていくことにしましょう。

ETCコーポレートカードを作成する

ETCコーポレートカード

ETCコーポレートカードとは、「コーポレート」という名称からもわかるように、業務用のETCカードのことを指します。

通常のETCカードはクレジットカード会社が発行しているのに対し、ETCコーポレートカードはNEXCO東・中・西日本高速道路株式会社が発行しているものになります。

業務用とはいうものの、個人が発行できないわけではありません。条件を満たした上で、ETCコーポレートカードを利用するメリットを見出せるのであれば、個人が発行するのも一つの選択肢としてありですね。

ウィーちゃんウィーちゃん

個人でも発行できるのは嬉しいね!

博士博士

しっかりと申込内容を確認しておこう!

まずは申し込みの流れを掴みましょう。

  1. 利用申込書をWEBでダウンロードするか、窓口で受け取る。窓口の受付時間は平日の9時〜18時。
  2. 申込書に必要事項を記載して送付する。
  3. 送付した申込書に不備や問題点がなければ、結果通知書が郵送される。
    ※このタイミングで、保証金の預託や保証書の提出が必要。
  4. 保証が確認されれば、コーポレートカード、カード発行通知、保証預かり証が届く。
  5. コーポレートカードが使えるようになる。カード受取書はできるだけ早めにNEXCOへ返送しましょう。

 

ここまでが大まかな申し込みの流れです。ところでスペックとしては、通常のETCカードとどのように異なるのでしょうか?

メリットとデメリットに分けて説明していきます。

大口、多頻度割引を受けることができる

業務用スーパーでの買い物が、通常のスーパーでの買い物より比較的お得であるのと同様に、業務用のETCカードであるETCコーポレートカードには、大口、多頻度割引なるものがあります。

具体的には、1ヶ月の利用分のうち、5,000円を超えた分に対して割引がかかります。

大口という名前の割にはそこまでハードルは高くない上、利用金額が大きければ大きいほど、割引率も高くなっていきます。

30,000円を超えた分については、どれだけ使ったとしても30%オフがかかるという嬉しい仕様。ETC2.0の車載器を使っていれば40%引きです。

さらにここへ、休日割引や0時〜4時の深夜割引を併用することも可能。…とここまでが車両単位に対する割引で、一つの法人や事業所全体での利用が多ければ、さらに契約単位で5〜10%の割引が上乗せされます。

なんだか非常にお得なイメージを持つことができますね。

平日朝夕割引が、利用時点で得られる

通常のETCカードと共通の割引として、平日朝夕割引があります。

平日朝夕割引は、首都圏を除く区間における1ヶ月以内の利用(朝6時〜9時、夕方17時〜20時が対象)が5回を超えると、以下の通り割引を受けることができるというもの。

  • 5回〜9回まで
    →通行料金のうち最大100km分までを約30%割引
  • 10回以上
    →通行料金のうち最大100km分までを約50%割引

 

ウィーちゃんウィーちゃん

意外に大きな割引も適用されるのは助かる!

通常のETCカードの場合、翌月の20日以降に利用した分に対して割引がかかるため、仮にせっかく10回以上の利用をして割引の特権を得ていても、翌月に一回も高速道路を利用しなければ、割引の権利は使われないまま無駄になってしまいます。

スーパーで例えると、有効期限のある割引チケットを持っているのに、期間内にそのスーパーを利用しなかったという具合です。

ウィーちゃんウィーちゃん

翌月もちゃんと利用しないともったいないって事だね!

博士博士

そういう事じゃ!

ムダに高速を利用する必要はないが、こういった割引の条件はしっかりチェックしておこう!

それに対してETCコーポレートカードの場合、割引条件さえ満たしていれば、利用料金が請求される時点で減額となります。

スーパーで例えるなら、商品を購入した時点で割引を受けることができ、その場での負担額が軽減されるという具合。

割引額はどちらも同じなので、使うかどうかわからない割引の権利を貰うよりも、その場で割引をしてもらった方が嬉しいですよね。

審査が必要ない

通常のETCカードはクレジットカードの付属品のような位置付けにあるため、どうしても発行する上では審査を通過する必要があります。

ところがそれに対し、ETCコーポレートカードはETCの専用カードであり、クレジット機能が付随していないので、審査をかける必要がないのです。

法人名義や事業用途の場合、クレジットカードの審査は非常に厳しくなってしまうので、独立したての個人事業主や、3年以上の黒字実績を作れていない会社にとって、審査がないのは非常にありがたいですよね。

ところで、審査がないのであれば、どのような条件を満たせばETCコーポレートカードを発行することができるのかについて、以下にまとめています。

  • 申し込みと同名義で所有している車があるか
  • その車がETC車載器を搭載しているか
  • 過去に通行料金の支払いにおいてトラブルはないか
  • 車両制限令の違反者ではないか

 

健全なドライバーであれば特に問題はなさそうですね。それでは次に、デメリットについても把握しておきましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

やっぱりETCカードカード単独の発行にもデメリットはあるんだね。。

支払いの保証を立てる必要がある

ETCコーポレートカードに審査が必要ないのは前述した通りですが、その代わり、以下のいずれかの方法で、保証を作っておく必要があります。

  • 銀行や信用金庫、農協などにおいて機関保証を獲得する
  • 支払い見込み月額の4ヶ月分(最低10万円以上)を保証金として預ける

 

まず、前者の機関保証を獲得することについてですが、結局厳しい審査をくぐり抜けなければならない上に、保証料の支払いも発生してしまいます。

じゃあ後者の策でいこう。と思っても、スタートアップの企業や経営難に陥っている会社からすると、10万円以上の金額を捻出するのは難しいこともあります。それではどうすればいいか。

この状況を打破する方法として、協同組合に加入し、組合の保証を受けるという方法があります。協同組合に出資金を支払うことによって、協同組合が保証人としての役割を果たしてくれるというわけです。

気になる出資金は10,000円。ところがこちらについては、組合を脱退する際にきちんと返還されるので、いわば預かり金のイメージですね。

博士博士

協同組合に加入すれば、大幅に安く発行することができるのじゃ!

実質費用としてかかるのは、カード発行時の費用と年一回の取り扱い手数料のみで、それぞれ617円(税込)となっています。この価格はNEXCOに直接申し込む場合でも同様です。

スポンサーリンク

ただし、組合のコーポレートの場合は大口、多頻度割引の適用が首都高速道路および、阪神高速道路(大阪圏)に限られてしまうというデメリットがあります。

したがって、業績を伸ばし、企業の財政が安定するまでのつなぎとして、組合を活用する企業も多いのだとか。

もちろん、首都圏高速道路や阪神高速道路を中心に利用しているというのであれば、唯一のデメリットを回避することができるため、何ら問題はありません。

添付書類が多いなど、手続きが煩雑

通常のETCカードの場合と比較すると、手続きに必要な書類の数も多い上、手数も必要なので時間がかかります。

ちなみに、ETCコーポレートカードを発行するために必要な添付書類は以下の通り。

添付書類個人法人
申込者の法人登記簿
申込者の印鑑証
保証人の印鑑証明
(保証書によって支払いの保証をする場合)
自動車検査証の写し
事業免許証の写し

郵送のやりとりだけで最低2往復が必要となります。余裕を持って手続きをしたいですね。

別の車両では使用することができない

ETCコーポレートカードは車両1台に対し、1枚しか発行することができません。

また、登録した車両以外の車両に対し、ETCコーポレートカードを使うことは禁止されています。換言すればこれは、以下のようなデメリットにつながると言えます。

  • レンタカーやリース車両、私用車においては利用できない
  • 新たな車両の取得や入れ替えなどの度に、登録手続きをしなければならない
  • 登録車両が多くなるにつれてカードの枚数が増える上、年会費や手数料がかさむ

 

仮に登録している車両以外でETCを使用すると規約違反になり、受けられるはずの割引が無効になってしまいます。

違反回数がかさむと最終的には、契約取り消しという仕打ちが。もちろん、規約なのですからそれは当然の流れですよね。

ちなみに割引停止に関して話を広げると、重量超過などの道路法令違反も割引や利用停止などの立派な材料となります。特に運送業などの業者は、うっかり重量超過をしてしまうというケースも起こりやすいため、注意が必要ですね。

博士博士

1台につき、1枚という事は覚えておこう!

ETCマイレージに登録できない

通常のETCカードであれば受けることのできるETCマイレージですが、ETCコーポレートコードの場合、この特典を享受することができません。

ちなみに通常のETCカードでETCマイレージを利用する場合、NEXCOであればマイレージポイントは10円につき1ポイントが付与され、対象の高速道路において、以下のように還元して利用することができます。

1,000ポイント500円
3,000ポイント2,500円
5,000ポイント5,000円
一般利用者向けの割引プランに申し込みができない

ETCコーポレートカードは業務用カードなので、当たり前といえば当たり前ですが、「速旅乗り放題プラン」などの旅行者向けの割引を受けることはできません。

ETCレーンで速度超過をすると警告がくる

うっかりETCレーン内で制限速度(時速20km)を超えてしまうと、警告書が届きます。

ETCレーンを通ると道路公社は、カード番号や車両番号などの情報をスキャンするのですが、クレジットカード会社が発行するETCカードの場合は、個人の情報までは特定することができません。

ところがETCコーポレートカードの場合、カード番号がわかれば持ち主まで追跡することが可能となるのです。

もし、警告書の指導内容に対して改善をしなければ、割引停止や契約そのものを打ち切られることもあるので注意しましょう。

ETCパーソナルカードを発行する

続いて、ETCパーソナルカードについて紹介していきます。ETCパーソナルカードは以下高速道路6社が共同で発行しているETC専用カードです。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

 

まずは、発行までの流れをみていきましょう。

①郵送で申し込みをする

SAやPAなどのコンシェルジュで用意されている「ETCパーソナルカード申込書」に必要事項を記入した上で郵送します。

残念ながらWEB上での手続きができないどころか、申込書のダウンロードにすら対応していません。ETCパーソナルカード事務局に電話して郵送依頼をするという方法もありますが、いずれにしても少々手間ですね。

博士博士

ネットからの手続きは一切できないので、要注意じゃよ。

申込書の記載にあたっての注意点として、有料道路の平均利用月額や年間最高利用月額を記入する際に、過少申告をしないことが大切です。

ETCパーソナルカードの申し込みにはデポジットが必要なのですが、支払い前の合計利用金額が、デポジットの80%を超えてしまうと月の途中でサービスがストップしてしまうのです。余計な手間を増やさないためにも、申告は正しく行いましょう。

②デポジットを振り込む

ETCパーソナルカード申告書の確認が取れると、デポジット振込用の払込取扱票が送られてきます。最寄りの郵便局の窓口か、コンビニエンスストアで振込手続きをしましょう。

③ETCパーソナルカードが手元に届く

ETCカードはデポジットの振込後、おおよそ2週間程度で郵送されます。手元に届いたらすぐに、ETCカードを利用することができますよ。

ここまでが発行までの大まかな流れです。次に、ETCパーソナルカードのメリットとデメリットを確認していきましょう。

審査が必要ない

こちらもETCコーポレートカードと同様に、審査を経ることなく作成が可能です。

クレジット機能が紐付けされていないので、信用機関に登録されている情報も関係ありません。

ETCマイレージは適用される

先ほど紹介したETCコーポレートカードの場合、ETCマイレージの適用はありませんでしたが、ETCパーソナルカードであればETCマイレージの特典を享受することができます。

なお、実際にこのシステムを利用するには、事前にETCマイレージサービスに登録する必要があることを覚えておきましょう。

さて、少々寂しいですが、ストレートに言ってしまうとETCパーソナルカードのメリットはこれくらいです。ETCコーポレートカードと比較するとメリット面では見劣りしてしまいますね。

続いて、デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

デポジットが必要

ETCパーソナルカードを利用するためにはデポジットを事前に納付する必要があります。

気になる金額ですが、以下の2つのうち、高い方をデポジットとして支払わなければなりません。

  1. 平均利用月額に対し、5,000円単位で切り上げた金額×4
  2. 年間最高利用月額に対し、20,000円単位で切り上げた金額

 

例を示しましょう。たとえば、①平均利用金額が5,500円。②年間最高利用月額が52,000円だった場合はどうでしょうか。

  • ①は5,000円単位で切り上げなので5,500→10,000円。これの4倍で40,000円がデポジット。
  • ②は20,000円単位での切り上げなので、52,000円→60,000円で60,000円がデポジット。

 

①よりも②の方がデポジットが高いので、②の60,000円が適用となります。

このシステムでいくと、最低でも20,000円のデポジットを納める必要があることになります。もちろん、デポジットなので解約すれば返金はしてもらえますが、仮に以下のようなケースになった場合、カードが利用停止になってしまいますので注意が必要です。

  • 支払い前の合計利用金額が、デポジットの80%を超えてしまう
  • デポジットの増額依頼に応じない

 

これが、想定される利用金額を少なく見積もって提出してはいけない理由ですね。

年会費が高い

ETCパーソナルカードを発行するためには、1,234円(税込)の年会費が必要となります。

一般的なETCカードは無料で作成できるものが多いですし、年会費が必要といってもせいぜい500円前後までであることがほとんどです。

それを考えると1,234円はなかなか痛い。とはいうものの、クレジットカードの審査がおりない方であれば、この点は目をつむるしかなさそうですね。

ETCで得られるメリットと現金払いのデメリット

ETCカード デビットカード

さて、ここまではETCカードを単体で申し込みする方法を中心に紹介してきましたが、最後にETCカードで得られるメリットをまとめて締めくくりたいと思います。

現金払いではなく、ETCカードの方が良いと言われるのはどういった理由からなのでしょうか?割引率に関してはわかりやすく数字で示していきますよ。

ETCで得られる割引は大きい

ご存知の通り、有料道路においてETCを活用すれば利用料金が割引となります。具体的にどれくらいの割引が得られるのかを、NEXCOを例にとってみてみましょう。

割引割引率割引対象
休日割引最大50%オフ土日祝日の0時〜24時の間にNEXCO管内の高速道路および、一般有料道路を走行(軽自動車・普通自動車のみ)
通勤割引最大50%オフ
(100km分まで)
朝6時〜9時、夕方17時〜20時(車両1台に付き、午前午後最初の1回のみ適用)
深夜割引最大50%オフ深夜0時〜4時の間にNEXCO管内の高速道路および一般有料道路を走行(すべての車両を含む)
平日昼間割引最大30%オフ
(100km分まで)
月〜金曜日(祝日除く)の6時〜20時の間にNEXCO管内の高速道路および一般有料道路を走行(すべての車両を含む)
平日夜間割引最大30%オフ
(100km分まで)
月〜金曜日(祝日除く)の4時〜6時・20時〜24時の間にNEXCO管内の高速道路および一般有料車両を走行(すべての車両を含む)
休日夜間割引最大30%オフ土日祝日の22時〜24時の間に対象出口ICへ出ていく(すべての車両を含む)
【対象となる出口IC】
東名(東京-裾野)、東名阪道・伊勢湾岸道(亀山-みえ川越)、名神(栗東-西宮)、新名神(草津田上)、京滋バイパス、第二京阪(巨椋池本線-京田辺本線)、中国道(中国吹田)

鋭い方ならお気付きのように、軽自動車か普通自動車の利用でNEXCO(大都市近郊以外)の高速道路を利用する場合であれば、どの時間帯においても常に割引を受けることができます。

さらにこれらの割引に加え、前述のマイレージポイントが貯まっていくというシステムも同時に利用できるので、ETCカードは使えば使うほど、現金での支払いの場合と比較し、得られるメリットは大きくなっていきます。

今まで現金で支払ってきたのはなんだったんだ…。

と悔やまれる方もいるかもしれませんが、なんのことはありません。今からETCカードを導入すれば全く問題ありませんよ。

ETCのおかげで渋滞が緩和される

さて、ちょっと想像してみてください。現在ETCを利用しているすべての方が、現金支払いで料金所を通過するようになると、どんなことが起こるでしょうか?

そう、凄まじいほどの渋滞が引き起こされるに違いありません。

ただでさえ、連休などのピーク時には渋滞でイライラしている人々が見受けられるのに、ETCというシステムがなくなってしまうと大変なことになります。

財布はどこにやったっけ?あれ、小銭があったハズなんだが…。

とモタモタしていると、自分もイライラするばかりか、周囲にもストレスを与えてしまいます。

ETCカードには、こうした渋滞を緩和するという意味合いに加え、料金所をスムーズに通過できるという快適さや便宜性もあります。

ETCはガソリンの節約にも一役買っている

ちょっとしたことかもしれませんが、現金払いの場合、どんなにスマートに支払いをする方でも一定時間、車両を停止させておく必要があります。

ガソリンは特に、発進時に大きく消耗されるという性質があるため、ガソリンを節約するためには、頻繁にストップ&ゴーをしない方がいいのです。

そういった意味では、停車することなく料金所を通過することのできるETCカードは、ガソリンの節約においてもアドバンテージを発揮するわけですね。こうした小さな積み重ねが、大きな結果となって返ってくるものですよ。

ETCは外車を運転する方にとってありがたい

あまりたくさんの方に影響を及ぼす部分ではありませんが、外車を愛用している方にとってETCは非常にありがたい。否、むしろ必須と言った方が正しいかもしれません。

なぜなら、基本的に料金所は右側に発券機があったり、サービスマンがいたりするため、左座席だとどうしても相性がよくない。

こうした手間や不便を取り除いてくれるのは、時として金額面の割引以上に、ドライバーにとって大きなメリットになり得るのかもしれませんね。

まとめ

デビットカード経由でETCカードを発行することはできませんが、保証金やデポジットを準備し、多少の手間をかければ、ETCは誰だって持つことができるのです。

特に頻繁に高速道路を利用している方であれば、現金払いだと非常にもったいないので、是非ともETCカードの導入を検討してみてくださいね。

スポンサーリンク