dカード ポイント 還元率

ウィーちゃんウィーちゃん

最近dカードのポイント還元が激アツらしいよ!

博士博士

そうなのじゃよ。

dポイントの使い勝手も良くなってきて、更に還元率まで魅力的になったdカードは今一番アツいクレジットカードなのかもしれんぞ!

携帯会社のポイント系では後発組のdカードですが、最近どんどんCMにも出てくるようになり存在感を増してきましたよね。最初はちょっと提携先が少ない?みたいな不安があった方も多かったかもしれませんが、名前だけ有名なカードではなく、今ではなかなか魅力的な還元率の優秀なカードなんですよ!

年会費が無料でポイントもたくさん貯まっていく。そんなdカードの魅力的なポイントや、一体どんな人が持つべきカードなのかを詳しくお話していきますね♪

dカードのポイント還元率は魅力的!

dカード ポイント 還元率

dカードについて魅力をお伝えしていく前にちょっと質問させてください。

「ローソンやマクドナルドは週に何度か利用しますか?」

この答えがYesなら、もうそれだけでdカードを持つ価値があるといえます。それぐらいdカードのローソンでの還元率は「ものすごい」んです。

実はそれだけではありません。携帯大手といえば、ドコモ・au・Softbankですね。もちろん、この3社はすべて提携のクレジットカードを持っています。その中でもdカードは新規参入ながら、ダントツの還元率。これは見逃せません。

では、具体的にどれくらいの還元率なのか、ご紹介していきます。もしローソンによく行く方なら、即効でdカードを申し込んでしまうぐらいのインパクト間違いなしです♪

博士博士

dカードのポイント還元は他のクレジットカードの中でもかなり優秀なカードじゃよ!

基本の還元率は1%

電気やガス、水道、保険などの固定費を支払うときに関係してくるのがこの「基本の還元率」。これは、dポイントと特に提携していないお店でクレジット決済をしたときの還元率のことです。通常のdカードの場合、基本の還元率は1%になります。

1%は少ないか多いか…というお話ですが、年会費も無料のクレカの中では、間違いなくそれだけで高還元率のカードになります。もちろん用途を限定したような加盟店で決済すれば、5%とか最大10%とかがウリのすごい高還元カードはたくさんありますが、どこでも1%以上というのは強みです。

よくある年会費無料クレジットカードでは、自社や提携先で使うと1%を超えても、それ以外の支払いにクレジットカードを使っても0.5%しかポイントが付かないということがしばしば。(200円で1ポイントなどと表現されていますね。)

それだと、ポイントが貯まるまでの事を考えると途方にくれてしまいます。ですが、1%の還元率があると、毎月の光熱費や家賃、携帯料金などの固定費の支払いで、毎月50,000円支払ったとすると年間で600,000円。その1%ですから、6,000ポイントが固定費支払いだけで年間に貯まる計算です!

もし今、こういった毎月かかる固定費を口座振替で支払っているのであれば、dカードでなくても、還元率ができるだけ高いクレジットカードでの支払いに切り替えることをおすすめします。

年間数千円から数万円分のポイントをもらわないでいるというのは、非常にもったいないですよね。こういった固定費の支払いには必ず還元率が1%はあるカードを選びましょう!

ポイント還元率が高いクレカについては、クレジットカードは還元率で選ぶ!魅力的な高還元クレカの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

加盟店での還元率はなんと最大15%!?

最大15%というのは、マクドナルドの期間限定のキャンペーンの数字ですが、このようにdポイント加盟店でdカードを使ったり特定の支払い方法をするとかなりポイントが貯めやすくなるというわけです。

特にローソンとマクドナルドは、よくキャンペーンで大丈夫なの?というぐらいdポイントをくれてしまう素晴らしい加盟店。この二つは情報を常にチェックするのがおすすめです。

ちなみに、加盟店の中でカードが使えないというお店でもカード提示で1%がもらえたりもします。それが1%という部分ですね。しかし、たいていのお店ではクレジットカード払いに対応しているので、基本的には加盟店なら2%以上はポイントの還元があると思ってほぼ間違いありません。

以下に主なdカードの加盟店を挙げてみました。

【コンビニ】

  • ローソン
  • ローソンストア100

【ファストフード・カフェ】

  • マクドナルド
  • サンマルクカフェ
  • スターバックスカードへのチャージ

【レストラン】

  • 丸亀製麺
  • かっぱ寿司

【ショッピング】

  • タワーレコード
  • BUYMA
  • AOKI
  • JOSHIN
  • ノジマ
  • 東急ハンズ
  • メルカリ
  • 無印

【車関連】

  • オリックスレンタカー
  • 宇佐美
  • 出光
  • ENEOS

 

加盟店が始動した時よりもだいぶ増えてご紹介しきれないので、有名どころを挙げておきますね。使えそうなところがあったのでは?公式サイトでは地域ごとでもdポイントが貯まるお店を探すことができますので、そちらも参考にしてみてください。

加盟店の中でも更にココがお得!

実は、加盟店によっても2%を超えるような高還元率でポイントが貯まるお店があるんです!それがdカード特約店。見逃せませんね。代表的な特約店をご紹介します。

還元率店舗
5%リンベル・ローソン
4%オリックスレンタカースターバックス・サカイ引越センター
3%JTB・AOKI・コナカ・紳士服のフタタ・ビッグエコー・マクドナルド

 

ちなみに、ローソンでは常に3%割引でお買い物が可能なことに加えて、提示とカード利用でさらに2%のポイントが付与されます。これって、常に5%分お得という意味ですよ!!ローソンと相性が一番抜群のカードといっても過言ではなさそうです。

dカードを利用するとお得になるローソンやマクドナルドはまだまだメリットがあります。詳しくは、dカードを使えばローソンやマクドナルドでポイント高還元!の記事で書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

特約店を使うことがあればよりお得!

そもそも、還元率が基本的に1%ということですから、そのまま固定費の支払いだけでしていてもお得なカードだといえます。しかし、せっかくクレジット決済をするということはより高い還元率の方が嬉しいはず。

もし、特約店にひとつでもふたつでもコンスタントに利用するお店があるなら、dカードは確実にあなたの節約に役立ちますよ♪今なら、年会費無料にも関わらず、7000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

当サイトからの申し込みでもキャンペーン適用なので、ぜひこのキャンペーンがなくなって損する前に申し込んでおいてくださいね。

【公式サイトをチェック】

ウィーちゃんウィーちゃん

dカードを使えばポイントもザクザク貯まりそうだね!

ローソンでは最大5%の還元があるのはすごく嬉しいニャ!

dカードとdカードGOLDの還元率の違い

dカード ポイント 還元率

さて、やっぱりカードを持つとなると気になるのがゴールドカード。dカードのサイトにもしっかりと「dカード GOLD 」が紹介されていますね。

でも、年会費が10,800円(税込)もかかる上に、違いがよく分からないという声も…。そこで、dカードとdカードGOLDの違いについてズバッとわかりやすく解説していきますね♪

dカード GOLDのメリットは携帯の支払いにすることで最大のメリットが!

さて、問題の還元率ですが、実は普通にお買い物をするときにはdカードとdカード GOLD で差はありません。

その差が出てくるのが、ドコモの料金支払いのときです。dカード GOLD ではなんと、1,000円利用ごとに100ポイントが貯まります!還元率になおすと10%。これはかなりお得ですね。

年間になおすと、月の携帯料金が10,000円だったとすると1年で120,000円。すると、ポイントは12,000ポイント貯まるわけです。この時点で年会費(10,800円)を超えましたよね。携帯料金が高めな方はゴールドカードも視野に入れても良いでしょう。

dカードとdカード GOLD の還元率は携帯料金のみの差でしたが、dカード GOLD のすごいところは他にもあります。まだまだ年会費以上のメリットを得られる価値がdカード GOLDにはあるので、引き続き解説していきますね♪

博士博士

dカード GOLD はゴールドカードならではのメリットがあるんじゃよ。

年会費がかかったとしてもゴールドカードの嬉しい特典

本題のどっちがお得か、という前にdカード GOLD を持つ主なメリットをご紹介しますね。

  • 携帯の補償が手厚く購入から3年間10万円分
  • 国内の空港ラウンジ利用OK
  • プレミアムクーポンがもらえる
  • 海外旅行保険が最大1億円、国内旅行保険が最大5,000万円
  • お買い物保険が年間300万円(通常のdカードの3倍)
  • 携帯料金が10%還元

 

年間に携帯料金で10,800ポイント以上獲得できるのなら、これだけでもかなり手厚いサービスで間違いなくお得です。空港ラウンジが使えるというのもゴールドの魅力で、付帯したいという方も多いのではないでしょうか。

つまり、ドコモユーザーで年間におよそ11万円くらい使っているなら、間違いなく損はしません。それに加えて、ショッピングなどで常に1%還元されているわけですから、目安として月にドコモの支払いが10,000円を超すようなら検討する価値ありです!

dカード GOLDのメリットをもっと詳しく!

dカード GOLD には普通のdカードに比べてメリットがたくさんある!ということですが、先程挙げたメリットについて、もう少し詳しくご説明していきます。年会費が10,800円かかりますから、納得したうえで使いたいと思うのが当然。ここで、ゴールドカードの特典となるサービス内容をより詳しくまとめましたので、紹介していきますね。

携帯の補償のシステムはiPhoneも対象に!

携帯の補償ですが、基本的にドコモの電話番号(回線)を契約している携帯電話ならなんでも保証してもらえます。ちなみに、手続きが少しだけその他の携帯に比べて面倒にはなりますが、iPhoneなどのApple製品でもOKです。

  • 水没・全損など修理不能だと判断された場合
  • 紛失・盗難などで端末をなくした場合
  • Apple正規プロバイダ・AppleStoreが修理不能だと判断した場合

 

この条件を満たしていれば、新しい携帯電話を購入する代金を所定の金額の範囲内で補償してくれます。dカード GOLD で端末を購入する時に決済をすれば、請求時に端末の購入代金分を減額してくれるというシステムです。

ウィーちゃんウィーちゃん

iPhoneが壊れた時の補償になるのはすごく助かる!

プレミアムクーポンの種類

最近はいろいろな会員限定クーポンがありますが、やはり大切なのは自分が使えそうなものがあるかどうか!では、dカード GOLD のプレミアムクーポンにはどんなものがあるのでしょうか?

まずゴールドステージ(=dカード GOLDを持っていればOK)でしか申し込めない抽選に申し込むことができます。

  • JAL旅行券30,000円分
  • 全国百貨店共通商品券30,000円分
  • ポインコのぬいぐるみ

 

そして、以下に挙げるものも毎月応募できますが、ゴールドステージの方のみの特典です。

  • 宝塚歌劇ペアチケット 30組
  • ディズニーリゾートペアチケット&ショー優先鑑賞券 92組
  • ユニバーサルスタジオジャパンペアチケット 100組
  • 劇団四季ペアチケット 1公演一組 合計 154組

 

抽選ですが、これらのテーマパークや宝塚・ミュージカルの鑑賞券も!人気が予想されますから、忘れずに応募したい特典です。更には、dマーケットで使えるクーポンや、毎月応募できる映画チケットなどの特典もあります。

そして、「かなりの確率で当たりが出る!」と噂の身近なクーポンまで用意されています。

  • ローソンのドリンクチケット
  • ファミリーマートのドリンクチケット
  • タリーズのドリンクチケット

 

ちなみにローソンとファミリーマートは隔週で更新されているので、いつでもどちらかは応募できますよ♪毎日コンビニコービーを飲む方なら、うまくいけば一日分お金が浮いちゃいますね(笑)

タリーズもどんどんお店が増えていて、新メニューもますます目が離せない存在ですから、地味ではあるかもしれませんが、このクーポンが当たったら嬉しいですよね。

お買い物保険の対象

よくクレジットカードに付帯されているお買い物保険っていったいどんなものかご存知でしょうか?dカード GOLD で対象となるのは、簡単に説明すると、以下のものになります。

  • 買ってから90日以内の品物が壊れた、盗まれた時の補償
  • 商品代金や修理代金を保障してくれる

 

ただし、1回あたり自己負担額が3,000円かかりますから、あまり少額のものの場合このシステムは利用してもお得感がないかもしれません。

ちなみに壊れた場合には、写真を撮っておくことが必要です。世の中にはこういう便利なサービスを悪用する人も残念ながらいるようで、そこはしっかりしているようです。「dカード GOLD で買ったものが壊れたらすぐ撮影。」これを忘れずに!万が一購入した商品等が壊れた場合、以下のような対応を必ずやっておきましょう!

  • 修理の見積書・証明書など修理代金のわかるものまたは修理不能証明書
  • 購入時のレシートまたはdカードの明細
  • 現物の写真

 

壊れたのではなく、対象のものが万が一盗まれた場合には、以下のような対応が必要です。

  • 盗難事故証明書(警察への届けが必要です!)
  • 購入時のレシートまたはdカードの明細

 

高額なお買い物をしたら、ぜひレシートはすぐ捨てずに持っておきましょう!さて、もうひとつこの保険を利用する時の注意点があります。それは、「お支払方法」です。

今まで紹介してきた補償を受けるには、対象商品の支払い方法を、リボ払い or 3回以上の分割払いにしていないと、このお買い物あんしん保険が使えません。

普段一括払いにしている方は特に注意をしたほうが良いでしょう。かなり手厚い補償ではありますが、このように適用される条件が結構シビアです。だからこそ、手厚い補償が可能になっているとも考えられます。

  • レシートは取っておく
  • 壊れたら写真撮影
  • 支払い方法の変更(購入後でもリボに変更可能)

 

dカード GOLD で高額商品を買った時には、これを忘れないでくださいね。

ウィーちゃんウィーちゃん

分割払いやリボ払いの条件はちょっとキツいかも…って人は多いかも。。

家族カードは1枚は持つべき!

さて、1ヶ月のドコモの利用代金が10,000円ぐらいないと年会費の分の元を取れない!というようなお話をしましたが、家族で(夫婦で)足してみたらいかがでしょうか?たいていの方が10,000円を超えるはずです。しかし、ここで注意点が。

dカード GOLD では、会員本人の利用料金に対してのみポイントが付く、という事実があります。つまり、dカード GOLD で奥さん・旦那さんの利用料金をまとめて払ってあげても自分の分しか10%還元されないんです。つまり、18歳以上のご家族がドコモなら確実に家族カードを持つべきです。

ちなみに家族の分のドコモ料金を他のカードで支払っていたとしても、1枚目は年会費が無料の家族カードを持っているだけで自動的に10%還元になりますよ♪これは無料分だけでも必ず持った方が良さそうです。(家族カードの登録は必要)

ちなみに、ドコモの携帯料金だけでなくドコモ光の料金もdカード GOLD なら10%還元になるので、今もしフレッツ光を使っていたら、絶対にドコモ光にしてしまうことをおすすめします。こういった事をひとつにまとめてしまうとメリットも多いですよね。

なぜなら、プロバイダ料金と回線使用料をまとめて、月額4,000円から利用できてしまうから。もし携帯電話の料金が6,000円超ぐらい、単身、フレッツ光利用…という方なら、ドコモ光を利用することで確実に年会費の元がとることができますよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

博士と僕は家族ということで大丈夫かニャ?

博士博士

…まぁ。そう…じゃな。

ドコモユーザーならdカードGOLDをおすすめする理由や知っておきたい特典などを、ドコモユーザーならdカードGOLDは持つべきこれだけの理由!の記事で更に詳しく解説しています。

ドコモをガッツリ利用するならdカード GOLDも選択肢に入れるべき!

結論から言うと、dカード GOLD にして年会費を払ってでもお得になる条件というのは、以下の方が当てはまります。

  • ドコモユーザー
  • ドコモで月に1万円以上支払いがある
  • 空港ラウンジ利用に魅力を感じる
  • 旅行・出張が多い(国内外とも)

 

ただし、以下の条件の方はdカード GOLD ではなく、通常のdカードで充分メリットがあると言えそうです。

  • ドコモユーザーではない
  • ローソンやマックがお得になれば嬉しい

 

しかも、dカードで貯まったdポイントはPontaポイントに等価で交換することができるので、ポンタを集めている人にも実はフィットするカードなんですよ。

今なら当サイトからでも9月30日までにdカードGOLDを申し込んでもらうと、12,000円分のポイント還元してくれるキャンペーンをしています。これだけで年会費以上は得できますよね。ぜひキャンペーンが終わって損してしまった!と後悔する前に、申し込んでおきましょう!

【公式サイトから申し込む】

まとめ

最近のdポイントの進化はめざましく、「dカードの還元率がこんなにすごいことになっているなんて知らなかった!」なんていう感想が聞こえてきそうです。

通常使うカードとしても1%という還元率はなかなか優秀ですから、ドコモユーザー以外にもおすすめの1枚です。特約店ではもっともっとポイントがもらえたり割引が受けられるので、さらにお得感が得られます。

ドコモユーザーさんに是非おすすめしたいのが年会費がかかりますが、その分携帯料金のキャッシュバックがすごい「dカード GOLD 」。こちらは携帯料金10%還元に、家族カードも年会費無料で追加することで更に家族分のドコモ利用料金まで10%バックされますよ。

今までdカードのことをよく知らなかった、という方はカードを選ぶ際にぜひ候補に入れてみてくださいね。