ウィーちゃんウィーちゃん

dカードGOLDの会員になると、海外旅行や国内旅行の保険がついてくるって本当なの?

博士博士

そうじゃよ。dカードGOLDは年会費がかかるが、その分旅行や購入した商品への保険も手厚いんじゃ。
dカードGOLDの保険について詳しく紹介していこう。

dカードGOLDは年会費がかかるからその分損だと思っていませんか?実はdカードGOLDにはゴールドカードならでは充実した保険がついているので、年会費を払っても入りたいという人が多いのです。

dカードGOLDの会員であれば、カードについている色々な保険に入ることにもなるので、トータル的に考えるとお得になります。

それでは早速、dカードGOLDの保険について詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク

dカードGOLDの保険は充実している!

dカードゴールド 保険

dカードGOLDには、国内・海外旅行で病気やケガをした時に役立つ“旅行傷害保険”や、購入した商品の盗難や破損を購入した日から90日間補償する“お買物あんしん保険”がついています。

また、通常のdカードと違いゴールドカードなので、補償金額が段違いに高いのも魅力です。それでは、通常のdカードとの違いも含めて、dカードGOLDの保険について詳しく解説していきましょう。

お買い物あんしん保険は最大300万円まで補償

dカードGOLDまたはdカードで購入した商品が破損や盗難にあった際に、購入した日から90日間の間、その損害額を補償してくれるのが“お買い物あんしん保険”です。

しかし、適応されるには以下の条件を満たす必要があります。

【dカードの場合】

  • 破損や盗難にあった本人がdカード会員か、その家族カード会員であること
  • dカードで購入した商品であること
  • (国内の場合)リボ払いか3回以上の分割払いでの購入
  • (海外の場合)購入したもの全てが対象
  • 年間で最高100万円まで補償
  • 自己負担額は1事故につき3,000円

一部保険対象外の商品あり

 

国内で商品を購入した場合には、リボ払いか3回以上の分割払いで支払うことが保険が適応される条件ですので、リボ手数料や分割払い手数料を支払う必要があるのが注意すべき点ですね。

自己負担額というのは、補償を受けるために支払う手数料となります。

高額な商品の購入の際に使える保険ですので、1回につき3,000円払えば年間最高100万円までの補償が受けられるのはお得でしょう。

dカードGOLDの場合は通常のdカードとは条件が異なり、以下のようになっています。

【dカードGOLDの場合】

  • 破損や盗難にあった本人がdカードGOLD会員か、その家族カード会員であること
  • dカードGOLDで購入した商品すべてが対象
  • 年間で最高300万円まで補償
  • 自己負担額は1事故につき3,000円

一部保険対象外の商品あり

 

dカードGOLDの場合には、dカードと違い国内のお店で一括払いで支払ったものでも対象となるのが大きいですね。

また、年間で最高300万円まで補償されるので、通常のdカードよりもかなり保険の内容がグレードアップしています。

そして、お買い物あんしん保険の補償を受けるには、dカードGOLDで購入したことが証明できるもの(レシートや利用控え)が必要なので、高額な商品を購入した場合には忘れずにとっておきましょう。

dカードケータイ補償で万が一の時も安心

dカード、dカードGOLDにはケータイ補償というものがついていて、通常のdカードなら1万円ですがdカードGOLDなら、10万円まで携帯電話の盗難や紛失、故障の際に同一機種、同じカラーのものを購入する際に補償されます。

携帯電話で良くある紛失や故障の際に、同じ機種で同じカラーの携帯電話を購入する際にキャッシュバックされるのが、dカードケータイ補償です。

ドコモユーザーならdカードGOLDは持つべきこれだけの理由!』の記事でも詳しく書いていますが、このケータイ補償も、dカードとdカードGOLDで大きく差が出る保険となります。まず、dカードの場合には以下のような条件となっています。

内容
対象者dカード会員、家族カード会員
対象となる携帯電話dカードに電話番号を登録している携帯電話
補償される金額最大1万円
補償期間対象となる携帯電話を購入した日から1年間

なお、携帯電話が盗難や紛失でない場合は期限内であれば保険の適応になりますが、故障の場合には、Androidはドコモショップ、iPhoneはApple Storeでそれぞれ、修理が可能か判定されます。
修理不能の場合のみ補償の対象です。

dカードだと、最大1万円の補償ですから、携帯電話の機種代を全てまかなうことは当然できないので、足りない分は実費での支払いとなってしまいます。

一方で、dカードGOLDだと保険の内容が以下のようにグンと上がります。

内容
対象者dカードGOLD会員、家族カード会員
対象となる携帯電話dカードに電話番号を登録している携帯電話
補償される金額最大10万円
補償期間対象となる携帯電話を購入した日から3年間

携帯電話が故障した場合は、修理不能であることが条件であるものの、最大で10万円の補償となっているので、安い機種ならほとんどお金を払わずに同一機種が手に入ります。

そして、補償期間も3年となっているので、長い間補償を受けられるのもポイントです。
ただしケータイ補償を受けられるのは1年に1回まで

これだけでも、かなり大きな保険がdカードGOLDにはついているのですが、さらにdカードGOLD限定で充実した海外、国内旅行保険などがついているので、次の項目で紹介していきます。

ウィーちゃんウィーちゃん

dカードGOLDの保険は、補償額も条件もdカードと比べて断然いいんだね!

博士博士

次はdカードGOLD限定の海外、国内旅行保険の内容を見ていこう。

dカードGOLDを持つメリットやデメリット、審査基準などを以下の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

dカードGOLDの海外旅行保険・国内旅行保険の詳細

dカードゴールド 保険

dカードGOLDの強みは非常に充実した海外旅行保険です。他のゴールドカードと比べても、かなり手厚い保険となっているのでこれを目当てに入るという方も多いのでしょう。

まず、dカードGOLDの海外旅行保険ですが、家族カード会員だけではなく(カードを持っていない)同居している家族や、離れて住んでいる19歳未満の結婚していない子供も対象となるのが特に優れている点です。
同居している場合には生計を同じにしている必要があります。

補償内容はカード所有者よりも小さくなるものの、家族カードを持っていない家族も保険の対象となるのは、他のゴールドカードでもあまりないので、これはdカードGOLDの大きな強みでしょう。

特に海外旅行では、保険に入っていないと医療費が高額になり、保険がないと大変なことになる場合があるので、万が一の時の備えとしてこれは嬉しいですね。

海外旅行保険について対象となる条件をまとめると、以下のようになります。

内容
対象者dカードGOLD契約者、家族カード会員/同居している家族、親族、離れて住んでいる19歳未満の結婚していない子供
補償期間dカードGOLDと契約している間
保険の対象となる期間自宅を出発してから自宅に帰ってくるまで(出発した日の翌日から90日目の12時までが上限)

海外旅行に行く際には、自宅を出発してから自宅につくまでが対象となるので、空港へ移動中への事故も保険に含まれるんです。

また、ここから、実際の補償金額についてまとめていきますが、その前に、旅行保険の利用付帯と自動付帯について解説しておきましょう。

  • 利用付帯=旅行費用をカードで支払った場合に補償が適用
  • 自動付帯=カード会員であれば補償が適用される(旅行費用をカードで支払う必要はない)

 

カードで旅行費用を支払った場合に初めて補償が適応されるのが“利用付帯”で、カードで旅行費用を支払わなくても補償が適応されるのが“自動付帯”です。

それぞれ、補償の内容が違いますので、まずは海外旅行保険について解説していきます。

海外旅行保険の補償内容

dカードGOLDの海外旅行保険では最高で1億円の補償が受けられ、家族カード会員も同様の補償が受けられる他、カードを持っていない家族にも補償があるので非常にお得です。

dカードGOLDの場合、家族カードは1枚まで年会費無料で作れて海外旅行保険については本会員と同様の補償が受けられるので、絶対に作っておきましょう。

そして、dカードGOLDの海外旅行保険の内容は以下の通りとなっています。

 保険対象の項目補償金額
傷害死亡利用付帯1億円
自動付帯5,000万円
傷害後遺障がい利用付帯400万円~1億円
自動付帯200万円~5,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円(自己負担額3,000円/1事故につき)
※1年間の最高限度額
救援者費用500万円
※1年間の最高限度額

注意が必要なのは、ケガにかかわる補償について危険がともなうスカイダイビングなどのスポーツでのケガは補償されないことと、歯の治療(虫歯など)や、妊娠、出産にかかわるものは対象外となることです。

歯の治療に関しては、事故によるケガ(ぶつかって歯がかけたなど)は対象となりますが、元々の原因が歯の病気にある場合(もともと歯がもろくなっていたなど)は対象外となります。

結局のところ歯医者さんの診断書によって、保険がおりるかどうかが決まりますので、忘れずに診断書をもらってとっておきましょう。

そして、傷害死亡、傷害後遺障がいの場合には、利用付帯の場合と自動付帯の場合の補償額が異なりますが、その他の補償については全て自動付帯となるので、旅行費用をdカードGOLDで支払っていなくても対象となります。

さらに、旅行の際に空港までタクシーで行きその費用をdカードGOLDで支払った場合でも、旅行費用をカードで支払ったことになり、利用付帯の条件が適応されるので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

ただし、タクシーの料金をdカードGOLDで支払った本人のみに“利用付帯”の条件が適応されるので、他に家族が乗っていた場合でも“料金を払った1人”のみが利用付帯で、他の家族は自動付帯の条件となります。

この他にも、乗り継ぎの遅れなどにより現地で宿泊や食事をした時の料金を補償する“海外航空便遅延費用特約”という保険がついています。

また、この海外航空便遅延費用特約については、カード契約者本人、家族カード会員だけではなく、カードを持っていない家族にも同じ金額が適応されるので万が一の時のために覚えておきましょう。

カードを持っていない家族とは、カード契約者本人と生計を同じにしている配偶者、19歳未満で一緒に住んでいる親族、19歳未満で別々に住んでいる結婚していない子供となります。

海外航空便遅延費用特約の補償額は以下の通りです。

 原因となった事故補償額
乗継遅延2万円まで
手荷物遅延1万円まで
手荷物紛失2万円まで
出航遅延1万円まで

海外航空便遅延費用特約が適応されるケースには以下のような場面があります。

  • 飛行機の遅れで乗り換えが間に合わず、現地でホテルに宿泊、食事(乗継遅延)
  • 手荷物が遅れたため、衣服や生活必需品を購入(手荷物遅延)
  • 手荷物が届かずに紛失してしまい、衣服や生活必需品を購入(手荷物紛失)
  • 乗る予定だった飛行機の遅れや運休で食事代がかかった(出航遅延)

 

ただし、自分で旅行をキャンセルした場合などは適応されないので、覚えておきましょう。

カードを持たない家族にも海外旅行保険が適応される

dカードGOLD契約者本人と生計を同じにして同居している配偶者と19歳未満の親族や、離れてくらす19歳未満の子供も、カード契約者とは異なりますが海外旅行保険が適応されます。

生計を同じにしているとは、同じ収入で暮らしている家族のことです。例えば、契約者本人の給料で他の家族の生活費をまかなっている場合などですね。

また、配偶者以外は条件が“19歳未満”となっているので、成人していないことが条件となります。

こうしてみると、条件は少し限られますが、それでも配偶者や子供さんはカードを持っていなくても海外旅行保険が適応されるので、非常にお得感がありますよね。

それでは、カードを持っていない家族に適応される海外旅行保険の条件について見ていきましょう。

 保険対象の項目補償額
傷害死亡1,000万円
傷害後遺障がい40万円~1,000万円
傷害治療費用50万円
疾病治療費用50万円
賠償責任1,000万円
携行品損害15万円(自己負担額3,000円/1事故につき)
※1年間の最高限度額
救援者費用50万円
※1年間の最高限度額

この他に海外航空便遅延費用特約もつくので、最低限の保険はカードを持っていない家族にもつくのがdカードGOLDのすごいところです。

dカードGOLDは海外旅行保険も充実していますが、国内旅行保険も充実しています。次は国内旅行保険について紹介していきますね。

国内旅行保険の補償内容

dカードGOLDには、最高で5,000万円の補償がおりる国内旅行保険もついています。国内旅行保険については、利用付帯(カードで支払った場合保険適用になる)になりますが、他にも保険の対象となるためには条件があるのです。

dカードGOLDの国内旅行保険の対象となる条件は以下の通りとなります。

内容
対象者dカードGOLD契約者、家族カード会員
補償期間dカードGOLDと契約している間

国内旅行保険は利用付帯となるので、保険の対象となるためには旅行の費用をdカードGOLDで支払うことが条件です。

そして、保険の対象となるケースは以下の4つに分類されます。

  1. 公共交通機関に乗って移動中の事故
  2. 旅館やホテルに宿泊中に起きた火災やなにかの破裂や爆発によるケガ
  3. 宿泊を含む旅行会社のパック旅行などに参加している間のケガ
  4. 飛行機の遅れや手荷物が遅れたり、紛失したことが原因のホテル代や食事代

 

1と2は旅行会社などを通さずに、自分で旅行にいった場合です。

1の場合ですが、公共交通機関に乗って移動中の場合で、かつdカードGOLDで乗車料金を支払った場合が国内旅行保険の対象となるので、レンタカーや自家用車で旅行をした場合には保険の対象とはなりません。

そして、2の場合、旅館やホテルに宿泊中にケガをした時に保険の対象となる場合には、火災か、ケガの原因となったものが破裂(ガス管、水道管など)や爆発によるものである必要があります。

例えば、地震による旅館やホテルの倒壊などは、補償の対象とはなりません。

また、保険の対象となるためには宿泊費用はチェックイン前にdカードGOLDで支払っている必要があるので(ネット予約のクレジット決済など)、事前に宿泊する旅館やホテルの料金を忘れずに払っておきましょう。

3が一番わかりやすく、これは旅行会社のパック旅行に参加している場合ですね。この場合は、パック旅行の料金をdカードGOLDで支払っておけば、旅行会社が手配したバスなどの交通機関や、その他の事故も旅行している間であれば保険の対象となるので、自分で旅行するより幅広く補償されます。

4に関しては、飛行機の料金をdカードGOLDで支払っていた場合に、飛行機の遅れや欠航、手荷物の遅れや紛失などのトラブルでやむなく宿泊することになった時に、ホテル代や食事代が補償されるというものです。

国内旅行保険の補償額についてまとめたのが以下となります。

保険対象の項目補償額
傷害死亡5,000万円
傷害後遺障がい200万円~5,000万円
入院保険金5,000円(1日につき)
通院保険金3,000円(1日につき)
手術給付金2万5千円(入院をともなわない手術)
5万円(入院する必要のある手術)

これにプラス、以下の国内航空便遅延費用特約というものがつきます。

 原因となった事故補償額
乗継遅延2万円まで
手荷物遅延1万円まで
手荷物紛失2万円まで
出航遅延1万円まで

国内航空便遅延費用特約が適応されるケースには以下のような場面があります。

  • 飛行機の遅れで乗り換えが間に合わず、現地でホテルに宿泊、食事(乗継遅延)
  • 手荷物が遅れたため、衣服や生活必需品を購入(手荷物遅延)
  • 手荷物が届かずに紛失してしまい、衣服や生活必需品を購入(手荷物紛失)
  • 乗る予定だった飛行機の遅れや運休で食事代がかかった(出航遅延)

 

補償額はそれほど大きくありませんが、飛行機のトラブルで宿泊代や食事代がかかった時に、1万円~2万円までの補償があることを覚えておけば、その分、出費をおさえることができます。

また、国内航空便遅延費用特約を受ける事態になったら、空港から欠航・遅延証明書や、手荷物紛失証明書・手荷物遅延証明書などの書類を発行してもらい、空港側のトラブルであることが証明できるようにしておく必要があるのです。

そうすれば、dカードGOLD以外で支払った食事代なども補償の対象となるので、空港から必ず必要な書類をもらっておいて下さい。

これだけ保険の充実したdカードGOLDが、12月31日迄に申込んだ方限定で、もれなく12,000ポイントがもらえる入会キャンペーンを行っています。申込みの段階で年会費を超えるポイントがもらえるのはかなりお得ですよね。

キャンペーンが終わる前に、ちゃんとチェックしておきましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

dカードGOLD会員なら、充実した海外・国内旅行保険がつくんだね。

博士博士

特に海外旅行保険はカードを持っていない家族まで補償するから、とても大きいんじゃ。

そして、dカードGOLDには保険だけではなく、全国の空港のラウンジを使える特典もあるぞ。詳しく解説していこう。

dカードGOLDは空港ラウンジの利用も可能!

dカードGOLD会員になれば、全国の28箇所の空港のラウンジでソフトドリンクやアルコールなどが1杯無料になるなどの特典があります。

これは、家族カード会員も対象となり、旅行前にゆっくりとくつろげるので大きなメリットでしょう。空港によって受けられるサービスは異なりますが、空港が混雑していてもゆったりと座れるのはいいですね。

通常のカードにはないゴールドカードのみの特権ですから、これを使わない手はありません。それでは、早速、実際にラウンジを利用する方法について解説していきましょう。

空港のラウンジの利用方法

ラウンジの受け付けでdカードGOLDと、当日の搭乗券の半券を提示するだけで利用できます。

特にめんどくさい手続きはいらないので、飛行機を待つ間にサクッとラウンジに入ってくつろぎながら待つことができるんです。

家族カード会員も利用できるので、絶対に家族カードは作っておいた方がお得でしょう。
dカードGOLDは家族カード1枚まで無料で作れます。

ラウンジを利用できる空港は以下の場所となります。

 地域空港
北海道新千歳空港
函館空港
東北青森空港
秋田空港
仙台空港
関東成田国際空港
羽田空港
東海中部国際空港
北陸新潟空港
富山空港
小松空港
関西伊丹空港
関西国際空港
神戸空港
中国岡山空港
広島空港
米子空港
山口宇部空港
四国徳島空港
高松空港
松山空港
九州/沖縄新北九州空港
福岡空港
大分空港
長崎空港
熊本空港
鹿児島空港
那覇空港

これだけの空港のラウンジを利用することができるんです。また、大きな空港では2つ以上のラウンジがあるところもあるため、旅行の前にゆったりとできるのも、dカードGOLDの魅力でしょう。

また、dカード GOLD会員限定で、ユニバーサルスタジオジャパンのドコモラウンジを利用することができます。

ユニバーサルスタジオジャパン内にあるドコモラウンジは一般には非公開で、アトラクションの優先乗車などの色々な特典があるので、dカードGOLDを持っていると、USJにいく楽しみが1つ増えるでしょう。

まとめ

dカードGOLDの海外旅行保険非常に充実しており、特にdカードGOLDで支払わなくても対象となる自動付帯分が大きいので、万が一の時にも安心ですね。

国内旅行保険については利用付帯となり、自分で旅行した際に保険の対象となる範囲はやや狭いですが、旅行会社のパック旅行の最中の事故は幅広く保険の対象となるので、賢くカードの保険を使いましょう。

また、国内旅行の際に飛行機の遅れや欠航、手荷物の紛失などで宿泊しなければならなくなった時には、空港から必要な書類をもらっておけば、最高で2万円の補償が受けられるので忘れずに手続きしておくようしてください。

そして、dカードGOLDがあれば全国の空港のラウンジで、飛行機の搭乗前の時間をゆったりと過ごすことができるので、旅行がより楽しいものになるでしょう。

スポンサーリンク