イラスト文字で 「dカードGOLDのiDキャッシュバックを解説」 と記載し、下に白猫と博士がいるイラスト(背景にdカードGOLDとiDのロゴ)

ウィーちゃんウィーちゃん

dカードGOLDの入会キャンペーンでもらえるiDキャッシュバックってどういうものなの?

博士博士

iDキャッシュバックはdカードGOLDに付帯しているiDの利用金額を相殺する形で行われるんじゃよ。

dカードGOLDには新規入会でIDキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っていますが、このiDキャッシュバックを利用するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

dカードGOLDのキャッシュバックという言葉を耳にするだけでワクワクしてくるのは私だけではないですよね。

ここでは、そんなdカードGOLDのIDキャッシュバックの仕組みや利用方法などを徹底解説していきたいと思います。IDキャッシュバックの使い道はもちろん、活用していく上での注意点なども合わせて紹介していきますよ。

dカードGOLDのiDキャッシュバックとは?

dカードゴールド

年会費10,800円(税込)
申込条件20歳以上(学生不可)
基本還元率通常:1%
加盟店:2~5.0%
ドコモ利用料・ドコモ光料金:10%
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード無料
家族カード1枚目無料

dカードGOLDのiDキャッシュバックとは、以下のような内容です。

  • 電子マネーiDで支払った代金が請求時にキャッシュバックして減額されるサービス

つまり、iDキャッシュバックの残高があれば、iDでの利用代金が相殺されるということですね。

ウィーちゃんウィーちゃん

なるほど。クレジット払いだと相殺はされないってことだよね?

博士博士

そういうことじゃ!

早速、iDキャッシュバックの詳細についてみていきたいところですが、その前にまず電子マネーiDの仕組みについて理解を深めておきましょう。

電子マネーiDの仕組み

iDのロゴ

電子マネーiDは、対象となる加盟店においてカードやスマホなどを端末にかざすだけで、一瞬にして決済が完了してしまう便利な支払いツールです。電子マネーiDのメリットとしては、以下のような項目が挙げられます。

  • 利用できる店舗やサービスが多岐にわたる
  • 支払いが一瞬で完了する
  • 利用額に応じて、ポイントの還元が得られる

店舗での支払いが一瞬で完了すれば、あなた自身はもちろんのこと、接客しているレジの店員さんや、後続で並んでいる他のお客様も待ち時間に対してストレスを感じることがありませんよね。

博士博士

クレジットカード払いよりも、iDで支払った方が圧倒的に決済スピードが早いのは大きなメリットと言えるじゃろう。

また、支払いがスマートでストレスフリーになるだけでなく、ポイント還元によって節約効果も期待できるとなれば、もはや活用しない手はないと言えるでしょう。

iDについてもっと知っておきたい方は『電子マネーのiDとは?便利な使い方や嬉しいメリット・気になるデメリットを解説!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

電子マネーiDのインストール方法

ウィーちゃんウィーちゃん

そもそもiDってどうやって使えばいいの?

それでは、便宜性や節約効果を兼ね備えた電子マネーのiDを実際にはじめるにはどのような手続きを踏めば良いのでしょうか。電子マネーiDは、以下のようなツールに付帯させることが可能となっています。

  • クレジットカード一体型
  • おサイフケータイ/ApplePay
  • dカードプリペイド

早速、それぞれのツールについて、解説を加えていきましょう。

クレジットカード一体型

dカードGOLDのiD

dカードやdカードGOLDなどに代表されるiDに対応したクレジットカードを作成すれば、以下の機能を同時に活用することが可能となります。

  • クレジットカードとしての機能
  • 電子マネーiDとしての機能

クレジットカードで支払いをしたい場面とiDで支払いをしたい場面において、1枚のカードで臨機応変に対応できるのがメリットです。

ちなみに、電子マネーiDで得られるポイント還元は1%であり、dカードやdカードGOLDの基本還元率と同じ値です。どちらの支払い方法を選んでも、等しく節約効果を得ることができるのは嬉しいですね。

クレジットカード以外にもiDが付帯しているデビットカードやプリペイドカードがあります。詳しくは『【貴重!】iD付帯のデビットカード・プリペイドカードを紹介!』の記事を参考にしてみてください。

おサイフケータイ/ApplePay

iD おサイフケータイ

ドコモの携帯電話やAndroidのスマートフォンであれば、おサイフケータイのアプリで電子マネーiDを活用することができます。iPhoneの方の場合は、ApplePayをインストールすればOKです。

ウィーちゃんウィーちゃん

おサイフケータイやApplePayでもiDが利用できるんだね!

電子マネーiDは以下の通り、利用できる加盟店が非常に幅広いため、人によっては携帯一台でお財布いらずというスタイルを貫くことができるかもしれませんね。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ガスト
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • すき家
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ENEOS
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • NTTdocomo
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • 牛角
  • はま寿司
  • ジョナサン
  • ステーキのどん
  • バーミヤン
  • フォルクス
  • CoCo壱番屋
  • カフェプロント
  • 座・和民
  • 魚民
  • 白木屋
  • 甘太郎
  • 安安
  • 庄や
  • 東方見聞録
  • はなの舞
  • 笑笑
  • ツルハドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • ライザップ
  • ザ・ダイソー
  • ドン・キホーテ
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • コジマ
  • ジョーシン
  • 紀伊国屋書店
  • TSUTAYA
  • TOWER RECORDS
  • 洋服の青山
  • 関西国際空港
  • 羽田空港
  • ANAFESTA
  • 快活クラブ
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • Amazon
  • オリックスレンタカー

iDをおサイフケータイやApplePayで利用する方法は『【簡単設定】iDをおサイフケータイ・ApplePayで使うための設定方法を解説!』の記事で詳しく紹介しています。

dカードプリペイド

dカード プリペイド

dカードプリペイドは、審査・年会費なしで発行できるプリペイドカードで、こちらを発行することでも電子マネーのiDを活用することが可能となります。

dカードプリペイドは12歳以上なら誰でも作成できるため、クレジットカードが発行できない年齢の方や、そもそもクレジットカードの審査をクリアできずに困っている方にとっては非常に嬉しい1枚と言えます。

その他dカードの種類については『dカードの数ある種類を徹底比較!アナタにおすすめのdカードシリーズを提案!』の記事で詳しく紹介しています。

dカードGOLDの入会キャンペーンで一気に13,000円分のiD獲得

dカードGOLD 入会キャンペーン13,000円相当

dカードGOLDの新規入会に際して何が嬉しいかと言えば、一気に13,000円分のiDを獲得できるチャンスに恵まれるということです。気になるそのキャンペーンの内容は以下の通り。

  • dカードGOLDへの入会でもれなく2,000円分のiDキャッシュバック
  • dカードGOLD申し込みと同時に、ドコモのケータイ料金をdカードGOLD払いに設定すれば1,000円分のiDキャッシュバック
  • dカードGOLD入会翌月末までに20,000円以上のカード利用で8,000円分のiDキャッシュバック
  • こえたらリボ』と『キャッシングリボご利用枠』を設定することで最大2,000円分のiDキャッシュバック
    合計13,000円分のiDキャッシュバック
ウィーちゃんウィーちゃん

いくら条件があるって言っても、新規入会で13,000円相当のキャッシュバックがあるってすごいよね…!

dカードGOLDの基本還元率(1%)で13,000円分の還元を得ようと思うと、実に130万円の決済が必要となる計算です。このように考えれば、13,000円分のiDキャッシュバックがいかに価値の大きなキャンペーンかがお分かりいただけるかと思います。

次に、それぞれのキャンペーン特典の獲得条件に関して詳しくみていくことにしましょう。

入会でもれなく2,000円分のiDキャッシュバック

dカードGOLDへの入会で2,000円分のiDキャッシュバックが受けられる特典に関する詳しい条件は以下の通りです。

  • dカードGOLDに新規申込みし、翌月末までに入会する
    ※dカードまたはDCMXからdカードGOLDへのアップグレードも対象

新規・切り替え申込み問わず、とにかくdカードGOLDを初めて作成する方であれば対象となるキャンペーンです。ただ申し込みをするだけで、2,000円分のキャッシュバックが得られるのは嬉しいですね。

ドコモのケータイ料金をdカードGOLD払いで1,000円分のiDキャッシュバック

ドコモのケータイ料金をdカードGOLD払いすることで1,000円分のキャッシュバックが受けられる特典に関する詳しい条件は以下の通りです。

  • dカードGOLDの新規申込みと同時にドコモのケータイ料金をdカード払いで設定する
    ※dカードまたはDCMXからdカードGOLDへのアップグレードは対象外

こちらは入会するだけで得られる特典とは異なり、dカードまたはDCMXからのアップグレード申込みは対象外となっている点には注意が必要です。

20,000円以上のカード利用で8,000円分のiDキャッシュバック

20,000円以上のカード利用で8,000円分のキャッシュバックが得られる特典に関する詳しい条件は以下の通りです。

  • dカードGOLD入会翌月末までに本特典サイトにてエントリー手続きおよび20,000円(税込)以上のカード利用をする
    ※dカードまたはDCMXからdカードGOLDへのアップグレードも対象

各種特典の中でもこちらが最もキャッシュバック額が多いため、是非とも20,000円以上のカード利用は期間内に達成しておきたいところです。

リボ払い設定で最大2,000円分のiDキャッシュバック

こえたらリボ』と『キャッシングリボご利用枠』を設定することで最大2,000円分のキャッシュバックが得られる特典に関する詳しい条件は以下の通りです。

  • こえたらリボ』をdカードGOLD入会翌月末までに設定する(毎月支払い指定額30,000円以下)
  • キャッシングリボご利用枠』をdカードGOLD入会翌月末までに設定する

どちらか一方を満たすだけでも1,000円分のiDキャッシュバックが得られます。双方を満たした場合は、合計で2,000円分のiDキャッシュバックです。

ただし、リボ払いは相応の手数料が必要となることを忘れてはいけません。

iDキャッシュバック目的で何の考えもなくホイホイリボ払いを設定していると、予想以上に手数料がかさみ、結局iDキャッシュバック分以上の損失を被ってしまっては元も子もありませんよ。

dカードGOLDの新規入会キャンペーンをもっと知っておきたい方は『【dカードGOLD】絶対得する入会キャンペーン情報!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

 

dカードGOLDのiDキャッシュバックの使い道は幅広い!

博士dカードGOLDを持ちながらが白猫に 「iDキャッシュバックは様々な使い道が用意されておるぞ!」 と言っているイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

新規入会でもらったiDキャッシュバックはどう活用していけばいいんだろう?

博士博士

iDには様々な活用法があるぞ!

続いてはdカードGOLDのiDキャッシュバックの使い道について確認していきましょう。dカードGOLDのiDキャッシュバックには以下の通り、大きく分けて2通りの活用法があります。

  • リアル店舗における支払いで活用する
  • ネット通販における支払いで活用する

早速、iDキャッシュバックそれぞれの活用法について詳しくみていきましょう。

リアル店舗における支払いで活用する

iDキャッシュバック(iDでの決済)は、以下のような様々なリアル店舗において幅広く活用することが可能となっています。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ガスト
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • すき家
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ENEOS
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • NTTdocomo
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • 牛角
  • はま寿司
  • 神戸屋レストラン
  • ジョナサン
  • ステーキのどん
  • バーミヤン
  • フォルクス
  • CoCo壱番屋
  • カフェプロント
  • 座・和民
  • 魚民
  • 白木屋
  • 甘太郎
  • 安安
  • 庄や
  • 東方見聞録
  • はなの舞
  • 笑笑
  • ツルハドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • ライザップ
  • ザ・ダイソー
  • ドン・キホーテ
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • コジマ
  • ジョーシン
  • 紀伊国屋書店
  • TSUTAYA
  • TOWER RECORDS
  • 洋服の青山
  • 関西国際空港
  • 羽田空港
  • ANAFESTA
  • 快活クラブ
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • オリックスレンタカー
博士博士

iDが利用できるお店は上記以外にもまだまだあるぞ!

ご覧の通りiDは、主要なコンビニエンスストアはもちろんのこと、主婦御用達の各種スーパーマーケットにドラッグストア、家電量販店、カフェや飲食店にアミューズメント系列など、ありとあらゆるジャンルのリアル店舗を網羅しています。

ここまで活用範囲が広ければ、iDによる決済だけでほぼ全ての支払いを完了させることができる方も多いのではないでしょうか。

iDでの支払いはクレジットカードの場合と異なり、カード認証やサインを必要としないため、支払いスピードと便宜性でクレジットカードを凌駕します。さらには、使えば使うほどにポイント還元が得られることも忘れてはいけません。

以上のことを踏まえると、iDを活用するのが楽しくなってきそうですね。

ネット通販における支払いで活用する

iDキャッシュバック(iDでの決済)は様々なリアル店舗だけでなく、以下のようなネット通販においても活用できることを覚えておくとさらに使い道の幅が広がります。

  • Amazon
  • XBOXLIVE
  • カプコンオンラインゲームズ
  • プレイステーションストア
  • ネクソン
ウィーちゃんウィーちゃん

AmazonでiDが利用できるなら欲しいものが買えるね!

もちろん特筆すべきはAmazonの存在です。私もAmazonを普段使いしていますが、何か欲しいものがパッと思いついた時に、サクッと注文してすぐに届くという手軽さと便宜性に惚れ込んでいます。

こうした質の高いネッットショップにおいても、iDキャッシュバックを活用できるのは嬉しいですね。

貯めたdポイントはiD利用額に充当できる

iDキャッシュバックはキャンペーンでしか獲得できないの?

そんな疑問を抱いている方もいるかもしれませんが、実はこのiD、まとまったdポイントを交換することでも獲得可能なのです。

dポイントからiDへの交換単位と1日における交換限度は以下の通りです。

  • 2,000ポイント分のdポイント→2,000円分のiDキャッシュバック
  • 1日における交換限度は40,000ポイント分まで

dポイントをiDキャッシュバックに交換する際には手数料もいらず、価値を下げずに等価交換ができる点が嬉しいポイントですね。

貯めたdポイントのその他の使い道については『dポイントのオトクな使い方と使える場所まとめ』の記事で更に詳しく解説しています。

iDキャッシュバックは様々なツールで活用できる

iDキャッシュバックは以下の通り、様々なツールで活用することができます。

  • クレジットカード
  • おサイフケータイ(Android)
  • ApplePay(iPhone)
  • dカードプリペイド

クレジットカードの発行に抵抗がある方や、クレジットカードの審査にクリアできずに困っているような方でも、dカードプリペイドという選択肢が用意されているので何ら心配はいりません。

もちろん、dカードやdカードGOLDといったiDキャッシュバックに対応しているクレジットカードを発行できる方は、おサイフケータイやApplePayなどと連携させて、携帯1台でスイスイ決済を進めることも可能ですよ。

dカードGOLDのiDキャッシュバック有効期限は半年

さて、最後に確認しておきたいのは、新規入会でもらえるdカードGOLDのiDキャッシュバックの有効期限が半年であるという点です。

ウィーちゃんウィーちゃん

半年間で使い切らないと失効しちゃうんだ…!

前述した通り、確かにdカードGOLDのiDキャッシュバックには多種多様の使い道があり、便宜性に関しては文句のつけようがないのですが、有効期限を過ぎてしまっては元も子もないですよね。

そこでここでは、dカードGOLDのiDキャッシュバックの有効期限をしっかり把握するとともに、キャッシュバックの価値を失効してしまわないためのTipsを共有しておきたいと思います。

iDキャッシュバックが付与されるタイミングは特典ごとに異なる

まず大前提としておさえておきたいのが、iDキャッシュバックが付与されるタイミングは以下の通り、特典ごとに異なるという点です。

  • 入会特典として得られる2,000円分のiDキャッシュバック
    ⇒dカードGOLD入会後、最初の請求確定時
  • ドコモのケータイ料金をdカードGOLD払いすることで得られる1,000円分のiDキャッシュバック
    ⇒dカードGOLD入会後、最初の請求確定時
  • 20,000円以上のカード利用で得られる8,000円分のiDキャッシュバック
    ⇒dカードGOLDに入会してから4ヶ月後
  • 『こえたらリボ』と『キャッシングリボご利用枠』の設定で得られる最大2,000円分のiDキャッシュバック
    ⇒dカードGOLDに入会してから4ヶ月後

ご覧の通り、最も注意しなければならないのは、20,000円以上のカード利用で得られる特典と、リボ払いの設定で得られる特典が付与されるタイミングです。

dカードGOLDに入会してから4ヶ月後と言えば、「え、そんなのあったっけ?」というようなタイミングです。iDキャッシュバックの付与を完全に失念していても何ら不思議ではありません。

最も高還元の8,000円分が、最も失念しやすい付与のされ方であるのはなかなか憎いですね。

せっかく高額のiDキャッシュバックが付与されているにもかかわらず、うっかりそのことを忘れてしまい、使わずじまいで失効してしまうという流れだけは避けたいものです。

iDのキャッシュバック残高はdカード公式サイトで確認できる

dカードGOLDの入会キャンペーンで獲得したiDキャッシュバックの残高については、dカード公式ホームページ上で確認することができます。

dカード公式ホームページにアクセスし、ご利用明細照会画面の下部にある『iDキャッシュバック照会』をクリックすればOKです。

入会特典の2,000円分のiDキャッシュバックや、ドコモのケータイ料金をdカードGOLDで支払うことで得られる1,000円分のiDキャッシュバックは比較的早いタイミングで付与されるため、失念してしまうリスクはそこまで高くありません。

しかしながら注意すべきは、dカードGOLDに入会してから4ヶ月が経過しないと付与されないiDキャッシュバックです。

これに関してはあなたのカレンダーにしっかりとメモを残すなどして、iDキャッシュバックを受けるや否や、できる限り素早く活用してしまうのが賢明でしょう。

あらかじめ、iDキャッシュバックをどのように活用するかを想定しておけば、使い道が分からないままに失効の時期を迎えてしまうということを避けることができますね。

 

まとめ

dカードGOLDのiDキャッシュバックは非常に便宜性の高い支払いツールです。これからdカードGOLDの発行を考えている方であれば、ぜひとも最大13,000円分のiDキャッシュバックが還元される入会キャンペーンを活用しましょう。

iDキャッシュバックはありとあらゆるリアル店舗だけではなく、Amazonなどのネット通販においても活用できる上、使えば使うほどにポイント還元も得られるため、1度使えば病みつきになってしまう方も多いのではないでしょうか。

ぜひ本記事の内容を改めて振り返っていただき、dカードGOLDのiDキャッシュバックを最大限に活用してみてください。iDキャッシュバックが付与されるタイミングや、有効期限についてもしっかりと注意を払っておいてくださいね。