dカードゴールド 審査

ウィーちゃんウィーちゃん

ドコモユーザーなら毎月10%還元だからdカードGOLDが欲しい!

でも、dカードGOLDの審査って厳しいのかニャ?

博士博士

dカードGOLDの審査は決してガチガチに厳しいわけではないぞ。しかも、ドコモで安定的に支払いをしているなら、比較的審査も通りやすいと言えるじゃろう。

dカードもそのままで十分お得感のあるカードですが、「そろそろゴールドカードもいいなぁ」という方におすすめなのがdカード GOLD 。

dカードGOLDなら国内の空港ラウンジが使えたり、ドコモの光や携帯料金の還元率が10%であったり、補償がかなり手厚かったりと特典がたくさんあるカードなのですが、ゴールドだけにやはり気になるのが審査の厳しさですよね。

ウィーちゃんウィーちゃん

やっぱりdカードGOLDの審査は厳しいのかニャ…?

結論を言うと、実際にdカードGOLDの審査が厳しいということはありません。むしろ、年収200~300万円の会社員の方でも問題なくdカードGOLDの審査に通過している為、審査について心配する必要はありません。だからこそドコモユーザーが発行しないのは損です。

実際に大手のクレジットカード専門雑誌にも、ドコモユーザーなら迷うことはないというほど特集されているカードです。

dカードゴールド雑誌の特集

そんなdカードGOLDの審査について、クレジットカードの審査は公開されているわけではない為、確実に審査に通過する方法は明確に把握することができませんが、優れた属性の方以外(専業主婦など)にも実際にdカードGOLDの審査に通っている方は多くいます。

  • 会社員:◯
  • 主婦(専業主婦含):◯
  • 学生:×

 

博士博士

ドコモユーザーで毎月きちんと料金を支払っているなら、dカードGOLDの審査にも問題ないじゃろう。むしろ、ドコモからすればぜひ入会してほしいと思っておるぞ!

ここでは、そんなdカードGOLDの審査の厳しさや、審査基準について徹底的に解説していきます。

先程も記載したように、dカードGOLDの審査は過去に滞納などのトラブルがなければ特に心配ありません。審査について心配がなくなった方は、以下の公式サイトをご覧ください。※当サイト経由で13,000円相当キャッシュバック

今なら最大13,000円相当プレゼント中!
【簡単・たった5分で申込み】

dカードGOLDの審査は厳しい?!

dカードゴールド

年会費10,800円
申込条件20歳以上(学生不可)
基本還元率通常:1.0%
ドコモ料金/ドコモ光:10.0%
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード無料
家族カード1枚目無料

dカードGOLDは、20歳以上で安定した収入がある方でないと審査に受かることができません。まずはdカードGOLDの申込み対象を確認しておきましょう。

以下がdカードGOLDの申込み条件です

  • 個人の名義でのみ申込み可能(法人名義は不可)
  • 20歳以上で毎月安定した収入があること(学生は不可)
  • 本人名義の口座を支払い口座にする必要がある
  • ドコモが定めた条件を満たしている

 

ウィーちゃんウィーちゃん

学生さんは申込みできないんだね。

dカードGOLDは個人向けのカードですので、法人名義では審査に受かることができません。そして、学生の方も対象外となっています。

大学生がdカードGOLDの審査に受かるのは難しい!

もし、20歳以上の大学生でアルバイトなど既に仕事をしている場合には、学業と仕事のどちらが本業かがポイントになります。

以下のような場合には、dカードGOLDの審査を通過するのは厳しいでしょう。

  • 働いておらず親の仕送りで大学に通っている
  • 大学に通うためにアルバイトをしている

 

もちろん、dカードGOLDの審査の具体的な条件は非公開ですので、確実に受からないとはいい切れませんが、基本的に大学生、短大、専門学校に通っている間は審査に受かることは難しいでしょう。

ただ、既に就職していて毎月安定した収入がある上で、大学などの学校に通っている場合には、仕事が本業となり審査に通る可能性はあります。

dカードGOLDの審査に不利になるポイント

dカードGOLDは比較的審査に厳しくないとは言え、ゴールドカードということもあり、通常のカードよりも審査は厳しいためより注意する必要があります。

まず、これはdカードGOLDに限ったことではありませんが、ゴールドカードは年会費が高めであることを見ればわかるように、通常のカードに比べ所得が高い方向けのクレジットカードです。

博士博士

dカードGOLDは決して審査が厳しいわけではないが、それでもゴールドカードということを考えると、信用情報はとても重要になってくるぞ!

そういった理由で一般的にゴールドカードの審査は通常のカードよりも厳しくなっています。特に以下のようなことは審査に悪影響を与えるので十分に注意しましょう。

  • 多額の借金がある(住宅ローンは除く)
  • 過去にローンやクレジットで支払いの遅れがあった
  • 携帯電話料金の支払いが遅れた、または、滞納している
  • 他のクレジットカードの審査が終わらないうちに申し込んでいる
  • 無職または職場の勤続年数が短い
  • クレジットカードを多く持ちすぎている
  • 一定の年齢をすぎてローンやクレジットカードを使ったことが全くない
  • 住所や職場など記載内容の間違い

 

それでは、順番に解説していきます。

借金やローン・クレジットの支払いの遅れがあると審査に不利

クレジットカードの審査は信用情報機関からの情報によって行われるので、借金やローン、クレジットカードの支払い状況はすぐにわかってしまいます。

信用情報機関とは、クレジットカード会社やローン、消費者金融などお金を貸す事業をしている会社が登録しており、情報はすべて共有されているので、クレジットカードの申込みの際に嘘の情報を書いたとしてもすぐにバレてしまうのです。

博士博士

信用情報機関で参照されるからこそ、借金などの嘘は確実に見破られてしまうんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

ちゃんと正しいことを入力しないとね。

クレジットカード会社が、審査の参考にする信用情報機関は主に3つです。

  • CIC(クレジット、インフォメーション、センター)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

 

一般的にクレジットカード会社はCICとJICCの2つに登録しています。(CICのみに登録しているカード会社も有り)KSCは銀行系のカード会社(銀行が発行しているクレジットカード会社)が登録していることが多い信用情報機関です。

それでは、一番登録しているカード会社が多いCICを例にとって、主にどのような情報がどれくらいの期間保存されるのか説明していきます。

CICに記録される情報情報が保存される期間
クレジットカードの申込み履歴申込み日から6ヶ月間
クレジットの支払い状況
(延滞、残りの負債なども含む)
契約が終わってから5年間
ローンの支払い状況
(延滞、残りの負債なども含む)
契約が終わってから5年間
自己破産免責を受けてから5年間

 

ウィーちゃんウィーちゃん

信用情報って長い期間残されてるんだね…。

クレジットカードの支払い状況は、カード会社との契約が終わってから5年間残るため、過去に支払いの遅れや滞納があると、審査にマイナスとなってしまうのです。

ローンも同じで、計画通り支払っているなら問題ありませんが、延滞や滞納があると審査に不利になるので、日ごろから決められた日にきちんと支払うようにしましょう。

信用情報で重要なクレジットヒストリーについては『クレジットヒストリーって何?クレヒスの作り方とかかる期間』の記事で更に詳しく解説しています。

携帯電話料金の支払いもローン扱いになる場合も

携帯電話を契約する時に機種代金を分割で支払っているとローンと同じ扱いになるので、支払いの遅れがあるとdカードGOLDの審査に不利になります。

新規や機種変更で携帯電話を契約する時に、機種代金を分割で払い月々の携帯電話利用料金と合わせて払っている場合、機種本体をローン(分割払い)で購入しているのと同じです。ですから、携帯料金を期日までに支払わないとローンの延滞となってしまいます。

dカードGOLDを契約するのですから、ドコモの利用料金をしっかり払っていないと審査の際にマイナスになる可能性が高いため、機種代を含まない携帯電話料金も毎月決められた日までに払いましょう。

多重申し込みで審査落ちのリスク

他社のクレジットカードの審査中に別のカードを申し込むと『多重申し込み』といい、どちらの審査も落ちる危険があります。収入面などで自信があっても、dカードGOLDはゴールドカードで通常のカードより審査が厳しいので、多重申し込みは絶対にしないでください。

博士博士

dカードGOLDに限らず、クレジットカードの多重申込みは必ず審査のマイナスになるから要注意じゃ!

他社のクレジットカードの審査が終わってから、数ヶ月(自信のない方は信用情報機関の記録が切れる半年)経った後にdカードGOLDを申し込むようにしましょう。

無職または職場の勤続年数が短い

無職や職場の勤続年数が短いとdカードGOLDの審査に不利になる場合があります。

まず、無職では条件を満たしていないので申し込みをすることができません。また、仕事をしていても、現在の職場の勤続年数が短いとカード会社もこの先も安定した収入が確保できるのかと思ってしまいます。

ウィーちゃんウィーちゃん

勤続年数はどの程度あれば良いの?

博士博士

特に基準はないが、最低でも1年、利用は3年があれば良いじゃろう。

勤続年数が短い場合は、もう少し期間を開けてから申し込むか、後ほど詳しく紹介しますが、まずは通常のdカードを申し込んだ後にdカードGOLDにグレードアップするという手もあるので焦らずに対策をたててください。

クレジットカードを多く持ちすぎていると思わぬ弊害が

クレジットカードを申し込んだという情報は信用情報機関に半年間残るため、半年間の間にあまりに多くのカードを作ってしまうと、審査にマイナスになることがあります。

信用情報機関(CIC、JICC、KSC)の情報もそれぞれ共有されているため、クレジットカードを作ったという記録が半年間、カード会社の審査の判断材料になるのです。その際に、あまり数が多いとお金に困っているという印象を持たれることがあるのです。

さらに、それぞれのカードにキャッシング枠がついていた場合、『総量規制』といい年収の3分の1以上借りられないという法律に引っかかるため、持っているカード全部の合計のキャッシング枠がすでに一杯になっている可能性もあります。

博士博士

クレジットカードにキャッシング機能を付帯すると、より審査が厳しくなってしまうぞ。

必要なければ、キャッシングは申し込まない方が良いじゃろう。

不要なカードは解約するか、使う予定がなければキャッシング枠を減額または無くしておきましょう。

一定の年齢でローンやクレジットを使ったことが全くない

ローンやクレジットカードの利用情報はすべて信用情報機関に記録されますが、利用情報が一切ないと審査の際に判断材料がないので、審査に落とされてしまうことがあります。

博士博士

携帯料金の本体代金を分割で支払っている場合は問題ないぞ!

現金主義で一切クレジットカードやローンを使わないという方も、実はdカードGOLDの審査には不利なのです。

一定の年齢を過ぎてもクレジット・ローンの利用履歴がない方を『スーパーホワイト』と言い、カード会社から審査の際に「今まで何か問題があったのでは?」と不審に思われてしまうことがあります。スーパーホワイトについて知りたい方は『現金主義の悲劇!スーパーホワイトはローンやクレジットカードの審査も通らない!?』の記事を参考にしてください。

何故かと言うと、信用情報機関に保存されるローンやクレジットカードの利用履歴、自己破産などの金融事故には保存されている期限があり、その期限をすぎると記録はなくなるのです。

例えば、自己破産をして全くカードを作れなかったという場合も5年から10年経てば全く信用情報機関に記録がない状態となり、現金主義で一切ローンやクレジットカードを使ってこなかった人と審査の際に見分けがつきません。

ウィーちゃんウィーちゃん

全然属性は違うのに、表面上は同じように思われてしまうこともあるんだね…。

自己破産の場合、CICとKSCの情報保有期限は5年ですが、KSCには10年記録が残るためカード会社が審査の際に照会する信用情報機関によって、審査の結果が変わります。

一般的には30代になっても、ローンやクレジットカードの利用実績が全くないと審査に不利だと言われています。スーパーホワイトの方は、dカードGOLDに申し込む前に、まずは以下のような方法でローンの利用実績(信用情報機関に残る記録)を作っておきましょう。

  • 携帯電話の契約の際に機種本体を分割払いにする
  • テレビショッピングなどで少額のローン払いを利用する
  • 通常のdカードや審査のハードルがあまり高くないカードに申し込む

 

信用実績を積む方法として一番手っ取り早いのは、携帯電話の機種本体を分割払いにしてローンの実績を積むことですが、現在お使いの機種がまだ新しく機種変更には早いという場合もあると思います。

その際には、テレビショッピングやネット通販サイトで、分割払いで支払うという方法を使ってください。【分割払い=ローン】という扱いになるので、少額でも信用情報機関に記録として残ります。

博士博士

信用実績は、金額の多寡よりも支払いを滞りなくできているか?を重視される傾向にあるぞ。

しかし、分割払いも審査があるため最初から高額なものにチャレンジするよりも、食品などあまり値段が高くないものにした方が確実です。

他にもdカード、または他の審査のハードルが高くないカードに申し込み、利用して実績を作るという手もありますが、審査落ちのリスクがあるため、自信がなければまずは地道に分割払いでローン実績を積むことをおすすめします。

住所や職場など記入内容の間違いで審査落ちのする場合も

dカードGOLDの申込みの際に、個人情報の記入を間違うとそれだけで審査に落ちることがあるので、申込みは慎重におこないましょう。

記入内容で間違いやすいのは以下のポイントです。

  • 自宅の住所
  • 会社の正式名称
  • 会社の電話番号

 

自宅の住所はそこまで間違いやすくはありませんが、ネットで申込む際には郵便番号を入力すると自動で一定の部分まで入力されます。その場合は、間違いがないか表示をきちんと見るようにしましょう。

郵便番号の下一桁の間違いなら、すぐ近くの住所が出るため間違って入力されていても気づかない可能性があります。また、会社の正式名称は意外と忘れがちなので、しっかり確認してください。

派遣会社から派遣されている場合には、派遣会社の連絡先と派遣先(実際に勤務している会社)の連絡先を書かなければいけないので、間違わないようにしましょう。

 

dカードGOLDの審査に落ちた人の口コミ

博士博士

ここまで、dカードGOLDの審査について紹介してきたが、ここからは実際に審査に落ちた人の口コミを見てみよう。

ウィーちゃんウィーちゃん

実際に審査に落ちた人の理由を見れば、事前に防ぐことができるもんね!

dカードGOLDは大変魅力的なカードですが、審査に通過しなければ利用することはできません。そこで、実際にdカードGOLDの審査に落ちてしまった人の口コミから、どのような場合に審査落ちしてしまうのか学んで、対策を練っていきましょう。

過去に支払いの遅れがあり審査落ち

ドコモdカードゴールドの審査に落ちました。
ドコモは15年以上利用しており、携帯の契約台数は5台です。
ただ、DCMXカードの時に延滞をしまして、振り込みの催促が来てからすぐに振り込みはしましたが、多分何回かあったのでブラックリストに乗ってるのではないかと思います。出典:Yahoo!知恵袋

この方の、dカードGOLDの審査に影響を与えたと思われるポイントは以下の点です。

  • DCMXカード(現:dカード)の時に延滞
  • 数回、延滞を繰り返している

 

DCMXカードはdカードの前身にあたるカードですので、支払いの遅れがあれば当然ドコモは把握しています。しかも、1回だけでなく複数回となると審査には相当悪影響が出るのです。

クレジットカードの延滞をしたという情報は、カードの審査の際に参照される信用情報機関に契約が終わってから5年間残るため、延滞を繰り返しているということがすぐに分かってしまいます。

博士博士

延滞をした場合でもすぐに支払い、その後は滞りなく支払っている場合はそれほど影響が出ない場合もあるぞ。

延滞があると審査にマイナスなのは変わりありません。しかし、1回だけだと大目に見てもらえる場合もありますが、複数回だと『支払いにルーズな人』だと判断されるため、審査の際の印象がかなり悪くなってしまうのです。

dカードGOLDの審査に受かるためには、クレジットカードの支払いは決まった期日までにするようにし、1度延滞をしてしまったなら2度と繰り返さないようにしましょう。

専業主婦で3ヶ月前にもカードを発行

dカードゴールドは審査が他のゴールドカードより甘く、よっぽどのことが無い限り通ると聞いていました。
専業主婦ですが、専業主婦でも夫に安定して継続した収入があれば審査は通るようなので、そこはクリアしていると思います。
携帯料金の支払いやクレジットカードの支払いは滞納したことらありません。
公共料金の支払いは、過去にコンビニ支払いだったことがあり、うっかり遅れてしまっていましたが、ここ2年間は口座引き落としにしたので滞ったことはありません。
3ヶ月ほど前に、イオンカードを申し込んだのですが、それが原因だったりするのでしょうか?

出典:Yahoo!知恵袋

この方の場合は、以下の点がdカードGOLDの審査のネックになったと思われます。

  • 専業主婦で収入がない
  • 3ヶ月前に別のクレジットカードを申し込んでいる

 

専業主婦(主夫)でもdカードGOLDに申し込むことはできますが、簡単に審査に通るというわけではありません。

専業主婦の方がdカードGOLDを確実に手に入れたい場合は、収入がある夫にdカードGOLDを申し込んでもらい、無事審査を通過したら家族カードを自分に発行してもらう方法だと、審査に受かりやすいでしょう。ちなみにdカードGOLDは家族カードが1枚年会費無料で利用できるので、支払う年会費は同じ金額となります。

博士博士

dカードGOLDの家族カードはとても優秀なカードじゃ!

dカードGOLDは家族カードと合わせて利用することで最大限のメリットを発揮します。詳しくは『dカードGOLDの家族カードは利用しないと損!家族カードのメリットまとめ』の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

さらに、dカードGOLDのほとんどの特典は家族カードでも利用することができ、家族カードに自分の電話番号(※ドコモの携帯電話)を登録すると10%のポイント還元も受けられるので夫婦でお得になるのです。

もう1点気をつけるポイントとしては、3ヶ月以内に他のカードを作っているという点ですね。クレジットカードを申し込んだという情報は信用情報機関に半年間記録されます。収入面などに不安がある場合には一度クレジットカードを発行したら半年間開けてから次のカードに申し込みましょう。

学生は審査を通過するのは難しい

dカードGOLDの申込み条件にも学生は不可と書かれていますので、基本的に学生だと20歳を超えていてもdカードGOLDの審査を通過するのは厳しいです。

ウィーちゃんウィーちゃん

基本的に学生さんはdカードGOLDは難しいって思ってた方が良いかもね…。

ただ、すでに就職していて、仕事が本業だと認められれば受かる可能性も残されていますが、かなり特殊なケースとなるので、基本的に学生である間はdカードGOLDを持つことはできません。

 

dカードGOLDの審査にかかる時間

dカードGOLDは最短5分で審査が終わり、早ければ自宅に5日で届きます。

ネットから申込みであれば、審査がスムーズに進めば最短で自宅に5日で届きますが、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 朝9時から夜7時50分までに申込みの手続きが済んでいる
  • 申込みの際に引き落とし口座が設定されている

 

審査を最短で終わらせるためには、朝9時から夜7時50分までに申し込みを済ませておく必要があります。dカードGOLDの申込時には、dアカウントが必要になりますので、ドコモユーザー以外の方は先に登録を済ませておきましょう。ドコモユーザーの方は、すでに発行済みです。

dアカウントの登録方法や確認方法は『【画像あり】どこよりもわかりやすいdアカウントの登録方法を解説!』の記事で詳しく解説しています。

また、収入や勤続年数によっては、審査に時間がかかる場合もありカードが届くまで2週間から3週間かかることもあるので、時間に余裕を持って申し込んだ方がいいでしょう。

 

審査に不安があるならdカードからのランクアップを目指そう!

dカードゴールド 審査 限度額

年会費初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)
※年に1度の利用で無料
申込条件18歳以上(高校生不可)
基本還元率1.0%
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード初年度無料
2年目以降500円(税抜)
※年に1度の利用で無料
家族カード初年度無料
2年目以降400円(税抜)
※年に1度の利用で無料

確実に失敗なくdカード GOLD を手にしたいなら、dカードを作ることが遠回りに見えて実は近道です。クレジットカードは『信用』が何より重要視されるので当然ともいえますが、審査を受ける側としてはドキドキしてしまいますね。

dカードという同じ系列のカードを持っているということは、「dカードの審査に通った」というひとつの実績になります。しかも、数か月であっても支払いを続けていれば、「この人は支払い能力がある」と認定されることになるのです。

dカードからのアップグレードだと、以下のようなメリットがあります。

  • 通常カード(dカード)のため審査のハードルが下がる
  • dカードを使っていた利用実績が残る

 

そこで、dカード GOLD を作りたいものの心配という場合にはdカードから入門していくのが定石といえるでしょう。

dカードGOLDを発行するなら実績が大事!

ゴールドカードを持つためには、属性(=年齢、勤続年数、役職、居住形態)も大事ですが、結局のところ『実績』が一番重要です。クレジットカードの支払いが滞りなくできている。

dカードGOLDに限らず、クレジットカードを発行する上で信用実績が何よりも重要です。結局のところ、雑な言い方かもしれませんが「払えると信じてもらえたもの勝ち」です。

その為、ゴールドカードの前に通常のクレジットカードを持って、支払いを続けるということは後のゴールドカードのために大切だと覚えておきましょう。

dカードの方が審査のハードルが下がる

dカードはdカードGOLDと違い一般カードなので、審査のハードルが下がります。

dカードGOLDはゴールドカードですので、dカードよりも審査の際に収入や勤続年数などの条件が厳しくなります。そのため、まずはdカードをある程度の期間利用し、しっかり支払っていくことでドコモから信用を得ましょう。

その後、アップグレードした方がドコモとしても、自社のクレジットカードの利用料金を毎月きちんと支払ってくれているという“実績=信用”があるので、dカードGOLDへのアップグレード審査の際に柔軟に対応してくれます。

通常のdカードの審査にも不安がある方は『dカードの審査基準を徹底解説!審査に落ちた人の口コミや審査時間も合わせて紹介!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

他社でもいいけどやっぱり同じ系列が良し!

先程もお伝えした通り、クレジットカード会社は申し込みした人を審査するときに、『信用情報機関』というところの情報を参照します。

クレジットカードなどの支払いがきちんとできているかどうか、というような情報をクレジットカード会社全体で共有するようなシステムです。ですから、他社できっちりと支払いをしていたということは、審査のときに大きなプラスになります。

ですが、同じ系列の場合、信用度がさらに高まります。そういう点から、dカード GOLD の前にdカードを持つようにしたり、アメックスゴールドの前にアメックスグリーンを利用するようにゴールドよりランクが下のカードを持つ人が多いのですね。

dカードからのアップグレード申込み方法は簡単

dカードを持っていれば、初めからdカードGOLDに申し込むよりも手間がかからずアップグレードの申込みができます。

dカードにひもづいていたdアカウントをそのまま使えば、基本的な情報は引き継がれますので、dカードGOLDにアップグレード申請する際に再度、口座情報や暗証番号を入力する必要がありません。

以下のようなものも、dカードからdカードGOLDへのアップグレードの際に引き継がれます。

  • Member’s Menu(ネットで利用明細などを見られる会員サービス)
  • dカードのポイント
  •  iDの設定
  • ドコモ携帯電話の支払い設定(dカードで支払っていた場合)
  •  ETCカードも継続して利用可能

 

また、審査も新規よりもアップグレードの方が短いので、待ち時間も少なくなります。

ただ、注意点としてはdカードからdカードGOLDにアップグレードした際にカード番号が変わるので、公共料金などをdカードで払っている場合には、各会社に支払うカード番号の変更をする必要があるので覚えておきましょう。

dカードからdカードGOLDにアップグレードする手順

dカードゴールド 審査 アップグレード

dカードGOLDの公式ページの『アップグレードお申込みはこちら』というボタンを押して、必要事項を入れるだけで申し込みが完了します。dカードGOLD公式サイト→https://d-card.jp

dカードを持っているなら、まずは、dアカウントでログインしておき、dカードGOLDのページにある「アップグレードお申込みはこちら」を押すと、簡単にアップグレードの申し込みができるのです。

dカードGOLDへアップグレードをするのに特に難しいことはありませんが、アップグレードの審査に受かった場合、“dカードGOLDが届くまで”は持っているdカードが使える為、dカードGOLDがくる前に処分してしまわないようにしましょう。

dカードからdカードGOLDへアップグレードする方法をもっと詳しく知りたい方は『【簡単!】dカードからdカードGOLDへアップグレードする方法を解説』の記事も合わせて参考にしてみてください。

最短5分で審査完了!
今なら最大13,000円相当キャッシュバック!

 

まとめ

dカード GOLD の審査は、銀行系のクレジットカードの審査に準ずるので、「dカード GOLD は審査に通るのが簡単!」とは言い切れない面があります。

ただ、定職についていて、今までお金のトラブルがなく、安定して他社であってもクレジットカードの支払いをしたり、携帯料金の滞納などもなければ、さほど難易度が高いということはありません。

もっと難易度を下げる方法としては、先にdカードを作っておくという方法があります。普通のdカードで支払いを続けて実績を積んでいくのです。

といっても、数か月問題なく支払いを続けるだけでだいぶ有利になりますが、過去にクレヒスで滞納がない限り、問題ないことが多いでしょう。

ゴールドカードの審査が初めてで不安、という方は同系列であるdカードから始める。そして、ゴールドカードの充実した待遇を得ながら、気軽に持ちたいならdカードGOLD一択です。

しかも、新規で申込んだ方限定でもれなく13,000円相当のキャッシュバックがもらえるキャンペーンをやっています。

dカードGOLD 入会キャンペーン13,000円相当

こういったキャンペーンは多くやっているわけではないので、申し込むなら年会費以上のポイントがもらえる今しかありません。

逆に一度こういったキャンペーンを見てしまうと、やっていない時に申し込むのは損なので、これだけお得なキャンペーンが終わる前にチェックしておきましょう。

簡単・たった5分で審査まで完了!