白猫が博士に 「クレジットカードを使うメリットって何があるの?」 と聞いているシーン(背景に楽天カード、三井住友VISAクラシックカード、JCB一般カード)

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードを持ってると便利だしお得だって聞くけど、クレジットカードはあんまり良くないって言う人もいるニャ。

博士、実際のところはどうなの?

博士博士

クレジットカードは使い方を間違えなければとても便利なカードじゃよ。

クレジットカードのメリットとデメリットを考えてみよう。

クレジットカードを利用する際に得られるメリットはたくさんあります。一方で、そのメリットがあるにも関わらずクレジットカードを使うことに抵抗のある方も当然います。

そんなクレジットカードを利用することで得られるメリットや、気になるデメリットについて詳しく紹介していきます。

ポイント還元率が高いクレジットカードはコチラ→クレジットカードは還元率で選ぶ!還元率最強ランキング
スポンサーリンク

クレジットカードを使うこれだけのメリット

博士博士

クレジットカードの一番のメリットはなんと言ってもポイントが貯まることじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

現金払いだと一切還元されないもんね!

クレジットカードのメリットと言うと、やはりポイントが貯まる!というのが1番の印象ではないでしょうか。私も1番のメリットはポイントが貯まることだと思っています。

使えば使うだけポイントが貯まるので、より支払いが多い方は特にこの恩恵を受けています。クレジットカードのメリットであるポイント還元は、現金支払いでは絶対に得られないもの。

しかし、クレジットカードのメリットはポイント還元だけではありませんので、その他の内容も紹介していきましょう。

クレジットカードは支払いをスピーディにかつお得になるカード!

白猫がコンビニのレジで店員にクレジットカードを渡しているシーン

クレジットカードは言うまでもなく支払いの一つのツールとして用いられます。

現金払いに比べてもカード1枚で決済ができるのでお店側・ユーザー側双方が楽に支払いを済ますことが可能です。

そのためあらゆるシチュエーションで活用ができ、かつ現金払いにはないプラスの特典が受けられるのもクレジットカードの特徴です。

この特典というのは、クレジットカードで支払うことでカード会社が介入し特典を付帯しています。

カード1枚のみで買い物ができる便利さとプラスの特典と言うのは、間違いなくクレジットカードの大きなメリットの一つに違いありません

では、具体的に説明していきましょう。

レジで手間取らない

クレジットカードは、カード1枚で決済が可能になるため現金払いに比べはるかにスピーディです。急いでいる時に限って、前の人が小銭を出すのに必死でもたもたして待たされる…。

ウィーちゃんウィーちゃん

すごくわかる…!

なんて経験は誰しもがしていると思いますが、クレジットカードがそれを解消してくれます。

クレジットカードであれば、細かい端数も気にすることなく、今ではコンビニやスーパーでもサインレスで使え、簡素化されているので、自分のためにも人のためにも円滑に進むのは嬉しいですね。

詳しくは『コンビニでもクレジットカードは使える!サインレス決済でポイントも還元!』の記事で紹介しています。

ポイントが貯まる

クレジットカードでの支払いにおいてやはりポイントは欠かせません。クレジットカードのポイントは、カード発行会社によってポイントの付与数や還元率などは変わってきます。

また、貯まったポイントが何に交換できるのかもカード会社によって異なるためポイントを何に使いたいかを見据えてカードを選ぶのもいいかもしれません

ウィーちゃんウィーちゃん

貯まったポイントは何に使おうか考えているときが一番ワクワクするかも。。

ポイントの還元率などは違えど、基本的に貯まるシチュエーションはほとんど一緒です。

  • 店頭でのカード払い
  • ネットショッピングでのカード払い
  • 公共料金のカード払い
  • 税金のカード払い(自動車税やふるさと納税、一部地域の固定資産税など)
  • 通勤定期・タクシー・新幹線・旅客機料金のカード払い

 

挙げるとキリがありませんが、あらゆる決済シチュエーションで使えます。あまり知られていませんが、国民年金もクレジットカードで支払うことも可能です。

近年では、大手ファーストフード店もクレジットカードの導入を始めており少額単価の飲食店でも使え、今後も拡大していきそうですね。

現金払いとクレジットカードの比較をしたら年間で3,000円以上は還元が受けられる

あらゆるシチュエーションでクレジットカードが使える中で、現金払いとクレジットカード払いに区別した時にどれくらいのポイント特典が受けられるのでしょうか?

JCBがネットでの調査した結果によると、クレジットカードの月額平均利用は約5万円とのことです(※2016年JCB調査レポートより引用 4P参照)。

この金額を元にポイントの還元を考えても年間で60万円の利用になるため、得られるポイント還元も大きく変わってきます。

  • 0.5%還元:3,000円分のポイント
  • 1.0%還元:6,000円分のポイント

 

利用しているクレジットカードの還元率によって、年間でこれだけの還元が受けられるようになります。これだけ特典が受けられるとなると、やはりクレジットカードで支払う価値はあるのではないでしょうか。

特に還元率の高いクレジットカードはよりメリットが大きくなります。そんな高還元のクレジットカードは『クレジットカードは還元率で選ぶ!還元率最強ランキング【2018年】』の記事で詳しく紹介しています。

ETCカードもクレジットカードと同時発行ができる

クレジットカードに付帯して申込みができるETCカードは、高速道路など有料道路での支払いに欠かせないカードです。

ETCカードのメリットを簡単にまとめると、以下の3点あります。

  • 現金払いよりはるかに早い
  • ポイントも貯まる(カード会社による)
  • ETCマイレージサービスでポイントが貰える

 

1番の特徴は、高速道路入り口にて停車することなく入ることができるため断然早くなるということです。

また、カード会社にもよりますが、ポイントも付与されますし、「ETCマイレージ」というカード会社とは別のETC専用のポイントも登録すれば合わせて貯まりますので、高速道路を使う場合はぜひ利用しましょう

エリアによっても違いますが、最大で10円につき1ポイントが貰えるのでお得な還元率になっています。一部、ETCカードは即日でも発行が可能です。詳しくは、『ETCカードを即日発行可能なクレジットカード特集!即日でETCカードを入手しよう!』の記事を参考にしてみてください。

クレジットカードは持っているだけでも安心・嬉しい

クレジットカードのメリットは支払いだけではありません。ただ持っているだけでも受けられる特典があるからです。

年会費がかかるカードであっても、その分の付加価値が付いており、年会費が一切かからないカードであっても割引サービスなどが受けられるカードもあります。

詳しく説明していきましょう。

年会費無料でも優待・特典を受けられる

クレジットカードには、種類によって色々な所で優待やサービスを受けることができます。例えば、以下のクレジットカードには様々なサービスが用意されています。

 

エポスカードでは、全国の飲食店・カラオケ・レジャー施設・美容室・温泉施設など幅広いお店でカード提示すると割引になる特典が付いています。

博士博士

特定のお店で大きな割引やサービスを受けられるのもクレジットカードのメリットと言えるじゃろう。

イオンカードでは、カードの提示だけで特定の日に5%割引を受けることができる他、イオンモール内のシネマにていつでもカード提示で割引ができます。

また、エポスカードほどではないものの各提携店での割引がカードの提示で受けられるのでお得です。

MUJIカードでは、無印良品とセゾンカードとの提携カードになりますが、持っているだけで年に2回ポイントが無料で500ポイントずつ貰える大盤振る舞いなカードです。

貰えるポイントは、無印良品店で1ポイント1円として使えるので、単純に毎年1,000円分の無料で買い物ができるのはすごくお得なカードになります。

ウィーちゃんウィーちゃん

MUJIカードって年会費無料なのに、毎年1,000円分のポイントがもらえるんだ…。

他にも持っているだけでも受けられる特典があるカードはたくさんありますので、これから入会を考えている方はこの点にもぜひ着目してみてください。

ショッピング保険が付帯されている

クレジットカードには、様々な保険が付帯されているものもあります。

買い物をした時の破損などを補償するショッピング保険や旅行時の怪我や病気、死亡といった補償をする旅行保険が主になります。

それぞれ一部のクレジットカードでの付帯状況を、簡単にまとめておりますのでご覧ください。

ショッピング保険
楽天カードなし
イオンカード最高50万円
Yahoo! JAPANカード最高100万円
三井住友VISAカード最高100万円
JCB一般カード最高100万円
American Expressカード最高500万

※上3つまでは年会費無料のカード、下3つは年会費有料のカード

上記に挙げたものは人気の高いクレジットカードです。これらのカードであれば、基本的にはショッピング保険はそれほど差がなく付帯しています。ただし、楽天カードは付帯されていませんので注意が必要ですね

楽天カードとイオンカードに関しては、年会費無料のカードの記載をしていますが、それぞれゴールドカードになるとこのショッピング保険も楽天カードは300万円、イオンカードも300万円と手厚くなります。

スポンサーリンク

これは各カード会社に言えることで、年会費を払えばそれだけのサービスが受けられるということでしょう。

国内・海外旅行の保険が付帯している

クレジットカードのメリットに、国内や海外旅行時の保険が付帯しているものがあります。それぞれ主なクレジットカードの国内・海外旅行保険の付帯状況になります。

国内旅行保険海外旅行保険
楽天カードなし最高2,000万円
イオンsuicaカード最高1,000万円最高500万円
エポスカードなし最高2,000万円
三井住友VISAカード(クラシックカード)なし最高2,000万円
JCBカード最高3,000万円最高3,000万円
American Expressカード最高5,000万円最高5,000万円

 

国内旅行保険については、年会費が有料であっても付帯がないケースも多いです

ショッピング保険同様に、各カードのゴールドカードになれば楽天で旅行保険最高5,000万円、イオンカードも最高3,000万円、三井住友VISAカードも最高5,000万円と手厚くなります。

イオンカードは、年会費無料にもかかわらず国内外問わず少額ですが、付帯されているのはアドバンテージになりそうですね。

また、イオンカード・エポスカードは、年会費無料でかつ保険が付帯されていてなおかつ自動付帯の保険です

この自動付帯は、楽天カードのような利用付帯の保険とは異なり、旅行時の支払いをカードで支払わなければ適用されないのとは違い、保有しているだけで保険を受けられます。

博士博士

自動付帯は旅行代金を決済しなくても、持っているだけで補償対象になるすぐれものじゃ!

旅行保険が付帯されていても、自動付帯と利用付帯で差がありますし、イオンカードも全ての年会費無料のカードに付帯されているわけではないので注意しましょう。

クレジットカード払いはこんな時に使える!

クレジットカードには支払って得する、持っているだけでも得することが理解していただけましたでしょうか。

クレジットカードはあらゆるシチュエーションで使えるとお伝えしてきましたが、クレジットカードを使うことで色んな効果を生み出してくれることもあります。

クレジットカードヒストリーができる

博士が白猫に 「クレジットカードを使うことで信用情報も積み上がっていくんじゃよ。」 と言っているシーン

クレジットカードヒストリーとは、クレジットカードの利用状況を確認できるものになります。

クレジットカードヒストリーの重要性は、以下の理由があります。

  • クリーンな支払いをすれば信用度が上がる
  • 支払い不良の場合、審査が通りにくくなる
  • クレジットカードヒストリーがないのは悪影響の可能性も

 

博士博士

年齢を重ねれば重ねるほど、クレジットカードヒストリーは重要になってくるぞ。

クレジットカードヒストリーは、若い方であればないことも多くありますが、ある程度年齢を重ねればこのクレジットカードヒストリーは何かしらあることがほとんどです。

しかし、俗に言うブラック属性の場合、延滞が何度も続いてクレジットカードヒストリーがかなり悪い状況なわけですが、その結果5年前後はクレジットカードを作ることができません。

当然この間のクレジットカードヒストリーが無い状況ですので、単純にクレジットカードを長年使ってこなかった人と、このブラック属性の判別がクレジットカードヒストリーだけではしがたい状況になりかねません。

ですので、いざという時に審査に通らなかったというような状況にならない為にも信用のあるクレジットカードヒストリーは信用あるものを築いておいたほうがいいのです

ネットショッピング等で手数料がかからない(代引きやコンビニ・銀行振込しなくて良い)

クレジットカードを作った理由として、ネットショッピングを目的に作られる方は多いと思います。ネットショッピングの場合、支払い方法は代引きによる現金支払いやコンビニでの支払い、銀行振込、そしてクレジットカードに分かれます。

クレジットカード以外の支払い方法に関しては、手数料がかかるケースがほとんどで200~400円前後の支払いをしなければなりません

安い商品である場合は、これらの手数料だけで商品の何割かの値段になってしまうこともありとてももったいないです。

また、クレジットカードであれば一度利用している場合に再度情報の入力などの手間も省けるため実店舗利用時同様に手間が省けるのも嬉しいですよね

支払いを先延ばしにできる(ボーナス払い等も含む)

クレジットカードの支払い方法は、色々用意されています。

  • 1.2回払い
  • 3~36回払い
  • ボーナス1.2回払い
  • リボ払い

 

上記のような支払い方法がある中で、共通なのはすべて翌月から翌々月以降に支払いを先延ばしできることです。

普段クレジットカードを使わない方であっても、買い物時、レジに並んでいる時に現金を下ろしていないことに気付いたことや、予想だにしていない大きな出費がある時には、やはり1枚でもクレジットカードを持っていれば役に立ちます

いざという時のクレジットカードの使い方もできるわけです。念のためにも持っておく必要性はありそうですね。

海外に行く時にはクレジットカードは必須!

クレジットカードは海外へ行く時においても役に立ちます。海外旅行でのクレジットカードの役割は以下の理由があります。

  • 海外では身分証代わりとして使える
  • 海外ではキャッシュレスが基本

 

海外ではホテルでのチェックイン時に、クレジットカードの情報を読み取ることで本人確認を行うなど支払いの機能だけでなく、身分証代わりにもなるため海外へ行く時には必ず1枚は持っておきたいです。

また、支払いにおいても治安のことを考えれば少しでもキャッシュレスが理想ですのでその点も含めてクレジットカードが必須になるでしょう

クレジットカードに不安がある方はこんな使い方もできる

ここまでクレジットカードの特典を中心にお話ししてきましたが、それでもクレジットカードに対する負の固定概念を払拭できない方もいるかもしれません。

そこで最後に、不安がある方への少しでも緩和できるクレジットカードの使い方について説明していきましょう。

現金を持たなくて良い!紛失しても補償がある

クレジットカードを保有することで盗難や紛失にあった場合が怖い、と思っている方も多いと思います。

盗難や紛失による悪用で多額の請求がきたらどうしよう…。

という心配があるかと思いますが、クレジットカードには必ず盗難・紛失の補償が付いていますので安心してください。

悪用があった場合、明らかな過失があるケースでなければカード会社へ連絡し、悪用であることが確認できるとその分の請求は補償されます。

紛失の場合は財布ごと無くすケースが多いと思いますが、現金を使われても特定がほとんどの場合できませんが、クレジットカードの場合は情報の特定ができ、補償が受けられるとなると現金を紛失より安全かもしれませんね。

キャッシング枠をゼロ・ショッピング枠を最小に。

クレジットカードの不安要素を少しでも改善するためには、以下の設定をしておくのもおすすめです。

  • キャッシング枠を0に
  • ショッピング枠を最小に

 

クレジットカードの負のイメージとして特に多いのが「キャッシング」ではないでしょうか。

キャッシングも使い方によっては本当に役に立つものなのですが、借入なのでどうしても負のイメージが強く感じられがちです。

そういう方は、カード入会時にキャッシング枠をゼロにすることもできますし、後々カード会社に申請すればゼロにすることもできます

これに合わせて、ショッピング枠の使い過ぎも怖いという方は枠を最小の10万などに依頼すればカード会社としては対応してもらえます。単なるイメージを持つだけでなく、不安を上手く解消して活用すればもっとお得になること間違いなしですよ。

注意したいクレジットカードのデメリット

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードを持っているとメリットがたくさんあることは分かったけど、デメリットは無いのかニャ?

博士博士

残念ながらクレジットカードにはデメリットもあるぞ。だが使い方を間違えなければ大丈夫じゃ。

数多くのクレジットカードを利用するメリットをここまで紹介してきましたが、デメリットも当然あります。

ですが、デメリットも感じ方が違うので、ここではクレジットカードを利用する上での注意点のお話になります。

基本的な内容にはなりますが、クレジットカードは使い方次第で自身にとって善にも悪にもなると思いますので、しっかりと念頭において利用を心掛けましょう。

クレジットカードの利用はしっかりと計画立てて使おう

クレジットカードの利用する上での注意点は、以下の2点。

  • クレジットカードは計画的に
  • 無駄遣いをしない

 

基本的な話になりますが、クレジットカードには買い物で使えるショッピングの機能と、お金を借りることができるキャッシングの機能が備わっています。

ショッピング機能では、少額のものでもポイントを貯めることができ高額のものに対しては分割払いでの支払いを行うことができます。

キャッシング機能では、利率は高いものの急な現金が必要になった時にはATMさえあれば24時間引き出しが可能になり万が一の手助けとなります。

ウィーちゃんウィーちゃん

ピンチになった時にすぐ頼ってしまいそう…!

博士博士

そんな不安がある場合は、キャッシング枠をゼロに設定しておくのも大事じゃぞ!

そんな便利なクレジットカードですが、やはり無計画に使ってしまうと自分の首を絞めることになりかねません。

支払える見込みがない額を使わない

クレジットカードを持つ上で、大事なことは2つあります。

  • 使いすぎない
  • 支払える見込みがない金額を使わない

 

ウィーちゃんウィーちゃん

これらはクレジットカードを使うときには基本中の基本かもね!

クレジットカードは、カード会社が一人ひとりに対して信用をお金に換算して枠を付与しているわけで、枠内であれば使っていいとも限りません。

当然利用はできてもその分請求は来るわけですから、結果支払えずに影響を受けるのは自分自身です

もし、そういう懸念がある方は前述したように枠を最小にするのも一つの手になるでしょう。そうしなければ、他のことにも影響してくるのでしっかりと気をつけて利用しましょう。

クレジットカードが原因で他のことにも影響する

支払い不良になると、当然前述したクレジットカードヒストリーに悪い情報が載ります。

そうなることで、他のクレジットカードの入会が厳しくなりますし、車・家・携帯といったローン等の申込にも多大に影響してきます。

あまりに支払いが悪くなった場合は、数年間クレジットカードなどを作れずにクレジットカードヒストリーに情報がなく、それが尾を引き何十年も影響するなんてこともゼロではありません

ですので、クレジットカードを使う上ではしっかりと自身の支払える範囲で利用すれば、メリットをより多く受けられるのではないでしょうか

まとめ

私たちの生活において、ポイントやクーポン・割引券など数え切れないほどのサービスがある中でクレジットカードはその役目を担う存在となっています。

クレジットカードを1枚は持つべきカードだと思います。カード1枚の支払いを通じてポイント・割引・保険を利用できる素晴らしい決済ツールです。

その中でユーザーにとって合う合わないがあるかもしれませんが、合うカード選びをするための情報収集も大事でしょう。

スポンサーリンク