クレジットカードには有効期限ってあるの?

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードの有効期限って普段あまり意識しないけど・・・。

博士博士

多くの場合有効期限がくる前に新しいカードが送られてくるからのぉ。

しかし、クレジットカードの有効期限には注意事項もあるぞ!

クレジットカードの有効期限を普段意識する機会って少ないですよね。ネットショッピングの際に有効期限を登録することがあるというくらいで、なかなかじっくり考える機会も少ないと思います。

でも、有効期限がくる前におこなわれるカードの更新手続きについて何も知らないと、有効期限がきて困ってしまう場合があるので注意が必要です。

また、クレジットカードの有効期限は国際規格にもとづいて表示されているので、日本人にはちょっと馴染みのない表記になっているのも、間違いやすい部分となります。

有効期限の確認のしかたや、カードがもうすぐ有効期限切れになるときにしなければならないこと、そして、特に注意が必要な更新手続きが行われない場合についても、この機会にチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

クレジットカードには有効期限がある

クレジットカード 有効期限

一度カード会社の審査に通って発行されたクレジットカードなら一生使えるということはなく、カードには有効期限があります。

普段、有効期限を意識することは少ないかもしれませんが、有効期限を過ぎたクレジットカードはお店での買い物はもちろん、インターネットショッピング、毎月継続して支払っているものについても一切決済をすることができません。

ですから、特にクレジットカードで月々のプロバイダー料金や携帯料金を支払っている方は、しっかりと有効期限について把握しておく必要があります。

そこで、まずはクレジットカードの有効期限の基礎知識を確認していきましょう!

有効期限のチェックの仕方

クレジットカードの有効期限は日本人にはなじみの薄い表記で印字されています。

通常クレジットカードの表面に印字されていますが、日付の並び順に注意してください。

通常日本においては、「2018年2月」のように「●年○月」という順番で表記します。しかし、クレジットカードは国際規格で作られているため英語圏で一般的に使われる日付の表記の順番になっています。

上の例と同じように2018年2月までの有効期限なら、「02/18」や「02-18」、「02/’18」というような表記の仕方をします。

どの表記でも共通しているのが、「○月・●年」という順番になっていることです。混乱しないように覚えておきましょう。

有効期限の月の月末まで利用することが可能!

クレジットカード 有効期限

有効期限は月単位での表示しかありません。「●日まで」という表記がないので、その月のいつまで使えるのか分かりにくいですよね。

クレジットカードの場合、有効期限の月の月末まで利用することが可能です。

例えば、以下のようになります。

有効期限が「02/18」となっている場合→2018年2月末日まで利用可能

 

有効期限月末まで利用できるので、有効期限の月の最終日が28日なら28日まで、31日までなら31日まで使えるということになります。

一般的な有効期限は3年から5年程度

クレジットカード発行元によって多少の差はありますが、基本的に有効期限は3年から5年間程度です。

ただし、どのクレジットカードでも同じということではなく、もっと短いもの、長いものもあります。

また、カード会社によっては、同じカードであっても利用年数や利用状況などによって有効期限が人によって変わる会社もありますので、その点は注意が必要です。

一般的にプラチナカード、ゴールドカードなどの高いクラスのカードの方が有効期限が長く設定されています。

なぜなら、一般カード(通常のカード)に比べてゴールド以上のカードの方が審査が厳しくなっているからです。ゴールド以上のカードになると年会費が発生したり、年会費が高額だったりする傾向もありますよね。

そうなると、年収が高い方が契約する場合が多いですので、支払いが遅れたりなどの「金融事故」が少なくなるとカード会社は考えるんです(要するに信用度が高いということ)。ですから、カード会社としても安心して有効期限の長いカードを発行できるということになります。

いずれにしろ、現在あなたが持ってるクレジットカードの有効期限がいつまでなのかは、カードを使う上で大切なことですから、お手持ちのクレジットカードの有効期限を一度確認しておくとよいでしょう。

また、クレジットカードを複数枚所有している場合も、有効期限が近くなっていないか、すでに切れていないかを必ず確認しておいてください。

普段使わないカードだと忘れがちですが、有効期限が切れたのに届かないという場合は必ずカード会社に連絡をしないといけません。

万が一、他の人の手に渡って不正に利用されると大変ですので、所持しているクレジットカードの有効期限は定期的にチェックする習慣をつけましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードの有効期限はカードによって違うから、自分の持っているカードをチェックしておこう!

クレジットカードをより快適に使う&防犯のための期限

普段使っている分には、有効期限なんてない方が面倒がなくて嬉しいと思う方もいるでしょう。

でも、クレジットカードに有効期限があるのには主に4つの理由があります。

  • カードが古くなってボロボロになるのを防ぐ目的
  • セキュリティ面でより強い最新のカードをユーザーに使ってもらう目的
  • 更新のタイミングで「再審査」を行う目的
  • 住所や職業などの変更をカード会社が確認するため

 

クレジットカードも何年も使っているとひび割れたりして使えなくなってしまう場合も。また磁気異常などで読み取りができなくなったりなどのトラブルも考えられますね。

そして、クレジットカードを不正に利用する犯罪は年々巧妙になってきていますので、カード会社も悪用されないようにセキュリティが高いカードを作り、会員に使ってほしいという訳です。

特にネットショッピングに関しては、それぞれの国際ブランド(VISA、MasterCard、JCBなど)が、より強固な本人認証サービスを提供しています。

ただ、せっかく最新のセキュリティーサービスを開始しても、使う側が知らないと機能しないので、カードの更新のタイミングで案内がくるんですね。

さらに、再審査または途上与信といわれているクレジットカード会社によるチェックのタイミングという面もあります。

また、クレジットカード会社側からすると「全然使っていない人」や「滞納をしている人」が会員であり続けるとデメリットの方が大きいというのが本音でしょう。

それで更新のタイミングで「このまま会員でいてもらっても大丈夫かどうか」チェックを行います。

同時に、最初に登録した住所や職業などに変更がないかもチェックします。

カードの有効期限には以上のような4つの目的があります。

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードの有効期限には色々な目的があるんだね!

博士博士

クレジットカードの有効期限は、カード会社が利用者の状況を確認するタイミングという面もあるんじゃ。

ここからは、クレジットカードの有効期限が切れてしまうと実際にどうなるかについて説明していくぞ!

クレジットカードは有効期限を超えると使えない!

ポイントに有効期限があるように、クレジットカード本体にも有効期限というものが存在します。

有効期限がきれたクレジットカードは決済に使おうとしてもエラーになってしまって、一切使うことができなくなります。

お店でのお買い物はもちろん、公共料金などの支払いもできなくなることに注意しましょう。

通常はクレジットカードの有効期限が切れる前に新しいカードがきますので、そのタイミングで有効期限が切れたカードは忘れず処分しておいてください。

新しいカードがくる前に古いカードを処分してしまうと、カード会社に問い合わせる時にカード番号などが分からなくなってしまいますので、新しいカードが届いてから処分しましょう。

そして、毎月クレジットカードで支払っているものがあれば、すぐにカード情報を新しいものに変えておくのも忘れないでくださいね。

有効期限を迎えたカードは細かくして廃棄!

クレジットカード 有効期限

ウィーちゃんウィーちゃん

じゃあ、有効期限がきれたカードはそのまま捨てちゃって大丈夫だよね?

博士博士

使えないクレジットカードであったとしても、そのまま捨てるのは決して良いことではないぞ!

もちろん、そのまま放置しておくのはセキュリティ上良くありません。

カード会社などが推奨する方法は、ハサミでなるべく細かく切って捨てることです。特に磁気ストライプと呼ばれる黒い帯状の部分は、個人情報が入っている大切な部分。その部分は念入りに細かくしておくと安心です。

ちなみにカードはそれほど硬くはないので、家庭用のハサミで普通に切り刻むことができますよ!

ウィーちゃんウィーちゃん

有効期限の切れたカードは使えないように、ハサミなどで切ってから捨てる必要があるんだね!

博士博士

クレジットカードには色々な情報が入っていて、番号や名前も大切な個人情報じゃから、そのまま捨ててしまうのはよくないんじゃよ。

次は、新しいカードが届くタイミングと、注意点について詳しく解説しよう!

クレジットカードの有効期限前に新たなカードが送られてくる

クレジットカードの有効期限が切れた後はそのカードが使えませんよね。「いきなりカードが使えなくなると困る」と不安になってしまう方もいるかもしれませんが、ご心配なく。

そうならないために、カード会社は有効期限が切れる前にご自宅に新しいカードを送ってくれるので、クレジットカードが使えなくて不自由を感じることはありません。

では、新しいカードが送られてきたらどうしたらよいのかについても解説していきましょう!

基本的に手続きなしで新しいカードが送られてくる!

基本的にはユーザーによる手続きなしで、新しいカードが送られてくるケースがほとんどです。

カードの更新といっても、自分で何かしなければいけないことはありません。

カード会社によってタイミングは多少前後する可能性がありますが、有効期限が切れるおよそ1か月前くらいのタイミングでご自宅に新しいカードが送られてきます。

ちなみに、新しいカード届いた時点でそのカードも使えるようになっています。(古いカードも有効期限までは利用可能)

どちらのカードも使える状態にはなっていますが、混乱してしまうことを防ぐためにも古いカードは早めに処分する方がよいでしょう。

また、カードの更新でカード番号と名前は変わりませんので、新しいカードに間違いがないかもしっかりと確認するようにしてください。

ネット通販や公共料金の支払い情報の変更が必要

新しいクレジットカードがきたらまずは、現在クレジットカードで支払っているもの(プロバイダー料金、携帯電話料金)のカード情報を更新しましょう。

ネット通販や公共料金の支払いなどにクレジットカードを使うときには、次の4つの情報が必要です。

  • クレジットカード番号
  • 名前
  • セキュリティコード
  • カードの有効期限

 

この中でカードの更新時に変わるのが、カードの有効期限。そして、場合によってはセキュリティコードが変わる場合もあります。

この4つの情報が正しい状態(最新の状態)でないと、カード決済はできません。ですから、新しい情報に自分で更新する必要があるのですね。

新しいカードが届いたら、まずショッピングサイト(登録している場合)や、クレジットカードで毎月支払っているもの(公共料金、プロバイダー料金など)の支払い情報のページなどで有効期限を新しいものに変更しましょう。

スポンサーリンク

その時に裏面のセキュリティコードも変わっていないか確認をします。クレジットカードの種類によっては、カードの更新時にセキュリティコードが新しくなることもあるからです。

セキュリティコードも最新の正確な情報にしておかないと、カードで毎月払っているものの支払いができなくなってしまいますので気を付けてくださいね。

ショッピングサイトにカード情報を登録している場合も、情報を新しいものに変えておかないとネット決済するときにエラーがでるので、早めに変えておいた方がいいです。

また、カード情報を更新する前に、新しいカードの名前、カード番号が間違っていないかなども念の為にチェックしましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

新しいカードが届いたらすぐに手続きしてしまうと安心だよ!

博士博士

特に毎月クレジットカードで支払っているものがある場合には、更新を忘れてしまうと後々面倒なことになるから注意が必要じゃ!

次は、電子マネー一体型のカードの更新について解説していこう!

電子マネーと一体型の場合にすべきこと

クレジットカードの中には、電子マネーの機能が付帯しているものがありますね。

代表的な種類別にカード更新時にすべきことをまとめておきます。

ビューカードの場合

Suicaの機能がついたクレジットカード、例えばビューカードの場合には次の手続きが必要です。

  • 定期券情報の移行(定期券を使っている場合のみ)
  • 残額の払戻しor移し替え

 

定期券情報、Suica残高を新しいカードに移すことができるのは、JR東日本の駅にある『多機能券売機』のみです。ここに新旧2枚のクレジットカードを持っていって手続きをしてくださいね。

定期券機能が付いていないカードの場合は、データとしてSuica残高を新カードに移すことができないので、現金または振り込みで古いカードから払い戻してもらう手続きが必要です。

『多機能券売機』では、以下の方法で簡単に定期券情報とSuica残高を移し替えることができます。

  1. 「定期券メニュー」をタッチ(定期券を使用していない場合も)
  2. 「発行替え」を押す
  3. 「古いカードから新しいカードへ引継ぎ」を押す
  4. 古いカードを挿入し画面の指示に従う
  5. 新しいカードを挿入し画面の指示に従う
  6. カードが返却されるので受け取り

 

ポイントは定期券を利用しておらず、Suica残高を移し替えるだけの場合でも、定期券メニューから進めていくということですね。

しかし、『多機能券売機』でSuica残高を移し替えることができるのは、定期券機能がついているクレジットカードのみなんです。

では、定期券機能が付いていないカードはどうするのでしょうか?

実は、『多機能券売機』を使わなくても、Suicaの残額は払戻しすることが可能です。古いカードのSuica残額を払い戻しするには以下の2つの方法があります。

  • 「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で古いカードのSuica残高を現金で払い戻し
  • ビューカードに古いカードを送って、登録口座に振り込んでもらう

定期券機能が付いているカードでも、この方法で払い戻ししてもらうことが可能です

それでは、それぞれの方法を詳しく解説していきますね。

JR東日本の圏内や、その他の都市部にある「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)では、古いカードから現金で払い戻しをすることが可能です。

「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)では以下の方法で、現金で払い戻ししてもらえます。

  1. 「Suica付きビューカードの更新・退会」を選択
  2. 「Suica付きビューカードの更新・退会Suicaチャージの残額の払戻し」を選択
  3. 古いカードを挿入し、パスワードを入力する
  4. Suica残高が表示されるので確認して「OK」を押す
  5. Suica残高が現金で払い戻しされる

 

「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)では、古いカードに残っているSuica残高を現金で払い戻してもらうことができます。

間違って新しいカードを入れないように注意しましょう!

しかし、お近くに「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)がないという方もいますよね。

そういう場合には、ビューカードに古いカードを送って、クレジットカードの支払い口座にSuica残高を振り込んでもらうという方法もあります。

まずは、古いカードにハサミで切り込み(切断まではしない)をいれて使えないようにしてください。そして、そのカードを以下の住所に送りましょう。

〒141-8790 東京都品川区大崎1-5-1
株式会社ビューカード 会員事務センター宛て

 

そうすると、約3週間後にクレジットカードの支払い口座に残っていたSuica残高が振り込まれます。

少し時間がかかりますが、近くに「VIEW ALTTE」がない方には嬉しいサービスですね。

そして、Suica機能付きのビューカードで「JRE POINT(旧Suicaポイント)」を貯めていた場合ですが、カード番号が変わらなければ、自動で新しいビューカードがJRE POINTに追加登録されるのでポイントも自動で引継ぎされるんです。

JRE POINTはカード番号で管理されているので、更新であれば(カード番号は変わりませんので、)特別な手続き不要で引き継がれます。

新しいカードが届いたら、JRE POINTの公式サイトにログインし会員情報でを確認してみてくださいね。確認するポイントは、新しいカードの裏面に記載の「Suica ID番号」が正しく登録されているかどうかです。

また、古いカードもJRE POINTに登録されたままになっていますので、その情報を会員メニューから削除しておきましょう。

楽天Edy機能付きの楽天カードの場合

楽天Edyがついている代表的なカード、楽天カードの例を説明します。

楽天Edyの場合、楽天カードの有効期限が切れても残高を引き継ぐことはできません。

楽天Edyの残高がある場合は楽天カードの有効期限を過ぎても使うことができるので、早めに使い切ってしまい、その後にカードを処分しましょう。

ちなみに楽天カードを使って貯めた「楽天スーパーポイント」については、引継ぎの手続きなどは必要ありません。

楽天IDに紐付いている「楽天スーパーポイント口座」に貯まる仕組みになっているので、カードが新しくなっても心配ないということなのですね。

楽天スーパーポイントとは、楽天市場などの買い物でもらえるポイントのことです。

セブンカード・プラスの場合

セブンカード・プラス(nanaco一体型)の場合には、残高を引き継ぐことはできません。有効期限を迎えてもnanacoの残高は使えますので、使い切ってから古いカードを処分しましょう。

nanaco一体型のセブンカードプラスの場合は、更新でnanaco番号が変わりますので注意しましょう!

ちなみに、nanaco紐付け型のセブンカード・プラスの場合は特に問題なく手続き・使い切りなどは必要ありません。

紐付け型の場合は、nanaco番号は変わらず(クレジットカードとは別に管理されているので)そのまま、今まで通り使い続けることができるんです。

また、買い物で貯まったnanacoポイントを電子マネーのnanacoにチャージしていなければカードの更新でポイントがなくなることはありません。

買い物で貯まった状態では「nanacoポイント」、支払いに使うために交換したものが「nanaco(電子マネー)」となりますので、カードの更新が近くなったら少し交換するのを待った方がいいですね。

もし、ポイントをnanacoに交換している場合には有効期限までに使い切ってしまいましょう。

イオンカードの場合

WAONが付帯しているイオンカード(イオンカードセレクト)の場合には、古いカードから新しいカードへWAON残高とポイントを移行することができます。

WAONポイントを移行できる期限が決まっているので、新しいカードが届いたらなるべく早めに手続きを済ませましょう。

期限は新しいカードの発行のタイミングによって違っています。

新しいカードが発行された時期移行手続きの期限
4月1日~9月30日翌年3月31日
10月1日~翌年3月31日翌年9月30日

この移行手続きの期限までに新旧2枚のカードを持って、全国のイオンやマックスバリューなどにある「WAONステーション」または、イオン銀行ATMで手続きを済ませるようにしてくださいね。

イオン銀行のATMでは、画面のメニューから『WAON』という項目をタッチすることで、「WAONステーション」につながるようになっています。(一部、WAONステーションに対応していないATMもあり)

博士博士

電子マネー系はしっかり使い切ってしまうか、古いカードから新しいカードへ正しい手順を踏んで移行するのがポイントじゃ。

ウィーちゃんウィーちゃん

移行が面倒なら残っているポイントを使いきっちゃうのもありだニャ!

クレジットカードが更新されない場合もある

普通にクレジットカードを問題なく使っている場合には、有効期限前に新しいカードが送られてくることがほとんどです。

しかし、例外的にクレジットカードの更新が行われない場合もあります。

では、どのような場合にクレジットカードは更新されないのでしょうか?

全然使っていないor使い方に問題がある場合

クレジットカードを定期的に使っていて、特に延滞などがない人はほとんどの場合、自動でクレジットカードを更新してもらえます。

ただし、以下のような場合は再審査の結果更新ができない場合もあるんです。

  • クレジットカードをしばらくの間全く使っていない場合
  • 延滞(支払いの遅れ)を繰り返したり、利用料金の支払いが滞っている場合

 

延滞を繰り返したりしてクレジットカード会社に迷惑をかけている場合には、クレジットカード会社の判断で更新されないことがあります。

でも、ずっとクレジットカードを使っていないという人も更新されない場合があるというのは意外かもしれません。

それは、クレジットカード会社は会員がカードを利用し、加盟店が手数料を払うことで運営しているからです。

全然カードを使わない会員をたくさん抱えていると、顧客のデータ管理や郵便物の送付などのコストがかかる一方で手数料の収入が伸びずにクレジットカード会社にとって、一切メリットがありません

それで、まったくカードを使っていない会員の場合、更新をされない(更新カードが届かない)ということもあるのです。

ただ、使っていないカードや延滞をしている場合でも、クレジットカードの有効期限が過ぎても更新カードが届かない場合には、必ず、カード会社に連絡をして確認をしましょう。

会員情報の変更をカード会社に伝えていない場合

引越しや転職などで住所や電話番号・職業などに変更があったのに、カード会社に新しい会員情報を伝えていない場合にもクレジットカードが更新されないことがあります。

実は、会員情報は本人確認をするうえでとても大切なもの。クレジットカード会社の側からすると、何か問題があった時に本人とすぐに連絡がつかないということはとても困ることなのです。

それで、会員情報の変更を届け出ていないで郵便物が届かなかったり連絡がつかないという方のカード更新を見送る場合があります。

引っ越しで住所が変わった際には、すぐにカード会社に連絡するか、WEB上で情報を更新するようにしてください。

また、カードの登録電話番号を携帯電話の番号にしているという方も多いかもしれませんが、機種変更などで電話番号が変わった時には必ず変更を届け出るように気を付けてくださいね。

ちなみに、更新カードは自宅に簡易書留でくる場合が多いですので、更新月が近づいたらカード会社からくる郵便物はしっかりとチェックしましょう。

博士博士

住所や電話番号はカード会社にとって個人を特定するために必要な大切な会員情報じゃから、変わったらすぐに知らせておくことが大切じゃ。

特に、電話番号は不正利用があった場合に緊急の連絡が入ってくるかもしれないから、変わったその日に変更したことを知らせておく必要があるんじゃ!

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードはカード会社との信頼関係が大切なんだね!常にカードの登録情報は最新のものにしておくようにするよ!

有効期限間近になっても届かない場合はカード会社に連絡を

基本的に問題なく使っていれば、有効期限が切れる1か月前くらいのタイミングで新しいカードが送られてくるのが普通です。

生活の様々な場面でクレジットカードを活用しているという方は、なかなか届かないと不安になってしまいますよね。

もし、有効期限が迫っているのに新しいカードが届かないという場合には、一度クレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

まれにカード会社や配達業者の都合で配送が遅れる場合もありますが、そんな場合でも直接問い合わせて原因が分かれば、不安を解消できますね。

まとめ

クレジットカードの有効期限が切れる前に、今まで支払いをしていた公共料金やネット通販などの情報を新しいカード(更新カード)に変更する手続きをしておく必要があります。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、新しいカードを発行してくれることでどんどん巧妙になっていくクレジットカードの犯罪から私たちを守ってくれたり、古いカードの磁気不良などに悩まされることを防いでくれるというメリットもあるんですね。

問題なくカードを利用している人なら、有効期限を迎える1ヶ月くらい前に新しいカードが送付されてきます。

もし有効期限を過ぎても、更新カードが届かない場合には、必ずカード会社に連絡して確認しましょう。

スポンサーリンク