クレジットカードの解約って簡単かニャ?

ウィーちゃんウィーちゃん

使ってないクレジットカードの解約をしたいんだけど、簡単にできるのかニャ?

博士博士

クレジットカードの解約はいたって簡単じゃよ。

ただ、ちゃんと解約する前に注意しておきたい事を知っておくべきじゃ!

最近肩が凝ったな…。

ふとそう感じた時に財布の中を見たらいつの間にかカードだらけ。少し大げさですが、似たような状況を経験された方はいらっしゃるのではないでしょうか?

ポイントカードは、個人情報の登録さえなければ使わないものは捨てることで整理はできますが、クレジットカードはそうはいきません。

普段の買い物で今入会したら貰えますよ!」と言われギフト券であったり商品であったり値引きであったり特典の魅力に惹かれ気付いたらクレジットカードが複数枚になっていた!ってことありますよね。

しかも、入会特典に惹かれて作っただけでクレジットカードは全く利用していないので、「退会の時に何か色々と言われるのではないだろうか…。」なんて後ろめたさを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、そういった方への不安や疑問を解消できるようクレジットカードの解約について詳しく説明していきます。

また、クレジットカードを解約してから後悔しない為に、確認しておきたいポイントも解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クレジットカードの解約は簡単に行える

クレジットカード 解約

実はクレジットカードの解約って結構簡単です。クレジットカードは、入会の勧誘がしつこくて、負のイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

実際に解約する時、カード会社や解約の受付担当者によってはしつこい対応をしてくるケースもあるかもしれませんが、それは一般的に言えば間違いなく少数派のケースです。

基本的にはこれから説明する流れでスムーズに解約できますが、手続きが面倒という意味では間逃れませんので時間に余裕を持って行いましょう。

解約は多くのケースがカード会社へ電話で退会の申出をする

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードの解約ってどうやってすれば良いの?

クレジットカードの場合、解約の方法はほとんどが電話受付によるものです。電話受付では、主に2パターンあります。

  • オペレーターによる受付
  • 音声ガイダンスによる受付

 

電話での解約の場合、クレジットカード裏面に電話番号が記載されているので、そちらの番号へ電話することで解約手続きが行なえます。

まずは、それぞれの流れについて特徴を踏まえながら説明していきましょう。

オペレーターによる解約受付

オペレーターによる受付に関しては、企業の規模問わずこの方法で解約の手続きをするカード会社が多いです。クレジットカードの解約は、本人からの申出が原則になります。

ウィーちゃんウィーちゃん

代わりに誰かに解約してもらうのはNGって事だね!

そのため本人確認をする必要がありますが、オペレーターによる電話確認であれば、Q&Aが双方でできるため最適な手段としてこの方法で行っています。

例えば、解約に伴い本人確認以外に残債があればそういった返済の案内も同時に行うことができるため、解約後のトラブルを未然に防ぐという観点もあります。

反対にオペレーターによる場合は、受付時間が決まっているためいつでも対応できるというわけではないというデメリットもあります。時間が決まっている分、混み具合も多い時がありますのでその点は注意が必要ですね。

博士博士

クレジットカードの解約に限らず、オペレーターまでなかなか繋がらなくてストレスを感じた人は多いじゃろう。

音声ガイダンスによる解約受付

音声ガイダンスによる受付は、大手のカード会社がやっている受付方法で、案内に従って操作していくだけで簡単に解約ができるため解約する側としては大きなメリットですね。

また、オペレーターによる受付とは違い、24時間受付ができるのでいつでも解約ができます。この受付方法の方が、双方にとってメリットのある解約方法であることは否定できません。

ウィーちゃんウィーちゃん

24時間対応してくれるところもあるんだね!

しかし、Q&Aがある場合には全てに対応できるわけではありません。

もしカードの残債があれば、ガイダンスから案内を聞くことも可能ですが、解約後は一括清算が求められるので、結果的にガイダンスかの手続きが完了しない場合はオペレーターへ回されることになります。

博士博士

解約時にまだ支払っていない残高は、一括精算になってしまうため、事前に支払えるかどうかの確認は必要じゃよ!

その場合に受付時間外であれば電話を掛け直す必要がありますし、受付時間内でも混雑していて待たされる可能性があります。この点はデメリットと言えますね。

ガイダンスによる解約受付に関しては、カードの利用がない場合や支払いがない場合にオススメです。以上が電話での解約の2パターンの流れになります。この2パターンに共通することは以下の点です。

  • 解約の申出をすれば時間が短くて済む
  • 解約時カード番号・本人確認をする

 

また、時間が短いという根拠は、

  • オペレーターによる解約時のしつこい対応はさほどない。(パートなどが行っているため)
  • 解約担当のオペレーターは、常に応対したいといけないため時間が取れない。
  • カード会社としては、解約時の退会抑止(案内程度はあります)ではなく、そうなる以前に対策・キャンペーンを取る傾向の方が強い。

 

というカード会社共通の傾向もあります。そのため、解約は簡単に済みやすいのです。

解約を希望する場合は、深く考えずにまずは電話してみると、案外すぐ終わったと感じることも多いようです。ぜひ解約の際は、時間がある時に電話で申出てみましょう。

ウィーちゃんウィーちゃん

電話でサクッと解約できる点は、共通してるよね。

思ったより簡単にできそうで良かった!

銀行系カード(銀行との機能が一体化)クレジットカードの場合は、銀行窓口に直接申出をする。

中には、電話での解約ができないクレジットカードもあります。

このケースは、銀行が発行したクレジットカードや、イオンや三井住友、三菱UFJ NICOSなど銀行をグループ会社として持つクレジットカードに共通することです。

博士博士

キャッシュカードと一体になっているものは、こういったケースが多いんじゃよ。

この場合は、銀行窓口まで直接行き、書類等の手続きを行わなければ解約はできません。(イオンは書類を送付等)

電話での解約同様に本人確認があり、証明書(運転免許証等)の提示と捺印による確認など対面での確認が必須になるため、電話に比べると面倒な作業になります。

この手のクレジットカードは、解約のことを考えると安易に入会はオススメできません。最後に、電話・窓口での解約以外にあまりないケースですが、ネットからの解約のお話をしていきましょう。

イオンカードは種類によってはネットからの解約ができる

ネットからの解約方法というのは、ほとんどありませんがイオンカードの一部であれば可能です。

ウィーちゃんウィーちゃん

イオンカードでは、ネットから解約することもできるんだ。。

イオンカードもたくさんの種類がありますが、ネット解約ができるのは、お伝えしたよう一部になりますので対象外のカードも多い為注意が必要です。ネット解約が可能なイオンカードは公式サイトを参照してください。

ネットからの解約は情報を入力していくのみですので、電話解約同様に簡単にできるというのがメリットになります。今後、ネットからの解約方法が増えれば利用者側からすると便利ですので、増えていく嬉しいですね。

結局のところ解約に関しては、電話での解約が基本!ということになりますが、イメージしているよりも簡単に感じていただけたでしょうか?

クレジットカードをスムーズに行うには、利用状況を把握することも大切です。

また、いらないからすぐに解約というのも問題はありませんが、意外と損している方もいらっしゃるケースもあります。そうならないためにも次は、解約前に意識していただきたいことをお話ししていきましょう。

博士博士

簡単に解約ができるからと言って、まだ解約するのは早いぞ。

解約前に気をつけておきたい点を詳しく解説しよう!

クレジットカードを解約するまでに気をつけたい事

クレジットカードの解約をする前に注意点を説明しておこう!

ウィーちゃんウィーちゃん

解約するまでに気をつけたいことってどういう事?

財布の中身が重くなったり、整理整頓したい時に、ふと財布の中身を整理をする時ってありますよね。

もしくは、財布を買い替えた時にも同様かと思いますが、その時に使っていないクレジットカードを解約しよう、と考える方もいるでしょう。ですが、その解約ちょっと待ってください!

実は、損をする可能性もゼロではありません。解約するまでには、一度これから説明することを確認の上、解約を行なっていきましょう。

現在の契約状況を確認した上で解約しなければ損をするかも!

前述した内容でもありますが、解約にあたり利用状況の確認は、

  • スムーズな解約を行う
  • 損をしないために行う

 

という2点を確認する意味で重要になってきます。では、損をしないために何を確認した方がいいのでしょうか?

解約する前の確認事項は以下の4点を特に注意しておきましょう。

  • 年会費
  • ポイント保有数
  • カードの残債
  • 解約手数料

 

早速、それぞれどういった形で対処すれば良いのかについて詳しく解説していきます。

年会費はいつ支払月かをしっかりと確認

今のクレジットカードでは、年会費永年無料のカードも珍しくありませんが、年会費がかかるカードもあります。

年会費は、初年度からかかるクレジットカードもあれば、2年目から必要になるものもありカード会社により様々です。

当然のことですが、年会費がかかるカードであれば年会費の支払い月をしっかりと確認した上でその前には解約しなければ無駄な費用を払うことになります。

博士博士

年会費を払ってしまった直後に解約するのは、もったいないと言えるじゃろう。

しっかり特典を受けてから、ギリギリで解約するのがベストな選択じゃ。

このケースでは、皆さん当然のことのように注意払っていると思われますが、反対に年会費を払ってしまった場合も同様です。年会費をいつの間にか払ってしまった場合には、年会費がある分お得な特典も受けれます。

年会費を払うことで、以下のような特典を得ることができます。

スポンサーリンク
  • ポイントの優遇
  • 海外旅行保険の付帯
  • 空港でのラウンジサービス
  • カード会社の加盟店による(自社施設等)による優遇サービス

 

持っているクレジットカードにより、特典が様々なので一概には言えませんが、魅力的な特典もありますので払ってしまった場合は、ぎりぎりまで特典を受けることをオススメします。

ポイント保有数によっては損をしている可能性も

次はポイントがどのくらい貯まっているのか確認しておきましょう。クレジットカードを一度も使ってない場合はその必要はない、と思われるかもしれませんがそうでもありません。

楽天カードの入会特典は、知っている方も多い通り、入会で何千ポイント貰えます、といった特典になりますよね。他のカード会社でもポイントの付与数は違えど入会特典としてポイントを付与しています。

ウィーちゃんウィーちゃん

入会キャンペーンのポイントがそのまま!って場合もあるから要注意って事だね!

当然クレジットカードを利用してきた場合も、貯まっていますので解約時には必ず確認してみましょう。

実はポイントが貯まっていた!

なんてことも少なくありません。その時には交換せずに解約なんてかなり損ですよね。

ポイントの交換は、カード会社によって異なりますが、1ポイント1円で交換できるところもあれば、交換は1番低くても1,000ポイント以上ないと交換できないとしているところもあります。

ポイントの保有数と交換数をしっかり確認しておけばポイント特典を損することもありません。

例えば、ポイントの交換数が設けられている場合に、保有数がもう少しという状況の時は、いくら使ったら貯まるかをあらかじめ計算して高額でなければ、以下のようにポイントの無駄を最小限にしましょう。

カード利用→ポイント付与→ポイント交換→解約

カードの残債は一括返済が基本

続いてカードの残債についてです。電話解約のところで前述していますが、解約を申出た場合、残債は一括清算を要求されます。

例えば、クレジットカードでリボ払いの設定をしている残債や分割払いの残債は全て金利を計算した上で、まとめて支払わなければなりません。

ウィーちゃんウィーちゃん

残債が払えないほど多いのに、一括返済求められたら滞納って事になっちゃうもんね。。

そのため、残債の金額は解約までにしっかりと確認した上で申出をしなければ、結局払えず返戻・延滞となると信用情報が悪くなってしまいます。残債がある場合は、金額を確認し払える額の場合のみ解約しましょう。

解約手数料が発生するクレジットカードもある

最後に、解約するまでに確認したいこととして解約手数料についてです。その前に、この解約手数料については重要度でお伝えすればかなり低くはなります。

それは、クレジットカードでの解約手数料はほとんどのカードにはないからです。

ウィーちゃんウィーちゃん

確かに、あまり解約手数料って聞かないもんね。

おそらく今持っているクレジットカードも解約手数料はないかと思いますが、調べてもわからない場合は、事前にカード会社に問い合わせましょう。

解約手数料が必要なクレジットカードに、「JCB CARD EXTAGE」があります。

このカードは、18歳以上から29歳までの年齢制限とカードの有効期限切れ後(5年)には年会費がかかるJCB一般カードへ自動的に切り替えられます。

そもそもJCB一般カードは年会費がかかりますが、年会費をかけない代わりに解約手数料を取る方式で行なっているわけです。

クレジットカードに解約手数料を設けるとやはり、それだけの付加価値がない限り入会してもらえませんので、ほとんどのカード会社が解約手数料を取らないのだと推測できますね。

以上4点が解約するまでに確認してほしい内容になります。面倒に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、少しの作業が大きな利益として返ってくるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの解約について、確認してほしいポイントは以上ですが、抑えてほしい知識がもう一つあります。それはクレジットカードの保有期間です。

クレジットカードの入会理由として、入会特典が挙げられますがそれだけを目的に解約してしまうと良くありません。
それはなぜでしょうか?

クレジットカードの早期解約は信用情報上マイナスになる可能性がある

クレジットカードの解約をすると信用情報に傷が付く場合も…

クレジットカードの解約を行った時に信用情報はどうなるのか心配される方も多くいます。

クレジットカードの入会・解約を行ったことの履歴はカード会社で把握ができます。

入会・解約とお伝えしましたが、クレジットカードやローンと言った契約状況の情報についてはほぼ網羅(もうら)できカード会社から見ることができます。

これは、CICJICCJBAと呼ばれる信用情報機関を使って審査を行なっており、解約などを行えばそこに情報が登録されるからです。

例えば、楽天カードの入会キャンペーンに惹かれて、楽天カードを作りすぐに解約すれば、その情報も照会ができます。

カード会社もむやみやたらに信用情報機関の情報が見れるわけではもちろんありませんが、クレジットカード入会時には見れるため、その時に入会特典目当ての入会者と疑われても仕方ない状況になるわけです。

似たようなことをやってしまったけど大丈夫?と心配される方がもしかするといらっしゃるかもしれません。

では、これが原因でクレジットカードの審査が否決になるか、と言われると一概にそうは言えません。

だったら問題ないじゃないか!

と思われるかもしれませんが、当然何度も繰り返せば否決になるのは言うまでもないとは思いますが補足しておきます。

一度だけの場合でも、審査がある以上、信用は人により異なりますので、その方が可決否決の微妙なラインにいた時は、それが要因で否決になる可能性があるのです。

博士博士

相手からこの解約はどう思われるのか?を考えた上で解約するのが良いじゃろう。

ですので、クレジットカードは入会してから6ヶ月以上は保有しておいた方がいいと、よく言われます。

理想として最低でも1年以上は保有していた方がいいでしょう。

この点も知識として知っておき、計画的に解約することをオススメします!それでは最後に解約した後にも注意してほしいことがありますので、そちらを説明していきます。

クレジットカードの審査基準については『クレジットカードの審査基準を徹底解説!審査する前に知っておきたい情報が満載!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

クレジットカードを解約した後に行いたい事

クレジットカード 解約 ハサミで切り刻む

ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードを解約したら、そのままゴミ箱に捨てちゃって大丈夫?

博士博士

そりゃいかん!!

クレジットカードを解約した後に行っておきたい事もちゃんとあるんじゃよ。

これまでの説明の中には、少し小難しいこともご説明させてもらいましたが、解約してしまえばあとは難しくありません。

カードの破棄と、カード番号の登録をしている決済があればそちらを解除することで悪用などの恐れがなくなりますので、しっかりと行っていきましょう。

磁気ストライプ・ICカードにはしっかりとハサミを入れる

クレジットカードの種類には、以下のようなタイプがあります。

  • 磁気ストライプ式のクレジットカード
  • ICチップ式のクレジットカード

 

それぞれ処理する上での注意点がありますのでご説明していきます。

磁気ストライプ式クレジットカード

磁気ストライプとは、カードの裏面上部に黒くなっている部分が磁気ストライプに該当します。

磁気ストライプの特徴として、磁気ストライプ部分を端末にスライドすることでカードの情報を読み取る。というのがあります。

ICチップ式のクレジットカード

ICチップは、表面に埋め込み式のチップがありますがそれが該当します。ICチップ式のクレジットカードの特徴として、以下の点があります。

  • ICチップを端末に差し込みそこからカードの情報を読み取る
  • 磁気ストライプも裏面にはある

 

これらを踏まえて、処理していく事が大事になっていきます。共通で言える点としては、磁気ストライプとカード番号です。

解約後は磁気ストライプにしっかりとはさみを入れて処分すること、カード番号の部分を復元できないよう細かく切り刻むことを必ず行いましょう。

そして、ICチップ式のクレジットカードの場合は、その作業とICチップもしっかりと切り刻んで破棄してください。処分時には外からは見えない袋などに入れて処分すると、より安心です。

博士博士

解約した後でも、トラブルを起こさないためにクレジットカードをハサミで切断するのはしっかり行っておこう。

また、それで不安な方は、ばらばらにしたクレジットカードを別々のゴミ袋に処分するとより安心できるかもしれません。解約後もしっかりと適切な処理を行うことで個人情報の流出が防げます。

ICチップの義務化によって年会費の変更がある可能性も

ここからは余談で、少し話がずれてしまいますが、東京オリンピックに向けてクレジットカードのIC化が義務化されています。

有名どころのクレジットカードには、ほとんどICチップは入っている状況ですが、これから導入されるクレジットカードというのもあります。

そういったクレジットカードの場合、今は年会費無料でも今後年会費が発生するカードに変わる可能性もあるためカード会社からの通知には十分注意しましょう。

そして、年会費を払うのが嫌な場合はしっかりとカードが切り替わる前に解約を行なってください。

クレジットカードでの支払い登録をしていたら支払いができていない。

解約後によくあるケースとして、解約したのはいいけど公共料金(ガス代・電気代等)をクレジットカードで決済登録していたのにその変更を忘れていた、というケースです。

ウィーちゃんウィーちゃん

確かに忘れてしまいそう。。

まず、オーソリ(正式名はオーソリゼーション)と言われる公共料金会社からカード会社へ与信があるか、要はこのカードは決済ができるかを確認し、可能な場合に承認番号を出すことを定期的に行います。

その際は当然、カード解約後は決済ができませんので、公共料金の支払いが落ちずに後日請求がくるようになります。そのことにしばらく気付かないようなことが起きてしまえば、未払いでガスや電気が止まる、なんてことにもなりかねませんので、十分注意しましょう。

その他、特に多いのはネットでの買い物やサイトなどの月額払いを登録しているケースが多いです。

よく利用するサイトなどから登録の確認を行いしっかりと解約後のカードを解除していくことで自身のセキュリティを管理することが大切です。

まとめ

この記事を通じてクレジットカードの解約自体はとても簡単ということが認識していただければ説明した甲斐があります。

電話であっても5分程、窓口に出向いても10分程でできるような手続きになりますが、混み具合にもよりますので、ある程度余裕を持って解約することをオススメします。

また、まとめとして解約にあたり解約前後にそれぞれしっかりと、

  • 年会費
  • ポイント
  • 残債
  • 解約手数料
  • カードの破棄
  • 決済の登録解除

 

を確認することでひと手間掛かってはしまいますが、ご自身が損しないことに繋がるので、しっかりと行っていきましょう。

スポンサーリンク