ウィーちゃんウィーちゃん

クレジットカードってそれぞれ何が違うの??

博士博士

クレジットカードはそれぞれ特徴や違いがあるが、似たようなものも多いのぉ。

そういった事からあまりドコが良いのかしっかり考えずにクレジットカードを作ってしまう人が多いんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

違いがわかりにくいとか、上手く伝わっていない面もあるのかニャぁ??

博士博士

そのとおり。色々な違いはあるが、やはりクレカの魅力はポイント還元じゃ!

今回は一番の魅力のクレカのポイント還元率で選んだ場合のクレジットカード特集をするぞい!

今、あなたの持っているクレジットカードはどういった理由で選びましたか?もしかすると、もっとお得で使い勝手のいいクレジットカードがあるかもしれない、なんて考えたことはありませんか?

クレジットカードを選ぶときの一つの基準が還元率。やっぱり現金で支払うものをクレジットカードで支払っただけで、ポイント還元が付くのはすごく魅力的ですよね。年間で換算すると数万円も浮く計算になる場合なんて珍しくありません。

しかし、クレジットカード選びを間違えてしまうと、年間数万円どころか、還元がほとんど無い場合や、使いづらいポイントで還元されてしまう場合なんていうのもあります。せっかくのポイント還元を失敗したくないなら、毎日の支払いをもっとザクザク還元させられるカードを探して、節約&ちょこっとリッチを目指しませんか?

スポンサーリンク

クレジットカードはポイント還元率に差がある!

クレジット カード 還元率

ここでいきなり質問です。

あなたは今持っているクレジットカードの還元率を答えることができますか?

 

還元率にこだわってクレジットカードを選んだ、という方はもちろん答えられますよね。でも、答えられなかった方!そのクレジットカード選びはあなたにとっての正解でしょうか?もしかするとより良いカードを選ぶチャンスかも!?

こだわりのある方には当たり前かもしれませんが、クレジットカードの還元率には大きな差があります。カードで支払えばみんな同じようなもの、なんていうことはありません。

一般的に大手のものは、対応などの面で安心が大きい分、還元率が群を抜いて高いということはなく、反対に新しくカード発行に参入してきた会社の方が還元率という点での魅力は大きいでしょう。

しかし、今ではあの有名な企業が発行しているカードでも、年会費無料で高還元なんていうものが出ています。色んな企業がクレジットカードを発行するのは、手数料としてすごく儲かっているという証なのでしょう。

その競争で、クレジットカードのユーザーは還元をしてもらうことができ、年会費が無料でも海外旅行時の保険がついていたりなど、年会費がかかるクレジットカードと同等のサービスレベルになってきているのです。

博士博士

クレジットカードは何を基準に選ぶべきか考えてみよう!
知らないまま損をするのだけは避けたいのが人間の性じゃな。

クレジットカード初心者がカードを選ぶ基準

今まであまりクレジットカードを利用してこなかったけれど、節約につながるかもしれないし自分に合ったカードを選びたいという初心者の方は次のような条件で選んでみるといいかもしれません。

  • 還元率が高い
  • サポートがしっかりしていて安心
  • シンプルな機能
  • 年会費も無料

 

このあたりを基準に選ぶと失敗が少ないといえます。もし、あまりお得でないな・・・と感じたら解約して次に進むという選択肢も。一枚目で「お気に入りの一枚」に出会えないことがあっても気にせず、次はもっとお得なものに変えるという前向きな姿勢で行きましょう!

還元率の差は意外にも大きい!

では、還元率の差はメジャーなカードの中でどれくらいあるのでしょうか?

  • 三井住友VISAカード・・・実質0.5%
  • 三菱UFJニコスカード・・・0.29~0.5%
  • 楽天カード・・・1%~(楽天のサービス利用でさらにアップ)
  • Orico Card THE POINT・・1%
  • リクルートカード・・・基本1.2%(じゃらんやホットペッパーなど利用でさらにアップ)

 

とりあえず、聞いてことがありそうなカード5種類で比べてみましたが、還元率が0.29~2%ということはかなりの差ですね!

  • 0.29%
    →10,000円の利用で29円分還元
  • 1%
    →10,000円の利用で100円分還元

 

これくらいの差が出てきます。こういった理由から、還元率にこだわってクレジットカードを選ぶという選択肢がおすすめなのです。

博士博士

クレジットカードを選ぶなら還元率は本当に重要じゃよ。

毎月いつも通り公共料金や携帯代、買い物を還元率の良いクレカにするだけで、ランチやディナーがタダになると考えたら良くないかい??

ウィーちゃんウィーちゃん

ご飯がタダで食べれるなんて魅力的ー!!

年会費無料の中で還元率が高いクレカ!

まずは、年会費が無料の中から良いカードがないか探してみましょう!なぜ年会費が無料のカードが良いかと言うと、

  • 使う金額によっては年会費で損をしてしまう可能性がある
  • 年会費無料=サービスも手薄ということではないから

 

このような理由で、まずは年会費無料のカードがおすすめなのです。今回は、失敗がなるべくないように、以下の条件は除くことにしました。

  • 条件付き(年間5万円以上の利用など)の年会費無料は除く
  • 期間つき(初年度年会費無料など)の年会費無料は除く

 

「とにかくずっと年会費がかからない」という条件の中で、高還元率をしているカードを厳選して紹介していきますね♪

楽天カード

楽天カード クレジットカード 還元率

楽天カードのおすすめポイントを3つご紹介します。楽天市場や楽天グループを時々orよく利用する方なら簡単にポイントが貯められるクレジットカードです。

博士博士

楽天カードは楽天系のサービスを一つでも使っているなら持っておくべきカードじゃ!還元率もすごいんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

楽天市場で買い物してるならポイントもザクザク~♪

常にポイント1%還元&楽天サービス利用でさらに還元

基本的なポイント還元率は、1%。クレジットカードで多いのは、自社などのグループや加盟店で利用した場合は1%の還元というのはよくあることですが、楽天カードの場合は、どこで使っても1%還元するのは嬉しいですね。自社のサービス以外だと、還元率が0.5%になってしまったりするカードが多い中、これは優秀なポイントといえます。

さらに、加盟店でカードを利用するとポイントが最大3%還元されることも。無理して加盟店をわざわざ調べて使わなくても、公共料金をクレジット払いするだけで1%還元しちゃう!みたいな使い方も簡単でおすすめですよ♪(公共料金や携帯代などの固定費は必ずクレジット払いがおすすめです)

ここからが「楽天」とついている所以(ゆえん)です。当然ですが、楽天市場・楽天トラベルetc…など楽天系のサービスの還元率がすごいことになっています!楽天カードを楽天市場で利用すれば、イベントやキャンペーンではない場合でも以下の還元率が常にもらえますよ。

  • 楽天市場
    →合計4%還元
  • 楽天トラベル
    →合計2%還元

 

これは楽天ユーザーなら見逃せませんよね♪ただし、浪費しては意味がありませんので、

  • 日用品
  • 保存のきく食品
  • 必要な家電

 

こういった失敗のリスクの少ないものをリアル店舗と価格を比較したうえで買うとよりお得になりますよ。

Edyを使えばポイント二重取りも!

楽天カードから楽天Edyにクレジットチャージをすることも可能です。

  • 楽天カードからチャージ→チャージ金額の0.5%還元
  • 楽天Edyで決済→利用額の0.5%還元
  • 合計で1%還元

 

クレジットチャージをせっかくするなら、「ポイントがつくカード」にするのが鉄則です。楽天カード→楽天Edyへのチャージなら、もらえるポイントも楽天スーパーポイントなのでポイントが分散して使いにくいということもないですよ♪

【公式サイトで詳細を見る】

とにかくイベント豊富!貯めるチャンスがいっぱい♪

楽天カードユーザーでなくても楽天に対して「お買い物マラソン」や「スーパーセール」などイベントが豊富で、タイミングが合えばかなりポイントを貯められるという印象があるのではないでしょうか?

もちろん楽天カードでも「スーパーポイントアッププログラム」というものや「ポン!カン!!キャンペーン」というさらにポイント獲得倍率を上げるシステムが存在します。スーパーポイントアッププログラムとは、

  • アプリで買い物をする
  • ブラウザで買い物をする
  • 楽天カードで決済をする

 

こういった条件でどんどんポイントが上乗せされていく仕組みです。ちなみに上の3つだけで通常の5倍の還元率になりますよ!ポン!カン!!キャンペーンは、

  • 楽天カード所持&エントリー
  • 期間中に所定のサービスを利用するとその数に応じてポイントアップ
  • 3つ利用で+1%
  • 4つ利用で+2%
  • 5つ利用で+3%

 

というものです。これは、スーパーポイントアッププログラムのポイント倍率に上乗せされるので、うまく達成すればかなりの倍率になります。無理をしないでできそうなら、エントリーだけでもしておいて損はありませんよ。

楽天カードの得する使い方については、楽天カードのポイント還元率は?一番得する使い方まとめの記事でより詳しく書いていますので、ぜひチェックしてみてください。

Orico Card THE POINT

オリコカード クレジットカード 還元率

こちらは今まで知らなかった!という方もいるかもしれませんが、オリコカードという名前なら何となく聞いたことがあるのではないでしょうか?最近ではCMでも大きく流れていましたよね。では、Orico Card THE POINTの魅力を3つご紹介しましょう!

ETCカードも年会費無料で作れる!

Orico Card THE POINTの基本の還元率は1%で、オリコモールを使うと合計1.5%の還元率になります。しかも、入会から半年間はポイントが常に2倍の2%が続きます。(大きな出費があらかじめ分かっている時にこのカードを作るという裏技も!)

そして、年会費は無料でもETCカードを作るとETCカードの分だけ、例えば500円などの少額が年会費がかかるケースって実は多いのです。

でも、Orico Card THE POINTなら特にその年会費もかかりません。ETCカードが欲しい&シンプルな機能のクレジットカードが欲しいという方にはおすすめできるクレジットカードといえます。

ポイントの有効期限が1年間と長い!

どんなに高還元率なカードでもポイント有効期限が短いとポイントの使い道を考える「逆転現象」が起きてしまうことも。使い道を考えるってなんだか切ないですよね。もっというと本末転倒な感じもします。

Orico Card THE POINTのポイント有効期限は、1年間。普通に公共料金を引き落としたり、日常の買い物に使うメインカードとして使っていれば、ポイントを失効させずに使い切ることができるでしょう。

(高還元率のカードの中には、期間限定のポイントが組み込まれていることもあり、1年間のポイント有効期限はそれらと比べると決して短くありません。)

ポイント交換が充実!

昔は、ポイント交換でお皿をもらったり、オリジナルグッズをもらったりなどもよくありましたが、今はそういう使い方をする方は少数派かもしれません。Orico Card THE POINTのポイントは、色々なポイントに交換することが可能です。例えば、

  • Tポイント
  • dポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • WALLETポイント
  • ファミリーマートのお買い物券
  • アマゾンギフト券 など

 

こういったかなり幅広く使えるポイント類に1ポイント→1ポイントの等価でポイントを移行することができます。つまり、1%の還元率で得たポイントをどこでも好きなところで使えるということ。また、マイルを貯めている、いわゆるマイラーさんも、

  • ANAマイレージクラブ 1,000ポイント→600マイル
  • JALマイレージバンク 1,000ポイント→500マイル

 

このようなレートでマイルを手に入れることができますよ♪還元率は基本1%ですが、使い道にしばりが少ないのも魅力といえます。

年会費無料ではナンバーワン!リクルートカード

クレジット カード 還元率

スポンサーリンク

特に条件もなく高還元率を達成しやすいのが、このリクルートカード。あの大手企業のリクルートが発行しているクレジットカードですが、実はあまり高還元で、ポイントの使い勝手が抜群なカードとは知られていないのです。では、そのリクルートカードの魅力を3つご紹介していきますね♪

博士博士

年会費無料のカードで圧倒的な還元率はこのリクルートカードじゃ!

このカードこそ毎月1度・・・いや2度!ランチがタダで食べれるようになるぞ!

ウィーちゃんウィーちゃん

ランチが2回も・・・(ゴクリ

常に高め!1.2%還元

クレジットカードの還元率が高いと言っても、1%までのカードが多い中、どこで使っても常に1.2%は心強いですよね。爆発的な派手さはなくても、いつの間にか貯まっていく・・・という状況を実現できそうな高めのポイント率です。

年会費無料のクレジットカードの中では、最強と言われているのがこのリクルートカードなんです。常に1.2%の還元率は他のクレジットカードにはありません。更に、リクルートだけあってリクルートの提供しているサービスではもっとポイントアップが可能です。具体的には、

  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティー
  • じゃらん
  • ポンパレモール
  • 赤すぐnet

 

といったサービスがあります。特に女性には、ホットペッパービューティがあるので、毎月これらを利用したときは、最大4.2%の還元率になります。これだけの還元をしてくれるのに、使わないというのはかなりの損ですよね。

Pontaポイントだから使いやすい!

さて、貯めたポイントの使い道ですがこれがはっきりしていないと高還元でも非常にもったいないことになります。でも、安心してください♪リクルートポイントはPontaポイントにそのまま交換することができるので、ローソンや、Pontaの加盟店などで使うことが可能です。

ここからちょっとすごいのが「お試し引換券」の存在。ローソンの店内にある端末「Loppi」を使って発行する券なのですが、かなり少ないポイント数でパンや飲料・お菓子など様々な商品と引き換えることができるのです。これも要チェックなサービスですから、お見逃しなく!

Pontaポイントの得する使い方やどういった商品があるのかなどは、ローソンPontaカード作り方から登録方法・お得な使い方まで解説!の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

電子マネーにチャージで税金を安くできる!

実は、リクルートカードから電子マネーのnanacoにチャージすることも可能です。なぜ、チャージできることがメリットなのかというと、通常のカードや現金でnanacoにチャージをすると、ポイントはもらえませんが、リクルートカードでチャージすることによって、そのチャージした金額分にもしっかりと1.2%のポイント還元がされるのです。

更には、nanacoカードで税金などを支払うことができるので、そういった大きな金額時にポイント還元ができるというのは、ポイントを貯める上ですごく重要になります。(nanacoポイントがもらえるのではなく、チャージした時にリクルートカードにポイントが付くという意味です)

電子マネーにチャージできるクレジットカードの中でも、一番高い還元率なのでこの方法はチャレンジして損はありませんよ。

【公式から申し込む】

リクルートカードについては、以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

年会費なんて気にしない!クレジットカード全体での還元率が高いクレカ

クレジットカード 還元率

結構日常のお買い物から公共料金の引き落とし系まで、クレジットカードをガッツリ使うよ!という方は、必ずしも年会費無料にこだわらなくてもよいかもしれません。

  • 還元率(年間の獲得見込みポイント-年会費がマイナスにならない)
  • サービス内容

 

簡単に言えば、年会費払ってでも高い還元率があるなら、年会費を払っても問題はないということです。ただ、ありがちなケースとして、始めは使っても、1年後、2年後に新たなカードを持って使わなくなる可能性もあるので、その際には解約するなりして、ムダを省きましょう!

ちなみに、ゴールドカードとなると還元率はそこまで大きく変わらないものの、空港ラウンジが使えたりなどの「特別感」のある特典があったりします。単純に還元率だけ考えると、年会費との割合で大きくお得にならないものも実は多いといえるでしょう。

そこで、年会費はかかるものの、それでも還元率が高いので、日常からクレカを使うなら間違いなく得をするカードを紹介していきますね♪

博士博士

クレジットカードを毎月よく利用しているなら、年会費がかかるクレカもアリじゃ!

ただ、使わなくなった時に年会費が負担になるケースもあるから気を付けよう!

REX CARD

クレジットカード 還元率

レックスカードは、安定の1.5%という還元率を誇ります。よくある0.5%のカードと比べるとその差は歴然ですよね!

特に年会費無料のカードでの最高は、リクルートカードの1.2%だったので、更に上回る1.5%という還元率は破壊力が抜群です。では、そんなレックスカードの魅力を徹底解明していきましょう!

博士博士

年会費は必要じゃが1.5%の還元率は魅力じゃ!

ウィーちゃんウィーちゃん

でも、年間50万の利用は悩むニャ・・・

使いやすい「値引き」システム

貯めたポイントは、「Jデポ」に交換するのが基本のスタイルです。これは、貯めたポイントをJデポに交換した分だけ、次の請求が確定される日に「値引きしてもらえる」という意味になります。これなら「ポイントがもらえるから、アレを買っちゃおう♪」みたいな考え方ではなくなりますから、ポイントが節約に直結するスタイルともいえますね。

年間50万円使えば年会費無料に!

レックスカードでは、年間に50万円使えば年会費が無料になります。それ以下の場合には、年会費が2,500円+消費税がかかってしまいますが、50万円を12ヶ月に割ってみると意外と簡単にクリアできそうですよ♪

500,000÷12ヶ月=41,666円

 

月々におよそ42,000円くらい使えば、普通にクリアできてしまいます。公共料金・通信費・ガソリン代などをカード決済にすれば、クリアできる方も多いのでは?

保険が充実!

また、ショッピングまたは旅行に関する保険がかなり手厚いのがこのカードのスゴイところです。

  • ショッピング保険
    →カードで購入日から90日間、盗難や破損での損害を年間100万円まで補償
  • 国内旅行障害保険
    →最大1,000万円まで補償
  • 海外旅行障害保険
    →最大2,000万円まで補償

 

特に海外での病気やケガでは、驚くほどの金額を請求されることがあります。海外旅行や海外出張の多い方には、おすすめできる一枚です。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

オリコカード クレジットカード 還元率

「空港ラウンジは使えなくていいけど、保険や優待、還元率は捨てがたい!」という方には、このOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDがおすすめです。

先ほど紹介したOrico Card THE POINTと同じくシンプルなデザインですが、しっかり「GOLD」とあり高級感がありますね♪では、おすすめポイントを3つご紹介します。

年会費がお手頃価格で還元率も◎!

「GOLD」なのに年会費が破格の税込1,950円!プライオリティパスはないので、ラウンジも使いたいという方には適さないのですが、その点を除けば還元率を含めて優秀な一枚です。

還元率は、基本的には1%。しかし、これから詳しくご説明しますが電子マネーを使えば1.5%、オリコモールを使うと2%という還元率が実現できるというなかなかの実力なんですよ!

還元率UPの「技」が二つも!

では、お待ちかねの(?)還元率アップの技を二つご紹介します。

  • オリコモール経由でお買い物
  • 電子マネーiD、QUICPay™(クイックペイ)を利用

 

オリコモールというのはよくあるポイントサイトのように、サイトを経由してお買い物をすることでポイントアップするという仕組みのサイトです。普通にインターネットショッピングをするのであれば、ただこのサイトを通るだけで+1%の還元率が得られるので忘れずに!

また、電子マネーもカードに搭載されています。この電子マネーで支払えば、還元率が+0.5%になります。しかも、ポストペイといって後払い方式の電子マネーなのでクレジットカードの請求と一緒に電子マネー利用分を払うことが可能です。

電子マネーの「うっかりチャージしていなくて使えない」という問題点をクリアしているので、コンビニやスーパーなどどこでも気軽に使うことができます。

しっかり優待&旅行保険

お手頃な年会費なのに優待や保険も結構しっかりしているのがこのカードの特長。

  • 海外旅行保険:最高2,000万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
  • ショッピングガード:最高100万円

 

これだけ補償されます。ショッピングガードというのは、お買い物をした後90日間の間に壊れたり、盗まれたり、火事にあったりしたときに保証してくれるサービス。高額商品の場合には特にショッピングガードがあると安心感が違います。また、優待も魅力的なポイントです。

  • ガソリン 1~2円引き/1リットル
  • ファミレス・カフェ割引
  • カラオケ優待
  • レンタカー割引
  • スパ・レジャー施設割引

 

公式サイトから地域別に優待を利用できるお店を検索できます。せっかくの特典、使わなきゃ損です!よく使うお店がないかチェックしておきましょう♪*公式サイトはコチラ*

エクストリームカード

クレジットカード 還元率

発行元のJACCSは有名なカード会社ですので、安心して持つことができるカードですね。年会費は3,000円+消費税です。では、その魅力をご紹介していきましょう。

安定の1.5%の還元率

エクストリームカードはどこで使っても1.5%の還元率です。限定的な高還元率だと使う人を選びますが、エクストリームカードならそのようなことはありません。いつでも、どこでも1.5%の還元率なら、誰でも安心して使えるカードといえますね。

ポイント交換にとにかく強い!

ここが、一番のエクストリームカードならではの特徴です。そう、ポイント交換にとにかく強いのがこのカードの魅力といえます。お好きなポイントに交換すれば、好きなように使えるので自由度がとても高いですね♪どういうシステムなのか手順をご紹介しましょう。

  1. 貯まったポイントをGポイントに交換
  2. GポイントをTポイント・nanaco・Edyなど好きなポイントに交換して使う

 

Gポイントを中継地点にして好きなポイントに交換できるというシステムです。主要な交換先は以下のようになります。

 

ポイントカードを使うという方ならどれかは使えそうなラインナップですよね。

年間30万円使えば翌年の年会費がタダ!

気になる年会費ですが、エクストリームカードは年間30万の利用で無料になります。30万はすごく高く感じてしまいますが、年間30万円を12ヶ月で割って考えてみると、300,000÷12ヶ月=25,000円です。これも、固定費系の支払いだけで簡単にクリアできるという方も多そうな数字ですね♪これで年会費が無料+1.5%還元は嬉しいはず!?

他の同じようなクラスのカードで年間に50万円以上使わないと年会費が無料にならない、というものもありますから、「そこまでは使わないが30万円は超すかな?」という方はコチラの方がお得ですね。

まとめ

還元率が高め&使いやすいクレジットカードをご紹介してきましたが、お好みのカードは見つかりそうですか?

イベント等でガッツリ貯めるもよし、イベント時ほど高くないにしても安定した還元率のものを選ぶのか・・・。よく利用するサービスの中で還元率が高めのカードを作るのもよいでしょう。年間に使う金額が大きいなど、場合によっては総合的なサービス面を考えると年会費がかかるカードの方が結果的にお得になる場合も。

今回は厳選したおすすめのカードをご紹介しましたので、それぞれの特徴をよく見比べて「あなたにとってのお得な一枚」を見つけてみてくださいね♪

スポンサーリンク